紀平梨花が一騎打ちを制し、日本女王へ
宮原知子の全日本選手権5連覇を阻止

フィギュアスケートの女子シングル。
シニア1年目にグランプリ(GP)シリーズ2連勝という日本男女を通じて初の快挙を成し遂げた紀平梨花は彗星のように現れたスター、ヒロインです。
GPファイナルで優勝を飾れば、シニアデビューシーズンの浅田真央と並びます。
それは平昌五輪金メダリスト、ロシアの同い年のアリーナ・ザギトワを破ることを意味します。
メディアとファンの関心はそこに集中しています。

が、私自身はそれ以上に、年末の全日本選手権2018の行方に注目しています。
紀平梨花がトリプルアクセルをそれなりに決められるなら、結果として宮原知子の5連覇を阻止することになります。
高難度ジャンプの得点力を土台とした技術点の高さは、宮原知子の表現力を含めた演技構成点でもカバーできません。
しかも、紀平梨花はスケーティングのスピードと流れ、動きの強さと切れが際立ち、すべての要素でかなりのGOE(出来栄え点)を稼げます。
さらに、発展途上の表現でもたいして劣っていません。

濱田美栄コーチの指導を受ける同門であり、16歳の紀平梨花が後輩、20歳の宮原知子が先輩という間柄です。
紀平梨花の目を見張るブレークには宮原知子から学んだものも大きかったと思います。
とくに競技に打ち込む姿勢、練習に取り組む姿勢は最高の手本になったはずです。

全日本選手権は国内における最高の大会です。
選手は皆、オリンピック(五輪)や世界選手権で活躍することを目指しています。
が、この国内大会で表彰台に立たなければ、そうした大舞台への道が開けません。
なかでも1位はマスコミ報道で日本女王、日本女子エースと呼ばれ、選手が手にする名誉もきわめて大きい。

4年にわたり宮原知子が全日本選手権で抜群の安定感を発揮し、トップに君臨しています。
そこはもはや指定席です。
けがに苦しんだ昨シーズンでさえも、かろうじて勝ったという印象が残っていません。
ところが、羽生結弦と宇野昌磨を脅かす選手が現れない男子シングルと対照的に、女子シングルは大激戦になりました。
宮原知子の背中を1〜2歳下の選手、3〜4歳下の選手が追いかけており、並びかけています。

むろん本人はそうした状況を理解しています。
今シーズンはけがが回復し、ハードなトレーニングと練習を積めるようになりました。
来シーズンはトリプルアクセルなど高得点を望めるジャンプを組み込むでしょう。
プログラムの基礎点を引き上げないと紀平梨花を上回れません。
世界へ目を移すと、4回転ジャンプを跳びそうなロシアの次世代が控えています。

宮原知子は北京五輪で金メダルを獲得する夢を捨てていません。
少なくとも平昌五輪で叶えられなかった表彰台に立つ希望を捨てていません。

実は、私は今年の全日本選手権で紀平梨花が1位になると思っています。
(16歳の紀平梨花は成長期に直面しており、来シーズン以降は不透明です。)
来年の全日本選手権で得点力を増した宮原知子が1位を奪い返すことが日本女子の成長と進化にとっても理想なのではないでしょうか。

私は紀平梨花も案外、GPファイナルよりも全日本選手権のほうが気になっていると思います。
文字どおりの「同門対決」です。
この二人に割って入るとしたら坂本花織ですが、実力では差がありますので「一騎打ち」の様相を呈します。
しかし、遠慮は無用、最高のパフォーマンスを見せてください。
それが、これまで自分を引っ張ってくれた宮原知子に対する恩返しです。

私は全日本選手権が待ち遠しい。

(2018年11月28日執筆)

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月1日「紀平梨花に北京五輪金メダル獲得の可能性はあるのか」はこちら。

⇒2018年11月27日「紀平梨花、音を「筋肉」で感じ取り再現する才能」はこちら。

⇒2018年11月26日「紀平梨花は頭もいい、超新星は超クール、GP連勝は当然」はこちら。

⇒2018年11月24日「紀平梨花は顔もいい、ロシア勢も止められない強さ」はこちら。

⇒2018年11月22日「紀平梨花、トリプルアクセル成功でGPファイナル確定」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!