日露同数対決は日本勢に軍配
紀平梨花1位、宮原知子2位、ザギトワ3位

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル2018が12月6日からカナダ・バンクーバーで開催されます。
GPシリーズ第6戦(最終戦)「フランス杯」が終わり、GPファイナルに進出する上位6選手が決まりました。

女子シングルには日本から紀平梨花、宮原知子、坂本花織が出場します。
滑り込むというほど際どい状況でありませんでしたが、坂本花織は胸をなでおろしていることでしょう。
世界のトップクラスと戦える力をつけてきました。
彼女は初出場です。

長らく席巻してきたロシア勢と今シーズンに台頭著しい日本勢がそれぞれ3選手と同数であり、相撲でいうところの「がっぷり四つ」です。
(ここでは実力の拮抗という意味合いも込めて使っています。)

◆フィギュアGPファイナル2018女子シングル出場選手

1.アリーナ・ザギトワ 30点
  (第3戦フィンランド大会1位+第5戦ロシア杯1位)
2.紀平梨花 30点
  (第4戦NHK杯1位+第6戦フランス杯1位)
3.宮原知子 28点
  (第1戦スケートアメリカ1位+第4戦NHK杯2位)
4.エリザベータ・トゥクタミシェワ 26点
  (第2戦スケートカナダ1位+第4戦NHK杯3位)
5.坂本花織 24点
  (第1戦スケートアメリカ2位+第3戦フィンランド大会3位)
6.ソフィア・サモドゥロワ 24点
  (第1戦スケートアメリカ3位+第5戦ロシア杯2位)

GPファイナル2018の順位を素人の直感で予想します。
点数の1位と2位、4位と5位が入れ替わります。
そうなると、1位が紀平梨花、2位がアリーナ・ザギトワ、3位が宮原知子、4位が坂本花織、5位がエリザベータ・トゥクタミシェワ、6位がソフィア・サモドゥロワです。



ともに30点の女王と新鋭がGPシリーズで存在感を見せました。
女王は平昌五輪金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワのこと。
新鋭はシニアデビュー、トリプルアクセルを武器とする紀平梨花のこと。
どちらも16歳であり、GPファイナル2018は二人の一騎打ちになるでしょう。
(格闘技でなく採点競技です。)

アリーナ・ザギトワは今シーズン初戦だった「ネーベルホルン杯」で今シーズン世界最高得点の238.43点を記録しました。
ISU(国際スケート連盟)公認ですが、あまり参考になりません。
GPシリーズ第3戦「フィンランド大会」は215.29点、第5戦「ロシア杯」は222.95点で勝利を収めました。
短期間で身長が7竸びたそうですが、強さと安定感はそれほど損なわれていません。
とはいえ、オリンピックで勝った後に燃えるような闘争心を取り戻すのはたやすくありません。

紀平梨花はGPシリーズ第4戦「NHK杯」のフリースケーティング(FS)で2本のトリプルアクセルを成功させて224.31点を記録しました。
ショートプログラム(SP)でトリプルアクセルを失敗しましたので、伸び代を残しています。
土台となるスケーティングの質が素晴らしく、すべての要素でGOE(出来栄え点)を得られます。
表現でも遜色がなく、得点力はアリーナ・ザギトワより上です。
大舞台で勝利を収めるうえで重要な「勢い」も上です。
GPシリーズ2戦での失敗を含めた経験も糧(かて)にし、余裕をもって 230点を超えるはずです。
紀平梨花の優勝は動かないと予想します。

宮原知子は「ミス・パーフェクト」の異名どおり、ジャンプを含めた演技の安定感が抜群です。
演技構成点も高く、GPシリーズ第1戦「スケートアメリカ」は219.71点で1位、NHK杯は219.47点で2位でした。
2015年、2016年のGPファイナルで2位になっており、悲願の頂点を目指します。
濱田美栄コーチ同門の後輩、紀平梨花にNHK杯で敗れたことも負けず嫌いの努力家を奮い立たせます。
高難度ジャンプの回転不足を解消して完璧に滑り、 220点台後半に届くはずです。

アリーナ・ザギトワの調子次第では宮原知子が2位になり、日本勢がワンツーフィニッシュを飾ります。
私はむしろこちらの可能性のほうが高いと予想します。

GPファイナル2018は世界選手権2019の前哨戦とも見なせます。

◆フィギュアGPファイナル2018放送予定(テレビ朝日系列)

2018年12月7日(金) 午後7時30分〜 男女ショートプログラム(SP)
2018年12月8日(土) 午後6時56分〜 男子フリースケーティング(FS)
2018年12月9日(日) 午後9時〜   女子フリースケーティング(FS)


あくまで予定です。
放送日時や放送地域はテレビ朝日のホームページなどでかならずご確認ください。

(2018年11月28日執筆)

category:紀平梨花ブログはこちら。

category:宮原知子ブログはこちら。

◆書き加え(12月4日)

ウェブで紀平梨花、宮原知子、坂本花織の日本勢が約3時間の練習を行ったという情報を見つけました。
時差対策で2日に現地入りしていました。
いよいよです。

紀平梨花が大技のトリプルアクセルを何度も成功させています。
本番へコンディションを高めていきます。

◆書き加え(12月5日)

紀平梨花が重圧と緊張から、アリーナ・ザギトワが調整不足から 220点台半ばの争いになると、宮原知子にも1位になるチャンスが生まれます。
あれもこれもありうると言うと予想になりませんが、そう思います。
私はどちらかに金メダルを獲ってほしい。

◆書き加え(12月5日)

ロシアメディアは3位をエリザベータ・トゥクタミシェワでなく、宮原知子と予想しています。
私もそう考えます。

◆書き加え(12月6日)

SPの滑走順が決まり、紀平梨花が3番、宮原知子が4番、坂本花織が5番となりました。
紀平梨花が高得点を出すと、後続が滑りにくくなるかもしれません。

◆書き加え(12月7日)

先ほどSPが終わりました。

1位 紀平梨花(3番滑走)
   82.51(47.36 35.15 0.00)
2位 アリーナ・ザギトワ(6番滑走)
   77.93(42.10 35.83 0.00)
3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(2番滑走)
   70.65(38.25 32.40 0.00)
4位 坂本花織(5番滑走)
   70.23(37.23 33.00 0.00)
5位 ソフィア・サモドゥロワ(1番滑走)
   68.24(37.12 31.12 0.00)
6位 宮原知子(4番滑走)
   67.52(32.58 34.94 0.00)
※点数はSP(TES、PCS、減点)です。

紀平梨花はナチュラルに滑りました。
3番滑走の宮原知子は直前に紀平梨花がお化けのような点数を叩き出したので滑りにくかったことでしょう。
6番(最終)滑走のアリーナ・ザギトワはプレッシャーがかかったことでしょう。

◆書き加え(12月9日)

先ほどFSが終わりました。

紀平梨花が合計233.12点で初出場初優勝の快挙を成し遂げています。
アリーナ・ザギトワは合計226.53点で2位に留まりました。
SP4位の坂本花織はもちろん、6位の宮原知子も3位と3.13点差につけていましたが、表彰台に届きませんでした。

1位 紀平梨花
   233.12(150.61 78.21 72.40 0.00 82.51)
2位 アリーナ・ザギトワ
   226.53(148.60 75.90 72.70 0.00 77.93)
3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ
   215.32(144.67 78.06 66.61 0.00 70.65)
4位 坂本花織
   211.68(141.45 74.45 68.00 1.00 70.23)
5位 ソフィア・サモドゥロワ
   204.33(136.09 72.82 63.27 0.00 68.24)
6位 宮原知子
   201.31(133.79 64.23 69.56 0.00 67.52)
※点数はFS(TES、PCS、減点、SP)です。

大会を盛り上げてくれた6選手に拍手を送ります。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月2日「紀平梨花、全日本選手権2018で宮原知子へ恩返し」はこちら。

⇒2018年12月1日「紀平梨花に北京五輪金メダル獲得の可能性はあるのか」はこちら。

⇒2018年11月27日「紀平梨花、音を「筋肉」で感じ取り再現する才能」はこちら。

⇒2018年11月26日「紀平梨花は頭もいい、超新星は超クール、GP連勝は当然」はこちら。

⇒2018年11月24日「紀平梨花は顔もいい、ロシア勢も止められない強さ」はこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月11日「宮原知子、濱田美栄コーチ同門の紀平梨花にライバル心」はこちら。

⇒2018年11月10日「宮原知子、芝居がかった表情と表現力は唯一無二」はこちら。

⇒2018年10月23日「宮原知子は横綱相撲、スケートアメリカで坂本花織を圧倒」はこちら。

⇒2018年3月23日「宮原知子は「美しい十代」を総括する滑りを!」はこちら。

⇒2018年3月20日「宮原知子、世界選手権3枠確保はエースの責任」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!