先端テクノロジーとフルアウトソーシング
営業生産性向上・営業省人化革命

「第13回ロボットビジネス勉強会」を開催します。
今回は、業種や規模を問わず即座に取り組める「営業省人化」の考え方と具体策です。

「第四次産業革命」が進展し、あらゆる企業活動やビジネスモデルが根底から揺さぶられています。
2020年代へ向けてもっとも激しく変化するのが生産性の暗黒大陸とされてきた営業活動そして営業部門です。
これまでも社員・商談・顧客管理ツールとしてSFA・CRMなどが活用されてきました。
しかし、環境がより一層厳しくなるこれからは「経営合理化」の取り組みの一環として営業に大ナタを振るわざるをえません。

目指すのは「社員を減らし、売上を増やす」こと。
営業に「破壊的変革」と呼べるほどの大きなうねりが押し寄せています。
いま起こりつつあること、あす起ころうとしていることを頭に焼きつけましょう。

今回は平成最後の年忘れ企画として「新元号下、生き残れる営業の青写真とトレンド、先端技術」を説き明かします。
小難しい専門知識はいりません。
文系・ローテク・アナログな経営者や営業関係者もウェルカムです。

◆第13回ロボットビジネス勉強会開催概要

日 程◇2018年12月26日(水)
時 間◇午後6時30分〜8時30分(10分間名刺交換タイム)
会 場◇JR東京駅そば(後日連絡)
演 題◇新元号下、生き残れる営業の青写真とトレンド、先端技術
    営業効率化・省人化革命
    費用削減と成果向上を両立、人材不足を解消
内 容◇〔はじめに〕2020年代、生き残れる営業への青写真を描く
    1 最終決着は営業生産性次第
      経理も採用も生産も営業も、前向きの企業解体が加速
      破壊的変革、あすの営業部門にかならず起こる3大潮流
    2 フィールドセールスからインサイドセールスへ
      外勤と内勤を切り分け、そして内勤を重視(比率は逆転)
      フィールドセールス(外回り)は上位2割の精鋭に限定
    3 インサイドセールスはオンライン商談へ
      リアルとウェブを併用、オンライン商談システムが一気に普及
      多忙な顧客が大拍手、接触頻度向上で顧客満足向上
    4 オンライン商談はフルアウトソーシングへ
      営業志望者激減、採用も労務管理も営業管理も不要
      一商談当たりコストが50〜90%低下、経営の重しがすっきり
    5 うそ、ほんと、ここまでやる営業代行
      見込客創出、面談セッティング、新規顧客開拓、
      クロージング、納入時サポート、納入後フォロー etc.
    6 RPAによるバックオフィス削減
      営業庶務・営業アシスタント業務はAIが担当
      問合せ・引合い対応、見積書作成はAIが担当
    〔あすから〕営業強靭化と営業省力化は同時に叶えるべし
ホスト◇和田創研 和田創
ゲスト◇日本ロボコム株式会社 本郷理一
定 員◇20名前後(会場の定員次第)
参加費◇3千円(運営費・会場費など実費程度。消費税別途)
注 意◇事前申込み(先着順。3日前までの振込)
備 考◇終了後に有志による忘年会あり(近隣飲食店。実費)

ロボットビジネス勉強会はフランクでフレンドリー、質疑応答が活発、生っぽい話がたくさん聞けます。

「第13回ロボットビジネス勉強会」

どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。年末は東京駅周辺の会場の確保が難しくなりますので、早めに閉め切ります。

◆運営者紹介

日本ロボコム株式会社代表/学生起業家
本郷 理一(ほんごう・りいち)

大学で建築学を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わり、IPOを目指しています。「AI住宅・ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行っています。合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探っています。よちよち歩きですが、先端分野のセミナー講師を務めることもあります。

日本ロボコムウェブサイト

日本ロボコムでは年明けより「営業指導ロボット〜上司いらず(仮称)」、7月より「SPA(セールス・プロセス・オートメーション)ロボット 〜ビッグマウス(仮称。大口商談から)」の開発をスタートさせます。
実際はクラウドサービスになりますが、技術面と資金面でご協力いただける企業の募集を近々行います。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!