東の横綱・桐蔭学園のキャプテン
SH小西泰聖がチームの先頭

桐蔭は15人一体の継続と展開のラグビー

桐蔭学園は西高東低の高校ラグビー界のなかで「東の横綱」と呼ばれてきました。
相撲界では「東の横綱」は格上ですが、桐蔭学園は東日本の横綱という意味です。
(大阪勢や福岡勢と互角に戦えそうな唯一の東日本のチーム。)

桐蔭学園は第98回(2018年度)全国高校ラグビー(冬の花園)で悲願の単独優勝を目指しています。
日本代表フルバック(FB)松島幸太朗(現サントリー)を擁した第90回(2010年度)に東福岡と31−31で両校優勝を成し遂げました。
前回は準決勝で準優勝の大阪桐蔭(桐蔭学園と無関係)に敗れ、4強に留まりました。

⇒2018年12月27日「高校ラグビー優勝本命に桐蔭学園の声、選抜と2冠」はこちら。

桐蔭学園はシーズンごとの選手の傾向や特性により変わることがありますが、基本的には15人が一体となる継続と展開のラグビーが持ち味です。
そして、今シーズンはフォワード(FW)とバックス(BK)をつなぐスクラムハーフ(SH)の小西泰聖(こにし・たいせい)が主将を務め、チームの先頭に立っています。

日本のラグビー界を引っ張る逸材の一人

小西泰聖は近い将来の日本ラグビー界を引っ張っていく逸材の一人として注目されてきました。
身体は身長が 167cm、体重が72kgと小兵(こひょう)です。

中学までスタンドオフ(SO)でしたが、高校からSHへ転向しました。
桐蔭学園では1年からレギュラーの控えに名を連ねました。
パスの正確さ、速さと長さに秀でており、チャンスと見ればディフェンスの隙を突く判断力も備えます。
さらに 100メートル11.4秒のスピードも武器としています。

昨年10月にユース五輪7人制に日本代表として出場して計6トライを奪い、初の銅メダル獲得に貢献しています。
南アフリカとの予選リーグ初戦で7−12の後半5分、自陣のスクラムからボールを持ち出すと、相手に一度も触らせない圧巻の約90メートル独走トライを決めました。
「自分の強みのスピードが世界の舞台でも通用して自信になった」と語りました。

が、この大会で右ひざを負傷し、帰国後3週間は治療に専念しています。
神奈川県予選の決勝では慶應を相手に先制トライを挙げるなどしてチームを奮い立たせ、37−14で勝利を収めました。

藤原秀之監督は桐蔭学園を率いて17年目です。
かつての教え子、昨年8月に大学生でただ一人の日本代表候補に選ばれたSH齋藤直人(早稲田大3年)を引き合いに出し、「総合力では齋藤のほうが上だが、パスや走る速さなどの能力では小西のほうが上かもしれない」と高く評価しています。

選抜で花園敗退の大阪桐蔭に雪辱果たす

桐蔭学園は前回、準決勝で大阪桐蔭と対戦しています。
7−12のビハインドから、64次の連続攻撃を仕掛けましたが、最後は無念のペナルティを犯してノーサイドになりました。
後5点、残り1メートルが届きませんでした。
小西泰聖は「SHとして攻撃をコントロールできず、自分の力のなさを感じた。成長するきっかけになった」と振り返っています。
また、「負けている時間帯にキャプテンとして声を出してチームを盛り上げることも求められる」と語りました。

他の強豪校に体格で劣る桐蔭学園は年明け、新チームで展開ラグビーの基本となるパス練習を繰り返して行いました。
小西泰聖はどのような状況でもFWとBKにボールをさばけるように毎日投げました。

桐蔭学園は昨年4月8日に全国高校選抜ラグビー(春の熊谷)の決勝で大阪桐蔭とぶつかりました。
前半は風下を選択し、小西泰聖を起点にスピーディな攻撃でディフェンスを崩してリードしました。
後半は一時10点差まで追い上げられましたが、3トライを奪って突き放し、46−26で雪辱を果たしています。
大会連覇は史上2校目の快挙であり、自身もハットトリックを達成しました。

先輩の思いも背負って悲願の単独制覇へ

桐蔭学園は3年生が今シーズンのスローガンに「磨」を掲げました。
先輩が築いてくれた昨シーズンの「礎」を磨くという意味です。
SH小西泰聖主将は悲願の単独優勝へ「先輩たちの思いも背負って頑張りたい」と意気込みました。

小西泰聖は尊敬する高校の先輩・齋藤直人がいる早稲田大へ進学します。
選抜2冠と初の花園単独優勝を手土産に卒業すると誓いました。

⇒2018年12月27日「高校ラグビー優勝本命に桐蔭学園の声、選抜と2冠」はこちら。

⇒2018年12月1日「選抜優勝桐蔭学園ラグビー部は冬の花園で激戦区入り」はこちら。

⇒2018年11月23日「第98回高校ラグビー優勝候補は東福岡に大阪桐蔭、桐蔭学園」はこちら。

◆書き加え(1月1日)

石見智翠館に優勝候補とは思えない戦い

3回戦が行われ、初戦(2回戦)と同じく白のセカンドジャージーで臨んだ桐蔭学園が後半の4トライで粘る石見智翠館を突き放し、43−17で勝利を収めました。
終わってみれば合計6トライの快勝で4大会連続13回目の準々決勝進出(8強入り)を決めました。

最初のトライを石見智翠館に奪われ、ハンドリングやラインアウトなどでミスが出てチャンスをつぶし、もたつきました。
最初はまさかの劣勢でした。
前半25分にトライで逆転してからは、危険なプレイがあった石見智翠館にイエローカードが出て数的有利となり、徐々に点差を広げました。
後半開始10分ほどでようやく桐蔭学園らしいトライを3本たたみかけました。
ただし、20分過ぎにトライを2分許してしまいました。

優勝候補と思えない戦いぶりであり、今後の試合に大きな不安を感じさせました。
Aシード校にはもちろん勢いのあるBシード校にも勝てないのでないでしょうか。
1月3日の4回戦(準々決勝)は元日に中部大春日丘を21−10で下した天理です。
大丈夫でしょうか。

◆書き加え(1月3日)

スピードのある天理との準々決勝に自信

小西泰聖主将は準々決勝で天理と対戦することが決まると、「スピードのあるチームなので楽しみ。春の選抜や夏合宿でも関西のチームとやっているので、いつもどおり準備して臨みたい」と余裕の感じられるコメントを発しました。
自信があるのでしょう。

◆書き加え(1月3日)

天理に大苦戦、辛うじてAシードの面目

4回戦(準々決勝)で桐蔭学園が44−29で天理を下し、Aシードの面目を保ちました。

風下を選んだ前半は3トライを奪われました。
しかし、スタンドオフ(SO)津田貫汰が2本のペナルティゴール(PG)を決めるなどし、20−19の1点リードで折り返しています。

風上に立った後半はキックを積極的に使って優位に進めました。
3分と8分にトライを奪い、一気に流れを引き寄せました。
終盤に懸命な追い上げを見せる天理を振り切りました。

天理は兄貴分の天理大が全国大学選手権で9連覇中の帝京大を倒して決勝進出を決めています。
それに続きたいと望んでいたはずであり、さぞかし悔しかったでしょう。

藤原秀之監督は試合後、天理の針の穴を通すようなパスを絶賛しました。
互いにトライが5本ずつでしたので、厳しい表情を崩していません。
結局、SO津田貫汰が3本のPGを含むキックの機会をすべて決めたことが勝利につながりました。
この苦い経験を次へ向けて生かしたいと語っています。

準決勝の東福岡戦へ課題を克服できるか

桐蔭学園は4大会連続の準決勝進出(4強入り)を決めました。
しかし、私は前半の戦いぶりを見て桐蔭学園が負けるだろうと肝を冷やしました。
天理が強いという噂は聞いていましたが、ここまでの苦戦を強いられるとは意外です。
(見る側ははらはらしても、選手は冷静に試合を組み立てていた可能性がないわけでありません。)
それにしても、あっさりと失点しており、東福岡と戦えるかどうか心配です。

なお、東福岡はFWの平均体重が89.2圓△蠅泙后
が、例年より小さめであり、どうにもならないほどの強さまでは感じません。
BKがいいのでしょう。
私は希望を捨てていませんが、中1日で課題を克服できるかどうか。

◆書き加え(1月5日)

東福岡と大接戦、大阪桐蔭と桐蔭対決へ

準決勝で互いにAシードの桐蔭学園が46−38で東福岡を下して決勝へ進みました。
試合は激しい点の取り合いとなり、同点あり逆転ありの白熱した展開でした。
桐蔭学園が最後に競り勝ち、振り切りました。
3大会ぶり、6度目の決勝進出です。

前半、3分と9分にトライを決めて17点のリードを奪いました。
私がまったく予想しない展開でした。
その後、東福岡の反撃を受け、前半を24−17で折り返しました。

後半、4分と7分にトライを奪われて24−31と逆転されました。
その後は一進一退の攻防が続きます。
10分、15分にトライを決めて逆転し、21分にトライを奪われて1点差に詰め寄られながらも大接戦を制しました。

決勝の相手は準決勝でBシードの流通経済大柏を31−17で下したAシードの大阪桐蔭になりました。
昨春の選抜決勝に続く「桐蔭対決」です。
(このときは46−26で下しました。)
大阪桐蔭は前回の決勝で東海大仰星(現東海大大阪仰星)に敗れ、選抜の決勝で桐蔭学園に敗れていますので、雪辱に燃えているはずです。

大阪桐蔭が勝てば初優勝となり、桐蔭学園が勝てば初の単独優勝となります。
桐蔭学園は第90回(2010年度)大会で初優勝を叶えていますが、東福岡と両校優勝でした。

◆書き加え(1月9日)

小柄の桐蔭学園に勝ってほしかった・・・

桐蔭対決は桐蔭学園が24−26で大阪桐蔭に敗れました。
得点を眺めれば、桐蔭学園のゴールキック(GK)1本で両校優勝、ペナルティゴール(PG)1本で逆転優勝という大接戦です。
しかも、ゲームとしては逆転負けになります。
奪ったトライも相手と同じ4本です。

平成最後の決勝にふさわしい激闘だったのは確かですが、とくに後半は大阪桐蔭にフィジカルの差で圧倒されました。
私は破壊力さえ感じました。

体格で劣る桐蔭学園はパスでも動きでもスピードで対抗しようと考えていました。
しかし、大阪桐蔭はタックルが激しく、防御が堅く、攻撃を止められました。
また、勝負どころで密集戦を仕かけられ、モールで押されています。

SH小西泰聖主将は、終了の笛に天を仰ぎました。
SO津田貫汰は前半22、28分のトライで得た難しい位置からのGKを外しました。
PGを含め、準決勝までは驚異の成功率で勝利に貢献してきました。
「大事な場面で外した」と自らを責めました。

藤原秀之監督は「点差より実力の差があった」と冷静に受け止めました。
ラグビーは格闘技でなく球技とし、「ランニングラグビーこそ真骨頂」とボールスキルに磨きをかけてきました。
「選手が継続ラグビーを貫いてくれた」と伝統スタイルで戦ったフィフティーンを称えました。

ワールドカップ(W杯)で小柄の日本チームは大柄の海外チームと戦います。
地元ということもありますが、W杯も念頭に置きながら観戦した私は15人でボールを動かす桐蔭学園に勝ってほしいと思っていました。
が、期待した「ひょっとしたら・・・」は起こりませんでした。
大阪桐蔭は甲子園も花園も強かった。

とはいえ、桐蔭学園は最近10年で最多タイの5度目の決勝であり、立派です。
どうか選抜3連覇を成し遂げてください。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!