現役復帰は勝負の世界に身を投じること
ベテランの趣味にしてしまわない

フィギュアスケート男子シングルの高橋大輔が都内で行われたイベントで取材に応じ、2019年シーズンは「全日本選手権へ向けて現役を続行する」と明言しています。

5年ぶりに出場した年末の全日本選手権で表彰台に立ち、試合後にその意向を語っていましたが、改めて現役へのこだわりを表明しました。
宇野昌磨に次ぐ2位になり、日本スケート連盟から3月にさいたまで行われる世界選手権への出場を打診されましたが、後進に活躍の機会を譲りました。

フリースケーティング(FS)で挑んだ4回転トウループが3回転となりました。
来シーズンはショートプログラム(SP)で4回転ジャンプを入れる目論見です。
「SPとFSそれぞれで1本ずつ決める」とレベルアップに意欲を示しています。
おそらくトウループより基礎点が高い4回転サルコウです。

配慮や情けは若手をスポイルしかねない

高橋大輔は全日本選手権での実績から強化選手入りの可能性があり、国際大会に派遣される見通しです。
本人は「グランプリ(GP)シリーズは念頭にないが、B級大会に出てみたい」と語りました。
「スケートができなくなるくらいまで全力で滑りきりたい」と完全燃焼を誓いました。

ならば、私自身はGPシリーズにも世界選手権にも出てほしい。

そもそも現役復帰とは「勝負の世界に身を投じる」ことを意味し、その結果により与えられた権利は進んで使うべきです。
選手生活が楽しいはずがなく、高橋大輔には「戦う覚悟」を決めてほしいと思います。
そうでないとベテランの趣味に留まり、いかにも中途半端です。

高橋大輔は全日本選手権で自分の演技に納得できませんでした。
しかし、その演技を若手が超えられなかったのも事実です。
配慮や情けはかえって彼らをスポイルします。
あるいは、彼らに失礼です。

勝負の世界では勝った選手が上(国際大会)へ行くのは当然のこと!

なお、このイベントは自身がトータルコーディネートしたマンションの発表会見(4月完成予定)です。
外観や内装にこだわりを施し、「全35部屋に隠れ大輔がある」と意味不明のサプライズ発言をしました。
マンションの写真や模型が披露されています。
フィギュアスケートでは「芸術性」に富んだ演技で魅了した選手ですので、このくらいのことは何でもないのかもしれません。

(1月13日執筆)

category:高橋大輔ブログはこちら。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月22日「若者よ、高橋大輔が全日本選手権の主役でいいのか」はこちら。

⇒2018年12月16日「全日本選手権2018順位予想 宇野昌磨、織田信成、高橋大輔」はこちら。

⇒2018年11月3日「高橋大輔、西日本選手権1番滑走から全日本選手権へ」はこちら。

⇒2018年10月9日「高橋大輔、復帰戦ぼろぼろ演技にやばっ」はこちら。

⇒2018年10月7日「高橋大輔、緊張MAX、現役復帰初戦「近畿選手権」」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!