メンタルの強さは大舞台に通用する
日本女王の「品格」を備えてほしい

フィギュアスケート女子シングルの坂本花織。
オリンピックシーズンの勢いを今シーズンは確かな実力に変えつつあります。
とくにショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)を揃えた全日本選手権の演技は「安定感」が光りました。

坂本花織は試合の前に「緊張」を口にします。
おそらく自分をリラックスさせる彼女なりの方法だと思います。
が、率直に言ってぎゃあぎゃあ騒ぎすぎです。
会心の演技が示したのは技術に加えて表現の進化、さらにメンタルの強さでした。

⇒2019年1月25日「坂本花織の顔のアップは危険・・・」はこちら。

FSで3選手が 220点超えを果たし、世界選手権のようなハイレベルの展開になりました。
最終滑走の坂本花織には凄まじい重圧がかかりました。
本人は鼓動が聞こえるくらい緊張したと語っています。
平昌五輪代表の最終選考会を兼ねた前回大会でも最終滑走で2枚しかない切符をつかみました。
大舞台で偶然が2度続くとは考えにくい。
むしろ、緊張が高まる試合にこそ、真価を発揮します。

坂本花織は大会後に「注目されてプレッシャーにならない。応援されると力になる」と頼もしい言葉を残しています。
また、来シーズンを見据え、グランプリ(GP)ファイナルを含めた全試合で表彰台に立ちたいと語っています。

⇒2019年1月26日「坂本花織、転ぶから見ていろよのド迫力」はこちら。

選手は気質や性格が異なり、それが個性や持ち味になるのは分かっています。
そう、「キャラ(キャラクター)」です。
しかし、日本女王として国際試合に臨むことになりますので「品格」を備えてほしい。
女子シングルのフィギュアスケート選手としては大人の年齢に達しています。

(1月24日執筆)

category:坂本花織ブログはこちら。

◇◆◇

坂本花織に関するブログは以下のとおり。

⇒2019年1月27日「坂本花織の演技は世界選手権で通用するのか」はこちら。

⇒2019年1月26日「坂本花織、転ぶから見ていろよのド迫力」はこちら。

⇒2019年1月25日「坂本花織の顔のアップは危険・・・」はこちら。

⇒2018年12月24日「坂本花織、計算ミスで全日本初優勝の珍事」はこちら。

⇒2018年12月18日「坂本花織は自分の特色を強く押し出せ」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!