人件費負担軽減へ、RPAツール活用
大胆な経営合理化と業務効率化が可能

営業コンサルタントの和田創研は先端分野のスタートアップの日本ロボコムと協力し、人間社員を採用する前に社長と人事・総務責任者が知っておくべき『《部門別》自動化・省人化ガイド』を発表しました。
本ガイドは「ロボット社員」ともいわれるRPAツールを活用することで効率化が可能な業務を調査し、コンパクトなフルカラーの一覧表にまとめています。

本ガイドは横軸が主要な「部門」となり、縦軸がソフトウェアロボットによる「業務の代替度」となっています。
新年度を控え、大胆な経営合理化を推進する際の指針や、部門ごとの業務効率化を検討する資料として使用できます。

RPAツールは性能が向上し、中小企業でも気軽に利用できる料金になりました。
ロボット社員を併用することで、人件費負担を大幅に軽減できます。
当社ではただいま『《部門別》自動化・省人化ガイド』を希望者に無料で進呈しています。
お問合せフォームの内容欄に「部門別ガイド」と入力してくだされば、すみやかにPDF版をお送りします。

和田創研ウェブサイト

なお、「RPAソフトウェアロボット」については本ガイド作成時に調査を担当した日本ロボコムのウェブサイトで詳しく知ることができます。

オフィス業務省人化支援

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!