コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

創造・企画

バースデー企画ができるまで

「バースデー企画とバースデー企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

ハッピーな「バースデー企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

研修企画ができるまで

「研修企画と研修企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

スーパーベーシックな「研修企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

CI企画ができるまで

「CI企画とCI企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

スーパーベーシックな「CI企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ショップ企画ができるまで

「ショップ企画とショップ企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

スーパーベーシックな「ショップ企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

人生企画ができるまで

「人生企画と人生企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

スーパーベーシックな「人生企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

SP企画ができるまで

「SP企画とSP企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

スーパーベーシックな「SP企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

イベント企画ができるまで

「イベント企画とイベント企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

スーパーベーシックな「イベント企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

商品企画ができるまで

「商品企画と商品企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

スーパーベーシックな「商品企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

PR企画ができるまで

「PR企画とPR企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

スーパーベーシックな「PR企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

編集企画ができるまで

「編集企画と編集企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

スーパーベーシックな「編集企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

デート企画ができるまで

「デート企画とデート企画書ができるまで」の記事をアップしました。
ぜひご覧ください。

甘酸っぱい「デート企画」はこちら。

この記事は、私・和田創の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。
1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。
しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。
楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。

この記事は、私がかつて講師を務めた企画力養成・創造性開発の公開セミナーや企業研修のテキスト(教材)にサンプル付きで盛り込みました。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

つくる人しか輝けない…プロフェッショナルの条件

20世紀までに知識の時代は終わった。
21世紀からは行動の時代に入っている。
とくに経済や市場が成熟した日本は閉塞感に覆い尽くされている。
知識に頼って頭を巡らしたところで、ほとんど分からない。
体を張って行動に踏み切るしかない。
すなわちリスクを取る。
知識はないよりもあったほうがましという程度であり、行動を起こしている人しか成果を収めていない。
才能とは、度胸である。

以下に、「日日創造、生涯挑戦」と題する『月刊営業人』2008年1月号の巻頭言を収める。
いくらか手を加えた。

                      ◇◆◇

一流の店で厳しい修行を積んだ料理人が、満を持して自分の店を出す。
腕が確かなら、独立はさほど難しいことでない。

さて、開店。
近隣で話題にのぼり、地元で評判になる。
「やれやれ」。
主(あるじ)は胸をなで下ろす。
そして、数年は繁盛が続く。

ところが、いつしか空席が目立つように…。
一人、また一人と、客が離れていく。
十年も経たずに、その他大勢の店に埋もれてしまう。
料理がマンネリに陥った結果である。
とくに料理人が“守り”に入ると、味はどこまでも落ちる。

私は思う。
料理人に限らず、仕事のプロフェッショナルは、顧客へ小さな「サプライズ」を提供しつづけなければならない。
そのサプライズとは、生涯挑戦の姿勢から日日創造される産物である。
そう、ちょっとした感動!
実際、客の舌はどんどん肥える。
ビジネスでも同様で、顧客の期待水準は年々上昇する。

ちなみに、「日日創造、生涯挑戦」という言葉は、私がつくった座右の銘である。
職業人生のメインテーマといってよい。
著書を何冊か出した頃、読者にサインを求められると、私は生意気にも一筆添えていた。

…ビジネスでもっとも難しいのは、好ましい状態を「長く続ける」こと。
次々とライバルが出現する以上、現状の維持は大幅な後退である。
やがて、消滅へ…。

結局、好ましい状態を長く続けるとは、創造を繰り返すことなのだ。
「挑戦を忘れたとき、人も組織も老いていく」。
かつての名門企業、いまの日本がそれである…。
「存在の輝きは、無限の創造連鎖からもたらされる」。

                       ◇

と、締め括ったものの、当の私がいま一つピンと来ないので、引き続き考えてみたい…。

まず、無限と連鎖に、意味の重複がある。
「無限の創造連鎖」は、単に「無限の創造」か「創造の連鎖」とすれば済む。
私は「無限の創造連鎖」に、たゆまぬ「破壊(否定)⇒創造」のニュアンスを織り込みたかったようだ。

また、「連鎖」では「つながる」だけで、「高まる」ことにならない。
もっとも「バリューチェーン」などという言葉もあり、これには価値の付加や向上がともなう。
私は「連鎖」に、上昇する「スパイラル」のイメージを塗り込めたかったようだ。

結局、言いたかったこと。
「存在の輝きは、たゆまぬ破壊(否定)と創造という、上昇するスパイラルによってもたらされる」。

しかし、これだと、ひどくつまらなくなってしまう。
「存在の輝きは、無限の創造連鎖からもたらされる」。
あっ、岡本太郎の顔が浮かんできたぞ…。
やはり、このままでよい。
要は、「つくる人しか輝けない」。
世の中を見回してもそうだ。

⇒2009年9月21日「岡本太郎の言葉と生き様」はこちら。

ところで、創造する人に何か共通した傾向はあるか?
その一つは、「きのうと違わない己を恥じる」こと。
自分はいったい何をやっていたのだろう、と…。
なお、「きのう」だが、文字どおり昨日であったり、あるいは去年であったりする。
若いほど短くなる。
年齢に関係なく10年は不可、3年も問題。
また、個人だけでなく企業についても同様。

私は、わずかでも「きのうより高みにいたい」と願う。
そのため、「日日創造、生涯挑戦」を座右の銘にしている。
また、「できることは、もうやらない」を仕事の戒めとしている。

出版界の革命児、幻冬舎・見城徹社長が言い切った。
「迷ったら、前に出る」。
名言だ。
気迫に圧倒される。
「挑戦しないと、心のさみしさが癒やされない」とも…。
この気持ちは、私にもいくらか分かる。

                       ◇

ところで、考える人は起業家に向かない。
南極探検家の西堀栄三郎に有名な言葉がある。
「石橋を叩けば渡れない」。
これは「起業」についても当てはまる。
明日へのヒント 西堀栄三郎起業はリスキーなので、手続きを踏んできちんと考えれば、否定的な結論に落ち着く。
「石橋を叩いたら渡る勇気を持て」とも…。
考えたら起業せよ。

⇒2009年9月29日「西堀栄三郎の言葉と生き様」はこちら。

起業への踏ん切りは、サラリーマン経験が短いほどたやすい。
会社からある程度の保障を与えられる生活に慣れてしまうと、無意識でそれを求めるようになる。

起業の教科書 ―次世代リーダーに求められる資質とスキル起業は、抑えがたい衝動だ。
知力より行動力の為せる業。
私は「考えてから歩く」のでなく、「歩きながら考える」。
ときに「歩いてから考える」。
だが、私が巡り合った成功者の大半は、「走りながら考える」。
いや「走ってから考える」。

起業する際には、「志⇒情熱⇒行動⇒思考」の順序がいいのでは?
高い志と大きな情熱を持ち、「行いながら考える」「行ってから考える」。
平たく言おう。
正しいと信じるなら、突き進む。

なかでも起業に関しては、学習者のわりに実践者が少ない。
MBAなどで起業を目指して猛烈に勉強し、せっかく修了したのに行動を起こさない。
彼らがつぎ込んだ時間とカネの大きさに比べ、「起業率」は目を疑うほど低い。

起業の知識と起業の行動に、さほど関連性はない。
学ばないと行えない人は、起業家に不向きである。
つまり、「起業は知識でなく勇気から始まる」。

人は、現実より知識が先行すると、迷いが膨らみやすい。
結果として「臆病者」に…。
学び方を間違えると、知識が「力」にならず、行動から遠ざかってしまう。
幻冬舎・見城徹社長の名言を思い起こしてほしい。

…私は、満たされないものを埋めようとして起業するのかもしれない。
その意味で、「起業は自己確認であり、自己表現である」。

また、資本主義社会は「自信」を土台とする。
心のなかは不安だらけでも、それを拭い去り、一歩を踏み出す人に味方する世界である。

                      ◇◆◇

最初の原稿は以下のとおり。
3本のブログを編集加工した。

⇒2007年11月16日「「日日創造、生涯挑戦」」はこちら。

⇒2007年11月20日「つくる人しか輝けない」はこちら。

⇒2007年11月21日「考える人は起業家に向かない」はこちら。

◆書き加え1(9月1日)

私は先頃、ビジネス系の老舗出版社「東洋経済新報社」から『起業の教科書』という共著を出版した。
起業の教科書 ―次世代リーダーに求められる資質とスキルSBI大学院大学(MBA)の教官12名が執筆。
私が担当したのは2万4千字、通常の単行本の4分の1以上の分量である。
題して、「起業を円滑・確実にする営業力 〜出会いと巻き込みによる成功法」。

基本テーマは「営業発のネットワーク型起業」であるが、「創造」についても言及している。
以下は引用。

「創造とは、失敗の体験のゴミ捨て場に咲いた一輪の花だ。失敗を養分にして育まれるのが『創造性』である。」。

素晴らしい!
自画自賛。
ぜひお読みいただきたい。

⇒2010年7月23日「『起業の教科書』刊行…SBI大学院大学」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

会社がつぶれる…トップに必須の企画力とは?

私は、JR東京駅に隣接した丸の内経営サロン(丸の内トラストタワー本館20階、サーブコープ内)で「個別経営相談」に応じている。
取締役も訪れるが、対象は原則「社長」である。
無料。
こうした相談会はたいてい何らかの業務の受託を目的としているが、私は純粋な恩返し(社会貢献活動)で行っている。
仕事は不要。

経営者の悩みは非常に深く、私が黙って聞いていると際限がない。
それなりに胸の内を吐き出させたうえで、私は諭している。
「この十年、二十年、社会は変わり、経済は変わり、そして市場は変わり、顧客は変わりました。
一昔前と同じような事業を営み、同じような商品をつくり、同じようなやり方で売っていたら、業績が悪くて当たり前でしょう。
どうかシンプルに考えてください」。

私がコンサルタントとして見聞きした範囲では、変わっていない会社は一部の例外を除き、業績低迷どころか規模縮小に陥っている。
じり貧を免れない。

今後はさらに内需縮小が進み、景気後退が繰り返されるだろう。
会社が生き残れるかどうかは、経営者の力量次第である。

私は、変えられない社長は無能だと思う。
そして、変えるために必須となるのが、マネジメントやマーケティングに関わる「企画力」である。

以下に、「社長が行うべき企画とは何か?」と題する2007年8月13日のブログを収める。
3年前の原稿だ。
思い切って手を加えた。

                      ◇◆◇

環境が激変する今日、社長の「企画力」が企業の命運を分ける。
とくに一代で会社を創りあげたオーナー社長が次世代へバトンを渡す前に行うべきは、これまでの事業とそのやり方を陳腐化することに尽きる。
そう、過去へ押し遣ってしまう。
「功成り名遂ぐ」創業者にとり、会社と自分は一体だ。
ゆえに、それは己に「NO」を突き付けることになる。
愉快なはずがない。

しかし、それをためらうなら、他社が陳腐化してかかる。
それも、これまでの競合に留まらない。
IT革新につれ、思いも寄らぬライバルが現れる。

自社でそれを断行すると、陳腐化した売り上げと陳腐化された売り上げの両方が得られる。
したがって、業績は何とか維持できる。
経営もしばらくは安泰である。
こうしたことは、創業者に限らず、すべての社長が知っておかなければならない。

例えば、クルマは長らく国内の新車販売が落ち込んでいる。
トヨタは大きなリスクを冒してまで「レクサス」ブランドの導入に踏み切った。
賭け!

トヨタが戦後打ち込んだのは「いつかはクラウン。」という名作コピーに象徴されるように、「カローラ⇒コロナ⇒マーク侠優ラウン」というヒエラルキーを構築することだった。
右肩上がりの経済のもと、生活者は商品の購入自体を目的とし、所有価値を第一にしていた。
その頂点に位置づけられたのが、クラウンである。

レクサスブランドの導入はヒエラルキーの崩壊、したがってトヨタブランドの弱体化を招きかねない。
トヨタは右肩下がりの経済のもと、命懸けの決断を下した。
私は、横綱の「自己否定」を知らない。
クレージーとさえいえよう。
それだけ危機感が強かった。

それによりクラウンはかつての輝きが色褪せ、トヨタブランドが陳腐化されたことは否めない。
しかし、トヨタはそれと引き換えに高級車市場というご褒美を手にしつつある。
他社に先行されると、陳腐化された売り上げしか残らなかった。

例えば、伝票や帳簿などの紙製品は、次々と登場した会計ソフトに陳腐化された。
「勘定奉行」や「大蔵大臣」など…。
これまでの業界はパイが縮小したと嘆いた。
そうでなく、パイは爆発的に拡大した。

顧客はもともと経理処理や会計処理の合理化を買っていた。
ところが、彼らは伝票や帳簿を買っていると勘違いしていた。
もはや商品の購入は目的でなく手段にすぎない。
いまどき商品を買う顧客はいない。
かならず業務上の効用や経営上の目的を買っている。
彼らは危機感が乏しく、伝票・帳簿販売の自己否定が遅れた。
顧客への貢献において、新たに出現した競合(ライバル)が上回ったのだ。
これは、他社が既存の事業や商品を陳腐化しただけでなく、巨大な新市場を創出したケースである。

例えば、旅行の窓口販売はネット販売に陳腐化された。
膨大な時間と費用をかけて整備してきた店舗網が、収益の足かせになる。
最大手のJTBを筆頭に、旅行代理店はほとんどが業績下落に苦しむ。
店舗の閉鎖と従業員の削減が避けられず、業績は極端な先細りになる。
経営が崖っぷちに追い込まれよう。
彼らは危機感が乏しく、窓口販売の自己否定が遅れた。

結局、凋落傾向から抜け出せない名門企業は、この陳腐化を先延ばししてきた。
概して呑気…。
リストラで一時的に帳尻合わせを行ったとしても、すなわち「縮小均衡」では本質的な解決を図れない。
経営層が成功体験の呪縛から逃れられない企業はつぶれるか飲み込まれよう。

なお、絶大な権力を持つオーナー社長は、率先して自社の陳腐化を推し進めなければならない。
これまでの事業とそのやり方と決別すること!
社員は、それを進言すると、社長と衝突することが分かっている。
辞める覚悟を持たないと、絶対に切り出せない。

以上、こうしたビジネスモデルやマーケティングの改革・革新は、スピードが命となる。
他社にいったん陳腐化されると、それを追いかけるのは絶望的である。
先行利益は非常に大きい。

社長が行うべき企画とは、自社を陳腐化するそれなのだ。
壮絶なる自己否定にほかならない。

変われない会社は末路が見えている。
トップの企画力が鍵を握る。

                      ◇◆◇

最初の原稿は以下のとおり。

⇒2007年8月13日「社長が行うべき企画とは何か?」はこちら。

◆書き加え1

私は『変革リーダーの企画力』と題する著作を発表したい。
このブログの記事、そして日経BP社での連載記事を編集加工して1冊分の原稿とする。
ようやく百ページ近くをまとめ終えたところ…。
完成はいつ頃か。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

こだわりととらわれ(講演TV)

「とらわれずに、こだわろう」。
以前、デザインプロデューサー・黒崎輝男氏の言葉にハッとした。

私には、私なりに「こだわり」がある。
会社や仕事、人生や生活、社会や家庭…。
とくにオンに関しては、提案営業バカを自認し、営業変革一筋を打ち出した。
かれこれ15年、これだけで食べてきた。

だが、人はこだわるあまり、知らず知らずのうちにとらわれていることがある。
こだわりとは、特化による存在の際立ちである。
とらわれとは、呪縛による存在の硬直化である。
両者は、別物だ。
存在を「個性」と置き換えてもよい。

「こだわり」に己が縛られはじめ、そのうち身動きが取れなくなる。
自分自身をがんじがらめにした状態で、これが「とらわれ」である。

そもそもこだわりとは、それを捨てるともう“己”でなくなってしまうという、のっぴきならない存在証明。
案外、私たちはこだわりを捨てても生きていけたりしないか。
それどころか、こだわりを捨てると生きやすくなったりしないか。
身にまとっていた殻を脱ぎ捨てた解放感!
己の存在証明と呼ぶに値する「こだわり」が、どれほどあるだろう。
冷静に検証する必要がありそうだ。

こだわりを持つことで危険なのは、社会や生活、市場や顧客を眺める目線が固定し、しかも距離が短くなること。
ゆえに、視野が狭くなる。
さらに、環境変化への適応が難しくなる。
したがって、新たに出現する機会をことごとく見逃す。

そして、そうした状態は「とらわれ」に違いない。
こだわりが、企業の経営やマーケティングを、個人の働き方や生き方、触れあい方を、窮屈で退屈なものにしていたのではないかと考えはじめている。

                       ◇

なお、本日のテーマについて、もう少し詳しく、あるいはもう少し掘り下げて語っている。



******************
講演TV(人生編)
こだわりととらわれ
******************

これは、2009年4月3日(金)の「和田創ブログ」に若干のアレンジを加えたものである。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

無料個別相談会

百万人の企画講座11…バースデー企画

経営と人生の名言0200☆EPILOGUE

企画家的バースデー
企画への賛歌

◇登場人物
好子好子 立郎の妻
初夫 立郎の長男
夢二 立郎の次男
初夫
この章では、もう一度最初に立ち返って、企画しそれを企画書に表現するということが、どれだけ考え方の整理に役立ち、しかも生活を素敵に変えてくれるものなのかを確認します。
夢二
               ************

経営教本1バースデープロジェクト

●参加者
立郎の外出を見届けて、家族が集まった。
好 子 亜 矢 の帰国日程が分かったわよ。12日だって。
夢 二 よかったじゃないか。誕生日に間に合って。
初 夫 亜 矢 はどのくらいいるんだって?
好 子 出張と有給休暇を一緒にするって言ってたから、1週間ほどじゃない。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法●基本方針
好 子 ところで、この前ちょっと話したけど、お父さんの誕生日、今年はいつもと趣向を変えてみたいの。
初 夫 というと?
好 子 亜矢もいることだし、のんびり家のなかでくつろぎたいわ。それと家族全員で分担して、何から何までオリジナルで演出しましょうよ。
初 夫 照れちゃうぜ、おやじ。
月刊トップセミナー●実施事項
好 子 で、プレゼントとケーキ、それからディナーね。
初 夫 まずプレゼントだけど、オリジナルってことは、何かつくるわけ?
夢 二 兄さん、一緒に絵でも描こうか。
初 夫 俺が不器用なのは知ってるだろ。
好 子 安心なさい、あなた方を当てにしてませんよ。

経営と人生の名言0201愛のかたまり

●バースデープレゼント
好 子 きのう亜矢に電話を入れたんだけど、お父さんにワイシャツをつくるそうよ。
初 夫 亜矢が? できるの?
好 子 あら、あの子の仕事はアパレル屋さんでしょうに。
夢 二 もうOKしたの?
好 子 えぇ。生地はロンドンで探すって。コンセプトは「世界に通用する父」ですって。
目をおおう営業活動の実態●バースデーケーキ
夢 二 じゃ、俺はケーキのデザインをしたいな。
好 子 つくるのは私がやるから、前日までにイメージスケッチをちょうだい。できればカラーで。
初 夫 コンセプトは「愛のかたまり」だぞ。
夢 二 ハート型のミニケーキを51個積み重ねて、オブジェ風に生クリームで固めようかな…。
好 子 つくる私の苦労も考えてほしいわ。
●ディナーパーティ
初 夫 ところで、ディナーのメニューはどうする。
夢 二 絶対、特上ステーキ!
好 子 そうねぇ、普段「薄味で低脂肪」なんて私が厳しく言い過ぎてるから。
夢 二 コンセプトは「愛のシズル」で。

経営◇勝ち残りの条件1どうせやるなら…

●実施準備
夢 二 で、当日だけど、兄さんは早く帰ってこれるの。
初 夫 プロデューサーっていう立場上、会社を休まざるを得ないかな…。ま、ここんとこ忙しくって、休日出勤も多かったことだし。
好 子 有難う。じゃ、会場設営を頼むわ。お父さんが出勤したら、すぐにかかって。
初 夫 そうそう、式次第をつくらなきゃ。
夢 二 どうせやるんならとことんやろう。その方が楽しいから。
初 夫 花とか新しいナプキンとかも用意しとかなきゃね。俺が当日買いにいくよ。
夢 二 ケーキのてっぺんにメッセージカードも付けよう。
実例に学ぶ提案営業成功の極意●実施予算
好 子 ところで、費用は割勘でいくわよ。
夢 二 僕も?
好 子 あなたには私が特別予算を組んであげるから。
夢 二 どういうこと?
好 子 私が立て替えとくわよ。出世払いでいいわ。
初 夫 こいつ、出世するかどうか分からないから、亜矢と俺と母さんの3人で割勘でいいんじゃない? 夢二は免除ということで。
夢 二 出世はするつもりだけど、その待遇いいな。賛成。

               ************

バースデー企画書の完成はこちら。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年2月公開講座

百万人の企画講座10…研修企画

明日へのヒント コロッケ☆☆☆☆☆LESSON9

ソフト型人材を育成せよ!
研修企画の愉しみ

立郎◇登場人物
立郎 螢献礇櫂縫商事 人事部研修課課長
守山 螢献礇櫂縫商事 人事部部長 研修委員会顧問
守山甲野 螢献礇櫂縫教育システム 社員

この章では、立郎氏が勤務する「螢献礇櫂縫商事」の若手社員研修に自ら監修者として携わる過程を通じて、研修企画の立て方を学びます。
甲野
               ************

経営と人生の名言0196初めての遠征研修

●監修チームの編成
守 山 いよいよだねぇ、期待してるよ。
立 郎 有難うございます。
守 山 君が研修課の課長になって初めての講座監修だからね。今まで蓄積してきたものを全部吐き出してもらうよ。
立 郎 まぁ、伝統と歴史のある研修会ですから、それなりに慎重にはやりますが、多少、好き放題やらせてください。
守 山 どんどんやってくれ。ところで、こちらがジャポニカ教育システムの甲野さん。実務面を手伝ってくれる。
甲野甲 野 ジャポニカ教育システムの甲野と申します。
●遠征研修の意義
守 山 さて、君も知っている通り、今回初めての試みとして遠征研修を実施してみたいんだがどうだろう。
立 郎 あ、それはいい。実は、私も鹿島灘のセミナーハウスを使ってみたいと思っていたんです。
守 山 おぉ。あれは古いぜ。甲野さん、実は大正の終りに建てられた先々代の社長の別荘だったところでね。洋館建築なんだけど、それをセミナーハウスに改造したんだよ。
甲 野 素敵ですねぇ。
立 郎 参加する連中は、普段時間に追われてる者ばかりですから、まぁ、のんびり休養がてら研修を受けてもらおうと思うんですが、いいですね?
経営◇勝ち残りの条件2
柔らかい頭を育てる

●研修の課題
守 山 まぁ、今期の社員研修の課題が「ソフト型人材の育成」っていうことなんだけど…。
立 郎 えぇ、存じてます。うちは総合商社としてそれなりの地位にいるわけですが、どうも新事業の開拓という点で他社に及ばないところが多い。それで、将来のリーダーとして有望な若手社員に、柔らかい頭になってもらいたいということですね。
立郎●弱点の洗い出し
守 山 そうなんだよ。新素材の活用とか新業態の提案とか、特に柔軟な思考を必要とするところが弱いんだ。
立 郎 そうですねぇ。やはり、柔軟な企画力のある人材が必要ですね。今うちは、例えば素材や商品や流通経路などで新しい可能性を切り拓くチャンスをみすみす逃しているように思うんです。ありきたりの常識や既成概念に捉われ過ぎる傾向がある。私の見る限りですがね。
●将来の構想
守 山 なるほどね。それにここだけの話なんだが、うちの会社は将来、モノを売る部門とアイデアを売る部門とを切り離す構想があるんだ。
立 郎 それは初耳です。これからの時代を生き抜くために、ソフトの提案力を強化しようという狙いですね。
月刊トップセミナー
イメージが見えるまで…

●講座テーマ1
守 山 まぁ、そういう事情があるわけだ。
立 郎 分かりました。そうなると、まず研修に盛り込む内容では、発想の柔軟化がありますね。
守 山 いろいろな角度から物事を考えるということだね。
立 郎 物真似でないオリジナルな視点を育てます。
守 山 そうして新事業のヒントやきっかけをつかむわけだ。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法●講座テーマ2
立 郎 しかし、それらのユニークな着想も、コンセプチュアルにまとめあげる能力がないと生きてきません。
守 山 可能性を束ねて、一本筋を通すということか…。
立 郎 そのためには市場や自社が抱える問題点をチェックし、課題をしっかり把握できることが前提となります。
守 山 シーズやニーズなどの諸条件を踏まえたうえで、新事業としての独創的な切り口を提示するというわけだね。
●講座テーマ3
立 郎 それから、当然ながらコンセプトを実際にどう展開するか、具体構想として描写する能力が必要になります。ヒトやカネやモノ、さらに情報などの経営資源を大胆に活用することも求められます。
守 山 うむ。新事業への取り組みが、ようやく具体的なイメージとして見えてくるわけか…。

経営と人生の名言0197難解なカリキュラム?

●視点の多角化
守 山 そろそろカリキュラムを提出しなきゃならないんだ。
立 郎 えぇ。カリキュラムは3科目を予定しています。まず、発想の転換を促し発見力を強化するための「視点の多角化」という講座です。ここでは言葉が与える既成概念に捉われるな、という啓蒙も行なうつもりです。
●概念の統合化
立 郎 次は、コンセプチュアルな思考習慣を身に付けるための「概念の統合化」という講座です。ここでは錯綜する概念をいったん解体し整理して、新たなキーワードのもとに再編成するノウハウを学びます。
守山守 山 どうも難解そうで、現実味がないが…。
立 郎 その点はご心配なく。実際に当社が抱える問題点を洗い出して、解決の方向性を探る場を設けるつもりです。
甲 野 リアリティが湧いてきて、いいですね。
●論理の図解化
立 郎 そして、最後に現実的な展開構想として結実させる「論理の図解化」という講座をやろうと思います。
甲 野 複雑な概念や情報を文章ではなく、図形によって論理的に表現するわけですね。
守 山 なるほど。新事業の展開イメージが構想化されて明確になるということだな。
社長セミナー2
理論編と実践編

●科目の構成
甲 野 ところで、科目ごとの構成はどうなりますか。
立 郎 どの科目も、前半は理論講座、後半は実践講座の2部構成とするつもりです。
●理論講座
守 山 理論講座というと、決まって居眠り組が出るそうだ。
立 郎 えぇ。単調にならないよう配慮はしています。学習効果を高めるためにも…。具体的には、ベーシックなテキストを用いて、さらっと概論に触わります。そのうえでVTR教材を使用して、特に重要となるポイントだけを突っ込んで理解させます。
実例に学ぶ提案営業成功の極意守 山 なるほど。実際に見れば分かりやすいし、印象に残る。
●実践講座
立 郎 それらの理解段階を経て、いよいよ実践的な講座に移ります。特に今回は、発想や思考や表現の技術的な部分の修得に重点を置こうと思っています。
守 山 確かにこういったものは頭だけで理解していても、実際には役立たないケースが多いからな。
立 郎 まず、ゲスト講師による実習スタイルのセミナーがあって、その後グループごとに集まり、ワークシートで共同作業をしてもらいます。頭と手を存分に使って…。
甲 野 体感的に学ぶというのは、大賛成です。
拡販キャンペーン型・提案営業研修
1日目・開眼する

●姿勢づくり
立 郎 これが、3日間のプログラムです。
守 山 いつもなら、すぐに1回目の講義だが…。
立 郎 グループ編成の必要もありますし、研修の目的を自覚させるためにも、ぜひ開講式はやりたいですね。
守 山 ほう。続いて90分間の合同昼食会と休憩かぁ。これで仕事の感覚をオフにしてもらおうというわけだな。
立 郎 講義は例外を除いて、すべて90分になっています。合間の休憩は長過ぎるとかえってペースを崩したりしますから、15分設定です。立郎
●講義の内容
甲 野 1日目は、「視点の多角化」ですね。
立 郎 研修の始めに、まず新しい眼を開いてもらうことが狙いです。テキストとVTRによるオーソドックスな講義があって、その後は「言葉からの解放」をテーマとした実習セミナーをやります。そして、夜の講義ではゲームを取り入れてみようと思っています。
甲 野 例えば、「連想ゲーム」とか「ジェスチャー」とか…。
立 郎 えぇ。キーワードは、ある事象や新素材ですがね。
守 山 確かに今回のテーマからして、いかにも研修っぽい内容は向いてないだろうな。まぁ、遊び感覚で気軽に学んでもらえばいいわけだ。

経営と人生の名言01982日目・考える

●早朝講座
甲 野 普段の研修だと、5時頃起きてラジオ体操なんですが。
立 郎 6時30分でいいでしょう。あのセミナーハウスは海が見えますから、コーヒーでも飲みながら「波」をテーマにしたソフトな講義を組み込みましょう。
●昼間の講義
甲 野 2日目は、「概念の統合化」ですね。
立 郎 えぇ、午前中いっぱいは理論講座をみっちりやります。そして午後は実践講座に移りますが、ゲスト講師による禅問答めいた講義を予定しています。ここで粘り強い思考態度を鍛えます。徹底的にね。
甲野甲 野 それは面白い。
立 郎 十分に刺激を与えておいて、ワークショップではカードを利用して、当社の問題点の分析と課題の抽出をします。
守 山 うむ。なかなかのものだぞ、これは。
●深夜の討論会
甲 野 夜からは、「論理の図解化」の理論講座ですね。
立 郎 その後2時間の自由時間をはさんで、深夜0時からはゲスト講師を交えたエンドレスの討論会に入ります。ここでは課題の抽出を受けて、新事業のコンセプトを納得がいくまで詰めていきます。
守 山 こりゃ、「朝まで生テレビ」だ。くたくたになるぞ。
経営教本1
3日目・まとめる

●仕上げの講義
立 郎 朝はゆっくり8時に起床。午前中は「論理の図解化」の実践講座を行ない、ワークショップでは討論会で仮設定した新事業コンセプトに沿って、展開構想を図解表現で仕上げます。大きな模造紙をめいっぱい使ってです。
守 山 こういうものこそ、もっと時間が必要じゃないか。
立 郎 ですから、代わりに宿題を出します。
守山守 山 うっ。宿題?
●効果の測定
立 郎 これは従来の研修で欠けていたことですが、学習効果を具体的に測ることをしていなかったんですね。
守 山 いったい、どんな宿題になるんだろうか…。
立 郎 今回は企画書の提出を義務付けようと思っています。模造紙にまとめた展開構想の全体像を、さらに掘り下げブラッシュアップして企画書にまとめてもらいます。
守 山 うむ。みんな忙しいから、文句が出ると思うぜ。
立 郎 しかし、この研修は自分の意思で申し込んだ人が選抜試験で選ばれて始めて参加できるものなのだ、ということを十分に自覚してもらえば、納得するでしょう。
甲 野 確かに今回の学習効果を見るには、企画書が一番ですね。
立 郎 午後に研修委員会から会社の将来とか世界情勢についての講義があって、すべて終了です。

経営と人生の名言0199手配やら準備やら…

●講師の手配
守 山 ところで、今回のインストラクターとか講師の手配はどうする。かなり専門的な内容だが…。
立 郎 理論講座や実践講座のワークショップの進行には、腕の確かなインストラクターが必要になります。
甲 野 その点は、うちが優秀なスタッフを派遣しますので、ご心配はいりません。
立 郎 それと、ゲスト講師の選択や手配もお願いします。
甲 野 えぇ。講師はかなり豊富な陣容のなかから、自由に選んでいただくことができます。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法守 山 まぁ、もともと本社の研修企画部が独立してできた会社だし、大丈夫だろう。
立 郎 ひとつ気がかりなのは、最適の教材が果たして見付かるかどうかということです。
●教材の準備
甲 野 確かにかなりユニークな講座ですから、ぴったりの教材は既存のものでは無理かと思います。
守 山 ワークショップの方もいろいろと必要だろう。
立 郎 そうですね。基本テキストとかワークシートとか、オリジナルを準備しないといけないでしょうね。
甲 野 それについては課長に監修をお願いして、うちの方で作成しようと思いますが、いかがですか。

               ************

研修企画書の完成はこちら。
次回はバースデー企画書。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年2月公開講座

百万人の企画講座9…CI企画

経営と人生の名言0192☆☆☆☆LESSON8

アイデンティティを語ろう
CI企画の愉しみ

◇登場人物
夢二夢二 「視覚芸術愛好会」会長 平成高校2年生
田川 「視覚芸術愛好会」副会長 平成高校2年生
正木 「視覚芸術愛好会」書記 平成高校2年生
正木
この章では、夢二が主宰する「視覚芸術愛好会」が共通の理念を自覚し、その具現化を図ろうとする過程を通じて、CI企画の立て方を学びます。
田川
               ************

成功教本0192「自分達らしさ」のアピール

●対外イメージ
夢二の高校ではサークルを活動実績や規模により、「部」「同好会」「愛好会」とランク分けしている。
正 木 どうだった? 予算会議。
夢 二 ダメ。要求額の半分以下だった。愛好会の弱さだね。
田 川 うちのサークルって、結局のところ好きものの寄せ集めみたいに見られてるのよね。発表の場所を借りるのさえ一苦労だしね。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法●リクルーティング
夢 二 愛好会は不利なんだよ、こういう時にさ。早くメンバーを増やして、せめて同好会にでも昇格しなくちゃ。
正 木 そうか。もうちょっと外から見えるイメージを大切にしていかないといけないのかな。
夢 二 そうだね。来年の新入会員獲得のこともあるし…。
●サークルの意義
田 川 何より、うちのポリシーが確立してないのは問題よね。個人ごとの創作活動はうまくいくんだけど、共同制作になると、いつも意見の対立とかでポシャっちゃう。
正 木 それは仕方がないんじゃない? みんな芸術家としてのポリシーがあるんだから。
田 川 だったら、サークルにする意味がないわ。個人じゃできない創作をするためにサークルをつくったんだから。
社長セミナー1
「知性」が足りない

●設立時の理念
正 木 そもそも何をしようとして設立したんだっけ?
夢 二 いろんなジャンルで創作活動をしてる人間が集まって、ガンガン共同制作をしようっていうのが、設立の時の理念なんだけどね。
田 川 結局いつも喧嘩別れしちゃってるじゃない?
●現状の問題点
夢 二 そうなんだよ。バカバカしい話だけど…。みんな、もうちょっと賢くならなきゃいけないな。
田 川 「知性」が足りないのよね。
正木正 木 ちょっと違うだろ?
●改革のポイント
田 川 違わないわよ。共同制作ができるっていうメリットで集まったんじゃないの。個人としてのポリシーがあるのは分かるけど、そこをもうちょっと抑えて…。
正 木 個人の芸術的ポリシーを押さえ込んじゃうのかい?
田 川 そうじゃなくて、共同制作をするために、自分のポリシーをどう生かしていくかって考えてほしいのよ。
夢 二 そうだな。それをメンバーに強調する必要があるな。
田 川 自分のポリシーをゴリ押しするんじゃなくて、それを生かして、共同でより次元の高い創作活動ができるくらいの「知性」が必要だってこと。

経営と人生の名言0193志を表明する

●スローガン
夢 二 よし、分かった。明快な標語をつくろう。
田 川 標語って、何だか堅苦しくない?
夢 二 じゃ、何て言うんだ。
田 川 サークルのポリシーとか…。
夢 二 いや、ポリシーはもうある。「もっともトータルな視覚表現の創造を追求する」っていうのを、設立の時に決めただろ。これを実行するための標語だよ。
田川田 川 スローガンのようなものね。
●内部アプローチ
正 木 ポリシーはあるけど、いつも議論段階でポシャることが多いじゃないか。だからもっと実現性を高めていった方がいいと思うなぁ。
夢 二 一貫したポリシーと、それを支える行動力か。
田 川 それと知性ね。みんなに「もっと知性的になろう」と呼びかけましょうよ。
●外部アプローチ
正 木 外に対しても「我々はこれから知性的になります」って宣言してさ。
田 川 それじゃ「今はバカですけど」って言っているようなものじゃない。
正 木 だから「それを行動に移せます」って一緒に言うんだよ。
経営教本1
CIに目覚める

●集団パワーの基盤
夢 二 じゃ、この辺で話を整理してみよう。このサークルのパワーをつくるベースは…。
正 木 個人のポリシーじゃないかな。まず、そのエネルギーがあることが前提だよ。
夢 二 そうだな。で、それを束にするわけだ。
田 川 そう。そうやって、目指すものをつくるんだから。
「提案営業」成功の法則―9のステップで身につける至高のノウハウ●究極の目標
正 木 目指すものは何?
田 川 つくりたいもの、っていうことでしょう?
夢 二 それだとしたら「もっともトータルな視覚表現」だよ。
田 川 で、それを実現するために、ありとあらゆる表現方法の存在を許して、それを積極果敢に取り込んでいくってことね。
正 木 かっこいいよなぁ、何だか。
●CIの概念
夢 二 これを内部に徹底させるのも重要だけど、外部にもちゃんとアピールしていかないとな。
田 川 いずれ他のサークルとか学校ともジョイントすることを考えてるんでしょ。
正 木 ポスターか何かつくって貼り出す?
夢 二 いや、それだけじゃ能がない。もっと徹底的にやろう。

経営と人生の名言0194考えるサークルへ

●位置付けの見直し
夢 二 今までうちは創作サークルっていう位置付けだったけれど、これからは研究サークルということにしよう。
田 川 創作活動をやめちゃうの?
夢 二 いや、創作活動は個人のものを含めて、このサークルでは「研究発表」という位置付けにするんだ。
●戦略の統合
田 川 そうよね、創作に携わっていないメンバーもいることだし。彼らの立場がなかったもんね。
正 木 オレとかな。
田 川 正木さん達は評論活動が中心だから。
夢二夢 二 さしあたり、正木派は評論部門ってとこかな。
正 木 そうだな。作品の批評を通じて作者にフィードバックしていくのが役目だから。
田 川 で、その評論活動の成果が次回の作品となって現われるということね。
夢 二 共同研究のイメージがはっきりしてきたな。
田 川 私の周辺なんか立体創作派じゃない? 舞台芸術とかで自分でステージに立つこともあるから、バックに信頼できる批評機能があれば、自己確認もできる。
夢 二 批評機能か。だんだん高度になってきたな。
正 木 ま、そうして作者に貢献できるなら光栄だよ。
MBAソリューションセールス研修
まるで再出発のように

●CI導入の準備
夢 二 よし、これだけ大胆な改革を行なうんだから、名前なんかも全部変えたいね。今から原案を考えて、次の例会でみんなに投げかけてみよう。
●名称の変更
正 木 名前に「愛好会」って付いてるのが悔しいから、「視覚芸術研究会」にしようよ。
夢 二 OK。いいと思う。生まれ変わるサークルの性格がはっきりするからね。英語の名称なんかも付けちゃおうよ。
田 川 知性のイメージづくりね。
●会報の刷新
正木正 木 会報も変えようよ。このサークルの研究発表誌ってことにして、オープンに読んでもらおう。もちろん内容も編集方法も一新して。
夢 二 書店とかにも置かせてもらってさ。
田 川 自費出版専門の書店もあるしね。
正 木 今まで「視覚」っていう名前だったから、「VISUAL」の略で「VIS」にしよう。
●構成員の改称
夢 二 会長とか書記、会計っていう呼び方も芸がないから変えようよ。会長を代表研究員にするとかさ。
田 川 じゃ、会員の方は構成研究員にしましょう。
再建屋ノート2
視覚的イメージの統一

●VIの確立
夢 二 シンボルマークとかが必要だな。カラーなんかもきちっと決めて、基本的なポリシーをいつでも思い起こすことができるようにしよう。どんな色がいい?
田 川 知性の青、情熱の赤、とかね。
正 木 それじゃ少し平凡だから、高貴な知性のダークブルーと情熱的なポリシーのカーマイン(赤味のある朱色)とかは…。
田 川 まるで赤青エンピツみたいだわ。
正 木 じゃあ、いっそのこと、そのエンピツをシンボルマークにしちゃったらどうかな?
「提案営業」成功の法則―9のステップで身につける至高のノウハウ●全員の巻き込み
夢 二 ちょっと待った。そこまで我々で決めるとやりすぎだ。うちは創作者の集団なんだから、コンペでもやって決めた方がいいと思う。
正 木 、コンペを仕切ってよ。
●管理と運用
田 川 このマークとかカラーって、何にでも使うんでしょ?
夢 二 一定のルールを決めてね。使い方が乱れないようにしなきゃならない。それも正木が管理してよ。
正 木 批評家をこき使ってるな。
田 川 でも、封筒とかレターヘッドとかポスターに必ずシンボルマークが使われてるってのは、かっこいいわね。

経営と人生の名言0195他流試合を求む!

●CIに基づく活動
夢 二 さて、いよいよ活動の方向性を考えるわけだけど…。
正 木 今まで話した、共同制作を強化するとか、批評機能による知的フィードバックを行なうとかいった基本方針を踏まえて、具体的にどんな活動をするか、だな。
夢 二 うん。内部はそれでいいとして、対外的にどんな活動を展開するかを考えるべきだね。
田川田 川 そうね。文化祭の予算獲得の時の材料になるわ。
●サークル交流
正 木 やっぱり、他流試合をしたいなぁ。音楽系サークルなんかと…。
田 川 天体観測サークルと組んで、プラネタリウムを取り入れるなんていいじゃない?
夢二夢 二 料理サークルとジョイントして、絵画と料理のステージパフォーマンスとかね。
田 川 何よ、それ?
●学外交流
正 木 それと、他校との交流だけど、愛好会の資格では公式交流ができないんだよね、確か。
夢 二 だから、個人的な友好関係の延長という形でスタートさせよう。会報を送り付けるとかさ。
正 木 会報は書店だとか通販でも売るんだよね。

「VIS」創刊0号

営業変革講演 ●スケジュール
夢 二 とりあえず、当面は文化祭を目標に置いていこう。
正 木 シンボルマークのコンペ、いつやる?
田 川 すぐよ、すぐ。
夢 二 まぁ、例会でこの改革案が通過してからだな。でも6月にはやらないと間に合わないな、きっと。
●CI導入宣言
正 木 「VIS」だけど、7月に創刊0号を出そうよ。
田 川 創刊0号?
正 木 そう。文化祭の時に発行する第1号の予告版だよ。そこで、うちのCI導入宣言をしちゃえばいいんだ。
SBI大学院大学《資料請求》夢 二 なるほどなぁ。そういうやり方があったのか。
●ツール一新
田 川 ねぇ、文化祭までに名刺とか封筒とか全部つくっちゃいましょ。新しいデザインの。
夢 二 金がかかりそうだなぁ。
田 川 いいじゃない。どうせバイトやるんだから。
夢 二 CIは金がかかるよなぁ…。
●予算計画
正 木 事前に費用を見積った方がよさそうだな。
田 川 そうね。それをもとに今から積立てをすれば、後であわてなくてすむわ。

               ************

CI企画書の完成はこちら。
次回は研修企画書。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

無料個別相談会

百万人の企画講座8…ショップ企画

経営と人生の名言0187☆☆☆☆LESSON7

英国流「休日」はいかが?
ショップ企画の愉しみ

◇登場人物
亜矢亜矢 螢痢璽好丱Ε鵐鼻.蹈鵐疋鷸拏辧‐ι粉覯菽甘
尾崎 螢痢璽好丱Ε鵐鼻)楴勹超抜覯莠次‥絞淬甘
東谷 フリーランス ライフスタイルデザイナー
尾崎
東谷この章では、亜矢が勤務する「螢痢璽好丱Ε鵐鼻廚「個人の休日」をキーワードとして「ライフデザインショップ」を表参道に新設しようとする過程を通じて、ショップ企画の立て方を学びます。

               ************

学習教本0245久し振りの帰国

●実地検分
東 谷 こんにちは。
尾 崎 あら、早かったじゃない。どうだった?
東 谷 えぇ。思ったよりきれい。それに裏庭が広くて…。駅からも遠くないし、とても静かなところなの。
尾 崎 人、呼べそう? 
東 谷 大丈夫だと思います。通勤の近道になっていて、朝夕そこそこ人通りがあるみたいだし。
尾 崎 そう。じゃ、大丈夫ね。
●ライフスタイルデザイナー
東谷東 谷 こちらの方は?
尾 崎 あ、こちらはロンドン支社から来てもらったの。亜矢ちゃん。商品企画が仕事で、私の高校の後輩なの。
東 谷 よろしく。
尾 崎 こちら東谷さん。フリーのライフスタイルデザイナーで、私とはもう2年くらい一緒に動いてもらってるの。
亜 矢 ライフスタイルデザイナーって、珍しいですね。どういうお仕事なんですか?東 谷 そうね、例えば商品の企画やインテリアのコーディネートなどのプロジェクトで、使い手の立場に立ったストーリーづくりとか意味付けとかをやっているんです。個人生活を中心にね。
社長セミナー1
水増しされた楽しみ?

●問題提起
亜 矢 個人生活のストーリーづくりというと、具体的には?
東 谷 今までの商品や店舗っていうと、世の中の最大公約数だけを取り出して企画してきたと思うんです。個人の楽しさや心地よさというよりは、誰にでも分かる水増しされた楽しみ。そんな、公約数的な楽しみで演出されていたんじゃないかと…。
亜 矢 平均的に底上げされた楽しさということですね。
東 谷 そうです。分かりやすくて、そこそこヒットするだろうけれど、個人の個性はいつも無視されてきた。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法●基本理念
尾 崎 それは、一人ひとりが自分のなかに楽しさの基準を持っていなかった、ということにも原因があるんでしょ。
東 谷 それもある。まぁ、持てないというか…。そういうものに慣れてしまって、自分らしく楽しむ方法を忘れてしまったともいえるでしょうね。
亜 矢 それで、東谷さんは、誰でも楽しめるというよりは、その人がその人らしく楽しめる、そのお手伝いをしたいと思ったわけですね。
東 谷 ええ。生活者がもっと快適に自分らしく過ごすためのヒントや、そのための生活のストーリーを提供できたらいいなと…。それで、こんなビジネスを始めたんです。

経営と人生の名言0188自分はどうやると喜ぶか

●楽しむ態度
亜 矢 私達は、乗せられていたってことかしら…。
東 谷 そうですね。仕掛けられたトレンドのなかで受動的に楽しむ、というやり方が身に付いてしまった。
亜 矢 確かにどこのアミューズメントスポットやレジャー施設に行っても、雑誌から切り抜いたような光景しかないですよね。ワンパターンっていうのかな…。
●コンセプト
尾崎尾 崎 どう、今の話? この店のコンセプトに置きたいと思っているの。
亜 矢 すごく賛成です。私はロンドンに住んでいるせいか、帰ってくると東京のつまらなさ、息苦しさみたいなものを感じるんです。向こうでは、みんながもともと自分勝手というか、「自分はどうやると喜ぶか」をよく自覚しているし、そういう面をお互いに尊重するから、公約数的なものを嫌う傾向があります。逆に、本当に公約数的なものは、スタンダードとして生き残るんですよ。公園の昼寝とか、パブの形式とか。
東 谷 だから、日本人はもう一度「自分はどうやると喜ぶか」を自覚しなきゃならない。
尾 崎 そうそう。日本人も、もう少し自分の好みにわがままになった方がいい。
経営教本2
心と体にごほうび

●報奨としての休日
亜 矢 それにしても東京の人はよく働きますよね。悪いことじゃないんだけど。
尾 崎 働き過ぎよね。いけないと思う。
亜 矢 私はね、決していけないことだとは思わないんです。だけど、よく働いた分、何らかの形で自分にごほうびをあげなきゃならないと思うんです。
尾 崎 自分にごほうびって、いいフレーズねぇ。
亜 矢 自分自身に「よく頑張って働いたね」って言い聞かせることが、自分の心とか体にとって、何よりのごほうびになると思うんです。そのための現実的な機会が「休日」だと思うし。
●ターゲット
尾 崎 じゃ、ターゲットは、自分にごほうびをあげなきゃいけないような人ね。
亜矢亜 矢 仕事を持っている、忙しい奥さんとか…。
尾 崎 忙しく働いている人、みんなよね。
東 谷 それに、自分だけのプライベートな時間を大切にしている人。その時間を豊かにすることに関心を持てる人。
尾 崎 そうね。「自分のことが好きな人」はこういう店を気に入ってくれると思う。
東 谷 美とか健康とかに関心のある人のことね。

経営と人生の名言0189表参道の商圏事情

●競合の存在
尾 崎 ところで、競合なんだけど、そういうタイプの店だったら「BODYSHOP」があるわね。
亜 矢 ロンドンにもありますね。
尾 崎 そっちが本店よ。
東 谷 それに「生活の木」。
尾 崎 そうそう。ハーブの専門店ね。ハーブ以外にも結構おしゃれな生活用品が揃ってるわよ。
●集まる層
亜 矢 どんな人達がそういう店に集まるのかしら。
東 谷 個性的なファッションをしている人もいるし、普通のOLっぽい人も多いわね。
尾崎尾 崎 でも、イケイケギャルはさすがに少ない。流行を追いかけるよりは自分だけの時間を大切にしたい、という人が集まるわけだから。
東 谷 高感度だけど、落ち着きがある…。
●店舗前通行客
亜 矢 確か、通勤の人達の近道でしたね。
東 谷 そう。広告とかアパレルとかに関連した会社が近くに多いんですよ。それから、昼間はクリエイターや学生なんかも通ります。青山近辺でもわりと静かなところです。
尾 崎 じゃ、ターゲットがそのまま歩いているようなものね。
再建屋ノート4
競合よりも共存を

●競合するメリット
亜 矢 この店は、「BODYSHOP」や「生活の木」と、かなり競合することになるのかしら。
東 谷 現在の状況では、競合っていう感じにはならないと思います。むしろ、こういう店が集まれば相乗効果が生まれて、人が大勢集まりやすくなるし。
尾 崎 そうね。競合するのではなくて、共存するということ。ライフデザイニングの街ということで、エリアに対する注目度も高くなる。
「提案営業」成功の法則―9のステップで身につける至高のノウハウ●差別化の方向性
東 谷 この店のテーマをちゃんとコミュニケートすれば、埋没する心配はないと思うの。
亜 矢 とすると、「個人の休日」をキーワードとした情報発信タイプの物販店になるわけですね。
尾 崎 でも、それだけでは何か物足りないわ。差別化という意味からも、まだ弱い気がする。
東 谷 そうですね…。もっと「個人の休日」そのものを楽しめる場にしたいですね。
亜 矢 お客さんが「一人で楽しむために、この店に来た」なんてね…。
東 谷 あ。バックヤードを使いましょうよ。お店の奥に、実は静かなリラクゼーション空間があるなんて、素敵。

経営と人生の名言0190ロンドン発・生活情報

●情報の発信
尾 崎 さて、情報発信の具体的な方法だけど…。この店のウリの一つになるから重要ね。
亜 矢 うちの方で取材したものを送りましょうか?
尾 崎 え? ロンドンからわざわざ?
亜 矢 それを顧客会員向けの新聞として、東京でアレンジしてください。
東 谷 内容はどんなものになりそうですか?
亜 矢 アートとかファッションとか、テレビ番組ガイドとかスポーツの結果とか…。
東 谷 テレビ番組?
亜 矢 そう、ロンドンの。つまり、個人が休日プランをつくる際に役立つ情報ソースっていうことです。
●使える新聞
尾 崎 情報は発信しますから、後はご自由にってことね。
亜矢亜 矢 何かを与える新聞ではなくて、受け取る側が素材として何かに使える新聞になってほしい。
東 谷 「何かに」ってところがミソですね。
亜 矢 そう。使い方を規制しちゃいけないのよ、きっと。
東 谷 東京へ、どうやって情報を入れますか?
亜 矢 毎週東京へ定期的にFAXで送信しますけど。
尾 崎 OKよ。
拡販キャンペーン型・提案営業研修
楽しい一人遊び

●商品構成
東 谷 商品構成は「休日のための…」っていうのをキーワードにすればいいのね。
亜 矢 一人のための散歩グッズとかゲームとか昼寝用品とか、一人の楽しさを確認できるものなら、オールジャンルOKだと思います。
東 谷 それと、一人用のピクニック用品とかトラベル用品なんていいかもしれない。旅行中の読書グッズとか…。
尾 崎 それと、全商品を「一人で」にしてしまうよりは、2〜3人用のものもあっていいんじゃない?
亜 矢 そうね。人と一緒にいることで、自分自身をより一層確認できるということだってありますしね。
東 谷 一緒にできる一人遊びグッズとか…。
●商品選定
尾崎尾 崎 商品も、ロンドンで選んで送ってくれるのよね。
亜 矢 えぇ。だけど、お客さんと顔を合わせているのは、お店の人でしょ。店長の裁量で、国内調達もOKにしといた方が柔軟でいいと思います。
●売上データ
尾 崎 そうね。それと、売上データはロンドン支社を経由してから、東京本社に送った方がいいと思う。ロンドン支社の分析結果を一緒に見ることができるから。

経営と人生の名言0191四季の休日を演出する

●運営内容
東 谷 この店だけのオリジナルブランドがほしいですね。
尾 崎 やりましょうよ。本社で協力すると思うから。
東 谷 ツアーのような独自のソフト商品も企画したいわ。それと、ワーカーのための「アフター5セール」なんかも。
亜 矢 そうね。一番休まなきゃいけない人達ですもの。
尾 崎 ところで、バックヤードはどんな空間?
東谷東 谷 のんびりとくつろげるティコーナーがあって、そこで実際に商品を使ったり、商品と遊んでもらう。
亜 矢 昼寝したり、読書したり、ゲームを楽しんだり…。
尾 崎 「個人の休日」を体感できる場ということね。
●店舗演出
東 谷 演出なんだけど、季節によって変えてみましょうよ。四季を楽しむ暇のない人達のために。
尾 崎 そうね。イギリスのイメージでいきましょう。
亜 矢 春は一人で行くピクニックって感じかしら。夏は海辺の公園でのんびりと昼寝。秋は缶ビールを飲みながら小高い丘で読書? 冬は雪景色の楽しい散歩道かしら。
尾 崎 寒いわよ。
亜 矢 そういうポエムのような感じで、ってことですよ。
東 谷 店舗演出の雰囲気をそのままバックヤードにも持ち込むといいですね。
経営◇勝ち残りの条件
イメージを大切に

●広告出稿
尾 崎 広告なんだけど、ファッション誌とアート誌に限定しようと思うの。
亜 矢 どういうことですか?
尾 崎 お客さんの質というかタイプというか、この店のコンセプトをちゃんと理解してくれる人だけに来てほしいの。それに、この辺で一番読まれているのは、一般誌を除くとファッション誌かアート誌だと思うのよ。
東 谷 イメージづくりという面からも、メディアを絞り込んだ方がいいと思います。お客さんの口コミで徐々に広がっていくのが理想的ですね。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法●パブリシティ
亜 矢 で、取材とかも一切受けない?
尾 崎 ま、センスのある情報誌とか、ちょっとした深夜のテレビ番組とかなら受けるつもり。
亜 矢 じゃ、新聞とか一般誌に普通の広告は出さないの?
尾 崎 ニュースリリースをつくって、オープン前に郵送するぐらいのことはするわ。
●開店プロモーション
東 谷 ところで、開店記念の客寄せはするのかしら?
尾 崎 さっきのワーカー向けセールをやりましょうよ。開店1カ月間は、昼休みと夕方5時以降の2本立てで…。

               ************

ショップ企画書の完成はこちら。
次回はCI企画書。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創 提案営業研修 1日体験版

百万人の企画講座6…SP企画

経営と人生の名言0177☆☆☆LESSON5

在庫一掃とは言うけれど…
SP企画の愉しみ

◇登場人物
初夫初夫 螢瓮肇軼鉄鏤唆函‥豕営業局販促課
朱野 螢瓮肇軼鉄鏤唆函‥豕営業局販促課
佐波 螢瓮肇軼鉄鏤唆函)楴勹超抜覯萇
朱野
この章では、社長から無理難題な販促指令を受けて、スタッフが四苦八苦しながらも何とか形にまとめあげる過程を通じて、販促企画の立て方を学びます。佐波

               ************
経営◇勝ち残りの条件2
社長の怪気炎?

●社長の演説
朱 野 これが社長の演説テープよ。とにかく、すごい意気込みなんだから。ちょっと再生してみるわね。
●今夏の方針
社 長 (テープ)…というわけです。我社は「温故知新」の精神に立ち返り、先輩達の活躍にならって、今年の夏から他社に対する巻き返しを図らなければならないのです。かつて「中型モーターといえばデンケン」と言われたように、「エアコンといえばメトロ」と言われるようにしなければなりません…。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法初 夫 気合いが入ってるなぁ。
朱 野 まだまだ、これからなのよ。
●ラインアップの一新
社 長 (テープ)…であり、今後ますます市場シェアを上げていくため、夏のエアコン商戦に先立って、まず旧型のエアコンの在庫を一掃したいと思います。特に昨年大量の在庫を残した東京営業局管轄の販売圏での巻き返しを期待します…。
初 夫 むちゃくちゃだ! 本番のエアコン商戦の前に、旧型のエアコンを売り尽くしてしまえなんて!
社 長 (テープ)…。それにより、今年の夏はメトロの新製品がどんと店頭に並び…。

経営と人生の名言0178どんな在庫があるか

●在庫の種別
朱 野  今日は営業企画部の佐波さんにも入ってもらって、一気に企画を詰めちゃおうと思うの。
佐 波 実は単に在庫といっても2種類あるわけで、ひとつは販売店が抱えてる在庫で、もうひとつは自社の倉庫に眠っている在庫。販売店の方は大半が特約店だけどね。
初 夫 別に在庫を分ける必要がないんじゃない? どっちみち特約店経由で売ってもらうわけだから。
佐 波 そうはいかないんだよね。特約店にはまだかなりの在庫があって、これ以上押し込むのは難しいんだ。それに倉庫在庫の方もすごい量になりそうだし…。
●在庫の調査
朱野朱 野 ま、そういうことで、店舗在庫と倉庫在庫の2種類を別々のプロモーションでさばくとして、手順をあげると、最初は在庫調査よね。で、関係者に協力を要請し、プロモーションの方法を伝えて実施準備に入り、直前にユーザー告知、そして実施。最後は終了報告ね。
初 夫 うーん。気が重くなるなぁ。
●新製品への影響
佐 波 プロモーションの時期を早めにしないといけないな。新製品の売れ行きに悪い影響を与えるとまずい。
朱 野 難題ね。5月以降には持ち込めないわ。

川柳20070117-03特約店を動員して

●事前調査
佐 波 さて、店舗在庫の方だけど、とりあえず特約店だけ念頭に置けばいいだろう。まず、事前調査。
初 夫 FAXで特約店からアンケートを取ろう。それと一緒に協力要請もすればいいじゃないか。
朱 野 そうね。じゃ、特約店リストを用意しとくわね。
●プロモーションの説明
初 夫 それから、プロモーション方法の伝達だけど、説明会は必要だろうか。
朱 野 一応やったら?
佐波佐 波 いや、どうかな。すべての特約店に在庫があるわけじゃないし、一部の特約店だけ集めて説明会をするのも心象が良くないしね。
初 夫 じゃ、緊急扱いということで、FAXでいいかな。
朱 野 メトロネットを使えば、大丈夫よ。
佐 波 そうだね。メトロネットでやり取りする文書は、郵送文書と同じくらいの効果があるから。
●SPツールの発送
朱 野 れが済んだら、次はSPツールを発送するわけね。これも該当店舗だけ?
佐 波 いや、施策の連携性という問題もあるから、該当店舗以外へも最小限のツールだけは送っておこう。
社長セミナー1
下取りはできないし…

●ユーザー告知
朱 野 で、ユーザー告知の方法だけど、今回はクチコミ的なキャンペーンだし、特約店から直接お客様に連絡を入れてもらうのが一番いいと思う。
佐 波 そうだね。
●実施内容
初夫初 夫 でも、春先に旧型のエアコンを買ってもらうには、よほどのメリットをつけないとなぁ。
朱 野 思い切った割引価格で売ってもらって、うちで割引分の補填をするとか…。
仕事教本0191佐 波 特約店で極端な値引き販売は、絶対ダメ。
初 夫 ま、下取りするとか、新製品の買い換えの時にまた下取りしてあげるとか、そんなところかな。
朱 野 でも、うちは以前から下取りしない方針だから、このサービスを始めたら会社中がパニックになるわよ。
初 夫 じゃあ、プレミアムか何か付けるしかないだろうなぁ。
朱野朱 野 ねぇ、この夏にオープンする日本初のドームプールがあるでしょ。うちはそこの空調設備をやってるとかで、オープン記念入場券が手に入りそうよ。それを使ったら、どうかしら。話題性は十分よ。
初 夫 面白い。何といっても、「日本初」は魅力がある。
佐 波 前人気もすごいしね。

経営と人生の名言0179大量の在庫処分

●説明会の開催
初 夫 それにしても無理があるよなぁ、この話には…。
朱 野  社長が発端だから仕方ないわよ。何が何でもどうにかしなきゃ。
佐 波 いよいよ倉庫在庫の方だけど、こっちはやりやすいよ。在庫数は物流管理部のPOSで調べれば一発で分かる。
初 夫 協力要請も一筆書いて、メトロネットでOK。
朱 野 でも、プロモーションの指示は説明会を開いてやりましょう。何しろ扱う量が多いから。
実例に学ぶ提案営業成功の極意初 夫 1カ月くらいで全部さばくには、相当の販促パワーが必要だなぁ。
●実施準備
佐 波 おそらく、これは販促パワーでは無理だな。
初 夫 どういうこと?
佐 波 特約店を当てにできないとすれば、後は量販店に頭を下げて大量に引き取ってもらうしかないだろう?
朱 野 そうね。要は営業所がどのくらい頑張るかだわ。
初 夫 というと、思い切り卸し値を下げるとか…。
佐 波 ま、有力量販店へ打診するんだろうな。あまりあちこちに声をかけるわけにはいかないだろうから。
朱 野 感触が良さそうなところと個別に条件交渉をして、参加店を票読みするんでしょうね。

経営と人生の名言0180フレッシュライフを応援!

●店頭告知
朱 野 それと、店頭でもやっぱり何か必要ね。
初 夫 量販店はPOPツールとか付けたがらないけどね…。
佐 波 ユーザー告知をしないわけにいかないから、ポスターとかスイングPOPくらいの基本キットはつくろう。
●キャンペーン
朱 野 ねぇ、時期的にも価格的にも「新入生歓迎! バックアップキャンペーン」なんてどうかしら。
佐 波 どんなメリットを付ける?
初 夫 学生証を提示した人に、プレミアムをあげるとか。
佐 波 そういう条件は付けない方がいい。ところで、キャンペーンの販促品の残りものがいっぱいある。
初夫初 夫 乱暴だな、どうも…。
佐 波 いや。文房具とか結構いいものがあるんだ。それをいろいろ寄せ集めて福袋みたいにすれば、新年度向けのキャンペーンになる。
朱 野 プレミアムの見せ方次第でそれっぽくなるわよね。バックパネル付きのディスプレイか何かで店頭演出できるようにしましょう。
初 夫 ついでに新社会人もターゲットに含めよう。「フレッシュライフ・バックアップキャンペーン」てことで。
佐 波 そうそう。大学生協でも展開してもらおう。
再建屋ノート2
販売店の忠誠心

●インセンティブ
佐 波 いずれにしてもインナーへの動機付けが重要になるな。
朱 野 営業所の営業員の頑張り次第だとしたら、彼らに対するインセンティブは何かしら?
初 夫 あれを使おうよ。ドームプールの入場券。
朱 野 そうね。それ賛成。手間もかからないことだし。
佐 波 それと報奨金だけはしっかり出そう。これで販売店の忠誠心が違ってくる。
初 夫 よせよ。社長みたいだ。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法●クレーム対策
佐 波 ひとつ心配があるな。先に定価に近い値段で買った人からクレームが出そうな気がするんだけど…。
朱 野 安売りは一部の有力量販店だけだから問題ないと思うけど。万一クレームが出たら、プレミアムを差しあげるということで、どう? その分は予備費か何かで。
●除外製品
佐 波 それと今回のプロモーションの対象から除外する製品を指定しておかないとね。まず、30万円以上の高級機種とテスト販売の売れ残りはダメ。
朱 野 あと、韓国のオーロラ電機との提携製品もダメね。
初 夫 契約があって、勝手に安売りできないからな。
佐 波 小型機種は新製品が出ないらしいから、これも除外。

経営と人生の名言0181タイトなスケジュール

●スケジュール
初 夫 3月までもう時間がないな。押せ押せになりそうだ。
佐 波 プロモーションの手順はさっき確認した通りでいいとして、問題はSPキットの準備だな。朱野次回にツールやプレミアムの詰めをやりましょう。
初 夫 それまでに必要なアイテムを洗い出してまとめておくよ。特約店向けと量販店向けに分けてね。
MBAソリューションセールス研修●概算予算
朱 野 で、予算はいったいどれくらいあるのかしら。
佐 波 具体的な指示はないんだけど、部長の顔色からすると、全部で1本は無理だろうな。
朱 野 うーん。厳しいわね。
佐 波 これは社長命令による一種のペナルティなんだから…。ただし、インナー向けは営業の方で別予算を組む。
●推進体制
朱 野 ツールとかは私達で手配しちゃいましょ。
初 夫 OK。ところで、最高責任は桜川局長でいいんだよな。
佐波佐 波 あぁ。これはもう営業局総動員しかないよ。
初 夫 それで、特約店向けの展開は販促課で仕切ろう。花戸課長と室山さんに組んでもらって…。
佐 波 じゃ、量販店向けの方は営業課の瀬戸課長にお願いしよう。物流の黒木さんにも手伝ってもらって…。

               ************

SP企画書の完成はこちら。
次回は人生企画書。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創 営業変革トップセミナー 20090206

百万人の企画講座5…イベント企画

経営と人生の名言0171☆☆☆LESSON4

70年代マンガカーニバル
イベント企画の愉しみ

◇登場人物
夢二夢二 次男・高校2年生
立郎 父・企画指南役

立郎この章では、夢二が「マンガ同好会」と共同で準備を進める「70年代マンガカーニバル」に企業スポンサーを付けようとして奮闘する過程を通じて、イベント企画の立て方を学びます。

               ************
経営教本2
地域文化祭に出展

●息子の相談
夢 二 父さん、忙しい?
立 郎 何だい。
夢 二 企画書を書かなきゃならないんだ。ちょっと手伝ってくれないかなぁ。
立 郎 いいけど、何の企画書だい。
●企画書の必要性
夢 二 実は今度うちのサークルで、友達のところのサークルのイベントを手伝うことになってさ。それで企画書が必要になったんだ。
立 郎 もうちょっと詳しく話してくれないか。
夢 二 公民館の文化祭に出展するんだよ。結構大きな展示会になりそうでね。自分達だけでやるにはちょっと無理があるから、スポンサーを付けたいんだ。
立 郎 そうか。それじゃ、ちゃんとした企画書がないといけないな。ところで、協賛を付けることについて、公民館は何も言わないのか?
夢 二 うーん、企業の広告ポスターを貼ったり、商品サンプルを配るのは控えてほしいんだって。だけど、研究助成という名目で協賛を取ることには、うるさく言わないみたいだね。もともと一般市民に自由な発表の機会を与えるっていう趣旨で始まったフェスティバルだから。

経営と人生の名言0172どんなイベント?

●企画タイトル
立 郎 まず、企画のタイトルは何て言うんだ。
夢 二 「70年代マンガカーニバル」。70年代のマンガを研究して、当時の世相とか風俗がどんな風に描かれているか、そしてそれが今の世相とか風俗にどんな影響を与えているかを調べてみようっていう展示なんだ。
立 郎 そうか。企画の目的も内容も明確だな。で、この企画の主催者は誰だ?
●企画者名義入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法

夢 二 「マンガ同好会」。うちのサークルは協力ってとこかな。
立 郎  そうか。お前が所属しているサークルは、何て名前だったっけ。
夢 二 「視覚芸術愛好会」。
立 郎 よし。これで企画者の名義がはっきりした。ところで、文化祭の正式名称は何だ。
夢 二 えーと、ちょっと待ってて…。資料を持ってくるから。
●文化祭の名称
夢二夢 二 「区立中央公民館コミュニティ文化フェスティバル」だって…。いつも「区民祭り」って呼んでたけど。
立 郎 開催期間は?
夢 二 8月9日から11日までの3日間。時間も必要?
立 郎 いや、とりあえずいいだろう。

仕事教本0229気になる70年代

●企画のきっかけ
立 郎 ところで、お前達がこの企画をやってみよう、と思ったきっかけは何だ。
夢 二 うん、去年見た山本リンダの復活コンサートなんだけど…。古いような新しいような、何か不思議な感動を受けたんだ。
立 郎 そういえば、70年代の歌がリメークされてヒットしているみたいだな。
夢 二 意外と新鮮な感覚に聞こえるんだよね。
●具体的な例
立郎立 郎 もう少し具体的なきっかけに結び付けたいな。70年代が現在に影響を与えている例として、ほかにはどんなものが挙げられるんだ?
夢 二 そうだねぇ。ビートルズはいまだに影響力を持ってるし…。以前盛んだった環境保護運動とか自然食運動もまた活発化してるしね。最近「ラブ&ピース」なんて言ってるけど、起源はずいぶん古いんでしょ?
立 郎 レトロな感覚で言ってるのかな。
夢 二 70年代はレトロっぽくはないんだよ。どうも60年代とは違う何かがあるらしいんだ。現在の思想とかデザインとかの基盤ができたのが、70年代だったような気がするんだけど…。
社長セミナー2
マンガは時代を映す

●題材の選定
立 郎 それで、どうしてマンガなんだ。
夢 二 その時代のことを調べるには、マンガが一番だと思ったんだ。情報の質の面でも量の面でも…。登場人物の服装とか背景の絵とかに、当時らしさが表われているじゃない。吹き出しのコピーにも…。
立 郎 テレビじゃ、ダメなのか。
●資料的な価値
夢二夢 二 テレビは資料が集めにくいんだ。それにマイナーなものが取り上げられなかったり検閲が厳しかったりで、マンガほど的確な情報は得られないと思う。
立 郎 やっぱり、マンガなのか。
夢 二 うん。デザインとか音楽とも関係が深いし、政治とか思想が背景になってる作品も多いし…。当時のどの文化とも接点があるんだ。
立 郎 それで、マンガを研究題材に選んだわけだな。
夢 二 そう。うちのマンガ同好会が70年代のコミックをコレクションしてたこともあってね。
●マンガ家の位置付け
立 郎 作者にはスポットを当てないのか。
夢 二 マンガ家も取り上げるよ。その時代に対する忠実な研究発表者としてね。

経営と人生の名言0173マルチな展示内容

●パネル展示
立 郎 さてと、どんな方法で展示するんだ。
夢 二 パネル展示を基本にしようと思っているんだ。実際のマンガとか年表を例に引きながら解説してみようと…。それに、ビデオ展示と発表会も。
●ビデオ展示
立郎立 郎 ビデオでは何を見せるんだ。
夢 二 当時のアニメとか、マンガ家インタビューとかね。
立 郎 インタビューはどうするんだ。
夢 二 カメラをかついで押しかけようと思ったんだけど…。
立 郎 乱暴だなぁ。
夢 二 マンガ同好会の会長のオヤジさんが、インタビュービデオをいっぱい持ってるんだ。雑誌の編集長なんだって。
クレド経営・クレド営業で生き残れ!立 郎 どんなビデオだ。
夢 二 うん。「徹子の部屋」とかNHKの「訪問インタビュー」とか、テレビ番組のライブラリーが中心だって。
立 郎 そうか。ちょっと著作権の問題が気になるけど、それは後で調べるとしよう。ほかには、どんなことをやるんだ。
●その他の展示
夢 二 70年代の音楽や当時のラジオ番組なんかをBGMで流したり、特設ステージで研究発表もやるよ。
立 郎 かなり本格的だなぁ。

経営と人生の名言0174動員数がポイントに

●企画書のヤマ
立 郎 これからが大変だ。企画書のヤマだ。
夢 二 何なの?
立 郎 このイベントにどうやってお客を呼ぶか、それを詳しく書くんだ。協賛を取り付けるには、動員数が一番のポイントになるからな。告知はどうするつもりだ?
夢 二 やるよ。
●告知の方法
立郎立 郎 やるのは分かってる。何をどうするかだ。つまりポスターを貼るのか、ビラをまくのか…。
夢 二 そうか。まず学校の掲示板にポスターを貼る。それから会場の周辺とか駅にもポスターを貼って、当日は会場の入口でビラをまく予定でいる。
立 郎 区の広報には?
夢 二 出るよ。その関係でCATVの取材も入るし。
立 郎 それは、企画のセールスポイントになるな。
●動員数の目標
立 郎 フェスティバルには、どのくらいの入場者があるんだ?
夢 二 フェスティバル全体の入場者は、毎年7万人前後。うちの会場の前は、8,500人くらいが通るらしい。
立 郎 だったら、少なくとも8,500人は動員目標として企画書に書かないとな。
再建屋ノート3
マエカブ・アトカブ

●協賛企業
立 郎 さて、どこの会社に頼むんだ。
夢 二 デンスナーレコード。ちょっとしたツテがあってね。
立 郎 正式な社名は分かるか?
夢 二 デンスナー音楽産業だよ。
立 郎 前蝓 後蝓
夢 二 マエカブって何?
立 郎 つまり、株式会社の蠅前に付いて螢妊鵐好福鴫山攣唆箸砲覆襪里、後に付いてデンスナー音楽産業蠅砲覆襪里、だ。
夢 二 調べるよ。
立 郎 何かCDでも見れば分かるんじゃないか?
「提案営業」成功の法則―9のステップで身につける至高のノウハウ
●協賛条件
立 郎 ところで、いくらほしいんだ。
夢 二 そうだな。会長と相談したんだけど、70万円っていうラインを考えてるんだ。資料収集で古本を買い集めたり、展示用のパネルを制作したり…。ポスターとかビラの作成費もかかる。
立 郎 そうか。で、ほしいものは、これだけか?
夢 二 デンスナーの持っている70年代のミュージシャンの資料とかが借りたいんだよね。
立 郎 じゃ、それも具体的に書いておかないとな。

川柳20070110-01代わりにできること

●協賛のメリット
夢 二 何だかムシが良過ぎないかなぁ。
立 郎 心配するな。代わりにできることを考えればいい。
夢 二 代わりにできること?
立 郎 協賛に対して、今度はお前達が何をしてあげられるか、ということだ。
夢 二 うちの会場だけなら、広告チラシぐらい配れるよ。
●企業名の露出
立 郎 それだけ? ポスターやビラに「協賛:螢妊鵐好福鴫山攣唆函廚辰篤れてあげるだけでも効果はあるぞ。
夢二夢 二 なるほどね。
立 郎 もう印刷部数とかサイズとかは決まってるのか?
夢 二 うん、一応。
立 郎 ポスターの掲出場所とビラの配布方法は、さっき決めた通りだ。
夢 二 看板にも名前を入れられるよ。
立 郎 どんな看板だ。
夢 二 会場の入口に掲げる大きな看板。それと入口の両サイドに立てる看板も…。
立 郎 発表ステージには吊り看板が付かないのか。
夢 二 OK。それにも入れるよ。
立 郎 すべてをはっきりと決め込んで、企画書に書くこと。

経営と人生の名言0175メリットの目玉づくり

●無料広告
夢 二 そうだ。うちの展示会ガイドがあるから、そこに無料で広告を入れちゃおう。
立 郎 ずいぶんサービスするじゃないか。
夢 二 70万円ももらうんだから。
立 郎 お前がそんなに義理堅いヤツだとは、知らなかったぞ。
夢 二 まぁね。
立 郎 で、その広告をどこに入れる。
夢 二 裏表紙がちょうど空いているから、そこでいい?
立 郎 それと、広告は完全版下で入稿してもらえ。でないと、自分達で広告をつくるハメになる。
夢 二 分かったよ。これで何とか行けそうだね。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法
●特別展示コーナー
立 郎 いや、強い目玉がほしい。音楽関係の資料を借りるんだから、それを展示するスペースをつくれば、話が早い。
夢 二 デンスナーの特別展示コーナーだね。
立 郎 そうだ。ラフでもいいから、企画書のなかに展示コーナーの図面とかパースを描いた方がいい。イメージが具体的になって、協賛の判断がしやすくなる。
夢 二 OK。これで企画書は書けるね。
立 郎 ワープロを使うんだろ?
夢 二 もちろん。買ってもらった甲斐があったよ、父さん。

経営と人生の名言0176念には念を入れて

●コレクションの価値
立 郎 あ、そうだ。大事なことを忘れてた。
夢 二 まだ、何かあるの?
立 郎 先方から借りてくる資料は、どこでも手に入るシロモノなのか。
夢 二 いや、貴重なものばかりだよ。ときどきこういったものが街で売られてるのを見かけるけど、結構いい値段が付いている。
立 郎 まあ、盗まれるという心配はないだろうけど、来場者が触わって汚したりしたら大変だからな。
夢 二 一応、監視は付けるつもりだけど。
立 郎 警備方法を企画書に明記しといた方がいいな。
●警備方法
夢二夢 二 会場の入口と展示コーナーに人を座らせておこうと思ってるんだ。
立 郎 そうか。夜間はどうするつもりだ。
夢 二 公民館全体が警備態勢になっている。
●緊急時の対応
立 郎 よし。ところで緊急災害の場合だけど…。
夢 二 火災とか地震のこと?
立 郎 人命を守ることを優先するのは当然としても、資料を借りている以上、誠意を見せる記述は必要だな。

               ************

イベント企画書の完成はこちら。
次回はSP企画書。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年1月公開講座2

百万人の企画講座4…商品企画

中小企業のチャイナ・サバイバル 第5回☆☆☆LESSON3

LONDONスモウ饅頭
商品企画の愉しみ

亜矢◇登場人物
亜 矢 螢痢璽好丱Ε鵐鼻.蹈鵐疋鷸拏辧‐ι粉覯菽甘
ティム 螢痢璽好丱Ε鵐鼻仝獣魯沺璽吋謄ング顧問
ティム阪 田 蠧酖垈梓徒食品商事 商品企画担当

                       ◇
阪田この章では、老舗の和菓子メーカーがロンドンの相撲ブームに乗じて、「スモウレスラー」の饅頭を現地で売り出そうとする過程を通じて、商品企画の立て方を学びます。

               ************

経営と人生の名言0168ロンドン興行の余波

●初対面の挨拶
亜矢が勤務する日本系服飾デザイン会社「ノースバウンド・ロンドン支社」の会議室にて。
亜 矢 今日はどうもわざわざ日本からお越しくださって、有難うございます。
阪 田 いや、こちらこそ何だか見当違いのご相談をするようで気が引けるんですが…。
亜 矢 でも、こういう企画に参加させていただくと、我々にとっても勉強になりますから…。こちらはうちのマーケティング顧問で、ティム・ベイカーといいます。
ティム どうぞよろしく。
●企画の背景
阪田阪 田 ところで、この間お送りした資料についてなんですが。
亜 矢 あ、読ませていただきました。とっても面白い案だと思いますけど、正直いって、この相撲ブームがどういう形で続いていくのか予測はつきません。ただ、和菓子に対する注目度は、確かに高まっています。
ティム まぁ、スポーツのポピュラリティでいえば、カラテとかジュードーの方が上ですけど、これらは女性にあまり人気がありませんよ。
亜 矢 自然食に関心があるのは圧倒的に女性ですし…。
ティム とにかく、発想も商品も「VeryJapanese」ネ。
再建屋ノート3
日本らしさ、相撲らしさ

●ネーミング候補
阪 田 ところでネーミングなんですけど、どうでしょうね。
ティム 僕はこの「TheUtchari(うっちゃり饅頭)」っていうのが面白いと思うけれど。
亜矢亜 矢 そうね、ただちょっと、マニアックじゃない? 「SUMOCAKE(相撲ケーキ)」とかの方が、買う側も分かりやすいんじゃない?
ティム だけど、「SUMO」っていう名前がストレートに入るのはナマナマしくないかなァ。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法
●パッケージ案
亜 矢 まぁ、パッケージは江戸時代の相撲絵を使うということだから、かえって「うっちゃり」っていう不思議な音の響きをネーミングにした方がいいかもしれないわね。
阪 田 この相撲絵には、抵抗はないですかね?
ティム アァ、大丈夫だと思いマスよ。カラフルだし、エキゾチックだし。
亜 矢 ただ、自然食イメージで売るとしたら、相撲よりも禅とか水墨画とか、そういう世界の方が受けがいいかもしれないですね。
ティム そうネ。それはあるかもしれないネ。
亜 矢 この25個入りというのは、贈答用としてユニークなものになると思いますよ。

経営と人生の名言0166買い手がよく見えない

●ターゲットの範囲
ティム ところで、この商品のターゲットはどうお考えですか。
阪 田 そうですね、やっぱり女性ですね。
ティム だとしたら、スモウの扱い方があまりナマナマしくならないようにしたいですネ。
亜矢亜 矢 それから、日本に滞在したことのある人は、ターゲットとして捉えられるかもしれないわ。
ティム 多くはないけどネ。
阪 田 何だか不安になってきましたけど…。
亜 矢 いや、そこは商品づくりと売り方にかかっていると思いますから、心配なさらないでください。実際、相撲に関心のある人は結構いるわけですし、日本食に関心のある人も少なくはないんですから…。ターゲットの幅を広めに考えておけば、大丈夫だと思います。
●競合商品の状況
阪 田 ところで競合商品があるかどうかなんですが。
ティム 競合はまずナイですよ。もちろん「とらや」の高級羊羹がパリから入ってきたりすることはありますが、マーケットの奪い合いになることはナイと思います。似た商品は中国のマントウくらいかナ。
亜 矢 だけど、日本人の多いエリアではどうかしら。鯛焼きとかが、もしかしたら競合になるかもしれない。

経営教本0282ほかに「をどり」も…

●シリーズ化構想
亜 矢 ところで、これをきっかけとして、もっとほかの商品化もお考えですか?
阪 田 えぇ。まだ試験段階ですけど「をどり最中」と「飴坊主」というのを開発中です。
ティム 面白いですネ。この「をどり」というのは、どんな踊りですか。
阪田阪 田 えぇ。例えば「赤坂をどり」とか「鴨川をどり」とか、日本の上流階級が鑑賞する芸者さん達の踊りをイメージしています。
ティム ゲイシャさんは、スモウよりも人気のある日本文化だから、グッドアイデアと思いますよ。
●商品の位置付け
亜 矢 そうすると、日本の伝統文化シリーズの第1弾が、このお饅頭になるわけですね。
阪 田 そうなんです。この商品で道を切り開こう、というわけです。うちとしても初めての海外展開ですし。
●テスト販売
亜 矢 じゃあ、市内の数カ所でテスト販売してみませんか。その反応が良ければ、ほかのシリーズ商品の発売を早めることもできるでしょう。場合によっては、3種類を一斉に発売するっていう展開もあると思うんです。

経営と人生の名言0167ヤミツキにさせるには?

●顧客化の考え方
ティム 問題は、お客さんがコンスタントに付いてくれるかどうかですネ。初めに与えるインパクトが強過ぎると、飽きられてしまう原因にもなります。
阪 田 英国でもそうですか。
ティム もちろん、そうです。永くコンスタントに売れている商品には、地味なものが多いですよ。
阪 田 とすると、もっと商品本来の魅力で顧客化を進めた方がいいんでしょうね。
ティム そうですネ。いい商品はだんだん売れていきます。それに健康食、自然食というイメージを強調すれば、お客さんがきっと付きますよ。
●リピーターづくり
亜 矢 それと、せっかく相撲ファンが増えてるんだから、「スモウカード」とか「スモウブック」とか、コレクターズアイテムを絡めていく方法もありますよ。
ティムティム そうネ。昔のタバコに付いていた、有名人のポートレートとか…。ヤミツキになりそうなヤツですよ。
亜 矢 結局、お饅頭であると同時に、日本文化に触れられるメディアとして機能することが重要ですね。
ティム リピーターをつくるためには、何か繰り返し買う喜びを与えた方がいいでしょうネ、分かりやすい形で。

社長セミナー2味と鮮度を大切に

●商品のスペック
亜 矢 どんな味のお饅頭になるんですか?
阪 田 それについてもご相談しなければならないんですが、ちょっと中国の「月餠」に近い餡にしようというアイデアが出てるんです。どうでしょう。
亜 矢 具体的にはどういう味になりますか。
阪 田 つぶ餡に多少胡麻油の風味が利かせてあるんです。月餠のように油で練った感じにはなりませんが…。皮は少し堅めで、ちょうど栗饅頭の皮を意識しました。商品の大きさは、一口で食べられる小型タイプと標準型タイプの2種類から選ぶことになります。
実例に学ぶ提案営業成功の極意
●現地の生産体制
亜 矢 ところで、これはイギリスでつくるんですよね。
阪 田 えぇ。添加物を入れないようにするために、ロンドンか近郊のサレー州で生産して、毎日納品する予定です。
ティム 準備の方はいかがですか。
阪 田 こちらの菓子メーカーに技術を供与してつくっていただくことになりますが、比較的スムースに話が進んでいます。来月からそろそろテスト生産に入ります。
亜 矢 順調ですね。
阪 田 えぇ。ただ、実際に働く人の訓練に、3カ月程度はかかると思います。

経営と人生の名言0165いろんな商品タイプで

●商品特性とターゲット
ティム 25個入りの方は「パーティ用」とか「プレゼント用」だから、商品は小振りで可愛い方がいいと思う。
亜 矢 それから、10個入りの方は「ティタイム用」として、女性とか、特に若い奥さん達が買いやすい「お得用アソート」にしたらいいと思う。もちろん、商品は小さなサイズの方でね。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法
●販売チャンスの拡大
阪 田 それから、1個とか2個でも気軽に買えるようにしたいんですけどね。
亜 矢 「インターミール用」とでも言うのかしら。
ティム そうネ。チョコバーのようなスナックのニュアンスがほしいネ。小さなグロッサリーとかニュースエージェント(新聞などを扱う街の売店)で売ることになるのかナ。
亜 矢 そういうスナック的な感覚の商品にするなら、よほどユニークなものでないと、受け入れられにくい気がするけど…。まぁ、導入するとしたら、日本人の多いカムデンとかハムステッドとかヘンドンとかの小売店から始めて、徐々にファンを獲得するのがいいですね。
阪 田 標準型の方を2個1パックで売ろうかと思うんですが。
ティム 問題ないでしょう。和紙か何かのパッケージにすると、もっと面白いですネ。

経営と人生の名言0169いよいよデビュー

●商品価格の設定
阪 田 いやぁ、何とか商品化できそうな気がしてきました。
亜 矢 ところで、価格はどうなりますか。
阪 田 えぇ、原価計算して積み上げたのがこの表の価格なんですけど、ユーザーサイドの値頃感もありますから、一度グループインタビューをしてほしいんです。
亜 矢 分かりました。こちらで人を集めてみます。
経営と人生の名言0170●広告媒体の選択
ティム そろそろ、デビュープロモーションのことを考えておきましょうか。広告が中心になると思いマスが。
亜 矢 そうね。若い女性と相撲ファンがターゲットの大半を占めるとしたら、どんな媒体がいいかしら?
ティムティム 「Time-Out」?
阪 田 どんな雑誌ですか。
亜 矢 日本でいえば「ぴあ」のような情報誌です。
ティム 日本人が多いエリアのローカル新聞とかは?
亜 矢 「HendonTimes」とか?
ティム そう。もっとコミュニティ雑誌っぽいものも、いいかもしれないですネ。
阪 田 発売は来年の初場所の開幕に合わせたいと思ってるんですが、いいですよね。
ティム 面白い、面白い。

               ************

商品企画書の完成はこちら。
次回はイベント企画書。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

無料個別相談会

百万人の企画講座3…PR企画

経営と人生の名言0160☆☆LESSON2

自然食野菜のすすめ
PR企画の愉しみ

◇登場人物
好子好子 自然食愛好サークル 「はらぺこ会」総務
河村 自然食愛好サークル 「はらぺこ会」会長
中沢 自然食愛好サークル 「はらぺこ会」渉外
河村
この章では、好子さんが所属する自然食愛好サークル「はらぺこ会」の創立3周年記念バザーの打ち合せの過程を通じて、PR企画の立て方を学びます。中沢

               ************

経営教本2創立3周年の決意

●記念バザーの準備
サークルの例会に中心メンバーが集まった。
好 子 いよいよ3周年ね。
中 沢 よく続いてきたものね…。
河 村 何よ、二人とも感傷的になっちゃって。バザーまで後1カ月なんだから、しっかりして。
●良き協力者
中 沢 本当にそうね。今回のバザーは契約農家の人達もすごく気合いを入れてくれてるし。きのうなんか、小淵沢の花輪のおじいちゃんに電話したら、「朝一番で卵を届けるから、車を回してくれ」って言われちゃった。
河 村 まぁ、花輪さん、卵を出してくださるの?
中 沢 そうなのよ。「卵だけは地元で食べさせる。県外には出さん」なんて言ってたのに…。3周年だってこと覚えててくれていて。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法
河 村 私達も期待に応えなきゃ。6月14日ね。
●会場の押え
中 沢 ところで好子さん、会場の方は?
好 子 中央公民館小ホール、OKよ。
河 村 キッチンも大丈夫?
好 子 もちろん。つい最近、厨房の什器を入れ換えたそうだから、結構ちゃんとしたメニューがつくれるわよ。

経営と人生の名言0161会員を増やそう

●PRの必要性
河 村 ところで、そろそろまた会員募集かけない、大々的に。
中 沢 確かに今の状況のままだと野菜の購入量が少ないと思う。
それに会員が少ないと、一人ひとりの会費負担がふくらんで大変だし…。
●解決すべき問題点
好子好 子 そうね、会員12名じゃきつくなってきてるわよね。それから、共同購入に参加してくれる奥さん達ももっと増やさないと…。今の購入量じゃ、スーパーの値段より割高だし、産直のメリットが生かされてないわ。
中 沢 価格を少しでも下げなきゃね。
好 子 それに会員もこの団地内に限られてるし。もうちょっと広く人を集めたいわね。
中 沢 我々のようなスタッフ会員を大幅に増やすのは無理としても、野菜を買ってくれる共同購入会員は早急に増やしましょうよ。
河 村 去年の仕入れはだいたい週1回のペースだったけど、今年の冬野菜からは週2回くらいにしたいわね。
好 子 それに試食パーティをもっと開きましょうよ。
中 沢 それ、いいアイデアね。実際に試食してもらえば、自然食野菜の良さが分かってもらえるし、そのなかから会員になる人がきっと出てくると思うわ。

仕事教本0228本物の良さを伝えたい

●キャッチフレーズ
河 村 じゃ、今回のバザーは、会員募集を兼ねてPR的なイベントもやりましょう。キャッチフレーズは「明るくかし
こい食生活を!」なんてどうかしら。
中 沢 それ、いいじゃない。自然食の明るくてかしこい面をもっと知ってもらう…。
●イメージの向上
好 子 ほら、よく「自然食サークルの人はダサい」みたいな偏見を持ってる人がいるじゃない? そういう人の意識を変えさせるようなイベントをやらなきゃ。
●体験の促進
河村河 村 基本的には「どうやって食べさせるか」だと思うの。おいしいってことが分かれば、また買ってくれるわ。
好 子 そうねぇ。一度は食べてもらいたいわよね。
●啓蒙の大切さ
河 村 それから、啓蒙っていうとおおげさだけど、自然食の良さを分かってもらうことが大事だと思うの。例えば、栄養価がどれだけ違うとか、体にどれだけいいとか…。
中 沢 この活動の将来のためにも、そういうことを正しく理解してくれる人のなかから、いい会員を集めたいわ。
好 子 じゃ、PR活動は「イメージ向上」「啓蒙」「体験」の3方向ということね。

再建屋ノート12つのプロモーション

●誰にPRするのか
河 村 PRするんだから、まずターゲットをはっきりさせましょうよ。
中 沢 この辺の奥さん連中じゃ、いけないの?
河 村 一口に奥さんといっても、いろんなタイプの人がいるし。本当に奥さんでいいかどうか…。
好 子 でも、実際に買ってくれるのは奥さん達よね。
河 村 そうだけど、奥さん達以外の、例えばもっと若い10代や20代の人達にもアピールしたいわ。
新刊紹介●イメージターゲット
好 子 ねぇ、10代から20代の若い女性達に向けていろいろPRしましょうよ。こういう人達が関心を持って会員になってくれると、会や活動のイメージもぐっとリフレッシュすると思うの。
中 沢 家庭科では教わらない自然食野菜のおいしさ、とかね。
好 子 そうね。実際のターゲットとは別の、イメージづくりのためのターゲットね。
●プロモーションの構造
河 村 じゃ、整理するわね。PR活動の方向性として考えられるのが、イメージ向上と啓蒙と体験の3つ。だけど、体験っていうのは方法の問題だから、実際のプロモーションは啓蒙型とイメージ向上型の2タイプになるわね。

経営と人生の名言0162これこそ野菜だ!

●ベーシックプロモーション
好 子 そうすると、啓蒙イベントは「自然食野菜の正しい知識の普及」が課題ね。
中 沢 「正しい」ってどういうこと?
好 子 つまり、「これが本来の野菜だ」ってことを伝えるわけ。
農法の紹介とかいろいろあると思うけど、一番大切なことは、自然食野菜が特別なのではなくて、普通に出回ってる野菜の方が特別なんだ、ってことだと思うの。
中 沢 確かに、そこから始めないといけないわね。
「提案営業」成功の法則―9のステップで身につける至高のノウハウ
●誤解の除去
河 村 それから、「自然食は高くつく」と思ってる人の誤解を解くことも大切よね。医者にかからず、ビタミン剤もいらない健康な生活がどれだけ経済的なものか、しっかり伝えたいわ。
好 子 共同購入することで産直野菜を安く買えますよって、メリットを強調しながらね。
●医者いらず
中沢中 沢 それから、自然食で長生きしてる人達にインタビューして、会場でビデオ放映するってのはどう? タイトルは「これぞ医者いらず」なんてね。
河 村 そうだ、旦那にビデオカメラを持たせて、長野と山梨の契約農家を回ってくるわ。挨拶がてら。

経営と人生の名言0163自然食野菜は美容野菜

●キャンペーンプロモーション
中 沢 イメージ向上イベントはどんな方向になるのかしら。
好 子 一言でいえば「新鮮、元気、快活」ってとこかな。
河 村 そうね。それを10代から20代の女性と結び付けて、キーワードを「ビューティ」にしたらどうかしら。
好 子 冴えてるじゃない。
●イメージづくり1
中 沢 だったら、キャッチフレーズは「自然食野菜は美容野菜」ってとこかしら。
好 子 じゃ、「機能別サラダの試食会」なんてどう?
河村河 村 機能別サラダ?
好 子 そう。ほらよく「何に効く」とか「何に良い」とか、機能別のドリンクがあるじゃない? 「ファイブミニ」とか「オリゴCC」とか…。あれと同じで「肌がきれいになるサラダ」や「無理なくスリムになるサラダ」を開発して試食してもらうの。どう?
河 村 いいと思うんだけど、専門家を監修に付けなきゃね。
好 子 大丈夫。友達に栄養士がいるから、彼女に頼むわ。
●イメージづくり2
中 沢 ついでにエステティシャンを呼んで、野菜パックの紹介とか、天然ハーブ化粧品の販売もやりましょうよ。
河 村 だんだん面白くなってきたわね。

社長セミナー2ふくらむ期待

●美容教室担当
好 子 それじゃ、美容教室の方は中沢さんに引き受けてもらっていいのかしら。
中 沢 いいわよ。私の通ってるところで相談してみる。インストラクターにぴったりの人がいるわ。
好 子 まぁ、あなたエステに通っているの?
中 沢 先月からね。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法
●サラダ担当
河 村 ところで、好子さんはサラダ担当でいいのかしら。
好 子 えぇ、友達にすぐ連絡をとって、機能別サラダの開発に取りかかるわ。
河 村 「開発」なんて、まるで製薬会社みたい。ユニークなメニューが期待できそうね。
●ビデオ担当
好子好 子 それで、ビデオなんだけど…。
河 村 大丈夫。私と旦那で行ってくるから。
中 沢 え、本当にわざわざ長野まで行ってくれるの?
河 村 温泉に入りに行くと思えばたいした距離でもないし。小淵沢の花輪さんのところで1泊させてもらおうかと思ってるの。
中 沢 泊めてくれるの?
河 村 花輪さんの本業は民宿だもの、大丈夫よ。

経営と人生の名言0164あとは実行あるのみ

●パネルの制作
好 子 ねぇ。パネルとかビラは誰の担当になるのかしら?
中 沢 パネルをつくるって、結構大変な作業よね。
河 村 それは例会で集まった時にみんなでやりましょうよ。資料とかの調べものも手分けして…。
好 子 見栄えも重要になるわね。いろんなデータを整理して、自然食野菜の良さを印象的にアピールしたいわ。
●告知ツールの制作
中沢中 沢 そういえば、好子さんは絵心があったわね。
好 子 えっ!
河 村 案内ポスターをつくって、団地の掲示板とかに貼らなきゃいけないわ。お願い、好子さん。
好 子 それも私の担当?
中 沢 ほかに誰ができるっていうの。
●材料の調達
河 村 ところで、これだけのものをつくるには、かなり材料がいるわね。
好 子 基本的に必要なのは、マーカーとかの書く道具。パネル用の板紙やポスター用の模造紙。糊と刷毛もいるわね。できれば奮発して、インレタとパントンもほしいわ。
河 村 そんなに…。買物するだけでも大変そうね。
中 沢 じゃ、私のクルマで一緒に行きましょ。

               ************

PR企画書の完成はこちら。
次回は商品企画書。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年1月公開講座1

百万人の企画講座2…編集企画

経営と人生の名言0154☆☆LESSON1

OBからのメッセージ
編集企画の愉しみ

◇登場人物
初夫初 夫 螢瓮肇軼鉄鏤唆函ー卞睚麒埆鍵儖
井 出 螢瓮肇軼鉄鏤唆函ー卞睚麒埆鍵儖
牟礼野 螢瓮肇軼鉄鏤唆函ー卞睚麒埆鍵儖
井出
この章では、初夫が勤務する「螢瓮肇軼鉄鏤唆函廚亮卞盡け出版物「OBメッセージ集」の編集会議の過程を通じて、出版企画の立て方を学びます。牟礼野

               ************

経営◇勝ち残りの条件2継承すべき事柄は?

●タイトルと号数
社内報の編集室に編集委員が集まった。
初 夫 さて、今日は「メトロ電器産業OBメッセージ集」の企画会議を行います。
牟礼野 第8号だったわよね。
井 出 前の号からもう3年経ったんだね。
●編集の基本方針
牟礼野 編集内容はOBの話とかでいいの?
初 夫 ああ、特に変更はなし。取材方法は原稿依頼、インタビュー、座談会、何でもOKだけど。
●スペックの確認
井出井 出 判型とかは変えていいの?
初 夫 これも指定されていて、A5判で150頁程度。原則的には1色刷りだけど、カラーグラビアの使用はOK。
井 出 判型変えようよ、おしゃれなマガジンスタイルとか。
初 夫 うん、いいアイデアだと思うけど、OBのなかにはこの本を創刊号から大切に保存してる人も多いらしい。それに郵送することを考えて、ずっとこのスタイルを続けているしね…。
●配布方法
牟礼野 OBと社外関係者へは1部500円で郵送販売よね。
初 夫 あ、今回は社長の意向でOBにも無料配布になったんだ。

経営と人生の名言0155この本の隠れた影響力

●そもそもの目的
牟礼野 この本って、どうして生まれたの?
井 出 ああ、これは社長の発案だって。
牟礼野 へぇ。
井 出 ほら、うちのモットーである「温故知新」を社内に周知徹底させようとして考え出した方法らしい。
初 夫 OB側の声もあったそうだよ。辞めるにあたって、いろいろ言いたいことがある、と。
牟礼野 「思いのタケをぶつける」ってやつね。
初 夫 そうそう。後輩達にぶつけちゃおう、っていう意図で始められたんだよ。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法
●注目度の高さ
井 出 何かと有難いアドバイスが多くてね。九州に出張に行ったら、この店が旨いとかね。
初 夫 大物OBが病床からメッセージを寄越して、それがきっかけで老人介護用品が開発されたこともあったっけ。
井 出 そう。結構この本は注目されてるんだよ。
●周年企画との絡み
初 夫 それに今年は創立60周年でしょ。
牟礼野 社長が「10月に我社の還暦祭をやる」なんてゲキを飛ばしてたけど、それと連動性を持たせなきゃならないのかしら。

社長セミナー260周年をどう語ろうか

●「5つの時代」区分
初 夫 それについて、社長室からメッセージが届いているんだけど、還暦祭は本当にやるらしいよ。
牟礼野 そう。「還暦」なんてオジサンくさいわね。
初 夫 で、テーマとして「5つの時代」を提示するそうだ。
井 出 社史の編纂でもするのかな。どんな区切り方だい。
初 夫 まず、昭和9年の創業から終戦まで。それから「デンケンモーター」で名を馳せた昭和33年まで。そして家電市場に取り組んだ昭和45年まで。
井 出 とすると、「メトロ電器」になって家電市場に参入したのは昭和34年か…。
初夫初 夫 輸出に力を入れた昭和56年までと、OA市場に参入した昭和57年から現在まで。この区切りを使ってくれ、という話なんだ。
●内容の方向性
牟礼野 だったら、時代ごとに活躍した人達にできるだけ自由にしゃべってもらった方が面白いわ。
井 出 それと、世代の断絶だな。重役連中がよく言ってることだけど。
初 夫 それ、よく会議でも話題になるね。その問題をテーマとして取り上げるのはどうだろう。
牟礼野 OBの知恵を拝借するわけね。

経営と人生の名言0156誰に読ませたいのか

●ターゲットの考察
牟礼野 今、OBの知恵が一番必要な人って、どの層かしら。
初 夫 やっぱり、新人連中じゃない? 世代のギャップを感じてるのも彼らの方だし。
井 出 いや、ギャップを感じてるのは古い連中の方だよ。新しい連中はただ単に「古い考え方」っていう認識しか持ってないんだし。
初 夫 そうか。「温故知新」だな、社長の言う…。
●重点ターゲット
牟礼野牟礼野 社長の年頭訓辞でもそれを強調してたじゃない。
井 出 新聞でも言ってたんじゃなかった?
牟礼野 「若い社員に生きたノウハウを伝授しなければ…」って話でしょ。
井 出 受け入れる側にその意識がないとダメなんだよ。
牟礼野 だから若い社員に「温故知新」を説かなきゃならないってことでしょ。
井 出 社長はそう思ってるんだろうなぁ。
●新入社員アンケート
初 夫 それでね、5月に新入社員を対象に実施したアンケート調査があるんだけど、「先輩から学びたいもの」の第1位が「ピンチの回避方法」だっていうんだよね。
牟礼野 要するに生きたノウハウを教えてほしいってことよね。
「提案営業」成功の法則―9のステップで身につける至高のノウハウ

割増予算の使い途

●読者イベントの発案
初 夫 今回は60周年ということで、予算が多めにもらえることになってるんだ。
牟礼野 何だ、早く言ってよ。いいアイデアがあるんだから。
初 夫 どんな?
牟礼野 予算をたくさんもらっても、本のスペックがあらかじめ決まっているわけだから、あまりお金をかけようがないじゃない。だから、読者向けにイベントをやりましょ。
●イベントのアイデア
井 出 そういうのに予算をつぎ込んでもいいの?
初夫初 夫 まぁ、聞いてみる必要はありそうだけど、多分大丈夫だと思う。
井 出 じゃ、どんなのがいいかな。
牟礼野 まず、執筆してもらったOBを招いて講演会を開催するのは、どう?
初 夫 なるほど。これは社長が喜びそうだ。
牟礼野  OBから昔の写真を集めて展示会をやるっていう案もあると思う。
井 出 「温故知新」展か。これも社長が喜ぶな。
牟礼野 この本のビデオ化は? 若手社員に貸し出して、生の声をたっぷり聞いてもらうわけ。
初 夫 本よりも効果があったりしてね。

経営と人生の名言0157時代ごとのOBの特徴

●編集内容とのシンクロ
牟礼野 だから、こういうイベントが派生するような内容をこの本に盛り込みましょうよ。
初 夫 ま、企画の立て方としては本末転倒だけど、いいか。
●編集企画の切り口
井 出 でも、時代ごとの区切りはしなきゃいけないんだろ?
初 夫 そうだ。それがあった。
井 出 じゃ、とりあえず時代順に考えていこう。まず草創期。
●内容構成のアイデア
牟礼野牟礼野 社長の元同僚クラスの年齢ね。写真付きでインタビューするのがいいんじゃない? お宅を訪問して。
井 出 そうだな。書いてもらうより、インタビューする方がリラックスしていい話が聞けるかもしれない。
初 夫 次は復興期だけど、この時代はOBのなかでも大物が多いんだ。彼らを集めて座談会なんかどうだろう。
牟礼野 面白い、面白い。じゃ、次の時代は?
初 夫 この時代に活躍したOBは、実は現役の嘱託が多くてね。その人達から原稿をもらおう。
牟礼野 で、それ以降の時代に第一線にいたOBというと?
井 出 海外部門設立の時に海運関係の会社から引っ張ってきた中途採用組のOBがいる。これは、電話取材でいいね。
初 夫 よし、これにいつもの自由投稿と社長の談話を加える。
プロセスマネジメント研修
生の声の集め方

●原稿の依頼
初 夫 では、取材の方法を決めよう。まず、これまで同様、在命中のOB全員に投稿募集の呼びかけを行う。
井 出 ハガキ?
初 夫 いや、封書で送った方がいいな。元重役もいるし。牟礼野さん、手紙を書いてよ。
牟礼野 いいわよ。
初 夫 ついでに、原稿を頼むOBにはじかに手紙を渡してよ。
牟礼野 ま、いいわ。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法
●座談会の記録
井 出 座談会は?
初 夫 うちの重役会議室を借りようよ。うな重でも出して、じっくり語ってもらえばいい。
牟礼野 ねぇ、その座談会をビデオに撮らない?
初 夫 いいねぇ。それ、採用。
●訪問インタビュー
牟礼野  それから、訪問インタビューはプロのアナウンサーにやってもらう方がいい話を引き出せると思うの。
●本の配布方法
初 夫 ところで本の配布方法だけど、OB全員に無料で郵送。社内は通常の社内報と同じ要領で配る。それから取材の協力者には、各担当者がお礼かたがた持参しよう。

経営と人生の名言0158より効果的に、立体的に

●イベントの内容
牟礼野 ねぇ、イベントの内容を詰めましょうよ。
初 夫 そうだな。もうちょっと突っ込んで話をしよう。
●公開座談会
牟礼野 講演会のことだけど、公開ディスカッションっていう形式もいいんじゃない?
初 夫 公開ディスカッション?
牟礼野 そう。よく投稿してくれるOBの何人かに来ていただいて、あるテーマについて壇上で活発に討論してもらう…。どうかしら?
初 夫 面白いかもしれない。異論続出で収拾がつかなくなる可能性もあるけど、ま、それもいいか。
●パネル展
井出井 出 ところでパネル展だけど、古い写真とか印刷物とかをOBの手を借りて集めようよ。
初 夫 なるほど、いい考えだ。
牟礼野 昔の給料明細とか、出してくれるかしら?
井 出 時代順にずらっと並べるだけでも、当時の会社の様子や社員の生活振りが見えてきそうだ。
初 夫 それに辞令とか運動会や社員旅行のスナップとか、面白いものがたくさん集まると最高だね。
井 出 OK。ユニークで意義深いイベントができそうだ。

再建屋ノート2稟議を待つ間に…

●スケジュール
初 夫 さて、今後の作業なんだけど、とりあえず今日の話を簡単な企画書にまとめて、7月上旬に稟議にかけることにしてあるから、それに向けて詳しいスケジュールを出したいと思います。それから、井出さんはおおまかな予算をはじいてみてくれませんか。OBへの謝礼も含めて。
井 出 OK。
経営と人生の名言0159●稟議のハンコ
初 夫 ところで、稟議だけど、7月半ばまでに終わるかなぁ。
井 出 うーん。ゴルフの季節だからねぇ。
初 夫 ハンコ、いくついるんだろう。
井 出 さぁ…、20個くらいで済むと思うよ。
初 夫 え、それじゃ間に合わない。1人1日かかったらアウトだ。1日に2〜3人は回っていかないと。
牟礼野 一番時間のかかりそうなのは誰?
初 夫 山川宣伝部長だろうなぁ、接待が多いから。牟礼野さん、得意の根回ししといてよ。
●事前準備
井 出 それから牟礼野さん、投稿呼びかけの手紙も作成しなきゃね。この本が出るのだけは確かなんだから。
牟礼野 じゃ、井出さんはアナウンサーの方に一応あたっておいてね。

               ************

編集企画書の完成はこちら。
次回はPR企画書。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

無料個別相談会

百万人の企画講座1…デート企画

きょうから11回にわたり「百万人の企画講座」をアップする。
ただし、不定期。
私たちの1日、そして一生は企画の連続である。
学習教本0239例えば、午前は営業会議の議題、昼休みは週末のサイクリングツアーの行程、午後は新商品の販売促進の方法を考える。
あるいは、就職、キャリアアップ、結婚、マイホーム取得の手立てを考えるといった具合。
それはとても楽しい時間。人はそもそも企画することが大好きなのだ。

本講座では、企画や企画書に関心のある方、企画や企画書が苦手だという方を対象に、身近な話題や日常的な出来事を素材として、企画と企画書のコツを楽しく平易に解説する。
社長セミナー1さまざまな人との会話や交流のなかで、一つの着想や夢がふくらみ育まれて、徐々に具体的な構想へとまとまっていくプロセスを記した。
そのうえで、それをそのまま企画書に変換したものを別途、掲げている。
すべてのビジネスパーソンにとり、いや現代人にとり必読の「企画入門&基礎講座」である。
学習教本0240
本講座は、日本実業出版社から刊行した『入門講座 企画の愉しみ』に準拠している。
1992年3月の刊行よりすでに15年の歳月が流れたが、企画業務の“基本”はさほど変わっていない。
学習教本0241むろん話としては古い部分も多いが、企画と企画書を学ぼうとする方々の参考になると信じる。
なお、本書は、私にとり記念すべき“第1作”である。
ホームページやブログが登場しなければ、再び大勢の方々にお読みいただくことはなかったろう。
著者としてこの上ない喜び、そして幸せ。
入門講座 企画の愉しみ―おもしろく覚える企画書作法

同書について。
書名◇入門講座 企画の愉しみ
惹句◇おもしろく覚える企画書作法
著者◇和田 創
刊行◇日本実業出版社
アマゾンで中古本が1円くらいから買えるのだろうか?

                       ◇
経営教本1
本講座の登場人物は、「企画」家の人々。

企画立郎(父・50歳)立郎
大手商社「螢献礇櫂縫商事」の人事部研修課の課長。ソフト型人材の育成が職務。定年を10年後に控える。

企画好子(母・47歳)好子
団地の自然食愛好サークル「はらぺこ会」に参加。自給自足の健康な食生活を実現したいと考えている。

学習教本0242企画初夫(長男・26歳)初夫
中堅家電メーカー「螢瓮肇軼鉄鏤唆函廚貌社し、販促課に配属されて4年。社内報の編集委員でもある。

企画亜矢(長女・23歳)亜矢
アパレル系企業「螢痢璽好丱Ε鵐鼻廚離蹈鵐疋鷸拏劼剖侈海掘⊂ι粉覯茲担当。将来は独立を希望する。

企画夢二(次男・17歳)夢二
「平成高校」2年に在学し、「視覚芸術愛好会」の会長として活躍。公私ともにカレッジライフを謳歌する。

「企画」家の人々の現在の様子はこちら(イラスト入り)。

                       ◇
人生の人生の名言0153
☆PROLOGUE

公園のボートで…
企画への誘(いざな)い

夢二◇登場人物
夢二 次男・17歳
初夫 長男・26歳  
初夫
まず、この章にさっと目を通してください。企画を立てる、企画書を作成するということが、実は基礎的な手続きから成り立っていることが理解できます。

               ************

素敵なあなたと…

学習教本0243●いつ誰が何を
夢 二 ただいまぁ。
初 夫 おい、来週の日曜日に楽しいことがあるんだって?
夢 二 何だよ、兄さん、いきなり…。
初 夫 クラスメートの畑山さんとデートなんだって? プロポーズでもするのか?
夢 二 そんなんじゃないよ。ピクニックに行く約束をしただけだって。
初 夫 二人っきりで?
夢 二 まぁ、そうだけど…。いいじゃないか、もう。
初 夫 ふぅーん。さしずめ、親睦が目的ってところかな。
夢 二 …(ま、気持ちは打ち明けるつもりだけど)。
「提案営業」成功の法則―9のステップで身につける至高のノウハウ
●相手のニーズ
初 夫 どこに行くんだよ。高尾山か?
夢 二 違うよ(小学校の遠足じゃあるまいし)。もっとロマンチックなところだよ。
初 夫 なんだ、ロマンチックなところで親睦を深めちゃうのか。お前も隅に置けないなぁ。
夢 二 ところで、どこから聞いたの、この話。
初 夫 畑山さん。さっきお前が出かけてる時に本を返しに来たんだよ。
夢 二 えっ! どうして、早く言ってくれないんだよ。

スケジュールは綿密に

学習教本0244●行先の決定
初 夫 お前に化学の宿題を教えてもらいたいって言ってたぞ。よければどこか空気のいいところで、だって。
夢 二 あ、そう(なぁんだ)。
初 夫 空気のいい、ロマンチックなところといえば、井の頭公園あたりだろ。
夢 二 うっ(まいるよなぁ)。まぁ、そんなところじゃない?
●当日の行動
初 夫 よし、じゃ、俺が一緒にプランを立ててやる。
夢 二 (よけいなお世話だよ)。
初 夫 ま、当日の朝は彼女の家まで当然お出迎えだな。10時頃がいいだろう。彼女の家はどこだ。
夢 二 千歳烏山。
初 夫 近いじゃないか。明大前で乗り換えて、11時には公園に到着。先に勉強を教えちゃえよ。な?
夢二夢 二 (はいはい)。
初 夫 で、昼飯だ。サンドイッチ、お前がつくってやれよ。最近、料理が得意なんだろ?
夢 二 そんなことないよ。
初 夫 そして、園内の茶屋で少し休んで、いよいよボートに乗る。井の頭の名物だ。漕ぎ方知ってるか?
夢 二 知ってるよ、乗ったことあるから。
再建屋ノート3
連絡は「手渡し」で

●目的の遂行
初 夫 で、ボートの上で「親睦」を深めちゃえよ。
夢 二 (なるほど…、そういう手もあったか)。
●連絡方法
初 夫 ま、お誘いは手紙だな。お盆明けがいいだろう。そういえば、「手渡し」っていう方法があるな。ポストに入れるより、ずっと相手に気持ちが伝わるだろうな。
経営と人生の名言0152夢 二 手渡し?
初 夫 もちろん。夕刻に電話で呼び出して、熱いまなざしで手紙を渡す。熱い、熱い!
夢 二 分かったから、もういいよ。
●雨天対策
初 夫 雨が降ったらどうする?
夢 二 延期かなぁ。
初夫初 夫 ま、相手に代替日を聞いといた方がいいな…。ところでさ、おれが高校生の頃さ…。
夢 二 何?
初 夫 井の頭公園でボートに乗ったカップルは別れるっていうジンクスがあったけど、今もそうか?
夢 二 (げっ)さぁ?
初 夫 プロポーズの場合もジンクスは有効なのかね?
夢 二 単なる親睦だよ(へーんだ!)。

               ************

デート企画書の完成はこちら。
次回は編集企画書。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創 提案営業研修 1日体験版

小川誠氏、創造性を語る

和田創研がジョイントベンチャーを進めている相方・小川誠氏から、私のブログ記事に関連し、考察メールが寄せられた。
月曜日の朝、テーマは「創造性」。
以下に紹介しよう。
                    ◇
先ほど、11月20日の和田創ブログ「つくる人しか輝けない」を読んだのですが、私も似た思想なのでコメントします。
個人の尊厳・存在意義・アイデンティティとは、その人の人生・経験を通して具現化される「創造性」であると思います。
創造性は、無形ゆえに、具現化できなければ価値がありません。
しかし、ときとして、例えば世の中がその創造性に追いつかないなどの理由で、具現化する際に激しい痛みを味わいます。
ところで、無限の創造性は、人類だれしも平等に持っている能力です。
だが、いまの人のなかには、社会に適応するため、自ら創造性を放棄してしまう人が少なくありません。
たいへん悲しいことです。
私たちは、合理性(制約・ルール)と創造性(内から湧き上がるエネルギー)の狭間に、揺れるようにして生きています。
そのギャップを埋める行為こそ、心の平穏を得るための苦行だと感じます。
苦行は本来、心が満たされる楽しいものであり、苦しいものでありません。
しかしながら、既存の合理性を安易に受け入れ、創造性を投げ出した(苦行から逃れた)結果、永遠に苦しめられる人が多いのです。
自分の心に巣食い、やがて心を蝕む、モヤモヤとした「やりきれなさ」のようなものでしょうか。
昔ながらの教育、とくに義務教育は、創造性を発揮させるというより、忠実なロボットとしての動きを求める思想のほうが強いですし…。
どのような職業であれ、個人が創造性を生かし、自分にしかできない仕事をすることは十分に可能です。
にもかかわらず、それを許さない企業・職場があちこちに残っているのも事実ですね。
こうしたところほど、社員に創造性を許さないくせに、「チャレンジしろっ!」と叫んでみたり。
組織・風土が腐り、その矛盾にさえ気づかない…。
個人の単なるエゴとしての創造性でなく、「創造性は、合理性と両立しなければ、現実社会に具現化することはできない」。
私は、それが真理だと考えます。
究極の創造とは、既存社会の合理性を破壊し、より高次元の合理性を実現するものではないでしょうか。
                    ◇
以上。
「創造性」に関する完璧な考察―。
彼は若い。
私は、その思想の深さに、ただただ溜め息…。
しかも、慌ただしい月曜日の出社前のごく短時間で入力したはずだ。
つねに問題意識を持って考えつづけているから可能なこと。
なお、創造性を重視しつつも、合理性とのバランスが保たれているのは、優れた経営者に通じる資質であろう。
私は、両者のバランスを大切と考えながらも、実際は合理性より創造性へ激しく傾斜しがち。
要は、わがままな職人気質。
小川さん、素晴らしいコメントをありがとう。
…ところで、やみくもな創造性は、破壊しかもたらさない。
それがもし許される世界があるとしたら、「芸術」と「革命」だけなのかもしれない。
私は思う。
創造性と合理性のせめぎあい。
まさに人生の醍醐味。
それは自己表現、自己実現そのもの。
そして、そのもっとも分かりやすい形が「起業」なのである。
合理性を踏まえない創造性は叶えられない、続けられない。
平たく言えば、食べていけない。
なぜなら、社会や市場において、最終的に受け入れられることがない。
                    ◇
彼が説くところの「苦行」。
私なりに理解すれば、「苦行とは、生の証であり、創造の喜びである」。

人気ブログランキング

ひらめく人、ひらめかない人

アイデアは資質でない。ましてセンスでない。
どちらもなくても大丈夫!
話としては単純で、「考える人ほどひらめく」。
経営や業務、仕事に関わるアイデアをひねり出す最大の条件とは、考えつづけること。
発想は、粘り強さの勝負となる。「潜在脳」が関与するためである。
夢の中にまで現れるようなら、いいアイデアは思いつく。
では、なぜ考えつづけられるか。
自社への危機感、そして次世代への愛情がそうさせるのだ。
したがって、オーナー社長がもっともひらめく。
例えば、本田宗一郎、稲盛和夫…。
かたや、自分がいる間はやっていければと思う管理者やベテランはまったくひらめかない。
オーナー社長でも、いったん守りに入るとひらめかなくなる。
また、政治が悪い、景気が悪い、業界が悪い、競合が悪い、顧客が悪い、社員が悪い…。
自責の念を忘れ、他責の念に固まるとひらめかない。
何かおかしいと感じつつ、これまでのやり方を続けるのが関の山である。
さて、もう一つ、「持たざる人ほどひらめく」。
徒手空拳で、事を起こそうとする人はしばしばひらめく。
例えば、カネがなく、志に燃える起業家である。現実の行動を起こそうとすると、ひらめくほかにない。
かたや、恵まれた環境に浸かっている人はめったにひらめかない。
例えば、裕福な家庭の育ち、有名な企業の社員…。
ひらめかなくてもそれなりにやっていけるから、当然である。彼らを責めてはいけない。
それは、美田を残した親が悪い、ぬるま湯にした社長が悪い。
…結局、挑む姿勢、戦う姿勢が優れたアイデアを生み出す。

↓ 応援クリック、いま何位?
人気ブログランキング

画期的なアイデアを発想するには?

どのようにアイデアを発想すべきか?
「当該テーマに関わる通念や常識を疑ってかかれ」。
多くの本に書かれている発想のセオリーである。
つまり、既成概念に捉われるな、と。
その通りだが、私たちはそれでもなかなかアイデアを思いつかない。まして画期的なものは…。
では、どうすればよいか。
答は簡単―。
疑うのでなく、当該テーマに関わる事象や現実をことごとく否定してしまう。
そして、そのうえで考える。
そこから生み出されるアイデアは、前例のないものにならざるをえない。
ここが非常に重要なところ。
ただし、当該テーマに関して前例がないということ。世の中に前例がないことを考えるのは「発明」。
発想とは、すでに存在するアイデアの応用問題である。
例えば、組み合わせや横滑りだ。
                    ◇
ちなみに、私は、スタッフに当たり前だった企画力養成の研修を営業へ横滑りさせ、大きな評価と報酬を得た。
コンテンツを売るターゲットを変えただけの話。
同じ中身なのに、当時は「企画研修」が「提案営業研修」ともてはやされた。
マスコミの取材や寄稿依頼、顧客の注文をかなり受けたものである。
ミソは、対照的な分野・領域への横滑り―。
長らくもっとも無縁とされてきた営業に、私は「企画」を持ち込んだ。
講師として受講者へ「ソリューション」の必要性を力説しているが、企画では「課題解決」という考え方は基本中の基本。大昔からある。
                    ◇
…さて、アイデアの発想では、よさそうなことも悪そうなことも、いったんすべて捨てる。
いまあるモノやコトを片っ端から退けて行う。
これは、とりわけ商品や事業など、“開発系”の企画に有効である。
なかでも「起業」に打ってつけ!
「すでに世間にあるものと同じような会社をつくるのでは意味がない」。
私はそこまで言うつもりはないが、起業のワクワク感が小さいのは事実である。
どうせ大きなリスクを背負うわけだから、前例のないビジネスを展開したいではないか。
成功を収めれば、銀座のクラブで「自分が考えた」とホステスに威張れる(必須にあらず)。
…知恵比べの時代で、発想は最大の武器だ。
優れたアイデアは、それ自体に高額な値段がついたり、潤沢な資金が吸い寄せられたりする。
また、起業後は差別化の要因や競争優位の源泉となる。
ビジネスは、全否定からスタートするのが面白い。
面白いとは、むろん難しいということ。
それは起業のスピリットであり、起業家のプライドである。

↓ 応援クリック、いま何位?
人気ブログランキング  にほんブログ村 経営ブログへ

企画用の分析ツールについて

学者やコンサルタントが新しい「分析ツール」を次々と発表している。
書店などで類書がそこそこ売れているらしい。ということは、それを学ぶ人が少なくない…。
実際、私は企画研修や企画セミナーで、熱心な受講者からこうしたツールについて、しばしば尋ねられる。
そこで、私の考えを述べておきたい。
これらは、企画を職業とする専門家や、企画を目的とするスタッフにはありがたい。クライアントからカネを取るとか、社内で勿体をつける場合である。
だが、行動を目的とする人には煩わしいだけである。
私が用いる分析ツールは、ポジショニングマップやレーダーチャートなど、スーパーベーシックに限られる。
判断基準は、それが企画書を構成するパートになること。
つまり、上司や顧客が企画内容を“単純明快”に理解するうえで役立つかどうかである。
企画書に盛り込めない分析ツールなど使っているヒマはない。
例えば「SWOT分析」という、あまりにも有名なスーパーベーシックツールがある。画期的な発明と呼んでよい。
これを知っている人は無数にいるが、使いこなせる人は滅多にいない。
企業が立てるビジネスプランで、個人が立てるライフプランやキャリアプランで、それを自分のものにしていたら、とっくに成功をつかんでいるはずだ。
分析ツールという手段をたくさん知っていることに誇りを感じる人は、「企画的態度」と無縁である。
手段を使いこなしてたくさん得たかが問われる。
なお、こうした考えは「発想ツール」についても同様である。

↓ 応援クリック、いま何位?
人気ブログランキング  にほんブログ村 経営ブログへ  経営BlogRankers  ビジネスブログ100選

自分の居場所は企画力でつくる

会社や職場、プロジェクトやサークル、起業、営業活動において主導権を握る…。
あるいは、トップや上司、同僚やメンバー、顧客に対して主導権を握る…。
こうした局面で威力を発揮するのが「企画力」である。
いまや、すべてのビジネスパーソンにとり、企画力は必須となった。
ところで、「企画」は、現状に満足している個人や企業には不要である。
世間との格闘、会社との摩擦、自分への不満を抱えながら、しかも世間や会社、自分への愛情を失わないとき、それが創造的な企画に駆り立てる原動力となる。
私は幾度もドロップアウトしそうになりながら、企画という行為を通し、何とか社会と折り合いをつけてこられた。
とくに若い頃は、世の中にうまく収まることができず、悶々とした日々を送っていた。
そこで、少しずつ周囲に働きかけ、自分の居場所をつくっていくしかなかった。ほどなく、フリーランスのプランナーになってしまう…。
その積み重ねが、現在の自分である。
企画力で私仕様にあつらえたので、わりと居心地はいい。
…私は長らく、社会に不適格だと思っていた。
いつ頃だったか、社会が不適格だと気づいた。

↓ 応援クリック、いま何位?
人気ブログランキング

創造的人材への期待が高まる

以前、社員が自由な服装で出勤できる「カジュアルデー」が話題になった。
職場の“規制緩和”の一環である。
1週間の疲労が溜まる金曜日に限定する企業が大半だった。
今日、新規産業を中心に、毎日がカジュアルデーとなる。
実は、この制度は、ワークスタイルにも独創性を重視する米国で生まれた。
社員の意識と行動に大きな影響を与える。
日本でも、ホワイトカラーの知的生産性の向上が緊急の課題となっている。
職場のコミュニケーションを活性化するとともに、社員一人ひとりに柔軟な発想と創造的な思考を促そうとする試みが盛んである。
激変する環境に適応し、さらにライバルとの知恵比べに勝利するには、画一化した社員では不可能…。
トップがそんな危機感を募らせている。
カジュアルデーには、背広に象徴される管理志向の企業風土を刷新する狙いが込められていたはずだ。
いまほど、既成の枠組みや概念に捉われない創造的人材が求められるときはない。

↓ 応援クリック、いま何位?
人気ブログランキング  にほんブログ村 経営ブログへ  経営BlogRankers  ビジネスブログ100選
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ