コンサルの引き出し|和田創ブログ


だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

ソサイエティ

依然として続く捜索活動・・・朝倉市豪雨災害

猛暑の九州から深夜に戻ってきました。
私は3週間ほど、研修やセミナーが続き、疲労がピークに達しています。
例年、なぜか梅雨時の6〜7月に集中します。
立ちっ放し、前かがみで話していますので、背中に猛烈な張りが出ています。
ちょっと呼吸が苦しく、吐き気を感じます。

ところで、大変な豪雨災害に見舞われた朝倉市には研修で8回、24日ほど伺ったことがあります(記憶が曖昧)。
テレビ映像で知る現地は様変わりです。
自然の猛威はすさまじい。
まだ行方不明者がおり、一日も早く見つかってほしいと思います。

が、事情に詳しい方と話をしましたが、大勢の自衛隊員は深刻な疲労と闘っています。
依然として涙ぐましい捜索活動が続いています。
大量の流木が被害拡大と捜索難航の一因になっているように感じました。

福岡市はなぜ博多駅なのか・・・いわれ

私が講師の仕事でもっとも多く訪問した地方都市は大阪市でも名古屋市でもなく、福岡市です。
かれこれ20年近く、もっとも多く滞在した年は2か月近く。
生まれ故郷を別にすれば、親しみを一番感じます。
65歳の現在もしょっちゅう。

私は飛行機が大の苦手なので、かならず新幹線に乗ります。
ところが、到着(終着)駅の名前が福岡駅でなく博多駅になります。
たいていは市名がそのまま駅名になるのですが・・・。
それでも私は博多出張と呼ぶことに違和感を覚えませんでした。
昔から、博多どんたくや博多祇園山笠、博多人形や博多明太子などが全国に知れ渡っています。

恥ずかしい話ですが、数年前に乗ったタクシーの運転手に福岡市はなぜ博多駅なのか、そのいわれを聞かされました。
なるほどと感心するとともに、かすかに抱いていた疑問が解消しました。

福岡市は、武士の街の福岡部と商人の街の博多部が明治時代の市制の施行で一緒になって生まれたそうです。
両者を分かつのが、中心部を流れる那珂川でした。
その際、市の名前をどちらにするかで大紛糾しました。
博多市に決まりかけていたのに、福岡県の命令で福岡市に引っ繰り返ったのだとか・・・。
これでは博多市派の不満が収まりません。

同年に九州鉄道が開通し、駅が開業しました。
駅が博多側にあったために博多駅にしました。

が、実際には市名を福岡市とする代わり、駅名を博多駅とすることで双方の面子を保つという政治的な決着が図られたのでしょう。
要は、仲裁案です。
無理やり話をまとめたという印象・・・。

私は、当地の文化や風物に根づいている博多のほうが個人的にしっくりとします。
しかし、よそ者がとやかく口をはさむ問題ではありません。
「博多っ子」は市名をどう考えているのでしょう。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

台風10号、東北横断か・・・気まぐれ進路

65歳の私が記憶する範囲では初めてです。
9〜11号の3つの台風がほぼ同時に、近い海域で団子みたいに発生しました。
気象庁による予想進路がクロスしており、ごちゃごちゃでした。

とくに気まぐれなのが台風10号です。
発生後、南西の方向にずっと進むのは珍しい。
しかも、その後に何日か止まり、いまは折り返してブーメランのように戻っています。
これほどの迷走も記憶にありません。

台風10号は2〜3日前まで東海か関東に上陸すると考えられていました。
しかし、どうやら東北の太平洋側と日本海側を横断するようです。
(現在でも進路は正確につかめません。)
台風が本州の関東以西(以南)を経由することなく東北に迂回することはきわめて珍しい。
どうやら宮城県か福島県になります。

インターネットで調べたところ、東北への直接上陸は観測史上初でした。
台風は通常、北東の方向に進みますので、おもに九州や四国、東海に上陸します。

台風10号には「ライオンロック(獅子山)」という勇ましい名称が与えられています。
幸い、私が暮らす横浜への直撃は避けられました。
ですが、発生後かなりの日数が経っているにもかかわらず、強い勢力を保っています。
進路に当たる海域の温度が高かったためです。

台風10号は次第に衰えていくはずです。
それでも猛威を振るう恐れがあります。
なかでも豪雨による被害は侮れません。

関東北部から北海道にかけては先日の台風9号などの影響で雨量が増え、地盤が緩んでいます。
大規模な土砂災害や河川氾濫が起きやすい状況にあります。
また、潮位の高い時期と重なります。
東日本大震災で地盤が沈下した海岸線も危ないとか・・・。

台風10号が近づくにつれ、各地で避難勧告などが出されるでしょう。
「備えを済ませ、いざというときには素早い避難を心がける」。
これに尽きます。

◆書き加え(8月28日)

この記事は日曜日の午前中に書きました。
午後11時に予想進路が変わっていました。
鋭く曲がって東北を横断することはなさそうです。
この先もどんどん変わっていくでしょう。

つねに最新の気象情報に接してください。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

天皇陛下肉声…生前退位

2016年8月8日は、私の人生でも忘れられない1日になりました。
天皇が生前退位の意向を示されました。
ビデオメッセージでしたが、私は初めて肉声に触れた気がしました。

平明で率直な言葉から、国民の象徴としての望ましいあり方を模索しつつ全身全霊で実践されてきた陛下の責任感の強さと愛情の深さ、さらにお人柄と苦悩が伝わってきました。

ご自身を含め、象徴天皇が老いと衰えにより務めを果たせなくなる事態を案じておられます。
想像できないほどの心労がおありなのでしょう。

日本に生まれ育ったことに誇りと喜びを感じている私は、皆で陛下の懸念(問題提起)に向かい合うべきだと考えます。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

都政と国政の違いが分からない・・・街頭演説

きょうは東京都知事選挙の投票日です。
関心がわりと高いようで、投票率は50%台後半になりそうとのこと。

私は東京で四半世紀以上を過ごしました。
いまは神奈川県民ですが、今回の選挙は一票を投じたい気分です。

2020年東京五輪(オリンピック)開催を控えており、実行力のあるトップを選ばないと準備が滞ると案じています。

テレビで立候補者の街頭演説を聞くと、都政と国政の違いが分かっていないのでないかと思うこともあります。

3氏の混戦という報道を目にしました。
開票速報ははたして・・・。

◆書き加え(7月31日)

私が仮に都民だとしたら、だれに投票するかを考えてみました。

あまりにせこく見苦しかったので、舛添要一と書くのはさすがにはばかられます。
そこで、猪瀬直樹と書きます。
どちらも無効票になります。

さて、初の女性都知事が誕生しました。
真っ先に崖から飛び降りたのが利いたのでしょうか、小池百合子の圧勝でした。
過度のほこり叩きに合わないように願っています。

東京は地方に増して課題山積です。
それが一気に顕在化するのが五輪後です。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

日本列島で地殻変動が活発化

私が二度経験した「震度5」でもかなりの揺れでしたが、「震度6」という発表(報道)をしばしば目にするようになりました。
マヒしたというか、それほど驚かなくなった自分が怖い・・・。

日本列島で地殻変動が活発化しています。
巨大地震だけでなく噴火もあちこちで起こっています。

長らく大きな地震が起こっていない東京と神奈川は猛烈なエネルギーが溜まっているはずです。
はたして東京五輪終了まで待ってくれるのでしょうか。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

東京スカイツリーは素晴らしい!!!

浅草から駒形橋を経て押上まで20分、「東京スカイツリー」を見上げながら歩いていたら、首が元に戻らなくなりました。
業界用語でいうところの「上を向いて歩こう」状態です。

「平日・曇天・夕刻」と条件がそろっていましたので、すんなりと展望台に上がれます。
しかし、私が家族に先んじるのは断じて許されないと思い直し、タワーと一体になった商業施設の2階でアイスコーヒー(サイズを選べず)を飲んで銀座に戻ってきました。

ここは「東京ソラマチ」という飛び切り爽やかな名称を与えられているにもかかわらず、施設内に喫煙室がしっかりと設けられているではありませんか。
さすが泣く子も黙り、石橋を叩いても渡らない東武グループです。

東京スカイツリーは素晴らしい!!!

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

大地震から命を守る…減災チャート

熊本地震の破壊力は凄まじいものがあります。
余震が震度6強、6弱というのは驚きです。
私は九州全域に大勢の受講者がおり、夜通しテレビをつけていました。
朝を迎え、被害と損失の深刻さが明らかになるでしょう。
心よりお見舞い申しあげます。

表裏


「減災チャート」という、地震・津波の発生時における対応のありようをまとめた防災早見盤がリリースされています。

残念ながら、絶対の安心と安全は望めません。
しかし、いざというときに基礎的な知識を持っているかいないかで、受ける被害や損失に差が生じるのも事実です。
それにより守れる命と暮らしもきっとあります。
家庭はもとより、人が集まる役所や公共施設、幼稚園や小学校、医療介護施設、職場や店舗などに常備してほしいと思います。

大地震や大津波では「減災のいろは」をわきまえたうえで、一人ひとりが素早く判断を下し、素早く行動を起こすことが大事になります。
結局、自分の頭で考え、自分の身を守るほかにありません。

・・・被災地の迷惑になることを恐れつつ、きのうはどうしても気になる関係者に電話をかけました。
きょうは仕事に追われていたこともありますが、気になって一睡もできませんでした。
NHK総合から一晩中、緊急地震速報が鳴り響きました。
無事を祈るばかりです。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

防災早見盤…減災チャート

熊本県で最大震度7の強い地震が発生しました。
震度7を観測したのは熊本県の中部に位置する益城町(ましきまち)です。
この熊本地震で多数の負傷者のほか、これまでに9人の死亡が確認されています。
家屋の倒壊や火災も発生しています。
また、停電や断水、道路の陥没など、ライフラインに広範な影響が出ています。
被災地の皆さまにお見舞い申しあげます。

私は長年、講師として九州生産性大学で「提案営業実践コース」を受け持っており、熊本県から毎年、営業管理者や営業担当者が参加してくださいました。
無事をお祈りします。

世間ではほとんど知られていませんが、「減災チャート」という、地震・津波の発生時における対応のありようをまとめた早見盤がリリースされています。

発売元は、自然災害対策に特化した「東海技術製作所」。
このブログでも取りあげたことがあります。
CIに「減災のパートナー」と謳い、なかでも巨大地震と巨大津波の被害・損失の軽減を支援する専門家です。

東海技術製作所は、震災から命や暮らしを守りたいとの創業者の高い志と強い思いから生まれました。
ホームページの代表挨拶、社是、営業憲章などに目を通すだけで、本気と決意が伝わってきます。

⇒2016年2月20日「減災の専門家…ユニークな東海技術製作所」はこちら。

本チャートは、減災と防災の簡易マニュアルに相当します。
地震・津波の発生時における対応は、各人が置かれた状況により大きく異なります。
いざというときにパニックに陥らず、基本に則って冷静な対処と措置を行うことが大切です。

残念ながら、絶対の安心と安全は望めません。
しかし、基礎的な知識を持っているかいないかで、受ける被害や損失に差が生じるのも事実です。
決して「命」を諦めるわけにいきません。

以下は、東海技術製作所の「減災チャート」のあらましです。

◆名称
いざというときに身を守る

減災チャート

地震・津波編


表裏◆表面:発生時
“生時の安全
発生直後の安全
2个慮気粒稜
げ从劼悗梁弍
ダ験莎’宗周辺の確認
正確な情報の入手
О柁櫃料蠍瀟⇒
避難の判断
避難前の確認
避難の開始
帰宅の判断
津波への対応

◆裏面:状況別
◇屋外
(盥埣
運転中
乗車中
っ浪竺
コご澑茲
山間部
◇屋内
〇業所
⊂学校・幼稚園
商業・娯楽施設
ぅ┘譽戞璽拭
ゥ肇ぅ譟ν畆
就寝中

以上。
減災・防災の基礎知識がコンパクトにまとまっています。
家庭はもとより、人が集まる役所や公共施設、幼稚園や小学校、医療介護施設、職場や店舗などに常備してほしいと思います。

日本では、南海トラフ巨大地震(東海・東南海・南海3連動地震)、首都直下地震の発生時期が切迫しています。
自治体と住民、企業などが一体となった備えが急務でしょう。

熊本地震では、震度6強、6弱といった凄まじい余震が発生しています。
「減災のいろは」をわきまえたうえで、一人ひとりが素早く判断を下し、素早く行動を起こすことが大事になります。
結局、自分の頭で考え、自分の身を守るほかにありません。
ぜひ「減災チャート」を参考になさってください。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

減災の専門家…ユニークな東海技術製作所

きのうのNHK総合「特報首都圏」は首都直下地震がテーマだった。
最大震度7が予測されている巨大地震である。
いま起こっても不思議でないくらい発生時期が切迫している。

番組では、おもに帰宅困難者と液状化現象の問題が取りあげられた。
しかし、私に言わせれば内容が浅く、震災から身を守る参考にならない。
決め手は発生前の準備にあるという結論はそのとおりなのだが・・・。

64歳の私はこれまでに2度、震度5を街なかで経験している。
当時は強弱を分けていなかったが、被害がほとんどなかったので震度5弱でなかろうか。
それでも周囲には地べたに座り込んでいる人が大勢いたことを覚えている。
震度7は衝撃的であり、どれほど大きく激しい揺れに見舞われるのか見当もつかない。
おそらく腰が抜けた状態になり、動くに動けないはずだ。

ところで、静岡県磐田市に自然災害対策に特化した「東海技術製作所」というユニークな製造商社がある。
CIに「減災のパートナー」と謳い、なかでも巨大地震と巨大津波の被害・損失の軽減を支援する専門家である。
震災から命や暮らしを守りたいとの創業者の高い志と強い思いから生まれた。
ホームページの代表挨拶、社是、営業憲章などに目を通すだけで、東海技術製作所の本気と決意が伝わってくる。
設立当初から「減災ソリューション」に役立つ幅広い製品を取り扱う。
設備・機器・用品などのハードが充実しているのはもちろん、ソフト(システム)やサービスに注力している。

南海トラフ巨大地震(東海・東南海・南海3連動地震)の発生時期も切迫しており、とりわけ太平洋側は減災・防災の備えが急務だろう。
災害大国日本において、東海技術製作所のようなプロ集団が果たす社会的な貢献はきわめて大きい。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

エスクァイア、走りと乗り心地、燃費

このブログで数日、トヨタのミドルクラス1BOX(ミニバン)のエスクァイア(ESQUIRE)を取りあげてきた。
トヨタ店とトヨペット店で扱う。
カローラ店のノアとネッツ店のヴォクシーにやや遅れて投入された上質仕様車である。

エスクァイアは全長4695×全幅1695×全高1825mmである。
5ナンバーボディのみになる。

2.0Lガソリン、1.8Lガソリン+モーターのハイブリッドの2タイプが設定される。
ガソリン車は2WDと4WDがあり、乗車定員も7人乗りと8人乗りがある。
ハイブリッド車は2WDの7人乗りである。

燃費は5ナンバーサイズミニバンではトップレベルを誇る。
ガソリンモデルはカタログ値が16.0km/L、実燃費が街乗りで10km/L前後、高速道路で13km/L前後。
ハイブリッドモデルはカタログ値が23.8km/L、実燃費が街乗りで16km/L前後、高速道路で20km/L前後。

エスクァイアは、私みたいにエルグランドやアルファードといったラージクラス1BOX(ミニバン)のガソリンモデル、とくに3.5Lからハイブリッドモデルに買い替えると、衝撃を覚えるほどの低燃費である。
私は初代ヴィッツを除き、ガソリンを食うクルマに乗りつづけてきた。
エスクァイアはガソリンスタンドで給油する回数が激減する。

走行性は総じていい。
出足も加速も至ってスムーズであり、坂道でも高速道路での合流時でもパワー不足をそれほど感じない。
ましてハイブリッドモデルではパワーモードに切り替えられ、アクセル操作に鋭く応えてくれる。
ハンドル操作が軽く、よく曲がる。
その際のロールも箱(1BOX)としては抑えられている。

乗り心地は1列目と2列目は申し分ない。
ただし、やや固めである。
路面によりごつごつする。

静寂性は総じて高い。
ハイブリッドモデルは普通に走る分には不安になるくらいに静かである。
が、歩行者に対する車両接近通報装置がついている。
回転を上げると、ちょっとがさつな音がする。
5ナンバーサイズミニバンでは風切音、ロードノイズや突き上げをいくらか感じるのは仕方ない。

正直に述べると、私はエルグランドとアルファードの3.5Lを乗り継いできたので、エスクァイアにかなりの違和感を覚えた。
内外装、走行性、乗り心地、静寂性のすべてにおいて・・・。
ドア(の開閉音)だって軽すぎる。

しかし、エスクァイア(ハイブリッドモデル)は購入でも維持でもコストが抑えられ、環境にも優しいので満足感がとても高い。
家計の負担が大幅に減った。

また、ラージクラス1BOX(ミニバン)と比べ、取り回しを含めた運転がとてもしやすい。
私は高級と呼ぶのは無理があると思うが、エスクァイアは総合力で優れていると感じる。

               ◇◆◇

エスクァイアに関するブログは以下のとおり。

⇒2016年1月13日「エスクァイアかアルファードか」はこちら。

⇒2016年1月14日「エスクァイアとノアの違い」はこちら。

⇒2016年1月15日「エスクァイアの値引きを大きくするコツ」はこちら。

⇒2016年1月16日「新車値引き交渉のコツ⇒限界値引額へ」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

センター試験ボーダーライン足切り

「将棋の羽生善治(はぶ・よしはる)の心境が分かった・・・」。
大学入試センター試験で満点を取った子どもが語ったらしい(科目は不明)。
最後の一問で手がぶるぶると震えたそうだ。
そのとき、彼の脳裏に浮かんだのが羽生善治だった。

羽生善治は勝利を決定づける一手を指すときに手が震える。
自分の駒どころか、ときに対戦相手の駒まで飛ばす。
名人戦など、大勝負の最終戦などで著しい。

震えの主因は、これで勝ちという詰めを誤るわけにいかないとの緊張である。
加えて、勝ちへの恍惚だろう。

私は小中学校を別にし、おそらく満点を取ったことがない。
手が震える感覚は分からない。

さて、難関大学のなかには、センター試験の点数で二次試験(個別学力検査)の受験を断るところがある。
いわゆる足切りを行うのはおもに国立大学になる。
ボーダーライン(足切りの境目)の点数が固定していればまだしも変動するところもあり、厄介・・・。

そこで、生徒はセンター試験の終了後に学校へ出向き、先生と話し合う。
得点が振るわないとしたら、おもに第一志望を変更する。
せっかく出願しても、足切りの対象になっては二次試験を受けられないからだ。
浪人覚悟で第一志望にこだわる生徒を除き、1ランク落として受験のチャンスを確保することになる。
皆が勝負をかけている日に自宅でぼんやりしているのはみじめで落ち込む。

しかし、話し合いの焦点は自分がはたして全体(出願予定者)のなかでどの辺りに位置するかだろう。
微妙な点数だと河合塾や駿台予備校など大手予備校のデータ分析力に頼って最終的な判断を下すほかにない。
しかも、信頼度が高いはずの専門家が弾く足切り点や合格可能性がまま異なり、生徒はどれを目安にすべきか迷ってしまう。

いまどきの難関大学受験はほんとうに大事(おおごと)である。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

センター試験で満点を取る

冬とは思えない暖かい日が続き、老いた私はとても助かった。
それが「成人の日」を含む3連休辺りから寒さを感じるようになった。
そして「大学入試センター試験」が行われるこの土曜日・日曜日に一気に冷え込んだ。
さらにインフルエンザ流行の兆しが見えはじめた。

入試本番に寒さと流感が猛威を振るわないことを願う。

さて、センター試験の1日目、親に「満点を取る」と告げて試験会場へ向かう子どもがいるらしい。
小学校の試験で満点を取るのとわけが違うので、おそらく最難関の国立大学への合格を目指す子どもである。
自らに気合いを入れるためか、それとも暗示を与えるためか。
ちなみに、過去に例がない(不確か)。

遊ぶことしか考えなかった私は、いまどきの勉強漬けの子どもを偉いと思いつつ気の毒に思う。
それぞれの大学が行う試験で合否の判定を下すのではだめなのか。
センター試験は子どもの負担を重くするだけではないのか。

その主旨がほとんど分かっていない私は公式サイトを覗いてみた。
以下は、抜粋・加工。

大学入試センター試験はこれに参加する国立・公立・私立の各大学(短期大学を含む)が独立行政法人大学入試センターと協力して共同で実施する。
そして、各大学の多様な選抜方法の推進役となる。

大学に入学を志願する人の高等学校における基礎学習の達成の程度を判定することを主たる目的とする。
大学がそれぞれの判断と創意工夫に基づいて適切に利用することにより、大学教育を受けるにふさわしい能力・適性などを多面的に判定することに資する。

また、ウィキペディアで調べてみた。
以下は、抜粋・加工。

日本の大学の共通入学試験である。
「国公立大学共通第1次学力試験」が「大学共通第1次学力試験」と改められ、さらに「大学入学者選抜大学入試センター試験」と改められた。
これは「大学入試センター試験」「センター試験」と略される。

大学入試センター試験はマークシートに記入する方式となっており、記述式の設問はない。

また、私立大学の参加も年々増加している。
それを入学者選抜にどう利用するかは個別に決めている。

以上。
センター試験がベーシックな学力を測る役割を担っているようだ。
しかし、私はそれも各大学が行う試験で済ませられると思う。
9月頃から出願を募り、子どもにプレッシャーやストレスを与える必要がどこにあるのだろう。

◆書き加え(1月17日)

きょうの記事は書き溜めである。
土曜日は寒くならなかった。
それどころかセンター試験日和(?)になった。
朝から明るい日差しが降り注ぎ、気温も高めだった。
日本海側の東日本の天候はどうだったのだろう。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新車値引き交渉のコツ⇒限界値引額へ

きのう、このブログに「エスクァイアの値引きを大きくするコツ」と題する記事を載せた。
しかし、何もエスクァイアに限らない。
そこで、新車購入時に限界値引額を引き出すコツとしてまとめ直した。

同じ新車なら、なるべく安く買いたいとの心情は当然だろう。
マイカーが家計に与える負担は決して小さくないので、どうか本命車種を好条件で手に入れてほしい。

さて、参考になるのは雑誌やインターネットで得られる平均値引額や限界値引額に関する情報である。
とはいえ、売り手は人気車種ほどガードを固める。
そうでなくては利益の確保が難しい。

そこで、したり顔で指南されるのが、値引き交渉のコツである。
要は、買い手がタイプの似通った車種で競合をあおる。
たいてい身内や他社の複数のディーラーを巻き込んで見積もりを取り、値引額を競わせる。
何と貧しい発想か。

これは暇人のやり方である。
「時は金なり(Time is money)」なのに、値引き交渉にかかった時間などのコストを度外視している。
しかも、数人のセールスを振り回した挙句、つきあうことになるセールスを追い詰めていく。
相手を困らせるのが大好きという人にしか向かない。
大きな観点で述べれば、無駄に営業を動かしたコストはいつか購入価格に組み込まれるという経済原則も分かっていない。

実際、表面的な値引き交渉のテクニックに頼るのでは金額は高が知れている。
そもそも買う気のないライバル車の見積書までつくらせるとすれば、相手にとりこれほど迷惑な話はない。

限界値引きを引き出すうえで最重要なのは、セールスの立場になって考えることだ。
そう、値引き交渉に持ち込まないのが賢い。
一つのディーラーに絞って商談を行う。
相手にその旨をはっきりと伝え、購入の意思を示すのが先決!

実は、ディーラーやセールスが本気になるのは、自店や自分からかならず買うという確信が得られ、なおかつぜひとも売らなければならないという事情を抱えるときである。
例えば、目標販売台数をもうちょっとでクリアするというケースでは、車両本体はもちろんオプション、そして下取車やローンのなかでやりくりして値引額をひねり出してくる。
買い手がインターネット査定などで適正な下取価格を知っておかないと、見かけの値引きの大きい見積書にごまかされる。
愛車の値段を見くびってはいけない。
案外、高く売れる。

これまで述べたとおり、値切り倒して買うのでなく粘り強く待つという姿勢を基本にするなら、目を疑う金額が出てくることがある。
なかでも大都市圏では想像を絶する金額が出てくる。
なお、月末や年度末、年末や年始に破格の条件が出やすい。
夏や冬の賞与期もわりと…。
ゆえに、これらの時期より早めに出向き、そのディーラーでその車種をどうしても買いたいとの意向を告げる。
「予算的に厳しい…」と顔を曇らせることを忘れるな。

機が熟し、目玉が飛び出しそうな限界値引きが得られたら、その金額を口外しないのがマナーである。
それが次回の新車購入時に大きな信頼となる。
値引きは、セールスとディーラーを味方につけるのがもっともたやすい。

なお、納車は自分で出向くようにし、セールスとディーラーのそれぞれに千円前後の菓子折りを持っていく。
ディーラー用は菓子が全員に行き渡る詰め合わせにする。
菓子折りを買うのはもったいないと思うかもしれないが、とんでもない値引額だから構わない。
「**さんのお骨折りのおかげで一番ほしかったクルマ(グレード)に手が届きました」など、心のこもった一言を添える。
ほとんど知られていないが、セールストークを大切にしなければならないのは買い手である。

以上。
新車購入時に値引きで圧倒的な成果を収めるには、売り手の心理を的確に理解することが前提となる。
このブログで述べたやり方だと、相手から限界値引額と感謝を同時に引き出せる。
人助けにさえなるので、互いにハッピーである。

「和田さんだと引きたくなっちゃうんです」。
私はこちらが気が引ける金額で本命車種を手に入れてきた。
口にするのもはばかられる。
値引額を得意気に言いふらすのは未熟な素人だろう。

               ◇◆◇

エスクァイアに関するブログは以下のとおり。

⇒2016年1月13日「エスクァイアかアルファードか」はこちら。

⇒2016年1月14日「エスクァイアとノアの違い」はこちら。

⇒2016年1月15日「エスクァイアの値引きを大きくするコツ」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

エスクァイアの値引きを大きくするコツ

トヨタのミドルクラス1BOX(ミニバン)のノアとヴォクシー。
その3番目の兄弟としてラインアップに加わったのが、エスクァイア(ESQUIRE)である。
プラットフォームは当然として、基本的なメカニズムを共有する。
ただし、内外装ともに上級を演出しており、ノアとヴォクシーより価格が高くなる。

このエスクァイアが売れている。
販売は絶好調と言ってよく、値引きはそれほど大きくない。
インターネットの情報でも平均値引額は20万円前後、限界値引額は30万円前後である。

だれだって費用の負担を小さくしたいと願う。
そこで、指南されるのが値引き交渉のコツである。
エスクァイアを扱うトヨタ店とトヨペット店の両方で商談する。
カローラ店のノアやネッツ店のヴォクシーと競合させる。
さらに、日産のセレナやホンダのステップワゴンと競合させる。
要は、身内や他社の複数のディーラーを巻き込んで見積もりを取り、値引額を競わせるという発想だ。

しかし、これは暇人のやり方である。
「時は金なり(Time is money)」なのに、値引き交渉にかかった時間などのコストをまったく考慮に入れていない。
しかも、数人のセールスを振り回した挙句、最後に決めるセールスを追い詰めていく。
相手を困らせるのが大好きという人にしか向かない。

限界値引きを引き出すうえで一番大切になるのは、セールスの立場になって考えることだ。
一つのディーラーに絞って商談を行い、購入の意思を示すのが先決!

実は、ディーラーやセールスが本気になるのは、自店や自分から買う確信が得られ、なおかつ売らなければならない事情を抱えるときである。
例えば、目標販売台数にもうちょっとで届くというケースでは、車両本体はもちろんオプション、そして下取車のなかでやりくりして値引額をひねり出してくる。

これまで述べたとおり、値切り倒して買うのでなく粘り強く待つという姿勢を基本にするなら、目を疑う金額が出てくることがある。
なかでも大都市圏では想像を絶する金額が出てくる。
なお、月末や年度末、年末や年始に破格の条件が出やすい。
夏冬のボーナス期もわりと…。

               ◇◆◇

エスクァイアに関するブログは以下のとおり。

⇒2016年1月13日「エスクァイアかアルファードか」はこちら。

⇒2016年1月14日「エスクァイアとノアの違い」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

エスクァイアとノアの違い

トヨタのノアとヴォクシーのミドルクラス1BOX(ミニバン)に9カ月ほど遅れて加わったのがエスクァイア(ESQUIRE)である。

カローラ店で扱うノアは、ミニバンのセオリーとしてファミリー的な親しみを演出している。
ネッツ店で扱うヴォクシーは、シャープなカッコよさを演出している。
トヨタ店とトヨペット店で扱うエスクァイアは、ややいかめしい豪華さを演出している。

このトヨタ店とトヨペット店はトヨタ車のおもに中高級車種を販売している。
プラットフォームと箱(空間)はノアやヴォクシーと同じでありながら、エスクァイアが「上質」をコンセプトにする理由だろう。
したがって、後から出たほうが兄貴分になった。

エスクァイアは真正面からはかなり威張っているように見える。
T字構えの大きな縦グリルがフロントマスクに立体的な迫力を与えている。
好き嫌いが分かれるかもしれないが、私はとてもいい顔つきだと思う。
外回りにスモーク加飾やメッキ加飾などを施している。

エスクァイアのGiを眺めると、インストルメントパネルからドアトリムにかけて合成皮革を用いている。
ステアリングやシフトノブに本革と黒木目調を用いている。
パネルにピアノブラック調の仕上げを用いている。
また、シート表皮に昇温降温抑制機能付きの合成皮革を用いている。

日産のセレナ、ホンダのステップワゴンを含むミドルクラス1BOX(ミニバン)は子育て世代の使い勝手を第一にし、クオリティの追求にあまり本気でなかった。

エスクァイアはエクステリアとインテリアの細部にわたり質感の向上が図られており、ノアやヴォクシーとの違いが際立っている。

エスクァイアは廉価グレードが設定されていないこともあり、ノアやヴォクシーと比べると価格が高い。
しかし、内外装全体の印象からすれば、コストパフォーマンスは悪くない。
私は買い得にさえ感じる。

「ノアやヴォクシーでは品質が物足りない」。
「5ナンバーサイズでも高級感がほしい」。
そうした上級志向の強いユーザーにエスクァイアは打ってつけだろう。

               ◇◆◇

エスクァイアに関するブログは以下のとおり。

⇒2016年1月13日「エスクァイアかアルファードか」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

エスクァイアかアルファードか

2014年10月29日にデビューしたトヨタ・エスクァイア(ESQUIRE)は、印象的な顔つきと良質な内装で好調な販売をキープしている。
ときどき3世代などの6人乗りも可能な4人乗りのミドルクラス1BOX(ミニバン)である(定員は7〜8人)。
トヨタ店とトヨペット店で扱う。

エスクァイアはノアやヴォクシーをベースにしているが、内外装ともにワンランク上の仕立てである。
むろん、価格も高くなる。
いかにもファミリーカーという雰囲気を消しており、幅広い年齢層に選ばれている。

エスクァイアはなかでもフロントグリルで大きな特色を打ち出している。
トヨタ店で扱う最上級セダンのクラウン、トヨペット店で扱うラージクラス1BOX(ミニバン)のアルファードの顔つきといくらか重なる。
あくの強さを嫌う人がいるかもしれないが、私はデザイン的にまとまっていると思う。

エスクァイアはノアやヴォクシーと同様、床面が低く天井が高いので、室内が広い。
スライドドアの開口部も広いので、子どもや高齢者でも乗り降りが苦にならない。

エスクァイアはとくに子育て世代にとり使い勝手がいい。
セカンドシートはゆったりと座れる。
シートアレンジは豊富である。
荷室はサードシートを跳ね上げて収納すれば余裕である。

エスクァイアは5ナンバーサイズなので、女性や初心者でも取り扱いと取り回しがたやすい。
窓が大きくアイポイントも高いので、視野が開ける。

また、ハイブリッドが設定されており、燃費が抜群にいい。
利用度が高ければ家計にやさしい。

エスクァイアはアルファードやヴェルファイアが価格的に厳しいとか、4人乗りや街乗りがほとんどでそこまでの大きさはいらないというユーザーに最適である。
アルファードの高級感は備えていないが、それに近い上質感は漂わせている。
ミドルクラス1BOXとしては十分に贅沢である。
アルファード(3L)を乗り継いできた私がエスクァイアに買い換えたとしても、それほど落胆を感じないはずだ。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ペヤングソースやきそば・・・熱烈ファン

長期の銀座滞在から戻り、妻が私のために買ってくれた「ペヤングソースやきそば」をいただきました。
「まるか食品」の製品(商品)です。
「和田創ブログ」でインスタントラーメンについて幾度か取りあげましたが、袋麺派の私がほぼ唯一食べるカップ麺です。

よくぞ帰ってきてくれました。
この日をどんなに待ちわびたでしょう。

私は「ペヤングソースやきそば」の販売が再開されたと聞き、銀座のコンビニ数店で探しましたが、1つも見つかりませんでした。
手書きの貼り紙があるのに、現物が陳列されていない店もありました。

妻が港北ニュータウンで探してくれたたった1つの商品です。
感無量の私は59(←号泣)しながら、パッケージの隅に残っていたキャベツの破片まで食しました。

まるか食品は万全の安全対策を取るためとはいえ、半年は休みすぎです。
1〜3カ月で十分と思われます。
熱烈なファンが増えたのでないでしょうか。

私は疲労と腰痛で苦しんでいますが、あすから5日間は福岡滞在です。
自宅を忘れてしまいそうです・・・。

インスタントラーメンに関するブログは以下のとおり。

                ◇◆◇

⇒2007年5月15日「イトメン・チャンポンめん」 はこちら。

⇒2010年6月25日「ヤカン体操編…日清焼そばU.F.O.CM」はこちら。

⇒2012年11月21日「マルちゃん正麺ブームは続くのか…袋麺市場異変」 はこちら。

⇒2012年12月5日「名作袋麺…私的人気ランキング」はこちら。

⇒2013年7月17日「袋麺ナンバーワンはイトメン・チャンポンめん」はこちら。

⇒2013年7月18日「チャンポンめん地域別調理法…イトメン」はこちら。

⇒2013年7月19日「チャンポンめん…とびっこグッズ・着ぐるみ」はこちら。

⇒2013年7月20日「チャンポンめんは母の面影と重なる…イトメン」はこちら。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ハリアーハイブリッド4WD…3代目

先日のブログ「新型ハリアー(3代目)の満足度」に続いて・・・。

⇒2014年10月9日「新型ハリアー(3代目)の満足度」はこちら。

新型ハリアー(3代目)にはガソリン車とハイブリッド車がある。
ガソリン車はFFか4WDを選べるのに対し、ハイブリッド車は4WDしかない。

ハイブリッドシステムは2.5L直4エンジンとHVシステムの組み合わせ。
最高燃費はガソリン車が15km/L前後に対し、ハイブリッド車は21.5km/L前後である。
ハイブリッド車はスタート時や加速時、前輪がスリップしたときに4WDとなるが、普段はFFとなるので燃費がいい。
ただし、ガソリン車とハイブリッド車の実燃費の差はそれほど開かない。

最高出力はガソリン車が 151psに対し、ハイブリッド車は 197psである。
ハイブリッド車は重いハリアー(4WD)を問題にしない。
高級車みたいな静粛性を備える。
足回りを柔らかめに設定し、乗り心地をよくしている。
ゆえに、カーブでややロールを感じる。

外装は、ガソリン車とハイブリッド車にほとんど違いがない。
ハイブリッド車が社会に浸透し、ことさら強調する必要もないのだろう。
エンブレムが装着されるくらいである。

内装は、ガソリン車とハイブリッド車にたいして違いがない。
タコメーターがハイブリッドメーターに変わるくらいである。

内外装ともに、ハリアーらしい高級感の演出は共通。

⇒2014年10月9日「新型ハリアー(3代目)の満足度」はこちら。

ところが、価格差は同じグレードで比べると、ガソリン車とハイブリッド車で70万円ほどある。
さらに、FFと比べると、20万円ほど広がる。
走行距離が多くても、燃費で元を取り戻せそうにない。
ガソリン車は下取りも悪くない。

街乗りが中心なら、ガソリン車の魅力(経済性)が圧倒的に勝る。
なお、購入に当たっては正確な情報を確かめてほしい。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新型ハリアー(3代目)の満足度

私は2度にわたり、横浜トヨペットで新型ハリアーに触れた。
売れる車種、とくに専売車種が少なくなり、弱り果てていた馴染みのセールスマンが胸をなでおろしていた。
小さなクラウン(セルシオ)と称されたプログレの消滅もひどく応えたとのこと。
プログレはフルモデルチェンジ(FMC)を受けることはなかったが、私は2度、最上級グレードを購入した。

さて、2003年に2代目ハリアーはデビューした。
が、日本でもレクサスRXに移行することになり、ハリアーは消滅する運命だった。
ところが、後継の期待を背負うヴァンガードはさっぱり人気を得られなかった。
トヨタは、ラインナップを絞っても売れるハリアーをずっと引っ張った。

レクサスRXをハリアーに戻すこともできない。
そこで、ヴァンガードのプラットフォームを用い、国内専用モデルとして3代目ハリアーをつくった。
したがって、ヴァンガードを3代目ハリアーにフルモデルチェンジしたことになり、話がややこしい。
ハリアーの観点から述べれば、車格が下がった。

「高級クロスオーバーSUV」の先駆けとなったハリアーはもともと北米市場を意識しており、初代、2代目と日本の道路事情では大きめのクルマだった。
3代目は開発の経緯からおのずとボディサイズが小さくなった。
後席の膝元が楽になるなど、パッケージングの努力で居住性はむしろよくなった。

デザインはラグジュアリーさを追求した。
外装(エクステリア)は2代目ハリアーのイメージを残しているが、どっしり感が増した。
内装(インテリア)はブラックやメタルを基調にしており、クオリティを備えている。
車内は流れるようなデザインで、包み込まれ感が増した。
内外ともにハリアー特有の先進性もそれなりに感じられる。

新型ハリアーはエンジンの排気量が2.4Lから2.0Lになった。
おもに街乗りに使うユーザーはたいていFFを選んでいる。
燃費が大幅に向上した。
4WDは重いので、高速道路で加速しようとすると力不足。
が、パワーモードにすれば問題はない(燃費は悪くなる)。

新型ハリアーは静粛性や乗り心地が高まり、安全面と環境面も充実した。
ハンドルが軽く、取り回しが楽だ。
カーブでのロールもわりと抑えられている。
ただし、路面の凸凹はそれなりに拾う。

ハリアーは買い替えを含め、指名買いが多い。
開発のテーマは、デートカーにもなりうるカッコよさを買いやすい価格で強く押し出すことだった。
それに惹かれた20代〜30代が支持している。

私は、3代目ハリアーはかなり頑張ったと思う。
トヨタは高級感とお得さを見事に両立させた。
コストパフォーマンスの高さはSUVでぶっちぎりである。
売れ行きが好調で当然といえる。
富裕層は別として、わざわざレクサスに手を延ばすこともない。
新型ハリアーは、ユーザーの満足度が飛び切り大きいのでなかろうか。
下取り価格も抜群のはずだ。

⇒2014年9月4日「新型ノア&ヴォクシーは出来がいい」はこちら。

⇒2014年8月31日「アルファード、フルモデルチェンジへ」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新型ノア&ヴォクシーは出来がいい

トヨタの新型ノア(NOAH)と新型ヴォクシー(VOXY)を見た。
年明けにフルモデルチェンジ(FMC)を受けた。
ネッツトヨタだったので、新型ヴォクシーである。

私はトヨタのミドルクラスミニバンがずっと気になっていた。
我が家は最多で8人だった家族が3人になり、ラージクラスミニバンを必要としない。
街乗り中心の利用であり、アルファード3.5Lはお化けのようにガソリンを食う。
いつかノア(ヴォクシーに非ず)に買い替える日が来るかもしれない。

結論を述べれば、新型ノアと新型ヴォクシーは予想どおり出来がいい。
このクラスのユーザーニーズに見事に応えている。
5〜6人家族が街乗りを中心にしながら年に数回レジャーやツアーに用いる。
長距離帰省にも…。
子どもがはしゃぎ、年寄りがくつろぎ、3世代の交流が深まる。
圧倒的な販売台数に、新型ノアと新型ヴォクシーに対する評価の高さがうかがえる。
メインターゲットがゆとりのない子育て世代(30代〜40代前半の夫婦)なので、価格を抑えている。
値頃感、割安感がある。

新型ノアと新型ヴォクシーは室内空間がずいぶん広くなった印象を受ける。
全長を10cm伸ばした。
低床化も寄与している。
閉じ込められるというストレスを感じない。
加えて、窓が大きく、視界が開ける。
乗員の心理的な余裕が格段に増した。
3列目シートも3人が何とか座れる。

内装(インテリア)はそつがない。
外観(エクステリア)はちゃんと主張しながら、よくこなれている。
明快で、受けがよさそうだ。

荷室(トランクルーム)は広い。
積載容量が大きく、使い勝手がいい。
週末のまとめ買いにも、ちょっとした旅行にも頼もしい。
ほかに、シートアレンジの自由度が高い。

おそらく女性(奥様)でも運転はもちろん取り回しが苦にならない。
座面が高く、見晴らしが利く。
しかもハンドルが軽いとのことだ。
1BOXは車幅も捉えやすい。

電動スライドドアはつけたいところ。
子どもや年寄りに手動ドアは重い。

新型ノアと新型ヴォクシーは最大公約数のニーズを満たすことを優先している。
それは売れ筋のクルマに共通するが、新型ノアと新型ヴォクシーは徹底している。
デザインを含め、完成度がきわめて高い。
大切な家族を載せてやさしく走るクルマなので、走りの質や乗り味に関わる微妙なところは問題にならないはずだ。
相当な低重心化が図られているので、走行安定性が増しているはずだ。
また、乗降性がとてもよくなった。

気になる燃費は13.6km/L⇒16.0km/Lに高まった(ガソリン車)。
街乗りでも極端に悪くならない。
当然、ハイブリッドモデルが設定されている。
この基本性能はプリウスと同じ。

新型ノアと新型ヴォクシーは欠点を探すのが難しい。
売れるクルマのお手本である。

⇒2014年8月31日「アルファード、フルモデルチェンジへ」はこちら。

            ◇◆◇

ノア、ヴォクシーに関するブログは以下のとおり。

⇒2013年7月28日「トヨペット店で新型ノアが買える…FMC情報」はこちら。

⇒2013年7月24日「ノアFMC、トヨタ店・トヨペット店に兄弟車(姉妹車)」はこちら。

⇒2013年7月23日「ノア、ヴォクシーハイブリッド…FMC」はこちら。

⇒2013年2月21日「アルファード、ノアFMC、ハイブリッド⇒避難場所」はこちら。

⇒2013年2月14日「ノア&ヴォクシー、フルモデルチェンジ予想・時期」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

アルファード、フルモデルチェンジへ

トヨタのラージクラスミニバン(最上級1BOX)、アルファードとヴェルファイア(兄弟車)がフルモデルチェンジ(FMC)を迎える。
年末に発表、年初に発売。
現行モデル(2代目)は2008年のデビューだから、6年半ほどの間隔が空いた。
新型(3代目)の登場を待ち望んだ方が大勢いる。
なお、ヴェルファイアは現行モデルが初代、新型が2代目となる。

現行モデルはデビュー後しばらくしてリーマン・ショックの強い向かい風が吹いた。
いまはアベノミクスと東京五輪開催の強い追い風が吹く。
好況を背景に、新型アルファードと新型ヴェルファイアはよく売れる。
とくにデビュー時は爆発的に売れると、私は思う。
買い替えの潜在需要が大きく、帰納ユーザーの首が長くなっているのだ。
予約時や購入時に涎(よだれ)を垂らすファンも出てくるに違いない(?)。

新型アルファードと新型ヴェルファイアはボディサイズを拡大して居住性を一段と向上させる。
大地震の発生など、災害時の一時避難の場所になると考える人もいるだろう。
新型ノアと新型ヴォクシーと同様、低床化が図られ、フラットになる。
シートアレンジも改良される。
スライドドアは、開口部がかなり大きくなり、ステップがさらに低くなり、高齢者の乗り降りの際の負担が減る。
小さな子どもも楽になる。

注目のデザインは、新型アルファードも新型ヴェルファイアもキープコンセプトである。
2代目はモデル末期でも販売好調を維持しているので、冒険はしない。
また、ファンはそれを望んでいない。
すでに「いつかはアルファード」の時代になっている。

フロントマスクは、ステイタスを大切にしながら、押し出しの強さに磨きをかける。
個性と迫力が増すはずだ。

燃費は、ハイブリッドモデルについては現行リッター17kmが新型20kmに引き上げられる。
エンジン(パワートレイン)は、「直4 2.5L」「V6 3.5L」「2.5L+ハイブリッド」の3タイプになる。
市街走行で恐ろしく燃費の悪かった3.5Lは「アイドリングストップ」が採用される。
2.5Lは現行2.4Lから変更される。
なお、ハイブリッドモデルは1年遅れの投入になる。

価格は、それぞれ300〜400万円、380〜450万円、400〜500万円くらいで、おおよそ据え置かれる。
売れ筋の価格帯を中心に、消費税の増税分を安くするという情報もある(真偽は不明)。

次期モデル(3代目)の投入で、ラージクラスミニバン市場はトヨタの「一人勝ち」「ぶっちぎり」が決定的になる。
日産のエルグランドはライバルでさえなく、消える運命かもしれない。

このブログに記した情報は予想にすぎない。
変更がありうるので、ご注意いただきたい。

⇒(追加情報)2014年9月4日「新型ノア&ヴォクシーは出来がいい」はこちら。

                ◇◆◇

アルファード、ヴェルファイアに関するブログは以下のとおり。

⇒2013年7月26日「アルファード&ヴェルファイア、フルモデルチェンジへ」はこちら。

⇒2013年2月21日「アルファード、ノアFMC、ハイブリッド⇒避難場所」はこちら。

⇒2013年2月16日「ヴェルファイア、フルモデルチェンジ予想・時期」はこちら。

⇒2013年2月14日「ノア&ヴォクシー、フルモデルチェンジ予想・時期」はこちら。

⇒2013年1月13日「アルファード、2014年に3代目にFMCか」はこちら。

⇒2011年2月27日「アルファードとエルグランドの比較…人気と値引き額」はこちら。

⇒2011年2月10日「ヴェルファイアとエルグランドの比較…人気と値引き額」はこちら。

⇒2010年9月17日「新型エルグランドとアルファード、どちら?」はこちら。

⇒2010年9月6日「人気はヴェルファイア、アルファード、エルグランド」はこちら。

⇒2010年9月5日「エルグランドとアルファードの選択と値引き額」はこちら。

⇒2010年9月4日「3代目エルグランドと2代目アルファードの比較感想」はこちら。

⇒2009年9月13日「エルグランドとアルファードの至福」はこちら。

⇒2009年9月12日「アルファードハイブリッド仕様」はこちら。

⇒2008年5月18日「新型アルファード、実車さらによし」はこちら。

⇒2008年5月12日「新型アルファード発表、実車展示へ」はこちら。

⇒2008年5月11日「新型アルファード、予約は上々」はこちら。

⇒2008年5月11日「アルファードがフルモデルチェンジ」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

佐野実の優しさと温かさ…「ラーメンの鬼」

嵐のような十日間を終えて昨夜、自宅に戻りました。
帰路、家族の顔を思い浮かべながら、5つのおみやげを買い求めました。
営業ツールの作成を手掛けるようになり、また新人や若手向けの教育指導を行うようになり、以前はわりとのんびりできた年度末から年度初めが忙しくなりました。
私は、腰と背中の痛みが増し、きょうは起きあがるのもやっとでした。
睡眠は12時間以上…。

思い切りご無沙汰していた方々に電話を差しあげましたが、のどががらがらでしたので、皆さまに「お風邪ですか?」と言われました。
空気の異常な乾燥もかなり堪えました。
あすから気合いを入れ直し、頑張ります。

ところで、先日、「支那そばや」の創業者、「ラーメンの鬼」と称された佐野実氏が亡くなりました。
詰めえりの厨房服、オールバックのヘアスタイル、そして腕組みした姿で納棺されたとのことです。
ご冥福をお祈りします。

私は、これまでに食べたラーメンのなかでもっとも激しい衝撃を覚えました。
店主が客にインパクトを与えようとしてつくったラーメンは星の数ほどありますが、同氏のそれは口に含んだ瞬間に「哲学の味」がしました。
「うまい」とか「まずい」とか、そういう次元を突き抜けていました。

私は、佐野実氏の鋭い眼光の奥に、何ともいえない優しさと温かさを感じました。
おそらく感情表現が不器用で、相当なシャイです。

同氏は私と同じ昭和26年(1951年)の生まれです。
同世代の訃報に接することが多くなりました。

                  ◇◆◇

佐野実に関するブログは、以下のとおり。

⇒2011年1月3日「コロッケのものまね、佐野実のラーメン」はこちら。

⇒2008年12月31日「佐野実『支那そばや』の一途」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

サッポロ一番塩らーめん味焼そばを食べる

このブログで幾度か取り上げているが、私はイトメンの「チャンポンめん」を別にし、名の通った定番のインスタントラーメンの袋麺のなかで、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん」が一番好きだ。
とくに若い頃はどれだけ頻繁に食べたか・・・。

無題それを知っている妻が、驚きのカップ焼きそばを買ってきてくれた。
OK!
パッケージの左上に、「みなさまと歩んで60年 60th サンヨー食品株式会社」とマーク化されている。
左下に、「サッポロ一番塩らーめんが焼そばになりました」とコピーが添えられている。

この商品は、カップ麺の「サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば」だった。
そうなると、必然的に「切り胡麻つき」

実は、私はときどき、袋麺の「サッポロ一番 塩らーめん」を焼きそばにアレンジして食べていた。
通常の袋麺の焼きそばをつくる要領と同じ。
ただし、添付されたスープの半分弱を振りかけて仕上げる。
野菜を加えるのは、「サッポロ一番 塩らーめん」をラーメンとして食べる場合と同じ。
どちらも面倒なので野菜を煮るが、ときに炒めることもある。
この塩焼きそばが結構いけるのだ。

私は「サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば」をすぐに食べるのが惜しく、書斎の机にしばらく飾っておくことにした。

いまサンヨー食品のホームページを覗くと、商品説明が書かれていた。

「サッポロ一番 塩らーめん」と同じ小麦を使用した、滑らかで喉越しのよい食感の麺に、チキン、ポークのうまみと香辛料をバランスよく配合した、風味豊かな塩だれソースで、あの味をカップ焼そばにしました。
キャベツのシャキシャキとした食感と、スクランブルエッグのふわふわとした食感が相性抜群です。
葱のさわやかな風味と、定番の切り胡麻の香ばしい風味が、より一層食欲をそそります。

以上。
期間限定商品とは謳われていない。
これが最後というわけでないようなので、私は我慢できずに食べてしまった。
何事においても意志が弱い。

なお、チャンポンめんは地方区、サッポロ一番は全国区である。

⇒2012年12月5日「名作袋麺…私的人気ランキング」はこちら。

⇒2013年7月17日「袋麺ナンバーワンはイトメン・チャンポンめん」はこちら。

⇒2013年7月18日「チャンポンめん地域別調理法…イトメン」はこちら。

⇒2013年7月19日「チャンポンめん…とびっこグッズ・着ぐるみ」はこちら。

⇒2013年7月20日「チャンポンめんは母の面影と重なる…イトメン」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

東京オリンピック観戦ツアー予約が入る…旅行会社

IOCロゲ会長が2020年オリンピック開催地の決選投票の結果を発表したのが日本時間で9月8日、日曜日の午前5時20分くらい。
期待と不安で一睡もできなかった私は、「TOKYO2020」のパネルに感無量・・・。

⇒2013年9月8日「TOKYO2020…オリンピック開催都市決定」はこちら。

実は、その日から、旅行会社(旅行代理店)には伝手(つて)を頼った東京オリンピック2020観戦ツアー予約が入りはじめたそうです。
夏季五輪は今後、百年に一度の日本開催も難しくなるはずですから、いま生きている人は恐らくラストチャンスになります。
が、それにしても驚くべきスタートダッシュ!
自分は東京(首都圏)だからと安心していると、テレビ観戦で終わるのかもしれません・・・。

ロゲ会長は、IOC総会で東京のプレゼンテーションが終わって猪瀬直樹東京都知事と握手した際、「コングラチュレーション」と声をかけました。
いま思えば、ロゲ会長は勝敗の行方が分かっていたか、あるいはプレゼンテーションでそれを確信したのでしょう。

日本の旅行業界・観光業界・ホテル業界は長期にわたり業績のじり貧傾向が続いていました。
規模が小さい企業のなかには、経営が危機的な状態に陥ったところも珍しくありません。

⇒2010年10月4日「JTB・近ツリ・日本旅行はリストラ、賃下げ、年金減額を加速」はこちら。

⇒2009年11月26日「苦境JTB、国内店舗網大リストラ」はこちら。

⇒2009年11月18日「販売手数料廃止、旅行代理店消滅へ」はこちら。

しかし、東京スカイツリーの2012年開業といい、東京オリンピックの2020年開催といい、東京と首都圏のツアー予約や宿泊予約が爆発的に盛り上がります。
後者は世界中から関係者と観光客(観戦客)が集まります。
今回のビッグニュースに、とくに旅行会社(旅行代理店)は胸をなでおろしていることでしょう。

⇒2012年2月29日「東京スカイツリー展望台入場は完全予約制…大混雑緩和策」はこちら。

⇒2012年4月9日「東京スカイツリーを見るベストスポット」はこちら。

⇒2012年6月24日「東京スカイツリー634m、中国超高層ビル838m」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

特急スペーシア個室…走る応接室を独占

先週に続いて今週も仕事が猛烈に押しています。
きょうのブログはごめんなさい。
2009年3月27日「特急スペーシア個室利用体験」をそのまま収めます。

なお、このブログにおいて、私がデジタルカメラで撮影した特急スペーシアの写真について「後ろ姿」と書きました。
しかし、新宿駅と鬼怒川温泉駅の折り返し運転だったことを思い出しました。
となると、前も後ろもないはず。
ヘッドマーク(?)がついていなかったので、後ろ姿と信じ込んでしまいました。

さらに、冷静になると、私がいつも利用している新幹線だって、「のぞみ」という看板をつけているわけでありません。
列車が流線形に変わりスピードを増すなか、それは消える運命でした。

私は年寄りなので、特急や急行というと真っ先にヘッドマークを思い浮かべます。
かなり恥ずかしい間違い。
穴があったら入ります・・・。

このときの乗車では、4人用個室を独り占めしました。
申し訳ないくらい快適でした。

               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スペーシア私は火曜日、講演を行うため、「特急スペーシア(SPACIA)きぬがわ3号」に乗り込んだ。
新宿駅を午前10時35分に出発し、鬼怒川温泉駅に12時38分に到着する。
所要時間は2時間、運賃は往復で3780円。
途中、栗橋駅でJR線から東武線に入る。

私は主催者のご厚意により「個室」をあてがわれた。といっても4人用しかない。
窓やシートなど、すべてがゆったりとした造りであり、さながら「走る応接室」といった趣。
個室収納式ながら、幅広のしっかりとした肘掛も付く。
快適な空間なので、会議や商談も行えよう。
私は部屋を独り占め。
特急券は1500円、グリーン券は6000円。
後者が個室券に相当するのか。

写真は、始発・新宿駅の5番線で撮影した。
気が利かず、後ろ姿。
スペーシア何の電車だか、さっぱり分からない。
特急スペーシアの個室は、4人の家族や仲間のちょっと贅沢な記念旅行に最適である。

水曜日、「特急きぬがわ4号」で戻った。
鬼怒川温泉駅を午前10時36分に出発し、新宿駅に12時48分に到着した。
個室出入り口特急券は2010円。
行きの個室と料金体系が違うのだろうか。

特急スペーシアは1日2往復であり、始発・鬼怒川駅は朝早めか午後遅め。
私はのんびりしたかったので、主催者にお願いし、帰りは通常の特急にしてもらった。
個室シートとシートの間にゆとりがあり、しかも背もたれのリクライニングのほか座面のスライドも行える。
体がラク。

鬼怒川温泉は北関東を代表する観光地の一つだが、私は初めて降り立った。
個室 室内灯駅前の広場は大きい。
その一角の小屋にお年寄りが集まって腰を下ろしていたが、立派な足湯があるのでは?

講演会場の鬼怒川パークホテルズは、駅から徒歩3分。
お断りしたが、主催者がクルマで出迎えてくださる。
鬼怒川温泉駅私の名前の入ったパネルを胸に抱えた方が待合室に立っていて、気恥ずかしい。

私は大勢の参加者を前にし、高いステージ上から「営業変革講演」を行った。
当日は、主催者にとり取引先との懇親会のはず。
私のような、容赦ない講師が呼ばれるのは珍しい。
現下の大不況を反映した人選だったのか。
物静かに話すと決めていたが、次第に熱を帯びてきた。
終わる頃には怒鳴っていた。
売上低下に歯止めをかけるヒントが得られれば幸い。

演題は以下のとおり。
◆この不況を乗り切る「営業」のあり方
〜その根幹思想と重点ポイント、具体イメージ

きのうお礼の電話を差しあげたところ、主催者が「時間が短すぎました。もったいないことをしました」とおっしゃった。
褒め言葉と受け取ってよい?
実際、1時間半は一瞬で終わった。

私の講演のスタンスは、小学生高学年が理解できること。
参加者を見下しているわけでない。
私の頭が小学生高学年レベルなので、難しい話を行えない。
経営トップや営業幹部の方々の心と頭にどれくらい届いただろう。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

北斗星ロイヤル予約は難しいのか?

先日のブログで、出雲市駅始発の寝台特急「サンライズ出雲」を取りあげました。
といっても、おもに和田創ブログの過去記事です。

⇒2013年9月7日「サンライズ出雲A寝台シングルデラックスの快適」はこちら。

ご存じのとおり、新幹線と空路の拡充、深夜・長距離の高速路線バスの浸透につれ、寝台列車はおおよそ消滅しました。
しかし、例えば、出張は企業の経営環境の悪化につれ、日帰りに切り替わっています。
時間も費用も節約できるためで、世知辛くなるばかり。

私のように仕事での長距離移動の機会が多く、かつ飛行機が苦手なビジネスマンにとり、寝台列車は非常に助かります。
が、現実には、すべての寝台列車が近い将来に運航が打ち切られる運命です(不確か)。
主要路線はもちろん、新幹線の並行路線についても寝台列車を残すか、復活させてほしいと思います。

⇒2012年11月18日「博多駅⇔東京駅に寝台特急を走らせてほしい」はこちら。

さて、寝台列車といえば、私は真っ先に東京駅と札幌駅を結ぶ寝台特急「北斗星」が思い浮かびます。
そして、北斗星といえば、A寝台1人用個室「ロイヤル」が思い浮かびます。
かつては予約が絶望的なほど困難でした。
私は往路も復路もチケット予約(購入)に成功しました。

いまは当時より容易になっているようですが、それでもチケットをすんなり手に入れられない状況は続いています。
寝台特急北斗星が消えないうちにロイヤルに乗っておきましょう。

先週に続いて今週も仕事が猛烈に押しています。
きょうのブログはごめんなさい。
2008年6月1日「北斗星ロイヤルチケット予約のコツ」をそのまま収めます。
なお、あくまで当時のコツにすぎません。
北斗星、とくにロイヤルはチケット予約(購入)に関する状況や方法などが変わっている可能性があります。
インターネットの検索で多くの情報がヒットすると思いますので、最新の内容に当たってください。

               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私は寝台特急北斗星ロイヤルの予約に往復とも成功した。
その方法とは…。

ウェルカムドリンク昨夜、フジテレビで織田裕二主演の「県庁の星」をやっていた。
懐かしい記憶が甦ってきた。
私は今年1月、北斗星ロイヤルで上野駅から苫小牧駅へ向かった。
台風並みに発達した低気圧の影響で4時間半ほど遅れたあげく、手前の函館駅で運転打ち切りになった。
長旅がさらに長旅に…。
その苦痛を和らげてくれたのが、ロイヤルにしかないビデオ放映サービス。
繰り返される2番組のうち、1本は訳が分からなかった。
もう1本は「県庁の星」。
面白かったとはいえ、3回も見るハメに…。
でも、この映画のお陰で退屈を紛らわすことができた。
また、柴咲コウを知った。

函館駅ところで、寝台特急北斗星A寝台1人用個室「ロイヤル」の予約は困難を極めた。
往路も復路も事前申し込みで取れず、第2希望や第3希望を押さえたうえでキャンセルを尋ねた。
ずいぶん電話をかけたが、とくに復路は30回ほど。
オペレータが私の声を覚えてしまった。
お騒がせしました。

ロイヤル予約に関する私なりの結論―。
旅行代理店はもちろん、「緑の窓口」もムリ。
発売時刻の前に足を運ぶことに意味がない。
頼りになるのは、事前申し込みを受け付ける一部の旅行代理店(あらかじめ電話で問い合わせてから出向くこと)。
しかし、これとてもロイヤルは取れない。それ以外の第2希望や第3希望なら可能性はある。
ただし、それでさえ事前申し込みの順番が決め手となる。
1人用・2人用個室チケットの大半が発売時刻に売り切れるからだ。
一瞬でなく、同時!
朝食私のように飛行機が絶対にいやという人は、何でもよいからチケットを確保することが先決である。
A寝台2人用個室「ツインデラックス」
B寝台2人用個室「デュエット」
B寝台1人用個室「ソロ」
2人用個室はシングルユースが可能である。
運賃を除く、寝台料金と特急料金を2人分払えばよい。
参考までに、A寝台1人用個室「ロイヤル」は補助ベッドを使い、ツインユースが可能である。
追加料金はこちら

では、ロイヤルを諦められない人はどうするか?
わざわざJR東日本「ビューカード」に入会する。
スイカと一体なので、普段使える。
チケットの変更は、受け取る前なら1回まで手数料がかからない。
ここの会員専用電話「ビューカードとれTEL」で事前申し込みを行い(やはり順番が決め手)、第2希望や第3希望を押さえたうえで粘り強くキャンセル狙いの電話をかける。
函館駅前私は、このやり方でロイヤル完全制覇!
なお、JR北海道に同じような会員カードや会員サービスがあるはずで、札幌駅など北海道発の北斗星ロイヤルはそちらがよかろう。
つまり、下りはJR東日本、上りはJR北海道に申し込むほうが、わずかでも確率が高いか。

こうしたところの利用を前提とし、なおかつ事前申し込みの順番が1番になるくらいでないと絶望的である。
チケット発売時刻(乗車日の1カ月前の午前10時)でなく、事前申し込み受け付け開始時刻(さらにその1週間前の午前5時30分)の勝負だ。
そこでベストを尽くす。ベストとは「最速」のこと。
それでもなかなか取れないので連日キャンセルを追いかける。
いずれも足を運ばない。
ついては、とくに注意したいタイミング。
発売日の正午から3日ほどはチケットの変動がある。
キャンセル料が跳ね上がるのが乗車日の前日ゆえ、前々日はキャンセルが出やすい。
乗車日の前日の正午から当日の夕方までは乗車の取り止めがある。

ロイヤルにこだわるなら、第2希望や第3希望の予約が取れても、チケットは慌てて受け取らない(すでに述べたように、1回の変更は無料)。
上野駅でチケットを受け取るつもりで、直前までケータイで確認しつづける。
この場合、上野駅までの乗車券を買い求め、いったん改札の外に出なければならない。
それでも予約は難しい。

ロイヤルは1編成に4室。
私が予約を取った半年前は1日2往復、4編成だった。
しかし、現在は1日1往復、2編成である。
上り、下り、各4室の争奪戦!
執念がすべてだ。

私の北斗星ロイヤル予約に関するブログ―。
昨年11月30日「北斗星予約は総力戦!」
12月24日「北斗星ロイヤル、ゲット!」
今年1月6日「寝台特急北斗星3号ロイヤル予約」
1月21日「寝台特急北斗星ロイヤル完全制覇!」

私の北斗星ロイヤル乗車に関するブログ―。
今年1月23日「北斗星ロイヤルで苫小牧へ向かう」
1月24日「北斗星3号での長旅にいやな予感」
1月25日「北斗星3号ロイヤル初体験!」
1月25日「北斗星3号、ご難続き!」
1月26日「北斗星3号、運転打ち切り!」
1月27日「北斗星2号で無事生還!」
1月28日「北斗星2号と3号の違い」
2月2日「カシオペアで北海道旅行」

あなたの成功を祈る。
デジタルカメラを忘れないように…。
若いカップルはあえてA寝台1人用個室ロイヤルを利用するのがよい。
苦労して手に入れたチケットは改札に渡さないこと。
記念にしたいと言えば、持ち帰れる。
私はそうした。

                      ◇

誤解があると失望してしまうので…。
「北斗星ロイヤルは凄い」ということはない。
パーテーションで仕切った部屋は狭いし、設備は安っぽい。
洗面台・トイレ・シャワーもキャンピングカーに及ばない。
それ以前にすべてが老朽化している。
ましてホテルと比べられない。
北斗星の売りであるグランシャリオでの食事とロイヤルのみのルームサービスについても…。

ずばり、予約が取れないから凄いのだ。
ここを分かってほしい。
私は北斗星ロイヤルのチケットを手にし、胸の高鳴りを覚えた。
1人の出張にすぎないが、長時間の乗車は忘れがたい思い出となった。
とても満足している。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

サンライズ出雲A寝台シングルデラックスの快適

私は鉄道が大好きです。
鈍行(各駅停車)、急行、特急、新幹線。
実際に乗るのは新幹線、それも東海道新幹線と山陽新幹線の「のぞみ」がほとんどです。
私の教育指導の仕事が東京を中心に、それ以西の太平洋側の大都市に集中しているからです。

⇒2010年10月13日「のぞみグリーン車の惨状…目を疑う光景」はこちら。

私はタクシーも好きです。
移動が楽なだけでありません。
運転手との会話、たいていたわいない世間話ですが、飽きません。
彼らは職業柄、話材が豊富です。
退屈なホステスの比でありません。
どうかすると移動中、しゃべりづめになります。

私は数年前に視力が極端に落ちて運転をやめましたが、マイカーも好きです。
まとまった休みを取れないので、箱根や熱海などの近場によく(実感はしばしば、実態はときどき)出かけました。

かたや、私は飛行機はもちろん、バスもここ十年ほどまったく乗っていないはずです。
飛行機は怖く、バスは苦手・・・。

長距離移動がもっぱら鉄道になる私は、なかでも「寝台列車」が大好きです。
長時間が苦にならないのでなく、むしろ楽しく感じます。

昨秋、初の山陰出張(講演)の帰路、始発の出雲市駅から寝台特急「サンライズ出雲」に乗車しました。
せっかくの機会なので、出雲大社と竹内まりやの実家「竹野屋(出雲大社正門前)」まで足を延ばす予定でした。
ところが、仕事の都合で1泊分を取り消さざるをえなかったのです。
それはとても心残りでしたが、この寝台特急のおかげで“旅気分”を補うことができました。
サンライズ出雲のA寝台シングルデラックスは快適でもありましたし、熟睡もできました。

⇒2013年9月5日「竹内まりや実家…出雲大社正門前・竹野屋」はこちら。

なお、サンライズ出雲に揺られながら、妻と一緒ならもっと楽しいと思いました(←ホント)。
この場合には、B寝台サンライズツインになります。
B寝台シングルツインという二人でも利用できるシングルも設けられています。
こちらは密着するっきゃないでしょう(←妻と…)。

今週は仕事が猛烈に押しています。
きょうのブログはごめんなさい。
2012年10月11日「サンライズ出雲A寝台1人用個室とかに寿し」をそのまま収めます。

               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きのうのブログ「彩雲堂の焼き菓子「だんだん」…島根・松江土産」に続いて・・・。

⇒2012年10月10日「彩雲堂の焼き菓子「だんだん」…島根・松江土産」はこちら。

14ベッド01私は大田市駅前の「あすてらす」で木曜日に行われるセミナーに備え、出雲市駅前の「ツインリーブスホテル出雲」に宿泊した。
当初は2泊し、金曜日に「出雲大社」に出かける予定だった。
正門前の「竹内まりや」の実家(老舗旅館「竹野屋」)も見てこようと・・・。

⇒2011年5月26日「竹内まりやを聞く…やわらかな陽射しに包まれる幸せな気分」はこちら。

15洗面ところが、クライアントへの納品仕事に追われ、なおかつ金曜日にコンサルティングの仕事が入った。
急きょ、1泊に変更・・・。

私は大田でのセミナーの終了後に出雲市駅に戻り、始発の「サンライズ出雲」で帰京することになった。
寝台特急がどんどん姿を消しており、結果的に今回の山陰出張で唯一の楽しみに変わった。

16机よし、出雲市駅の名物駅弁「かに寿し」を買い求め、「サンライズ出雲」のA寝台1人用個室(シングルデラックス)でいただこう。
ところが、売り切れとのこと。
売店に「ご予約ください」と書かれていたのは、そのためだった。
朝に見た際、「夕方に取りにきます」と伝えればよかったのだ。
次に訪れる機会があれば、かならずそうする。
非常に心残り・・・。

20通路ドア「サンライズ出雲」での12時間を超える長旅はとても快適だった。
私がかつて乗車した「北斗星」よりも車両がだいぶ新しく、JRが室内(内装)をミサワホームとコラボレーションしたせいだろう。

⇒2008年6月1日「北斗星ロイヤルチケット予約のコツ」はこちら。

「シングルデラックス」ということも関係するのかもしれないが、私は息苦しさをまったく感じなかった。
2階の部屋だったので、大きな窓の上部はムーンルーフの印象。
デスクとイスがよく、パソコンなどでの仕事も存分に行える。
案外、車両の揺れが創造性の発揮にプラスになるようだ。
私は、アイデアの浮かびやすい場所の一つとして、かつては「馬上」が挙げられたことを思い出した。

17シャワーセットこのシングルデラックスには「シャワーカード」が付き、しかも使い切れないほど充実した「アメニティキット」が付く。
私は発車前、検札の車掌から受け取った。
小さな巾着袋(きんちゃくぶくろ)は驚きのアイテム数である。
中身は、タオル、石鹸(ケース入り)、シャンプー、コンディショナー、シャワーキャップ、男性用ヘアトニック・ヘアリキッド・スキンウオーター(化粧水)、洗顔フォーム、歯ブラシ・練り歯磨き、ヒゲソリ、シェービングフォーム、ヘアブラシ、女性用ヘアバンド・コットン・綿棒、ポケットティッシュ、シューシャイン、サニタリーバッグ。
23アメニティグッズなお、中身はそのときどきで変わるのでないか(不確か)。
そして、貸し切りのシャワールームが同じ車両に設けられている。
値段は張るが、一度はシングルデラックスを体験したい。

私の場合、交通費と宿泊費はクライアントや主催者が負担してくれる。
寝台特急を利用すると、後泊の宿泊費がそっくり浮く。
交通費も特急と新幹線のグリーン料金を含めた総額よりもシングルデラックスのほうが安い。

私が山陰(おもに島根)に出かけるには、乗り継ぎの負担がなく移動時間の無駄がない「サンライズ出雲」がベストだろう。
鈍感なので、睡眠も普通に取れる。
多忙な身にうれしい。
おまけに旅行気分も味わえる。
私は山陰が大好きになった。

余談・・・。
私は先月も今月も山陰を特急で移動したが、「米子(よなご)」「安来(やすぎ)」「出雲(いずも)」「大田(おおだ)」など、濁る地名が多い。
読みも難しい。
また、市が少ないせいかどうか分からないが、「出雲市駅」「大田市駅」などの駅名がちょっとした驚きだった。

                      ◇◆◇

山陰出張と「ごうぎん経営者クラブ」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年10月10日「彩雲堂の焼き菓子「だんだん」…島根・松江土産」はこちら。

⇒2012年10月9日「ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感」はこちら。

⇒2012年10月8日「社長と幹部の営業活動…ごうぎん経営者クラブ講演会」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

パスファインダー評価…抜群の使い勝手!

月初めの週としては珍しく、丸1日の教育指導だけで5本入っています。
クライアントの受託業務も締め切りが近づいており、日曜日から猛烈な寝不足が続いています。
「クラブのママとホステスの好況期と不況期における対応と接客」について考察を行い、原稿をまとめようとしましたが、十分な時間を割けません。
挫折・・・。

なぜ、こんなテーマで原稿をまとめようとしたかといいますと顧客、とりわけ社長など経営層との面談で「アイスブレイク」のネタ(材料)にしたかったからです。
私は60歳近くで営業活動をやめました。
しかし、昔から「情報(提供)営業」を大切にしてきました。
いまでも面談の導入では、相手と打ち解け、距離を縮めるように努めています。
このネタは、社長にくすっと笑っていただくことが狙いです。
何とか時間をつくり、近いうちに形にします。

きょうのブログはごめんなさい。
2012年4月24日「パスファインダー評判…抜群の品質、突出した実用性と機能性」をそのまま収めます。
怒りを収めていただければ、幸いです。

私は長年、プロのコンサルタントと講師として、出張に「パスファインダー」をかならず引き連れています。
愛用というよりパートナーという表現を使いたいくらいです。
全幅の信頼を置いています。

              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私は長年、米国パラゴン社の「パスファインダー」を愛用している。
出張では「ビジネスバッグ(ブリーフケース)」を載せた「トロリー(スーツケース)」を引いている。

⇒2009年7月12日「パスファインダーに感謝!」はこちら。

⇒2009年7月31日「パスファインダートロリーの評価」はこちら。

実用性が突出しており、講師稼業に欠かせない。
ところが、最近、私の事情が変わった。

第1に、昨年から講演やセミナー、研修のテーマ(演題)を大幅に増やしている。
それまでは「提案営業」1種類だった。
ときに3〜4種類の教材を持ち歩かなくてならない。
そのほかの資料もずいぶん増えた。

第2に、全国を飛び回るのでなく、都心のホテルに数日滞在することが多くなった。
体力が衰え、都心での仕事を増やしてきた。
そこで、ホテルの自室でデスクワークを行いやすいよう、大きいノートパソコンに買い替えた。

そして、ホテルを基点に顧客や会場に出向く。
これまでもそうした際にはトロリーを自室に置き、ビジネスバッグだけを持ち歩いていた。
しかし、教材や資料、ノートパソコンを詰め込むと大変な重さになる。
荷物が収まりきらないこともある。

私はビジネスバッグを「キャリーバッグ」に買い替えた。
このキャリーバッグは乱暴な言い方になるが、ハンドル(取っ手)と車輪がついたビジネスバッグのようなものだ。
持たなくても引けるので、楽である。

しかも、これまでどおりトロリーのうえに載せられるので、便利である。
パスファインダーは機能と使い勝手が考え抜かれている。
実に完成度が高い。
それ以前に全体の品質は申し分なし。

⇒2012年1月23日「プロ講師という地獄…インフルエンザとパスファインダー」はこちら。

私はこれまでクライアントの上層部の方々、コンサルタントや士業などの知人に勧めてきたが、評判がよい。
皆、とても喜んでくれた。

以下に、「講師としてパスファインダーを愛用」と題する2007年5月14日のブログを収める。
いくらか手を加えた。

                      ◇◆◇

私は体力が充実していた40代半ばから50代初めにかけ、公開セミナーや企業研修の講師として全国を奔走していた。
当時は年間で2百回に迫る。
移動日を含めると、気分としては「毎日」である。
旅がらす・・・。

しかも、ほとんどが丸1日の講義であり、しゃべり詰めというより、私の場合は怒鳴り詰めであった。
かつて「鬼講師」で鳴らした。
企業研修では夕方で終わらず夜間、ときに深夜に及ぶ。
1カ月に28日か29日という非常事態が2〜3回あったと記憶する。
疲労の限界を超えて“仮死状態”になった。
(2012年現在も回数はそれほど減っていないが、短時間の講演やセミナーが含まれる。1日2〜3回も珍しくないので、日数はかなり減った。)

そうした事情で、私がこだわらざるをえない商売道具がバッグである。
それも2タイプが必要だ。

第1は、スーツやワイシャツ、ネクタイ、下着など、おもに衣類を収める「スーツケース」。
出張期間は2日間〜1週間。
私は、都心でのセミナーや研修でも会場近くの都市ホテルにかならず前泊する。
なお、1週間を超える場合には、移動先(ホテルのフロント)でスーツケースごと交換してしまう。

第2は、教材や資料、手帳やノート、筆記具、名刺など、おもに講義関連のアイテムを収める「ビジネスバッグ」。
移動時は、スーツケースのハンドル(取っ手)に絡めて載せている。
つねにこの2タイプを組み合わせて用いる。

出張では第1のほうが重要になる。
私はまずはハード仕様、やがてソフト仕様を用いた。
これまでにいったいどれくらいのブランドや商品を試しただろう。
いい値段なので店頭で慎重に検討・検分したうえで買い求めているが、実際に使ってみないと適・不適は分からない。
何かに満足したら、何かに失望するという繰り返しだった。

私は結局5〜6年を経て、米国パラゴン社の「パスファインダー」にたどり着いた。
長旅といえよう。

プロ講師は、不意の病気、当日の不調、会場の不備、事後の疲労などを想定し、ビジネスマンの出張と比較にならないほど多様で細々としたものを用意している。
ノートパソコンも必須なので重装備になる。
そして、これらの荷物を取り出しやすく、収めきらなければならない。
バッグの内側と外側に、大方の用途に応えうるさまざまな「ポケット」を備えるパスファインダーは突出して使い勝手がいい。
こうした機能性に加え、耐久性も申し分ない。
軽量なのに・・・。

結局、第1の用途に「パスファインダートロリー(スーツケース)」を選んだ。
第2の用途に「パスファインダービジネスバッグ(ブリーフケース)」を選んだ。
第1に第2を載せ、出張に引き連れている。

私は、表参道に直営店がある「トゥミ」に憧れがないわけでないが、自分にマッチしない。
あれは上質なスーツケースである。
多忙なビジネス(出張)でなく優雅なレジャー(旅行)向き。
とくに持ち物が多岐にわたるスタッフ系のビジネスパーソンは使えない。
将来、仕事の性格や内容が変われば使うかもしれない。

いまウィキペディアで調べて知ったが、パスファインダーとは「開拓者」「先駆者」という意味らしい。
それを使いこなす私はかっこいいのでなかろうか。
口笛を吹いてみたい気分である。

私はセミナーや研修の合間を縫い、営業活動を積極的に行っている。
(2012年現在は滅多に行っていない。)
当然、パスファインダーがお供することになる。
そして、既存顧客への訪問ではしばしば間違われる。
「先生、海外出張ですか」。

・・・たかがバッグと侮るなかれ。
それはプロ講師の私にとり、プライドそのものだ。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

レクサスNX、レクサスRXと足の引っ張り合い

レクサスから2014年夏頃に新型SUV「レクサスNX」が発売される。
2013年1月に北米で発売された新型RAV4がベースとなる。
日本でも2014年に発売される。
新型RAV4は2013年に発売される新型ハリアーのベースともなる。
つまり、プラットフォームについては、新型RAV4と新型ハリアーとレクサスNXは共通である。

⇒2013年8月2日「ハリアーフルモデルチェンジ…根強い人気」はこちら。

レクサスNXは「レクサスRX」の下位に当たる。
とはいえ、「RAV4」や「ハリアー」の上位に当たり、最新のシステムが採用される。
ちなみに、新型ハリアー(次期ハリアー)はレクサスRXとたもとを分かち、国内専用モデルに変わる。
3代目は車格が下がり、レクサスRXと別の車である。

レクサスNXは東京モーターショーでコンセプトカーが公開される。

⇒2013年8月3日「新型ハリアー販売予想…トヨタの本気」はこちら。

パワートレイン(エンジン)については、ダウンサイジングターボやハイブリッドが搭載される。
現時点で、NX200t(直42.0Lターボ)と、NX300h(直42.5Lハイブリッド)の存在が明らかになっている。
ハイブリッドはカムリのシステムと同じ。

クオリティについては、プラットフォームを共有する3車種は明確な差別化が図られる。
レクサスNXはプレミアムコンパクトSUVとして質感が磨き抜かれるのは言うまでもない。
ターボは安めの設定になるが、それでも価格は 350万円前後からか…。

日本では、ハリアーからレクサスRXへの誘導が目論見どおりに進まず、販売が振るわなかった。
おまけに、専売の人気車種をレクサス店に奪われたトヨペット店から突き上げを食らい、トヨタは国内専用のハリアーを3代目としてつくることになった。
レクサスNXを投入することで兄貴分のレクサスRXと互いの足を引っ張り合うのは間違いない。

なお、きょうのブログに記した情報は見込みにすぎない。
不確定なので、変更になる可能性がある。
注意してほしい。

⇒2013年7月26日「アルファード&ヴェルファイア、フルモデルチェンジへ」はこちら。

⇒2013年7月23日「ノア、ヴォクシーハイブリッド…FMC」はこちら。

⇒2013年7月24日「ノアFMC、トヨタ店・トヨペット店に兄弟車(姉妹車)」はこちら。

⇒2013年7月28日「トヨペット店で新型ノアが買える…FMC情報」はこちら。

⇒2013年8月2日「ハリアーフルモデルチェンジ…根強い人気」はこちら。

⇒2013年8月3日「新型ハリアー販売予想…トヨタの本気」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ