コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

経営&マーケティング

採用難カバー、理系営業代行サービスが登場

AIやIoTなど先端商材に強いスタッフが対応
理系営業代行・技術営業代行サービス
資料請求・引き合い対応からクロージングまで請け負い


販売・受注増加を支援するコンサルタントの和田創研は深刻な人材不足をカバーする「理系営業代行サービス」をリリースします。
AIやIoT、ビッグデータ、ITなど、先端商材に強いスタッフが資料請求・引き合い対応などを代行します。

本サービスではおもにオンライン商談と電話により見込客接触の空振りを排除し、足を運んでも数字につながらないムダを減らします。
高度な専門知識を要しない商材、比較的低価格の商材はクロージングまで持っていきます。
導入時のサポート、利用時のフォローも担います。

本サービスに携わるワーカーは利用企業向けのトレーニングを積みます。
和田創研と日本ロボコムが互いの強みを生かし、営業のスキルアップを図ります。

◇和田創研
セールスインストラクションの実施に当たります。
営業の数字づくりに強いコンサルタント会社として、四半世紀を超えて最良の営業ノウハウの標準化とそれに基づく教育指導を行ってきました。

◇日本ロボコム
「営業精鋭学校」にてSIer、SE、技術など理系営業の養成にも当たります。
「創り手と使い手をつなぐ」をコンセプトとするサービスロボット会社であり、ロボットビジネス勉強会の事務局として売り手づくりにも努めています。

本サービスは人件費圧縮・諸経費削減、商談数増加・売上向上に寄与します。

《開発背景・趣旨》
経済産業省はAIやIoT、ビッグデータなど先端分野に携わる人材不足が2020年に5万人に迫るとしています。
経済界の働きかけにより、大学における理系と文系の学部や定員、授業などの見直しが行われようとしています。

人材不足が深刻化するのは開発や技術に留まらず、先端商材の販売や受注に欠かせない「営業」においても同様です。
展示会の来場者やセミナーの参加者を追いかけられなかったり、問い合わせに応えられなかったり、チャンスロスが増えています。

労働市場は圧倒的な売り手優位となり、なかでも営業社員、とりわけ理系営業社員は採用が絶望的です。
いまや外資や異業種も絡む理系人材の争奪戦が勃発し、それにつれて人件費も高騰しています。

本サービスを利用すれば、販売・受注に関わる経営負担が大幅に軽減します。
また、正社員が案件の刈り取りに専念でき、営業の数字づくりの好循環が実現します。

理系営業代行サービス

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりの経営コンサルタントです。
業種や規模を問わず四半世紀を超えて教育指導に当たり、収益伸長・業績拡大に貢献してきました。
企業経営を取り巻くうねりのような技術革新と環境変化を踏まえ、現在は営業生産性向上にフォーカスし、営業活動の効率化と省力化、さらに省人化を強力に推進しています。

和田創研ウェブサイト

営業代行・新規開拓代行サービス(ニューサイト)
本サイトは工事中の箇所があります。

◆開発者紹介

和田創研代表/シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

「結果がすべて」。
営業の数字づくりに豊富な経験と実績を持つ経営コンサルタントです。
2017年、職業人生のラストステージと定める「66歳〜77歳」に差しかかり、典型的な文系・アナログ・ローテク人間が一番苦手とする最先端ビジネスに挑んでいます。
クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指します。
この内、自らは11社の設立に踏み切り、キャリアの総決算にしたいと悪戦苦闘しています。

和田創プロフィール

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

海外顧客アポ取り代行サービス

グローバルビジネスの関門を突破する
海外顧客アポ取り代行サービス
中小のモノづくり、地場の特産品を世界へ


営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントの和田創研は、グローバルビジネスの関門を突破する「海外顧客アポ取り代行サービス」をリリースします。
新興国を含めた海外市場の進出に寄り添い、販路・顧客開拓、提携先探しなど、中小のモノづくり、地場の特産品を世界へ送り出すサポートに努めます。

日本への憧れと人気は世界中で高まり、メイド・イン・ジャパンは世界中で認められています。
とくに日本製品の品質や性能のよさは広く知られるところです。
取り扱いを望むチャネル、購入を願うユーザーなど潜在需要は膨大です。

しかし、営業部門が弱いとか営業社員が少ないために、あるいは言葉がネックとなり、なかなか働きかけられません。
日本は人口減少が加速しており、長期にわたって内需が縮小しつづけるのは確実です。
こちらから成長性や有望度の高い海外市場へ打って出ることが不可欠となります。

実は、国(地域)ごとに文化や商習慣がかなり異なります。
そこで、現地のコネクションやネットワークも活用し、営業活動の最適化を図ります。

◎事前調査やアプローチリスト生成を代行します。
◎アポ取りのアジェンダやプレゼンテーションの資料を作成します。
◎メール、レター、電話、オンライン商談などの手段を駆使します。
◎必要に応じ、現地のコーディネーターを動員します。

そして、通訳の手配など、初回面談をセッティングします。
さらに、ご要望があれば、最終商談まで立ち会います。

海外顧客アポ取り代行サービス

インバウンド(訪日外国人旅行者)急増など空前の「日本ブーム」が巻き起こっており、東京五輪開催間近のいまが世界にアピールする絶好のチャンスです。
当社は本サービス利用企業の「代理人」としてベストを尽くします。

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりの経営コンサルタントです。
業種や規模を問わず四半世紀を超えて教育指導に当たり、収益伸長・業績拡大に貢献してきました。
とりわけ「新規開拓」などの開発営業の推進による優良顧客の獲得・大口商談の成立を支援しています。
それと関連し、さまざまな営業代行サービスも提供しています。

和田創研ウェブサイト

営業代行・新規開拓代行サービス(ニューサイト)
本サイトは工事中の箇所があります。

◆開発者紹介

和田創研代表
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。
低迷企業では「再建屋」として、好調企業では「発展屋」として、業種や規模を問わず、クライアントを短期間で強く大きくしてきました。
教育と指導の年間実績は百〜2百回です。

和田創プロフィール

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

RPAとオンライン商談を複合した営業省力化・省人化

RPAとオンライン商談を複合
営業省力化・省人化サービスをリリース
接触頻度・顧客満足向上&バックオフィス業務効率化


営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントの和田創研は、RPAとオンライン商談を複合した営業省力化・省人化サービスをリリースします。

いまや、営業効率と営業成果の両立は「AI(人工知能)」を抜きにして実現できなくなりました。
本サービスは、クライアントが導入済みのSFA・CRM、MAなどとも連携して生産性向上に寄与します。

なお、全社一斉でなくても一部の営業部門や営業拠点で利用が可能です。
原則として業種・規模は不問であり、一部のBtoCでも利用が可能です。

◇オンライン商談
オンライン商談によって顔出しを代替し、接触頻度と顧客満足の向上を図ります。
注文・要望伺いなどのコンタクトといった顧客との日常的なやり取りは「オンライン商談」の代行で十分に賄えます。
一商談当たりコストの50〜90%低下を目指します。

◇RPA
RPAによって営業アシスタント業務を代替し、バックオフィス業務の効率化を図ります。
見積書作成などのルーティンワークといった単純でありながらミスの許されない営業庶務は「RPA」が遥かに勝ります。
バックオフィスコストの50〜90%低下に取り組みます。

本サービスはRPAによる先端技術とオンライン商談による営業代行という最強タッグで「経営合理化」を推し進めます。
営業社員も内勤社員も驚くほど減らすことが可能です。

当社ではクライアントの営業活動の実態と実情を正確に把握したうえで、競争環境が一段と激化する2020年代での勝ち残りを確実にする仕組みを築きあげていきます。

営業省力化・省人化の決め手
RPA&オンライン商談サービス

社内と顧客に混乱を起こさずに切り替えることができます。

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりの経営コンサルタントです。
業種や規模を問わず、四半世紀を超えて教育指導に当たり、収益伸長・業績拡大に貢献してきました。
企業経営を取り巻くうねりのような技術革新と環境変化を踏まえ、現在は営業生産性向上にフォーカスし、営業活動の効率化と省力化、さらに省人化を強力に推進しています。

和田創研ウェブサイト

営業代行・新規開拓代行サービス(ニューサイト)
本サイトは工事中の箇所があります。

◆開発者紹介

和田創研代表/シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

「結果がすべて」。
営業の数字づくりに豊富な経験と実績を持つ経営コンサルタントです。
2017年、職業人生のラストステージと定める「66歳〜77歳」に差しかかり、典型的な文系・アナログ・ローテク人間が一番苦手とする最先端ビジネスに挑んでいます。
クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指します。
この内、自らは11社の設立に踏み切り、キャリアの総決算にしたいと悪戦苦闘しています。

和田創プロフィール

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

「ポスターテキスト」を無料視聴教材として提供

営業研修と営業セミナーで高評価
無料視聴教材「ポスターセミナー」
職場での研修や会議、自己学習に最適!


営業の数字づくりの教育指導を行う和田創研は、企業研修と公開セミナーで用いる「ポスターテキスト」のうち、とくに評価の高い十数点に限って順次、無料視聴教材化して「ポスターセミナー(動画)」として提供しています。

本教材は数分くらいで再生、ただちに全員で内容を共有することが可能です。
新人や若手はもとより中堅、さらに管理者の方々がこれまでの営業活動を振り返るきっかけになります。
これまでに業種を問わず、規模を問わず、自己学習のほか職場での研修や会議などで利用されています。

ついては、新作動画をアップします。
視聴に際して面倒な手続きは一切不要ですので、どうか積極的にご活用ください。

どのような環境でも数字責任を果たすことが営業職の務めです。
強い営業への再生 〜前年割れ、目標未達を防ぐ」

バックナンバーで一番人気は以下の動画です。大勢にご視聴していただいています。

「商談をやめて、相談に乗る」。
言うのは簡単ですが、これを徹底できるなら数字は跳ね上がります。
ミスマッチの解消 〜顧客に選ばれる営業へ」

当社は企業研修や公開セミナーで「テキストノート(要点記入式)」に加え、講義のポイントを刷り込む「ポスターテキスト」を併用してきました。
参加者に内容の勘どころが腑に落ちるようにするとともに、受講後に会社や職場にポスターを掲出して教育指導効果の持続・向上、意識改革・行動改革の徹底を図っています。
そのなかから厳選した十数点を無料視聴化するものが「ポスターセミナー(動画)」です。

なお、「ポスターテキスト」そのもののプレゼントも行っています。
「社員ポスター」「営業ポスター」「経営ポスター」の3種類を用意しています。
サンプル(見本)をご覧いただくことができます。

自創教育「ポスターテキスト」プレゼント

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりの経営コンサルタントです。
業種や規模を問わず四半世紀を超えて教育指導に当たり、収益伸長・業績拡大に貢献してきました。
企業経営を取り巻くうねりのような技術革新と環境変化を踏まえ、現在は営業生産性向上にフォーカスし、営業活動の効率化と省力化、さらに省人化を強力に推進しています。

和田創研ウェブサイト

営業代行・新規開拓代行サービス(ニューサイト)

◆講師紹介

和田創研代表
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。
低迷企業では「再建屋」として、好調企業では「発展屋」として、業種や規模を問わず、クライアントを短期間で強く大きくしてきました。
教育と指導の年間実績は百〜2百回です。

和田創プロフィール

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業効率化・省人化革命 費用削減と成果向上を両立

平成最後の年忘れ「経営課題解決セミナー」
営業効率化・省人化革命
生き残れる営業の青写真とトレンド、先端技術

営業コンサルタントの株式会社和田創研は、平成最後の年忘れ「経営重要課題一挙解決2時間セミナー」を12月12日にJR東京駅周辺で開催します。
社長、経営幹部・営業幹部の方々を対象とし、「営業効率化・省人化革命 〜新元号下、生き残れる営業の青写真とトレンド、先端技術」をテーマに、費用削減と成果向上を両立するとともに、人材不足を解消する明確な指針を示します。

第四次産業革命が進展し、あらゆる企業活動やビジネスモデルが根底から揺さぶられています。
2020年代へ向けてとりわけ激しく変化するのが生産性の暗黒大陸とされてきた「営業活動」そして「営業部門」です。

本セミナーでは新元号下に生き残れる営業の青写真とトレンド、先端技術について説き明かします。
ごく短時間ですが、新鮮な刺激をシャワーのように浴びていただけます。

日 程◇2018年12月12日(水)
時 間◇午後2時20分〜4時20分(10分間名刺交換タイム)
会 場◇JR東京駅周辺(後日連絡)
演 題◇新元号下、生き残れる営業の青写真とトレンド、先端技術
    営業効率化・省人化革命
    費用削減と成果向上を両立、人材不足を解消
内 容◇  〔はじめに〕2020年代、生き残れる営業への青写真を描く
    1 最終決着は営業生産性次第
      経理も採用も生産も営業も、前向きの企業解体が加速
      破壊的変革、あすの営業部門にかならず起こる3大潮流
    2 フィールドセールスからインサイドセールスへ
      外勤と内勤を切り分け、そして内勤を重視(比率は逆転)
      フィールドセールス(外回り)は上位2割の精鋭に限定
    3 インサイドセールスはオンライン商談へ
      リアルとウェブを併用、オンライン商談システムが一気に普及
      多忙な顧客が大拍手、接触頻度向上で顧客満足向上
    4 オンライン商談はフルアウトソーシングへ
      営業志望者激減、採用も労務管理も営業管理も不要
      一商談当たりコストが50〜90%低下、経営の重しがすっきり
    5 うそ、ほんと、ここまでやる営業代行
      見込客創出、面談セッティング、新規顧客開拓、
      クロージング、納入時サポート、納入後フォロー etc.
    6 RPAによるバックオフィス削減
      営業庶務・営業アシスタント業務はAIが担当
      問合せ・引合い対応、見積書作成はAIが担当
      〔あすから〕営業強靭化と営業省力化は同時に叶えるべし
講 師◇和田創研 和田創(「ロボットビジネス勉強会」主宰)
対 象◇社長、経営幹部・営業幹部の方々
参加費◇3千円(会場費など実費程度。消費税別途)
備 考◇2時間にざっくばらんな質疑応答の時間を含む

平成最後の年忘れ「経営課題解決セミナー」

どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。
年末は東京駅周辺の会場の確保が難しくなりますので、早めに閉め切ります。

なお、このセミナーは12月26日(水)開催の「第13回ロボットビジネス勉強会」と同一内容です。
こちらは午後6時30分〜8時30分の夜間です。
ご都合のいいほうにご参加ください。

「第13回ロボットビジネス勉強会」

こちらは終了後に近くで交流会を兼ねた「忘年会」を行います(有志のみ)。

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりの経営コンサルタントです。
四半世紀を超え、業種や規模を問わず、営業強化・再建による収益伸長・業績拡大に貢献してきました。
企業を取り巻くうねりのような技術革新と環境変化を踏まえ、現在は営業生産性向上にフォーカスし、営業活動の効率化と省力化、さらに省人化を強力に推進しています。

和田創研ウェブサイト

営業代行・新規開拓代行サービス(ニューサイト)

◆講師紹介

和田創研代表/シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

「結果がすべて」。
営業の数字づくりに豊富な経験と実績を持つ経営コンサルタントです。
2017年、職業人生のラストステージと定める「66歳〜77歳」に差しかかり、典型的な文系・アナログ・ローテク人間が一番苦手とする最先端ビジネスに挑んでいます。
クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指します。
この内、自らは11社の設立に踏み切り、キャリアの総決算にしたいと悪戦苦闘しています。

両親がアルツハイマーの家系であり、77歳頃に発症して植物人間の状態が長く続きました。
自らのカウントダウンもすでに始まっていると覚悟を決めていますが、「頭が働くかぎりはたとえ半歩でも前へ進みたい」と、心から願っています。
合わせて「66歳からの起業」を広く呼びかけており、社会的なムーブメントに盛り上げるために起業セミナーも随時行っています。

◇登壇実績
主要ビジネスセミナー会社はほぼ網羅

【マスコミ系】
日本経済新聞社、読売新聞社、日経BP社、プレジデント社ほか
【銀行系】
SMBCコンサルティング(三井住友)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、みずほ総合研究所、りそな総合研究所、浜銀総合研究所、常陽産業研究所、ちばぎん総合研究所、ぶぎん地域経済研究所、静岡経済研究所、北陸経済研究所、長野経済研究所、ごうぎん経営者クラブ、百五経済研究所、商工中金経済研究所、いよぎん地域経済研究センター、大銀経済経宮研究所ほか
【生産性本部】
九州生産性本部、中国生産性本部、四国生産性本部
【公的機関】
官公庁、地方自治体、産業経済団体、社団法人、中小企業大学校、商工会議所、商工会ほか
【教育系】
日本経営合理化協会、ジェイック、産能大学、日本生命、住友生命、マーケティング研究協会、経営管理研究所ほか

◇著作実績
日本経済新聞社、日経BP出版センター、ダイヤモンド社、東洋経済新報社、日本実業出版社など多数。ほかに教材(テキスト)は多数。

和田創プロフィール

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

展示会来場者追跡代行サービス、決定権者まで全数フォロー

来場者に加えてトップを全数フォロー
展示会来場者追跡代行サービス
アポ取りから刈り取りまで、顧客増加と売上向上に貢献

営業コンサルタントの株式会社和田創研はアポ取りから刈り取りまで、名刺交換者に加えて決定権者も全数フォローする画期的な「展示会来場者追跡代行サービス」をリリースします。
東京ビッグサイトや幕張メッセの大規模展示会、全国各地のコンベンションセンターなどの小規模展示会での名刺交換企業を対象とします。
同様に、PRなどを目的としたセミナー参加者追跡代行サービスも可能です。

際立った特色は、予算と権限を持つトップに踏み込んで働きかけること。
それにより、本サービスの利用企業の顧客増加と売上向上に貢献します。

要望に応じ、高度な専門知識を必要としない商品については、「商談刈り取り(クロージング)」まで請け負います。
導入時のサポート、利用時のフォローも担います。
展示会後の数字づくりに弾みがつくだけでなく、営業社員の仕事の負担、人件費の負担も大幅に減らせます。

展示会来場者追跡代行サービス

◆来場者の追跡

「提案書」の使い回しで一気の見込客育成、商談件数増加を実現します。

ほんの数日で膨大なビジネスチャンスが得られる機会として展示会出展は魅力的です。
しかし、出展料、演出費、告知費、運営費、人件費、諸経費など大変な費用がかかっています。
したがって、収集した名刺はタイミングを逃さず、売り上げに変える必要があります。

数多くの提案書を手がけてきたプロが高度で繊細な技を駆使し、水平展開が可能な「雛形提案書」を作成します。
名刺交換者との「面談アポ取り」は当社にて行います。
本サービスの利用企業は表紙に名入れし、片っ端から「プレゼンテーション」に持ち込めます。
前から順番に読むだけで堂々たる商談になります。

◆トップの追跡

来場者に加えて社長や役員などの「決定権者」も狙い撃ちます。

オプションで、名刺交換企業の「社長」を全数フォローします。
社長宛ての「私信」に名入れした提案書を封入し、到着の頃合いに「電話」でアポ取りを行います。
(これには自治体などの首長も含まれます。)

営業活動では、上層部とやり取りしなければつかめない要望や意向、事情もあります。
それらを踏まえたうえで、販売・受注の可能性を切り開きます。
成約率が劇的に高まります。
単なる来場者フォローサービスとの決定的な違いです。

展示会来場者追跡代行サービス

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
四半世紀を超え、新規開拓などの開発営業に関わる教育指導サービスや代行サービスを提供し、優良顧客の獲得・大口商談の成立を支援してきました。
豊富な実績を持ちます。

和田創研ウェブサイト

営業代行・新規開拓代行サービス

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

電気ガス対決、エネルギー市場勝ち残り支援

電気・ガス対決、法人営業強化
エネルギー市場勝ち残りを支援
大口需要の争奪戦を制するソリューションスキルを習得

営業コンサルタントの株式会社和田創研は、電気・ガス対決などエネルギー市場での勝ち残りを支援する「エネルギーソリューションプログラム」をリリースします。
とくに大口需要の争奪戦を制するために顧客の課題解決、ベネフィット最大化に寄与するソリューションスキルを習得します。
電力会社・ガス会社・新エネルギー会社、石油元売り会社などの数字づくりの牽引役・推進役を対象とし、営業水準と営業能力を大幅に引き上げる「法人営業強化プロジェクト」です。

利用企業は要望によりオプションサービスの「アポ取りシステム」と「刈り取りツール」を駆使することができます。
「オンライン商談システム」を併用すれば、費用削減と成果向上も両立させられます。
さらに、当社で「ベストソリューション」のノウハウを標準化しますので、全員が一斉にプレゼンテーションに持ち込めます。
あくまで「即効性」を重んじ、ライバルを圧倒します。

本プログラムは個人(家庭)営業強化、住設営業強化にも有効です。

エネルギー市場勝ち残り支援サービス

《開発背景・趣旨》
自由化を契機に近畿圏、首都圏、中部圏などで電力会社とガス会社の相互参入によるエネルギー戦争が勃発しました。
これまで膨大な利用者の契約切り替えが起こりましたが実質的な値下げ合戦になり、双方とも採算が厳しくなっています。

今後ますますエネルギーの種別と供給エリアを超え、主戦場が産業用や工場用、事業用、業務用にも広がります。
「省エネルギー」を含めたエネルギーソリューションによる働きかけが重要となり、これらについては法人営業部隊が関与することになります。

社名から「電力」「ガス」を外し、「エネルギー」などの言葉へ置き換える動きが活発になっています。
企業イメージの刷新に留まらず、社員の意識変革やサービスの創出につなげます。
合わせて、事業の多角化を進めています。

顧客を増やすうえでも、新事業を軌道に乗せるうえでも、社員の営業力の強化が急務です。
その取り組みの成否により、業界地図が大きく塗り替わる可能性があります。

◆営業強化の主たる狙い

1.既存顧客防衛(流出の阻止)
2.新規顧客獲得(自社への契約の切り替え)
3.牙城切り崩し(他社有力顧客の取り込み)

社長と営業統括役員、トップ直属の司令塔(営業推進部など)が本プロジェクトの進捗状況と成果を一覧で把握できるシステムを開発しました。
これを用いれば組織ぐるみの推進が容易です。
「全社改革」のムーブメントへの高揚も可能です。

エネルギー市場勝ち残り支援サービス

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
バブル崩壊後の日本経済の大苦境期に電力会社、産業ガスを含むガス会社、石油元売り会社、エネルギー会社などの営業立て直し・業績テコ入れに貢献しました。
そして、自由化以降はガス会社などの強力な助っ人として目覚ましい成果を上げています。
四半世紀を超える豊富な教育指導の経験と実績を踏まえて確立したノウハウがこのたびの「エネルギー市場勝ち残り支援サービス」に反映されています。

和田創研ウェブサイト

営業代行・新規開拓代行サービス

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

提案書作成指導 〜ソリューション営業の最強ツール

ソリューション営業の最強ツール
「提案書」に特化した作成指導サービス
決定権者を惹きつけ、受け入れを促します

営業コンサルタントの株式会社和田創研は、ソリューション営業の最強ツールとなる「提案書」に特化した作成指導サービスを提供します。
プレゼンテーションで社長・首長に突き刺さりやすく、驚異の商談成功率を実現できます。

優良顧客獲得、大口商談成立、業績V字回復、社業発展など・・・。
当社は営業強化・再建に関して業種を問わず、規模を問わず、四半世紀を超える膨大な実績があります。
ときに巨額案件着地などの軌跡さえ引き起こしました。
クライアントが手にした顕著な成果はすべて当社指導により作成した提案書がもたらしました。
その極意をわずか2日間で習得することができる画期的なサービスです。

提案書作成指導サービス

競争が熾烈になり、プレゼンテーションの成功率が低下しています。
それを大きく左右するのが「提案書」であり、出来栄えが一段と重要になっています。
また、全員が統一したフォームで作成しますので、優れた提案書を共有しやすくなります。
自社ならではの「提案書データベース」の構築もスムーズです。

なお、当社では絶対に落とせない案件の「個別提案書」の仕上げを承っています
とくに重要な顧客との「最終商談」の立ち会いも承っています。
作成した提案書を使用したトレーニングの実施を含め、クライアントの数字づくりにとことん寄り添っています。

◆安易な資料作成はマイナス

営業の職場では「提案書」という言葉が日常的に飛び交っています。
しかし、その圧倒的大多数は「提案書」と対照的な「推奨資料」にすぎず、手づくりのパンフレットと大差がありません。
パワーポイントでこちらが伝えたいこと、訴えたいことをまとめたものはセールスドキュメントであって、プロポーザルと呼べません。
そうした安易な資料作成ではデスクワークの時間が増えるだけで、望ましい成果を収められません。
営業生産性の観点からはマイナスになります。

自社について語るのと顧客について語るのでは、どちらが商談をまとめやすいかは考えるまでもありません。
当社が作成指導を行う提案書は「カスタマー・ファースト」の精神に根差しており、顧客の共感と信頼を醸成します。

提案書作成指導サービス

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
最短営業強化プログラムに基づいて優良顧客の獲得・大口商談の成立など顕著な成果を上げてきました。
営業力が高まった結果ですが、現象面で眺めるとかならず「提案書」とそれを使用したプレゼンテーションで成し遂げられました。
対象は社長・首長など決定権者です。
本サービスでは、これまでに蓄積した提案書作成のエッセンスを移植します。

「最短営業強化プログラム」

営業代行・新規開拓代行サービス

和田創研ウェブサイト

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

汎用提案書の使い回しで営業成果一変、追い込み可能

今期の営業成果が一変、追い込みにも有効
「汎用提案書」の使い回しで叶える予算達成
デスクワークも抑制、ワーク・ライフ・バランスも実現

営業コンサルタントの株式会社和田創研は提案の効率(量)と効果(質)が異次元に高まる「汎用提案書提供サービス」を開始します。

本サービスでは、「業種・市場」と「社長・首長」を絞り込んだうえで、その威力を熟知したプロフェッショナルが高度で繊細な技を駆使してプロポーザルに仕立てます。
最良の営業ノウハウを標準化してコンパクトにまとめており、営業社員はこれを携えて一斉に数字づくりへ動き出せます。

利用に際してはカスタマー・ファーストの「雛形提案書」に決定権者の宛名と提出日を入れるだけです。
既存顧客・新規顧客を問わず、若干の編集加工を施すと「個別提案書」に変わります。
営業社員は表紙から順番に読むだけですので、短期間でプレゼンテーションの件数が劇的に増加し、今期の「営業成果」が一変します。
また、年度後半の追い込みが可能になります。

営業社員は採用も定着も至難になっています。
汎用提案書の使い回し(水平展開)によりデスクワークを減らし、ワーク・ライフ・バランスを重んじながら予算達成を叶えられます。

なお、汎用提案書を決定権者への私信に同封すれば、アポ取りがスムーズになります。
ご要望に応じ、当社が電話で全数を追いかけます。
単なるテレアポ代行と比べ、成功率が跳ね上がります。
高精度で優良顧客を狙い撃つには最適といえます。

ターゲットが明確な新事業や新商品を一気に軌道に乗せるにも有効です。

汎用提案書提供サービス

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
最短営業強化プログラムに基づいて優良顧客の獲得・大口商談の成立など顕著な成果を上げてきました。
営業力が高まった結果ですが、現象面で眺めるとかならず「提案書」とそれを使用したプレゼンテーションで成し遂げられました。
対象は社長・首長など決定権者です。
四半世紀を超える教育指導の経験と実績を踏まえて確立したノウハウが「汎用提案書提供サービス」に凝縮されています。

和田創研ウェブサイト

営業代行・新規開拓代行サービス

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業代行機能充実バーチャルオフィス(東京都心)

バーチャルオフィス(低費用&高効率)
顧客獲得、売上増加をパッケージ化

和田創研はおもに東京地区にレンタルオフィスを展開するオフィスサービス会社と協力し、営業代行機能が充実した高付加価値型の「バーチャルオフィスサービス」を11月1日より提供します。
本サービスでは都心一等地の住所、専用の電話番号が使えるのは当然として、顧客獲得、売上増加をパッケージ化することができます。
バーチャルオフィスのなかで「営業代行」を謳うところはありましたが、電話や受付での応対に留まっています。
低費用&高効率でボリュームの大きい首都圏市場に確かな足場を築けるようにし、起業や拠点開設を応援します。

《開発背景・趣旨》
日本の起業は先進国や新興国と比べ、極端に低い水準で推移しています。
近い将来の経済の活力低下、ひいては世界における日本の地盤沈下を意味します。
環境変化にともなう産業の新陳代謝もままなりません。

政府が主導して創業環境の整備など支援施策を講じていますが、おのずと限界があります。
起業意欲が低い主因はその「リスク」を避けたいからです。
若年層を含めて保守傾向、安定志向がとても強くなっています。

起業コストを抑えるレンタルオフィスなどもおおいに貢献していますが、最大の後押しは顧客獲得、売上増加になります。
当社は本サービスが普及するなら、起業後の生存率も格段に向上すると考えます。

◆営業代行サービス

1.新規顧客営業代行サービス
  優良顧客・大口商談のアポ取りから刈り取りまでを請け負い。
2.既存顧客営業代行サービス
  正社員が行う定期的・定型的な訪問活動を引き受け。
3.オンライン商談代行サービス
  対面の非効率を排除、一商談当たりのコストが50〜90%低下。

高度な商品知識や専門の技術情報を必要としなければ既存顧客対応だけでなく新規顧客開拓も可能です。

当社では利用者が負担のもっとも小さいバーチャルオフィスから始め、営業の数字の見通しが立ってからシェアオフィスやレンタルオフィスにグレードアップすることをお奨めします。

◆通常オフィスサービス

1.法人住所登記
2.電話秘書・通知・転送
3.来客対応(有人受付)
4.郵便荷物保管・転送
5.ロビーラウンジ利用
6.会議室・応接室利用
7.設立登記・経理代行

ロケーションもグレードもコストも選び放題、信頼性の高いバーチャルオフィスに限定しています。
手数料完全無料で、最適なオフィスを紹介します。

専用ウェブサイトは制作中ですが、告知チラシは以下のとおりです。
疑問点や不明点は何なりとお問い合わせください。
誠実・丁寧にお答えします。

営業代行機能充実バーチャルオフィス(当面東京地区限定)

◆オフィスサービス会社との連携強化

世界経済の好調、東京五輪の前景気に支えられ、バーチャルオフィスやシェアオフィス、レンタルオフィスが増えました。
しかし、次第に飽和状態に変わり、競争激化が起こりつつあります。

本サービスはこうしたオフィスサービス会社が差別化を図るうえできわめて有効です。
利用者は起業そのものでなく、経営を軌道に乗せることを目的としています。
そのために最重要となるのは優良な顧客をつくることです。

当社はオフィスサービス会社との連携を強化し、首都圏や政令指定都市に本サービスを広げたいと考えています。
ご協力くださる企業を求めています。

営業代行機能充実バーチャルオフィス

◆開発者紹介

和田創研代表/シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。2017年、職業人生のラストステージと定める「66歳〜77歳」に差しかかり、典型的な文系・アナログ・ローテク人間が一番苦手とする最先端ビジネスに挑んでいます。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指します。この内、自らは11社の設立に踏み切り、キャリアの総決算にしたいと悪戦苦闘しています。
両親がアルツハイマーの家系であり、77歳頃に発症して植物人間の状態が長く続きました。自らのカウントダウンもすでに始まっていると覚悟を決めていますが、「頭が働くかぎりはたとえ半歩でも前へ進みたい」と、心から願っています。
合わせて「66歳からの起業」を広く呼びかけており、社会的なムーブメントに盛り上げるために起業セミナーも随時行っています。
本サービスには日本の起業を活発にしたい、日本の起業を応援したいという思いを込めました。

和田創プロフィール

和田創研ウェブサイト

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

東京営業所代行サービス 準備なし、リスクなし

東京営業所代行サービス
自前より有利、有力企業の新規開拓も請け負い


和田創研は事業意欲が旺盛で社業発展を目指す地方企業のための「東京営業所代行サービス」を提供します。
本サービスを利用することにより準備なし、リスクなしで首都圏に新拠点を持てます。

開設も維持もローコスト、顧客獲得も売上向上もハイスピードで実現でき、自前より断然有利です。
当社が満を持して今秋リリースする「新規開拓営業アポ取りシステム LEADpro」「新規開拓営業刈り取りツール SALESgear」「オンライン商談システム WEBsales」の3点セットをフル活用し、既存顧客への対応はもちろん、新規顧客の開拓も請け負います。
ちょっとした案件になると東京本社の決済が必要になることがあります。
本サービスではとくに中央の有力企業の取り込みに注力します。

◆東京営業所代行サービスの特色

1.イニシャルコストもランニングコストも最小です。
  東京は地方と比べ、オフィス代も人件費も跳ね上がります。

2.至難の営業職の採用や大変な労務管理が不要です。
  求人や面接の手間を取られません。営業管理者を置かなくて済みます。

3.軌道に乗らない東京営業所の運営も引き受けます。
  週1回2時間の指導でよみがえります。もしくは営業代行に切り替えます。
  
2020年東京五輪開催へ向けて盛り上がる首都圏市場への進出を応援します。

専用ウェブサイトは制作中ですが、告知チラシは以下のとおりです。
疑問点や不明点は何なりとお問い合わせください。
誠実・丁寧にお答えします。

東京営業所代行サービス

新規開拓営業アポ取りシステム「LEADpro」

新規開拓営業刈り取りツール「SALESgear」

オンライン商談システム「WEBsales」

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
新規開拓など開発営業の加速による収益伸長・業績向上を長らく支援しています。

クライアントはおもに苦境に直面する業界・市場・地域の最大手でした。
そして、ほぼ共通のプログラムで営業強化・業績テコ入れを成し遂げてきました。
それが代名詞となった「提案営業研修標準講座」です。
1990年代は8日間、2000年代は10日間を要し、2010年代は「10〜14日間いただければ営業を立て直します」と社長に誓っています。
現在ではクライアントが中堅・中小企業に広がっています。
また、ストレッチ目標を掲げる元気な会社も増えています。

和田創研ウェブサイト

最短営業強化プログラム

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

オンライン商談システムが人員削減と売上向上を両立

オンライン商談システム「WEBsales」登場
「足を運ばない営業」へ変革、採用難も働き方改革もクリア

和田創研は実を結ばない「相対商談」の非効率性を排除するオンライン商談システム「WEBsales」をリリースします。

本サービスを利用することにより既存顧客との面談件数はもちろんのこと、新規顧客との接触件数が大幅に増えます。
人員削減と売上向上を両立するウェブ営業ソリューションです。

先端技術により営業生産性を向上し、一層の経営合理化を推進して高収益体質の実現に寄与します。

《開発背景》
不人気な営業職は売り手市場であり、採用を含めた雇用コストが高騰しています。
しかも、人口減少や働き方改革、競争激化や市場縮小の大波に見舞われています。
社員が減っても売り上げを伸ばせる「足を運ばない営業」への変革が不可欠です。

PC画面を通じたオンライン商談は米国ではすでに9割近くに達しています。
日本でも急速に普及し、東京五輪開催をはさむ数年ほどで主流になると予想されています。

オンライン商談システム「WEBsales」

◆リアル営業とウェブ営業、4つのプラン
オンライン商談システム「WEBsales」ではリアル営業とウェブ営業の選択・複合による4つのプランのいずれかで「ウェブ営業チーム」を立ち上げます。

◇プラン1 創設(営業確立)
これから営業部門をつくるなら、ハードルの低いオンライン商談に絞り込むのもよいでしょう。
例えば、業務上の打ち合わせで売り上げを立てられるために営業社員がいない企業がありますが、ずっと引き合いが寄せられるという保証はありません。

オンライン商談では価値を生まない移動時間がなく、交通費や出張費などもかかりません。
地方、東京、世界といった距離の壁がなくなり、新規顧客との接点も拡大します。

◇プラン2 区分(営業併用)
営業社員が適性と能力によりリアル営業(フィールドセールス)チームとウェブ営業(インサイドセールス)チームに分かれます。
わざわざ足を運ぶのは高付加価値な商談に限定します。
あるいは、営業社員が顧客や案件の重要度によりリアル営業とウェブ営業を使い分けます。

見込客の有望度をオンライン商談で探ったうえで足を運ぶこともできますので引き合いに振り回され、徒労に終わる状態も解消します。

かたや、顧客のほうも営業社員の訪問に対応する社員と手間を減らしたいと考えています。
また、時間の都合をつけやすいオンライン商談を望んでいます。
双方のメリットは絶大です。

◇プラン3 移行(営業転換)
リアル営業を行う営業社員を思い切ってゼロにします。
狩猟型のフィールドセールスでなく農耕型のインサイドセールスで十分であり、とくに長期の関係形成を土台とした営業活動を重んじる企業に向きます。

「顔出し⇒御用聞き⇒見積書対応」が主体になる習慣性の客回りはウェブ営業に完全に切り替えられる可能性があります。
在宅勤務を取り入れると社員の採用や定着が容易になるうえ、一商談当たりのコストを劇的に下げられます。

◇プラン4 外注(営業委託)
ウェブ営業をアウトソーシングにします。
営業社員の採用や労務管理など、さまざまな苦労から解放されます。

プラン1の「創設(営業確立)」やプラン3の「移行(営業転換)」に適用できます。
プラン2の「区分(営業併用)」のうち、ウェブ営業だけにも適用できます。

オンライン商談システム「WEBsales」

◆社内混乱や売上低下の心配不要
営業特性、販売・受注課題に即し、あくまでユーザーサイドに立って、最適なオンライン商談システムを提案します。
外部のウェブ営業チームでのテストを経て導入しますので、一時的な社内混乱や売上低下が起こる心配がありません。
短期間でオンライン商談が確実に根づきます。

◇こんな会社にお奨め
1.ビジネスチャンスを広げたい
2.営業の収益性を改善・向上したい
3.営業のムダやぜい肉をそぎ落としたい
4.優良な営業ノウハウを蓄積・再現したい
5.低迷者を底上げ、未経験者を戦力化したい

◇優れた使い勝手
1.準備不要(登録・アプリインストール不要)
2.瞬時接続(数秒でオンライン商談スタート)
3.操作簡単(とにかくシンプル。技術不要)
4.顧客共有(PC画面に営業資料・提案書表示)
5.商談支援(PC画面でマニュアル・スクリプト参照)

当社は導入時のコンサルティングと運用時のアフターサポートに注力します。
なお、「どのようなものか、ちょっと試してみたい」という企業のために即利用できる、きわめて低額のクラウドサービスもご用意しています。

当該ウェブサイトは制作中ですので、こちらのパンフレットをご覧ください。

オンライン商談システム「WEBsales」

疑問点や不明点は何なりとお問い合わせください。
誠実・丁寧にお答えします。

和田創研ウェブサイト

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

値上げ交渉マニュアル 〜価格・条件交渉の急所

取引縮小・解消を招かずに同意を取りつける
中小・下請けに必須の『値上げ交渉マニュアル』を発売
「値上げは善」。原材料・人件費上昇、消費税増税の荒波を乗り切れ!

==============================

和田創研は、適正な利益を確保するうえで必須の『値上げ交渉マニュアル』を発売します。
取引縮小・解消を招かずに同意を取りつける価格・条件交渉の急所とコツを公開しました。
本マニュアルに従えば中小や下請けなど、顧客との力関係が弱い企業でも値上げに踏み切ることが可能です。

勝ち組の共通点は概して「価格設定が高い」こと。
社業発展の原資となる「利益」をきちんと確保しています。

値上げは利益改善の即効薬です。
また、「低価格志向」から脱却するきっかけにもなります。
本マニュアルには、社長・幹部に限定した丸一日分の指導内容を完全収録しています。

《発売背景・趣旨》
このところ企業が「値上げ交渉」へ動き出しています。
原材料・人件費上昇、消費税増税など、外部要因によるコストアップは経営努力でカバーしきれないこともあります。
自社が一方的に泣くのでは体力を失い、最終的に顧客に迷惑をかけます。

幸い、世界経済の好調、東京五輪の前景気という緩やかな追い風が吹いています。
当社は格好のチャンスを逃さず、顧客に値上げを働きかけてほしいと呼びかけてきました。

『値上げ交渉マニュアル』

◆「値上げは善」という意識改革

正しい値上げは、会社はもちろん社員を豊かにします。
もろもろの企業活動や労働条件の改善を図れ、社員満足度(ES)が向上します。
それだけでなく顧客を豊かにします。
商品の改良や開発、営業の強化や向上を図れ、顧客満足度(CS)が向上します。
「値上げは善」という意識改革が前提となります。

値上げが「顧客第一」の理念の実践につながることを理解している社長は決して多くはありません。
普段なおざりにしがちな貢献を徹底的に掘り下げる機会となります。
本マニュアルの刊行には、会社をよくするスイッチとして「値上げ」を用いてほしいとの願いも込めました。

◆内容構成

ぜい肉をそぎ落とした明快解説です。

〔はじめに〕交渉で目論見どおりの成果を収める
1 なぜ値上げに踏み切るべきか
  正しい値上げ交渉は互いを豊かにする
2 値上げには環境の整備が先決
  マネジメント&マーケティングを正す
3 値上げ交渉を成功へ導く準備
  新たな価格設定を認めてもらうために
4 手はずを整えて値上げ交渉へ
  全員が勇気と自信を持って動き出そう
5 値上げ交渉で使える実践技術
  これで難しい場面を何とか乗り切れる
6 値上げ交渉のケーススタディ
  収益確保と生き残りを叶えた成功事例
7 値上げ交渉のワークショップ
  最優先すべきはタイムテーブルづくり
〔あすから〕ロイヤル・カスタマーの確保を狙う

幹部や精鋭を対象とした社内研修のテキストにも最適です。

◆仕様・価格・特典

1)A4判・横位置・約90ページ。バインダー入り
2)価格:30,000円(消費税別途。送料込み)

『値上げ交渉マニュアル』の発売を記念して、特典を用意しました。
購入者にもれなく和田創著『社長の営業力 〜トップセールスによる大きな数字のつくり方』を進呈します(予定数に達し次第、終了します)。
会社を回せる、もしくは社員を養える優良顧客・大口商談を取り込むポイントを四六判・ 235ページの書籍にまとめています。
社長の勉強会などで使われ、高い評価を得てきました。

『値上げ交渉マニュアル』『社長の営業力』を合わせてご利用くださることで収益伸長に大きな弾みがつきます。

『値上げ交渉マニュアル』

『社長の営業力』

◆値上げはプロジェクト方式で遂行

値上げは「営業の交渉」でなく「経営の意思」であり、決断が素早い中小企業、それもオーナー企業ほど行いやすくなります。
社長のリーダーシップが重要になるのは当然として、「プロジェクト方式」で遂行します。

値上げ交渉の成否は、事前準備でほぼ決まります。
顧客に提供する価値を高められるなら、価格を上げるのは難しくありません。
当社は、クライアントを値上げできる会社にすることを使命と考えきました。
コンサルティング&ファシリテーションを通じて「値上げプロジェクト」の発足⇒運営⇒実行⇒成功に寄り添っています。

「値上げプロジェクト」

◆値上げ交渉の研修とセミナーも実施

当社は「値上げ交渉」をテーマとした企業研修と公開セミナーを行ってきました。
今回発売したマニュアルはその際に用いる講師用テキストをベースにしています。

なお、公開セミナーについては「値上げ交渉の進め方」と「値引き対策の進め方」を2日連続で開催しています。
どちらも利益率を高めるための具体的な方策です。
せっかく値上げに踏み切っても値引きに頼っては意味がありません。
セットでの受講をお奨めしています。

「値上げ交渉研修」

「値上げ交渉セミナー」

「値引き対策研修」

値引き対策セミナー

和田創研ウェブサイト

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

格安営業代行サービス|オンライン商談システム利用

低費用&高効率、一商談当たりコストが50〜90%低下!
オンライン商談システムによる営業代行サービスが登場
「対面商談」の非効率や空振りが大幅に減少!

和田創研は現下の経営課題となる「営業生産性向上」を支援するために、最先端のオンライン商談システムによる格安・簡易タイプの営業代行サービスを2018年10月15日にリリースします。

業種や規模はそれほど問いませんが、おもにルーティン系やルート系といった定期的な訪問、定型的な商談など、顔出し主体の顧客回りに適用できます。
また、一部のBtoC営業に適用できます。
さらに、資料請求など見込客対応、引き合いなどの新規顧客対応も可能です。

本サービスを利用することにより「対面商談」の非効率や空振りが大幅に減少します。

◆絶大なメリット

オンライン商談システムを利用した営業代行サービスのメリットは絶大です。

営業活動が不活発な会社では営業社員一人の1日の商談が1〜2件に留まります。
活発な会社でも足を運べるのは4〜5件が精一杯です。
それが8〜12件に跳ね上がったうえに、正社員の雇用コスト(諸経費を含む)の半分前後に収まります。
したがって一商談当たりのコストは50〜90%も低下します。
(既存の営業代行業者とも連携し、9か月ほどの試行錯誤を経て達成した数字です。)

本サービスでは大手企業での営業経験者、営業に強い在宅ワーカーも携わります。
トレーニングを積んでおり、誠実で丁寧な面談に努めます。

1.営業人件費削減
2.営業諸経費ゼロ
3.営業採用難解消
4.商談件数増加
5.顧客接触頻度向上
6.顧客満足度向上
7.営業収益性改善
8.在宅勤務(時短社員)制度導入⇒併用可能


2〜3年でオンライン商談に対するアレルギーはきれいに消えます。
9割近くに達した米国を追いかけるように日本でも爆発的に普及します。
実は、多忙な顧客もオンライン商談の「簡便性」を歓迎しはじめました。

◆中小企業こそ営業の見直しを!

経営環境の厳しい中小企業こそ販売・受注の見直しを急ぐべきです。
正社員の雇用コストと比べて、ほんのわずかな金額で始められます。
貴社都合・事情に合わせ、1か月〜3か年で切り替えます。
(正社員は高付加価値な案件営業に取り組むことができます。)

まずはお気軽な「テスト兼トライアル」をご利用ください。

「営業代行サービス 簡易・格安タイプ」

クライアント(受託先企業)の協力も得ながら改善とブラッシュアップに努め、平均で一商談当たりコスト80%低下を目指しています。

和田創研ホームページ

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新規開拓営業刈り取りツール「SALESgear」

営業ツールを活用した数字づくり
販売・受注を大幅に上積み

============================

新規開拓営業刈り取りツールでスムーズクロージング!
優良顧客獲得支援サービス「SALESgear」誕生

長文になりますが、ニュースリリースの主要個所をそのまま掲載します。
どうかお目とおしください。

◇◆◇

株式会社和田創研(所在地:東京都中央区、代表:和田創)は営業の数字づくりの一環として、優良顧客獲得支援サービス「SALESgear」を2018年10月1日にリリースします。
成約誘導効果を重視した新発想の「新規開拓営業刈り取りツール」です。

会社として社員に営業ツールを与えれば開発営業が活発になり、販売・受注の大幅な上積みを図れます。

《開発背景・趣旨》
競争激化、市場縮小、景気後退・・・・。
こうした環境でも前年割れを防ぐには「習慣性の客回り」に代表される通常営業に留まるわけにいきません。
「新規開拓」などの開発営業に取り組むことが必須となります。
ところが、その初期〜中期段階に立ちはだかる壁は高くなるばかりです。

社長が社員に「やれ」と言ってもやらないワケは、「いやだから=おもにストレス」「できないから=おもに能力」の2つに突きます。
社員が自ら踏んでいるブレーキを緩めることが先決といえます。
いまや、数字づくりに「営業ツール」が欠かせません。

予算達成、勝ち残りへ、「SALESgear」は開発営業の推進・加速を後押しします。

「優良顧客獲得支援サービス(新規開拓営業刈り取りツール)」

◆営業ツールと説明ツールの違い

その営業ツールですが、日本では属人的な要素に頼る企業が多く、活用がほとんど進んでいません。
たいてい会社案内や事業案内、製品カタログや商品パンフレットなどの「説明ツール」を営業ツールと勘違いしています。
これらで望ましい成果を収められるのは、一握りの優秀な営業社員だけです。

実は、営業ツールと説明ツールは性格がまるで対照的です。

◇営業ツールと説明ツールの違い
図版 営業ツールと説明ツールの違い







営業ツールには、「自社について語る」のと「顧客について語る」のではどちらが有効か、有利かという問題提起があります。
説明ツールでは顧客接点で盛り上がりません。
当社がとりわけ新規開拓での積極的な活用を呼びかける最大の理由です。

また、収益伸長の「即効性」において営業ツールは営業研修よりも断然勝ります。
並の営業社員をハイパフォーマーに変えます。

「新規開拓営業刈り取りツール」

◆営業ツールの役目

「SALESgear」は新規開拓のスタートからゴールまでの「プロセス/ネック」に即し、初回面談から継続面談、そして商談成立へナビゲートします。
例えば「訪問/行けない・会えない」⇒「面談/話せない」⇒「関係形成/通えない」⇒「商機発見/見出せない」⇒「案件育成/育てられない」⇒「商談成立/決められない」。
新規開拓にまつわる社長の悩み、社員の苦しみをすっきり・まるごと解消します。
ストレスフリー、スムーズクロージングが実現します。

◇営業ツールのアイテム(一例)
1.テレアポトーク(初回面談の約束を取りつけ)
2.おみやげ(面談を継続。開発営業でもっとも難しい「通う」が可能)
3.アプローチブック(初回面談・初期面談を円滑化。スライドショーやモバイルに展開)
4.サーベイシート(具体的な宿題や引き合いを創出)
5.ビジネスマップ(会社・事業・商品、工程などの全容を印象づけ。俯瞰・一覧が可能)
6.ビジネスチャート(特色、ラインアップ、効果などを際立たせ。発注を誘引)
7.汎用提案書(ひな形の使い回しで提案の効率と効果を向上)
8.質問話法(顧客理解を深める質問・観察を標準化)
9.営業憲章(この会社や職場で営業として働くからにはやり抜く掟、顧客への誓い)
10.ソリューションマニュアル(営業活動のステップとアクションを標準化)

全ツールに共通するのは、「カスタマー・ファースト」の精神。
見込客の目と心を捉え、共感と感動を醸成します。

「SALESgear」は顧客に用い、広げ、見せ、読むだけです。
「習うより慣れよ」。営業ツールを使ううちに開発営業が身につきます。

◆営業ツールの効用

営業ツールを用いることでさまざまな効用を得られます。

1.開発営業へまい進しはじめます。
2.営業の組織風土がよみがえります。
3.決定権者への働きかけが苦になりません。
4.相手とのやり取りが深くなり、面談が充実します。
5.見込客を追跡するきっかけとなります。
6.見込客も増え、商機も広がります。
7.見込客の手元に置かれます。
8.知名度・認知度・理解度が高まります。
9.話題になります。口コミが広がります。
10.会社説明会や面接などで求職者を惹きつけられます。

社長が「新規開拓をやれ」と言うからには、社員がやれるようにしましょう。

◆営業ツールの目的

営業ツールを用いることでさまざまな目的を果たせます。

1.引き合いの創出(問い合わせの増加、資料請求の獲得)
2.きっかけの刈り取り(引き合い、展示会来場者、セミナー参加者、来店者の着地)
3.商談の成立(販売・受注。なかでも有力顧客・大型案件の取り込み)
4.更新・継続(買い替え。契約の延長)
5.顧客の奪取(他社から自社への切り替え。競合の牙城の切り崩し)
6.収益の伸長(技術スタッフの戦力化。営業未経験者・成績低迷者の底上げ)
7.代理店対策(販売・受注実績を上げられないチャネルの強化・テコ入れ)
8.全員営業の実践(間接・製造部門の巻き込みの円滑化。戸惑いや不安の払拭)
9.FC展開の加速(事業説明会参加者の加盟率の改善・向上)
10.量販店対策(本部商談を通じた新商品・重点商品の売場確保・大量陳列)

営業ツールは業績低迷の治療薬、業績回復の特効薬にもなります。

◆先端分野の商談への活用

ロボット、AI、IT、クラウドサービス・・・。
技術革新の進展にともなって新規商材が続々と登場しています。
話題性や注目度が高く、既存商材と比べて見込客に恵まれていますが、だからといって成約がたやすいわけでありません。

クロージングの決め手は予算と権限を持つ「社長」との踏み込んだやり取りです。
概して文系出身が多く、年齢が平均寿命に近づいています。
良好な関係を形成したうえで、平易な言葉で商品を理解させなければなりません。
「顧客第一」に基づく営業ツールはこのどちらにも貢献します。

なお、窓口は安く契約すると社内評価が上がる立場であり、相見積もりを取ることが仕事です。
営業としては不要な性能や機能、スペックまで持ち出され、無意味な商品・価格比較に陥ることを防ぐべきです。

◇営業ツールの特色
1.上層部との接触(気後れや緊張が減る)
2.納得の引き出し(決定権者に分かってもらえる)
3.値引き幅の縮小(相見積もりを防げる)

◇営業ツールの効果
1.スパンの短縮(商談期間が縮まる)
2.スケールの拡大(商談金額が膨らむ)
3.アベレージの向上(商談成功率が高まる)

「SALESgear」はより早く、より大きく、より確かに、先端分野の商談を成功へ導きます。

「優良顧客獲得支援サービス」

◆代理店を募集、同業者と協業

当社は「SALESgear」の代理店を募集しています。
高付加価値な収益源になります。

また、広告・SP代理店、営業・テレアポ代行会社、DM・メール配信会社、ウェブマーケティング・MA会社、コンサルタント会社、印刷会社など同業者との協業も推進しています。
収益を積み増せるだけでなくクライアントの満足度を高められます。
さらに、安定したリピート需要を見込めます。

当社は本サービスに関する説明会を随時開催しており、説明会と同一内容を収めたDVDも用意しています。
お気軽にお問い合わせください。

「営業ツール制作・活用セミナー」

「営業ツール制作・活用セミナー DVD」

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。新規開拓など開発営業の加速による収益伸長・業績向上を長らく支援しています。
クライアントはおもに苦境に直面する業界・市場・地域の最大手でした。そして、ほぼ共通のプログラムで営業強化・業績テコ入れを成し遂げてきました。それが代名詞となった「提案営業研修標準講座」です。1990年代は8日間、2000年代は10日間を要し、2010年代は「10〜14日間いただければ営業を立て直します」と社長に誓っています。現在ではクライアントが中堅・中小企業に広がっています。また、ストレッチ目標を掲げる元気な会社も増えています。
四半世紀を超える経験と実績を踏まえて確立したノウハウがこのたびの「SALESgear」に集約されています。

和田創研ウェブサイト

「最短営業強化プログラム)」

◆開発者紹介

和田創研代表
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。低迷企業では「再建屋」として、好調企業では「発展屋」として、業種や規模を問わず、クライアントを短期間で強く大きくしてきました。教育と指導の年間実績は百〜2百回です。

◇教育指導実績
業界・市場・地域の最大手が主体

FA・SA・OA/電機・電器/自動車・建機/部品・素材/電気・ガス・エネルギー/通信・IT・システム/ロジスティクス・運送/土木・建設/不動産・仲介/管理・保守/セキュリティ/建材・内装・リフォーム/住宅・家具/リース・レンタル/アウトソーシング・人材派遣/商社・卸・問屋/新聞・テレビ・ラジオ/広告・SP・デザイン/展示会・イベント/印刷・用紙・包材/証券/医薬/理美容/化粧品/日用品/食品・飲料/農業・漁業/エコロジー etc.
※秘密保持(契約締結)のため、業種のみ記載。

◇登壇実績
主要ビジネスセミナー会社はほぼ網羅

【マスコミ系】
日本経済新聞社、読売新聞社、日経BP社、プレジデント社ほか
【銀行系】
SMBCコンサルティング(三井住友)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、みずほ総合研究所、りそな総合研究所、浜銀総合研究所、常陽産業研究所、ちばぎん総合研究所、ぶぎん地域経済研究所、静岡経済研究所、北陸経済研究所、長野経済研究所、ごうぎん経営者クラブ、百五経済研究所、商工中金経済研究所、いよぎん地域経済研究センター、大銀経済経宮研究所ほか
【生産性本部】
九州生産性本部、中国生産性本部、四国生産性本部
【公的機関】
官公庁、地方自治体、産業経済団体、社団法人、中小企業大学校、商工会議所、商工会ほか
【教育系】
日本経営合理化協会、ジェイック、産能大学、日本生命、住友生命、マーケティング研究協会、経営管理研究所ほか

◇著作実績
日本経済新聞社、日経BP出版センター、ダイヤモンド社、東洋経済新報社、日本実業出版社など多数。
ほかに教材(テキスト)は多数。

和田創研ホームページ

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

アポ取りと刈り取りを一体化した新規開拓研修・・・最短営業強化

アポ取りと刈り取りを一体化した日本初の営業研修が登場!
怒涛の新規開拓で劇的な顧客増加と業績向上が実現

===========================

営業社員のストレス軽減、優良顧客の多数獲得を両立!

最短10日営業強化完了プログラム
「研修+アポ取りシステム+刈り取りツール」を一体化

長文になりますが、ニュースリリースの主要個所をそのまま掲載します。
どうかお目とおしください。

◇◆◇

「有望見込客創出サービス」」と「優良顧客獲得支援サービス」を組み込める、新発想の「新規開拓研修」を開発

和田創研は最短10日で営業強化を完了する「提案営業研修標準講座」に「アポ取りシステム」と「刈り取りツール」を一体化したプログラムを2018年10月1日より導入します。
営業研修では日本初の試みです。
これによって怒涛の新規開拓が可能になり、劇的な顧客増加と業績向上が実現します。
新事業・新商品の導入、新市場・新エリアへの進出も一気に加速します。
本研修は四半世紀を超えてコンテンツを磨きつづけ、絶大な評価と信頼を得ています。
このたび、営業を巡る環境の悪化を踏まえて発想の一大転換を図り、内容の改訂に留まらず効果の大胆な向上を目指しました。

《開発背景・趣旨》
市場縮小や競争激化が起こっており、予算達成へ向けて「新規開拓」の必要性が増しています。
ところが、初期段階に高い「壁」が立ちはだかります。
初回面談にこぎ着けられません。
それを乗り越えたとしても継続面談に持ち込めません。
さまざまな新規開拓研修がありましたが、大部分の営業社員がそこに苦手意識を持ち、ストレスを感じて、望ましい成果が上がっていませんでした。

アポ取りシステムと刈り取りツールを組み込める本研修はこうした最大のネックをすっきり解消します。

「提案営業研修標準講座(最短10日営業強化完了プログラム)」

◆短期間で「営業が強い会社」へ再生

当社は業種・規模を問わず、営業強化・立て直しを成し遂げてきました。
苦境や危機に直面する業界・市場・地域の最大手もたくさん含まれています。
それらのほぼすべての企業で採用されたのが、バブル後の売れない時代、成熟市場におけるロングセラーとなった「《和田創方式》提案営業研修標準講座」です。
短期間で競合を圧倒する営業力を養成し、「営業が強い会社」へ再生します。

本研修が育成目標とするのは、行動力と提案力に優れ、顧客の課題解決に貢献することができるソリューション系の人財です。
受講者のなかから東証一部上場企業などの経営者や取締役が多数誕生しています。

◆ほかにはない本研修の特色

本研修では予算必達を合言葉に、新規開拓など開発営業を活発化させて販売・受注の上積みを図ります。

最大の特色は、全員が学習でなく「仕事」として取り組むこと。
あくまでも当該年度の「営業計画」として推進しています。
研修に先立って各人がストレッチ目標を設定し、競合他社の顧客・売上・シェアを奪取します。
上司や社長を巻き込んで組織ぐるみで役立ちの限界に挑み、社長や首長など決定権者に渾身のプレゼンテーションを行います。
大型案件はもちろん、まま巨額案件が着地します。

もう一つの特色は、全社改革のムーブメントとして盛りあがること。
「顧客第一営業研修」など、クライアントがさまざまな名称で実施してきました。
社長を筆頭に、全役員・全社員が営業を通して顧客にベクトルを合わせる機会となります。
たいてい製造部門や間接部門の主要メンバーも加わります。
大勢を巻き込むほど会社がみるみる変わっていきます。

「提案営業研修標準講座(最短営業強化プログラム)」

◆技術営業・SIer養成にも有効

時代の変化、技術革新の進展につれ、本研修は理系の受講者の比率が年々高まっています。
AI、IT、RPA、ロボットなどの先端分野では営業専任がゼロという企業が珍しくありません。

また、あえて営業社員を外し、メンテナンススタッフに絞る企業も増えています。
こうしたスタッフは製品利用に関する顧客の不満や問題点をつかんでおり、ちょっとしたソリューションならば営業社員よりもやりやすいからです。

いまや売り上げづくりは総力戦の様相を呈しています。
本研修は、技術営業・SIer養成にも有効です。

◆アポ取りシステムと刈り取りツールの併用が可能

新規開拓営業を「アポ取り」と「商談」に大別します。

アポ取りでは有望見込客創出サービス「LEADpro」を活用します。
アナログな職人技と最先端のAIを融合し、高精度で優良顧客を狙い撃ちします。
営業部門が数年かかっても困難なアプローチを、当社がわずかな期間で終えます。
営業社員は商談、とくに成約に集中できます。

「有望見込客創出サービス(新規開拓営業アポ取りシステム)」

そして商談では優良顧客獲得支援サービス「SALESgear」を活用します。
スタートからゴールまで、初回面談から継続面談、商談成立へナビゲートします。
成約誘導効果を重視しており、ストレスフリーで、スムーズクロージングを図れます。
当社が新規開拓営業のプロセス&ネックに即して企画・制作を行います。

「優良顧客獲得支援サービス(新規開拓営業刈り取りツール)」

本研修はクライアントが必要に応じ、アポ取りシステムと刈り取りツールを併用することができるようになりました。
これまでの単独研修と比べ、効果が異次元に高まりました。
並の営業社員でもハイパフォーマーに負けない優良顧客・大口商談の取り込みが叶います。

◆代理店を募集中

当社は「提案営業研修標準講座」をはじめとする企業研修の代理店を募集しています。
テーマは営業分野に限らず、経営、管理、人事(採用)、事業、商品、企画と広範囲です。
高付加価値な新収益源として加えてください。
有望見込客創出サービス「LEADpro」と優良顧客獲得支援サービス「SALESgear」の代理店も募集しています。
お気軽にお問い合わせください。

「教育研修事業代理店募集」

「提案営業研修標準講座」

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
新規開拓など開発営業の加速による収益伸長・業績向上を長らく支援しています。

クライアントはおもに苦境に直面する業界・市場・地域の最大手でした。
そして、ほぼ共通のプログラムで営業強化・業績テコ入れを成し遂げてきました。
それが代名詞となった「提案営業研修標準講座」です。
1990年代は8日間、2000年代は10日間を要し、2010年代は「10〜14日間いただければ営業を立て直します」と社長に誓っています。
現在ではクライアントが中堅・中小企業に広がっています。
また、ストレッチ目標を掲げる元気な会社も増えています。

四半世紀を超える豊富な教育指導の経験と実績を踏まえて確立したノウハウがこのたびの「提案営業研修標準講座」の刷新に反映されています。

和田創研ウェブサイト

◆開発者紹介

和田創研代表
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。
低迷企業では「再建屋」として、好調企業では「発展屋」として、業種や規模を問わず、クライアントを短期間で強く大きくしてきました。
教育と指導の年間実績は百〜2百回です。

◇教育指導実績
業界・市場・地域の最大手が主体

FA・SA・OA/電機・電器/自動車・建機/部品・素材/電気・ガス・エネルギー/通信・IT・システム/ロジスティクス・運送/土木・建設/不動産・仲介/管理・保守/セキュリティ/建材・内装・リフォーム/住宅・家具/リース・レンタル/アウトソーシング・人材派遣/商社・卸・問屋/新聞・テレビ・ラジオ/広告・SP・デザイン/展示会・イベント/印刷・用紙・包材/証券/医薬/理美容/化粧品/日用品/食品・飲料/農業・漁業/エコロジー etc.
※秘密保持(契約締結)のため、業種のみ記載。

◇登壇実績
主要ビジネスセミナー会社はほぼ網羅

【マスコミ系】
日本経済新聞社、読売新聞社、日経BP社、プレジデント社ほか
【銀行系】
SMBCコンサルティング(三井住友)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、みずほ総合研究所、りそな総合研究所、浜銀総合研究所、常陽産業研究所、ちばぎん総合研究所、ぶぎん地域経済研究所、静岡経済研究所、北陸経済研究所、長野経済研究所、ごうぎん経営者クラブ、百五経済研究所、商工中金経済研究所、いよぎん地域経済研究センター、大銀経済経宮研究所ほか
【生産性本部】
九州生産性本部、中国生産性本部、四国生産性本部
【公的機関】
官公庁、地方自治体、産業経済団体、社団法人、中小企業大学校、商工会議所、商工会ほか
【教育系】
日本経営合理化協会、ジェイック、産能大学、日本生命、住友生命、マーケティング研究協会、経営管理研究所ほか

◇著作実績
日本経済新聞社、日経BP出版センター、ダイヤモンド社、東洋経済新報社、日本実業出版社など多数。
ほかに教材(テキスト)は多数。

和田創研ホームページ

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

値引き対策の決定版 〜シビアな値引き要求への対応法

中小・下請けでも値引き要求を跳ね返せる実践テクニックあれこれ
「値引き対策」決定版DVDを発売

==============================

営業の数字づくり支援の一環として、社内研修DVD「値引き対策 利益改善決定版」をリリースしました。
高評価の企業研修「値引き対策」のエッセンスを収録しており、優れた学習効果が得られます。
営業活動の現場で飛び出すシビアな値引き要求にどう応じるか、シビアな値引き要求をどう和らげるか、だれでも使える多彩なテクニックを公開しています。
値引き対策のすごさはただちに利益率が高まり、利益額が増えることにあります。

また、値引き要求はクロージングの段階で入りやすく、対応のまずさが原因で商談自体が壊れることも珍しくありません。
値引き対策のツボを押さえることでスムーズな刈り取りも行えます。

◆値引き対策は営業の永遠の課題

世界経済、そして東京五輪を控えた日本経済は総じて好景気が続いています。
しかし、商談では依然として厳しい値引き要求が飛び交っています。
とくに値引きに泣かされているのが力関係の弱い中小企業、下請け企業です。
また、大手企業とて値引きに苦しめられています。

成績の振るわない営業社員はややもすると顧客へ怒りの矛先を向けます。
しかし、自らがクロージングの決め手として、安易に値引きに頼ってきた経緯があります。
売り上げが立っても利益が出ない不毛の商談になることを防ぐべきです。
例えば、これまで何の疑問も持たずに「10%」を値引いてきました。
それを営業努力により、「9%」で踏みとどまります。
わずか「1%」の違いでも、積み重なると勝ち組と負け組の格差になります。

営業社員一人ひとりが適正な利益を確保することが会社の存続や成長につながります。
値引き対策は営業活動における永遠の課題といえます。

◆内容構成

‐鐡綣蠱覆任盡困蕕擦訝涌きはある
∩完が実行できる値引き対策の急所
E渡辰覆匹任涼涌き要求への対応法
じ積書を用いた基礎的な値引き対策
ヂ┣椎宗価格表による値引き減らし
Ψ擇刺し違えるだけで利益は保てる
値引き要求を跳ね返すトークの基本
┐茲ある値切りに応酬話法で備える
値引き要求に即効性の高い対応策13
試す価値のある値引き対策いろいろ
驚くほど利くパフォーマンスのコツ
顧客の納得を引き出せる値引き対策

◆仕様・価格

研修や会議に適した短時間の「講義」に加え、本格的な「テキスト」がついています。
しかも学習効果が高まるように「要点記入式」にしました。
また、まとまった時間を取りにくい職場では、社員が順番に自習することができます。

々峙漸酸次別90分)
 講義を聞き流すだけでも相応の効果が得られます。
■丕庁謄謄スト(36頁。出力可)
 テキストはA4判・横位置・36ページ。デジタルデータですので何人でも何度でも出力して使えます。
2然福18,000円(消費税別途。送料込)

「値引き対策DVD」

◆値引き対策の研修とセミナーを実施

当社は業種・規模を問わず、BtoB・BtoCを問わず、「値引き対策」をテーマとした企業研修と公開セミナーを行ってきました。
要望に応じて、ロールプレイを交えています。
これまでに無数のブラッシュアップを重ね、内容の完成度と有効性を高めました。
今回発売したDVDはこのテキストから営業社員が普段の商談で即座に繰り出せる箇所をピックアップしたものです。

なお、企業で行う研修にはテクニックの駆使による実践的な緩和だけでなく、営業活動の見直しによる根本的な回避を目指す内容が組み込まれています。
こちらもどうかご利用ください。

「値引き対策研修」

「値引き対策セミナー」

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりのコンサルタントです。
新規開拓など開発営業の加速による収益伸長・業績向上を長らく支援しています。

クライアントはおもに苦境に直面する業界・市場・地域の最大手でした。
そして、ほぼ共通のプログラムで営業強化・業績テコ入れを成し遂げてきました。
それが代名詞となった「提案営業研修標準講座」です。
1990年代は8日間、2000年代は10日間を要し、2010年代は「10〜14日間いただければ営業を立て直します」と社長に誓っています。
現在ではクライアントが中堅・中小企業に広がっています。
また、ストレッチ目標を掲げる元気な会社も増えています。

四半世紀を超える豊富な教育指導の経験と実績を踏まえて確立したノウハウが「値引き対策研修」および「値引き対策DVD」に集約されています。

和田創研ウェブサイト

「最短10日営業強化完了プログラム」

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新規顧客アポ取り有効度ナンバーワンシステム 説明会

有望見込客創出サービス
LEADpro

有望見込客創出サービス「LEADpro」の説明会を追加開催します。
異次元の効果と効率を両立させた新規顧客アポ取り有効度ナンバーワンシステムです。
十分にご納得いただけるように質疑応答の時間を設けています。

優れた商品があるのに、売込先との接触がままならない状態も打破できます。
新事業の展開、新市場や新地域への進出もスムーズになります。

貴社の商品を必要とする見込客を丁寧にしかも迅速に掘り起こします。
今年度の予算達成に間に合わせられます。

説明会では代理店も募集しています。
また、広告・SP代理店、営業・テレアポ代行会社、DM・メール配信会社、ウェブマーケティング・MA会社、コンサルタント会社、印刷会社など同業者との協業も歓迎します。
高付加価値な新収益源として本サービスを加えていただければ幸いです。

なお、本サービスの資料をご用意しています。
ご関心があれば、すみやかにPDF版をお送りします。
LEADpro」ウェブサイトの問合せフォームからご請求ください。



日 程◇2018年9月12日(水)
時 間◇いずれかをお選びください。
    1回目:14:30〜16:30(午後の部)
    2回目:18:00〜20:00(夜間の部)
内 容◇新規顧客アポ取り有効度ナンバーワンシステム
    有望見込客創出サービス説明会
会 場◇JR東京駅近く(後日連絡)
    ※東京・銀座に変更になる場合あり。
参加費◇3千円(消費税別途)
備 考◇希望者は終了後に30分の相談タイム

本説明会のご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「有望見込客創出サービス説明会

説明会と同一内容のDVDもご用意しました。
当日ご参加が難しい方はどうぞ。

⇒「有望見込客創出サービス説明会 DVD」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

アポ取りは外部委託が主流へ LEADpro

有望見込客創出サービス

新規顧客アポ取り有効度ナンバーワンシステム
LEADpro

見込客獲得と商談成立を考える情報誌『新規顧客開拓 Vol.1』より転載。



営業社員は新規開拓そのものを嫌っていません。
顧客が増え、収益が伸びるのですから当然です。
ところが、入口となる新規顧客との接点づくりにストレスや恐怖を感じています。

新規開拓に携わる営業社員でも年間のアポ取りは多くありません。
それがまして大型案件につながる可能性のあるアポ取りはごくわずかです。
高いシェアを有する企業なら問い合わせや引き合いが入るかもしれません。
しかし、大手企業でさえ新事業や新商品となると話は別です。
こちらから働きかけて面談の約束を取りつけなければ、新規開拓は始まりません。

しかも、アポ取りがどんどん難しくなっています。
嫌がることを命じると営業社員のモチベーションが下がり、離職率が上がります。
そうでなくても人手不足が深刻であり、とくに営業社員の採用は絶望的です。

さらに、ワーク・ライフ・バランスが叫ばれ、ブラック企業が糾弾されています。
概して営業の職場は退社が遅くなりやすく、いまだに生産性の暗黒大陸です。
いまや長時間労働から抜け出すことが人材の確保と定着に必須となりました。

こうした状況を背景にし、新規開拓に著しい変化が起こっています。
アポ取りと商談を切り分ける企業が増えているのです。
外部の専門家にアポ取りをアウトソーシングするようになりました。
生産性を重視する米国などの営業先進国では役割分担が明確になっています。
日本でも2割を超えたという声も聞こえてきます。

実際、営業社員は既存顧客への対応に追われています。
その合間にアポ取りをやらせるのは酷ですし、どうしても後回しにされます。
一人の営業社員がすべてを担うことはもはや限界です。
アポ取りから営業社員を解放することで新規開拓に弾みがつきます。
収益の伸長と生産性の向上の両方を成し遂げられます。
(新規開拓に弾みがつかないのはその門を潜る前に扉で跳ね返されているから。)
アポ取りは外部委託が主流です。



和田創研ホームページ

有望見込客創出サービス「LEADpro」

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新規顧客アポ取り有効度ナンバーワンシステム

有望見込客創出サービス


新規顧客アポ取り有効度ナンバーワンシステム

LEAD pro


◇レスポンスが跳ね上がるメソッド

新規開拓をサポートするサービスをリリースしました。
わずかな期間で濃い見込客をたくさんつくります。
営業部門が数年かかっても困難なアプローチを、最速1か月で終えます。

成功率が抜群のアポ取りメソッドを用います。
現時点でこれよりも有効な手法はありません。
ダイレクトメールやメール配信、テレアポと比べてレスポンスが跳ね上がります。

新規開拓で最大の壁となるのは入口(アポ取り)です。
大部分の営業社員が苦手意識を持ち、ストレスを感じています。
本サービスを利用するなら、商談と成約に集中することができます。

◇最大の特色は異次元の見込客獲得

貴社との打ち合わせを踏まえ、異次元の見込客獲得を成し遂げます。
概して、有力企業の上層部ほど効くシステムです。
(作業レベルの代行サービスとの決定的な違いです。)
優良な新規顧客を増やし、業績拡大と社業発展を叶えられます。

☑ 業種別・市場別アプローチ
  ターゲティングが明確ですので的中の確率が増します。
☑ 規模順アプローチ
  最大手など、規模の大きい企業から働きかけます。
☑ 地位順アプローチ
  社長など、地位の高い人物から働きかけます。
☑ 見込客の質の高さ
  予算と権限を持つトップですので商談成立の可能性が増します。
☑ 見込客の量の多さ
  主要な業種・市場なら、数十社〜数百社を想定しています。

新規開拓は商談の成立以前に見込客の獲得が苦労です。
商品で異なりますが、1件当たりの費用は相当な金額です。
本サービスを利用することによりコストを大幅に圧縮できます。

同業者のいかなるアプローチよりも高いパフォーマンスをお約束します。
狙い澄ました見込客とのコンタクトでは、1ケタ、2ケタの開きがあります。
(効果保証制度あり。)

和田創研のホームページから、メールか電話にてお問い合わせください。
(唯一無二のシステムであり、HPではノウハウを公開していません。)

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新規開拓・飛び込みキャンペーンを展開!

私が東京駅会場で行った「社長の営業活動」のセミナー。
たいてい「社長の打ち手」のセミナーの翌日になる。
そこに、馴染みの社長が現れた。
贅肉のない体に乗っかった顔は日焼けで真っ黒!
縮小が進む「高級和菓子市場」の周辺に位置する社員百名ほどの中小企業だが、業績は絶好調とのこと。
私のセミナーに5〜6回は参加してくださった。
しかも、同じセミナーも幾度か受講している。
私はその姿勢に熱心さはもちろん執念を感じる。

和田創研が主催するセミナーは、おもに社長や役員、部長クラスが対象となる。
かたや都銀や地銀などが主催するセミナーは、おもに営業管理者や営業担当者が対象となる。
こちらには大勢が集まる。
私は主催者にも参加者にも派遣者にも深く感謝している。
それにより社員は力をつける。
しかし、社長は、社員に営業を学ばせれば売り上げが伸びるという思い込みは捨てたほうがよい。
まして目に見えて業績がよくなるという状態は望めない。

私が見るところ、業績が好調な企業に共通するのは、社長が率先して営業を学んでいることだ。
社員に「営業セミナーに行ってこい」でなく、自分が「営業セミナーに行ってくる」である。
先に社員に受けさせるのは、順序を間違えている。
トップ自らが営業に対する正しい理解と深い愛情を持つことが、社員が営業を学ぶ効果を高めるうえでの前提条件となるのだ。

馴染みの社長は「社長の営業活動」の終了時、和田創研が主催する9月、10月のセミナーのうち、3本への参加の意向を表明してくださった。
となると、十回くらいは受講する。
同社は、まもなく全営業拠点・営業マンを巻き込んで怒涛の「飛び込みキャンペーン」を展開する。
新規開拓に一斉に打って出るわけで、成長の勢いにさらに加速がつく。
社長は帰り際、私がよく用いる「残存者利益」という言葉を持ち出し、それを狙っていると宣言した。
勝ち組企業は向かい風が吹き荒れる環境であろうと、突き進んでいく。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

値引き競争に巻き込まれる…営業の差別化とは?

市場の成熟度が年々深まっている。
顧客については期待水準の上昇、自社(営業)にとっては競争の激化が起こっている。
それにともない営業のレベルアップが進んだ。
ただし、全体を眺めれば「がむしゃらさ」が失われ、レベルダウンが進んだ。

私は、長らく「提案営業研修」を行ってきた。
指導に当たる私が絶句したり感動したりすることが珍しくない。
近年、研修の成果として、「商品利用への踏み込み⇒寄り添い(生涯収益の実現)」、「顧客ベネフィットの最大化」の限界に取り組む壮絶な提案書が増えた。
実際には、提案内容のこと。

彼らは差別化とは、「顧客への“貢献”におけるライバルとの差別化」ということがしっかりと分かっている。
数字を伸ばせない社長や社員はこれを腑に落とせない。
真の差別化が図れるなら、価格競争(値引き競争)に巻き込まれるはずがない。
提案内容が「差別化」と呼べるレベルにまったく達していないのだ。
自社の立場や観点に留まり、自社の事情や思惑に基づいて考えた差別化などナンセンス!
商談を決めるのは自社でなく、顧客である。
自社第一から顧客第一へ!

会社についてもそうだが、営業についても2極化が甚だしい。
全体としては落ち、一部が突出している。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

地銀取引先・業績立て直しセミナーが大人気

私は、長野市に本店を置く有力地銀「八十二銀行」のシンクタンク「長野経済研究所」が開催する実務セミナーで講師を務める。
テーマ(演題)は、「営業立て直し・目標必達の勘どころ」。
これまでに三菱UFJセミナー、みずほセミナー、SMBCセミナー(三井住友)、りそなセミナー、浜銀セミナー(横浜)などで採用になり、いずれも突出した評価をいただいている。
また、私ども・和田創研でも東京駅周辺会場でほぼ毎月開催する大人気講座である。

実は、長野経済研究所から依頼が寄せられた当初のテーマは「社長と幹部の営業活動(仮題)」だった。
それが先方(事務局)との話し合いにより、「営業立て直し・目標必達の勘どころ」に変わった。
目標未達に陥って苦しむ中小・零細企業が多いということだろう。
地元密着の営業を行う地方銀行(地銀)にとり、地場企業の業績回復を支援することは使命であるとともに、自らの存続に関わる問題である。

私はこれまでに幾度か大手・中堅製造業から要請を受け、諏訪など長野県を会場とした企業研修を行った。
しかし、地元の企業や機関から仕事の依頼が寄せられたのは初めて。
私は、長野県伊那市の伊那中学校で中学時代の大半を過ごした。
伊那市ではないが、長野県で講師を務めることに格別の感懐がある。
故郷に帰る気分・・・。

対象は、地域経済の衰退に直面する地場企業の社長や経営幹部・営業幹部。
テーマは、仕事の受注や商品の販売などの立て直し、それによる業績のテコ入れ。

私は当日、内需縮小や景気後退を乗り切る「目標必達のマネジメント」のポイントについて分かりやすく解説を行う。
長野県下の地場企業の取締役に参加していただきたい。
また、営業部門や営業拠点を預かる営業管理者にもきわめて有益である。

◇主催:長野経済研究所(八十二銀行)実務セミナー
◆演題:営業立て直し・目標必達の勘どころ
◇対象:経営者、営業部門管理者・リーダー
◇日時:2013年7月12日(金)午前10時〜午後4時30分
◇会場:八十二別館(長野市)
◇費用:主催者HPにて確認のこと
※テキスト代、昼食代、消費税を含む。
◇講師:和田創研代表/営業再建屋
和田 創(わだ・そう)
◇内容:1.営業幹部の使命と役割
2.部下のヤル気の引き出し方
3.営業が強い職場への再構築
4.結果を生む行動へのフォーカス
5.数字を確約する場への刷新
6.目標未達の悪循環の打破
7.目標を裏づける行動の創案
8.即座に使える目標必達の手法

なお、本セミナーの詳しい内容は、和田創研主催の「営業管理者セミナー 〜動機づけと行動改革、目標管理の手法」のセミナーパンフレットに同じ。
ご参照いただきたい。

「営業管理者セミナー」パンフレットはこちら。

                       ◇

私はすべての都市銀行のシンクタンク(総合研究所)が主催するビジネスセミナーに登壇している。
また、都市銀行の紹介で、取引先(融資先)の営業立て直し、業績テコ入れにも携わってきた。
これまでを振り返り、地方銀行のシンクタンク(経済研究所など)にもかなりお世話になっていることに気づいた。
あいうえお順に並べると、以下のとおり。

山陰合同銀行(ごうぎん経営者クラブ)、静岡銀行(静岡経済研究所)、常陽銀行(常陽産業研究所)、千葉銀行(ちばぎん総合研究所)、八十二銀行(長野経済研究所)、百五銀行(百五経済研究所)、武蔵野銀行(ぶぎん地域経済研究所)、北陸銀行(北陸経済研究所)、横浜銀行(浜銀総合研究所)。
いずれも有力地銀である。
心より感謝したい。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

数字立て直しの最大のキモ…営業再建屋

私は営業再建屋として数字の立て直しに入る際、当事者を前に言い切っている。
「結果責任は私にある。結果が出なければ、どのような批判も甘んじて受ける」。
「あなた方は行動責任を果たせ。これだけはやり抜くという行動を伝える」。
私は指導を行っているが、営業を教えているのでない。営業を命じている。
したがって、社長が指導にかならず立ち会う。
大手企業でも営業統括責任者が立ち会い、それは社長か専務か常務になる。

こちらも責任を負うと宣言しているので必死である。
これをやり抜くなら絶対に売り上げを伸ばせるという確信を持てることしか伝えない。
第1に、行動に選択肢を与えると、当事者は迷いが生じる。
私と彼らの責任の所在もうやむやになる。
第2に、行動をあれこれ命じると、当事者は消化不良を起こす。
私に覚悟が決まっていないと欲張りたくなる。
どちらも行動をあいまいにするので、数字は変えられない。
まして短期間では絶対に不可能!
私は幾度か失敗を犯し、それに気づいた。

数字立て直しの最大のキモは、どこまでシンプルに命じられるかだ。

とくに営業においては、「能力」を命じるのでなく、「行動」を命じる。
能力のいることを命じると、能力の乏しい人が脱落し、全員を巻き込めない。
あっという間に諦めの空気が職場を支配する。
「できるか、できないか」でなく、「やるか、やらないか」にフォーカスする。
こんな簡単な結論に到達するのに、私は苦悶しつづけた。

私が講演や公開セミナー、企業研修で説く内容の骨格は、営業再建屋としての信念である。
すべての営業関係者が守るべき「行動の誓い」にほかならない。
ともすれば小学生でも分かるので、営業を知りたい人はがっかりする。
大きな数字をつくるのはもちろんたやすくない。
が、営業は「難しい」というよりも「厳しい」といったほうが、私の実感に近い。
ここに営業の仕事の奥深さがある。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業指導へのクライアントの要望

私が営業の指導に携わるようになり、まもなく20年を迎える。
これまでを振り返り、営業の指導に対するクライアントの要望が大きく変わった。
それは、日本の企業が置かれた経営環境、日本の営業が置かれた市場環境の厳しさが増していったことと符合する。

私は1990年代半ば過ぎに幸運に恵まれ、「提案営業」の講師として脚光を浴びた。
それがきっかけとなり、提案営業は私の代名詞になった。
しかし、私は当初から売り上げを伸ばす手段と位置づけていた。
従来の営業活動で結果を出せないなら、提案営業へ転換しようとの趣旨だった。

したがって、私はもともと「営業変革」を主眼とした講師であり、その具体的な手法として提案営業の導入や定着に力を注いできたにすぎない。
当然ながら、クライアントの関心は業績の向上にある。
むろん、私自身の関心も…。

が、現実には「営業を学ばせたい」「営業を教えてほしい」という声が多く寄せられた。
私は、先方とのやり取りのなかで、営業の研修を行うことが目的化しているとしばしば感じた。

そうした傾向に変化が表れたのが2002年〜2003年頃である。
そして、2005年〜2006年頃に変化が加速し、変化が決定的になったのが2008年秋の「リーマン・ショック」以降である。

今日、私に寄せられる声は「数字を何とかしたい」に尽きる。
これには「数字を立て直したい」と「数字を伸ばしたい」の2つが含まれる。
前者が業績不振の負け組であり、後者が業績好調の勝ち組である。
日数の短い企業研修を別にすれば、私には中間のクライアントがほとんどいない。

私は、顧客の要望に導かれるように営業講師から営業コンサルタントへ、さらに「営業再建屋」に変わっていった。
しかも、クライアントは結果を急いでおり、時間がかかってもいいという依頼はない。
私は、社長の本気に背中を押され、大ナタを振るう。
この稼業が病みつきになった。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

二代目社長に必要なのは…後継者養成セミナー

日本の会社の数のほぼ百パーセントを占める中小企業の社長の代替わりが進んだ。
時期的に、1990年代の「空白の十年」、2000年代の「衰退の十年」と重なる。
中小企業の業績は社長次第だが、彼らの弱体化が著しい。
日本経済が衰退した主因の一つである。

私は講演やセミナーで二代目社長と接し、つくづく思う。
彼らは概して、学歴の高さにも後継の地位にもコンプレックスを抱いている。
何せ創業社長から一方的に与えられたものだ。
それを悟られまいとするから、周囲に傲慢に映る。
人一倍強いプライドは、人一倍強いコンプレックスの裏返しだろう。

彼らにとって一番の良薬は、周囲の「尊敬」である。
上辺のプライドはこの先、会社を経営するうえでも、社員をけん引するうえでもマイナスにしかならない。
自ら進んで営業活動の過酷な現実に身を投じるなら、つまらないプライドはあっさりと吹き飛んでしまう。
売れない時代でもっとも嫌なことは売ることである。
それを分かっている社員は、にわかに社長を見る目が違ってくる。

なお、コンプレックスが傲慢でなく、物分かりのよさとして表れる二代目社長もいる。
根は同じ。
物分かりがよくては、とてもトップセールスで成果を収められない。
顧客との衝突を乗り越えてこそ、着地を果たせる。
そもそも営業活動の初期段階では、こちらとあちらの利害は鋭く対立するはずだ。
私は二代目社長にもっとも必要なのは、マネジメントやマーケティングの知識でなく、営業の行動だと考えている。

私は、おもに都市銀行や地方銀行が取引先向けに開催する後継者養成の講演やセミナーでも講師を務めてきた。
2時間から、せいぜい1日。
私がずっと疑問に感じてきたことがある。
数日間のコースでも「営業」のカリキュラムが組み込まれていないか、弱い。
零細・中小企業は社長が儲かる注文を取ってこられるなら、何とか回る。
コースを企画する主催者に再考を促したい。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

創業社長と二代目社長…カリスマ性の違い

一代でそれなりの会社をつくりあげた創業社長はたいてい「カリスマ性」を持つ。
それは、例えば、社員や取引先が後継者と接したとき、感覚的なものとはいえ、はっきりとした違いとして感じる。

私は指導や相談の機会を通じ、大勢の創業社長、後継者、そして創業社長と後継者と接してきた。
とくに両者を前にすると一目瞭然である。
後継者はたいていカリスマ性を持たない。
本人もそれを自覚しており、私が相談に訪れた二人をあえて交互に眺めると、目を伏せたりする。

後継者はカリスマ性のなさを恥じることはない。
しかし、カリスマ性を備えていれば社員をけん引しやすく、会社を経営しやすいのは事実である。

では、このカリスマ性とは何か。
頭を巡らせても、結局のところはつかめない。
おそらく当人が持つ、いくつかの優れた要素が絡まり合い、強い輝きとして体の内から湧き出たものでなかろうか。
発せられる光は「オーラ」とも呼ばれる。

私みたいな凡人が解き明かそうとしても難しい「カリスマ性」だが、それに「人間的な魅力」が大きく関わっているということくらいは分かる。
後継者には、ここに着目してほしい。
私は、かならずしも先天的な資質でないと考えている。

人間的な魅力を高めるというのは、人生における重大なテーマかもしれない。
そこで、話を思い切り簡素にする。
結論を述べれば、トップセールスを推し進めるのが一番手っ取り早い。
体を張り、至難の「開発営業」に挑む。

社長が会社を伸ばせる売り上げをつくろうとすると、顧客を惹きつけるほかにない。
結局、ここに行き着く。
その失敗の経験を糧に、人間的な魅力が増す。
そして、失敗の経験を土台に深い「感謝」の念は生まれるので、成功の暁にはさらに人間的な魅力が増す。
トップセールスに打ち込むことは、自らにこの好循環をもたらす。

実は、優秀な社員を招き入れるのも、つなぎ止めるのも、社長の営業力にかかる。
顧客をつかもう、社員をつかもうとする本気と根気が、社長の人間的な魅力を高める。
私はこれまでに、業務用の大型掃除機のような凄まじい吸引力を持つ創業社長を見てきた。

なお、私なりにカリスマ性の“源泉”に関する仮説は持っている。
ずばり、「骨折り得」。
経営者に「骨折り損」などありえない。
この世はほとんど「骨折り損」である。
しかし、社長がそちらに頭と心を悩ませているようでは、あまりに未熟・・・。

ところで、立派な創業社長に苦言を呈したい。
子にバトンタッチするとき、自分の成功を誇らしげに語る。
うそばっかり!
そもそもあなたの突出した人間的な魅力は無数の失敗により身についた。
親の都合で苦難を背負わせる子に、それを語ってやれ!

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

テキスト&ポスターあんど…0円キャンペーン

和田創研は、「研修用テキスト&掲出用ポスター あんど」シリーズを発売しました。
テキストできっちり学び、ポスターでたびたび目にする「教えて貼る合体教材」であり、より早くより確かに営業の意欲と能力を高めます。
「あんど」シリーズでは、教材一式をデジタルデータで提供しますので、テキストは何人でも何度でも、ポスターは何枚でも何カ所でも出力して使えます。

&02◆3大特徴
 屮謄スト」で教え、「ポスター」ですり込みますので、指導効果が飛躍的に高まります。
◆屮謄スト」は売れない市場環境で売るためのセオリーとノウハウに絞り込んでいます。
「ポスター」は日々の動機づけになりますので、社長や上司の負担が大幅に減ります。

研修用テキストは、和田創が実際に用いる「講師用テキスト」「受講者用テキスト」から成り立ちます。
「すぐ届き、すぐ使える。」「プロ講師いらず。準備・練習いらず。」をうたい文句に、前から講師用テキストを読んでいくだけで、だれでもプロ顔負けの指導が行えます。

「研修用テキスト&掲出用ポスター あんど」パンフレット」はこちら。

shachonoutite01「あんど」シリーズ第1弾商品は、「組織ぐるみ営業診断 一人ひとりの成績向上 [タイプ別]営業力の強化策」です。
営業社員を4ゾーン・16タイプに分類したうえで、それぞれについて問題克服指針を示しており、営業強化・成績向上が図れる内容です。

「一人ひとりの成績向上」パンフレットはこちら。

和田創の社員教育への情熱、和田創研の教育品質へのこだわり、そして「あんど」シリーズの抜群の使い勝手と効果を実感していただくため、第1弾商品に限り無料トライアルキャンペーンを実施します。
期間中、第1弾商品は最大9万円が0円でご購入になれます。
無料とはいえ、中身は濃厚、気づきが満載です。

kouen20130327-01-245第1弾商品のお申し込みに当たり、業種や企業規模など、若干の制約と条件があります。
パンフレットに記載の注意事項と購入手続き、購入申込書にかならずお目通しください。

なお、お申し込みが集中しますと、お届けまでに数日間〜数週間を要することがあります。
なにとぞご了承ください。

「一人ひとりの成績向上」パンフレットと購入申込書はこちら。

◆購入企業特典
毎回圧倒的な評価を獲得する和田創講演会「予算達成⇒業績回復へ 社長の打ち手」の参加割引クーポンを進呈します。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創研・営業研修教材…当面無料

和田創研は新しい営業教育システムを発売しました。
「研修用テキスト&掲出用ポスター あんど」シリーズです。
&01テキストできっちり学び、ポスターでたびたび目にする「教えて貼る合体教材」であり、より早くより確かに営業の意欲と能力を高めます。
「あんど」シリーズでは、教材一式をデジタルデータで提供しますので、テキストは何人でも何度でも、ポスターは何枚でも何カ所でも出力して使えます。

&02◆3大特徴
「テキスト」で教え、「ポスター」ですり込みますので、指導効果が飛躍的に高まります。
◆屮謄スト」は売れない市場環境で売るためのセオリーとノウハウに絞り込んでいます。
「ポスター」は日々の動機づけになりますので、社長や上司の負担が大幅に減ります。

研修用テキストは、和田創が実際に用いる「講師用テキスト」「受講者用テキスト」から成り立ちます。
「すぐ届き、すぐ使える。」「プロ講師いらず。準備・練習いらず。」をうたい文句に、前から講師用テキストを読んでいくだけで、だれでもプロ顔負けの指導が行えます。
これにより営業教育を効率的かつ低コストで行うことが可能になりました。

「研修用テキスト&掲出用ポスター あんど」パンフレット」はこちら。

shachonoutite01「あんど」シリーズ第1弾商品は、「組織ぐるみ営業診断 一人ひとりの成績向上 [タイプ別]営業力の強化策」です。
営業社員を4ゾーン・16タイプに分類したうえで、それぞれについて問題克服指針を示しており、営業強化・成績向上が図れる内容です。

診断に基づく分類は、以下のとおり。
行動力が弱く、提案力が低い「受け身営業」「見積もり営業」「無気力営業」「いやいや営業」。
行動力が強く、提案力が低い「御用聞き営業」「お奨め営業」「お願い営業」「脅し営業」。
行動力が弱く、提案力が高い「おたく営業」「生意気営業」「独りよがり営業」「閉じこもり営業」。
行動力が強く、提案力が高い「役立ち営業」「共創営業」「納得営業」「Win−Win営業」。

「一人ひとりの成績向上」パンフレットはこちら。

kouen20130327-01-245和田創の社員教育への情熱、和田創研の教育品質へのこだわり、そして「あんど」シリーズの抜群の使い勝手と効果を実感していただくため、第1弾商品に限り無料トライアルキャンペーンを実施します。
「あんど」シリーズは社員規模(従業員数)に応じた販売価格となり、会社単位の販売です。
キャンペーン期間中、第1弾商品は最大9万円が0円でご購入になれます。
無料とはいえ、中身は濃厚、気づきが満載です。
和田創は第1弾商品のコンテンツ開発に2百時間を費やしています。

第1弾商品のお申し込みに当たり、業種や企業規模など、若干の制約と条件があります。
パンフレットに記載の注意事項と購入手続き、購入申込書にかならずお目通しください。
第1弾商品の無料購入はこれに同意していただいたという前提になります。

なお、お申し込みが集中しますと、お届けまでに数日間〜数週間を要することがあります。
なにとぞご了承ください。

「一人ひとりの成績向上」パンフレットと購入申込書はこちら。

◆購入企業特典
毎回圧倒的な評価を獲得する和田創講演会「予算達成⇒業績回復へ 社長の打ち手」の参加割引クーポンを進呈します。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

社員教育無料教材…話題沸騰「あんど」0円

効果浸透、教えて貼る“合体教材”がデビュー
社員教育テキスト&ポスター「あんど」シリーズ発売
〜第1弾「タイプ別・営業力の強化策」は無料キャンペーン実施!〜


営業再建指導の株式会社和田創研は、売れない時代を乗り切る営業教育システムとして、研修用テキスト&掲出用ポスター「あんど」シリーズを発売しました。
http://wadasouken.co.jp/kyozai/&.pdf

「あんど」シリーズは、テキストできっちり学び、ポスターでいつも目にすることができる「教えて貼る合体教材」であり、より早く、より大きく効果浸透を図ります。
教材一式をデジタルデータで提供しますので、テキストは何人でも何度でも、ポスターは何枚でも何カ所でも出力して使えます。
これにより、営業教育を効率的かつ低コストで行うことが可能になりました。

&01◆「あんど」シリーズの3大特長
1.「テキスト」で教え、「ポスター」ですり込みますので、指導効果が飛躍的に高まります。
2.「テキスト」は売れない市場環境で売るためのセオリーとノウハウに絞り込んでいます。
3.「ポスター」は日々の動機づけになりますので、社長や上司の負担が大幅に減ります。

研修用テキストは、当社代表の和田創が実際に用いる「講師用テキスト」と「受講者用テキスト」から成り立ちます。
「すぐ届き、すぐ使える。」「プロ講師いらず。準備・練習いらず。」をコンセプトに、前から講師用テキストを読んでいくだけで、だれでもプロ顔負けの指導が行えます。

研修用テキスト&掲出用ポスター「あんど」 パンフレットはこちら。

&02◆「あんど」シリーズの概要
「あんど」シリーズ第1弾商品は、「組織ぐるみ営業診断 一人ひとりの成績向上 [タイプ別]営業力の強化策」です。
営業社員を4ゾーン・16タイプに分類したうえで、それぞれについて問題克服指針を示しており、営業強化・成績向上が図れる内容です。

診断に基づく分類は、以下のとおりです。
行動力が弱く、提案力が低い「受け身営業」「見積もり営業」「無気力営業」「いやいや営業」 。
行動力が強く、提案力が低い「御用聞き営業」「お奨め営業」「お願い営業」「脅し営業」
行動力が弱く、提案力が高い「おたく営業」「生意気営業」「独りよがり営業」「閉じこもり営業」
行動力が強く、提案力が高い「役立ち営業」「共創営業」「納得営業」「Win−Win営業」

0101 一人ひとりの成績向上 講師用テキスト_ページ_1◆無料キャンペーンについて
和田創の社員教育への情熱、株式会社和田創研の教育品質へのこだわり、そして「あんど」シリーズの抜群の使い勝手と効果を実感していただくため、第1弾商品に限り無料トライアルキャンペーンを実施します。
「あんど」シリーズは社員規模(従業員数)に応じた販売価格となり、会社単位の販売です。
キャンペーン期間中、第1弾商品は最大9万円が0円でご購入できます。
0101 一人ひとりの成績向上 講師用テキスト_ページ_2無料とはいえ、コンテンツ開発に2百時間を費やしており、中身は充実し、気づきが満載です。

第1弾商品のお申し込みに当たり、業種や企業規模など、若干の制約と条件があります。
パンフレットに記載の注意事項と購入手続き、購入申込書にかならずお目通しください。
なお、お申し込みが集中しますと、お届けまでに数日間〜数週間を要することがあります。

「一人ひとりの成績向上」パンフレットと購入申込書はこちら。

0102 一人ひとりの成績向上 受講者用テキスト_ページ_1◆「一人一人の成績向上」商品仕様
1)講師用テキスト(A4判・32頁。PDF)
話す内容はすべて文章化。
2)受講者用テキスト(A4判・28頁。PDF)
よく身につくポイント記入式(穴開き)。
3)演習用フォーム(A3判・1枚。Word)
「営業実態評価マトリクス」。
4)掲出用ポスター(A3判・1枚。PDF)
全判などに拡大出力のこと。

0102 一人ひとりの成績向上 受講者用テキスト_ページ_2◆「一人一人の成績向上」講座主眼(内容紹介)
本講座の主眼は、社長や上司が主導するかたちで、会社や職場の全員が率直な感想を述べ合い、互いに「営業力」を高める機会となることだ。
市場環境が厳しさを増すにつれ、成績の格差が広がっている。“一人ひとりの営業姿勢や営業方法はどのように違うのか?” 自分と同僚の仕事ぶりをシンプルな観点から振り返り、問題点をあぶり出すとともに、成績をよくするきっかけとヒントをつかむ。

09◆「一人一人の成績向上」テキスト目次(内容構成)
〔はじめに〕明確な観点で収益伸長の方向性をつかむ
1.収益を著しく左右する営業の2大エレメント
2.演習:マトリクスで実態をとらえる(単独評価)
3.演習:マトリクスで実態を話し合う(合意評価)
4.演習における最大の不都合とは何か?
5.放置できない診断結果は早急に改善せよ
6.4タイプの営業手法と営業人材に分けられる
7.引き合いを前提とした「受け身営業」の限界
8.顕在ニーズを刈り取る「御用聞き営業」の限界
9.資料づくりにいそしむ「おたく営業」の限界
10.顧客への貢献に徹する「役立ち営業」の優位性

11.[タイプ別]営業力の強化策はこれだ!
12.これからの効果的な手法、理想的な人材とは?
〔あすから〕より収益の大きな営業活動へシフトする

0301 営業実態評価マトリクス A3判 カラー◆「一人一人の成績向上」購入企業特典
和田創講演会「予算達成⇒業績回復へ 社長の打ち手」の参加割引クーポンを進呈します。

◆開発者(著者)紹介
株式会社和田創研代表・営業再建屋
和田 創(わだ・そう)
数字立て直し一筋の経営コンサルタント。
おもに「教育」を通じた成員の意識・行動改革により、組織風土の刷新、業績の拡大、成長の持続を支援する。支出削減(リストラなど)でなく収入増加による企業再生にこだわる。業種や規模を問わず、多くの顧問先を営業が強い会社に短期間で甦らせてきた。
不毛の“ガンバリズム”と決別、「環境適応と経済合理性」を2本柱とした明確な営業指導に対し、経営トップが絶大な信頼を寄せる。とりわけコンサルティングの精神とソリューションの技術に根差した“本物の提案営業”の定着に心血を注ぐ。
「営業リーダー養成コース(営業トライアスロン)」主宰。また、「丸の内経営サロン」にて社長を対象とした個別相談に応じる。さらに、MBA(社会人大学院)講師として営業教育に当たる。企業での指導を含めた年間の講演実績は2百回近く。
『社長の打ち手』『社長と幹部の営業活動』のほか、各種営業研修教材など著作は多数。

【和田創講演・セミナー実績】
とくに主要セミナー会社では膨大な数の講演・セミナーに登壇。
同一テーマで数百回の登壇も行う。
〔マスコミ系〕日本経済新聞社、読売新聞社、日経BP社、プレジデント社ほか
〔銀行系〕SMBCコンサルティング(三井住友)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、みずほ総合研究所、りそな総合研究所、浜銀総合研究所、常陽産業研究所、ちばぎん総合研究所、ぶぎん地域経済研究所、静岡経済研究所、北陸経済研究所、百五経済研究所、日本商工経済研究所ほか
〔生産性本部〕九州生産性本部、中国生産性本部、四国生産性本部
〔経営者団体〕日本経営合理化協会、ごうぎん経営者クラブ(山陰合同銀行)
〔公的機関〕官公庁、地方自治体、産業経済団体、社団法人、中小企業大学校、商工会議所、商工会ほか
〔教育系〕ジェイック、産能大学、日本生命、住友生命、マーケティング研究協会、経営管理研究所、NPO法人営業実践大学ほか
※企業での教育指導を除く。

【和田創教育指導実績】
FA・SA・OA/電機・電器/自動車・建機/部品・素材/電気・ガス・エネルギー/通信・IT・システム/ロジスティクス・運送/土木・建設/不動産・仲介/管理・保守/セキュリティ/建材・内装・リフォーム/住宅・家具/リース・レンタル/アウトソーシング・人材派遣/商社・卸・問屋/新聞・テレビ・ラジオ/広告・SP・デザイン/展示会・イベント/印刷・用紙・包材/証券/医薬/理美容/化粧品/日用品/食品・飲料/農業・漁業/エコロジー etc.
※「提案営業研修」に限定して記載。非公開につき、業種のみ記載。

【和田創著作実績】『「提案営業」成功の法則』(日本実業出版社)
『提案営業成功の極意』(日本実業出版社)
『入門講座 企画の愉しみ』(日本実業出版社)
『ビジネス企画書の作成技法』(日本経済新聞社)
『和田創の企画力養成講座』(日経BP出版センター)
『企画書のまとめ方』(産能大学出版部)
『企画の素材 企画の料理』(ダイヤモンド社)
『平成市場を読むキーワード』(サンマーク出版)
『起業の教科書(共著)』(東洋経済新報社)
※書店販売の図書のみ記載。

《お問い合わせ先》
株式会社和田創研

事業:営業立て直し・業績テコ入れ専門の教育指導
TEL :050-3786-3704(皆やろう、見直し。)
MAIL:info@wadasouken.co.jp
住所:東京都千代田区丸の内1−8−3
丸の内トラストタワー本館20F
HP:http://wadasouken.co.jp

《報道関係者の皆さまへ》
1.記事を書くうえで商品(現物)が必要でしたら、お送りします。
2.ご希望があれば、東京駅至近会場の講演会「社長の打ち手」にご招待します(毎回、社長から突出した評価をいただいています)。
3.ただし、いずれも、教育系・コンサル系・情報システム系など、当社の類似業者と個人を除きます。
4.新聞・雑誌などの読者サービスの一環として講演会を開催する際にご協力いたします(日程の調整がつくかぎり)。お気軽にご相談ください。

《産業経済団体・経営者団体の皆さまへ》
商工会議所や中小企業家同友会、生産性本部などの産業経済団体、銀行(シンクタンク)などの民間の経営者団体が会員への謝恩サービス、会員の獲得サービスとして本商品を無償提供する際にご協力いたします。お気軽にご相談ください。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ