コンサルの引き出し|和田創ブログ


だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

人生の寺子屋

知識にも効用と副作用がある。

薬には効用と副作用があるように、
知識にも効用と副作用がある。
親も教師もそれをはっきりと教えてこなかった。

取り入れた知識は、
行動に変えてやらないと、
体内で毒に変わる。

そして、どんどん溜まっていく。
いつもいらいら、ぴりぴり・・・。
満たされない気持ちが募る。

遠からず、
他者や周囲への攻撃に変わる。

自分がもっとも蝕まれる・・・。

                      ◇◆◇

私は2012年を「商品化元年」と位置づけ、この1月に2商品を導入した。
「提案営業研修教材キット」と「営業管理者レベルアップ研修教材キット」である。
ホームページやFBファンページなどでの告知がまったく追い付いていない。

にもかかわらず講演やセミナー、研修、コンサルティングの機会に注文をいただいている。
まことにありがたいことだが、これまでに手掛けた経験のない商品と販売方法なので、受注後の事務処理などに手間取り、担当が混乱を極めている。
皆、へとへと・・・。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

満たされなかったら、動け。

満たされなかったら、動け。

自分を認めてほしい。
自社を認めてほしい。

満たされなかったら、動け。

                      ◇◆◇

私は先週から来週にかけて丸3週間、企業での指導・講演・研修、公開の講演・セミナーが続いており、FBもブログも実質休止状態・・・。

ところが、和田創ブログは木曜日から土曜日まで3日連続で1日1万PVを超えている。
熱心な読者に、心より感謝したい。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

会社をつくろう。

会社をつくろう。
思う存分腕を振るえる心地よさは、
何ものにも代えがたい。

会社をつくろう。
自ら全責任を担えるプライドは、
何ものにも代えがない。

会社をつくるのに、
これといった勉強はいらない。
むしろ知識はブレーキをかける。

起業に欠かせないのは足し算と引き算、
そして掛け算と割り算。
小学校高学年程度の頭。

ちなみに、会社を潰すのは、
引き算のできない社長だ。
専門用語で「収支管理」と呼ぶ。

職業人生における自己実現の最高峰とは、
起業である。

会社をつくろう。
既知の世界から飛び出す解放感は、
何ものにも代えがたい。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

終わりよければすべてよし

「終わりよければすべてよし」。

自分を信じ、
相手を信じ、
家族を信じ、
懸命に人生を歩みつづけた人が、
この言葉を用いるとき、
重みが増す。

言い尽くせない感慨が、
そこには込められている。

すべての苦労を受け止めたうえで、
人生の最後に穏やかに言えたなら、
どんなにいいだろう。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

御の字の人生。

人生は勝ち越しでよい。
そう考えられると、
気持ちがずいぶん楽になる。
怠惰さえいとおしい。

人生は勝ち越しでよい。
そう考えられると、
負けがあまり怖くなくなる。
試練さえいとおしい。

51勝49敗。
49回もつまずけるなんて、
人生はありがたい。
大げさに悔やむこともない。
長く引きずることもない。

苦しかったら笑ってみる。

50勝50敗。
引き分けなら御の字の人生。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

貧しいとき、幸せは現れやすい。

食べるものにも不自由する貧乏はつらい。
だれだってそうした状態は避けたい。
生活に苦労はないに越したことはない。

が、
長い人生では厳しい時期が訪れる。
人により幾度も…。

ちょっとしたことでも幸せを感じられる貧乏は、
それほど嫌いでない。
確かに困りはする。
しかし、
心が落ち着く。

幸せとは大げさなものでなく、
ささやかなものだ。
幸せとはめったに得られないものでなく、
いつもそばにあるものだ。
自分がそれに気づけるかどうか。

貧しいとき、
幸せは現れやすい。
心が澄んでいるからか。

豊かなとき、
幸せは霞みやすい。
心が濁っているからか。

おそらく幸せはだれにもほほ笑んでいる。
気づく機会が多いのが貧しい人。
そう考えると、
老後にいくらか希望が湧いてくる。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私とはいまの私である。

凡人が強くなれるのは、
弱さを認めたときである。

やめよう、
自分を人に大きく見せるのは…。
やめよう、
自分を私に大きく見せるのは…。

人は皆その程度でしかない。
私とはいまの私である。
それ以上ではない。
それ以下ではない。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

人生はうまくいかない。

私は一人。
社会は大勢。

生きるとは社会で生きること。
ゆえに、自分が思うようにならない。

思うようにならないことを、
うまくいかないというなら、
人生はうまくいかない。

では、どうするか?

そう考えるところから、
ようやく人生が始まる。

うまくいかないのは当たり前だ。
うまくいかないからわくわくだ。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

自分を無事に走らせよう。

アクセルとブレーキ、
そしてハンドルが備わるから、
クルマを無事に走らせられる。
人も同じ。

職業人生は平坦でない。
長いデコボコ道が続く。

安全かつ確実に進むには、
アクセルを吹かすことと同じくらい、
ブレーキを踏むことが大事である。
また、障害を避けたり進路を変えたりするために、
ハンドルを操ることも大事である。

アクセルを吹かしっ放しだと、
クルマの負荷が大きい。
オーバーヒートや故障が起こり、
時を失いかねない。

アクセルを吹かしっ放しだと、
クルマの制御が難しい。
衝突や転落が起こり、
命を痛めかねない。

職業人生は遠く険しい。
息が上がらぬよう、
景色を眺めるもよし、
道草を楽しむもよし。

アクセルを吹かしたままでは、
ブレーキもハンドルも効きにくい。

速度をコントロールしながら、
方向をコントロールしながら、
自分を無事に走らせよう。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

才能とは度量である。

人との距離を縮めるのは、
それほど難しくない。

まずは相手を受け入れる。
まずは自分を置いておく。

相手を受け入れないかぎり、
自分はどこかに置かれたまま。

つねに他者肯定。
ときに自己否定。

そんな度量を持つ人には、
周りから幸せや豊かさが舞い込んでくる。

才能とは度量である。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

生涯何も訪れない。

行動を起こさず待つ人は、
来る日も来る日も同じ時間を繰り返す。

生涯何も訪れない。

きのうの自分をあすの自分へ変えるのが、
きょうの行動である。

こうした認識に基づく行動の積み重ねが、
人生にイノベーションをもたらす。

行動とは変化への意思表示である。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業とは行うものでない。

売れない時代では、
営業とは行うものでない。

売れない時代では、
営業とは挑むものである。

習慣性の行動から、果敢な挑戦へ。

ルーティンに甘んじず、
ルーティンを超えよう。

でなくては、成績は底を這う。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

会社をつくろう。

会社をつくろう。
思う存分腕を振るえる心地よさは、
何ものにも代えがたい。

会社をつくろう。
自ら全責任を担えるプライドは、
何ものにも代えがない。

会社をつくるのに、
これといった勉強はいらない。
むしろ知識はブレーキをかける。

欠かせないのは足し算と引き算、
そして掛け算と割り算。

ちなみに、会社を潰すのは、
引き算のできない社長だ。
専門用語で「収支管理」と呼ぶ。

職業人生における自己実現の最高峰とは、
起業である。

会社をつくろう。
既知の世界から飛び出す解放感は、
何ものにも代えがたい。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

だれだってイチローになれる。

基本ほど気づきにくい。
基本ほどやり抜けない。

それができれば、
だれだってイチローになれる。

基本はもっとも厳しい。
なぜなら、シンプルなので、
ごまかしが利かない、逃げを打てない。

やるか。
やらないか。
いずれかしかない。

営業、仕事、経営、人生…。
これらで成果を上げようとしたら、
高度な知識や特別な手法がいるわけでない。
愚直なまでに基本をやり抜く。

ちなみに、基本とは子どもでも分かることだ。
それゆえ、ウソをつきにくい。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

朝日は希望。夕日は感謝。

朝日は希望。
それは眩しい。

夕日は感謝。
それは優しい。

昇る日に祈る人もいれば、
沈む日に祈る人もいよう。

老いた私は思う。
人生とは夕日である。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

生きていれば…。

生きていれば…。

そう、美しいものに出合える。
美しいものに触れられる。

感動。

感謝。

生きていれば…。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

私は永遠に空回り…。

私の存在は、私にない。
人と人の間にある。
認められてこその存在。

私の人生は、私にない。
人と人の間にある。
認められてこその人生。

私の努力は、私にない。
人と人の間にある。
認められてこその努力。

私は、人によってしか生かされない。
生きるとは、私を人と人の間に据えること。

一人頑張る私は、
永遠に空回り…。
孤独と疲弊が激しい。

最良の才能とは、
私を人によって生かしきる能力。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

人と接したとき…。

長所と欠点。
人と接したとき、
あなたはどちらが先に見えてくるだろう。

長所が先に見えてくるとしたら、
進んで人と交われる、
人から学べる。
幸いなことに、
人と接する時間を喜びと感じる。

欠点が先に見えてくるとしたら、
進んで人と交われない、
人から学べない。
気の毒なことに、
人と接する時間を無駄と感じる。

それは、あなたの心の姿勢がもたらす、
ちょっとした違い。

でも、積み重なるうちに、
あなたの人生を決定づけるほどの差になる。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

世間は捨てたものでない。

世間は捨てたものでない。
思いのほか人をよく見ている。

自分が認められないなどということは、
ほとんどない。
力がないだけ。
成果を望めそうにないだけ。

まして、日本は衰退、経済は不振。
社会も企業もほとほと困っている。

力のある人、
成果の望める人は、
周りが放っておかない。

世間はこれと見込んだ人に、
休む暇など与えない。
年齢も無関係。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

意志と能力の一致。

私はこれしかやらない。
自らの限界意志。

私はこれしかやれない。
自らの限界能力。

研ぎ澄まされた意志と能力の一致、
そして融合…。
迷いが消える。

これしかやらない。
これしかやれない。

仕事、経営、人生において、
大きな成功を収める人はそうした美意識を育んでいる。

己の限界を直視し、受容する。
可能性の扉が開かれるのは、そこからだ。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

自分は正しい。

私が一番苦手なのは、
自分が正しいと思っている人。
だって、退屈だから…。

そもそも自分が正しいなどということがありえようか。
仮にそうした人がいるなら、
大勢が教えを求め、門前に列をなしている。
が、私は間違わない人に一人として会っていない。

人間は誤謬の動物。
人生は誤謬の連続。

自分は正しい。
そう思った途端、周りがバカに見えてくる。
人がどんどん離れていく。

自分は正しい。
そう思った途端、頭はもちろん心も固まる。
人がどんどん置いていく。

自分は正しいと思う人に、
世間は居場所を与えない。

自分は正しい。
そのしかめっ面を何とかしてくれ。
あなたに家庭や職場、社会を暗くする権利などない。

人は間違う。
人生、おおいに間違おうではないか。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

人として死んでいく。

私たちは人として生まれ、
成長につれて男と女に別れ、
老いとともに人に戻る。
そして、最後は土へ帰る。

死ぬときは男でも女でもない。
人として死んでいく。

長年十分に頑張ったというご褒美か、
すべての役割から解き放たれる。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年11月公開講座

地を舐める社長。空を駆ける社長。

いまどきの社長はかなり頑張っている。
そうでなくては会社が回っていかない。

でも、業績には天地ほどの開きが出る。
地を舐める社長。
空を駆ける社長。
文字どおり「雲泥の差」。

社長は頑張って当然なのだ。
社員の生活がかかっている。
頑張る自分に納得したらお仕舞い!
会社は半ば終わっている。

問題は、そのありよう。
社長が頑張るとは「何かを違えること」。

今日の経営とは、変化の創出にほかならない。
それはトップの専権事項である。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

りそな総合研究所20091116

世間はよく見ている。

世間が人に下す評価とは結局、
行動評価である。

世間が人に認める価値とは結局、
行動価値である。

日々いかなる行動を起こしているか、
世間はよく見ている。

行動しか成果を生み出さないことを、
世間はよく知っている。

豊かさも、幸せも、
行動する人についてくる。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

人は行動を嫌う。

人は行動を嫌う。
なぜか?
結果が出てしまうから。
就活でも、婚活でも、タスクでも、起業でも…。
あぁ、気が重い。

行動を起こすと、自分の能力が丸裸になる。
行動を内緒にしておけば、
結果を周囲に知られることはないが、
自分はごまかせない。
行動の結果を受け入れざるをえない、
そのストレスに耐えられないのだ。

行動を起こせば、失敗が増える。
恥をかくし、バカにされる。
いいでないか。
振り返るまでもなく、
自分などたいしたことはない。
行動を起こさなければ、失敗が減らせる。
恥をかかないし、バカにされない。

自分に成果をもたらすのは、行動だけである。
1日、1週、1月、1年…。
限られた時間のどれくらいを行動に費やしたかにより、
私たちが手にする成果が決まる。
行動を起こさないかぎり、何一つ変えられない。
何一つ変わらない。

不遇をかこつ人に共通するのは、
行動の絶対量が圧倒的に足らないこと。
世間は成果でしか評価しない。
自分の居場所を見つけられないのは、
行動を起こさないから…。
成果の出しようがない。
まして活躍の場は得られない。
募る寂しさ、昂じるイライラ…。

自責こそ自信。
自責こそプライド。

自分の行動に片っ端からブレーキをかけているのは、
ほかならぬ自分である。
人生でも、仕事でも、経営でも…。
行動を起こす前から結果を案じ、結果を恐れ、
行動をためらう。

勇気こそ才能。
勇気こそアドバンテージ。

私が人を見る関心は、いたってシンプル。
どのような行動を起こしているか。
どれくらい失敗を犯しているか。
ささやかな成果は後からついてこよう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年11月公開講座

ジリ貧の人生。ジリ貧の経営。

頑張っている。
でも、ジリ貧の人生。ジリ貧の経営。
なぜだろう?

それは「挑戦」がないこと。
できること、できそうなことの繰り返し。
だから、失敗はなし。

やっている中身が変わらなくては、
人生も経営も変わらない。
時代に置いてきぼり…。

変わるが勝ち!

人生のご褒美。経営のご褒美。
それは変化への挑戦によりもたらされる。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

あれがない。これがない。

あれがない。これがない。
そう嘆くのはやめよう。
嘆いているうちに、知恵も勇気もなくなる。

あれがない。これがない。
それは失うものが何もないということ。
開き直って前へ進めたら、これほど強いことはない。

そもそも人生でも経営でもないものだらけ。
あれもこれもないのが当たり前なのだ。

自ら行動を起こす。
それが唯一の解決策だ。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表

数字がすべて、結果がすべて。
目標達成、業績向上、成長持続、社業発展など、「収益伸長」の一点に特化したコンサルタント。
プランナー時代を含めて40年を超える経験と実績、信念と情熱を土台に、多くのクライアントを優良企業に育ててきた。
近年は新商品や新事業、新会社の開発を請け負いながら、内需・地場の中小・中堅企業の短期再生に取り組む。
その一環として、年中無休、昼夜を問わず、社長の個別相談に応じる。
また、経営から管理、人事(採用)、マーケティング、事業、商品、企画まで、おもにトップを対象としたセミナーを行う。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ