コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

フィギュアスケート

白岩優奈、競技生活の活動費が不足(資金調達完了)

クラウドファンディングで資金調達
白岩優奈、北京五輪で感動を!

フィギュアスケート女子シングルの白岩優奈。
私はウェブで彼女が「ACT NOW」というクラウドファンディングで活動費の不足分、4百万円を募集していることを知りました。
以前、フィギュアスケーターが競技生活を続けるには年間1千万円前後が必要という記事を目にした記憶があります。
スポンサー契約を結べるとか、広告収入を得られる選手はほんの一握りのようで、大半の選手が活動費の手当てに苦しんでいます。

白岩優奈は昨シーズンにシニアデビューし、日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に選ばれています。
そして今シーズンはフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦「フィンランド大会」で4位になりました。
ショートプログラム(SP)2位で迎えたフリースケーティング(FS)では表彰台がちらついたのか、それとも緊張と重圧からか、ミスが出ました。

GPシリーズで活躍できる選手でもサポートがないのです。
彼女は、年間の活動費を 610万円と計算しました。
内訳は振付代・衣装代 100万円、氷上・表現レッスン代 150万円、フィジカル・メンタルトレーニング60万円、海外強化合宿 150万円、国内外試合経費 150万円です。

白岩優奈は「北京オリンピックで4回転ジャンプと表現力で感動を届けたい」と夢をつづりました。
「個人では資金調達に限界があり、フィギュアスケートを思うように続けられない」と窮状を訴え、応援を求めています。

ファンからは驚きとともに支援金の申し出が殺到しており、すぐに百万円を突破しました。
期限は1月15日までとなっています。
支援者には金額に応じてサイン入りポストカードやタオルなどのお礼を提供するそうです。

白岩優奈は宮原知子や紀平梨花と同門であり、濱田美栄コーチの指導を仰いでいます。
濱田組は有望な選手が多いのですね。

◆書き加え(11月16日)

驚きました。
クラウドファンディングが開始初日で早くも目標の4百万円に到達しました。
ファンはあたたかい。

白岩優奈はケガで欠場した樋口新葉の代わりにGPシリーズ第5戦「ロシア杯」に出場します。
公式練習に臨み、入念に氷の状態を確認しました。
大勢が応援してくれたわけですから、本人とすればいい演技を見せたいところですね。
(今大会は急きょ出場ですので、コンディションづくりが難しいかな。)

◆書き加え(11月17日)

私はあす日曜日から出張になり、その前に片づけなければならないデスクワークに追われています。
午前3時を回ったところで、ウェブに白岩優奈のショートプログラム(SP)の得点が表示されました。
映像を見ていませんが、日本勢で最高の 60.35点で5位でした。
まあまあ頑張ったといえるでしょう。

直前に滑った(不確か)ロシアのアリーナ・ザギトワが80点台を記録しています。

◆書き加え(11月17日)

白岩優奈は冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーションでどちらも回転不足を取られました。
続くダブルアクセル(2回転半)、最後の3回転ループは決めましたが、GOE(出来栄え点)を引き出せませんでした。

やはり直前の滑走がアリーナ・ザギトワであり、完璧な演技への歓声や興奮がリンクに残っていて、平静な精神状態を保つのに必死だったそうです。
観客席がざわついていると演技に集中しにくく、気の毒でした。

◆書き加え(11月18日)

クラウドファンディングはすでに1千万円を突破しているそうです。
勇気づけられますが、プレッシャーにもなるでしょう。
急な代役は心身の準備が難しい。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

三原舞依の幸福感に満ちた演技世界を楽しむ

憧れの舞台でそれなりの結果を残す
三原舞依、回転不足も2百点超え

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
先ほどフリースケーティング(FS)が終わりました。

SP3位の三原舞依は133.82点、合計204.20点で4位に留まっています。
「憧れの舞台」と口にしていた初出場のNHK杯でそれなりの結果を残しました。

冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーションを決めました(後半が回転不足)。
後半のダブルアクセル−3回転トウループが2回転トウループになりました。
全体を通じて大きなミスなく滑りきり、誇らしい笑顔を見せました。
私はとてもいい出来だと思いました。

表彰台に上れず、日本勢の表彰台独占もありませんでした。
しかし、三原舞依は精一杯の演技を見せてくれました。
私は彼女の幸福感に満ちた世界を楽しむことができました。
人柄も反映されているのでしょう、演技がとても清らかでやわらかです。

「最終グループの緊張感のなかで滑れたのはいい経験になった」と語っています。
また、回転不足を課題として認識できたことを収穫として挙げています。

次のGPシリーズは第6戦「フランス杯」になります。
女子シングルはジャンプ構成の基礎点の高い若手が台頭して激戦ですが、頑張ってほしい。
何より本人が痛いほど分かっていることですが、ジャンプで小さなミスもなくしたうえでGOE(出来栄え点)を増やせないと戦えません。
まずは 210点超えです。

category:三原舞依ブログはこちら。

◆書き加え(11月11日)

一夜明けて記者会見が行われました。
三原舞依は興奮で眠れなかったようです。
FSで最後の3人として滑りながら表彰台に上れなかった悔しさも湧いてきたのでしょう。

1年間で同門の坂本花織と実績で差がついてしまいました。
二人は持ち味が対照的ですが、自分が上位と戦うにはもっとパワーが必要だと感じました。
採点ルールが改定されたといっても、依然として高難度ジャンプは有力な得点源です。
坂本花織は高さと幅のある力強いジャンプを跳べます。
GOE(出来栄え点)を伸ばすだけでは全日本選手権の表彰台に食い込めません。

◇◆◇

三原舞依に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月10日「三原舞依はGPシリーズNHK杯で遅れを取り戻す」はこちら。

⇒2018年1月13日「三原舞依は四大陸選手権で今年も勝てるか」はこちら。

⇒2018年1月6日「三原舞依と松下奈緒、お嬢様への妄想」はこちら。

⇒2017年12月26日「三原舞依はなぜ心から喜べるのか」はこちら。

⇒2017年11月19日「三原舞依、シニア2年目の伸び悩み」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花はフランス杯 230点超え、メドベージェワ撃破も

紀平梨花はGPファイナル進出へ
アリーナ・ザギトワ撃破を期待

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
ニューヒロインが誕生しました。

紀平梨花がフリースケーティング(FS)で完璧な演技を見せ、ロシアのアリーナ・ザギトワに次ぐ世界2位のハイスコアを記録しました。
合計は224.31点でした。
そして男女を通じて日本勢初となるGPシリーズ初出場初優勝を飾りました。
デビュー戦での戴冠は同じトリプルアクセルを武器とする浅田真央でも達成できなかった快挙です。

紀平梨花の滑りは大きなポテンシャル(潜在能力)をうかがわせました。
憧れの浅田真央の背中を懸命に追っています。

次戦はGPシリーズ最終戦(第6戦)「フランス杯(大会)」です。
2016、2017年世界女王、平昌五輪銀メダリスト、ロシアのエフゲニア・メドベージェワが参加しますので、大会は前景気が盛り上がりそうです。
格闘技でありませんが、「激突」の図式が強調されるはずです。
日本勢では三原舞依と本田真凜が参加します。
私は二人の健闘にもおおいに期待しています。

そのフランス杯で紀平梨花はよほどのミスを犯さなければ表彰台に上ります。
となるとGPファイナル進出を果たし、平昌五輪金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワと激突します。
実は、浅田真央はシニアデビューの2005年にGPファイナル初出場初優勝を飾っています。
(GPシリーズ中国杯2位、フランス杯1位、GPファイナル1位でした。)

NHK杯のショートプログラム(SP)で転倒したトリプルアクセルを決められれば 230点を超えるかもしれません。
紀平梨花は強いこだわりを持つ大技の習得に、幼い頃から情熱を傾けてきました。
いまも精度向上の練習に、余念がありません。

紀平梨花は技術点が高いだけでなく、演技点が上がっています。
世界のトップ選手と互角に戦える総合力を備えました。
天性の「表現力」も感じられ、私は惹きつけられます。
大きな意味のスケーティングがとても魅力的です。

本人は「ノーミスなら、どんな相手でも勝負ができる」と自信を示しました。
私はフランス杯でエフゲニア・メドベージェワを撃破するのでないかと思っています。
さらに、GPファイナルでアリーナ・ザギトワを撃破してほしいと願っています。

伸び盛りの16歳に期待が膨らみます。
滅茶苦茶、楽しみ。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月13日「濱田美栄コーチは胸中複雑、紀平梨花が宮原知子に勝利」はこちら。

⇒2018年11月12日「紀平梨花はエキシビションで女王のオーラ」はこちら。

⇒2018年11月9日「16歳紀平梨花はNHK杯で16歳浅田真央に並ぶ」はこちら。

⇒2018年11月7日「紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ」はこちら。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花はエキシビションで女王のオーラ

紀平梨花はたった一日でさらに成長
全日本フィギュア選手権の優勝候補筆頭

土曜日はフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングルのフリースケーティング(FS)を応援し(といってもテレビ観戦)、くたくたになりました。
質が高く、見応え十分の勝負でした。

1位の紀平梨花、2位の宮原知子、4位の三原舞依の3選手はそれぞれいまできるベストの演技を見せてくれました。
何よりミスらしいミスが出なかったことが素晴らしい(回転不足、踏み切り不明瞭、3⇒2回転などはありました)。
とりわけジャンプで転倒が出ると、見る側ものめりこめません。



女子フィギュアを席巻してきたロシアのトップクラスと互角に戦える選手がついに現れました。
それは伊藤みどり、浅田真央のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の流れを汲む「紀平梨花」です。
日本女子の「伝家の宝刀」を自らの代名詞にしました。

紀平梨花はフィジカルの強靭性と柔軟性を兼ね備えており、ほれぼれするスケーティングです。
鍛えすぎると演技のやわらかさや動きのしなやかさが損なわれます。
身体能力の高さは生まれ持ったものでしょう。
懸命な努力を重ねる選手を「才能」の一言で片づけてはいけませんが、それでも私はすごい才能だと感じました。

FSでは冒頭のトリプルアクセル―3回転トウループのコンビネーションを決めると、続く単発のトリプルアクセルも決めました。
どちらも流れと切れがあります。
これで一気に波に乗り、ほぼ完ぺきに滑り終えました。
そして、ガッツポーズを炸裂させました。
「見事」としか言い表せません。

紀平梨花は研究熱心だそうです。
濱田美栄コーチの指示にそのまま従うのでなく、どこを直せば点数が伸びるかを考えながら練習に取り組んでいます。
トリプルアクセルで転倒したショートプログラム(SP)後のインタビューでの受け答えにも頭のよさがはっきりと現れています。
16歳と思えない冷静さです。

紀平梨花はトリプルアクセルを安定して成功させることの難しさを語っています。
ハイリスク・ハイリターンを承知しているのです。
FSでは朝練から修正と確認を繰り返し、ドラマチックな大逆転を演出しました。



NHK杯のエキシビションではすでに「女王」のようなオーラを発していました。
勝利からたった一日でさらに成長を遂げています。

16歳という微妙な時期に差しかかっていますが、これを乗り切ればエースに育つはずです。
私は年末の全日本フィギュアスケート選手権の優勝候補の筆頭だと思います。
ジャンプをノーミスで決めると、だれも得点が及びません。
技術点がきわめて高いうえに、演技点も高く、しかも伸びています。
スピンやステップを含むすべてのエレメンツで加点を稼げます。
単なる高難度ジャンパーでなく「総合力」で戦えます。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月9日「16歳紀平梨花はNHK杯で16歳浅田真央に並ぶ」はこちら。

⇒2018年11月7日「紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ」はこちら。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

⇒2017年12月9日「紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宮原知子、濱田美栄コーチ同門の紀平梨花にライバル心

後輩・紀平梨花に敗れて闘志!
ジャンプ構成の基礎点を引き上げるか

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
先ほどフリースケーティング(FS)が終わりました。
最終滑走、ショートプログラム(SP)2位の宮原知子はSP1位のロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワを何とか上回りました。
FSでは143.39点、合計では219.47点でした。

しかし、それをさらに上回ったのがSP5位の紀平梨花でした。
FSでトリプルアクセル(3回転半)を2本決め、 220点超えの高得点を叩き出しました。
紀平梨花は濱田美栄コーチの指導を受ける同門の後輩です。
男女を通じて日本勢で初となるGPシリーズ初出場初優勝を飾りました。

宮原知子は豊かな表現力と安定したジャンプを見せました。
ほぼ完璧な演技でした。
スタンディングオベーションが沸き起こり、満面の笑みを浮かべました。

私もエースにふさわしい出来だと思いました。
体は小さいのですが四肢を限界まで使っており、滑りがダイナミックになり、しかもドラマチックになりました。
切れと伸びのあるステップも素晴らしい。
非の打ちどころがないでしょう。
会場を自分の色に染め、観客を惹き込む術を備えています。
(この選手はどのような曲を用いても演技に繊細で優雅な「和」のテイストが漂います。)

宮原知子は回転不足を防ぐため、ジャンプの改良に取り組んできました。
GPシリーズ第1戦「スケートアメリカ」でも前日のSPでも回転不足を取られませんでした。
ところが、FSでは2つの回転不足、2度のルッツで不明瞭な踏み切りと判定されました。
本人はかなりの緊張を感じていて、硬さが出てしまったと語っています。
それでもGOE(出来栄え点)や演技構成点の高さで2位に入りました。

紀平梨花には普段の練習から刺激を受け、ライバル心を持ちつづけています。
濱田美栄コーチからはそれぞれの選手のよさを盗み、足りないところを補うように言われています。
「悔しい気持ちがあるけれど、もっと頑張らないといけない」と闘志を燃やしました。

昨シーズンは故障の影響で補欠からの繰り上げだったGPファイナルへ4年連続出場を決めました。
それまでにNHK杯の課題を修正したいと語りました。



紀平梨花がSPでトリプルアクセルを決めていると得点差はさらに開きます。
これは、GOE(出来栄え点)で埋めるのが大変です。
(紀平梨花は演技構成点も伸ばしてきそうです。)
宮原知子はジャンプ(構成)の基礎点を高めないと上回れないと考えているのかもしれません。

昨シーズンの全日程が終わった4月に医師から完治の知らせを受け、心おきなくトレーニングを積めるようになりました。
ジャンプの回転不足の克服などを目的に、メニューも変えています。
10圓良蕾戮鬚け、スクワットも行っているようです。
ジャンプの難度を引き上げるステップなのでしょうか。
トリプルアクセルや高難度のコンビネーションジャンプを組み込めると得点が大きく伸びます。
今シーズンは間に合わなくても来シーズンは巻き返してくると思います。

category:宮原知子ブログはこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月10日「宮原知子、芝居がかった表情と表現力は唯一無二」はこちら。

⇒2018年10月23日「宮原知子は横綱相撲、スケートアメリカで坂本花織を圧倒」はこちら。

⇒2018年3月23日「宮原知子は「美しい十代」を総括する滑りを!」はこちら。

⇒2018年3月20日「宮原知子、世界選手権3枠確保はエースの責任」はこちら。

⇒2018年2月11日「宮原知子、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宮原知子、芝居がかった表情と表現力は唯一無二

氷上で日本の「舞」を再現、究極の完成度
========================
高貴さと絢爛さが融合した美技
========================
どこかしら屏風絵・襖絵を連想させる

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
宮原知子は6年連続の出場です。
GPシリーズ第1戦「スケートアメリカ」で勝っており、表彰台に上ればGPファイナル進出は大丈夫でしょうが、あくまで2015年以来の優勝を目指しています。
公式練習では調子のよさをうかがわせました。

今シーズンに取り組んでいるジャンプの見直しもうまくいっているようです。
高さがないためにしばしば取られた「回転不足」もスケートアメリカでは消えました。



ショートプログラム(SP)が終わりました。
(この記事は11月9日にまとめました。)
ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワが 76.17点の1位でした。
宮原知子は 76.08点の2位でしたが、スケートアメリカの得点を上回っています。
3本目のジャンプを3回転フリップから基礎点の低い3回転ループに変え、GOE(出来栄え点)で稼ぐ作戦が当たりました。
(エッジエラーを嫌いました。)

「ミス・パーフェクト」の名にふさわしい、すきのない演技でした
見る側からいえば「安心感」が凄いです。
さらに「表現力」も異次元に高まっています。
演技構成点は出場選手で最高でした(もっと差がついていい)。

宮原知子は氷上でまばゆい「オーラ」を放っています。
テレビを通じて見る「表情」はいささかオーバーな気もしますが、リンクを芝居の舞台と考えればあれでいいのでしょう。
遠い席の観客にも伝わることが大切です。
日本の「舞」を再現するかのような風情があり、究極の完成度に近づいています。

私は宮原知子がここまでの「表現者」に成長するとは考えませんでした。
京都の文化に浸かりながら育ったのでしょう。
装飾的な「芸術性」があり、高貴さと絢爛さが融合しています。
詳しくありませんが、どこかしら屏風絵・襖絵の大仰さを連想させます。
濱田美栄コーチと唯一無二、突出した世界観を築き上げました。

得点などたいした問題でないとさえ思えてきます。

羽生結弦もそうです、宇野昌磨もそうです、何と美しいのでしょう。
フィギュアスケートファンとして、これに勝る喜びと幸せはありません。

余談。
私にとり、宮原知子のジャンプの速さと切れは苦でなくなりました。
こういう選手なのです。
が、もうちょっと高さが出れば、文句のつけようがありません。

category:宮原知子ブログはこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月23日「宮原知子は横綱相撲、スケートアメリカで坂本花織を圧倒」はこちら。

⇒2018年3月23日「宮原知子は「美しい十代」を総括する滑りを!」はこちら。

⇒2018年3月20日「宮原知子、世界選手権3枠確保はエースの責任」はこちら。

⇒2018年2月11日「宮原知子、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

⇒2018年2月11日「宮原知子、足は子鹿ちゃん、頭はおでこちゃん」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

三原舞依はGPシリーズNHK杯で遅れを取り戻す

グランプリ(GP)シリーズ「NHK杯」
三原舞依、全日本選手権から世界選手権へ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯(日本大会)」女子シングル。
GPシリーズ初戦となる三原舞依が出場します。

三原舞依は今シーズン初戦の「ネーベルホルン杯」で2位になりました。
ショートプログラム(SP)3位の 70.94点、フリースケーティング(FS)2位の138.28点、合計209.22点を記録しました。
大きなミスが出ず、ほっとした表情を見せました。
平昌五輪金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワが今季世界最高の238.43点で優勝を飾った直後にFSを滑りました。
しかし、自分は自分と割り切り、冷静に滑ることができたようです。

三原舞依は8日午前の公式練習に臨みました。
FSの曲かけ練習で3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させるなど、調子を上げてきました。
2シーズン目となった「ガブリエルのオーボエ」です。
「練習でやってきたことを信じ、自分に勝つことを目標にしてきた。笑顔で終われるように、この大会を楽しめたらいい」と意気込みを語りました。

率直に述べれば、オリンピックシーズンは伸び悩びました。
前年のシニアデビューの活躍と成長が目覚ましかったので、私はかなり期待していました。
演技から人柄が伝わってくることにも好印象を持ちました。
大人の女性への変身を急ぎすぎたのかもしれません・・・。

三原舞依は平昌五輪の代表選考レースで苦戦し、一発逆転のチャンスだった全日本選手権でも納得のいく滑りを見せられませんでした。
同門の坂本花織がオリンピックの大舞台を経験し、それなりの結果を出しました。
私は「差」が開いたのでないかと危惧しています。
遅れを取り戻すのは簡単でないでしょう。

このところ話題に上ることも少なくなっています。
また、紀平梨花など年下の選手がめきめきと力をつけています。
難病を乗り越えて競技人生を続けているだけに応援したい気持ちが強いです。

三原舞依は来年3月に埼玉で行われる世界選手権への出場を目指しています。
となると、昨年敗れた全日本選手権で表彰台に立たなければなりません。
その前に、GPファイナル進出の可能性も追い求めているはずです。
どうか頑張ってほしい。

category:三原舞依ブログはこちら。

◆書き加え(11月9日)

SPが終わり、三原舞依は 70.38点で3位でした。
初のNHK杯、憧れの大舞台で緊張しているせいか、表情がちょっと硬いと思いましたが、徐々に動きも滑りもよくなっていきました。

「イッツ・マジック」の冒頭で3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーションを決めました。
(後半は回転不足を取られました。)
ダブルアクセル(2回転半)、3回転フリップではGOE(出来栄え点)を得ました。
スピンとステップもレベル4でした。

ほぼノーミス、納得の演技でしょう。
最後まで気持ちよく滑れたと振り返りました。

表彰台は首位のロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ、2位の宮原知子、5位の紀平梨花の4人の争いになると思います。
このなかで一番厳しいのが三原舞依ですが、日本選手で独占することが絶対にないとは言い切れません。

◇◆◇

三原舞依に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年1月13日「三原舞依は四大陸選手権で今年も勝てるか」はこちら。

⇒2018年1月6日「三原舞依と松下奈緒、お嬢様への妄想」はこちら。

⇒2017年12月26日「三原舞依はなぜ心から喜べるのか」はこちら。

⇒2017年11月19日「三原舞依、シニア2年目の伸び悩み」はこちら。

⇒2017年11月9日「三原舞依、GPファイナル進出は厳しい」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

16歳紀平梨花はNHK杯で16歳浅田真央に並ぶ

紀平梨花はトリプルアクセル3本
米メディアが優勝候補の本命に挙げる

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
シニアデビュー、16歳の新星、紀平梨花がGPシリーズに初出場します。
平昌五輪代表最終選考会を兼ねた昨年の全日本選手権では表彰台に割って入りました(3位)。
6種類すべての3回転ジャンプを跳べますので大きな得点力があります。

紀平梨花はNHK杯への調整を目的に、先日の西日本選手権に出場して圧勝を収めました。
高難度ジャンプだけの選手でなく、徐々に演技力も増してきました。

NHK杯には第1戦「スケートアメリカ」覇者の宮原知子、第2戦「スケートカナダ」覇者のロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワが参加します。
紀平梨花が世界の強豪選手と互角に戦えるかどうかに注目が集まっています。

ちなみに、米メディアが1位に紀平梨花、2位に宮原知子、3位にエリザベータ・トゥクタミシェワという大胆な予想を示しています。
高難度ジャンプに注目すれば、本命に挙げられることにあまり驚きはありません。

紀平梨花は「トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)」を最大の武器にしていますので、バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央とよく比較されます。
いまや自分の代名詞になりつつあります。
後継者とも呼ばれていますので相当なプレッシャーがかかっていることでしょう。
ちなみに、浅田真央は同じ16歳で出場した2006年NHK杯で世界最高得点を記録して優勝を飾りました。
(それ以前に、15歳で出場した2005年GPファイナルで世界一になっています。)
しかし、これまでGPシリーズデビュー戦で勝った日本の女子選手はいないようです。

私は紀平梨花も衝撃的なデビューを見せてくれるかもしれないと期待しています。
本人によれば、トリプルアクセルの成功率がずいぶん上がっているそうです。
NHK杯で審判に好印象を残せれば、今後の大舞台での採点にプラスになります。

紀平梨花がトリプルアクセルを8日の午前の練習で6度、午後の練習で8度決めています。
うち2度はトリプルアクセル―3回転トウループのコンビネーションでした。
仕上がりは上々ですので、本番での緊張に打ち克てれば大丈夫でしょう。
SP1本、FS2本の計3本のトリプルアクセルが楽しみです。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◆書き加え(11月9日)

SPが終わり、紀平梨花は 69.59点で5位でした。
大きな注目が集まった冒頭のトリプルアクセルで転倒しました。
朝の練習から調子が悪かったそうで、不安が的中しました。
しかし、失敗に動揺せず、演技を立て直しました。

紀平梨花は高難度ジャンプを跳べるというだけでなく、豊かな表現力を備えています。
スケーティングを含め、才能があふれ出ています。
素晴らしいと思います。

FSで得点源のジャンプを完璧に決められれば、大逆転の可能性があります。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月7日「紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ」はこちら。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

⇒2017年12月9日「紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす」はこちら。

⇒2017年12月1日「紀平梨花はトリプルアクセルで全日本初優勝の快挙へ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

坂本花織は「トラウマ」から死ぬ気で「カモメ」へ

坂本花織はFSで巻き返して3位
グランプリ(GP)ファイナルに進出か

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦「フィンランド大会」女子シングル。
平昌五輪6位の坂本花織はショートプログラム(SP)でジャンプミスが響いて 57.26点に留まり、7位と出遅れました。

冒頭の3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションは最初のフリップで転倒し、連続ジャンプになりませんでした。
そこで、最後の3回転ループに3回転トウループをつけてリカバーしようとしましたが、そこでも転倒しました。
演技後、両手で顔を覆って涙を流しています。

坂本花織はGPシリーズ第1戦「スケートアメリカ」で宮原知子に次いで2位となり、今大会で2位以上ならば上位6人によるGPファイナル進出がほぼ確実でした。
スケートアメリカ、全兵庫選手権、フィンランド大会という異例の3週連続出場による疲れが原因ではないようです。
実際、6分練習は調子が上々でした。

朝の公式練習後にレベル4を取るためのステップに変更しようと意識するあまり、ジャンプへの集中力が欠けたそうです。

9月の「ロンバルディア杯」でも冒頭の3回転フリップで転倒しており「またやってしまった。トラウマが出た」と悔やみました。
「リカバリーの練習は必要と改めて思いました」。

2位とは6.51点差ですので、フリースケーティング(FS)で本来の演技を行えれば上位に食い込める可能性はあります。



坂本花織はFSで140.16点を記録し、合計197.42点で3位になりました。

全身ががくがくするほどの緊張でしたが、冒頭の3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションを高々と決めました。
そして、ジャンプを決めるたびに調子が出てきました。
ほぼノーミスの演技を終え、両手でガッツポーズを見せました。
3回転ルッツはエッジエラーを取られましたが、他の6本のジャンプで加点を引き出しました。
スピンとステップはすべてレベル4です。
SPのうっぷんを晴らしました。
海外メディアも情緒にあふれた優雅な舞をカモメの飛翔にたとえました。

大会前はロシアのアリーナ・ザギトワに勝つくらいの気持ちで滑ると闘志を燃やしていました。
GPシリーズは残りが3戦あり、他の選手の結果次第になりますが、GPファイナル進出を果たせるのでないでしょうか。

次戦はGPファイナルか年末の全日本選手権です。
「それまでに今大会で失敗したところを修正したい」。
今シーズンのテーマとする「おとなっぽいスケート」に磨きもかけます。

category:坂本花織ブログはこちら。

◇◆◇

坂本花織に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月31日「坂本花織、初のGPファイナルへフィンランド大会2位」はこちら。

⇒2018年10月24日「坂本花織はジャンプよし、表現力よし、安定感よし」はこちら。

⇒2018年2月23日「坂本花織、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

⇒2018年2月14日「坂本花織は平昌でどうした? らしくないぞ!」はこちら。

⇒2018年2月10日「坂本花織、平昌五輪で中野園子コーチの愛のしごき」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ

紀平梨花、西日本選手権で優勝
SP1回、FS2回のトリプルアクセル

昨シーズンの全日本選手権で3位となり今シーズンのシード権を持つ紀平梨花が西日本選手権の女子シングルに出場しました。

ショートプログラム(SP)で非公認記録とはいえ 73.41点の高得点をマークし、首位で発進しました。
冒頭の代名詞・トリプルアクセル(3回転半)はいくらか着氷が乱れましたが、伸びのあるスケーティングと優雅な舞いで会場を魅了しました。
しかし、フィニッシュポーズを間違え、苦笑いで演技を終えました。
ほぼノーミスでまとめ、本人はそれなりに納得しています。

フリースケーティング(FS)で125.30点をマークし、合計198.71点で優勝を飾りました。
冒頭にトリプルアクセルを決め、続いてトリプルアクセルに3回転トウループでなく2回転トウループをつけたコンビネーションを決めました。
本人によれば、変に力が入ってしまい、ジャンプでミスが出たそうです。

紀平梨花はシニアデビュー戦、9月の「オンドレイ・ネペラ杯」で浅田真央以来2人目となるFSで2度のトリプルアクセルを決めました。
公認記録で147.37点、合計218.16点はとても立派です。
16歳の紀平梨花は体形が変わらなければ、ジャンプで得点を伸ばせそうです。
加点を増やせると世界のトップクラスと戦えるのでないでしょうか。
(私はGPファイナル進出さえ不可能でないと思っています。)

紀平梨花があえて西日本選手権に臨むのは、試合勘をつかむとともに改善点を見つけ、フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯(日本大会)」でマイナスがつかない演技を行えるようにしたいという思いからです。
表現力を高め、トリプルアクセルに安定感を出したいと語りました。

そのNHK杯はSPが9日、FSが10日に行われます。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

⇒2017年12月9日「紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす」はこちら。

⇒2017年12月1日「紀平梨花はトリプルアクセルで全日本初優勝の快挙へ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

山下真瑚、ロシア杯2位でGPファイナル進出へ

グランプリ(GP)シリーズ「ロシア杯」
山下真瑚は 210点前後で2位か

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」の女子シングル。
山下真瑚はショートプログラム(SP) 66.30点で3位からフリースケーティング(FS)136.76点で2位、合計203.06点で2位に入りました。
優勝したロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワは203.32点でしたので、0.26点差です。
ほんのわずかな加点で表彰台の頂点に立てました。

FSでは高さのあるジャンプと優雅なスケーティングで彼女なりの「蝶々夫人」の世界観を演じました。
高難度ジャンプも軽々と決め、スピンでも魅せました。
最終滑走でしたが強心臓のせいが、ほぼノーミスで滑り終えました。
観客が惜しみない拍手を送りました。

山下真瑚はもっとスピードを出し、もっと大きく滑りたかったはずですが、アイスホッケー用のリンクが狭くてかわいそうでした。
(フィニッシュポーズは静止時間を長めに取ったほうがいい。)

ほんとうでしょうか、試合後に「メダルを取れると思っていなかった」と語りました。
初出場での2位は、2005年中国杯の浅田真央、2015年スケートアメリカの宇野昌磨に並んで日本選手でトップでした。
また、日本選手としては初めて平昌五輪銀メダリスト、ロシアのエフゲニア・メドベージェワを国際スケート連盟公認大会で上回りました。
(むろん彼女は本調子でありませんでした。)
宇野昌磨と同じ樋口美穂子コーチが「予想以上の結果。 120点」とコメントしました。

次戦は11月16〜18日にモスクワで行われるGPシリーズ第5戦「ロシア杯(大会)」です。
自身も期待し、ファンも注目しますからプレッシャーがかかります。
GPファイナル進出が現実味を帯びる大一番になりますが、それでも緊張せずに力を出し切ることができるのでしょうか。

コンディション不良のためにスケートカナダで出遅れた樋口新葉、平昌五輪金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワが出場します。
樋口新葉の出来によりますが、おそらく2位に入るには 210点前後の得点が必要でしょう。
伸び盛りの山下真瑚といえど、スケートカナダの出来に7点ほど上積みするのは容易でありません。

また、私は山下真瑚が絶対に1位になれないなどと思っていません。
ちなみに、GPシリーズ初出場2位の浅田真央は2戦目で1位になり、その勢いのままGPファイナルで優勝を収めました(2005年)。
表彰台の頂点に駆けのぼれば痛快ですが、さすがにアリーナ・ザギトワには敵わないでしょう。

category:山下真瑚ブログはこちら。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月2日「山下真瑚は一生懸命さが伝わってこない」はこちら。

⇒2018年11月1日「山下真瑚と村上佳菜子、女子フィギュア新星の鮮烈デビュー」はこちら。

⇒2018年10月27日「山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感」はこちら。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

羽生結弦は演技構成を変更、飽くなき向上心と挑戦

羽生結弦は難度にも完成度にもこだわり
苦手のGPシリーズ初戦で勝利を目指す

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦「フィンランド大会」男子シングル。
五連連覇の絶対王者・羽生結弦が出場します。
(この記事は11月2日にまとめました。)

羽生結弦はショートプログラム(SP)が「秋によせて」。
アメリカのジョニー・ウィアが2006年トリノ五輪前から用いていたそうです。
静かな曲に沿って美しさに満ちた演技を追い求めます。
フリースケーティング(FS)が「Origin」。
ロシアのエフゲニー・プルシェンコが2003〜2004年シーズに用いていたそうです。
当時、9人のジャッジ全員が芸術点で満点を出した伝説のプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」の3曲から2曲を選んでいます。
重厚な曲に乗せて迫力のみなぎる演技を追い求めます。
(私はぼんやりですが記憶しています。)
二人のスケーターに敬意を表してのことでしょう。

羽生結弦は勝利を目指し、今季初戦のオータムクラシックから演技構成を変えました。
難度を高めながら、さらなる完成度にこだわりました。
飽くなき向上心を持っており、挑戦をやめようとしません。

オータムクラシックでは、SPは曲調に合わせようとしてステップとスピンが後半に集まり、ジャンプが前半に集まりました。
フィンランド大会では、最後の4回転トウループ―3回転トウループのコンビネーションを得点が 1.1倍になる後半に移しました。
それでも自分が表現したいことは譲れないと、音楽のアレンジと振り付けを見直しました。

FSは4回転ループ、4回転サルコウ、3回転ループ、4回転トウループ、後半に4回転トウループ―トリプルアクセル(3回転半)、3回転フリップ―3回転トウループ、トリプルアクセル―オイラー―3回転サルコウを跳びます。
疲れが出る後半の3本のコンビネーションは大変です。
また、ミスをしてもリカバーできないハイリスク・ハイリターンの構成です。
ちなみに、世界初の4回転トウループ―トリプルアクセルはオータムクラシックでは失敗しました。

羽生結弦はGP初戦が得意でなく、2010年「NHK杯」のGPデビューから昨年まで8年連続で優勝を逃しています。
はたして今シーズンはいいスタートを切れるのでしょうか。

category:羽生結弦ブログはこちら。

◆書き加え(11月4日)

SPはめどとしていた百点を超えられて、ほっとしたようです。
FSは勝ちにこだわった攻撃的な構成でした。

冒頭の4回転ループはこらえました。
羽生結弦が跳ぶたびに大歓声が上がりました。
例の4回転トウループは際どくトリプルアクセルをつけました。
SP106.69点、FS190.43点はどちらも世界1位です。
合計297.12点はもちろん世界1位となり、羽生結弦はGP初戦で初勝利を収めました。

ただし、本人が目標にしていたであろう3百点にわずかに及びませんでした。

ジャンプは全体的にあまり調子がよくありません。
気合なのか緊張なのか、表情も動きもかたいように見えました。
本人が演技を楽しむ余裕を持てなかったようです。

SPもFSも先輩に尊敬の念を込めつつ、自分のオリジナルの世界をつくりあげています。
並々ならぬ表現意欲を感じさせられます。

GP初戦ではほころびが出ていましたので、私は心配していました。
今シーズンはとくにFSが難しく、引き返せないプログラムでした。
それでも何とか滑り切りました。
本人は満足できなかったはずで、演技後の顔つきに出ています。

羽生結弦はシーズン中盤以降に調子を上げてくる選手という印象を持っています。
GPグランプリやオリンピック、世界選手権などの大舞台に照準を合わせているからでしょう。

私は、今シーズンの羽生結弦の演技を見て思いました。
この選手は行き着くところまで行き、崇高というより孤高の世界に挑まないとモチベーションを保てなくなっているのでないかと。
羽生結弦をここまで駆り立てるものは何なのでしょう。

◇◆◇

羽生結弦に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月4日「羽生結弦はけがなく、北京五輪へ試運転」はこちら。

⇒2018年2月21日「羽生結弦とオーサーコーチ、五輪3連覇への戦略」はこちら。

⇒2018年2月20日「羽生結弦、狙い澄ました平昌五輪金メダル」はこちら。

⇒2018年2月17日「羽生結弦、平昌五輪で人間業と思えない復活劇」はこちら。

⇒2018年2月16日「羽生結弦、うそみたいな絶好調で平昌五輪金メダルへ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

羽生結弦はけがなく、北京五輪へ試運転

GPシリーズフィンランド大会に登場
羽生結弦は実力突出、五輪連覇の絶対王者

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦「フィンランド大会」。
男子シングルに、ソチ五輪・平昌五輪金メダリストの羽生結弦がいよいよ登場します。
(この記事は11月2日にまとめました。)
昨シーズンは右足首の故障で満足な練習を積めなかったにもかかわらず、オリンピックで2連覇の偉業を成し遂げました。
いまだに実力が突出しており、「絶対王者」と呼べるでしょう。

男子シングルは4回転ジャンプ競争が過熱し、若い選手が有利になっていました。
しかし、今シーズンから変更された「質重視」の採点ルールは羽生結弦にとって追い風となります。
GOE(出来栄え点)が7段階から11段階に広がりました。

フリースケーティング(FS)は演技時間が30秒短縮されて女子シングルと同じ4分になり、ジャンプも1本減らされて7本になりました。
得点が 1.1倍になる後半のジャンプはSPで最後の1つ、FSで最後の3つとなりました。
素人考えでは楽になるはずですが、選手はむしろきつくなったと口にしています。

ルール改正にともない、これまでの得点記録がリセットされました。
世界中のファンの関心は、最初に 300点超えを果たす選手がだれかに向かっています。
GPシリーズ第1戦「スケートアメリカ」、第2戦「スケートカナダ」に出場した選手からは出ていません。

羽生結弦は平昌五輪以来の実戦となった9月の「オータムクラシック」で優勝しています。
が、SPではスピンに取りこぼしが出て、FSではジャンプにミスが相次ぎ、合計263.65点に留まりました。
仮に完璧な演技を行えたとして、新しい採点ルールでどのような得点が出るのでしょうか。
本人はもちろん皆が楽しみにしています。

フィンランド大会にはロシアのミハイル・コリヤダ、中国の金博洋(ボーヤン・ジン)、韓国のチャ・ジュンファンが出場しますが、おそらく羽生結弦の敵になりません。
ヘルシンキ空港に到着し、「やれることはやってきた」と自信をのぞかせました。
この大会でGPシリーズ通算9勝目を飾るはずです・・・。



私自身は前人未到の「五輪3連覇」を期待しています。
また、十分に可能だと思っています。
羽生結弦はベテランに域に達しつつあり、疲労の蓄積もあれば、治りきらない負傷もあるはずです。
1〜2年は北京五輪への試運転と考えて、けがだけは避けてほしい。

実は、GP初戦が得意でありません。
2010年NHK杯のGPデビューから昨年まで8年連続で優勝を逃しています。
今シーズンはいいスタートを見られるでしょうか。

category:羽生結弦ブログはこちら。

◆書き加え(11月2日)

この大会には羽生結弦とロシアのアリーナ・ザギトワが参加します。
主要大会で直近の五輪の男女金メダリストが揃い踏みするのは26年ぶりとか。

羽生結弦が勝利したオータムクラシックの得点は世界5位です。
スケートアメリカでネイサン・チェンが記録した280.57点が世界1位であり、これを目標にしているかもしれません。

◆書き加え(11月3日)

SPでの滑りはジャンプにいくらか乱れが出て完璧でありませんでした。
106.69点は宇野昌磨が9月に「ロンバルディア杯」で記録した104.15点を抜き、世界1位です。

私は羽生結弦の演技に「凄い」という称賛以外の言葉が見つかりません。
表現世界の深さは追随を許しません。
長い四肢を含む全身の動き、使い方が素晴らしいです。
これを超えるフィギュアスケーターはなかなか現れないのでないでしょうか。
現役でありながら、すでに伝説となりました。

私は昨シーズンのけがの影響をほとんど感じませんでした。
一日でも長く世界の頂点に君臨してほしいと思います。

◇◆◇

羽生結弦に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年2月21日「羽生結弦とオーサーコーチ、五輪3連覇への戦略」はこちら。

⇒2018年2月20日「羽生結弦、狙い澄ました平昌五輪金メダル」はこちら。

⇒2018年2月17日「羽生結弦、平昌五輪で人間業と思えない復活劇」はこちら。

⇒2018年2月16日「羽生結弦、うそみたいな絶好調で平昌五輪金メダルへ」はこちら。

⇒2018年2月12日「羽生結弦、平昌五輪個人戦のジャンプ構成は固まらず」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔、西日本選手権1番滑走から全日本選手権へ

全日本選手権では最終組で表彰台狙い
高橋大輔は体力と4回転が戻るか

フィギュアスケート西日本選手権が名古屋で開催されます。
男女どちらもショートプログラム(SP)は11月3日、フリースケーティング(FS)は11月4日です。

2014年10月の引退表明から4年、32歳で現役復帰を遂げた高橋大輔が出場します。
初戦となった近畿選手権は混乱を避けるために有料開催に変わりました。
しかも、入場券はプラチナチケットになりました。
(選手は全員通過しましたが、観客は競争率が高かったようです。)
高橋大輔は他の選手と違う出入口から会場入りするなど、別格扱いを受けました。
その人柄から幅広い年齢層に人気があり、会場は異様な熱気に包まれました。

SPは坂本龍一「The Sheltering Sky」。
FSは「Pale Green Ghosts」。

SPは1位でしたが、FSはジャンプの転倒などが響いて4位に沈みました。
総合195.82点で3位でしたので、悔しい思いしか残らなかったでしょう。
今シーズンから採点ルールが変わりましたので単純な比較はできませんが、全盛期にまるで及びません。

FSは4分間を滑り切れるスタミナがありません。
ジャンプも何とか3回転を跳べるという状態です。
しかし、演技の質は悪くなく、観客を魅了する表現力はそれほど衰えていません。
それ以前に、リンクに立つだけで存在感があり、演技に入った瞬間に世界観をつくります。
アジア男子として初の五輪メダリスト、そして初の世界王者となったレジェンドの力は示しました。

近畿選手権は夏のけがの影響から練習不足で臨んでいます。
ファンは期待と不安が入り混じった気持ちで見守りました。
不本意な出来になってしまったのもやむをえませんでした。
それでも競技会で滑る姿を再び見られて感無量でした。

高橋大輔の現時点のコンディションはどうなのでしょうか。
きちんと練習を積めたのでしょうか。
はたして体力は戻ってきたのでしょうか。
はたして4回転ジャンプをプログラムに組み込むのでしょうか。

高橋大輔が西日本選手権を勝ち抜くなら、年末の全日本選手権に出場することになります。
最終組で滑るだけでも凄いですが、表彰台に立つ可能性がないわけでありません。
逆に言えば、羽生結弦と宇野昌磨に続くような選手がいまだに出てきていません。

category:高橋大輔ブログはこちら。

◆書き加え(11月1日)

高橋大輔が西日本選手権の男子SPの滑走順抽選で17人のエントリーで最後から2番目にくじを引きました。
「1番」と分かると会場内から笑いが起きました。
本人は「まさかここで引くとは。1番は好きなので楽しみです」と語っています。
長光歌子コーチによれば、4回転ジャンプは練習する時間が取れなかったために構成に入れません。
ただし、負傷した足は回復しているそうです。
本人も調子は近畿選手権よりはるかにいいとしました。

チケット約2300枚は発売から3時間ほどで売り切れました。
上位12人が12月20日から大阪で行われる全日本選手権に進出します。

◆書き加え(11月3日)

高橋大輔がSPで 83.56点を記録し、初戦の近畿選手権を上回りました。
友野一希とは僅差ですが、1位です。
ジャンプで若干のミスは出たものの表現力とステップで魅了し、スタンディングオベーションを受けました。

演技後、6分練習からそのまま開始となる1番滑走は二度としたくないと本音を明かしました。
緊張感が高まったそうです。

近畿選手権と比べて滑りに力が増し、ジャンプの質が高まり、スピンの回転が速くなっているそうです。

FSでは「とくに後半のジャンプでミスが出ないようにしたい。最後までバテないように滑りたい」と語っています。

◆書き加え(11月4日)

高橋大輔がFSで161.11点を記録し、合計244.67点で勝利を収めました。
FSは近畿選手権から得点を40点以上も伸ばしました。
技術点が 74.61点、演技構成点が 86.50点でした。

最終滑走でトリプルアクセル(3回転半)−3回転トウループのコンビネーション、トリプルアクセルを決め、GOE(出来栄え点)を得ています。
後半に入ると疲れが足に来たせいか、減点が増えていきました。
それでも7本すべてを着氷しました(回転不足あり)。
演技の切れは決して悪くありません。
しかし、本人によれば、動きが悪く、体力が足りず、ステップは半分以下の出来とか。
(ステップの自己評価が厳しいですね。)
気持ちに体がついてこない「まどろっこしさ」を感じています。

演技後、ファンがスタンディングオベーションで労っています。
約束どおり、近畿選手権からジャンプの精度、そして演技の質を高めました。

全日本選手権へ5年ぶりの出場を決めました。
本人はアスリートの本能が目覚めたのか、まだ得点を伸ばせると語りました。
4回転ジャンプを入れて戦いたいのでしょう。
高橋大輔は最終組で滑り、表彰台に羽生結弦と宇野昌磨と3選手が揃うはずです。
が、メダルをつかむには本人がいうとおり、もうちょっと点数が必要になります。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月9日「高橋大輔、復帰戦ぼろぼろ演技にやばっ」はこちら。

⇒2018年10月7日「高橋大輔、緊張MAX、現役復帰初戦「近畿選手権」」はこちら。

⇒2018年7月3日「おじさんスケーター・高橋大輔、無謀な挑戦」はこちら。

⇒2018年7月2日「高橋大輔がワオ、32歳での現役復帰」はこちら。

⇒2017年2月14日「高橋大輔に現役復帰のサプライズはあるのか」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

山下真瑚は一生懸命さが伝わってこない

余分な力みや過剰な感情移入なし
山下真瑚、演技の爽快感は特筆もの

フィギュアスケート女子シングルの新星・山下真瑚のグランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」での演技は衝撃的でした。
私はすっかり感動してしまいました。
いわゆる「一生懸命さ」が伝わってきません。

山下真瑚は余分な「力み」がありません。
頑張っているとか必死になっているというような印象を受けません。

山下真瑚は過剰な感情移入がありません。
まとわりつくとかうっとおしいというような印象を受けません。
選手は演技に心や思いを込めますが、ときに人工的に映ります。

どちらも才能であり、私は新鮮に感じました。

山下真瑚は滑りが軽やか、ジャンプが高らかです。
全体に流れるような気持ちのいい演技といえます。

憧れの対象はトリノ金の荒川静香

山下真瑚は愛知県名古屋市出身、中京大学附属中京高等学校在籍の15歳です。
浅田真央を育てた山田満知子コーチの秘蔵っ子とされています。
男子シングルで優勝した宇野昌磨と同じ樋口美穂子コーチの指導を受けています。

私はスケートカナダの演技に浅田真央と違った魅力を感じ、ウィキペディアで調べました。
7歳でスケートを始めたきっかけは、2006年トリノ五輪で荒川静香が見せた金メダルの演技でした。
なるほど、二人にどこかしら共通するものを感じます。
憧れの対象は荒川静香であり、一瞬ですが「イナバウアー」を取り入れています。

「優雅さ」では荒川静香が断然勝りますが、「爽快さ」では山下真瑚が勝ります。
特筆ものです。
厳しい練習を積んでいるはずなのに、その努力や苦労をコスチュームの隠しポケットに仕舞い込み、あっさりと滑っています。
(若さゆえの表現の未熟さも影響して、そう見えるのかもしれません。)
したがって、演技の楽しさやうれしさがすーっと前面に出てきます。
不思議な魅力です。

荒川静香も山下真瑚も生まれながらにして持つ「美意識」が演技全体に投影されています。
また、O型の血液型が関係しているのでしょうか、おおらかさやのほほんとした雰囲気を醸し出しています。
私は久しぶりにフィギュアスケートをスポーツ(競技)としてでなくエンタテイメントとして楽しむことができました。
(癒しさえも感じました。)

迫力不足は冷静で的確な自己分析

大会後、世界のトップ選手と比べ、「迫力」が足りないことを課題に挙げました。
そして、迫力を出すために「上半身の動きを大きくする」と語りました。
この迫力には輝きとかオーラという意味合いが含まれています。
あるいは観客や審判を惹きつける力が含まれています。
15歳とは思えない冷静で的確な自己分析です。
が、私は彼女の持ち味を失ってほしくありません。
「個性」だと思います。

山下真瑚の演技の爽快感は人間的な成長や競技者としての経験を経て、徐々に変わっていくかもしれません。
(あどけなさが残り、粗削りですので、緻密さや繊細さは必要になります。)

category:山下真瑚ブログはこちら。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月1日「山下真瑚と村上佳菜子、女子フィギュア新星の鮮烈デビュー」はこちら。

⇒2018年10月27日「山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感」はこちら。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

山下真瑚と村上佳菜子、女子フィギュア新星の鮮烈デビュー

フィギュア女子シングルに新星
山下真瑚の成長は大きな楽しみ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ、第2戦「スケートカナダ」。
日本の女子シングルに新星が現れました。
シニアデビュー、初参戦の山下真瑚です。

私は山下真瑚の鮮烈なデビューを見て村上佳菜子を思い出しました。
当時こんなに才能にあふれた選手がいるのかと驚いたものです。

どちらも浅田真央と同じ愛知県名古屋市出身です。
また、どちらも浅田真央と同じ中京大学附属中京高等学校に入りました。
15歳の山下真瑚はこの4月から通っています。
(余談ですが、誕生日は12月31日です。)

しかし、村上佳菜子は女性の成長期に特有の変化に苦しめられたせいか得点源のジャンプを跳べなくなりました。
(大舞台の緊張にも弱かったようです。)
私は浅田真央の後継者に育っていくと期待していましたが、好調期はほんのわずかでした。
笑顔が弾けたのはおそらく中学3年生から高校1年生まででないでしょうか。

個人差はあるにしろ、山下真瑚が迎えつつある難しい時期を乗り切れるなら、素晴らしい選手に成長すると感じています。
女子シングルの観戦に、大きな楽しみが加わりました。

category:山下真瑚ブログはこちら。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月27日「山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感」はこちら。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

坂本花織、初のGPファイナルへフィンランド大会2位

グランプリ(GP)シリーズ「フィンランド大会」
坂本花織はザギトワに次ぐ2位か

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦「フィンランド大会」が行われます。
日本時間で11月3日(土)〜4日(日)です。
第1戦「スケートアメリカ」で宮原知子に次いで2位になった坂本花織が登場します。

この大会ではショートプログラム(SP)もフリースケーティング(FS)もほぼノーミスで、演技後にガッツポーズが出ました。
合計213.90点は悪くありません。
2年連続で2位に留まった悔しさが残るかもしれませんが、立派といえます。

坂本花織はジャンプに高さと流れがあり、滑りがダイナミックです。
また、演技全体に安定感があります。
宮原知子と比べると技術点が若干勝り、演技点はいくらか劣っています。
フィンランド大会で加点を増やせるなら、 210点代後半に届きます。
日本女子のエース・宮原知子に並びかけています。

坂本花織は11月27日〜28日に地元の全兵庫選手権に出場しています。
SPもFSもトップで合計202.99点、合計181.42点の三原舞依を寄せつけません。

3週連続は過密日程だと思いますが、実戦のなかで調子を上げていくのが彼女に合っているのでしょう。
この選手は体力に自信があるのかな。

平昌五輪金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワが参加しますので、1位になるのは現実的に難しいかもしれません。
しかし、初のGPファイナル進出を確実にするには2位に入っておきたいところです。
(3位でも可能性がないわけでありません。)

category:坂本花織ブログはこちら。

◆書き加え(11月3日)

ただいま11月3日、午前2時を回ったところです。
デスクワークに追われる私は、ウェブで坂本花織がSP7位と出遅れたことを知りました。
ジャンプで転倒するなどミスを連発し、50点台だそうです。
演技の安定感が抜群でしたので、私は何が原因か思い浮かべられません。

アリーナ・ザギトワは70点に届かない出来でした。
日本勢は16歳の白岩優奈が2位につけました。
勝負の行方が分からなくなりました。
が、私は坂本花織が故障でもないかぎり、巻き返すと思います。

◇◆◇

坂本花織に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月24日「坂本花織はジャンプよし、表現力よし、安定感よし」はこちら。

⇒2018年2月23日「坂本花織、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

⇒2018年2月14日「坂本花織は平昌でどうした? らしくないぞ!」はこちら。

⇒2018年2月10日「坂本花織、平昌五輪で中野園子コーチの愛のしごき」はこちら。

⇒2018年2月3日「坂本花織は平昌五輪で残り一人の表彰台へ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宇野昌磨はそろそろ世界一になってもいい

平昌五輪後に劇的な心境変化
宇野昌磨は失敗さえも受け入れる

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」が行われます(この記事は26日金曜日にまとめました)。
男子シングルに平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨が登場します。

五輪後に劇的な心境の変化がありました。
それまでは自分がスケートを楽しもうと努めていましたが、期待してくれるファンのためによい演技をしたいと願うようになりました。
心の成長でしょう。

宇野昌磨はむろん試合で勝ちたくて厳しい練習を積んでいますが、個人競技ですので勝つべき相手は「自分」になります。
そこで、今シーズンは「自分を信じる」をテーマに掲げました。
自分がやってきたことを信じ、失敗さえも受け入れようと考えています。

フィギュアスケートは採点ルールの大改正が行われました。
しかし、これまでも演技の「質」にこだわってきたつもりです。
今シーズンはとくに着氷が美しく流れるジャンプを心がけ、それがだいぶ実践できるようになってきました。

25日の公式練習では武器となる4回転サルコウ、4回転フリップの出来を中心に確かめました。
午前のフリースケーティング(FS)「月光」の曲かけ練習では失敗が目立ちました。
しかし、午後のショートプログラム(SP)「天国への階段」の曲かけ練習ではほぼ完ぺきでした。
ジャンプの確率が上がっており、いい結果がついてくると手応えを感じています。

スケートカナダでは王者として滑ることになりますが、自分らしい演技を行えれば連覇は揺るぎません。
時差調整にも慣れ、調子もまずまずとのこと。

初戦の「ロンバルディア杯」ではSPもFSも1位で3連覇を飾りました。
FSだけの「ジャパンオープン」では男子1位になっています。
おそらく12月のGPファイナルへの進出も難なくクリアします。

技術と表現にさらに磨きがかかり、羽生結弦を超えて世界一に上り詰める日は遠くないかもしれません。
本人も今シーズンを含めた今後のシーズンを2022年北京五輪の金メダル獲得へのステップと位置づけているはずです。

category:宇野昌磨ブログはこちら。

◆書き加え(10月28日)

宇野昌磨はSPで 88.87点の2位に留まりました。
ロンバルディア杯の104.15点にまるで及びません。
原因は分かりませんが、演技全体に精彩を欠きました。

冒頭の4回転フリップは4点近い加点を得ました。
しかし、続く4回転トウループ−3回転トウループの連続ジャンプは後半ジャンプの着氷が乱れました。
最後のトリプルアクセル(3回転半)は転倒し、フェンスに背中からぶつかりました。
練習でもあまり失敗しておらず、油断が出たそうです。
さらに、スピンの2つとステップはレベル3です。

カナダのキーガン・メッシングは 95.05点でした。
はたしてこの得点差をFSで逆転できるのでしょうか。

◆書き加え(10月28日)

宇野昌磨はFSで188.38点、合計277.25点で逆転優勝を遂げました。
ライバルが出場していなくてSPでスイッチが入りにくかったのかもしれませんが、すんなり勝ってほしかった。
実力は突出しているのですから。

演技時間は男子も女子と同じ4分間に短縮されました。
しかし、密度は濃くなるとの声も聞こえてきます。
楽になるとは限らないようです。

宇野昌磨は見事なジャンプ、快調な滑りを見せていました。
ところが、スタミナが切れたせいか、疲労のせいか、足下がぐらついてきました。
終盤の3連続ジャンプでバランスを崩して手をつき、最後の連続ジャンプで転んでいます。

それでも全体的には「さすが」という演技を見せてくれました。
(終盤までは完璧であり、大きな意味での表現力が凄いです。)

終了後に前かがみになり、呼吸が苦しそうでした。
力を出し尽くし、へろへろなのでしょう。

次戦は11月9〜11日に広島で行われるGPシリーズ第4戦「NHK杯」です。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月8日「宇野昌磨は憧れの高橋大輔を見にいく」はこちら。

⇒2018年3月24日「宇野昌磨、世界選手権枠取りに全日本王者の自覚と気迫!」はこちら。

⇒2018年3月22日「宇野昌磨は世界王者と枠取りへ強行出場か」はこちら。

⇒2018年2月24日「宇野昌磨は平昌五輪銀メダルを悔しがれ!」はこちら。

⇒2018年2月11日「宇野昌磨、五輪の魔物のぬいぐるみに笑顔」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

樋口新葉は有言実行で自分を追い詰める

グランプリ(GP)シリーズ「スケートカナダ」
樋口新葉、表現でも技術でも挑戦がテーマ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」が開催されています。
昨シーズンの世界選手権銅メダリスト、樋口新葉が出発前に取材に応じています。

9月にカナダで行われた「オータムクラシック」で5位に終わりました。
ショートプログラム(SP)は1本のジャンプしか決めていません。
フリースケーティング(FS)はジャンプのミスがたくさん出ています。

樋口新葉は帰国後に右足甲に痛みを覚え、疲労骨折の手前と診断されました。
患部への衝撃を減らすためにジャンプの練習量を減らしていますが、「通し」にこだわって滑り込んできたようです。
それでもベストコンディションでスケートカナダに臨めません。
(彼女に期待するのは酷でしょう。)

昨シーズンはGPシリーズで2戦とも表彰台に立ち、GPファイナルに初出場を果たしました。
平昌五輪代表選考レースを優位に進めていましたが、最下位に沈んで印象を悪くしました。
そのうえ、全日本選手権で4位に留まり、夢を逃しました。

樋口新葉は1か月ほど家に引きこもりました。
何とか気持ちを切り替え、世界選手権ではSP8位から大逆転で表彰台に食い込みました。
開き直るほかにない立場で思い切って滑れましたし、ライバルの出来もよくありませんでした。
「運」の要素に助けられ、トップ選手と互角に戦った結果といえません。
私は真価が問われるのは今シーズンだと思います。

ただし、代表選考漏れという辛く苦しい経験は樋口新葉に意識改革をもたらしました。
枠取りがかかる世界選手権では「試合で勝つ」ことを意識しつつも、「何かを表現する」「観客に伝える」ことを大切にしたそうです。
(これまでは技術的なことしか考えていなかったと明かしました。)

樋口新葉は昨シーズンを振り返り、ライバル選手より五輪への気持ちが弱かったと総括しています。
今シーズンは表現でも技術でも「挑戦」をテーマとしています。
SPは「エナージア」、FSはヴィヴァルディの「四季」です。
どちらも一番の見どころは「ステップ」とか。

採点ルールが改正され、とくにGOE(出来栄え点)の幅が±3の7段階から±5の11段階に拡大しました。
多くの要素でプラス4やプラス5を取れるなら自己ベストを大幅に更新できます。
同時に、大技のリスクが高まります。
しかし、樋口新葉は「トリプルアクセル」もプログラムに組み込む意向です(おそらく今大会はなし)。
それも4回転ジャンプへのステップとして3回転半ジャンプを位置づけています。

今シーズンの目標はグランプリシリーズで2戦とも優勝を飾ること。
最重視するのは全日本選手権であり、 215点を出して優勝を収めること。
あくまで「有言実行」で自分を追い詰めます。
最終目標はスケート界の歴史に残る人物になることと豪語しました。
心意気はよし!

category:樋口新葉ブログはこちら。

◆書き加え(10月28日)

樋口新葉はSPで 66.51点を記録し、2位につけています。
現在のコンディションで一番の演技ができたようです。
心配されたジャンプでしたが3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーションを決めています。
3回転フリップでエッジエラーを取られましたが、上出来です。

練習をセーブしてきたようですから、FSで体力的に厳しいかもしれません。
可能なかぎりの演技を見せてくれるでしょう。

◆書き加え(10月28日)

樋口新葉はFSで114.78点、合計181.29点となり、6位に沈んでいます。
この結果はむろん悔しいでしょうが、演技後にはやれるだけはやったという表情を見せており、ダメージは残らないはずです。

2季連続のGPファイナル進出は絶望的ですが、11月16〜18日にモスクワで行われるGPシリーズ第5戦「ロシア杯」にはコンディションを整えられるでしょう。
私はパワフルな演技の復活を期待します。

◇◆◇

樋口新葉に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年3月22日「樋口新葉、世界選手権自己ベストで3枠貢献へ」はこちら。

⇒2018年3月21日「樋口新葉は世界フィギュアで雪辱を果たせるか」はこちら。

⇒2017年12月28日「樋口新葉に足りないメンタルと運の2要素」はこちら。

⇒2017年12月9日「樋口新葉はこの程度で浮かれるわけにいかない」はこちら。

⇒2017年11月30日「樋口新葉はGPファイナルOmg、お歳暮を贈れ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感

グランプリ(GP)シリーズ「スケートカナダ」
山下真瑚、ジャンプに高さと軽やかさ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」が始まりました。
シニアデビュー、初参戦の山下真瑚はおおいに期待が持てそうです。
出発前の成田空港で取材に応じ、「楽しく勢いよく滑れたら」と意気込みを語っています。

浅田真央などが在籍した中京高校へ4月に進学し、充実した練習を積んでいます。
ショートプログラム(SP)は「セビリアの理髪師」です。
フリースケーティング(FS)は浅田真央も用いた「蝶々夫人」ですが、振付師が違い、表現は選手それぞれと割り切っており、比較されることにプレッシャーは感じていません。

「ロンバルディア杯」では坂本花織を抑えて3位に入りました。
その後の中部選手権で合計201.10点(非公認)を記録して圧勝しました。
しかし、演技でメリハリが弱かったり、ジャンプで回転不足を取られたり、体力が持たなかったり、反省点が見つかりました。

私は前日の公式練習を動画で見て、ハッピーな気持ちになりました。
とても順調な仕上がりです。
3回転ルッツ−3回転トウループの連続ジャンプを見事に決めています。
身長は 151僂塙發ないのですが、体の線が美しく、スケーティングにスピード、ジャンプに高さと軽やかさが感じられます。
15歳の演技としては素晴らしい!

山下真瑚はスケートカナダでスピンの取りこぼしをなくし、得意とする3回転ルッツの加点を伸ばそうとしています。
世界選手権銀メダリストの樋口新葉がけがによりベストコンディションで臨めません。
代わって山下真瑚が表彰台に立つかもしれません。
はたしていきなりのブレイクが見られるのでしょうか。
この選手はとにかく楽しみです。

男女ともSPは26日(日本時間27日)、FSは27日(同28日)に行われます。

category:フィギュアスケートはこちら。

◆書き加え(10月27日)

山下真瑚は滑りに爽快感!

山下真瑚はSPで 66.30点を記録し、樋口新葉に次いで3位につけています。
冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーション、続くダブルアクセル(2回転半)、最後の3回転フリップを決めました。
この選手は滑りに「爽快感」があります。

キス・アンド・クライでは納得の表情で得点を確認しています。
平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨と同じ樋口美穂子コーチ(山田満知子コーチ)です。

普通に考えれば、SP7位と大きく出遅れた平昌五輪銀メダリスト、ロシアのエフゲニア・メドベージェワが巻き返してくるはずです。

山下真瑚がトップに迫るつもりでFSに臨むならば、表彰台に上れると思います。

◆書き加え(10月28日)

山下真瑚は演技が新鮮!

山下真瑚はFSで136.76点、合計203.06点で2位に入りました。
1位は合計203.32点、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワでした。
私は最終滑走の山下真瑚の演技を見て、いくらか上回れると思いました。
残念、惜しかった。
が、GPシリーズ初参戦で首位と0.26点差の銀メダルは立派でした。
資質でしょうか、彼女は飾らない魅力があり、演技が新鮮です。
落ち着きと安定感も素晴らしい。

山下真瑚のブレイクにより女子シングルは大変な競争になりました。
紀平梨花を含め、宮原知子、坂本花織、樋口新葉、三原舞依、山下真瑚が近い将来、横一線で並びそうです。
(本田真凜は練習環境の変化がプラスになればここに加わります。)
見ているほうは楽しいですが、選手はきついですね・・・。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

坂本花織はジャンプよし、表現力よし、安定感よし

グランプリ(GP)シリーズ「スケートアメリカ」
坂本花織は宮原知子とワンツーフィニッシュ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ初戦「スケートアメリカ」が終わりました。

坂本花織はSPもFSもほぼノーミスの演技をそろえられ、ガッツポーズが出ました。
平昌五輪6位がまぐれでなかったことを証明しました。
目標とする日本女子エース・宮原知子を超えられませんでしたが、二人でワンツーフィニッシュを飾っています。
(前回大会の結果と同じです。)

ショートプログラム(SP)では宮原知子に次いで 71.29点で2位となりました。
フリースケーティング(FS)では宮原知子についで142.61点で2位となり、合計213.90点の2位です。
持ち味は十分に出ており、技術点で宮原知子を上回っています。

ジャンプが日本選手としてはダイナミックであり、見栄えがします。
体ががっちりしているせいでしょうか、スピード感も強調されます。
大きく流れるような滑りがとても魅力的です。
スピンもステップもいいのでないでしょうか。

坂本花織は演技点で宮原知子に差をつけられています。
しかし、宮原知子の繊細さと質の違う、おおらかでやわらかな表現力にほっとします。
(私は見ていてストレスを感じさせられません。)

坂本花織は宮原知子の陰に隠れてあまり目立ちませんが、実は「安定感」が抜群です。
この選手の演技も安心して楽しむことができます。
本人は終了後のインタビューなどでしばしば緊張を口にします。
が、私は「勝負度胸」が備わっていると思います。
それくらい落ち着いて滑っています。
大崩れがなく、日本女子ナンバーツーの地位を固めました。
進化の伸び代はまだありますので近い将来、宮原知子を追い抜くかもしれません。

坂本花織の次戦は、11月2〜4日にヘルシンキで行われる「フィンランド大会」です。
どうかGPファイナルへの初出場を果たしてください。

category:坂本花織ブログはこちら。

◇◆◇

坂本花織に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年2月23日「坂本花織、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

⇒2018年2月14日「坂本花織は平昌でどうした? らしくないぞ!」はこちら。

⇒2018年2月10日「坂本花織、平昌五輪で中野園子コーチの愛のしごき」はこちら。

⇒2018年2月3日「坂本花織は平昌五輪で残り一人の表彰台へ」はこちら。

⇒2018年2月2日「坂本花織、平昌五輪はジャンプGOEで稼ぐ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宮原知子は横綱相撲、スケートアメリカで坂本花織を圧倒

グランプリ(GP)シリーズ「スケートアメリカ」
宮原知子は横綱相撲で危なげなく2連覇

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ初戦「スケートアメリカ」が終わりました。

SPは首位発進、ジャンプ見直しの成果

ショートプログラム(SP)。
宮原知子は本人の言葉によれば、緊張をうまく力に変えることができ、 73.86点の首位で発進しました。
米国のジャッキー・ウォン記者がとりわけ冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループの連続ジャンプの出来を絶賛しました。
おそらく2022年の北京冬季五輪出場を見据え、ジャンプの見直しに取り組んでいます。
早くもその成果が表れたのでしょう。

宮原知子は9月のUSインターナショナルクラシックのSPでは3回転ジャンプがすべて回転不足の判定を受けています。
今大会のSPでは回転不足を取られず、スピンとステップもレベル4をそろえました。

FSはプレッシャーをはねのけノーミス

フリースケーティング(FS)。
宮原知子は1位の145.85点をマークし、合計は今季世界3位の219.71点です。
GPシリーズ通算3勝を挙げました。
スケートアメリカでの2連覇は、2008年と2009年、韓国のキム・ヨナ(金妍児)以来です。
SP2位の坂本花織がFS2位となり、日本勢はワンツーフィニッシュです。
お疲れさま、そしておめでとう。

宮原知子は実に落ち着いて、しかも堂々と滑りました。
3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプなどを決めるとともに、華麗なスピンと切れのあるフットワークで楽しませてくれました。
むろんノーミスでした。
表現力もよし。
滑り終えて笑みを浮かべ、声援に応えました。

直前に滑った坂本花織が会心の演技を見せて、暫定トップに立ちました。
しかし、宮原知子はそのプレッシャーを感じさせず、優雅にタンゴを舞いました。
フィギュアスケート、まして女子シングルに対する形容に的確と思えませんが、危なげのない「横綱相撲」です。
風格と貫禄を感じさせます。
ジャンプを含めた演技の「安定感」が抜群であり、自らを追いかける坂本花織を圧倒しました。
(二人を喧嘩させようという気はありません、念のため。)

シーズン初戦ですが、悪い点を見つけられないほど完成度が高まっています。
「質」を重視した採点ルールへの変更も追い風にしており、それは実力があってこそ可能です。
宮原知子の次戦は11月9〜11日に広島で行われる「NHK杯」です。
12月のGPファイナル進出は間違いないでしょう。

category:宮原知子ブログはこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年3月23日「宮原知子は「美しい十代」を総括する滑りを!」はこちら。

⇒2018年3月20日「宮原知子、世界選手権3枠確保はエースの責任」はこちら。

⇒2018年2月11日「宮原知子、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

⇒2018年2月11日「宮原知子、足は子鹿ちゃん、頭はおでこちゃん」はこちら。

⇒2018年2月4日「宮原知子と濱田美栄コーチ、自己ベストの平昌五輪」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

本田真凜の得点次第でスケートアメリカ表彰台独占へ

グランプリ(GP)シリーズ「スケートアメリカ」
表彰台独占は本田真凜のFSの得点次第か

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第1戦「スケートアメリカ」がワシントン州エバレットで行われています。

女子のショートプログラム(SP)。
平昌五輪4位の宮原知子が 73.86点で首位に立ち、6位の坂本花織は 71.29点で2位につけました。
二人とも、このくらいの得点は当然です。
私が注目した本田真凜は62.74点で4位に留まりました。

本田真凜は回転不足を取られて表情が一変

本田真凜はミスなく演技を終え、笑顔で両手を突き上げてガッツポーズを見せました。
しかし、冒頭の3回転ループ―3回転トウループの連続ジャンプ、後半の3回転フリップで回転不足を取られました。

本田真凜は浅田真央を指導したこともあるラファエル・アルトゥニアンコーチのもとで練習を積んでいます。
真価が問われるシーズンですが、得点を確かめて表情が曇りました。

本田真凜は自ら口にするとおり練習漬けの毎日を送っているのでしょう。
体つきが引き締まった印象を受けました。
動きも大きく、きびきびしています。
アーティストというだけでなくアスリートという雰囲気が漂いはじめました。

本田真凜は「新生」とまではいきませんが、明確な変化が見て取れます。
私は順調な再スタートを切れたと感じました。
(演技の出来も素晴らしかったと思います。)

中野園子は坂本花織を「いい子」となでる

坂本花織は演技に安定感が増し、ジャンプもダイナミックです。
ノーミスです。
得点が出ると中野園子コーチからいい子、いい子と頭をなでられました。

本人は今シーズンに結果を残さないと、オリンピック出場はまぐれと思われると語っています。
そんな心配は不要です。
あの時点の実力どおりの代表選考でした。

坂本花織は大舞台の経験を踏み、ずいぶんと落ち着いて滑れるようになりました。
動きの大きさだけでなく柔らかさを感じさせます。
宮原知子を超えそうな勢いです。

宮原知子はスケートアメリカ2連覇へ余裕

宮原知子は冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループの連続ジャンプを決めました。
ノーミスです。
回転不足の判定を受けた9月のUSインターナショナルから得点を伸ばしました。
スケートアメリカで2連覇を目指しています。

日本女子のエース・宮原知子はさすがでした。
が、ジャンプにもうちょっと伸びやかさがほしいと思いました。
(高さがなく、滞空時間が短いからそう感じるのでしょうか。)
また、選手が丁寧に滑ろうとしすぎると、見る側は緊張や怖さを感じてしまってリラックスできません。
初戦のせいか、演技全体に硬さが出ました・・・。

派手さはありませんが、宮原知子はいまでも着実に成長を遂げています。



4位の本田真凜は3位につけたロシアのソフィア・サモドゥロワと僅差です。
(アリーナ・ザギトワと同い年生まれで、今シーズンがシニアデビューの選手です。)
本田真凜はフリースケーティング(FS)が得意のはずですので、日本勢がスケートアメリカの表彰台を独占するかもしれません。

女子のFSは21日(日本時間22日)に行われます。
また、GPシリーズの成績上位6人が出場するGPファイナルは12月5〜9日にカナダ・バンクーバーで行われます。
ここに進出するにはスケートアメリカでどうしても3位以内に入っておきたいところです。

category:本田真凜ブログはこちら。

◆書き加え(10月22日)

FSはジャンプがミスの連続で散々の出来だったようです。
(日本選手では本田真凜の演技だけ見られませんでした。)
冒頭の3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプで転び、右足首を捻りました。

朝の練習から違和感があり、痛みが出ていたとのこと。
ならば、コーチか本人の判断で演技を途中で打ち切るべきでしょう。
転びっ放しのイメージがすり込まれ、マイナスになります。
また、負傷を悪化させるとシーズンを棒に振りますし、選手生命に関わる恐れもあります。

◇◆◇

本田真凜に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月21日「本田真凜とアルトゥニアンのスケートアメリカに注目」はこちら。

⇒2018年4月29日「本田真凜、アルトゥニアンコーチとジャンプ強化」はこちら。

⇒2017年12月21日「本田真凜は一発逆転、金の鳥と平昌五輪代表へ」はこちら。

⇒2017年12月15日「残り1枠に本田真凜の奇跡、NHKアスリートの魂」はこちら。

⇒2017年11月11日「本田真凜の得点が低すぎるフィギュア採点」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

本田真凜とアルトゥニアンのスケートアメリカに注目

本田真凜とラファエル・アルトゥニアンコーチ
注目はジャンプの出来と自己ベストの得点

私はウェブで本田真凜に関する情報に触れました。
久しぶりです。

本田真凜は濱田美栄コーチのもとを去り、今春から練習拠点をロサンゼルスに移しました。
そして米国のネイサン・チェンなどを擁するラファエル・アルトゥニアンコーチに師事しています。
同コーチは世界選手権で5度の優勝を誇るミシェル・クワンも育てています。
軽井沢での強化合宿の際に、新生活について「言葉と食事のほかはすべてよかった」と語っていました。

私は本田真凜が「練習嫌い」という噂を聞いたことがあります。
しかし、たとえライバルが欠場したとはいえ、実力なしに世界ジュニア選手権で金メダルを獲れるはずがありません。
トップスケーターと比べ、いくらかは必死さに欠けているくらいだと思っていました。
その後、生まれ持った才能と感性であそこまで滑れたのだということが分かりました。
(むろん練習を積んでいることは知っています。)

本田真凜は、スケート中心の生活に変わり、朝から夕方まで氷上練習や陸上トレーニング、ダンスなどに費やしています。
しっかりと目標を持てるようになり、練習のありようが違ってきました。
オン・オフの切り替えをしやすいのも性分に合っているのでしょう。

今シーズンはショートプログラム(SP)が「セブン・ネーション・アーミー」、フリースケーティング(FS)が「ラバーズ」です。



フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ初戦「スケートアメリカ」が19日(日本時間20日)にワシントン州エバレットで行われます。
そこに、本田真凜が登場します。

「SPもフリーも自己ベストを目指す」と語った本田真凜は公式練習の3回転ジャンプで転倒する場面がありました。
ラファエル・アルトゥニアンコーチの教えでジャンプの跳び方や前後のステップを変えました。
オリンピックシーズンと重なったシニアデビューシーズンは大きな壁にぶつかり、伸び悩みました。

公式練習では2連覇を目指す宮原知子や坂本花織も滑りました。
とりわけ平昌五輪日本代表の2選手には負けたくないでしょう。
私は新生・本田真凜を見られることを楽しみにしています。

SPは20日(同21日)、FSは21日(同22日)になります。

category:本田真凜ブログはこちら。

◆書き加え(10月21日)

SPの出来は素晴らしかったと思います。
私は素人なので、どうも回転不足の判定が腑に落ちません。
得点は伸び悩みましたが、気落ちせずにFSで巻き返してください。
華があり、演技の艶(つや)に魅せられます。

◇◆◇

本田真凜に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年4月29日「本田真凜、アルトゥニアンコーチとジャンプ強化」はこちら。

⇒2017年12月21日「本田真凜は一発逆転、金の鳥と平昌五輪代表へ」はこちら。

⇒2017年12月15日「残り1枠に本田真凜の奇跡、NHKアスリートの魂」はこちら。

⇒2017年11月11日「本田真凜の得点が低すぎるフィギュア採点」はこちら。

⇒2017年11月7日「本田真凜、五輪代表選考レースから脱落か」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔、復帰戦ぼろぼろ演技にやばっ

極限の緊張に打ち克ち、ほっ
存在感と人気は衰えず

フィギュアスケート男子シングルの高橋大輔が近畿選手権で現役に復帰しました。
7日にショートプログラム(SP)が行われ、4年振りの試合にもかかわらず 77.28点をマークし、出場10選手の首位に立ったのはさすがです。
6分間練習から会場の雰囲気が一変しました。
存在感と人気は衰えていません。

SPは坂本龍一の「The Sheltering Sky」。
冒頭にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、続いて3回転フリップ−3回転トウループの連続ジャンプ(回転不足)、後半に3回転ルッツを着氷しています。
最後のステップで魅了し、観客席でスタンディングオベーションが起こりました。
すさまじい歓声と拍手に包まれています。
うれしいのはもちろんですが、ほっとしたのでないでしょうか。

本人によれば、ジャンプは詰まり、スピンはがくがく、ステップは鈍かったとのこと。
それでも目立ったミスを犯さず、得点についてはちょびっと満足できました。
上出来といえます。
高橋大輔は極限の緊張に打ち克ちました。

これまで無料で開放されてきた地方大会でしたが、高橋大輔が出場した7、8日に限って史上初の有料開催になりました。
しかも、抽選で完売しています。
会場周辺では「チケットを譲ってください」と書かれた紙を持ったファンの姿が多く見られました。

8月に負傷したために、今大会では4回転ジャンプを組み込めませんでした。
次の西日本選手権ではどうでしょう。
高橋大輔は年末の全日本選手権出場が最大の目標です。

category:高橋大輔ブログはこちら。

◇◆◇

ミス続出でも何とか表彰台
織田信成は「自分ならもっと滑れる」

8日にフリースケーティング(FS)が行われて118.54点、合計195.82点で何とか表彰台に立ちました。
優勝は206.80点の友野一希、2位は202.15点の中村優。
この2選手は高橋大輔に負けるわけにいきません。

FSはジョン・グラントの「Pale Green Ghosts」。
冒頭に3回転フリップ−3回転トウループの連続ジャンプを着氷しましたが、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で2度転倒しました。
スタミナ切れとも戦いながら4分間を滑り終えました。
演技力とステップでもった印象です。

FSのほうが体は動いたそうですが、ミスが続出しました。
競技人生でここまでぼろぼろの演技はなかったそうで、終了後にやばっという表情をしました。
会場に詰めかけてくれたファンに申し訳ないという気持ちからでしょう。

4年前にほど遠い状態です。
これより悪くなりようがないので次の試合を楽しみにしてほしいと巻き返しを誓いました。
11月の西日本選手権(3日SP、4日FS)です。

織田信成は「自分ならもっと滑れる」と感じ、来季の現役復帰を目論んでいるかもしれません。
高橋大輔は今季の限定のようですから、「氷上のアーティスト」と「氷上のお殿さま」が激突する心配はありません。

category:高橋大輔ブログはこちら。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月7日「高橋大輔、緊張MAX、現役復帰初戦「近畿選手権」」はこちら。

⇒2018年7月3日「おじさんスケーター・高橋大輔、無謀な挑戦」はこちら。

⇒2018年7月2日「高橋大輔がワオ、32歳での現役復帰」はこちら。

⇒2017年2月14日「高橋大輔に現役復帰のサプライズはあるのか」はこちら。

⇒2016年12月29日「高橋大輔はこちんこちんでいいのか」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宇野昌磨は憧れの高橋大輔を見にいく

観客の一人として西日本選手権へ
全日本選手権で同じリンクに立つ

フィギュアスケート男子シングルの宇野昌磨が6日にさいたまスーパーアリーナで行われた男女混合地域別対抗戦「ジャパンオープン」に出場しました。
そして、ISU(国際スケート連盟)の非公認記録でしたが、186.69点の今季世界最高をマークしています。
冒頭の4回転サルコウで回転不足を取られ、続く4回転フリップで転倒しました。
しかし、得点が1割増となる後半のジャンプは決めました。
フリースケーティング(FS)だけで行われるこの大会で、日本の2年振り勝利の原動力となりました。

2018年平昌五輪銀メダリストの実力を米国のネイサン・チェンやスペインのハビエル・フェルナンデスに見せつけました。
宇野昌磨は試合後、「例年よりもいい調整ができている」と納得の表情を見せました。
自分のミスで優勝を逃した昨年の大会の雪辱を果たしました・・・。

もともと演技の「質」を重視してきた選手ですので、今季からのルール変更はそれほど意識しなかったようです。
10月26日からフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」に挑みます。

category:宇野昌磨ブログはこちら。



その宇野昌磨がGPシリーズ第4戦「NHK杯」の記者会見で、近畿選手権に臨む高橋大輔について「同じ試合に出られたら、見て学びたい」と語りました。
年末の全日本選手権で同じリンクに立つ可能性があります。

宇野昌磨は観客の一人として西日本選手権へ見にいこうと思っていると明かしました。
憧れの大先輩ですから。
高橋大輔は現役復帰初戦とはいえ、近畿選手権であまりにぶざまな演技は見せられません。

category:高橋大輔ブログはこちら。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年3月24日「宇野昌磨、世界選手権枠取りに全日本王者の自覚と気迫!」はこちら。

⇒2018年3月22日「宇野昌磨は世界王者と枠取りへ強行出場か」はこちら。

⇒2018年2月24日「宇野昌磨は平昌五輪銀メダルを悔しがれ!」はこちら。

⇒2018年2月11日「宇野昌磨、五輪の魔物のぬいぐるみに笑顔」はこちら。

⇒2018年2月9日「宇野昌磨が平昌でネイサン・チェンをごくっと飲んだ!」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔、緊張MAX、現役復帰初戦「近畿選手権」

足がぶぶぶる震えて滑りを支えられない?
初の有料開催も応募10倍、抽選完売

フィギュアスケート男子シングルの高橋大輔が4年ぶりの復帰初戦となる「近畿選手権」に登場します。
7月に突然、現役復帰を表明しています。

高橋大輔は2014年ソチ五輪以来、1696日ぶり試合です。
近畿選手権の開会式前に取材に応じ、心境と抱負を語りました。

8月の練習中に左内ももに肉離れを起こしました。
順調に回復しているものの、4回転ジャンプの練習は積めませんでした。
したがって、シーズン前の予定より仕上がりが大幅に遅れています。
(スケート靴もしっくりとしないようです。)
不本意ながら、今大会の構成はトリプルアクセルを含む3回転ジャンプ6種類に留めます。

上位13人が西日本選手権へ出場できます。
今大会はエントリーが10人ですので高橋大輔は棄権しないかぎり通過します。
気楽に滑れるはずですが、緊張感はMAXみたいです。
足がぶぶぶる震えて滑りを支えられない?

高橋大輔は自分がどんな点数をもらえるのかという楽しみもあるようですが、不安のほうが大きいのかもしれません。
試合勘を完全に失っていますので・・・。

category:高橋大輔ブログはこちら。

近畿日本選手権はショートプログラム(SP)が7日、フリースケーティング(FS)が8日に行われます。
混乱を避けるために、大会史上初の有料開催とか。
にもかかわらず、席数の10倍の応募があり、抽選での完売になりました。
ファンの人気はとても根強いものがあります。

高橋大輔は「氷上のアーティスト」とも呼ばれていました。
はたして年末の全日本選手権の最終グループで会心の演技と笑顔を見られるのでしょうか。
(3位に入れれば画期的です。)
私は正直、怖い気持ちです。

関大で一緒に練習している織田信成がパーフェクトに滑っており、凹むこともあったようです。
罪な男ですね。

◆10月6日書き加え

フィギュアスケート男女混合地域別対抗戦「ジャパンオープン」が行われました。
5年前に現役を引退した織田信成が4回転トウループ+3回転トウループの連続ジャンプを始め、パーフェクトな演技を披露したそうです。
ちらっと見た妻から教えられました。
会場の歓声と拍手に包まれ、のりのりだったようです。

出場男子6選手のなかで1位は宇野昌磨。
織田信成はスペインのハビエル・フェルナンデス、米国のネイサン・チェンを抑えて2位に入りました。
高得点・大健闘といえます。

◇FS得点(参考記録)
宇野昌磨 186.69点
織田信成 176.95点
坂本花織 130.28点
宮原知子 127.99点
ハビエル・フェルナンデス 157.86点(欧州)
ネイサン・チェン 144.96点(北米)
アリーナ・ザギトワ 159.18点(欧州)

高橋大輔に変なプレッシャーがかからなければいいのですが・・・。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年7月3日「おじさんスケーター・高橋大輔、無謀な挑戦」はこちら。

⇒2018年7月2日「高橋大輔がワオ、32歳での現役復帰」はこちら。

⇒2017年2月14日「高橋大輔に現役復帰のサプライズはあるのか」はこちら。

⇒2016年12月29日「高橋大輔はこちんこちんでいいのか」はこちら。

⇒2014年10月19日「高橋大輔から小塚崇彦へ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

安藤美姫こそ現役復帰を! 高橋大輔に続け!

インスタグラムでエール
高橋大輔を全力応援

フィギュアスケート女子シングルの安藤美姫。
世界フィギュアスケート選手権で2007年・2011年に優勝、全日本フィギュアスケート選手権で2003年・2004年・2010年に優勝。
2010年バンクーバー五輪で5位。
2002年ジュニアグランプリ(GP)ファイナルで4回転ジャンプ(サルコウ)を成功させています。
ISU公式大会で女子選手として史上初の快挙でした。
輝かしい実績を残しました。

その安藤美姫が自身のインスタグラムを更新し、現役復帰を表明した高橋大輔に「全力応援」とエールを送りました。
それはよしとして、私はこの選手こそ現役に復帰すべきと思います。

category:安藤美姫ブログはこちら。

安藤美姫は産後、全日本選手権出場

安藤美姫は2013年1月に所属のトヨタ自動車を退職しています。
さらに、7月にテレビ番組で「4月に長女を出産していた」と公表しました。
その際に、このシーズンを最後に選手をやめることも宣言しました。

12月に、3年ぶりに全日本選手権に出場しました。
2014年ソチ五輪の代表選考会を兼ねていましたが、7位に終わりました。
3年ぶりの出場でした。
産後間もないことを考えれば上出来です。

私は安藤美姫の才能を改めて感じました。
この選手の演技は力強さと女性的な美しさを兼ね備えています。
好調時は完璧な滑りを見せます。

私はいまでも安藤美姫が現役引退に踏み切った理由が分かりません。
勝手な推察にすぎませんが、アスリートとしてはやり尽くしたといえない、いささか不本意な終わり方だったのでないでしょうか。

高橋大輔に続いて現役復帰を決断してほしい。

◇◆◇

安藤美姫に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年12月23日「安藤美姫よ、ここでやめたら悔いを残す」はこちら。

⇒2013年11月21日「安藤美姫、さみしすぎる引退…全日本選手権」はこちら。

⇒2013年10月25日「安藤美姫、平昌五輪でキム・ヨナと戦え!」はこちら。

⇒2013年10月21日「安藤美姫は平昌オリンピックを狙える!」はこちら。

⇒2013年10月19日「安藤美姫、全日本選手権3位以内への課題」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

おじさんスケーター・高橋大輔、無謀な挑戦

高橋大輔復帰戦は近畿選手権
4年間のブランクを埋める

フィギュアスケート男子シングルの高橋大輔。
2010年バンクーバー五輪銅メダル、2010年世界フィギュアスケート選手権金メダル、2012年グランプリ(GP)ファイナル金メダルはいずれも日本男子初の快挙です。
2014年10月に現役引退を表明してからも闘争本能は失われていませんでした。

満たされない思いがずっとくすぶる

2018年7月1日に記者会見で現役復帰を宣言しました。
目に光が宿り、表情に輝きが戻っていました。
プロスケーターとしてアイスショーで滑りを見てもらう喜びはあるとしても、アスリートとして完全に燃焼できたわけでありませんでした。
満たされない思いがずっとくすぶっていたのでしょう。

「フィギュアスケートが軸にないとダメ」と語っています。
現役復帰は長い人生を見据え、自分らしく生きていくうえで通らなければならない道だったのです。
テレビの仕事などを通じて全日本フィギュアスケート選手権で戦う多くの選手と接し、「勝てなければ現役をやめるべき」というそれまでの考えが変わりました。
無謀は承知のうえで、勝ち負けにこだわるのでなく、自らを納得させるために競技(試合)に挑みます。

高橋大輔に追い風となるルール変更

フィギュアスケートはルール変更により出来栄え重視の採点となります。
スケーティングと表現に自信のある選手に有利に働きます。
フリースケーティング(FS)の競技時間が30秒短くなることもベテランの選手に有利に働きます。
(4分間でジャンプが7本に抑えられます。)
ルール変更が高橋大輔に現役復帰を促したわけでありませんが、追い風となることは確かです。

しかし、今シーズンも五輪2連覇の羽生結弦、2018年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨、2018年世界選手権優勝、米国のネイサン・チェン、2017年世界選手権3位、中国の金博洋の4強を中心に回ります。
高難度ジャンプの得点の比重が大きいことに変わりありません。
高橋大輔が4年間のブランクを埋めるのは大変ですが、4回転ジャンプを跳んでいるようです。

category:高橋大輔ブログはこちら。

羽生結弦、宇野昌磨と最終組で滑る

高橋大輔は全日本選手権への出場を最大の目標に掲げています。
予選を兼ねた近畿フィギュアスケート選手権が復帰戦です。
その先の西日本フィギュアスケート選手権も突破しなければなりません。
羽生結弦、宇野昌磨と同じ最終組で滑りたいと語りました。
が、あくまでも一年限定の3本勝負とのこと。

高橋大輔は後輩に配慮を示しているのか、実質残り1枠の国際大会への出場は考えていません。
私は世界選手権、さらに2022年北京五輪を目指してほしい。
若い選手にむしろ刺激を与えることになると思います。
はっきり言って、おじさんスケーター・高橋大輔を超えられないようでは世界の舞台での活躍は到底望めません。
(この競技種目では32歳は十分におじさんです。)
次世代は羽生結弦と宇野昌磨との距離が開きすぎです。

おばさんスケーターの滑りも見たい

高橋大輔は長年師事した長光歌子コーチのもとで4月から練習を再開しています。
体は5キログラムも絞りました。
ショートプログラム(SP)はまだですが、フリースケーティング(FS)は曲が決まっています。
「30代でも成長できるという姿を12月に見せられるようにしたい」。
勝負を別にし、わくわくします。

私は高橋大輔の現役復帰で、おばさんスケーターの滑りも見たくなりました。
いまでも二人は別格と信じて疑いません。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年7月2日「高橋大輔がワオ、32歳での現役復帰」はこちら。

⇒2017年2月14日「高橋大輔に現役復帰のサプライズはあるのか」はこちら。

⇒2016年12月29日「高橋大輔はこちんこちんでいいのか」はこちら。

⇒2014年10月19日「高橋大輔から小塚崇彦へ」はこちら。

⇒2014年10月16日「高橋大輔、人を楽しませる天才」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔がワオ、32歳での現役復帰

どうやら「1年限定」の現役復帰
目標は全日本選手権への出場

ワオ。
セミナーの収録を行っていた私は休憩時間にインターネットで高橋大輔が現役に復帰するという情報を見つけました。
驚きとうれしさが半々!



フィギュアスケート男子シングル、2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔が7月1日に記者会見を開きました。
黒のスーツ姿で登場した高橋大輔は現役復帰に至った経緯や心境を語っています。

高橋大輔は3大会連続の出場となった2014年ソチ五輪が最後の試合になりました。
直後に日本で開催された世界フィギュアスケート選手権はけがで欠場しています。
そして10月14日、28歳で現役を引退しました。
が、その後はかならずしもすっきりとしていませんでした。
トップアスリートは皆そうなのかもしれませんが、かなりの葛藤があったのでしょう。
「やりきっていない」という思いが昨年1年で大きく膨らみました。

高橋大輔が現役復帰の決断を下したのは2017年全日本フィギュアスケート選手権後だったようです。
テレビのナビゲーターなどとして選手の滑りを見るうちに「もう一度、現役として納得してから次へ進みたい」と考えました。

高橋大輔は32歳ですから、むろん不安な気持ちを抱えています。
世界と戦えるレベルに戻せないとも感じています。
フィギュアスケートの採点基準が変わるとしても、高難度ジャンプの比重が大きいことに変わりありません。
が、本人によれば、2種類の4回転ジャンプは跳べるかもしれないとのこと。

これまでは「期待に応えたい」と頑張りましたが、これからは「自分のためにやりたい」と思ったようです。
長光歌子コーチのアドバイスも受けながら4月に練習を始め、充実した日々を過ごしています。
筋トレも取り入れ、体をいじめています。
意欲満々です。

当面の目標は2018年全日本フィギュアスケート選手権への出場です。
最終グループに入り、2018年平昌五輪金メダリストの羽生結弦、銀メダリストの宇野昌磨と6分間練習をやることが絶対にないとは言い切れません。

人気の高かった高橋大輔はアイスショーで滑っているはずです。
しかし、ひりひりする緊張感は試合(大会)でないと味わえません。
戦う刺激と興奮を忘れられなかったのでしょうか。

category:高橋大輔ブログはこちら。

勝負師の浅田真央は高橋大輔の現役復帰のニュースに心がざわついているかもしれません。
アスリートのスピリッツは消えていないはずです。
私はとくに二人の勝利を願っていました。
しかし、滑る姿を見ること自体にこの上ない喜びを感じました。
負けたからといって、魅力が失せるわけでありません。
(円熟期の浅田真央の演技を見られないのは残念でした。)

とはいえ、高橋大輔はどうやら「1年限定」の現役復帰になります。
若い選手の邪魔をしたくないとも語っていました。
国際大会への出場は考えていません。



それにしても高橋大輔の笑顔ときたら・・・。
試合に出たくて出たくて仕方がなかったのですね。
私はいまから全日本選手権が待ち遠しい。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年2月14日「高橋大輔に現役復帰のサプライズはあるのか」はこちら。

⇒2016年12月29日「高橋大輔はこちんこちんでいいのか」はこちら。

⇒2014年10月19日「高橋大輔から小塚崇彦へ」はこちら。

⇒2014年10月16日「高橋大輔、人を楽しませる天才」はこちら。

⇒2014年10月15日「高橋大輔、ありがとう、お疲れさま」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ