コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

紀平梨花ブログ

紀平梨花はフランス杯 230点超え、メドベージェワ撃破も

紀平梨花はGPファイナル進出へ
アリーナ・ザギトワ撃破を期待

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
ニューヒロインが誕生しました。

紀平梨花がフリースケーティング(FS)で完璧な演技を見せ、ロシアのアリーナ・ザギトワに次ぐ世界2位のハイスコアを記録しました。
合計は224.31点でした。
そして男女を通じて日本勢初となるGPシリーズ初出場初優勝を飾りました。
デビュー戦での戴冠は同じトリプルアクセルを武器とする浅田真央でも達成できなかった快挙です。

紀平梨花の滑りは大きなポテンシャル(潜在能力)をうかがわせました。
憧れの浅田真央の背中を懸命に追っています。

次戦はGPシリーズ最終戦(第6戦)「フランス杯(大会)」です。
2016、2017年世界女王、平昌五輪銀メダリスト、ロシアのエフゲニア・メドベージェワが参加しますので、大会は前景気が盛り上がりそうです。
格闘技でありませんが、「激突」の図式が強調されるはずです。
日本勢では三原舞依と本田真凜が参加します。
私は二人の健闘にもおおいに期待しています。

そのフランス杯で紀平梨花はよほどのミスを犯さなければ表彰台に上ります。
となるとGPファイナル進出を果たし、平昌五輪金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワと激突します。
実は、浅田真央はシニアデビューの2005年にGPファイナル初出場初優勝を飾っています。
(GPシリーズ中国杯2位、フランス杯1位、GPファイナル1位でした。)

NHK杯のショートプログラム(SP)で転倒したトリプルアクセルを決められれば 230点を超えるかもしれません。
紀平梨花は強いこだわりを持つ大技の習得に、幼い頃から情熱を傾けてきました。
いまも精度向上の練習に、余念がありません。

紀平梨花は技術点が高いだけでなく、演技点が上がっています。
世界のトップ選手と互角に戦える総合力を備えました。
天性の「表現力」も感じられ、私は惹きつけられます。
大きな意味のスケーティングがとても魅力的です。

本人は「ノーミスなら、どんな相手でも勝負ができる」と自信を示しました。
私はフランス杯でエフゲニア・メドベージェワを撃破するのでないかと思っています。
さらに、GPファイナルでアリーナ・ザギトワを撃破してほしいと願っています。

伸び盛りの16歳に期待が膨らみます。
滅茶苦茶、楽しみ。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月13日「濱田美栄コーチは胸中複雑、紀平梨花が宮原知子に勝利」はこちら。

⇒2018年11月12日「紀平梨花はエキシビションで女王のオーラ」はこちら。

⇒2018年11月9日「16歳紀平梨花はNHK杯で16歳浅田真央に並ぶ」はこちら。

⇒2018年11月7日「紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ」はこちら。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

濱田美栄コーチは胸中複雑、紀平梨花が宮原知子に勝利

濱田美栄コーチの気遣い
宮原知子、紀平梨花と祝勝会と慰労会

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
フリースケーティング(FS)はショートプログラム(SP)5位の紀平梨花が先に滑り、とんでもない高得点を叩き出しました。
本人が喜んだのは当然として濱田美栄コーチも感無量の様子でした。

その同門、SP2位の宮原知子が後から滑り、パーフェクトな演技を見せました。
完成度の高さはさすがです。
実際には回転不足などを取られたのですが、滑り終わった瞬間に優勝争いは二人に絞られたとだれもが思う会心の出来でした。

「どちらが勝ったのか」という微妙な空気が会場に漂いました。

濱田美栄コーチは宮原知子とキス・アンド・クライで得点を確かめ、何とも複雑な表情を浮かべました。
結果を予想できたはずですが、にもかかわらず心の準備が間に合いませんでした。
(私はどちらも応援していましたが、素人なりに紀平梨花に及ばないと感じていました。)
リアクションを取れず、宮原知子にかける適切な言葉を見つけられませんでした。
本人としては精一杯の演技でしたから余計に困ります。
濱田美栄コーチの胸中は複雑だったと推察します。

私は平昌五輪での同門対決、ロシアのアリーナ・ザギトワとエフゲニア・メドベージェワのエテリ・トゥトベリーゼコーチの表情を思い出しました。
こういうときは対応や対処がきわめて難しい。



濱田美栄コーチの人間性とたゆまぬ努力を重んじた指導が宮原知子を育てました。
必死についていった宮原知子も立派でした(「練習の虫」とされています)。
が、開花した宮原知子が濱田美栄コーチの名声を高めた側面もあります。
二人は人生観や価値観が共通していて、相性もいいのでしょう。

そして、日本女子エースとなった宮原知子が同門の選手の最高の手本となり目標となりました。
濱田美栄コーチは指導を通じ、宮原知子は競技人生のありようや普段の練習への取り組み姿勢を通じ、若い選手を率いてきました。
濱田組はうまく回っていきます。
しかし、後輩が「同一大会」で先輩に勝ってしまうと厄介です。
NHK杯のFSの技術点で、紀平梨花は宮原知子に15点以上の大差をつけました。

私は宮原知子と紀平梨花を違う大会に割り振ることができなかったのかと思いました。
(ちなみに、どのように出場選手が決まるかを理解していません。)
きっとやむをえなかったのでしょう。
勝者と敗者しかいない競技の世界とはいえ、宮原知子には気の毒でした。
厳しい自己管理(節制)と鍛錬により階段を一つずつ上ってきた濱田組の看板選手ですから・・・。

濱田美栄コーチによれば、紀平梨花は調子の波がかなり大きいそうです。
(トリプルアクセルに挑むことと無関係でないはずです。)
が、好調ならば高得点を出せると考えていました。
したがって、こういう事態はいつしか起こります。
それでも、長らく不安定だった紀平梨花がシニアデビューの実質初戦でいきなりびしっと決めることは想定外だったのではないでしょうか。
「早すぎる」というつぶやきが聞こえてきます・・・。

濱田美栄コーチはFS(試合)の終了後にお祝いとねぎらいを兼ねた食事会を設けました。
その席で何と語ったのか知る由もありませんが、どちらかというと宮原知子への気遣いからでしょうか。
宮原知子は「おめでとう」と紀平梨花を祝福しました。
よかった、よかった・・・。

二人は記者の質問に対し、互いに刺激を受けていると語っています。
宮原知子は「悔しい気持ちはあるけれど、また一緒に頑張りたい」と誓いました。
また、濱田美栄コーチは日頃からライバルを敬い、ライバルに学ぶことの大切さを説いているようです。

宮原知子と紀平梨花の競り合い、切磋琢磨が日本女子全体のレベルアップにつながってほしい。
(猛烈な負けず嫌いの宮原知子はこの敗北を踏まえて立て直してくるでしょう。)



私はすべての日本選手を応援していますが、女子シングルは宮原知子と紀平梨花の「二強の時代」がやってくると感じました。
それも後輩の紀平梨花が上に立ちます(幾度か述べていますが、女性としての成長期を乗り越えられるという前提です)。

同じコーチが1位と2位の選手を預かるのは至難です。
とりわけ女性のコーチ、女性の選手は・・・。
例えば、全日本選手権では両者が激突します。
そうした状態が続くことを、私はイメージできません。

濱田美栄コーチは頭のいい方ですから二人をさらなる高みへ導きながら、チームをうまくまとめあげていくのかもしれません。
自らの度量や力量も試されることになります。

でも、やはり厄介です。
宮原知子が勝てなくなってから(第一人者でなくなってから)紀平梨花が勝てるようになる(第一人者になる)のが理想的でした。
そうなら、宮原知子は姉さん格のまとめ役として濱田組で存在意義を発揮できました。
私まで頭がずきずき痛み出しました。
困った・・・。

category:紀平梨花ブログはこちら。

category:宮原知子ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月12日「紀平梨花はエキシビションで女王のオーラ」はこちら。

⇒2018年11月9日「16歳紀平梨花はNHK杯で16歳浅田真央に並ぶ」はこちら。

⇒2018年11月7日「紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ」はこちら。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

⇒2017年12月9日「紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす」はこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月11日「宮原知子、濱田美栄コーチ同門の紀平梨花にライバル心」はこちら。

⇒2018年11月10日「宮原知子、芝居がかった表情と表現力は唯一無二」はこちら。

⇒2018年10月23日「宮原知子は横綱相撲、スケートアメリカで坂本花織を圧倒」はこちら。

⇒2018年3月23日「宮原知子は「美しい十代」を総括する滑りを!」はこちら。

⇒2018年3月20日「宮原知子、世界選手権3枠確保はエースの責任」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花はエキシビションで女王のオーラ

紀平梨花はたった一日でさらに成長
全日本フィギュア選手権の優勝候補筆頭

土曜日はフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングルのフリースケーティング(FS)を応援し(といってもテレビ観戦)、くたくたになりました。
質が高く、見応え十分の勝負でした。

1位の紀平梨花、2位の宮原知子、4位の三原舞依の3選手はそれぞれいまできるベストの演技を見せてくれました。
何よりミスらしいミスが出なかったことが素晴らしい(回転不足、踏み切り不明瞭、3⇒2回転などはありました)。
とりわけジャンプで転倒が出ると、見る側ものめりこめません。



女子フィギュアを席巻してきたロシアのトップクラスと互角に戦える選手がついに現れました。
それは伊藤みどり、浅田真央のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の流れを汲む「紀平梨花」です。
日本女子の「伝家の宝刀」を自らの代名詞にしました。

紀平梨花はフィジカルの強靭性と柔軟性を兼ね備えており、ほれぼれするスケーティングです。
鍛えすぎると演技のやわらかさや動きのしなやかさが損なわれます。
身体能力の高さは生まれ持ったものでしょう。
懸命な努力を重ねる選手を「才能」の一言で片づけてはいけませんが、それでも私はすごい才能だと感じました。

FSでは冒頭のトリプルアクセル―3回転トウループのコンビネーションを決めると、続く単発のトリプルアクセルも決めました。
どちらも流れと切れがあります。
これで一気に波に乗り、ほぼ完ぺきに滑り終えました。
そして、ガッツポーズを炸裂させました。
「見事」としか言い表せません。

紀平梨花は研究熱心だそうです。
濱田美栄コーチの指示にそのまま従うのでなく、どこを直せば点数が伸びるかを考えながら練習に取り組んでいます。
トリプルアクセルで転倒したショートプログラム(SP)後のインタビューでの受け答えにも頭のよさがはっきりと現れています。
16歳と思えない冷静さです。

紀平梨花はトリプルアクセルを安定して成功させることの難しさを語っています。
ハイリスク・ハイリターンを承知しているのです。
FSでは朝練から修正と確認を繰り返し、ドラマチックな大逆転を演出しました。



NHK杯のエキシビションではすでに「女王」のようなオーラを発していました。
勝利からたった一日でさらに成長を遂げています。

16歳という微妙な時期に差しかかっていますが、これを乗り切ればエースに育つはずです。
私は年末の全日本フィギュアスケート選手権の優勝候補の筆頭だと思います。
ジャンプをノーミスで決めると、だれも得点が及びません。
技術点がきわめて高いうえに、演技点も高く、しかも伸びています。
スピンやステップを含むすべてのエレメンツで加点を稼げます。
単なる高難度ジャンパーでなく「総合力」で戦えます。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月9日「16歳紀平梨花はNHK杯で16歳浅田真央に並ぶ」はこちら。

⇒2018年11月7日「紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ」はこちら。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

⇒2017年12月9日「紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

16歳紀平梨花はNHK杯で16歳浅田真央に並ぶ

紀平梨花はトリプルアクセル3本
米メディアが優勝候補の本命に挙げる

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
シニアデビュー、16歳の新星、紀平梨花がGPシリーズに初出場します。
平昌五輪代表最終選考会を兼ねた昨年の全日本選手権では表彰台に割って入りました(3位)。
6種類すべての3回転ジャンプを跳べますので大きな得点力があります。

紀平梨花はNHK杯への調整を目的に、先日の西日本選手権に出場して圧勝を収めました。
高難度ジャンプだけの選手でなく、徐々に演技力も増してきました。

NHK杯には第1戦「スケートアメリカ」覇者の宮原知子、第2戦「スケートカナダ」覇者のロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワが参加します。
紀平梨花が世界の強豪選手と互角に戦えるかどうかに注目が集まっています。

ちなみに、米メディアが1位に紀平梨花、2位に宮原知子、3位にエリザベータ・トゥクタミシェワという大胆な予想を示しています。
高難度ジャンプに注目すれば、本命に挙げられることにあまり驚きはありません。

紀平梨花は「トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)」を最大の武器にしていますので、バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央とよく比較されます。
いまや自分の代名詞になりつつあります。
後継者とも呼ばれていますので相当なプレッシャーがかかっていることでしょう。
ちなみに、浅田真央は同じ16歳で出場した2006年NHK杯で世界最高得点を記録して優勝を飾りました。
(それ以前に、15歳で出場した2005年GPファイナルで世界一になっています。)
しかし、これまでGPシリーズデビュー戦で勝った日本の女子選手はいないようです。

私は紀平梨花も衝撃的なデビューを見せてくれるかもしれないと期待しています。
本人によれば、トリプルアクセルの成功率がずいぶん上がっているそうです。
NHK杯で審判に好印象を残せれば、今後の大舞台での採点にプラスになります。

紀平梨花がトリプルアクセルを8日の午前の練習で6度、午後の練習で8度決めています。
うち2度はトリプルアクセル―3回転トウループのコンビネーションでした。
仕上がりは上々ですので、本番での緊張に打ち克てれば大丈夫でしょう。
SP1本、FS2本の計3本のトリプルアクセルが楽しみです。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◆書き加え(11月9日)

SPが終わり、紀平梨花は 69.59点で5位でした。
大きな注目が集まった冒頭のトリプルアクセルで転倒しました。
朝の練習から調子が悪かったそうで、不安が的中しました。
しかし、失敗に動揺せず、演技を立て直しました。

紀平梨花は高難度ジャンプを跳べるというだけでなく、豊かな表現力を備えています。
スケーティングを含め、才能があふれ出ています。
素晴らしいと思います。

FSで得点源のジャンプを完璧に決められれば、大逆転の可能性があります。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月7日「紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ」はこちら。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

⇒2017年12月9日「紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす」はこちら。

⇒2017年12月1日「紀平梨花はトリプルアクセルで全日本初優勝の快挙へ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ

紀平梨花、西日本選手権で優勝
SP1回、FS2回のトリプルアクセル

昨シーズンの全日本選手権で3位となり今シーズンのシード権を持つ紀平梨花が西日本選手権の女子シングルに出場しました。

ショートプログラム(SP)で非公認記録とはいえ 73.41点の高得点をマークし、首位で発進しました。
冒頭の代名詞・トリプルアクセル(3回転半)はいくらか着氷が乱れましたが、伸びのあるスケーティングと優雅な舞いで会場を魅了しました。
しかし、フィニッシュポーズを間違え、苦笑いで演技を終えました。
ほぼノーミスでまとめ、本人はそれなりに納得しています。

フリースケーティング(FS)で125.30点をマークし、合計198.71点で優勝を飾りました。
冒頭にトリプルアクセルを決め、続いてトリプルアクセルに3回転トウループでなく2回転トウループをつけたコンビネーションを決めました。
本人によれば、変に力が入ってしまい、ジャンプでミスが出たそうです。

紀平梨花はシニアデビュー戦、9月の「オンドレイ・ネペラ杯」で浅田真央以来2人目となるFSで2度のトリプルアクセルを決めました。
公認記録で147.37点、合計218.16点はとても立派です。
16歳の紀平梨花は体形が変わらなければ、ジャンプで得点を伸ばせそうです。
加点を増やせると世界のトップクラスと戦えるのでないでしょうか。
(私はGPファイナル進出さえ不可能でないと思っています。)

紀平梨花があえて西日本選手権に臨むのは、試合勘をつかむとともに改善点を見つけ、フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯(日本大会)」でマイナスがつかない演技を行えるようにしたいという思いからです。
表現力を高め、トリプルアクセルに安定感を出したいと語りました。

そのNHK杯はSPが9日、FSが10日に行われます。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

⇒2017年12月9日「紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす」はこちら。

⇒2017年12月1日「紀平梨花はトリプルアクセルで全日本初優勝の快挙へ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか

年齢制限のトリプルアクセルジャンパー
宮原知子と本田真凜に手加減無用

全日本フィギュアスケート選手権が平昌五輪代表最終選考会を兼ねて行われています。
十代後半の有力選手は競技人生をかけて大一番に臨んでいます。
ところが、「五輪前年の7月1日までに15歳になっていなければならない」という年齢制限により出場資格のない紀平梨花が大きな注目を集めています。

国際スケート連盟公認のジュニアGPファイナルのフリースケーティング(FS)で史上初めてトリプルアクセル(3回転半)−3回転トウループのコンビネーションジャンプを決めています。
ジュニアGPファイナルではショートプログラム(SP)でダブルアクセルを入れなければなりませんした。
しかし、全日本選手権ではSPにトリプルアクセルを組み込めます。
したがって、SPとFSで3度跳ぶという攻撃的なジャンプ構成に変えられます。

紀平梨花は公式練習でトリプルアクセル、トリプルアクセル―3回転トウループを決めました。
「すごくいいイメージができた」と無邪気に笑っています。
ノーミスで滑れば自己ベストを15点以上更新し、 210点台に届くかもしれません。

有力選手が極限の緊張と戦うなか、紀平梨花は「勝っちゃっていいんですか」くらいの気楽な立場で思い切って挑めます。
優勝争いに絡んでくると、代表選考がややこしくなります。

紀平梨花はアイスリンクの氷の状態やカメラのシャッター音などに神経質になり、集中が乱れたりしました。
それを次第に克服するとともに、持ち前の運動能力に磨きをかけてきました。

成長期の只中で身長がかなり伸びているようです。
とくに女子選手は体のバランスがちょっと変わるだけで高難度ジャンプを跳べなくなることもあります。
1〜2年後にどうなるかは分かりません。
が、北京五輪の代表切符をつかむ立場になったとき、今大会は貴重な経験になります。

濱田美栄コーチはおそらく紀平梨花に「全日本選手権で勝っちゃっていいんです」と告げています。
私も手加減は無用だと思います。
同門の宮原知子と本田真凜の得点を超える勢いで跳んでほしい。

⇒2017年12月21日「本田真凜は一発逆転、金の鳥と平昌五輪代表へ」はこちら。

◆書き加え(12月21日)

紀平梨花は朝の公式練習に臨み、トリプルアクセルを4度成功させています。
調子はかなりいいようです。

◆書き加え(12月21日)

SP「カンフーピアノ」が終わりました。
素晴らしいトリプルアクセルでした。
後半の3回転フリップ−3回転トウループもよし。
リズムを刻み、これは高得点が出そうとわくわくしながら見ていたら、最後の片手を上げた3回転ルッツが2回転になってしまいました。
素人の私にはどうしてこういうことが起こるのか分かりません。
もったいない。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年12月9日「紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす」はこちら。

⇒2017年12月1日「紀平梨花はトリプルアクセルで全日本初優勝の快挙へ」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす

フィギュアスケート・ジュニアGPファイナルの女子シングル。
何と6人の出場選手のうち5人がロシア勢で占められています。
7連覇中と、手のつけられない強さです。
(あちこちで使われていますので「オソロシア」とは言いません。)

そこに唯一割り込んだのが全日本ジュニア選手権を制した15歳の紀平梨花でした。
フリースケーティング(FS)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2本入れるプログラムで臨み、ショートプログラム(SP)6位から逆転優勝を飾っています。
とくに冒頭のトリプルアクセルは3回転トウループと2回転トウループをつけた3連続ジャンプでした。
目が回らないのでしょうか。

紀平梨花はジュニアGPファイナルを前に、SPを絶対に外せないと語っていました。
規定により、ジュニア女子はSPでトリプルアクセルを跳べません。
結局、首位と6.43点差の4位に踏み止まりました。
(おそらく射程圏内と捉えているはずです。)

今大会のFSで3回転半−3回転トウループの連続ジャンプを決めれば、国際スケート連盟(ISU)公認試合で女子初の快挙となります。
2本のトリプルアクセルを決めれば、バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央以来の快挙となります。

公式練習ではこのコンビネーションジャンプを決めました。
孤軍奮闘の戦いですので「開き直り」も可能です。
表彰台、それも2009年の村上佳菜子以来となる優勝を狙いたいと語りました。
トリプルアクセルの風圧で強豪のロシア勢を吹き飛ばしてほしい・・・。



ところで、紀平梨花は練習でサルコウとトウループの4回転ジャンプに成功しているそうです。
これは「驚き桃の木紀平の紀」です(←相当考えました)。

高さと距離が十分、したがって流れもある天性の高難度ジャンパーなのでしょう。
女子が4回転ジャンプを公式戦で決めれば、いまでも何かと話題を提供してくれる安藤美姫以来となります。
年齢制限で平昌五輪の出場資格はありませんが、北京大会がとても楽しみな存在です。

⇒2017年12月1日「紀平梨花はトリプルアクセルで全日本初優勝の快挙へ」はこちら。

ジュニアGPファイナルで自己ベストを大きく更新するようなら、全日本フィギュアスケート選手権でひょっとするとひょうとするかもしれません。

◆書き加え(12月9日)

紀平梨花は緊張が高まっているのでしょうか、午前の曲かけ練習でジャンプの失敗が目立ちました。
しかし、、残り時間で3回転半−3回転トウループの連続ジャンプを3度、単発の3回転半ジャンプを4度決めています。

2番滑走の紀平梨花は午後3時19分に登場するようです。
はたして本番で決められるのか、私は選手でもないのにどきどきです。

◆書き加え(12月9日)

トリプルアクセルといえば、私が思い出すのは今年現役を引退したばかりの浅田真央。
彼女の代名詞になりました。

平昌五輪まで2か月となり、大会公式ツイッターがオリンピックのSPで女子初のトリプルアクセルを成功させた功績を紹介しています。
19歳で迎えたバンクーバー五輪の動画を添えています。

FSでも2度決めており、1大会で3度成功させています。
最大のライバル、韓国のキム・ヨナ(金妍児)に敗れて金メダルを逃しましたが、ファンに語り継がれる伝説の演技です。

◆書き加え(12月9日)

FSが終わっています。
紀平梨花は公認大会で史上初となる3回転半―3回転トウループのコンビネーションジャンプを冒頭で決めています。
ただし、その後の単発の3回転半ジャンプはシングルになりました。
困難度の高いほうを加点つきで成功させたというのに、私は不思議です。
得点を伸ばせず、表彰台に届きませんでした(全員ロシア勢)。

しかし、日本女子の意地を見せてくれました。
全日本フィギュアスケート選手権で 210点に迫る得点を期待しましょう。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花はトリプルアクセルで全日本初優勝の快挙へ

フィギュアスケート全日本ジュニア選手権の女子シングル。
ショートプログラム(SP)6位の紀平梨花がフリースケーティング(FS)で2本のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めて初優勝を飾りました。

恐ろしい高難度ジャンパーです。
冒頭でトリプルアクセル―3回転トウループ―2回転トウループの連続技を決めています。
おまけに最後の2回転トウループでは手を挙げたそうです。
続けて2本目となるトリプルアクセルを単発で決めました。
GOE(出来栄え点)は3連続ジャンプが2.40点、単発ジャンプが2.20点でした。
流れ、高さ、距離がありますので、たやすく跳んでいるように見えます。
きっとした表情でひらりと下ります(←相当考えました)。

紀平梨花は逆転優勝を収めるにはトリプルアクセルを2本入れるしかないと、直前の6分間練習で決断したそうです。
ジュニアGPファイナル(名古屋)でこの3連続ジャンプを決められるならば、国際大会史上初となります。

紀平梨花は年齢制限により平昌五輪出場資格はありません。
代表選考でナーバスになる選手と違い、全日本フィギュアスケート選手権で気楽にチャレンジできます。
高難度ジャンプを思い切り跳ぶことでしょう。
宮原知子や樋口新葉らを退けて初優勝を飾るという快挙を成し遂げるかもしれません。

早くも北京五輪代表の有力候補として名乗りを上げました。
羽生結弦と宇野昌磨に続く選手が育っていない男子シングルに比べ、女子シングルは活況です。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花は驚異の高難度ジャンパー

フィギュアスケートのシングル。
男子は羽生結弦という五輪王者がいて、その背中を追いかける宇野昌磨がいます。
今後次第で宇野昌磨もオリンピックの頂点を争えますが、その後に続く選手が見当たりません。

ところが、女子はロシア勢が図抜けて強いこともあり、頂点を争える選手がいません。
それに一番近い宮原知子は国内女王に留まります。
私は現状の延長線だと難しいと考えています。
3月の世界フィギュアスケート選手権で「ブレイクスルー」を果たしてください。
(浅田真央がもしも本調子を取り戻せば話は別です。)

その代わりという表現は適切でありませんが、近い将来に五輪のメダルを狙える10代半ば前後の選手が目白押しです。

私が気になる一人が兵庫県の公立中学校に通う14歳の紀平梨花(きひら・りか)。
兵庫県西宮市出身。O型(血液型)。
アクセルを含めて6種類の3回転ジャンプを跳べます。
年齢制限のために2018年平昌五輪に出られません。

紀平梨花は、初心と基礎を大切にする浜田美栄コーチの指導を仰いでいます。
教え子に宮原知子と本田真凜、白岩優奈がいます。
一緒に練習できることもあるわけで、環境としては恵まれています。
取り組み姿勢や方法、技術や表現、コンディションづくりを学べ、新鮮な刺激を受けられます。
競争心も掻き立てられます。
要は、「切磋琢磨」が可能なのです。

⇒2017年2月6日「浜田美栄コーチと選手の愛の五重奏」はこちら。

紀平梨花は昨年、国際スケート連盟公認のジュニアグランプリ(JGP)シリーズに出場しました。
そして、初戦のチェコスケートで2位、次戦のリュブリャナ杯で1位となり、JGPファイナルに進出しました。

このリュブリャナ杯のフリースケーティング(FS)で、史上7人目となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めました。
日本人では伊藤みどり、浅田真央、中野友加里に次いで4人目です。
さらに、このFSで、女子選手としては史上初となる8回の3回転ジャンプを決めました。
紀平梨花は驚異の高難度ジャンパーです。

ところが、紀平梨花は期待に胸を膨らませて臨んだ全日本ジュニア選手権でトリプルアクセルに失敗して11位に終わりました。
また、ジュニアGPファイナルでもトリプルアクセルで転倒して4位に留まりました。

日本は「フィギュアスケート王国」と呼ばれ、競技の人気は突出しています。
若い選手が主要大会で結果を残すと、一気に注目が集まります。
それとともに選手は重圧を感じるようになります。
無心で滑っていた頃の精神状態を保つことができなくなります。
紀平梨花はそれを痛感させられたのでないでしょうか。
緊張が強いと、なかでもトリプルアクセルはうまくいきません。

表現面はこれからですが、技術面は飲み込みがとても早いようです。
とくに持ち味の高難度ジャンプには失敗を恐れず、果敢に挑みます。
自立心が強くて物おじせず、さらに負けず嫌いで闘争心が強い。
性格的にもアスリート向きなのでしょう。
紀平梨花は浜田美栄コーチの「秘蔵っ子」といえるかもしれません。

紀平梨花は、浅田真央や宮原知子を目標にして練習に打ち込んでいます。
しかし、おそらく身体の変化する時期にも差しかかります。
これからいくつもの困難と壁を乗り越え、ようやくオリンピックの舞台に羽ばたいていけます。
私は1〜2年後がとても楽しみです。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ