コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

カーネーション

カーネーション視聴率のネックは何か…面白いのになぜ?

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
尾野真千子がヒロイン・小原糸子を演じている。
落ちる一方だった朝ドラ人気に歯止めをかけた「ゲゲゲの女房」「てっぱん」「おひさま」「カーネーション」。
私は、この4作品のなかでドラマとしての出来が一番いいのは「カーネーション」だと思う。
インターネットで調べたら、“面白さ”のわりに視聴率が伸びていなかった。
もちろん、悪い視聴率でない。
実は、それほどの数字にならないと踏んでいた。

「カーネーション」はいかにもNHK大阪放送局の制作という作品であり、上方喜劇の流れを引いている。
いまは脚本も演出も抑えめだが、やがて小原糸子が働きながら3人の娘を育てる“大阪のおかあちゃん”の奮闘記になるはずなので、ドタバタ調の度合いが増していく(?)。
「カーネーション」の平均視聴率は、首都圏を中心に東日本の視聴者がどう受け止めるかによりかなり左右されるだろう。
岸和田と言えば「だんじり祭」。
血の気の多い博多(福岡)を含む北部九州地区の視聴率がいいのはうなずける。
また、なぜか名古屋地区の視聴率が非常にいい。

「カーネーション」は傑作であり、それ以前の朝ドラ3作品の平均視聴率を大きく超えてもおかしくない。
しかし、視聴者が頭を働かせないと、よさをつかみにくい。
描かれている世界が深いのだ。
なかでもネックになっているのは、「カーネーション」の敷居の高いつくりでないか・・・。
制作陣は、ドラマの入口にちょっとした壁を設けた?
食わず嫌いが多いと、「カーネーション」の平均視聴率は振るわない。

具体的には、オープニングの“格調”の高さだ。
哲学的な雰囲気さえ漂う。
タイトル映像と主題歌が、ドラマのイメージや内容とストレートに結びつかない。
記憶が曖昧ながら脚本家が口にした「下品」と無縁であり、俗っぽさを消している。

「カーネーション」のオープニングには、「ゲゲゲの女房」のたわいなさ、「てっぱん」の楽しさ、「おひさま」の美しさのような“分かりやすさ”が欠ける。
朝から小難しく感じ、このドラマを敬遠する人がいても不思議でない。
高い平均視聴率を取るうえで、私は「カーネーション」の秀逸なオープニングが邪魔をしそうな気がする。

初回放送の冒頭で、ヒロイン・小原糸子を演じる子役・二宮星(にのみや・あかり)と尾野真千子がデュエットしたのも、この朝ドラに対する“親しみ”を醸成するためだろう。
制作陣は、「カーネーション」が難解な印象を与えることを避けたかったに違いない。
このプレミアムシーン(映像)は番組公式サイトに掲載されていた。

ちなみに、私が一番好きなオープニングは「カーネーション」である。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月31日「威張る小林薫、とぼける麻生祐未…朝ドラ・カーネーション」はこちら。

⇒2011年10月28日「尾野真千子がコシノ三姉妹に対面、夢中のオーラを感じる」はこちら。

⇒2011年10月24日「カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子」はこちら。

⇒2011年10月21日「尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判」はこちら。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

威張る小林薫、とぼける麻生祐未…朝ドラ・カーネーション

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
飾らない尾野真千子がヒロイン・小原糸子を小気味よく演じている。
コシノ三姉妹(ヒロコ・ジュンコ・ミチコ)を女手一つで育て上げたファッションデザイナーの草分け・小篠綾子の奮闘記だ。

小林薫が父・小原善作、麻生祐未が母・小原千代、正司照枝が祖母・小原ハルを演じる。
3人のベテラン役者はとても面白い。
私はなかでも麻生祐未の演技が楽しい。

神戸の裕福な実業家・松坂家に育った小原千代はおっとりしている。
ちょっと抜けた雰囲気を漂わせる。
この夫婦は駆け落ちしたようだ。

麻生祐未は、とくに苛立ちやすい夫とのやり取りでは、何ともいえないとぼけた味を出している。
それとも、まともに取り合っていられないという自己防衛か。
また、呉服屋商売の振るわない夫の代わりに金を無心に訪れる実家での父とのやり取りでも…。
祖父・松坂清三郎は宝田明が演じる。
また、祖母・松坂貞子は十朱幸代が演じる。
懐かしい顔ぶれだ。

小原千代は一見頼りなさそうだが、どこかに芯の強いところを持つ。
糸子は父の血を引いているように見えるが、母の気質も受け継いでいるのでないか…。

子どものなかでもとりわけ糸子に対し、祖母は心底あたたかく、母はほんわかとやさしい。
がむしゃらに、ひた向きに頑張る子に、それはそれは深い愛情を注いでいる。
小篠綾子に光るものがあったからに違いない。

小林薫が演じる小原善作は家庭で威張り、父の威厳を取り繕っているものの、案外気が小さい。
いわゆる内弁慶。
また、根は自由人なのでないか。

私が久しく見なかった、高齢の庄司照枝は演技が達者だ。
昔はこんなおばあちゃんが確かにいた。
そう思わせる。

「カーネーション」は脇役が実に多彩であり、実在の人物の半生を土台としたドラマに楽しさ、そして「リアリティ」を与えている。
作品の出来が非常によい。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月28日「尾野真千子がコシノ三姉妹に対面、夢中のオーラを感じる」はこちら。

⇒2011年10月24日「カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子」はこちら。

⇒2011年10月21日「尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判」はこちら。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

尾野真千子がコシノ三姉妹に対面、夢中のオーラを感じる

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
尾野真千子がヒロイン・小原糸子を演じる。
コシノ三姉妹を女手一つで育て上げたファッションデザイナーの草分け・小篠綾子(故人)の半生がシナリオのベースになっている。

その小篠綾子の誕生日に、本人をしのぶ催しが行われた。
「カーネーション」主演の尾野真千子もゲストとして出席した。
そして、コシノ三姉妹と初対面を果たした。

朝ドラでは、小篠綾子の面白くてダイナミックな面と、繊細で女らしい面の両方が描かれる。
小篠綾子は、世間一般の母親像と大きく違っていたようだ。
自分に正直に生き、女であることを貫いた。
小篠綾子は結局、自身の生き方と働き方が3人の娘に対する最良の教育になった。
精神的にはかなり厳しく接したらしい。

小篠綾子は3人の子どもにとり、いまだに手本や目標になっている。
人生の大先輩であるとともに、最大のライバルである。
子は親に負けられない、親を乗り越えたいと、心のなかで戦った。
それが世界的なファッションデザイナー「コシノ三姉妹」が誕生した主因の一つだ。

                       ◇

尾野真千子は小篠綾子について、愛娘にじかに尋ねられた。
彼女の血が流れる子どもと相対し、当人の雰囲気やぬくもりを自分の肌で感じた。
小篠綾子は赤や紫といった原色の生き方だった。

役者が実在した人物を演じる場合、シナリオ上もさることながら、実像をイメージできることが大事だ。
本人を、そして人生(生き様や生き方)をリアルにつかむ。
尾野真千子は「カーネーション」のヒロイン・小原糸子の演技に大きなヒントと自信が得られたのでないか。

一言でいえば、コシノ三姉妹に「夢中のオーラ」を感じた。
母親の小篠綾子から受け継いだDNA。

尾野真千子は、三姉妹が羽ばたいていくまでの波乱万丈の人生を体当たりで演じる。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月24日「カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子」はこちら。

⇒2011年10月21日「尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判」はこちら。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
尾野真千子がヒロイン・小原糸子を演じる。
ファッションデザイナーの草分け・小篠綾子(故人)の半生がシナリオのベースになっている。
脚本は、尾野真千子が文化庁芸術祭大賞を受賞した2009年のNHKドラマ「火の魚」を手がけた渡辺あや。
二人が再びタッグを組んだ。

小篠綾子は、ファッションを通して大勢に夢を与えることに生涯を捧げた。
朝ドラ「カーネーション」は本人と家族をエピソードも交えて描く。
「綾子」という名前には、「糸」に関わる仕事に就けるようにという願いが込められている。

小篠綾子は15歳で洋装の道へ進んだ。
最初は修行。
1934年(昭和9年)、21歳で岸和田に「コシノ洋装店」を開いた。
おそらく「既製服」という概念のない時代であり、スタートはミシン一台だった。
昼間は、御用聞きに飛び回る。
夜間は、請け負った仕事のためにミシンを踏む。
無我夢中で働いた。

小篠綾子はやがて父に勧められた男性と結婚し、長女ヒロコを出産した。
24歳だった。
そして、次女ジュンコ、三女ミチコ・・・。
この間、オートクチュール(高級仕立服)のヒットを生むなど、草創期のファッション業界で活躍しはじめた。
三女ミチコを身ごもっていた30歳で、紳士服のテーラーだった夫が出征して戦地で病死した。

小篠綾子は戦後のどん底の社会情勢、女手一つで娘3人を育てることになる。
朝から晩まで仕事ずくめ。
しかし、愚痴や弱音を吐かず、仕事に打ち込んだ。
娘たちは母親の必死な姿を目の当たりにした。

日本の復興につれ、小篠綾子はオートクチュールに捉われず、活動のジャンルを広げていった。
娘たちが「コシノ三姉妹」として世界的に活躍するようになっても岸和田で洋装店を続け、さまざまな作品をつくり出した。

小篠綾子は2006年、脳梗塞で死去。
享年92歳。

なお、NHK「カーネーション」公式サイトに、1970年代の「岸和田駅前通商店街」の店舗が写った写真が掲載されている。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月21日「尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判」はこちら。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
大阪・岸和田で大正〜昭和〜平成を駆け抜けたた故・小篠綾子(こしの・あやこ)をモデルにした波乱万丈の物語。
ファッションデザイナーの草分けとしてその道を切り拓きつつ、女手一つで「コシノ三姉妹(コシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコ)」を育てあげた。
女優・尾野真千子が強くてエネルギッシュなヒロイン・小原糸子(おはら・いとこ)を演じる。

私は締め切り仕事に追われてたまにしか見られないが、この「カーネーション」が面白い。
尾野真千子は非常に頑張っている。
私が一番気に入ったのは、演技をこねくり回したようないやらしさがまったくないこと。
役づくりは当然として、スパッとした本人の性格によるところが大きいのでは…。
カラッとしており、とにかく小気味よい。

元気になったり、落ち込んだり…。
嬉しくなったり、悲しくなったり…。
やる気になったり、投げやりになったり…。
人は意思や気持ちが揺れ動きながら長い人生を生きていく。
尾野真千子は「演技」ということを忘れさせるほど自然だ。
ヒロイン・小原糸子になりきっている。
視聴率は知らないが、「カーネーション」を見た知人の評判(評価)は良好。

尾野真千子は女優としては美人でない。
高くて大きな鼻に特徴がある。
好き嫌いがはっきりと分かれそうな顔立ちだ。
が、見慣れると、人懐っこい。
朝ドラファンに愛されるのでなかろうか・・・。

                       ◇

尾野真千子は放送がスタートする前の記者会見で、長丁場の朝ドラを全うする秘訣として十分な睡眠と栄養を挙げた。
そして、休日でも「肉」を食べると語った。

ヒロイン・小原糸子は感情とエネルギーを爆発させる。
登場は14歳から。
実年齢と大きく隔たるが、尾野真千子は思い切りテンションを上げて乗り切った。
走ったり、戦ったり、体の動きが激しく急である。
あの身のこなしは、猛烈に大変そう・・・。
腹が減り、疲れがたまる。

奈良出身の尾野真千子が苦戦しているのは意外にも「岸和田弁」だった。
大阪弁と微妙に違うため、かえって難しいらしい。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
コシノ三姉妹を女手一つで育てた小篠綾子の実話を土台にした奮闘記。
少女時代のヒロイン・小原糸子を演じているのが、二宮星(にのみや・あかり)である。
おてんばで男勝りの役どころ。

カーネーションの初回放送。
大正13年9月、「岸和田だんじり祭」の日、小原糸子は夜明けに飛び起き、父・善作を大声で見送った。
激しく手を振りながら、ピョンピョン跳ねつづけた。
全身で喜びを爆発させた。
二宮星は、訳が分からないほど元気なヒロイン・小原糸子の将来と「カーネーション」の展開を予感させる演技を見せた。
その家には「小原呉服店」の立派な看板がかかっていた。

小原糸子の夢は大工になり、だんじりの屋根に乗ることだった。
が、それは許されない。
女に生まれたことを悔やんだ。
男に、そして結婚後は夫に従う。
世間の良識に縛られる生き方に疑問を感じていた…。

                       ◇

二宮星は、朝ドラでの髪形のせいもあろうが、お多福(おかめ)のようなユーモラスな顔である。
大阪弁も似合う。
制作陣はよく探してきた(オーディション?)。
ヒロインの子ども時代を任されたのだから当然だが、演技力が凄い。

父・小原善作を演じるのが、小林薫。
糸子は男の子と張り合ってけんかし、川にカネを流してしまった。
そして、激怒した善作にビンタされた。
そのときの二宮星の表情が見事だった。
台詞(せりふ)はないが、ヒロインの性格と内面の感情が伝わってきた。

やはり朝ドラ「おひさま」で須藤陽子の子ども時代を演じた八木優希もそうだった。
子役は演技のレベルが非常に高い。
女優が生き残るのがいかに大変か分かる。
カーネーション・二宮星もおひさま・八木優希も1週間前後で姿を消してしまうが、もう少し見たい気がする。
子役を引っ張りすぎると視聴率に影響するからか…。
二宮星の将来の夢はものまねタレントになることらしい。
どこかおかしい。

大正時代を丁寧に再現したカーネーションの1週間の放送はおそらく大金がかかっている。
いまどきのドラマでこれだけの制作費をかけられるのは、NHKだけだ。

                      ◇◆◇

朝ドラ「カーネーション」、尾野真千子と二宮星(子役)に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
世界的なファッションデザイナー3姉妹の母の子育て奮闘記だ。
舞台は大阪・岸和田。
3姉妹とは、コシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコ。
脚本家・渡辺あやが小篠綾子(故人)の一生を実話に基づいて痛快(?)に描く。

「カーネーション」では二宮星(子役)と尾野真千子がヒロイン・小原糸子を演じる。
私が二人の小原糸子を見た第一印象は、「男にしたい」だった。
キャスティングと演技の両方がうまく運んだ結果である。
上方らしいドタバタ調・・・。

朝ドラ「カーネーション」は10月3日に放送がスタートした。
初回視聴率は16.1%(関東地区。ビデオリサーチ調べ)。
過去最低だった松下奈緒主演の「ゲゲゲの女房」の14.8%を上回った。
しかし、瀧本美織主演の「てっぱん」の18.2%、井上真央主演の「おひさま」の18.4%を下回った。
が、ここ数年の朝ドラとしてはまずまずの数字だろう。

なお、関西地区は16.2%、名古屋地区は17.7%、北部九州地区は16.3%(いずれもビデオリサーチ調べ)。
関西地区だけが前作の初回視聴率を上回った。

                       ◇

私は昭和26年生まれ。
定収入のないフリーランスで、妻と3人の子を食べさせるのは“死に物狂い”だった。
結婚を境にし、怠け者の性格が一変した。
そうならざるをえなかった。

まして朝ドラ「カーネーション」で描かれる時代、女手一つで3人の娘を育てるというのは大変な苦労だった。
が、小原糸子(小篠綾子)はそれを凄まじい元気と馬力で乗り切っていく。
当事者は案外、苦労を苦労と思わないのかもしれない。
そう感じたら、自分が壊れるし、生活を保てない。

私の祖母は富山・入善(椚山)の貧農だった。
しかも、片手が大やけどで肉の棒切れ状態。
農作業に使えない。
やはり女手一つで4人の子を育てた。
カーネーションよりもいくらか前の時代だった(不確か)。
こちらは想像を絶する。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
きょうから放送がスタートする。
このドラマは、世界的なファッションデザイナーのコシノ三姉妹(ヒロコ・ジュンコ・ミチコ)を女手一つで育てあげた小篠綾子(故人)をモデルにしている。
大阪・岸和田を舞台に、大正生まれの「大阪のおかあちゃん」の波瀾万丈な人生を描く。

そのヒロイン・小原糸子役を射止めたのが「尾野真千子」。
朝ドラは10代の新人女優の登竜門というイメージが強い。
が、「カーネーション」では主演は10歳前後の子ども時代を除き、10代から50代までを務めなくてならない。
そこで、20〜30歳を中心にオーディションが行われ、1850人の応募があった。

尾野真千子はこれまでに「ほんまもん」などの朝ドラオーディションを3度受けた。
毎回自信を持っていたが、実際には落ちつづけた。
そろそろ年齢的にも朝ドラヒロインは厳しい…。
そう思っていたが、4度目の正直。
所属事務所から合格の一報を聞いた買い物中のスーパーマーケットで号泣・・・。
朝ドラ主演は一番の「親孝行」になると考えていたとのことで、報告の電話をかけて家族全員で号泣・・・。
ついに長年の夢を叶えた。
おめでとう。

尾野真千子は奈良・西吉野村(現五條市)出身で関西弁に問題がない。
パワフルに生きたヒロイン・小原糸子をエンジン全開モードで演じ切ることだろう。

                       ◇

尾野真千子は中学時代に学校で掃除中に映画監督河瀬直美の目にとまった。
そして1997年、映画「萌(もえ)の朱雀(すざく)」に主演でデビューした。
2007年、やはり同監督で主演した「殯(もがり)の森」が第60回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した。
尾野真千子はNHKの大河ドラマ「義経」や土曜ドラマ「外事警察」など、出演実績が豊富だ。
また、日本テレビ「Mother」やTBS「MM9」など、幅広い役どころが可能。

NHKは井上真央に続き、ヒロインに女優歴10年以上の実力派を起用した。
視聴率を強烈に意識した結果か。
「おひさま」同様、「カーネーション」でもあの手この手の番宣(番組宣伝)を仕込むことだろう。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ