コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

災害

気候が壊れる

人気ブログランキング←応援、よろしく!

気候が壊れている。
突風や竜巻で人が亡くなることは、昔の日本ではあまり考えられなかった。

このところ、連日のように激しい雷をともなう強い雨が降っている。
集中豪雨などという生易しいものでない。
テレビ報道では「ゲリラ豪雨」と呼んでいた。
空から水がドカーンと落ちてくるかのよう。

天気予報は的中率が下がっているのでは?
とりわけ局所の天候異変については無力に近い。

2年後、3年後、地球の環境、そして気象はどうなっているのだろうか。
想像もつかない。

Copyright ©2008 by Sou Wada

瀕死の地球

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私は1951年生まれ。
半生と、戦後の高度成長期が重なる。
何だかとても後ろめたい。

いま地球は病んでいる。
世界規模で、環境の破壊と気候の変動が進む。
絶滅危惧種は増えるばかり。
それはいつしか人類に及ぶ。

1950年から2000年にかけての先進国における成長謳歌のツケを、2000年から払わされているかのよう。
この50年間で産業に関わる数値は急激な上昇カーブを描いた。
例えば、CO2排出量。

工業社会が加速し、物質文明が爆発した結果である。
地球は瀕死の重体に陥りかけている。

Copyright ©2008 by Sou Wada

「地球温暖化」でいいのか?

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新聞の見出しに登場する頻度が高くなった言葉に「地球温暖化」がある。
はたして、こんな響きでよいのか?
私は、世界中の人々に危機意識を呼び覚ますうえで効果が薄いように思う。
温は温かい。暖は暖かい。
私たちは気候が温暖などと言う。
好ましい意味合いで用いる。

危惧されるのは、地球全体の気候変動いや環境破壊でないのか。
それに警鐘を打ち鳴らすには「地球熱暑化」とすべきである。
熱は熱い。暑は暑い。
これなら、すべての生物と国家の存続に関わる一大事が差し迫るという実感を抱きやすい。

人類が生き延びられる地球を考えるには、次世代への愛情とともに、将来の社会や暮らしへのイマジネーションを持つことが出発点となる。
しかし、いずれも容易でない。

Copyright ©2008 by Sou Wada

大地震と新幹線

人気ブログランキング←応援、よろしく!

博多から「のぞみ」で戻った。
私は、九州生産性本部が恒例で開催する「提案営業セミナー」の講師を務めた。
例年の10月から6月に変更となり、集客が気がかりだった。
しかし、2日間コースとしては大盛況。
熱心な受講者に感謝したい。

ところで、私は地震が心配で、新幹線が憂鬱である。
今回は、大地震の後なのでなおさら…。
川柳20080611-01東京から東海にかけては静まり返っており、不気味。
地下に巨大なエネルギーが溜まっているのではないか。
行きも帰りもプラットホームに滑り込むまでは気が気でなかった。

首都直下地震にしろ東海地震にしろ、マグニチュード7〜8クラスに新幹線は耐えられるのだろうか。
目前に迫るという恐ろしい話を聞かされたことがある。

Copyright ©2008 by Sou Wada

緊急地震速報、そのときあなたは?

「緊急地震速報」が出されたら…。
そのとき、あなたは、そして家族はどう対応するか?
気象庁が10月1日から「緊急地震速報」を提供する。
画期的だ!
このところ日本のあちこちで大地震が続いている。
しかし、東京から名古屋にかけての一帯は、不気味なくらい静まり返っている。
怖いなぁ。
素人ながら、エネルギーが溜まりに溜まっているのではと不安になる…。
この制度が、巨大地震の発生に間に合うなら、被害はかなり軽減されよう。
最大の問題は、私たちが地震に直撃される前に、この情報を受け取れるか、そして行動を起こせるかである。
初期微動(P波)をとらえ、地震(S波)がくるまでに揺れの強さを伝えてくれるとのこと。
この間、どれくらいの余裕があるのだろう。
とっさにガラスや家具から離れるとか、机やテーブルの下にもぐるとか、ブロック塀やビルから遠ざかるとか、古い家屋から逃げ出すとか…。
わが家では、巨大地震に見舞われた場合について、幾度か話し合ってきた。
自宅も会社も横浜・港北ニュータウンにあり、地盤が固い。
しかも、自宅は頑丈な低層マンションの最上階である。会社は新築のオフィスビルである。
恐らく家族も社員も大丈夫だ。
となると、いつも出歩いている私が一番危ない…。

Copyright ©2007 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援クリック、いま何位?
毛筆で味わう
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ