コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

おみやげ

まるごと九州を食す!…福岡出張土産を買う

私は金曜日、長期の福岡出張の帰り、新幹線の博多駅で吉野堂「栗ひよ子」を買い求めた。
熊本産和栗使用の季節限定商品である。
一番小さい3個入りにした。
妻用。子も1個食べるかもしれない。

それと、「長崎カステラ 糖庵(とうあん)」。
1本入り。
妻用。子も食べる。

さらに、「味のマルタイ まるごと九州を食す!」
「博多 長浜 とんこつラーメン」「大分 鶏がら醤油ラーメン」「宮崎 鶏塩ラーメン」「鹿児島 黒豚とんこつラーメン」「熊本 黒マー油とんこつラーメン」「佐賀 牛塩ラーメン」「長崎 あごだし入り醤油ラーメン」がそれぞれ2人前入り。
乾麺なので日持ちする。
1人前はインスタントラーメン(袋麺)の値段とほとんど変わらない。
勉強に明け暮れる子用。
ろくに授業も受けなかった私と違い、勉強が好きだという。
家が貧しくて大学に進めず、悔しい思いを引きずってきた妻の血を強く引いている。

土産の総額は3千円に満たない。
自宅を留守にしっ放しのお詫び。
私は、キャリーバッグの大と小をジョイントし、引っ張っている。
これが恐ろしく重い。
そこに土産袋が加わる。
老いと疲れで体が悲鳴を上げる。
「きゃ〜」。

今週も連日、公開セミナーと企業研修で教育指導に当たる。
「情報営業セミナー」「質問話法セミナー」「若手営業ステップアップセミナー」「提案営業研修」。
私は品川の定宿「品川プリンスホテル アネックスタワー」にずっとお世話になる。
8月最終週から8週続いた仕事のピークが一区切りを迎える。
気力と体力を振り絞って乗り切りたい・・・。

                      ◇◆◇

福岡土産、博多土産に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年4月13日「財津和夫は「博多通りもん」を食べたのか…福岡一番みやげ」はこちら。

⇒2011年12月8日「湖月堂「栗饅頭」の味わい…小倉銘菓・北九州みやげ」はこちら。

⇒2011年10月25日「博多みやげ・鶴乃子(季節限定 栗)がうまい…石村萬盛堂」はこちら。

⇒2011年3月5日「博多通りもん、福岡土産一番人気の秘密」はこちら。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

彩雲堂の焼き菓子「だんだん」…島根・松江土産

きのうのブログ「ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感」に続いて・・・。

⇒2012年10月9日「ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感」はこちら。

私は先頃、山陰の「ごうぎん経営者クラブ」が主催する「ごうぎんビジネスセミナー」で講師を務めた。
演題は「社長と幹部の営業活動」。
会場は鳥取と島根・大田(おおだ)の2カ所。
地場企業の経営層や管理職を対象に、トップセールスによる「開発営業」の進め方のポイントを明かした。
どのようにして有力顧客に大型案件を仕掛け、大幅な収益伸長を成し遂げるか。

07しまね観光マップとはいえ、営業講師としてでなく、数字立て直しの営業コンサルタントとしてクライアントに指導している内容のエッセンスを伝えた。
営業のイロハにすぎないが、参加者にはインパクトが大きかったようだ。
大半の方が驚くほど熱心に受講してくれた。
3時間があっという間に過ぎた。

今日、仕事の受注や商品の販売が激しく落ち込んでいる。
しかし、積極的な営業活動を行ったことのない参加者も含まれる。
どうしてよいか分からなかったのだろう。
休憩時間の喫煙コーナーで、社長が「ありがたいヒントになりました」と話しかけてきた。
目に光が差していたことが、講師にはうれしい。

                       ◇

ところで、私は主催者から島根の土産を2種類手渡された。
一つは、焼き菓子「だんだん」。
製造は、島根・松江の「彩雲堂」。
NHK朝の連続テレビ小説「だんだん」の放送にちなんで開発された商品だろう。
これは私の推察にすぎず、商品が先かもしれない。
「だんだん」は出雲や松江に残る言葉であり、感謝を伝える意味があるのだとか…。
「ありがとう」よりもあたたかい。

「だんだん」は昔ながらのどら焼きの皮の部分が現代的にアレンジされており、新しい食感と味覚を楽しめた。
クルミの風味が添えられている。

もう一つは、「宍道湖七珍 殻付大和しじみ みそ汁用」。
販売は、島根・松江の「みやげ山海」。
佃煮とか、いろいろな加工食品が売られているが、しじみそのものだった。

私が好きな味噌汁は「しじみ」「はまぐり」「なめこ」「とうふ」の順番なので、うれしい。

山陰合同銀行には講演の機会をいただいたうえに、松江の名物・名産をいただいた。
心より感謝したい。
どちらもとてもおいしかった(写真を撮る前に胃のなかへ)。

事務局の女性が別れ際、真っ直ぐな感想を私に伝えてくれた。
これまで幾多のビジネスセミナーを企画し、幾多の講師を招いてきたはずだ。
内容などに対する横並びの客観的な評価を行える立場である。
「先生のお話は、深さが全然違います」。

私は遠方へ出かけた甲斐があった。

                      ◇◆◇

山陰出張と「ごうぎん経営者クラブ」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年10月9日「ごうぎんビジネスセミナー、参加者の危機感」はこちら。

⇒2012年10月8日「社長と幹部の営業活動…ごうぎん経営者クラブ講演会」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

財津和夫は「博多通りもん」を食べたのか…福岡一番みやげ

おとといのブログ「日本最長14日間マラソン&ダイエット営業セミナー参加」、きのうのブログ「営業精鋭道場の地獄と歓喜…本気の営業エリート・リーダー育成」に続いて・・・。

⇒2012年4月11日「日本最長14日間マラソン&ダイエット営業セミナー参加」はこちら。

⇒2012年4月12日「営業精鋭道場の地獄と歓喜…本気の営業エリート・リーダー育成」はこちら。

私が全日程の講師を務める「提案営業実践コース」が来月、福岡でスタートする。
IMG_30922日間×7カ月=14日間。
このほかに公開セミナー、そして企業研修・企業指導(コンサルティング)を行うため、今年度は延べ2カ月弱、福岡に滞在する。
年中、博多へ伺う気分・・・。
大好きな地方都市である。

ところで、プロ講師、とくに変革系の営業講師は想像を絶する激務だ。
いつも張り詰めている状態、闘っている状態で、心身ともに限界に達する。
私は重い疲労をいやすため、数年前までときどきクラブやキャバクラへ出かけた。
そして、ホステスとのたわいないやり取りに興じる。
ゆるむ時間である。
言い訳がましいが、ホント。
しかし、地方都市の歓楽街のなかでは札幌・すすきのと並んで有名な博多・中洲で一度も飲まないうちに年を取ってしまった。
ちょっと心残り・・・。

⇒2010年5月26日「チャリンコホステス大増殖…博多中洲」はこちら。

また、博多といえば、歌にうとい私でも知っている昭和の名曲「青春の影」を創作したチューリップのリーダー、財津和夫の出身地だ。
聞くたびに胸が熱くなる。
いまだにウェディングソングとして用いられる。
博多は土地柄ゆえか、大物タレントを多数輩出している。

⇒2010年12月30日「チューリップ・青春の影…財津和夫の苦悩と葛藤」はこちら。

私は近年、家族にみやげ(土産)を買って帰るようになった。
昔は心に余裕がなかった。
講師として全国各地を飛び回っており、次の開催地へ移動することに頭がいっぱいだった。
いまは新幹線博多駅の「おみやげ街道」でかならず買い求める。
そして、真っ先に手が延びるのが、ご存知「博多通りもん」。
迷うことのない定番みやげ。

⇒2011年3月5日「博多通りもん、福岡土産一番人気の秘密」はこちら。

実は、私が福岡でもっともお世話になった一人が「博多通りもん」を製造する福岡市の株式会社明月堂の親族である。
創業80年を超えた老舗だ。
同社のホームページには「博多西洋和菓子 明月堂」とある。
「博多通りもん」は和洋折衷の銘菓だ。

私は子どもの頃からチョコレートを含め、甘い食べ物をまったく受け付けなかった。
とりわけ和菓子。
ところが、講師という激務に就き、そこに加齢による味覚の変化がともない、甘味を楽しめるようになった。
しかし、依然として白餡(あん)はちょっと苦手である。
さらに、昔からミルク味がかなり苦手である。

⇒2011年3月5日「博多通りもん、福岡土産一番人気の秘密」はこちら。

その私が「博多通りもん」なら食べられる。
味が洗練されており、おいしいと思う。
福岡の名物なのは確かだが、もはや全国区の菓子である。
「青春の影」も「博多通りもん」も名作中の名作。
はたして財津和夫は食べたのか。
どうなんだっ!

この「博多通りもん」に買い足すのが、たいてい隣に陳列される「博多じまん」。
やはり明月堂の製造。
中が、自然な甘さとやさしい風味を醸し出す粒餡なのだ。
こちらもなかなかの人気みやげらしい。
HPでは「博多の歴史をお菓子に託したお饅頭」と謳われる。
私はこちらが一層好みだ。
やや男性向けかもしれない。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

また、妻の大好物が栗なので、秋には石村萬盛堂の季節限定「鶴乃子・栗」を買い求める。

⇒2011年10月25日「博多みやげ・鶴乃子(季節限定 栗)がうまい…石村萬盛堂」はこちら。

これをわが家に持ち帰るだけで、当日の夕食の品数が1つ増え、なおかつ味が1ランクアップする。
素晴らしい!

福岡・博多はさまざまな愉悦に満ちている。
今年の宿泊(滞在)もおおいに楽しみだ。

以下に、「博多通りもん、福岡土産一番人気の秘密」と題する2011年3月5日のブログをそのまま収める。

                      ◇◆◇

通りもん1このブログで「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」と題して、「博多通りもん」と「博多じまん」という和洋折衷の銘菓を取りあげた。
いずれも福岡市の株式会社明月堂が製造している。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

私は先ごろ福岡で提案営業研修を行った。
通りもん2
地場企業の社長の熱意にほだされたのだ。
3泊4日の出張の帰路、新幹線博多駅構内の例の売店(「おみやげ街道博多」と判明)で「博多通りもん」と「博多じまん」を買い求めた。
妻と子どものリクエストに応えた。
実は、私もくたくたに疲れていて甘味が欲しかった。

それぞれ6個入りと決めていた。
通りもん3当日、「博多じまん」は10個入りしか置かれていなかった。
売り切れ?
私は原則としてこちらしか食べないので、むしろ好都合。
両方とも洗練されたおいしさが特徴だが、あえて言えば上品な「博多通りもん」に対して俗っぽい「博多じまん」。
通りもん4今回は写真に収めてみた。

「博多通りもん」は福岡土産のなかでも人気ナンバーワンの銘菓である。
その秘密に関しては先のブログで詳しく述べた。

                       ◇

博多じまん1私は職業講師として日本各地を訪れたが、東京を除いて圧倒的に多いのが福岡市である。
大阪や名古屋、広島と比較にならない回数、そして日数である。
私はヒコーキに乗らないので、東海道新幹線と山陽新幹線の「のぞみ」をかならず利用しており、どうも「福岡」という呼称がしっくりしない。
福岡空港を利用している人は、おそらく「博多」という呼称がしっくりしないのでないか。

博多じまん2三大祭(祭り)が「博多どんたく港まつり」「博多祇園山笠」「筥崎宮(箱崎宮)放生会」。
観光の面でも「博多」。
また、繁華街も福岡中洲というより博多中洲のほうがピンとくる。
一度クラブで遊んでみたいと思っているうちに還暦を迎える。
余談ながら博多に限らず、講演や公開セミナー、企業研修の前夜に飲んだことが一度もない。
博多じまん3ひたすら体調の維持と体力の温存に努めてきた。

福岡県福岡市は、生まれ故郷の新潟県直江津市(現上越市)を別にし、一番好きな地方都市である。
私は新幹線新横浜駅でのぞみに乗り込む際、ふるさとに戻る気分になる。
今年も合計1カ月間は滞在しそう。

やはり余談。
博多じまん4博多は、歌手のほか多くの芸能人やタレントを輩出している。
自由の風が吹き、遊びの土壌が培われている。
私が好きな「青春の影」の財津和夫。
彼は勝負をかけて博多から上京した。
そして、ついに「心の旅」のヒットを飛ばした。
この楽曲はそのときの心情と決意を歌った?

⇒2010年12月30日「チューリップ・青春の影…財津和夫の苦悩と葛藤」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

湖月堂「栗饅頭」の味わい…小倉銘菓・北九州みやげ

湖月堂栗饅頭2私は先月末、北九州市での企業指導の帰路、新幹線小倉駅で湖月堂「栗饅頭」と石村萬盛堂「栗 鶴乃子」を買い求めた。
どちらも9個入り、1050円(消費税込み)。
栗は妻の大好物である。
せっかくの土産(みやげ)で妻と子がケンカになっては大変なので、私は各1個をいただく。

                       ◇

小倉の「湖月堂」は明治28年創業。
厳選した原料を用い、品質のよさ、味わいの深さ、形の優雅さを追い求めてきた。
昔ながらの技術と伝統を大切にしており、同社を代表する銘菓が「栗饅頭」である。
湖月堂栗饅頭3むろん、小倉銘菓として名高い。

商品は表面がつややかな栗色に焼きあげられ、小判のようだ。
餡はしっとりとやわらかく、そのなかに小粒の栗が入っている。
むき栗を蜜漬けしたものらしい。

私が栗饅頭の箱(パッケージ)を開けた途端、妻の目が光った。
こわっ!

                       ◇

鶴の子1博多の「石村萬盛堂」は明治38年創業。
同社は、「オッペケペー」で知られる新劇の祖「川上音二郎」が所有していた中村馬小路の実家の長屋を借りて産声を上げた。
音二郎は、同社の創業者・石村善太郎を気に入り、28歳での創業時に力を貸した。
鶴乃子が生まれた長屋は戦災で失われた。
しかし、面影は須崎町の石村萬盛堂本店に残っている。

鶴の子3鶴乃子は百年以上、博多銘菓として親しまれる。
私が買い求めた「栗 鶴乃子」は、それをベースにして期間限定でつくられる。
外側のマシュマロには栗の香りがつけられ、餡には栗餡が用いられる。
やわらかい食感とやさしい甘さとともに栗の風味が口のなかに広がる。

                       ◇

結局、子が気を利かし、土産の分け前の一部を返した。
妻が10個、子が6個、私が2個。
日頃の頑張り次第で得られるというのが、わが家の掟(おきて)である。
私は怠け者・・・。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

博多みやげ・鶴乃子(季節限定 栗)がうまい…石村萬盛堂

先週木曜日、4日間の福岡出張から戻った。
定宿(常宿)の「西鉄グランドホテル」に連泊。
確か建築後半世紀近く経っているが、館内と室内はそれなりに快適だ。
私にとり、仕事にも食事にも便利な立地というのが一番。

その帰路、JR新幹線・博多駅で福岡土産を買い求めた。
構内の「おみやげ街道博多」。
妻が好きな明月堂の「博多通りもん」。
子が好きな明月堂の「博多じまん」。
これは、つぶ餡仕立て。
妻と子が好きそうな石村萬盛堂の「栗 鶴乃子(季節限定)」。
これはマシュマロ。
以上3点。

さらに、苦労をかけっぱなしの妻に、新幹線の車内でフジバンビの「ドーナツ棒」。
加えて、車内で「甘栗 むいちゃいました」。
合計5点。

妻は「栗」が大好物。
文字を見るだけで、表情が緩む。
積もった心身の疲れを吹き飛ばしてもらいたくて、私は奮発。

「栗 鶴乃子(季節限定)」は、鶴の羽毛(?)のような白くてふわふわのマシュマロに、旬の「栗」の濃厚なクリームを閉じ込めた。
妻と子がうまいを連発!
初めて買い求めたが、こんなに喜んでくれるとは・・・。

                       ◇

私は9月〜11月は書き入れ時で、出張の連続。
この間、書斎で暮らすアメリカンショートヘアの「フウ(♀)」は独りぼっち(もちろん、妻が愛情を注ぎ、面倒を見ている)。
たまに自宅に戻ると、私のそばから離れない。
夜は、体の横にピタッと張り付いて眠る。
ネコは体温が高いので、熱い・・・。

以下に、「博多通りもん、福岡土産一番人気の秘密」と題する2011年3月5日のブログをそのまま収める。

                      ◇◆◇

通りもん1このブログで「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」と題して、「博多通りもん」と「博多じまん」という和洋折衷の銘菓を取りあげた。
いずれも福岡市の株式会社明月堂が製造している。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

私は先ごろ福岡で提案営業研修を行った。
通りもん2
地場企業の社長の熱意にほだされたのだ。
3泊4日の出張の帰路、新幹線博多駅構内の例の売店(「おみやげ街道博多」と判明)で「博多通りもん」と「博多じまん」を買い求めた。
妻と子どものリクエストに応えた。
実は、私もくたくたに疲れていて甘味が欲しかった。

それぞれ6個入りと決めていた。
通りもん3当日、「博多じまん」は10個入りしか置かれていなかった。
売り切れ?
私は原則としてこちらしか食べないので、むしろ好都合。
両方とも洗練されたおいしさが特徴だが、あえて言えば上品な「博多通りもん」に対して俗っぽい「博多じまん」。
通りもん4今回は写真に収めてみた。

「博多通りもん」は福岡土産のなかでも人気ナンバーワンの銘菓である。
その秘密に関しては先のブログで詳しく述べた。

                       ◇

博多じまん1私は職業講師として日本各地を訪れたが、東京を除いて圧倒的に多いのが福岡市である。
大阪や名古屋、広島と比較にならない回数、そして日数である。
私はヒコーキに乗らないので、東海道新幹線と山陽新幹線の「のぞみ」をかならず利用しており、どうも「福岡」という呼称がしっくりしない。
福岡空港を利用している人は、おそらく「博多」という呼称がしっくりしないのでないか。

博多じまん2三大祭(祭り)が「博多どんたく港まつり」「博多祇園山笠」「筥崎宮(箱崎宮)放生会」。
観光の面でも「博多」。
また、繁華街も福岡中洲というより博多中洲のほうがピンとくる。
一度クラブで遊んでみたいと思っているうちに還暦を迎える。
余談ながら博多に限らず、講演や公開セミナー、企業研修の前夜に飲んだことが一度もない。
博多じまん3ひたすら体調の維持と体力の温存に努めてきた。

福岡県福岡市は、生まれ故郷の新潟県直江津市(現上越市)を別にし、一番好きな地方都市である。
私は新幹線新横浜駅でのぞみに乗り込む際、ふるさとに戻る気分になる。
今年も合計1カ月間は滞在しそう。

やはり余談。
博多じまん4博多は、歌手のほか多くの芸能人やタレントを輩出している。
自由の風が吹き、遊びの土壌が培われている。
私が好きな「青春の影」の財津和夫。
彼は勝負をかけて博多から上京した。
そして、ついに「心の旅」のヒットを飛ばした。
この楽曲はそのときの心情と決意を歌った?

⇒2010年12月30日「チューリップ・青春の影…財津和夫の苦悩と葛藤」はこちら。

                      ◇◆◇

福岡・博多に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

⇒2010年8月19日「石原裕次郎が愛した隠れ家…タカクラホテル」はこちら。

⇒2010年5月26日「チャリンコホステス大増殖…博多中洲」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

博多通りもん、福岡土産一番人気の秘密

通りもん1このブログで「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」と題して、「博多通りもん」と「博多じまん」という和洋折衷の銘菓を取りあげた。
いずれも福岡市の株式会社明月堂が製造している。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

私は先ごろ福岡で提案営業研修を行った。
通りもん2
地場企業の社長の熱意にほだされたのだ。
3泊4日の出張の帰路、新幹線博多駅構内の例の売店(「おみやげ街道博多」と判明)で「博多通りもん」と「博多じまん」を買い求めた。
妻と子どものリクエストに応えた。
実は、私もくたくたに疲れていて甘味が欲しかった。

それぞれ6個入りと決めていた。
通りもん3当日、「博多じまん」は10個入りしか置かれていなかった。
売り切れ?
私は原則としてこちらしか食べないので、むしろ好都合。
両方とも洗練されたおいしさが特徴だが、あえて言えば上品な「博多通りもん」に対して俗っぽい「博多じまん」。
通りもん4今回は写真に収めてみた。

「博多通りもん」は福岡土産のなかでも人気ナンバーワンの銘菓である。
その秘密に関しては先のブログで詳しく述べた。

                       ◇

博多じまん1私は職業講師として日本各地を訪れたが、東京を除いて圧倒的に多いのが福岡市である。
大阪や名古屋、広島と比較にならない回数、そして日数である。
私はヒコーキに乗らないので、東海道新幹線と山陽新幹線の「のぞみ」をかならず利用しており、どうも「福岡」という呼称がしっくりしない。
福岡空港を利用している人は、おそらく「博多」という呼称がしっくりしないのでないか。

博多じまん2三大祭(祭り)が「博多どんたく港まつり」「博多祇園山笠」「筥崎宮(箱崎宮)放生会」。
観光の面でも「博多」。
また、繁華街も福岡中洲というより博多中洲のほうがピンとくる。
一度クラブで遊んでみたいと思っているうちに還暦を迎える。
余談ながら博多に限らず、講演や公開セミナー、企業研修の前夜に飲んだことが一度もない。
博多じまん3ひたすら体調の維持と体力の温存に努めてきた。

福岡県福岡市は、生まれ故郷の新潟県直江津市(現上越市)を別にし、一番好きな地方都市である。
私は新幹線新横浜駅でのぞみに乗り込む際、ふるさとに戻る気分になる。
今年も合計1カ月間は滞在しそう。

やはり余談。
博多じまん4博多は、歌手のほか多くの芸能人やタレントを輩出している。
自由の風が吹き、遊びの土壌が培われている。
私が好きな「青春の影」の財津和夫。
彼は勝負をかけて博多から上京した。
そして、ついに「心の旅」のヒットを飛ばした。
この楽曲はそのときの心情と決意を歌った?

⇒2010年12月30日「チューリップ・青春の影…財津和夫の苦悩と葛藤」はこちら。

                      ◇◆◇

福岡・博多に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

⇒2010年8月19日「石原裕次郎が愛した隠れ家…タカクラホテル」はこちら。

⇒2010年5月26日「チャリンコホステス大増殖…博多中洲」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂

新幹線の駅が「博多」のせいか、「博多土産」とは言っても「福岡土産」とは言わない。
それとも私が勝手に思い込んでいるだけなのか・・・。
博多じまん1先日、社長向けの営業再建・変革講演会を行った帰路、博多駅構内の売店で「博多通りもん」と「博多じまん」を買い求めた。
ここは福岡市や福岡県に留まらず、九州の土産物が豊富に揃っている。

「博多通りもん」はこれまで幾度か土産にいただき、その存在を知った。
博多じまん2妻と子どもがその味にすっかり魅せられ、私がときどき購入するようになった。
あっという間になくなるはずなのだが、二人は我慢して大切に大切に食べている。
幸せそうな顔だ。
私はもともと甘いものがまったくダメだった。
とくに和菓子。
ところが、講師という激務に就き、そこに加齢による味覚の変化がともない、甘味を楽しめるようになった。
博多じまん3しかし、依然として白餡(あん)はちょっと苦手である。

博多通りもんは、福岡市の株式会社明月堂が製造している。
ホームページには「博多西洋和菓子 明月堂」とある。
和洋折衷の銘菓だ。
確かに、うまさに和と洋の枠(わく)はない。
創業81年の老舗。

博多じまん4博多通りもんは2001年から2010年まで10年連続でモンドセレクション金賞を受賞した。
2007年から2010年は、最高位の特別金賞。
やさしいミルクの香りがする皮に白餡が包まれ、その白餡に練乳・バターが使われている。
HPでは「柔らかいしろ餡が舌の上でとろける博多の傑作まんじゅう 博多通りもん」と謳われる。
通りもん1私はミルク味もちょっと苦手である。
が、博多通りもんは食べられる。
抑制が利いており、開けた都会の「粋(すい)」が感じられる。
上品。

「博多じまん」は今回初めて買い求めた。
店頭の見本で心が動いた。
中が粒餡なのだ。
この粒餡は、良質の小豆に、てぼう豆(白いんげん豆)を加えて練りあげられた。
通りもん2自然な甘さとやさしい風味を醸し出す。
こちらもなかなかの人気商品らしい。
HPでは「博多の歴史をお菓子に託したお饅頭」と謳われる。
私は体が疲れていて糖分を欲していたこともあり、めちゃくちゃおいしく感じた。
好きだなぁ…。

明月堂では、博多通りもんの「おまんじゅう」と博多じまんの「お饅頭」を使い分けている?
通りもん3私は財団法人九州生産性本部など福岡にしばしば伺う。
その際、明月堂の関係者にお会いできる可能性がある。
思い切って質問をぶつけてみたい。
どうなんだっ!

                      ◇◆◇

通りもん4福岡・博多に関するブログは以下のとおり。

⇒2010年8月19日「石原裕次郎が愛した隠れ家…タカクラホテル」はこちら。

⇒2010年5月26日「チャリンコホステス大増殖…博多中洲」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

人生の出陣の御守…受験・就活・婚活

出陣餅1私は直江津駅で「出陣餅」をみやげ(土産)に買った。
妻と子のリクエスト。
製造元は新潟県上越市の「かなざわ総本舗」。
中身は個別包装(個装)されており、それぞれに3切れの小さな餅が入っている。
米どころ新潟県産米を用い、しかも草餅である。
春一番の新芽のよもぎ(ヨモギ)が加えられる。
出陣餅2草餅のかすかな苦みが、濃厚で芳醇なきな粉(キナコ)と見事にマッチする。
酷似したみやげに「桔梗信玄餅」と「筑紫もち」がある。
製造元は前者が山梨県笛吹市の「桔梗屋」、後者が福岡県福岡市の「五十二萬石本舗(如水庵)」。

出陣餅33商品はいずれも戦国時代の名将に因んでおり、筑紫もちは黒田如水。
とくに出陣餅と信玄餅は、上杉謙信と武田信玄の「川中島の戦い」になぞらえられ、どちらが本家かという話題で盛りあがる。
家族で食べた感想を話し合った結果、ぶっちぎりで「出陣餅」に軍配が上がった。
出陣餅4もっとも庶民的で分かりやすい“風味”のせいか…。
3商品を同時に食べられれば、違いがもっとはっきりするように思う。

さて、出陣餅はどのように食べるのか?
黒蜜のミニボトルが埋め込まれたスペースに黒蜜を流し込んできな粉を餅に絡める方法を試みたが、容器が小さくてよくかき混ぜられない。
出陣餅5たっぷりのきな粉が外にあふれ出てしまう。
結局、個装の風呂敷(ビニール)を開いたうえにすべてをぶちまけていただいた。
餅を転がすうちに見栄えが悪くなった。
正しい食べ方というのはないが、基本は“小皿”を使うべき。
私はせっかちで横着なのだ。
出陣餅6きな粉をまぶしていたら、口に唾液が溜まってきた。
黒蜜も量が多いので、好みに応じて加減した。

ところで、一悶着が起こった。
私が買い求めた出陣餅は10個入りだった。
3人家族で分けると、1個余る。
これをだれが食べるか、信玄に議論が行われた。
そして、腰痛を抱えながらみやげを持ち帰った私が食べるのがよいという判決が下された。
私だけ、オ、スマン4個。

かなざわ総本舗のホームページ

出陣餅7かなざわ総本舗「出陣餅」。
上杉謙信が川中島の戦いを前に兵へ餅を与えて奮い立たせたとの故事に由来する。
ホームページには、入学(受験)、入社(就活)、結婚(婚活)など、人生の出陣(門出)に食してほしいと記されている。
上越みやげ出陣餅は、私たちに力を授けるとともに勝利(成功)を呼び込む“御守”である。
送料がかかるが、全国どこからでも取り寄せが可能。

かなざわ総本舗の通販サイト

お祝い事などにお奨め。
私はとてもおいしいと思う。

                      ◇◆◇

⇒2009年8月29日「筑紫もち、信玄餅、出陣餅、三つ巴」はこちら。
⇒2009年8月4日「上杉謙信・出陣餅と武田信玄・信玄餅」はこちら。

◆書き加え
いま気づいた。
菓子折り(パッケージ)のなかに「出陣餅しおり」が入っていて、「御召上り方」が図版と文章で示されていた。
私の食べ方でよかったのだ。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2010年5月公開講座

筑紫もち、信玄餅、出陣餅、三つ巴

筑紫もち1先だって博多駅の売店で「筑紫もち」を買い求めた。
以前、知人から上越の「出陣餅」をいただき、とてもおいしかった。
しかし、妻が昔食べた甲府の「信玄餅」の模倣でないかと言い出した。
直江津をこよなく愛する私がネットで調べるうちに、「筑紫もち」「桔梗信玄餅」「出陣餅」という似たような土産物が存在することが分かった。
順に、五十二萬石本舗(福岡県福岡市)、桔梗屋(山梨県笛吹市)、かなざわ総本舗(新潟県上越市)の製造。
わが人生0516文字どおり、三つ巴の戦い。

私は毎年数回、多いと十回近く福岡を訪れる。
実は、8月上旬に2日間の「提案営業セミナー」を行った際に「筑紫もち」を購入してみた。
ちなみに、同セミナーは財団法人九州生産性本部が主催する「提案営業マネージャー養成コース 全17日間」のうちの8月講座に相当する。
筑紫もち2私のお気に入り、地元の老舗「タカクラホテル福岡」での合宿研修である。

さて、家族で食べて感想を話し合った(といっても、私と子どもは信玄餅を食べていない)。
「筑紫もち」「信玄餅」「出陣餅」、それぞれおいしい。
商品の基本は同じなのだから当然か…。
「出陣餅」のみ、草餅(よもぎ餅)。
妻の一押し。私も子どももこちらに軍配。
しかし、地元の名産品が一番ということになるはず。
わが人生0517以前にも述べたが、“郷土愛”とはそうしたもの。

ただし、私がおやっと思ったのは「賞味期限」。
「出陣餅」は数日だったのに対し、「筑紫もち」は約1カ月。
夏場なのにずいぶん長い。
なぜ、こんなに違うのか?
わが人生0518それとも、私がいただいた「出陣餅」はたまたま賞味期限が迫っていたのだろうか。

                       ◇

妻が後日、申し訳なさそうに切り出した。
筑紫もち3「出陣餅」と「信玄餅」は双子の兄弟。
草餅と餅の違いくらい。
「筑紫もち」は3兄弟。
味がかなり違う。

餅と黄な粉、それぞれの食感がしっかりしているのは「出陣餅」。
わが人生0519素材の風味が際立つ。
また、草餅との相性が抜群によい。

記憶があいまいになっているが、「信玄餅」はそれなり。
ただし、黄な粉の風味と分量が異なる。
出陣餅と差がある。

筑紫もち4そして、「筑紫もち」は「出陣餅」や「信玄餅」とは比べられない。
餅がふわっとして水っぽく、黄な粉もさらっとして大豆特有の風味が乏しい。
大きな差がある。

私が「提案営業」の講師として多くの仕事をいただいてきた福岡、そして九州。
遠慮があり、思ったことを言えなかったようだ。
筑紫もち5甘味にうとい私が、この話題をブログに取りあげるので気を揉んでいた。
妻は話してホッとした様子。

しかし・・・。
「筑紫もち」を製造する五十二萬石本舗は、「五十二萬石如水庵」「如水庵」というブランドを打ち出している。
如水。
わが人生0520洗練を大切にしているということはないか。
包装紙やパッケージはなかなかおしゃれ。
味についてもさりげない優しさを追い求めている?

私も妻も“庶民”であり、メリハリの利いた分かりやすい味を好む。
「出陣餅」のインパクトに触れた後で、「筑紫もち」に物足りなさを感じた可能性は十分にある。
パンフレットそもそも「2008年モンド・セレクション最高金賞受賞」の商品がおいしくないなどありえない?
あっ、パンフレットに如水庵のこだわりとして真っ先に「水はもっとも大切な原料です。」と掲げている。

・・・私と妻は、それぞれ好みの問題という結論に達した。
やはり地元の土産が最高!

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

上杉謙信・出陣餅と武田信玄・信玄餅

私は甘いものが大の苦手だった。
餡子は体がまったく受け付けない。
恐らく30代半ば頃までケーキやチョコレートさえ食べられなかった。

プランナーとして寝る間を惜しんで働くなかで、疲労時や空腹時に口にするようになった。
そして、40代に立ちっ放し、しゃべりっ放しの講師に仕事が変わってから甘味においしさを感じはじめた。
私は血圧が非常に低く、血糖値も落ちやすい。
頭がくらくらする。

先だって、知人から上越名産の「出陣餅」をいただいた。
製造元はかなざわ総本舗(新潟県上越市)。
私は直江津の出身だが、小学生の頃には「出陣餅」はなかった。
当時、おもな土産物といえば、「笹団子(だんご)」「笹飴(あめ)」「継続団子(だんご)」の3種類(うろ覚え)。
製造元により表記や名前がいくらか異なることも…。
例えば、直江津では「くさのや」「三野屋」などのそれが有名。

さて、「出陣餅」を食べたら、これが結構いけるのだ。
ところが、妻が昔食べた甲府の土産物にそっくりと異議を唱えた。
形や大きさ、味はもちろんのこと、なかの容器の形状、そして食べ方までまったく同じ。
かすかな違いは、こちらが草餅で、向こうが普通の餅。
つまり、安倍川餅。
黄粉に埋もれた3切れの小さな餅に黒蜜を絡め、黄粉まみれにする。

出陣餅はマネッコの汚名を着せられそう…。
そこで、上越をこよなく愛する私はネットで調べた。
確かに存在するではないか。
「桔梗信玄餅」。
製造元は桔梗屋(山梨県笛吹市)。
先に金精軒製菓(山梨県北杜市)が「信玄餅」を出した。
こちらが元祖である。

では、「出陣餅」と元祖の「信玄餅」ではどちらが早いのだろう?
それが肝心。
前者が先との説があり、私は嬉しい。
しかし、おおよそ同じ時期の発売であり、ほんとうのところは分からなかった。

両者は似て非なるもの、生い立ちが違うとの指摘もあった。
だとしても、製造元が互いに相談するか、どちらかが模倣しなければ、瓜二つの土産物ができるわけがない。
真相はいかに?

上杉謙信と武田信玄が土産物合戦をやっていたとは…。
川中島の戦いの延長。
妻は「草餅のほうがおいしい」と言ってくれた。
何せ、くさのやの「笹団子」に目がない。
向こうの方は眉をしかめるはず。
“郷土愛”とはそうしたもの。

何、「筑紫もち」もそっくり?
製造元は五十二萬石本舗(福岡県福岡市)。
私はいま福岡に滞在。
こうなったら買い求めるしかないだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

無料個別相談会
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り
カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ