コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

NPO法人営業実践大学

NPO法人営業実践大学・さようなら講座

私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第170回公開講座を行う。
本年1月より過去の好評セミナーのアンコール企画である。
いよいよ最終回となった。

十余年を振り返り、本大学は財政面では火の車の状態、運営面では苦労の連続だった。
率直に言って負担は非常に重かったが、何とか続けることができた。
それもこれもボランティアの積極的な手伝い、会員の熱心な参加が得られたからこそ!
また、トップセールスパーソンなど大勢の講師がボランティアで登場してくださった。
この間、途中からジェイックがセミナー会場を無償で提供してくださった。
皆さまのご支援・ご愛顧に対し、心より感謝する。

NPO法人営業実践大学(公開講座)は大変だっただけに、これが最後だと思うと胸に迫ってくるものがある。
その主宰は、営業講師、営業コンサルタントとしての私の喜びであり誇りであった。
長らく発行してきた『月刊営業人(えいぎょうびと)』も2010年9月号をもって休止する。
私はさみしい…。

第8弾の案内文は以下のとおり。
奮ってご参加いただきたい。

ゲストの庄司充氏は、営業マネジメントの確立を中心に、企業で営業力強化を支援しています。
「営業力はマネジメントが8割、個人スキルが2割」という主張は、リクルート時代の経験から生まれました。
日本有数の営業会社と言われるリクルートも、個々の営業スキルでは素人集団でした。
しかし、卓越したマネジメントがそれを最強無比の営業組織に変えていたのです。
後に氏が携わったアウトソーシング事業でも、その忠実な実践が業界屈指の成果をもたらしました。
今回はリクルート流・営業マネジメントの神髄を伺います。
目標達成を切望する経営管理層に必須のセミナーです。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年9月14日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆リクルート流・営業マネジメント
副 題◆素人集団を3日間で最強無比の営業組織に変える法!
ゲスト◆庄司充(営業力強化コンサルタント)

講師略歴は以下のとおり。

60年生まれ。
81年にリクルートに入社し、同社特有の最強営業術を学ぶ。
01年にリクルート・スタッフィングの「営業アウトソーシング事業」の立ち上げにプロジェクト総責任者として参画し、継続拡大率5割という驚異的な成果を挙げる。
社内のマネジャー・ランキングでは4年連続してトップ。
その後、営業専門コンサルとして独立する。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「顧客と仕事に対する感謝を忘れるな!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私が提案営業の企業研修や公開セミナーで講師を務めていて、最近とくに気がかりなことがある。
営業関係者のなかに、「自分だけが苦労している」という思い込み、いや被害意識を持つ人が少なくない。
概して恵まれた環境で働く人ほどそうした傾向が強い。
顧客と仕事に対する感謝の気持ちを大切にしてほしい。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

本大学は4月以降、大入り(満席)が続いている。
お申し込みはお早めに!

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2010年9月公開講座

リクルート・トップ営業マンセミナー

私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では第169回公開講座を行う。
実は、本大学は現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
8月は夏休みのため、今回を含めて残り2回の開催である。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第7弾の案内文は以下のとおり。

巧みな話術で顧客を説得して商談を成立させる…。
これが営業パーソンがイメージする商談ではないでしょうか?
しかし、いまや「トークを磨いても売れない」「話すほど顧客は引いてしまう」のが現実です。
売れる時代で武器となったやり方は、売れない時代ではマイナスとなります。
商談はトークの良し悪しでなくプロセスの適否で決まります。
ゲストの渡瀬謙氏は内気な性格を強みとし、独自の営業手法を生み出しました。
それが「ステップ営業法」です。
氏は話さず、ステップを大切にすることで、顧客の相談相手として商機を見出し、クロージングに結び付けます。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年7月14日(水)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆渡瀬謙「サイレントセールス」セミナー
副 題◆内気で無口な男がリクルートでトップ営業マンに!
ゲスト◆渡瀬謙(有限会社ピクトワークス代表取締役)

講師略歴は以下のとおり。

精密機器メーカーを経てリクルートに入社。
内向的なため、まったく売れない日々を過ごす。
その後、自分の性格に合った営業スタイルへ転換させ、1年目にしてトップセールスを達成した。
ピクトワークスを設立し、持論の「サイレントセールス」を中心に執筆やセミナーなどで活躍する。
『アポ取りの達人』など著書は多数。

ゲストの渡瀬謙氏は、内気で無口な人でも売れる営業とはどのようなものかを探りつづけてきた。
折しも、市場の成熟化につれ、PUSH型の営業からPULL型の営業への転換が求められるようになった。
さらに、技術スタッフやサービススタッフなど口下手な人でも営業活動の一端を担うようになった。
渡瀬謙氏は、市場環境や経営環境の変化も追い風となり、「しゃべらない営業」の第一人者として教育指導に奔走している。
今回は、そのエッセンスを披露していただく。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「終わりから始まる 〜行うために学ぶ」。
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私はこれまで大勢の方々に和田創方式の「提案営業研修」や「提案営業セミナー」を受けていただいた。
ところが、講師として幕引きが迫るいまになり、それがどれくらい役立っているか、不安に駆られている。
すでに受講してくださった方、これから受講してくださる方へ、成果向上の観点から研修やセミナーの生かし方についてメッセージを届けたいと考えた。
私が最近気がかりなのは、知るために学ぶ人が増えていることだ。
研修もセミナーも終わってからの勝負である。
受講者は自らの意識と姿勢が問われている。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

セミナー報告…古波倉正嗣トレーナー

NPO法人営業実践大学の先月の公開講座について簡単に報告したい。

演題は、「できる上司は部下を動かす!」。
ゲストは、組織と個人における思考力・コミュニケーション力の強化をテーマに講演・指導に奔走している古波倉正嗣氏。
201006-01コミュニケーション問題解決の若きトレーナー、コンサルタントである。
当日、大勢が詰めかけてくれた。
営業実践大学の公開講座としては2カ月連続で盛況となった。
ゲストと大勢の参加者に心より感謝したい。

大学セミナーでは、経営層、管理職、社員のちょっとしたコミュニケーション不足がきっかけで信頼関係が崩れ、最悪の状態を招いてしまった事例について5〜6人一組で解決策を話し合い、その結論を代表者が発表した。
おおいに盛りあがった。

201006-03私がこの事例で感じたのは、人間(個人)の弱さ、それが増幅される組織の怖さ、そして企業の脆さである。
とくに経営の危機において、社員は「疑心暗鬼」が芽生えやすい。
まして、それを乗り越えるために「変革」に取り組もうとすると、不安がピークに達して大混乱が生じやすい。
私は変革・再建系のコンサルタントとしての経験を思い浮かべながら受講した。

すべての人間関係はコミュニケーションのうえに成り立っている。
業務や仕事においてもきわめて重要だと再認識した。

◇◆◇

来週、NPO法人営業実践大学の 第168回公開講座を行う。

日 程◆2010年6月15日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆やる気を高める 朝礼セミナー
副 題◆部門や拠点を活気づけ、会社を変えよう!
ゲスト◆安海将広(コミュニケーション道場「以心伝心」主宰)

朝礼コンサルタントの安海将広氏が、やる気を継続させる仕組みとしての「アヅミ式朝礼」についてエッセンスを明かしてくれる。
正しく朝礼を行うなら、社員や部下の動機づけが可能になり、しかも粘り強い継続により部門や拠点、さらに会社全体の変革につながる。

私・和田創は前座として、「[急所講演会] 営業とは暴走である」を行う。
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

奮ってご参加いただきたい。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

驚き! 仕事が取れるユニーク名刺!

私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第165回公開講座を行う。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。
第3弾の案内文は以下のとおり。

福ちゃん名刺2名刺だけで仕事を取る…。
そんな離れ業ができるとは信じられませんが、当たり前のように実践している営業の達人が見つかりました。
ゲストの福田剛大氏です。
HP作成を本業としているにもかかわらず、「名刺だけで仕事が取れることを証明する」とウェブでは営業を行いません。
公開講座20071205-01氏は、初対面の相手に対するセールストークをAIDMAの法則(注意⇒関心⇒欲求⇒記憶⇒行動)に従い、名刺という営業ツールに定着させました。
今回は、初対面の話法のポイントと名刺への落とし込み方について学びます。
成績向上、間違いなし!
きわめて即効性の高い具体的な内容です。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年3月9日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆名刺だけで仕事を取る秘訣とは!?
副 題◆自分と顧客の緊張をほぐし、商談を円滑にまとめる
ゲスト◆福田剛大氏(瞬間★ブランドツールクリエイター)

福ちゃん通信(小)氏は、1968年生まれ。
広告代理店などでマーケティング業務を担当。 100社以上の販促ツールを手がけた。
数年前、人と会話ができない状態に陥り、その経験を踏まえて自分から話さず、相手から話させる営業方法を確立した。
現在は「話下手でも初対面で仕事が取れる名刺づくり」をテーマにセミナー、コンサルティングなどで幅広く活躍している。

福ちゃん名刺1当日は、〔昌匹郎能蕕留超肇帖璽襦↓∀嘆室蠅任睫昌匹馬辰擦襦↓0象をコントロールする、と振舛鯑世詭昌匹療澗Г箸蓮↓イ海譴30枚に1件受注できる名刺だ、Γ靴弔亮遡笋如△弔あうべきお客さまが分かる、Э掘μ昌匹離襦璽15か条、名刺交換後のトドメの一撃など、内容が盛りだくさん。

とくにフリーランスなどの個人事業者、零細・中小企業の経営者や営業関係者にお奨め。
営業が苦手な人、仕事が取れなくて困っている人には大きなヒントとなろう。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「深刻、予算未達が慢性化する職場」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
その根本原因は、経営トップや営業幹部が抱く、錆び付いた営業観にある。
売れる時代と売れない時代、成長期と成熟期では営業の考え方もやり方も正反対になることさえ知らない。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

渡瀬謙、これが内向型営業の極意!

「NPO法人営業実践大学」公開講座を行った。
夏季休暇とぶつかる8月を除く年11回の開催…。
会場は都心、「JAIC営業カレッジ」で名高いジェイックのセミナールーム。
演題は、「『サイレントセールス』のススメ」
副題は、「雄弁をやめよ! 時代は“無口な営業”を求めている!」。
ゲストは、有限会社ピクトワークス代表取締役の渡瀬謙氏。

渡瀬謙氏1氏はリクルートに中途入社したが、内向的なためにまったく売れない日々を過ごしていた。
独り苦しむ氏を、素晴らしい成績を上げていた先輩が見兼ねて、自分の営業活動に誘った。
そして、氏はしゃべらなくても売れる事実を目の当たりにする。

内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!渡瀬謙氏は、「営業はうまくしゃべらなければならない」というのは誤解と気づく。
迷いが吹っ切れた氏は、内気な性格に合った営業スタイルへ転換させ、1年目にしてトップセールスを達成した。
当日は、持論の「サイレントセールス(寡黙な営業)」を、営業活動のシンプルなステップに沿って解説してくれた。

渡瀬謙氏2講義の内容には経済合理性も貫かれており、この辺りはリクルートのトップセールスマンに共通する。
彼らは、営業を科学的に追求する習性を養っている。
したがって、講義が分かりやすく、説得力に富む。
かつての売れる時代で武器となったやり方は、いまの売れない時代でむしろマイナスとなる。

営業ビジネスマナー超入門…私はとても勉強になった。
後日、私は渡瀬謙氏にケータイをかけ、近い将来の再登場をお願いした。
素晴らしい営業セミナーだった。
心より感謝!

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

MRの世界に飛び込む…三原淳氏

NPO法人営業実践大学の会報『月刊営業人』で、株式会社エムアイエス(MIS)代表取締役の三原淳氏が1年間・計11回の連載をスタートさせた。
ボランティアでの執筆。
タイトルは、「生涯営業マンとして 〜理念営業への道のり」
第1回は「新卒時はMRになる」
生涯営業マンとして 第1回氏の社会人としての第一歩は、ファイザー製薬への営業マンとしての就職だった。
製薬会社はたいてい自前の施設を持ち、そこに新卒採用者を閉じ込めて長期の営業研修を施す。
しかし、GW後に戻ってこない研修生が続出する。
第1回は入社の経緯、そしてMR研修の様子と出来事を綴っている。

三原淳氏失礼な言い方になるが、三原淳氏は筆が達者で、私は驚いた。
多忙で飛び回っていることもあり、本人はあまり時間をかけていないとのこと。
読者を惹きつける魅力に富む文章である。
本人の許可をいただき、大学関連のホームページやブログなどで連載を公開することにした。
ぜひお読みいただきたい。

ところで、ごく小部数でもきわめて低コストで単行本に仕立てられるようになった。
それもフルカラー。
自分の本を出すにはカネがかかるという常識が崩れた。
生涯営業マンとして 第1回連載終了後、百ページ弱の書籍にできる。
私は、それだけの価値があると思う。

三原淳氏は人望が厚く、人脈が広い。
友人や知人、取引先や顧客にプレゼントすれば、おおいに喜ばれよう。
相手との絆も一段と深まる。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業実践大学・佐藤哲也氏、NHK出演

佐藤哲也氏NPO法人営業実践大学の2月の公開講座にゲストとして登場した三菱地所リアルエステートの佐藤哲也氏
猛烈な逆風が吹き荒れる不動産市況でも驚異的な売り上げを記録する断トツのトップセールスマン。
そして、会社から異例の抜擢を受けた若きチームリーダー。
氏のセミナーは素晴らしく、成績向上の大きなヒント、それも生きたコツが得られた。
会員や参加者に大好評!
⇒当日の公開講座(案内状)はこちら。
営業教本0117⇒当日のレポート(ブログ)はこちら。

私はやはり営業実践大学に登場したサントリーの土田雅人氏を思い出した。
同社ラグビー部の監督に就任し、どん底チームをわずか2年で再生させ、前人未踏の5冠を達成した伝説の人物。
土田雅人氏⇒当日の公開講座(案内状)はこちら。
実は、佐藤哲也氏もラガーマン。
年齢も経験も異なり同列で比較できないが、共通点は相手の分析、そして戦略的な思考の重視。
ラグビーが知的なスポーツとされるゆえん。
それとチームプレー、仲間との連携の重視。

営業教本0118さて、その佐藤哲也氏が先月、NHKの夜間の番組に出演していた。
私はチャンネルを回していて(いや、切り替えていて)、偶然見つけた。
もちろん、驚異のトップセールスマンとして…。
テレビカメラが佐藤哲也氏の営業活動をしっかりと追いかけていた。
営業教本0119顧客(社長?)が満面の笑顔で、彼をベタ褒め。
私はすでに話を聞いたが、さらに実際を見ると、その凄さが一層よく分かる。
ちなみに、トップセールスパーソンとは、営業活動そのもので相手に大きな“満足”を与えられる人。
成績は、その結果としてついてくるにすぎない。

佐藤哲也氏は営業界ではすっかり有名になった。
それにふさわしい実力を備えている。
営業教本0120マスコミに引っ張りダコなのか。
私はNPO法人営業実践大学の理事長として、ちょっと誇らしい気持ちになった。
財政難にもかかわらず、歯を食いしばり続けてきた。
その努力が報われた…。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年9月公開講座

時代は“無口な営業”を求める

9月8日火曜日夜間、交通の要所・地下鉄神保町駅至近で、私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」第159回公開講座を行う。
会場は、営業人材紹介で有名なジェイックのセミナールーム。
同社が行う「JAIC営業カレッジ」は、テレビ東京の「日経スペシャル ガイアの夜明け」や「WBS(ワールドビジネスサテライト)」などで大々的に取りあげられた。
誰よりも売る! アポ取りの達人【法人営業編】 口ベタでも無理なく話せる同社は毎回、番組で映し出された会場を無償で提供してくださる。
財政難で苦しみながらもNPO法人営業実践大学が続いているのは、同社の支援の賜物。
心より感謝したい。

さて、演題は、「『サイレントセールス』のススメ」
副題は、「雄弁をやめよ! 時代は“無口な営業”を求めている!」
ゲストは、渡瀬謙氏(有限会社ピクトワークス代表取締役)。
時間は、午後7時40分〜9時20分(1時間40分)。
氏は、精密機器メーカーを経てリクルートに入社。内向的なため、まったく売れない日々を過ごす。その後、自分の性格に合った営業スタイルへ転換させ、1年目にしてトップセールスを達成した。
ピクトワークスを設立し、持論の「サイレントセールス」を中心に執筆やセミナーなどで活躍する。
内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!「アポ取りの達人」など著書は多数。
以下は、ご案内文(転載)。

巧みな話術で顧客を説得して商談を成立させる…。これが多くの営業パーソンがイメージする商談ではないでしょうか?
しかし、いまや「トークを磨いても売れない」「話すほど顧客は引いてしまう」のが現実です。売れる時代で武器となったやり方は、売れない時代ではむしろマイナスとなります。商談はトークの良し悪しでなくプロセスの適否で決まります。
ゲストの渡瀬謙氏は、超内気な性格を強みとし、独自の営業手法を生み出しました。それが「ステップ営業法」です。
氏は話さず、ステップを大切にすることで、顧客の“相談相手”として商機を見出し、クロージングに結び付けます。

絶対成功する営業術―知らずに差をつける! (パンドラ新書)以上。
要は、営業マンはしゃべったらダメ。
それはそうだ。
仕事はお客にしゃべらせること。
私は長く営業の勉強を続けながら、いまだに一流になれない。
その理由は、おしゃべりだから。
分かっているのだが、年齢的なものもあり、自分の性格を改められない。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「業績低迷拠点・部門の営業テコ入れ」
左利きの人々 (中経の文庫)時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
多くの企業が抱える切実な悩みを解消するポイントとは?
社長や役員、支社長や支店長、部課長や所長などにお勧め。
下期の売り上げ巻き返し・積み増しのヒントになろう。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円(その場で入会手続きが可能)。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと会員、会員同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、当日、お目にかかりましょう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

三原淳氏の講義、加東仁氏の連載

三原淳氏先週水曜日夜間、地下鉄神保町駅至近で「NPO法人営業実践大学」第157回公開講座を行った。
会場は、営業人材紹介で有名なジェイックが毎回、セミナールームを無償で提供してくださる。
同社が行う「JAIC営業カレッジ」は、テレビ東京の「ガイアの夜明け」などで大きく取りあげられた。
今回、番組にも登場した同社の佐藤剛志社長が熱心に聴講。
頭が下がる。

名刺交換1さて、演題は、「三原淳“決める営業”10の鉄則」
副題は、「社員好き・顧客好き・地元好きベンチャー社長の熱血講座!」。
ゲストは、三原淳氏(株式会社エムアイエス代表取締役)。
氏は、コインランドリービジネスの会社を興し、己が信ずる“理念経営・理念営業”を貫いて顧客の支持を獲得し、不況下でも成長を確保している。
製薬会社でのMRの経験、中小企業数社での営業の経験を総括したうえで、リレーションとソリューションを融和させた独自のスタイルを築いておられた。
氏の人間性に負うところも大きいだろう。
名刺交換2営業活動の根底に流れるのは、地域社会そして顧客利益への貢献という熱い思いである。

明快で有益な講義だった。
私は聞きほれてしまい、事務局として写真を撮影することを失念していた。
終了後に気づき、演台の近くでパチリ。
講師にも参加者にも申し訳ない。

                       ◇


中小企業のチャイナ・サバイバル 第10回ところで、本大学の会報『月刊営業人』での1年連載、「中小企業のチャイナ・サバイバル」をウェブ上で公開している。
著者はJK氏こと、加東仁氏。
6月号は、第10回「公的機関」
外資企業が中国へ乗り込んで会社や事業を立ち上げるには、さまざまな許認可を受けなければならない。
これが厄介。
加東氏は、その窓口となる公的機関に関する基礎知識を簡潔に述べている。
どうかご覧いただきたい。
また、これまでの10回分の原稿もすべて閲読可能。

氏の連載は、7月号が最終回となる。
8月は夏休みにつき、公開講座も会報も休止。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創 提案営業研修 1日体験版

できる上司は部下を動かす…仕事力

5月12日火曜日夜間、交通の要所・地下鉄神保町駅至近のジェイックのセミナー会場で、私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」の 第156回公開講座を行う。
ゲスト2演題は、「できる上司は部下を動かす!」。
テーマは、「コミュニケーション力強化 実践即効セミナー」。
ゲストは、古波倉正嗣氏(ヒューマンキャピタルイニシアティブ代表)。
時間は、午後7時40分〜9時20分(1時間40分)。
以下は、ご案内。

営業と顧客。上司と部下。社長と社員…。
私たちの仕事は、人とのコミュニケーションのうえに成り立っており、その良し悪しが成果を左右します。
コミュニケーション力=仕事力と言ってもよいでしょう。
しかし、あまりに日常的なスキルのため、真剣に考える機会が少ないのも事実です。
ゲスト1そこで今回は、上司と部下のコミュニケーションを例題に、即使えるコミュニケーションのツボを学ぶことにしました。
ゲストは、昨年12月の「問題解決技法」で大好評だった古波倉正嗣氏です。
ケーススタディやワークショップ満載、頭脳フル回転の濃密講座です。

以上。
古波倉先生の前座として、私・和田創は「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「MBA営業変革講演・即興番外編4」。
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
すでに4回連続、大人気。

当日の受講料は4千円、入会してくださるなら2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひ大勢お誘い合わせのうえ、お気軽にご参加ください。
初めての方、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。

社長、取締役、部課長、拠点長はもとより、すべての営業パーソン、いやビジネスパーソンにとり、非常に新鮮で有益な内容です。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年度、不況克服は「朝礼」から

2月の新車販売が大幅な落ち込みを記録した。
先行きが一向に見えぬまま、新年度に突入。
社長など経営トップの不安はいかばかり。

さて、4月8日(水)夜、交通の要所・神保町駅至近でNPO法人営業実践大学第155回公開講座を行う。
安海将広氏ゲストは、安海将広氏(コミュニケーション道場「以心伝心」主宰)。
やる気を継続させる仕組みとして独自の「アヅミ式朝礼」を開発し、多くの組織の活性化に貢献している。
また、国際コーチ連盟マスター認定コーチ、(財)生涯学習開発財団認定マスターコーチとして講演や研修の実績も豊富である。

就労形態の多様化などを背景に衰退の一途にあった朝礼が、いま再び脚光を浴びている。
モチベーションの向上やコミュニケーションの円滑化に有効という理由からだが、実際には正反対の結果を招いている職場も珍しくない。
朝礼は継続的な機会だからこそ、成果の上がるやり方を踏まえることが条件といえる。
アヅミ式朝礼ハンドブック
どうか、たった5分の積み重ねで、人、現場、会社に劇的な変化をもたらす「アヅミ式朝礼」の実践方法とポイントを学んでほしい。
不況克服の決め手の一つが「朝礼」である。

パンフレットはこちら
会員は2千円、一般は4千円。

****************************************************

◆大学セミナー(午後7時40分〜9時20分)
やる気を高め→部門を活気づけ→会社を変えよう!
「〔新年度企画〕究極の朝礼セミナー」

****************************************************

理事長の私は、午後6時50分より「MBA『営業変革講演』即興番外編3」を行う。
大好評を博した前回、前々回の続き。

皆さま、大勢お誘い合わせのうえ奮ってご参加ください。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業実践大学で交渉力を学ぶ

西村文彦氏先日、NPO法人営業実践大学の月例公開講座を行った。
第154回。
ゲストは、西村文彦先生。
70歳を超えているのに、とてもお若い。
私はショックを受けた。
このところ全身の痛みで睡眠が取れず、そこに重い疲労が重なり、日常の動作もままならないのだ。

テーマは、交渉力。
とはいえ、応酬話法で切り返したり、言葉巧みに打ち負かしたりする従来のやり方でない。
受講風景3商談を巡る環境が一段と厳しくなった現在、通用しない。
WIN−WINの着地に向け、顧客と協力して最良の解決策を見出していくスタイル。
2人一組の簡単なロールプレーも交えていただいた。

「交渉は勇気」。
勇気を持って相手にのぞむことが前提。
結局、話がこういうところに落ち着く。

受講風景2私は営業活動において「知恵」を駆使していくことの大切さを説いている。
しかし、それは二の次、三の次であり、「営業は度胸」。
それがあり、初めて知恵の威力を生かせる。
営業に限らず、仕事や経営、人生の成功など所詮、覚悟のご褒美。
私だって分かっているが、これが一番難しい…。

受講風景4さて、理事長として、私は社長スクールを行った。
好評の前回に引き続き、「MBA『営業変革講演』即興番外編」。
大不況を乗り切るため、経営トップや営業幹部が社員や部下の指導に当たり、どうしても知っておかなければならない基本を語った。
そう、引き合い減少下での売り上げ維持・伸長の要諦。

受講風景1新年度の公開講座は、4月8日(水)の午後6時50分に開始。
ぜひ大勢にご参加いただきたい。
皆で素晴らしい1年のスタートを切りましょう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

今夜、営業実践大学を開催

今夜6時50分から地下鉄神保町駅至近のジェイックにて、NPO法人営業実践大学の 第154回公開講座を行う。
ゲストは、西村文彦氏(にしむらセールス&ヒューマン研究所所長)。
営業活動、営業教育などに長年携わり、営業指導の経験を生かしてインサイトラーニングで研修講師を務めている。

景気の悪化につれて顧客の要求は一段とシビアになり、営業担当者には高い「交渉力」が求められている。
しかし、応酬話法で切り返したり、言葉巧みに打ち負かしたりする従来の交渉術は通用しない。
WIN−WINの着地へ向けて、顧客と協力して最良の解決策を見出すことが今後のベースになる。
どうか「提案営業」の実践を前提とした本物の交渉力を学んでほしい。

パンフレットはこちら。
http://www.eigyojissenuniv.com/daigaku/annai/saisin.pdf
会員は2千円、一般は4千円。

****************************************************

◆大学セミナー(午後7時40分〜9時20分)
価格交渉は交渉にあらず 営業の点検を急げ!
「WIN-WINベース 実践交渉力セミナー」
http://www.eigyojissenuniv.com/daigaku/annai/saisin.pdf

****************************************************

私は、午後6時50分より「MBA『営業変革講演』即興番外編」を行う。
大好評を博した前回の続き。

ぜひとも大勢にご参加いただきたい。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

トップセールスマンセミナー

受講風景1先週、営業実践大学公開講座を開催した。
ゲストは三菱地所リアルエステートサービスの佐藤哲也氏
30歳。きわめて優秀。チームリーダーという異例の抜擢。
佐藤哲也氏私が「その若さで頂点を極めると、ほかの業種を知りたくなるのでないか」と水を向けると、不動産営業が水に合っていると切り返した。
迷いがなく、頼もしい。
猛烈な逆風が吹き荒れる不動産市況のなか、今年度予算を上期だけでクリアしただけのことはある。
営業教本0098
ラガーマンでもある佐藤氏の話を伺いながら、私はサントリーの土田雅人氏の話を思い出した。
「勝てる組織」をつくる意識革命の方法2007年10月の公開講座にゲストとして招いた。
同社ラグビー部の監督に就任し、どん底チームをわずか2年で再生させ、前人未踏の5冠を達成した伝説の人物。
年齢も経験も異なり同列で比較できないが、共通点は相手の分析、そして戦略的な思考の重視。
受講風景2ラグビーが知的なスポーツとされるゆえん。
それとチームプレー、仲間との連携の重視。
また、楕円形のラグビーボールがどこに転がるか分からないせいか、ガタイのわりに臨機応変(失礼)。
営業教本0099
佐藤哲也氏が気さくということもあり、会員が活発に質問を投げかけた。
営業実践大学創設以来、最多。
やがて質問が止まらなくなり、終了時間をオーバー。
営業教本0100会員がトップセールスマンから営業の極意を真剣に学ぼうとした結果である。
また、名刺交換タイムが異常な盛り上がりを見せた。
受講風景3休憩を含めて20分弱。
喫煙室でタバコをふかしたのは私一人。
ところで、私は名刺を忘れた。
理事長なのに、何をやっているやら。

Copyright ©2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

個人の運、会社の運…JK氏

加東仁(JK)氏の人気連載、「中小企業のチャイナ・サバイバル」の第6回「運と判断」を先ほどアップした。
中小企業のチャイナ・サバイバル 第6回NPO法人営業実践大学の会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』の掲載原稿をだれでも読めるように公開している。
全11回の半ばを折り返し、筆がますます盛んに…。
ぜひ多くの方にお楽しみいただきたい。

新刊紹介成熟した日本と異なり、中国は社会も経済も発展途上。不確定要素にあふれている。
平たく言えば、治安が悪い、犯罪が多い。
万事、荒っぽい。
日々の暮らし、そして会社の経営で、いつなんどき災難が降りかかるか分からない。
目をおおう営業活動の実態それは「運・不運」のようなもの。
しかし、とっさの判断により被害や損失を最小限に食い止めることもできる。

今回、JK氏は中小企業の生き残りをかけて進出した中国で遭遇した2つの事件を生々しく綴っている。
経営教本2「個人の運」「会社の運」。
いずれも一方的に巻き込まれた。
恐ろしい。
レンガで殴りつけられた後頭部の傷口を黒の木綿糸で縫い合わせるくだりなど、読みどころ満載。
中小企業のチャイナ・サバイバル 第6回やはり面白い(ごめんなさい)。
ホント、JK氏は命がけ。

米国発の世界的な経済危機の影響で、中国を拠点とした製造が大打撃を被っている。
工場経営者のJK氏の心労は察するに余りある。
そんな状況下でのボランティアの執筆。
社員教育DVD2ありがとうございます。

NPO法人営業実践大学の会員に、ロシア市場へ日本製品を輸出する社長と、日本企業へインド技術者を派遣する女性社長がいる。
新興国関連のビジネスは、私たちに分からない大変さがあろう。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年2月公開講座

加東仁(JK)氏の新連載スタート!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

先日のブログで紹介したマイミクの加東仁(JK)氏。
『月刊営業人』9月号から新連載「中小企業のチャイナ・サバイバル」がスタートした。
中小企業のチャイナ・サバイバル 第1回会員でなくても閲読できるよう、NPO法人営業実践大学ホームページブログにリンクを貼った。
より多くの方々に楽しんでいただきたい。

                       ◇

再建屋雑記帳0274景気後退、内需縮小、人出不足…。
日本の中小企業のなかには、これから中国に進出し、事業を展開するところも少なくないだろう。
いまや生産拠点だけでなく、マーケット(市場)としての魅力も非常に大きい。

ところが、ここに壁が立ちはだかる。
私たちは中国のビジネス事情や営業事情をほとんど知らない。
これでは余りにリスキーであり、成功率が低いのも当然といえよう。
再建屋雑記帳0275また、私を含め、島国の日本人は海外でのつきあいが苦手であり、現地になかなか溶け込めない。
中国に進出するなら、その文化や風土、慣習や生活など、お国柄と国民性も知っておきたい。
JK氏の新連載は、中国を感じる生きた教材となる。

なお、ミクシィに入会している方は、ぜひJK氏のブログも覗いてほしい。
とにかく面白い。

月刊営業人での1年連載をボランティアで引き受けてくださったJK氏に心より感謝したい。

Copyright ©2008 by Sou Wada

2008年9月公開講座

7月の営業実践大学について

人気ブログランキング←応援、よろしく!

8日(火)、営業実践大学の公開講座を実施する予定だった。
ところが、私ども事務局の事情により準備が遅れ、大学セミナーを取り止めざるをえなくなった。
川柳20080702-01ご存知のように、公開講座は数年にわたり受講者が減少している。
まして告知が1週間前では集客がほとんど見込めない。
会員の皆さまに心よりお詫びを申しあげる。
ただし、『月刊営業人』7月号は発行する。

夏休みやお盆休みとぶつかるため、8月は毎年休止である。
ということで、次回は9月10日(水)。
7月の公開講座を楽しみにしていた会員の方には大変申し訳なく思う。
お許しいただきたい。

なお、事務局では大学の活性化を模索している。
長らく日本の営業の社会地位・社内地位の向上に寄与してきたとの自負があるので、何とか続けたいのだ。
8月に見直しの内容をお伝えするつもり。

では、9月にお会いしましょう。

Copyright ©2008 by Sou Wada

今夕、営業実践大学を開催!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

仕事に忙殺され、モチベーションが低下する部下、歩むべき道を見出せない幹部社員…。
いたるところで成員の疲弊が急速に進んでいる。

今夕、多くの企業で“心・仕事・時間”のカイゼンに取り組んできた株式会社組織デザイン松崎俊道氏をゲストに迎え、営業実践大学公開講座を開催する。
小さな工夫を積み重ね、大きな変化をもたらすカイゼンは、日本人が生み出した最良のソフトウェアといえよう。

演題は、「KAIZENで人と組織の元気を創る」
テーマは、「イキイキとした行動で、いい仕事をしよう!」。
開始は午後6時50分、会場は神保町・ジェイック
職場を活性化する具体的なヒントが得られる。
とくに社長や役員、管理者、マネジャー、所長の方々にお奨め。

皆さま、ぜひお越しください。
お待ちしています。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

毛筆で味わう

2008年6月公開講座

松崎俊道…人と組織の元気を創る

人気ブログランキング←応援、よろしく!

あす午後6時50分から東京・神保町で、NPO法人営業実践大学公開講座を開催する。
先ごろ制度を変更したので、会員以外の方も気軽に参加できるようになった。
大学セミナーの演題は、「KAIZENで人と組織の元気を創る」
テーマは、「イキイキとした行動で、いい仕事をしよう!」。
ゲストは、株式会社組織デザインの代表取締役を務める松崎俊道氏。

仕事に忙殺され、モチベーションが低下する部下、歩むべき道を見出せない幹部社員…。
いたるところで成員の疲弊が急速に進んでいる。
氏は、多くの企業で“心・仕事・時間”のカイゼンに取り組んできた。
小さな工夫を積み重ね、大きな変化をもたらすカイゼンは、日本人が生み出した最良のソフトウェアといえよう。

今回は“人と組織の元気”という身近でありながらもっとも困難なテーマ「KAIZEN」について、そのポイントを具体的に学ぶ。
職場を活性化する絶好の機会となるだろう。
どうか皆さま、お誘い合わせのうえ、奮ってご参加を!

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

毛筆で味わう

2008年6月公開講座

今夕、営業実践大学を開催!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

午後6時50分より神保町にて営業実践大学第146回公開講座を開催する。
大学セミナーの演題は、「アンコール、伝説の革命派リーダー!」
テーマは、「営業のテコ入れで、経営危機を乗り越えた」。
ゲストは、共立メンテナンスグループの株式会社ビルネットで副社長を務める横山博氏。
経営と人生の名言0104
いまや社員寮のサブリース事業で独り勝ちの共立メンテナンス
だが、バブル崩壊後に重大な経営危機に陥ったことがある。
そのとき、仙台の拠点長だった氏は社長の後押しを得て、営業の抜本的な見直しに着手した。
「買ってください」と発することを禁止しただけでなく、買い手に会うことを禁止したのだ。
そして、この荒療治を短期間でやり遂げ、業績を大化けさせた。

今回は、がいつも強調する「営業発の全社改革」の最高の事例といえるだろう。
勝ち残りの基本思想と具体指針が学べること請け合い。
社長や役員、営業管理者や営業担当者にとり、目からウロコが落ちる話の連続となる。
どうか皆さま、お誘い合わせのうえ、奮ってご参加を!

私は社長スクールで初の試みを行う。
題して、「経営と人生の名言を読み解く!」
和田創ブログに掲げた名言のなかから、私がとくに心を揺り動かされたものを選んで取りあげる。
こちらもご期待いただきたい。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

公開講座2008年5月

伝説の革命派リーダー、横山博

人気ブログランキング←応援、よろしく!

来る5月13日火曜日、午後6時50分より神保町にて営業実践大学第146回公開講座を開催する。
川柳20080430-01大学セミナーの演題は、「アンコール、伝説の革命派リーダー!」
テーマは、「営業のテコ入れで、経営危機を乗り越えた」。
ゲストは、共立メンテナンスグループの株式会社ビルネットで副社長を務める横山博氏。
数年前に本大学に登場し、参加者から圧倒的な評価を獲得している。
今回、私から再登場をお願いした。

いまや社員寮のサブリース事業で独り勝ちの共立メンテナンス
だが、バブル崩壊後に重大な経営危機に陥ったことがある。
そのとき、仙台の拠点長だった氏は社長の後押しを得て、営業の抜本的な見直しに着手した。
「買ってください」と発することを禁止しただけでなく、買い手に会うことを禁止したのだ。
衝撃の取り組み!
そして、この荒療治を短期間でやり遂げ、業績を大化けさせた。
同社再建の立役者となった伝説の人物である。

さらに、氏は営業変革を全社改革へ発展させた。
やがて顧客先と入居者の双方が満足する寮運営という、同社最大の強みに結実する。
オンリーワン企業にしてナンバーワン企業の基盤が構築された瞬間である。
今回は、がいつも強調する「営業発の全社改革」の最高の事例といえるだろう。
勝ち残りの基本思想と具体指針が学べること請け合い。

氏こそ、今日の日本企業にもっとも待ち望まれる革命派リーダーなのである。
社長や役員、営業管理者や営業担当者にとり、目からウロコが落ちる話の連続となる。
どうか皆さま、お誘い合わせのうえ、奮ってご参加を!

ところで、私は社長スクールで初の試みを行う。
前から温めていた企画である。
題して、「経営と人生の名言を読み解く!」
和田創ブログに掲げた名言のなかから、私がとくに心を揺り動かされたものを選んで取りあげる。
こちらもご期待いただきたい。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

公開講座2008年5月

きょう営業実践大学公開講座

人気ブログランキング←応援、よろしく!

午後6時50分より神保町にて、営業実践大学第144回公開講座を開催します。
経営と人生の名言0076演題は―。
時代遅れの“ガンバリズム営業”と決別しよう!
売り上げを伸ばす、正しい営業講座
内容は―。
「ソリューションセールス」のプロフェッショナルだからこそ実践する営業の原理・原則とは何か。
売り上げを伸ばすヒントが満載である。
ゲストは―。
是永英治氏(株式会社コンフィデンス代表取締役社長)
日本屈指のソリューションの営業代行会社として、多くの企業の業績拡大に貢献している。
著書に「営業マンのFA宣言」「ダメな奴ほどよく売れる」などがある。

                    ◇

私ども事務局の不手際により、今回の公開講座の告知が8日前と大幅に遅れてしまいました。
そのせいで参加申し込みがわずかしかありません。

ゲストは大好評につき、再登場です。
どうか奮ってご参加ください。
準備の都合がありますので、早めにお申し込みください。

なお、早出スクールで「ソリューションセールスの勘どころ!」と題し、即興で講演します。
すなわち、どうすれば提案営業で成果を上げられるか、その極意を明かします。
ソリューションを会社案内で謳う、ソリューションを部署に冠する企業の方々に有益です。
深い気づきと大きな喜びが得られるでしょう。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

2008年3月公開講座

営業実践大学のお知らせ

人気ブログランキング←応援、よろしく!

3日のブログの再録―。
時代が変わったにもかかわらず、「営業」の概念や理論は古いままである。
例えば、顧客は神様、訪問件数が大事、営業は話上手、根性がすべて…。
こんな間違った“営業常識”がいまだに幅を利かせている。

「売り上げを伸ばしたい」。
…となると、営業関係者が数々の誤解を改めたうえで、21世紀らしい新たな営業セオリーや営業ノウハウを身につけることが必須である。

根幹は、単なる1業者と扱われるのでなく、頼れるパートナーと認めていただくこと。
そのためには、営業関係者が売る意識を捨てる、商談をやめて相談に乗る、質問の組み立てを考える、商品知識より顧客理解に強くなる、クロージングで頑張らないなど、正しい基本を守らなくてはならない。
そして、それが個人と会社の双方にとり、今後の“勝ち残り”を決定づける。

さて、NPO法人営業実践大学では3月11日(火)、交通至便の東京・神保町で 第144回公開講座を開催する。
会場は、営業人材紹介で有名なジェイックによる無償提供。
以下に、大学セミナーの概要を紹介しよう。
                    ◇
演題は―。
時代遅れの“ガンバリズム営業”と決別しよう!
売り上げを伸ばす、正しい営業講座
内容は―。
外部に営業を委託する企業が増加している。
それにともなって営業代行市場には大手から零細まで参入が相次いでいるが、大半がアポ取りや単品推奨など、初歩的もしくは補助的な活動に留まっている。
今回のゲスト、是永英治氏が率いるコンフィデンスは、ソリューション営業を一括して代行する日本屈指のプロフェッショナル集団である。
顧客の別働隊として営業を代行する、スタッフ部門を教育して営業戦力化するなどで、正規の営業部門を凌ぐ成果を挙げている。
シビアに結果を問われるプロだからこそ実践する営業の原理・原則とは何か。
売り上げを伸ばすヒントが満載である。
ゲストは―。
是永英治氏(株式会社コンフィデンス代表取締役社長)
1964年生まれ。リクルート人材センター、テンポラリーエルダーを経て93年、マンパワージャパンに入社。94年、同社テクニカル事業部長に就任。
98年、コンフィデンスを設立。日本屈指のソリューションの営業代行会社として、多くの企業の業績拡大に貢献している。
著書に「営業マンのFA宣言」「ダメな奴ほどよく売れる」などがある。
                    ◇
以上。
是永氏は営業実践大学に2度目の登場。
前回は渋谷で開催していた頃なので、少なくとも7〜8年は経っているのではないか。
参加者に大好評につき、再び講師を引き受けていただいた。

私はいまから再会が待ち遠しい。
また、正しい営業講座に対する期待がとても大きい。
一段とクオリティの上がったレクチャーを伺える。
…年度末の締め括りにふさわしい企画である。
どうか皆さま、お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。
「懇親パーティ」もご用意しています。

なお、私は早出スクールで「ソリューションセールスの勘どころ!」と題し、即興で講演する。
すなわち、どうすれば提案営業で成果を上げられるか、その極意を明かす。
ソリューションを会社案内で謳う、ソリューションを部署に冠する企業の方々に有益である。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

2008年3月公開講座

営業実践大学のお知らせ

人気ブログランキング←応援、よろしく!

時代が変わったにもかかわらず、「営業」の概念や理論は古いままである。
例えば、顧客は神様、訪問件数が大事、営業は話上手、根性がすべて…。
こんな間違った“営業常識”がいまだに幅を利かせている。

「売り上げを伸ばしたい」。
…となると、営業関係者が数々の誤解を改めたうえで、21世紀らしい新たな営業セオリーや営業ノウハウを身につけることが必須である。

根幹は、単なる1業者と扱われるのでなく、頼れるパートナーと認めていただくこと。
そのためには、営業関係者が売る意識を捨てる、商談をやめて相談に乗る、質問の組み立てを考える、商品知識より顧客理解に強くなる、クロージングで頑張らないなど、正しい基本を守らなくてはならない。
そして、それが個人と会社の双方にとり、今後の“勝ち残り”を決定づける。

さて、NPO法人営業実践大学では3月11日(火)、交通至便の東京・神保町で 第144回公開講座を開催する。
会場は、営業人材紹介で有名なジェイックによる無償提供。
以下に、大学セミナーの概要を紹介しよう。
                    ◇
演題は―。
時代遅れの“ガンバリズム営業”と決別しよう!
売り上げを伸ばす、正しい営業講座
内容は―。
外部に営業を委託する企業が増加している。
それにともなって営業代行市場には大手から零細まで参入が相次いでいるが、大半がアポ取りや単品推奨など、初歩的もしくは補助的な活動に留まっている。
今回のゲスト、是永英治氏が率いるコンフィデンスは、ソリューション営業を一括して代行する日本屈指のプロフェッショナル集団である。
顧客の別働隊として営業を代行する、スタッフ部門を教育して営業戦力化するなどで、正規の営業部門を凌ぐ成果を挙げている。
シビアに結果を問われるプロだからこそ実践する営業の原理・原則とは何か。
売り上げを伸ばすヒントが満載である。
ゲストは―。
是永英治氏(株式会社コンフィデンス代表取締役社長)
1964年生まれ。リクルート人材センター、テンポラリーエルダーを経て93年、マンパワージャパンに入社。94年、同社テクニカル事業部長に就任。
98年、コンフィデンスを設立。日本屈指のソリューションの営業代行会社として、多くの企業の業績拡大に貢献している。
著書に「営業マンのFA宣言」「ダメな奴ほどよく売れる」などがある。
                    ◇
以上。
是永氏は営業実践大学に2度目の登場。
前回は渋谷で開催していた頃なので、少なくとも7〜8年は経っているのではないか。
参加者に大好評につき、再び講師を引き受けていただいた。

私はいまから再会が待ち遠しい。
また、正しい営業講座に対する期待がとても大きい。
一段とクオリティの上がったレクチャーを伺える。
…年度末の締め括りにふさわしい企画である。
どうか皆さま、お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。
「懇親パーティ」もご用意しています。

なお、私は早出スクールで「ソリューションセールスの勘どころ!」と題し、即興で講演する。
すなわち、どうすれば提案営業で成果を上げられるか、その極意を明かす。
ソリューションを会社案内で謳う、ソリューションを部署に冠する企業の方々に有益である。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

2008年3月公開講座

マムシのマムシたるゆえん

島田士郎先生昨夜、都心で営業実践大学「新春講演会」を開催した。
ゲストは、数多くの著作を持ち、講演や研修で飛び回る島田士郎氏。
2008年の幕開けを飾るにふさわしい企画となった。

私は、おおいに勉強になった。
正直なところ、とても耳が痛かった。
自らの実践体験に裏打ちされたうえでの“理詰め”の講義であり、聞く側に逃げ場を与えない厳しさがあった。
受講風景大学セミナーのゲストのなかで、一番の辛口!

講師はもとより営業としても“凄腕”であることが、私たちにひしひしと伝わってくる。
まさにプロフェッショナル!
ライバルがマムシと恐れたのもムリはない。
だが、それ以上に、顧客がマムシと恐れたのではなかろうか。

氏の指摘は、至極もっとも―。

経営と人生の名言0042顧客が買うには、その理由がある。
営業は相手に買う理由を尋ねよ。
顧客が断るには、その理由がある。
営業は相手に断る理由を尋ねよ。

できそうで、やっていない。
会場が静まり返る…。
とりわけ氏が重視するのは後者である。
営業教本0007商談の阻害要因を突き止め、それをあくまで顧客の立場から克服していく。
商談の成立へ向け、問題解決の手法を駆使するのだ。
なるほど!
断られて諦めていたら、営業にならない。
売れにくいものを売ってこそ、営業といえよう。

氏は、大学セミナーを締め括った。
経営と人生の名言0043「断られた事実を受け入れよ。そこから逃げるな」「真剣勝負で顧客と向かい合え」。

確かに、私たち営業は、顧客の断りを必要以上に恐れている。
会員を代表し、心より感謝申しあげる。
パーティ ボランティア会員
Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング

きょう営業実践大学新春講演会

午後6時50分より神保町にて、営業実践大学第142回公開講座を開催する。
題して―。
アプローチの鬼が嗤う!
「顧客の断りにこそ商機あり」
マムシ営業・島田士郎氏 新春講演会

                    ◇

日程が新年早々の3連休明け、まして対象が営業関係者。
非常に多忙なのだろう。
人数が伸びない。

2008年の幕開けを飾るにふさわしい企画です。
どうか奮ってご参加ください。
準備の都合がありますので、早めにお申し込みください。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

2008年1月公開講座

マムシ・島田士郎氏 新春講演会

人気ブログランキング←応援、よろしく!

来週火曜日、地下鉄神保町駅そばのジェイックのセミナー会場を拝借し、営業実践大学第142回公開講座を開催する。
経営と人生の名言0034以下に概要を紹介しよう。
                    ◇
演題は―。
アプローチの鬼が嗤う!
「顧客の断りにこそ商機あり」
マムシ営業・島田士郎氏 新春講演会
内容は―。
顧客の“断り”を乗り越えられず、営業活動のスタートを切ることさえできない人が数多くいる。
断りの99%は方便だが、今日の成熟した市場環境下で断りを論破しようとする「応酬話法」は無力である。
ゲストの島田士郎氏は、顧客の断りの言葉のなかに商機を見出し、相手の懐深く飛び込むことで、並の営業担当者の10倍の売り上げを達成した。
強い意志と論理的なトークにより本音を引き出し、成約につなげる氏を、ライバルは「マムシ」と呼び、恐れた。
今回は、氏が実践してきたアプローチの“絶対法則”を公開する。本年の営業活動の弾みづけとなる内容である。
ゲストは―。
島田士郎氏(営業コンサルタント)
出版社で営業部長、編集長などを歴任して独立。
数多くの著作を刊行するとともに、企業や公的機関で教育研修活動を展開し、経営のトップから現場の若手まで幅広い支持を得ている。
現役時は並の営業担当者の10人分を稼ぎ、ライバルから「マムシ」と恐れられた。
著書は「小学生の子供に教える営業という仕事」など29冊。
          ◇
以上。
私はいまから期待に胸が膨らむ。
営業関係者を悩ませる顧客の断りをどう克服するのか。
有益なお話が伺える。
…新年を飾るにふさわしい講演会である。
どうか皆さま、お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。
「懇親パーティ」もご用意しています。

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
毛筆で味わう

2008年1月公開講座

大学会員、連載決定!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

火曜日夕方、営業実践大学の熱心な会員、小林英則さんにいい知らせが舞い込んだ。
ダイヤモンド・ビジネス企画が発行する隔月刊誌『ダイヤモンド・ビジョナリー』で連載を行うことになった。
テーマは、おもに技術営業を対象とした「提案書の作成法」である。
小林さんは2年以上にわたり、大きな情熱と強い執念でこのテーマを追いかけてきた。
そして、その努力がついに認められた。
おめでとうございます。

理事長の私としても、小林さんを応援してきた甲斐があった。
また、他の会員の励みになる。

なお、あすの和田創ブログは、「ネットビジネス、壊滅!」と題して…。

人気ブログランキング←応援クリック、いま何位?

マムシ・島田士郎氏 新春講演会

年明け1月15日、火曜日、地下鉄神保町駅そばのジェイックのセミナー会場を拝借し、営業実践大学第142回公開講座を開催する。
以下に概要を紹介しよう。
                    ◇
演題は―。
アプローチの鬼が嗤う!
「顧客の断りにこそ商機あり」
マムシ営業・島田士郎氏 新春講演会
内容は―。
顧客の“断り”を乗り越えられず、営業活動のスタートを切ることさえできない人が数多くいる。
断りの99%は方便だが、今日の成熟した市場環境下で断りを論破しようとする「応酬話法」は無力である。
ゲストの島田士郎氏は、顧客の断りの言葉のなかに商機を見出し、相手の懐深く飛び込むことで、並の営業担当者の10倍の売り上げを達成した。
強い意志と論理的なトークにより本音を引き出し、成約につなげる氏を、ライバルは「マムシ」と呼び、恐れた。
今回は、氏が実践してきたアプローチの“絶対法則”を公開する。本年の営業活動の弾みづけとなる内容である。
ゲストは―。
島田士郎氏(営業コンサルタント)
出版社で営業部長、編集長などを歴任して独立。
数多くの著作を刊行するとともに、企業や公的機関で教育研修活動を展開し、経営のトップから現場の若手まで幅広い支持を得ている。
現役時は並の営業担当者の10人分を稼ぎ、ライバルから「マムシ」と恐れられた。
著書は「小学生の子供に教える営業という仕事」など29冊。
                    ◇
以上。
私はいまから期待に胸が膨らむ。
営業関係者を悩ませる顧客の断りをどう克服するのか。
有益なお話が伺える。
…新年を飾るにふさわしい講演会である。
どうか皆さま、お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。
「懇親パーティ」もご用意しています。

人気ブログランキング

営業実践大学のセミナーを来週開催

私は、夏頃から悪化していた持病の腰痛を9月下旬にこじらせてしまい、「ぎっくり腰」の状態が続いている。
痛みが背中と肩に広がり、仕事どころか日常生活もままならない。
安静にしていたいが、公開セミナーや企業研修の講師の仕事はキャンセルできない。
今年はベンチャーの創設に注力するため、講師の仕事を思い切って減らした。しかし、既存顧客などからそれなりの予約をいただいている。
治療に通ってよくなっても、出張から戻ると悪くなるという繰り返しである。
「座る」のが一番の苦痛で、机に向かえない!
1カ月以上休業しており、頑張って更新してきたブログも途切れている。むろん、本の執筆も…。
復帰まで、いましばらく時間がかかりそう。
すっかりご無沙汰している皆さま、申し訳ありません。
ところで、来週火曜日に神保町で「営業実践大学」の公開講座を開催する。
演題は「究極の営業レターの理論とツボ!」、ゲストは営業コンサルタント・木戸一敏さんである。断りのストレスから解放され、顧客の信用を獲得する秘訣を明かしてくださる。
お誘い合わせのうえご参加ください。
私は、業績不振企業や成績低迷担当者に共通する「思わせ振りな報告」についてレクチャーする。

↓ 応援クリック、いま何位?
人気ブログランキング  にほんブログ村 経営ブログへ  経営BlogRankers  ビジネスブログ100選
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り
カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ