コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

営業稼業・トップセールス

「面白くないジョークの会」発足

「面白くないジョークの会」
初代会長就任までの経緯と辛苦

私・和田創はこのたび「面白くないジョークの会」初代会長に就任することとなりました。

これまでの道のりを振り返るなら、決して平坦でありませんでした。
私はいかりや長介牧伸二に憧れ、獅子てんや・瀬戸わんや円鏡(八代目橘家圓蔵)を愛し、ケーシー高峰立川談志を敬ってきました。
しかし、ほどなく先達に近づくことの難しさを思い知らされ、自分にふさわしい道を歩もうと決意しました。
そして、辿り着いたのが「面白くないジョーク」の魅力でした。

まったくの無表情
私は営業としておもに経営層と接してきましたが、まったく無表情であるためにさまざまな誤解を与え、お叱りを受けてきました。
笑顔をつくることがとても苦手だったのです。
(アルツハイマーで亡くなった父も表情がほとんどありませんでした。)

私を変人呼ばわり
私を可愛がってくださった大企業の社長などから「にこりともしない」「一度もお世辞を言わない」、さらに「無愛想」「とっつきにくい」「つっけんどん」などと言われ放題でした。
私が変人と感じていた社長から面と向かって「変人」と言われたときはさすがにまいりました。
いずれも多くの仕事をご発注いただいた恩人です。

即座に的確なフォロー
自分に合った笑いを培えたおかげで、いまでは「それはほめすぎです」とか「運が悪いと思って諦めてください」などの的確なフォローを即座に行えるようになりました。
もう何を言われても心が折れることはありません。

ジョークの奥義を究める
とくに還暦を過ぎ、面白くないジョークの奥義を究めつつあります。
私が商談で発するとその場が水を打ったように静まり返り、講演やセミナー、研修で発すると会場が凍りつくようになっています。
ここまで腕を磨けるとは夢にも思いませんでした。

以上、私のこうした経緯と辛苦を知る周囲の方々のお奨めで「面白くないジョークの会」を立ち上げ、その初代会長に就きました。
お引き立てのほど、なにとぞお願い申しあげます。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業の使命とは・・・

私は、日本人の国民性を一言でいえば「誠実」になると考えています。
「和」「思いやり」「おもてなし」はもちろん「真面目」「勤勉」など、さまざまな美徳もそこを根にして育まれたのでないでしょうか。

しかも、日本人の誠実な国民性は、社会と経済のグローバル化が進むほど際立ってきました。
例えば、報道などで繰り返し認識させられます。

そして、日本人の誠実な国民性は、顧客の豊かさや幸せにフォーカスし、コンサルティングマインドとソリューションスキルで働きかけていく「提案営業」にとてもよくマッチしています。

そもそも営業の使命とは、商品を売ることでなく顧客に役立つことです。
「うまい営業」でなく「いい営業」を目指して楽観的に働くという提案営業の発想は何とすがすがしいのでしょう。

私は、日本の営業が世界の最高峰に到達してほしいと願っています。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

スカウト殺到の営業マンは変人で無愛想だった

私が営業活動を行ってきて、顧客にもっとも多くかけられた言葉はこれだ。
「うちに来ないか」「うちでやらないか」。
とりわけ20代後半から30代前半にかけ、大手企業から中小企業まで幅広く…。
当時は「スカウト」という言葉が定着していなかった。
この“誘い”は営業としてやっていくうえで大きな自信につながった。
その後の決して平坦でない職業人生を支えてくれた。
顧客におおいに感謝しながら、丁重にお断りした。

うれしかった。

営業職は非常に恵まれている。
スカウト会社はもちろん、顧客にじかに呼んでもらえる。
ただし、相手は「決定権者」、条件は「与える」。
私は、この気づきをわりと早く得られた。
それ以降、決定権者と面談し、「与える営業」を実践することにこだわった。
すると、猛烈に誘われた。
なかでも32〜34歳はスカウトが殺到した。



私が顧客に多くかけられた言葉は、ほかに2つある。
「変わっている」などの「変人」系。
「素っ気ない」「つっけんどん」などの「無愛想」系。
いずれも私が信頼し尊敬していた大手企業の社長など、経営幹部から面と向かって切り出された。
たいそう可愛がっていただいた。
非常に懐かしい思い出である。

この言葉から察せられること。
顧客が私に抱いた最初の印象はあまり好ましいものでなかった。
しかも、彼らはそれをずっと引きずっていた。
しかし、彼らはそれを口に出せる関係になったと感じた。



私が営業活動を通じて顧客にもっとも与えてしまったのは、おそらく「不快感」でなかろうか。
思ったことはストレートに伝えた。
相手が年上だと、怒らせたりした。
相手が年下だと、避けられたりした。
そのうえ、私は笑顔を見せられないし、世辞を言えない。
どちらも大の苦手だった。

営業はわざわざ顧客に嫌われる必要はない。
なぜなら、営業活動がとても進めにくくなる。
が、すべての顧客に好かれる必要もない。

私はフリーランスの経験が長い。
若い頃、一握りの顧客に熱心に“支持”されれば何とか食べていけると感じた。
この思いは、還暦になった現在でもたいして変わっていない。
根底にあるのは、まずは自分(家族)の生活をどう守るか、そして“職人”としてどう働くかという発想でなかろうか・・・。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ