コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

山下真瑚ブログ

山下真瑚、ロシア杯2位でGPファイナル進出へ

グランプリ(GP)シリーズ「ロシア杯」
山下真瑚は 210点前後で2位か

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」の女子シングル。
山下真瑚はショートプログラム(SP) 66.30点で3位からフリースケーティング(FS)136.76点で2位、合計203.06点で2位に入りました。
優勝したロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワは203.32点でしたので、0.26点差です。
ほんのわずかな加点で表彰台の頂点に立てました。

FSでは高さのあるジャンプと優雅なスケーティングで彼女なりの「蝶々夫人」の世界観を演じました。
高難度ジャンプも軽々と決め、スピンでも魅せました。
最終滑走でしたが強心臓のせいが、ほぼノーミスで滑り終えました。
観客が惜しみない拍手を送りました。

山下真瑚はもっとスピードを出し、もっと大きく滑りたかったはずですが、アイスホッケー用のリンクが狭くてかわいそうでした。
(フィニッシュポーズは静止時間を長めに取ったほうがいい。)

ほんとうでしょうか、試合後に「メダルを取れると思っていなかった」と語りました。
初出場での2位は、2005年中国杯の浅田真央、2015年スケートアメリカの宇野昌磨に並んで日本選手でトップでした。
また、日本選手としては初めて平昌五輪銀メダリスト、ロシアのエフゲニア・メドベージェワを国際スケート連盟公認大会で上回りました。
(むろん彼女は本調子でありませんでした。)
宇野昌磨と同じ樋口美穂子コーチが「予想以上の結果。 120点」とコメントしました。

次戦は11月16〜18日にモスクワで行われるGPシリーズ第5戦「ロシア杯(大会)」です。
自身も期待し、ファンも注目しますからプレッシャーがかかります。
GPファイナル進出が現実味を帯びる大一番になりますが、それでも緊張せずに力を出し切ることができるのでしょうか。

コンディション不良のためにスケートカナダで出遅れた樋口新葉、平昌五輪金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワが出場します。
樋口新葉の出来によりますが、おそらく2位に入るには 210点前後の得点が必要でしょう。
伸び盛りの山下真瑚といえど、スケートカナダの出来に7点ほど上積みするのは容易でありません。

また、私は山下真瑚が絶対に1位になれないなどと思っていません。
ちなみに、GPシリーズ初出場2位の浅田真央は2戦目で1位になり、その勢いのままGPファイナルで優勝を収めました(2005年)。
表彰台の頂点に駆けのぼれば痛快ですが、さすがにアリーナ・ザギトワには敵わないでしょう。

category:山下真瑚ブログはこちら。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月2日「山下真瑚は一生懸命さが伝わってこない」はこちら。

⇒2018年11月1日「山下真瑚と村上佳菜子、女子フィギュア新星の鮮烈デビュー」はこちら。

⇒2018年10月27日「山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感」はこちら。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

山下真瑚は一生懸命さが伝わってこない

余分な力みや過剰な感情移入なし
山下真瑚、演技の爽快感は特筆もの

フィギュアスケート女子シングルの新星・山下真瑚のグランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」での演技は衝撃的でした。
私はすっかり感動してしまいました。
いわゆる「一生懸命さ」が伝わってきません。

山下真瑚は余分な「力み」がありません。
頑張っているとか必死になっているというような印象を受けません。

山下真瑚は過剰な感情移入がありません。
まとわりつくとかうっとおしいというような印象を受けません。
選手は演技に心や思いを込めますが、ときに人工的に映ります。

どちらも才能であり、私は新鮮に感じました。

山下真瑚は滑りが軽やか、ジャンプが高らかです。
全体に流れるような気持ちのいい演技といえます。

憧れの対象はトリノ金の荒川静香

山下真瑚は愛知県名古屋市出身、中京大学附属中京高等学校在籍の15歳です。
浅田真央を育てた山田満知子コーチの秘蔵っ子とされています。
男子シングルで優勝した宇野昌磨と同じ樋口美穂子コーチの指導を受けています。

私はスケートカナダの演技に浅田真央と違った魅力を感じ、ウィキペディアで調べました。
7歳でスケートを始めたきっかけは、2006年トリノ五輪で荒川静香が見せた金メダルの演技でした。
なるほど、二人にどこかしら共通するものを感じます。
憧れの対象は荒川静香であり、一瞬ですが「イナバウアー」を取り入れています。

「優雅さ」では荒川静香が断然勝りますが、「爽快さ」では山下真瑚が勝ります。
特筆ものです。
厳しい練習を積んでいるはずなのに、その努力や苦労をコスチュームの隠しポケットに仕舞い込み、あっさりと滑っています。
(若さゆえの表現の未熟さも影響して、そう見えるのかもしれません。)
したがって、演技の楽しさやうれしさがすーっと前面に出てきます。
不思議な魅力です。

荒川静香も山下真瑚も生まれながらにして持つ「美意識」が演技全体に投影されています。
また、O型の血液型が関係しているのでしょうか、おおらかさやのほほんとした雰囲気を醸し出しています。
私は久しぶりにフィギュアスケートをスポーツ(競技)としてでなくエンタテイメントとして楽しむことができました。
(癒しさえも感じました。)

迫力不足は冷静で的確な自己分析

大会後、世界のトップ選手と比べ、「迫力」が足りないことを課題に挙げました。
そして、迫力を出すために「上半身の動きを大きくする」と語りました。
この迫力には輝きとかオーラという意味合いが含まれています。
あるいは観客や審判を惹きつける力が含まれています。
15歳とは思えない冷静で的確な自己分析です。
が、私は彼女の持ち味を失ってほしくありません。
「個性」だと思います。

山下真瑚の演技の爽快感は人間的な成長や競技者としての経験を経て、徐々に変わっていくかもしれません。
(あどけなさが残り、粗削りですので、緻密さや繊細さは必要になります。)

category:山下真瑚ブログはこちら。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月1日「山下真瑚と村上佳菜子、女子フィギュア新星の鮮烈デビュー」はこちら。

⇒2018年10月27日「山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感」はこちら。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

山下真瑚と村上佳菜子、女子フィギュア新星の鮮烈デビュー

フィギュア女子シングルに新星
山下真瑚の成長は大きな楽しみ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ、第2戦「スケートカナダ」。
日本の女子シングルに新星が現れました。
シニアデビュー、初参戦の山下真瑚です。

私は山下真瑚の鮮烈なデビューを見て村上佳菜子を思い出しました。
当時こんなに才能にあふれた選手がいるのかと驚いたものです。

どちらも浅田真央と同じ愛知県名古屋市出身です。
また、どちらも浅田真央と同じ中京大学附属中京高等学校に入りました。
15歳の山下真瑚はこの4月から通っています。
(余談ですが、誕生日は12月31日です。)

しかし、村上佳菜子は女性の成長期に特有の変化に苦しめられたせいか得点源のジャンプを跳べなくなりました。
(大舞台の緊張にも弱かったようです。)
私は浅田真央の後継者に育っていくと期待していましたが、好調期はほんのわずかでした。
笑顔が弾けたのはおそらく中学3年生から高校1年生まででないでしょうか。

個人差はあるにしろ、山下真瑚が迎えつつある難しい時期を乗り切れるなら、素晴らしい選手に成長すると感じています。
女子シングルの観戦に、大きな楽しみが加わりました。

category:山下真瑚ブログはこちら。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年10月27日「山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感」はこちら。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

山下真瑚はスケートカナダで表彰台へ、ブレイクの予感

グランプリ(GP)シリーズ「スケートカナダ」
山下真瑚、ジャンプに高さと軽やかさ

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」が始まりました。
シニアデビュー、初参戦の山下真瑚はおおいに期待が持てそうです。
出発前の成田空港で取材に応じ、「楽しく勢いよく滑れたら」と意気込みを語っています。

浅田真央などが在籍した中京高校へ4月に進学し、充実した練習を積んでいます。
ショートプログラム(SP)は「セビリアの理髪師」です。
フリースケーティング(FS)は浅田真央も用いた「蝶々夫人」ですが、振付師が違い、表現は選手それぞれと割り切っており、比較されることにプレッシャーは感じていません。

「ロンバルディア杯」では坂本花織を抑えて3位に入りました。
その後の中部選手権で合計201.10点(非公認)を記録して圧勝しました。
しかし、演技でメリハリが弱かったり、ジャンプで回転不足を取られたり、体力が持たなかったり、反省点が見つかりました。

私は前日の公式練習を動画で見て、ハッピーな気持ちになりました。
とても順調な仕上がりです。
3回転ルッツ−3回転トウループの連続ジャンプを見事に決めています。
身長は 151僂塙發ないのですが、体の線が美しく、スケーティングにスピード、ジャンプに高さと軽やかさが感じられます。
15歳の演技としては素晴らしい!

山下真瑚はスケートカナダでスピンの取りこぼしをなくし、得意とする3回転ルッツの加点を伸ばそうとしています。
世界選手権銀メダリストの樋口新葉がけがによりベストコンディションで臨めません。
代わって山下真瑚が表彰台に立つかもしれません。
はたしていきなりのブレイクが見られるのでしょうか。
この選手はとにかく楽しみです。

男女ともSPは26日(日本時間27日)、FSは27日(同28日)に行われます。

category:フィギュアスケートはこちら。

◆書き加え(10月27日)

山下真瑚は滑りに爽快感!

山下真瑚はSPで 66.30点を記録し、樋口新葉に次いで3位につけています。
冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーション、続くダブルアクセル(2回転半)、最後の3回転フリップを決めました。
この選手は滑りに「爽快感」があります。

キス・アンド・クライでは納得の表情で得点を確認しています。
平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨と同じ樋口美穂子コーチ(山田満知子コーチ)です。

普通に考えれば、SP7位と大きく出遅れた平昌五輪銀メダリスト、ロシアのエフゲニア・メドベージェワが巻き返してくるはずです。

山下真瑚がトップに迫るつもりでFSに臨むならば、表彰台に上れると思います。

◆書き加え(10月28日)

山下真瑚は演技が新鮮!

山下真瑚はFSで136.76点、合計203.06点で2位に入りました。
1位は合計203.32点、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワでした。
私は最終滑走の山下真瑚の演技を見て、いくらか上回れると思いました。
残念、惜しかった。
が、GPシリーズ初参戦で首位と0.26点差の銀メダルは立派でした。
資質でしょうか、彼女は飾らない魅力があり、演技が新鮮です。
落ち着きと安定感も素晴らしい。

山下真瑚のブレイクにより女子シングルは大変な競争になりました。
紀平梨花を含め、宮原知子、坂本花織、樋口新葉、三原舞依、山下真瑚が近い将来、横一線で並びそうです。
(本田真凜は練習環境の変化がプラスになればここに加わります。)
見ているほうは楽しいですが、選手はきついですね・・・。

◇◆◇

山下真瑚に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年3月14日「山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

山下真瑚がフィギュア世界ジュニアで銅メダル

FSで自己ベストを大きく更新する

フィギュアスケート世界ジュニア選手権がブルガリアで行われています。
女子シングルで初出場の15歳、山下真瑚はショートプログラム(SP)で3位でした。
そして、フリースケーティング(FS)でパーソナルベストを大きく更新する128.38点をマークし、合計195.17点で銅メダルを獲得しています。

冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループ−2回転トウループのコンビネーションジャンプを決めました。
7本のジャンプはどれもGOE(出来栄え点)を得ました。

ざわついた会場でノーミスの演技!

実は、直前にロシアの13歳、アレクサンドラ・トルソワが女子シングルで史上初となる2種2本の4回転ジャンプを決めています。
サルコウ、トウループです。
これまで4回転ジャンプは安藤美姫が2002年ジュニアGPファイナルで決めたサルコウだけでした。
会場がざわついていて滑りにくかったはずですが、ノーミスの演技を見せました。

ロシアの2強に次いで表彰台に上ったのは立派でした。
日本勢の表彰台は2015年から4年連続となります。
山下真瑚は愛知県出身で、浅田真央や宇野昌磨を指導した山田満知子コーチに師事しています。

アレクサンドラ・トルソワは異次元

ところで、アレクサンドラ・トルソワは異次元の演技を見せました。
シニアを含め、世界歴代5位となる合計225.52点を叩き出しました。
エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ、カナダのケイトリン・オズモンド、韓国の金妍児、そしてアレクサンドラ・トルソワ。
FSの技術点はにわかに信じがたい90点台でした。

アレクサンドラ・トルソワはこれから身長も伸びますし、体形が変わる年齢に差しかかります。
が、すべての4回転ジャンプを跳びたいと語りました。
女子シングルは4回転ジャンプ競争に突入するかもしれません。

それにしてもロシア女子シングルは新星が続々と現れます。
2022年北京五輪では平昌五輪で金メダルのアリーナ・ザギトワ、銀メダルのエフゲニア・メドベージェワでさえも姿を消している可能性があります。
この3選手は同じエテリ・トゥトベリーゼコーチに師事しています。
アレクサンドラ・トルソワはエースに育っているのでしょうか。

紀平梨花はトリプルアクセルに失敗

紀平梨花はFSでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に2度挑みましたが抜けてしまい、8位という不本意な成績に終わりました。
昨年末の全日本フィギュアスケート選手権で3位に食い込みましたので、私には意外です。

category:フィギュアスケートはこちら。

◆書き加え(3月14日)

山下真瑚は4回転ジャンプを目指す

山下真瑚(やました・まこ)は2002年大晦日生まれの15歳です。
血液型はO型。
身長は 151cm。
コーチは山田満知子ですが、実際の指導は樋口美穂子でしょうか(不確か)。

7歳からフィギュアスケートを始めたきっかけは荒川静香のイナバウアーだそうです。
したがって、憧れの選手も荒川静香です。

トリプルアクセルを除く5種類の3回転ジャンプを跳ぶことができます。
これから4回転サルコウの習得を目指します。

山下真瑚は現時点で主要大会の優勝実績がありません。
順調に伸びていくならば、十代半ばの紀平梨花などとともに2022年北京五輪代表の有力選手となるでしょう。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ