コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

オフィスサービス

サーブコープ満足度…丸の内トラストタワー本館20階

私は和田創研がフロントオフィスを構える丸の内トラストタワー本館20階の「サーブコープ(SERVCORP)」がたいそう気に入っている。
世界の主要都市のランドマークとなる高層ビルなどでオフィスサービスを提供する企業である。

サーブコープはとにかく便利で快適だ。
まして、同ビルは東京駅日本橋口歩0分。
ロケーションは日本一といえそう。
内装はゴージャス。
リッチな気分に浸れる。
代わりに料金は相応だ。

それを高いと感じるかどうかは、自社が展開する事業の付加価値によるだろう。
私はいい料金だと思っているが、もちろん不当などと思っていない。
だから、サーブコープをずっと利用している。

和田創研はここを所在地とすることにより、実に多くの有力な顧客そして優良な仕事を得てきた。
その観点から、利用料は“投資”と見なせる。
コストパフォーマンスに対する満足度はきわめて高い。

ただし、例えば、ここの応接室(VIPルーム)。
和田創研が「丸の内経営サロン」の講演・セミナー会場としている。
この部屋を2時間使うと、2人がフレンチやイタリアン、和のコース料理を食べられそうな料金になる。
が、それに見合った価値は十分に認められる。
何より参加者(受講者)が喜んでくれる。

なお、同じビルに「シャングリ・ラホテル東京」が入り、28階の「ザ・ロビーラウンジ」はとても使いやすい。
歓談のようなくつろいだ雰囲気のなかで顧客と重要な商談を進められる。
同じ階にはイタリアンの「ピャチェーレ」、さらに29階には和食の「なだ万」が入り、おいしい料理をいただける。

丸の内トラストタワー本館20階の「サーブコープ」はビジネスに最高の環境だ。
都心型の企業だけでなく、新幹線を利用して上京する地方の顧客が多い企業にもお勧め。
和田創研を訪れる彼らの第一声は「ものすごく助かる」である。

以下に、「ピャチェーレ…シャングリ・ラホテル東京レストラン」と題する2012年4月30日のブログを収める。

                      ◇◆◇

私は職業人生でもっともお世話になった方の一人と久方ぶりの再会を果たした。
和田創研がフロントオフィスを構える丸の内トラストタワー本館を訪ねてくれた。

私は60歳、先方は63歳。
互いにすっかり年を取った。
髪が少なくなり、しかも白髪に変わった・・・。

私が40代半ば頃までの数年間、まとまった仕事を次々といただいた。
先方は無形の知恵に価値を認め、大きな報酬を喜んで払ってくれた。
おかげで家族が食べていくことができた。

私は懐かしさが込みあげてきた。
ささやかな感謝の気持ちを伝えたくて、同じ丸の内トラストタワー本館の「シャングリ・ラホテル東京」にある2つのファーストクラスレストランのうち、イタリアンへ案内した。
28階の「ピャチェーレ」。
田舎者の私は、舌を噛みそうだ。
取り止めのない会話とともに、2時間ほどかけてコース料理をいただいた。
極上の味わいを堪能。
日中なら皇居の眺望も楽しめる。
なお、29階には和食の「なだ万」が入る。

また、28階の「ザ・ロビーラウンジ」はエレガントな空間と上質なサービスが快適である。
日中はティー、夜間はアルコールというイメージが強いが、食べ物のメニューもかなり充実している。
打ち合わせやくつろぎにもってこい。

東京駅周辺で時間を気にせず、隣を気にせず、友人や知人と会話に興じられるスペースは多くない。
たいてい混雑し、ざわついている。
一等地の落ち着いた空間に身を置けることを考えれば、私はレストランもラウンジもリーズナブルな料金だと思う。
場所代でなかろうか・・・。

先方は満面の笑みを残し、いま在籍する会津若松の会社に帰っていった。
私の妻の生まれ故郷。
あっ、言い忘れた。
60歳で退職のつもりが、なかなか辞めさせてもらえない。
仕事の腕が素晴らしいのだ。

一瞬、これが最後の面会になるかもしれないという思いが頭をもたげた。
お世話になりました・・・。

                       ◇

私はGW前半も後半も仕事漬け。
世間は東日本大震災から1年が過ぎ、旅行やレジャーで盛り上がっているようだ。
休暇中に東京駅の近くで食事を楽しむなら、「シャングリ・ラホテル東京」をお勧めする。
公式ウェブサイトで営業時間やメニュー、料金、ドレスコードなどを確かめたうえで、かならず予約してほしい。
家族や友人との交流を心ゆくまでどうぞ!

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

丸の内トラストタワーにオフィス構築

丸の内トラストタワー1私が代表を務める和田創研は本日、オフィスを移転し、連絡先を変更した。
東京駅に隣接する丸の内トラストタワー本館20階(東京都千代田区丸の内1−8−3)。
ご存知かと思うが、「サーブコープ(SERVCORP)」のオフィスサービスを利用した。
この高層ビルは本館とN館が一体となって「丸の内トラストシティ」を形成しており、森トラストの開発。
首都東京の玄関口・一等地に新たなランドマークとして誕生。

丸の内トラストタワー本館27〜37階(11フロア)は、五つ星クラスのラグジュアリーホテル「シャングリ・ラホテル東京」
優雅な空間と最高のホスピタリティが迎えてくれる。
シャングリ・ラホテル東京ここの「ザ・ロビーラウンジ」は使いやすい。
また、日本料理の名店「なだ万」が入る。
今朝、お世話になっている数千名の方々にメールでお知らせしたところ、知人の社長から早速電話をいただいた。
よくシャングリ・ラを利用しているとのこと。
来月、歓談の機会を持つ。

なだ万当然ながら、20階のオフィスからの眺望は素晴らしい。
東京駅に出入りする地上線を見下ろせ、鉄道ファンならずとも飽きない。
サーブコープには受付や秘書サービスが備わる。
中小・零細企業や個人事業者、フリーランスにとり利便性が高い。
さらにゴージャスで快適な環境がありがたい。
ただし、付加価値の高いビジネスでないと、こうしたオフィスサービスを利用するメリットは薄い。
料金は決して安くないので、それを使いこなせるかどうか、こちらの力量が問われる。
1階にはビル(丸の内トラストタワー本館)としての受付があり、セキュリティは万全。
このロビースペースは広大で、多くのソファーが置かれる。
また、本館の隣は「大丸東京店」で、レストランなどそれなりの飲食店が揃う。
クライアントとの面談や食事、接待などに重宝しそう。
もっとも丸の内界隈(大手町を含む)は、ちょっと足を延ばせば高級店に困らない。

                       ◇

私は来年度(2011年4月〜)を睨み、教材販売会社を設立する準備作業を進めている。
従来型の教材。
ネット型の教材。
2社ともジョイントベンチャーであり、経営者や職業人への「教育」を根底とした、広い意味でのコンサルティングビジネスを展開する。
あくまで「営業」を切り口とし、クライアントにおける「経営強化・再建」に貢献する所存だ。
テーマは、企業への「提案営業(ソリューションセールス、コンサルティングセールス)」の啓蒙・普及・定着。
価格提示型から価値提供型への転換を促進し、業績拡大・企業成長を支援する。
私が長らく和田創研で取り組んできた仕事の仕上げ、そして集大成となる。

いずれの会社も、社長はパートナーに委ねる。
私には会社を経営する意欲も能力もない。
本質は職人だ。

                       ◇

丸の内トラストタワー2私はこのたび、丸の内トラストタワー本館のサーブコープに、将来にわたる和田創のフロントオフィスを構築した。
これが正確な言い方だろう。
また、NTTコミュニケーションズのIP電話を選択した。
「050」は場所がどこであろうと変わらない。

実は、名刺が間に合わない。
また、ホームページなどは順次、表記を改めていく。
3月半ば頃に落ち着くか…。

新しい所在地と連絡先は、和田創研のホームページでご確認いただきたい。
NPO法人営業実践大学の事務局も「和田創研内」に移転・変更した。

                       ◇

私は1週間の出張中。
公開セミナーと企業研修が続く。
任に堪えられるか心配。
肉体労働が限界なのだ。

昼過ぎから多くのメールをいただいているようだが、ご返事は来週にずれ込む。
お許しください。

なお、「和田創ブログ」の更新も中断するかもしれない。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ