私は先週、都心のホテル暮らし。
個別経営相談や公開セミナー、講演などが詰まっていた。
慌ただしい朝夕の移動はタクシー。
そこで気づいたのは、クルマが急増していること。

一頃、道路がガラガラだった。
しかし、人々がまた通勤や仕事にクルマを使いはじめた。
ガソリンの店頭価格が50円ほど急落したことが原因だろう。まだまだ下がりそう。

年末に向けて増える時期だが、それにしてもクルマだらけ。
私は久し振りに渋滞に遭遇し、開始時刻に遅刻しないか冷や冷やした。
ただし、トラックは少ないから、不景気でモノが動いていないことは事実である。

昨今、大手のタクシーはナビをつけている。
KMの運転手が渋滞を意味する赤い線が表示されることが多くなったと言っていた。

余談…。
タクシーの運転手によれば、4月から毎月、水揚げがかなり下がるように…。
9月の世界同時金融危機で極端に落ち、そこからさらに毎月悪くなっている。
「どこまで落ち込むのか、まったく見えない…」。
不安を漏らす。

私は思う。
企業が非常事態予算に移行し、接待費と交通費をゼロにする4月からが不況の本番でなかろうか。
名古屋では親会社への接待を禁止する社長通達が出たという噂を耳にした。
夜の巷ではチケット客が見事に消える。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!