コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

キム・ヨナ現役続行

浅田真央、もっともっとよくなる…現役続行

ソチオリンピックが始まった。
国民の関心は、今シーズンでの現役引退を示唆した浅田真央が金メダルを獲れるかどうかに向かっている。

さて、私は、日本選手団団長の橋本聖子が浅田真央はやめないと語ったという情報を目にした。
とてもうれしい。
信憑性は相当に高い。
浅田真央は来年度の予定を何も入れていないらしい。

橋本聖子は、冬季4回、夏季3回の計7回出場した五輪の申し子である。
彼女によれば、浅田真央の全盛期はこれからやってくる。
私もまったく同感である。
心からそう思う。

「真央はいまやっと自分のスタイルというものができて、ほんとうの楽しさを感じているように見えます」。
「そんな楽しいものを手放して真央が今季限りで引退することはないと思っています」。

浅田真央はフィギュアスケートの天才と称された。
彼女が生来の資質を備えているというのは、私も異論がない。
しかし、それは少女ジャンパーとしてである。
高難度ジャンプを軽々と回り、目覚ましい成績を残した。
その分、20歳前後から女性スケーターへの転身で苦しんだ。

浅田真央は当初からきれいだった。
無垢の天使みたいな美しさが際立っていた。
ここ1〜2年は大人の女性としての美しさが増してきた。
私はどんどんきれいになっていくと考える。

浅田真央は、内面の成熟が演技に表れはじめた。
特筆すべきは、表情と体全体を用いた柔らかな「表現力」が身についたことだ。
これまでは恵まれた四肢を使いこなせず、持て余している印象がどこかに残っていた。
棒っ切れといった否定的な評価が聞こえなくなった。

浅田真央は来シーズンに完全休養を取り、痛んだ心身をいたわったらよい。
フィギュアスケートへの純粋な情熱も取り戻せるはずだ。
私は、浅田真央はこの先、演技の魅力を磨きあげていけると確信している。

人はたいてい自ら限界をつくってしまう。
私が教育指導に当たる「提案営業研修」は、営業方法を教えるというより、全員が限界に挑戦し、限界を突破するために行っている。
私はスキージャンプ男子の葛西紀明、41歳を尊敬している。
また、プロ野球・中日ドラゴンズの山本昌(本名は山本昌広)、48歳を尊敬している。
二人は壁を乗り越え、いまもトップクラスに君臨している。

浅田真央は限界にぶつかったというより、発展途上に位置する。
もっともっとよくなる。
これで現役引退はない。

むろん、韓国の金妍児(キム・ヨナ)はやめない。
彼女が現役続行により手にする収入は想像を絶する数字である。

そうなると、浅田真央と金妍児は2018年平昌冬季五輪(オリンピック)で3度目の対決を果たすことになる。

なお、浅田真央は団体戦の女子ショートプログラム(SP)に出場する。
現地での練習では、今シーズン一度も決めていないトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を幾度か成功させた。
大舞台で感覚が研ぎ澄まされてきたのだろう。

◆書き加え1(2月9日)

フィギュアスケート団体戦に間もなく浅田真央が登場する。
日本チームはアイスダンスのショートダンスが終わったところで、10カ国中6位である。
5位以内がフリーに進める条件なので、私はちょっとはらはらしている。
女子ショートプログラム(SP)の浅田真央の演技に祈るような気持ち・・・。

また、ロシアの新星、ユリア・リプニツカヤが女子シングルでどのくらいやれるかもおおよそ占える。

◆書き加え2(2月9日)

ロシアは、3種目が終わったところでフリー進出が決まっていた。
ユリア・リプニツカヤはプレッシャーがほとんどなかった。
とはいえ、地元ということもあり、女子シングルへ向けた勢いを感じる。
若手は直前、そして大会中に伸びる可能性がある。
この新星は金メダル争いに食い込んでくるか。

浅田真央は、日本チームの順位が厳しかったので、演技を楽しむ余裕はなかっただろう。
表情も硬かった。
リプニツカヤの演技の直後で会場がざわついており、とてもやりにくかったと思う。

私は、浅田真央が今シーズン一度もトリプルアクセルを決められないという事実が引っかかる。
まったくの失敗。
1位のリプニツカヤ、2位のイタリアのカロリーナ・コストナーの得点を大きく下回り、女子シングルへ向けて不安を残した。

日本チームは4位でフリー進出を決めた。
おめでとう。

                ◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年2月7日「浅田真央はキム・ヨナの敵でない」こちら。

⇒2014年2月5日「浅田真央か羽生結弦か…ソチ金メダル予想」こちら。

⇒2014年2月1日「浅田真央への厳しい予想…ソチ女子フィギュア」はこちら。

⇒2014年1月21日「浅田真央の得点…ソチフィギュア女子シングル」はこちら。

⇒2014年1月14日「浅田真央に絶対に負けない…和田創」はこちら。

⇒2014年1月6日「浅田真央とキム・ヨナの一騎打ち…ソチ五輪」はこちら。

⇒2013年12月26日「浅田真央、エキシビションの美しさ…全日本選手権」はこちら。

⇒2013年12月21日「浅田真央はゆうゆう1位、関心は合計得点!」はこちら。

⇒2013年12月16日「浅田真央や高橋大輔の頑張り…ソチ代表入り」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

安藤美姫、平昌五輪でキム・ヨナと戦え!

19日のブログ「安藤美姫、全日本選手権3位以内への課題」、21日のブログ「安藤美姫は平昌オリンピックを狙える!」に続いて・・・。

⇒2013年10月19日「安藤美姫、全日本選手権3位以内への課題」はこちら。

⇒2013年10月21日「安藤美姫は平昌オリンピックを狙える!」はこちら。

安藤美姫はフィギュアスケート選手として、素晴らしい才能に恵まれた。
長期休養前のシーズン、その才能がまさに開花し、円熟の演技で圧倒的な戦績を残した。

⇒2013年7月12日「安藤美姫演技…優しく豊かな情感で包み込む」はこちら。

さらに、安藤美姫は出産をきっかけに「滑りたい」という欲求に気づかされた。
滑れるときには現役を続けるかどうかで悩んでいたが、滑れなくなりそうだと思ったら迷いが吹っ切れた。
人は、自分の本心がなかなかつかめないものだ。
彼女は、心の底からフィギュアスケートへの思いと情熱が沸き立っているのでないか。

私は、安藤美姫に2018年平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)に出てほしい。
彼女ならやり遂げられるかもしれない。

韓国のスーパースター(ヒロイン)、キム・ヨナ(金妍児)はおそらく母国開催の平昌五輪まで現役続行に踏み切る。
人気面や経済面のメリットは計り知れず、私は今シーズン限りの現役引退はないと踏んでいる。
むろん、推測にすぎない。

キム・ヨナは金メダルを獲らなくても、平昌五輪に出るだけで巨額を手にするはずだ。
そもそも韓国の国民とスケート連盟が現役引退を許すということがありえようか。

私は、安藤美姫とキム・ヨナが2018年に戦うのがおおいに楽しみ・・・。

◆書き加え1(10月16日)

安藤美姫は強化指定選手が見送られた。
関東選手権で147.30点に留まり、昨年の全日本選手権で10位相当だった。
この結果を受け、日本スケート連盟が強化指定のレベルに達していないという判断を下した。
11月の東日本選手権の結果次第で再度、検討を行う。

                      ◇◆◇

安藤美姫に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年10月21日「安藤美姫は平昌オリンピックを狙える!」はこちら。

⇒2013年10月19日「安藤美姫、全日本選手権3位以内への課題」はこちら。

⇒2013年10月6日「フィギュア日本女子代表選考レースは混戦」はこちら。

⇒2013年9月28日「安藤美姫、SPマイウェイとFS火の鳥でソチへ」はこちら。

⇒2013年8月18日「華原朋美と安藤美姫…行方不明の噂」はこちら。

⇒2013年7月21日「安藤美姫、人はつまずくために人生を歩む」はこちら。

⇒2013年7月12日「安藤美姫演技…優しく豊かな情感で包み込む」はこちら。

⇒2013年7月7日「安藤美姫、出産・子育て・未婚でソチ表彰台へ」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

キム・ヨナ、2018年平昌冬季五輪まで現役続行

世界フィギュアスケート選手権2013。
復帰したばかりの韓国のキム・ヨナ(金妍児)が圧勝を収めた。
大会前に語ったとおり、自国に2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)の代表枠3を余裕でもたらした。
彼女は記者会見で、後輩の選手に出場の機会を与えられたことを喜んだ。

私がもっとも衝撃を受けたのは、キム・ヨナの演技から「必死さ」が伝わってこなかったことだ。
彼女は大舞台で勝負に挑むという悲壮感を漂わせることはなかった。

大会後、キム・ヨナは「ジャンプが楽になった」と語った。
実際、ショートプログラム(SP)でもフリーでも高難度ジャンプをすいすいこなしていた。
コンディションが万全なら、もっと高得点を出せそうだ。

・・・私はふと思った。
キム・ヨナはソチオリンピックでの現役引退を明言している。
しかし、その次は母国開催である。
2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪(オリンピック)。
招致活動に駆り出され、だれよりも力を入れていたのがキム・ヨナだった。

私は、世界フィギュア2013でのキム・ヨナの滑りを見て、数年くらいは力が衰えないと思った。
また、自国のファンが黙っていないだろう。

私は、キム・ヨナはソチオリンピック後、平昌(ピョンチャン)オリンピックまで現役続行を表明すると読む。
彼女にとり経済面でのプラスが非常に大きい。
自国そしてフィギュアスケート界における「キム・ヨナ伝説」も揺るぎないものとなる。

そもそもオリンピックで勝てるとの手応えをつかめれば、やめるアスリートなどいないはずだ。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

キム・ヨナ、気になる去就に決着か

キム・ヨナが韓国で凱旋のアイスショーを開いた。
熱烈なファンが詰めかけ、プラチナチケットに…。

バンクーバー冬季五輪で金メダルを取った自信か、本人は至ってリラックスムード。
しかも、競技でなく演技なので、美しさがさらに際立つ。
キム・ヨナのスケーティングは「魅了」という言葉がぴったり。

私はテレビのスポーツ番組でちらっと見たが、ポップスからクラシックまで、またどのような曲調であっても、完璧にこなせる実力が備わった。
若さがあふれながら、そこに円熟味も加わりつつある。
ゆえに、少女から大人まで演じ切れる。
体力さえ持てば、一人でアイスショーが成り立つのでないかと思ったほど…。

恐るべし、キム・ヨナ!

                       ◇

ところで、キム・ヨナについてもっとも気になるのは、その去就。
現役続行か、プロ転向か…。
地元ではマスコミが5分5分と報道するなど、見方が分かれる。
本人も明言を避けた。
所属事務所では、5月以降に発表するとしている。
ということは、心は決まっているのか

が、仮に選手生活を引退したとしても、2014年ソチ冬季五輪に復帰するかもしれない。
同オリンピックでの金メダルを誓う浅田真央にとり、キム・ヨナが最大のライバルとなる可能性が消えるわけでない。

余談。
キム・ヨナはアマチュアでありながら、押しも押されもせぬスターだ。
昨年は8億円弱を稼いだ?
私は、プロになったほうが収入は増えると思っていたが、あちらでは一概にそうと言えないらしい。
収入の基盤は、国を挙げての“人気”。
それを保つうえで現役を続行するのとプロへ転向するのとどちらが有利かという判断もキム・ヨナの進路に影響を与えるのだろうか。

                      ◇◆◇

以下に、「キム・ヨナ、圧巻のエキシビション!」と題する2010年4月1日のブログを収める。

4月1日午前3時を挟んだ時間帯、フジテレビでイタリア・ミラノ世界選手権フィギュアスケートのエキシビションを放送していた。
私は眠い目をこすりながら結局、最後まで見てしまった。
あした体力が持つか心配・・・。

試合とは異なり、皆のびのび滑っている。
何よりも心の底から演技を楽しんでいる。
インタビューでは、浅田真央はいくらか緊張し、トリを取った高橋大輔はおおいに緊張したと語っていたが…。

私は思い出した。
浅田真央も高橋大輔も一番大事な今シーズンは“どん底”からスタートした。
大きなケガ、かつてない不調。
国民の期待の大きさを分かっているだけに、恐怖心さえ抱いたのでは…。
が、オリンピックも世界選手権も持てる力を出し切った。
厳しい試練を乗り越え、両大会で素晴らしい成績を残した二人は、立派の一言に尽きる。

先輩たちが長い歳月をかけて土台を築いたとはいえ、荒川静香に続いて浅田真央と高橋大輔は「フィギュア王国」を揺るぎないものとした。
日本の誇りだ。

                       ◇

私は日本選手を応援している。
が、このエキシビションは勝敗と無関係なので、純粋に楽しむことができた。

そこで感じたのは、キム・ヨナの突出したスケーティング。
本調子でなく、ジャンプを回避したりしたが、それでも別格。
身のこなしはしなやか、動きはなめらか、そして表現は繊細。
頭のてっぺんから手足の指先まで、全身に“美の女神”が宿るかのよう。
私はただただ溜め息…。
イナバウアーは荒川静香に及ばず、ご愛嬌。

キム・ヨナは「氷上で舞う」という形容がぴったりだ。
観衆を引き付けてやまない。
実際、彼女が演技を始めた瞬間、会場の空気が一変した。
圧倒的な存在感。
ホント、凄い。

私はフィギュアスケートの採点システムにうとい。
にもかかわらず、私が好きな浅田真央と相当な差があるという印象を持った。
日本だけでなく、二人のライバルに対する採点に疑問を呈する声が上がっているのは知っているが…。
また、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に対する評価が低すぎると考えているが…。

キム・ヨナはプロへ転向しないという噂を耳にした。
どうなのだろう?
現時点のキム・ヨナを超えるのは至難でなかろうか。
それほど群を抜く。
この先、円熟味が加わりそう。

ふと思った。
キム・ヨナは荒川静香に学んだのでは、と。

驕ることがなければ、フィギュアスケート史上に名を残す。

◆書き加え
私は午前3時頃、キム・ヨナの演技に圧倒された。
思わず見入ってしまった。

いま夕刻。
寝不足で頭がぼーっとしている。
エキシビションの興奮がいくらか冷めてきた。

私はフィギュアスケート、なかでも女子をどうしても「アート」の観点から見てしまう。
平たく“美しさ”と言い換えてもよい。

しかし、フィギュアスケートは第一に「競技」だった。
この尺度からすれば、少し時間を要するが、私が応援する浅田真央にキム・ヨナを超える可能性は十分にあると思い直した。

ただし、そのためにはバンクーバー冬季五輪での敗因を分析することが先決だ。
フリープログラムの選曲ミスとか直接指導の不足とか、タチアナ・タラソワコーチの問題で片づけられない。
練習の環境や指導の体制など、大きな要因がいくつか絡み合っているのでは…。

                      ◇◆◇

⇒2010年4月1日「キム・ヨナ、圧巻のエキシビション!」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ