コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

グレイシー・ゴールド摂食障害

ゴールドもメドベージェワも成長期と減量の困難に沈む

フィギュアスケートの現実は過酷
女子は成長期の壁、減量の苦しみ

優雅な印象と異なり、フィギュアスケートの現実はとても過酷です。
世界のトップクラスで戦う選手はけがや病気が絶えません。
なかでも女子は得点源となる高難度ジャンプを跳ぶために「減量」が必須となります。
「食欲」という自然な欲求に強いブレーキをかけて「摂食障害」に陥り、それが悪化して「うつ病」を発症する選手が出てきます。

実際、十代半ばの選手(日本では中学2年生から高校1年生まで)が高得点を叩き出しやすく、シニアデビュー直後と成長期がおおよそ重なります。
個人差はありますが、女性特有の体形変化と体重増加が起こります。

したがって、オリンピックシーズンにシニア1年目の選手が表彰台(頂点)に立つ可能性があり、その直後から高難度ジャンプを跳べなくなって姿を消すことが珍しくありません。
期待を裏切られるファンもそうですが、一番落ち込むのは当人です。
(私自身はオリンピックの出場資格を1〜2歳遅らせたほうがいいと考えます。)

絶対女王とされたロシアのエフゲニア・メドベージェワはオリンピックシーズンにシニア2年目を迎え、1年目の後輩、アリーナ・ザギトワに2018年平昌五輪の金メダルをさらわれました。
そのアリーナ・ザギトワが2年目を迎え、1年目の紀平梨花に地位を脅かされました。

ロシアの2選手は成長期と減量の困難に直面し、ジャンプが崩壊したのです。
年齢が上がり演技構成点(PCS)が下がることはありませんが、技術要素点(TES)ががた落ちになります。
そして、TESが落ちるとPCSも引きずられて下がるという関係です。
主要大会で勝てるわけがありません。

米国のグレイシー・ゴールドも大きな注目を集めた選手でした。
女優並みの容姿を持っています。
ところが、摂食障害やうつ病などに苦しみ、2018年平昌五輪出場は叶えられませんでした。
昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ第5戦「ロシア杯」で復帰しました。
順調な歩みを始めたように見えましたが、2014年、2016年と2度優勝している全米選手権を欠場します。

グレイシー・ゴールドはインスタグラムを更新し、2022年北京五輪出場を目指すと心に決めたことが最良の選択だったと思えるようにしたいと綴っています。

ロシア選手権が行われましたが、世界選手権の代表選手は確定していません。
まもなく開幕する欧州選手権にはアリーナ・ザギトワ、スタニスラワ・コンスタンチノワ、ソフィア・サモドゥロワの3選手が出場します。

補欠1番手、肺炎で欠場したエリザベータ・トゥクタミシェワの出場が濃厚となりました。
さらに、補欠2番手のエフゲニア・メドベージェワの出場の可能性が急浮上しているようです。
欧州選手権での結果次第ですが、世界選手権では2選手が入れ替わるかもしれません。

こうした混乱が生じるのもこの年代の女子選手が不安定だからです。
不確かですが、エフゲニア・メドベージェワは減量に苦しんでいました。
おそらくアリーナ・ザギトワも身長が伸びるとともに体重が増えていました。
ちょっとしたバランスの変化でも高難度ジャンプは跳びにくくなります。

極寒の地で命を守るには脂肪をため込むしかないせいか、ロシア選手はとくに苦しんでいるように思えます。

(1月13日執筆)

category:フィギュアスケートはこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

グレイシー・ゴールドが摂食障害でGPシリーズ欠場へ

男子もそうですが、女子のフィギュアスケーターの戦いは一段と険しい。
アイスリンクの外でも葛藤と戦っているようです。

米国の22歳、グレイシー・ゴールドがグランプリ(GP)シリーズの出場を取りやめます。
摂食障害やうつ病の治療を受けるためだとか。
先のジャパンオープンを欠場しています。

グレイシー・ゴールドは全米選手権で女王に2度輝き、ソチ五輪で4位になりました。
才能はもとより女優に劣らない魅力的な容姿で注目されました。
しかし、2016年世界選手権で4位になって以降、成績が低迷しています。
2016年シーズンはGP2大会と全米選手権でメダルに届かず、深刻なスランプに陥っています。
体重増加とけがなどの影響で困難度の高い3回転ジャンプを跳べなくなりました。
それでは得点を伸ばせません。

平昌五輪の代表選考がかかる来年1月の全米選手権に出場する可能性が残っていますが、相当厳しそうです。

今年9月にはロシアの19歳、ユリア・リプニツカヤが拒食症を理由に電撃引退を発表しました。
わずか15歳で2014年ソチ五輪代表に選ばれ、ロシアの団体戦金メダルに貢献しました。
しかし、2014年シーズン以降、体重増加とけがなどの影響で不調が続き、ロシア選手権でメダルに届きませんでした。
とりわけロシア女子シングルは十代半ばの有力選手が次々と登場し、世代交代がとても激しい。

フィギュアスケートや体操の選手はまま拒食症に悩まされます。
日本では鈴木明子が同じ病で苦しむ人の力になるならと、治療を受けたことを公表しています。
体重管理のための食事制限の徹底が拒食に変わっていったそうです。
鈴木明子はそれを克服し、長い現役生活を送りました。
私には引退前がもっとも輝いていたように映りました。

しかしながら、摂食障害は精神疾患も絡みやすく、治療は容易でありません。
グレイシー・ゴールドのまばゆい輝きを再び見ることはできるのでしょうか。

◆書き加え(11月18日)

グレイシー・ゴールドが年明けに行われる全米フィギュアスケート選手権を欠場することになりました。
代表選考会を兼ねていますので平昌五輪への出場はなくなりました。
気の毒です。

グレイシー・ゴールドは氷上の色香として、私の記憶のなかに鮮やかに残っています。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ