コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

ソフトウェアロボット

第7回ロボットビジネス勉強会&交流会ご案内

RPAロボット事例&デモ
第7回ロボットビジネス勉強会&交流会

「ロボットビジネス勉強会」の第7回(通算9回)を開催する運びとなりました。
(このところは参加者が増え、JR東京駅そばの会場で行っています。)

当日取りあげるのは、社員が行っているオフィス業務を大幅に減らすRPAロボットです。
人手不足と人件費高騰、そしてワーク・ライフ・バランス重視を背景とし、劇的な削減効果に注目が集まっています。
しかも、RPAロボットは中小企業でも導入できる水準まで価格(利用料金)が下がりました。
経営環境が厳しさを増しており、急速に普及していくと思われます。

今回はRPAを導入した実体験を基にRPA活用のコツをリアルにご紹介します。

第7回ロボットビジネス勉強会
働き方改革に必須のソフトウェアロボット

日 程◇2018年5月30日(水)
時 間◇午後6時30分〜8時30分
内 容◇社員の時間と仕事のゆとりを生み出す
    RPAロボット事例&デモ
    業種・業務を問わず効率化と品質向上が可能
ゲスト◇CTCシステムマネジメント株式会社 塩見 直行 氏
特 色◇営業活動(商談)を再現
    貴社の新事業のイメージが超リアルにつかめます。
    文系でも十分に営業活動が可能な商材に絞っています。
会 場◇東京・銀座(後日連絡)
    ※JR東京駅近くになる場合あり。
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第7回ロボットビジネス勉強会 〜RPAロボット事例&デモ」

ロボットビジネス勉強会は任意団体であり、株式会社和田創研および日本ロボコム株式会社の営利事業でありません。
皆さまのご判断のもと、希望者は後日メーカーと直接やり取りを行ってください。

以上。
ロボットビジネス勉強会では、皆さまの新商品や新事業としてすぐに取り扱える商材を中心にご紹介しています。
どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

日本ロボコムはサービスロボット製造商社

ヒューマノイド&RPAロボット
NIHON ROBOCOM

日本ロボコムのビジネスは大きく2つに分けられます。

第1は、社名の「ロボコム(ROBOCOM)」が示すとおりです。
「ロボットコミュニケーション(Robot Communication)」に由来します。
おもにヒューマノイドと呼ばれる「人型ロボット」を製造・販売します。
既成ロボットの販売はもとより汎用ロボットのカスタマイズ、さらにオリジナルロボットの製作を行います。

第2は、「人にやさしい自動化と省人化」のキャッチフレーズが示すとおりです。
おもにRPAなどオフィス業務の効率化を支援するソフトウェアロボットを取り扱います。
(このRPAロボットに関してはホームページの該当ページを制作中です。)

日本ロボコム株式会社

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

RPA初心者勉強会|業務効率化・自動化基礎講座

どうかお気軽にご参加ください

「第5回ロボットビジネス勉強会」をJR東京駅近くで開催します。
昨年8月のスタートアップセミナー、9月のキックオフセミナーを含めると、すでに7回の実績があります。
(月例会方式の開催です。)

初心者向けRPA大勉強会開催

今回は「RPA大勉強会《基礎編》」(全3回シリーズ第1回)となります。
オフィス業務の効率化や自動化による「働き方改革(ワーク・ライフ・バランスなど)」を推し進めるうえで具体的なヒントが得られます。
あくまでもスーパー初心者向けにシンプルかつ明快な説明を心がけます。
(文系・ローテク・アナログの方々でも腑に落ちる内容です。)

どこから着手すべきかが分かる

「AIやクラウドサービス、ソフトウェアロボットを活用して省力化や省人化による大幅なコストダウン(人件費削減)を図りたい」。
でも、どこから着手していいか分からないという社長や幹部の方々にも有益です。
なにとぞ奮ってご参加ください。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第5回ロボットビジネス勉強会 〜RPA大勉強会《基本編》」
(かならず、パンフレットにお目通しください。)

お申し込みはお早めに。
(満席の節はご容赦ください。)

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

RPAを学ぼう|第5回ロボットビジネス勉強会

第5回ロボットビジネス勉強会&交流会

「ロボットビジネス勉強会」の第5回を開催する運びとなりました。
当日取りあげるのは、市場縮小や景気後退、競争激化など、経営を巡る環境悪化が予想される2020年代へ向けて普及が急速に進む「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション」です。
人手確保も厳しさを増しており、「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」を採用しないと生き残れない時代です。

「RPA大勉強会」は、スーパー初心者にも分かりやすいように、基本編、実践編、活用編の3回に分けて順次開催します。
RPAをビジネス(商材)として取り扱うヒントが得られます。
さらに、RPAを自社(職場)に導入するヒントも得られます。

第5回ロボットビジネス勉強会
効率化・自動化ツールの注目商材

日 程◇2018年3月28日(水)
時 間◇午後6時30分〜8時30分
内 容◇ソフトウェアロボットにオフィス業務を代替させよう
    RPA大勉強会《基本編》
    省力化・省人化、大幅な人件費削減が可能
講 師◇日本ロボコム株式会社代表 本郷理一 和田創
会 場◇東京・銀座(後日連絡)
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第5回ロボットビジネス勉強会 〜RPA大勉強会《基本編》」

月刊ロボットビジネスVol.5』2018年3月号

以上。
どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ