コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

タカクラホテル福岡

宿泊客満足度…タカクラホテル福岡

私は先だって、福岡でもっともお気に入りの「タカクラホテル福岡」に滞在しました。
かつて石原裕次郎が愛した隠れ家です。
立地は繁華街からちょっと外れており、建物はこじんまりしています。
館内はとても落ち着き、室内は至って快適です。
利用案内の冒頭に、「ご自宅のようにごゆっくりと」「私どもはプチホテルならではの家庭的なあたたかいおもてなしを心がけております。」と記されています。

しかし、福岡の発展と社会の変化につれ、有名ホテルが相次いで進出してきました。
老舗の「タカクラホテル福岡」とて、厳しさを増す生き残り競争のなかで安閑としていられません。
おもに客室稼働率と宿泊料の低下により、ほとんどのホテルはサービスや食事の質を落とさざるをえません。
JTBなどの調査によれば、「タカクラホテル福岡」は宿泊客満足度で高水準を維持しています。
どうか頑張ってください。

私は「提案営業研修」の合宿で同ホテルを利用しました。
時間が朝から深夜に及ぶので講師も受講者も地獄ですが、「タカクラホテル福岡」の心地よい環境ならそれほど苦になりません。
これが仕事でなければ申し分ないのですが・・・。

私は、京都より西に行ったことがないという会津若松生まれの妻を、一度は福岡に連れてきたいと考えています。
そのときには「タカクラホテル福岡」に泊まります。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

質問話法と提案書…営業セミナー

私は営業分野の経営コンサルタントとして長年、企業での仕事が大半だった。
が、加齢による衰えで、公開の講演とセミナーに仕事をシフトさせている。
こちらは楽ができるわけでない。

それでもクライアントでの仕事は営業の数字の立て直しになるため、非常に厳しい再教育を行う。
平たく言えば、叱りっ放し。
体力の消耗がひどい。

今月は最近では珍しく、公開の講演とセミナーだけで11本にのぼる。
目の回る忙しさだ。
私は福岡でもっとも好きな「タカクラホテル福岡」に5日間、お世話になっている。
館内そして室内の環境はきわめて快適。
それと、食事がおいしい。
この間、合宿も含まれるので、体力の限界との戦いである。

⇒2010年8月19日「石原裕次郎が愛した隠れ家…タカクラホテル」はこちら。

                       ◇

きょうは公開の営業セミナーを2本行う。
といっても、それぞれ3時間なので、講演に近い。
午前が「質問話法」、午後が「提案書」。
インプットとアウトプットの関係である。

私が長年指導に携わってきた「提案営業」は、情報収集による顧客理解を大切にし、それを踏まえて提案による顧客貢献を行う。
課題解決に役立つわけだ。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業精鋭道場の地獄と歓喜…本気の営業エリート・リーダー育成

きのうのブログ「日本最長14日間マラソン&ダイエット営業セミナー参加」に続いて・・・。

⇒2012年4月11日「日本最長14日間マラソン&ダイエット営業セミナー参加」はこちら。

IMG_3092この分野で日本一と自負する「提案営業実践コース」が5月にスタートする。
中京地区や関東地区からも受講者が集まる、人気絶大の営業セミナーである。
2日間×7カ月=14日間。
主催は財団法人九州生産性本部。
抜群の受講評価に支えられ、9年目を迎えた。

⇒2010年11月16日「どうしてもお礼を伝えたい…地獄の提案営業研修」はこちら。

1日の営業セミナーでさえ集客が採算ラインに届かず、しばしば中止に追い込まれる昨今、「奇跡」に近い。
公開スタイルの営業セミナーとしては、おそらく日本最長である。
本コースの前後(開講式・修了式)を含めると、17日間に及ぶ。
いわば「営業精鋭道場」。

⇒2011年3月23日「受講生の胴上げが始まった…提案営業コース」はこちら。

私が本気で営業エリート、営業リーダーを育成するので、地獄と歓喜(胴上げ)が交錯する。
毎年、受講者の泣き笑いが見られる。

というわけで、私は福岡(博多)へしばしば足を運んできた。
日本資本の主要ホテルはほとんど利用した。
これまで天神界隈での定宿は「西鉄グランドホテル」だった。
当地の名門である。

⇒2009年10月13日「西鉄グランドホテル、綾小路きみまろ」はこちら。

私が宿泊したホテルはいずれも快適であり、満足が得られた。
なかでも一番のお気に入りは「タカクラホテル福岡」である。
戦後のスーパースター・石原裕次郎が福岡滞在時に隠れ家としたことで有名だ。
心にしっくりし、気持ちがとても落ち着く。
JTB宿泊満足度アンケートで、福岡地区約百ホテル中第1位でなかろうか・・・。

⇒2010年8月19日「石原裕次郎が愛した隠れ家…タカクラホテル」はこちら。

このたび九州生産性本部が移転するにともない、定宿が変わることになった。
新住所の道路を挟んで真ん前の「ホテルニューオータニ博多」。
そして、新住所からすぐの「タカクラホテル福岡」。
こちらはうれしい。

「ホテルニューオータニ博多」には、5月に4日間、6月に5日間、8月に4日間お世話になる。
「タカクラホテル福岡」には、7月に5日間、10月に4日間、11月に4日間お世話になる。
ちなみに、9月は夜間のワークショップを含む合宿セミナーであり、その会場と同一の「西鉄イン福岡」に4日間お世話になる。

このほかに企業研修・指導を行うので、福岡での滞在日数は非常に多い。
私は仕事の大半が東京それも都心であり、そのほかは福岡といってもいいくらいだ。
当地は食べ物もおいしいぞ!

                      ◇◆◇

九州生産性本部、福岡県中小企業家同友会の営業講演、提案営業セミナーに関するブログは以下のとおり。

⇒2010年11月15日「松下奈男&向井理子…提案営業太鼓判&認定証」はこちら。

⇒2010年11月16日「どうしてもお礼を伝えたい…地獄の提案営業研修」はこちら。

⇒2010年12月9日「提案営業…MBA学生、セミナー受講者の絶賛」はこちら。

⇒2011年3月3日「提案営業研修に目から鱗…福岡県中小企業家同友会」はこちら。

⇒2011年3月3日「物流業界・物流会社の提案営業研修…業績テコ入れ」はこちら。

⇒2011年3月7日「提案営業勉強会の衝撃…中小企業家同友会仲間」はこちら。

                      ◇◆◇

営業強化・再建、営業教育・指導に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年3月2日「提案営業セミナーの気づき、人気と評価」はこちら。

⇒2011年2月15日「社内に波風を立てる…外部講師の意義と役割」はこちら。

⇒2011年2月14日「社員教育の機会均等は負け組企業への道」はこちら。

⇒2011年2月10日「営業講師・経営講師の使命と価値、実力と評価」はこちら。

⇒2011年2月9日「全員最高評価の営業セミナーアンケート」はこちら。

⇒2011年2月8日「SMBC提案営業セミナー、毎回感動、30回開催」はこちら。

⇒2011年2月7日「部品メーカー、下請け・孫請け社長の受注活動」はこちら。

⇒2011年1月26日「大田区町工場を救え…社長の受注強化セミナー」はこちら。

⇒2011年1月25日「名古屋地場製造業が苦しい…社長セミナー」はこちら。

⇒2011年1月24日「新規開拓を活発にする…SMBC実践営業塾」はこちら。

⇒2011年1月22日「ぎっくり腰講師…営業再建・社長向け講演」はこちら。

⇒2010年11月16日「どうしてもお礼を伝えたい…地獄の提案営業研修」はこちら。

⇒2010年10月28日「仕事がない…何と愚かな言葉だろう」はこちら。

⇒2009年11月4日「社長の悲鳴…中小製造業・零細町工場」はこちら。

⇒2008年12月4日「トヨタ系部品メーカーの悲鳴」はこちら。

⇒2008年11月27日「トヨタに命を預ける…太っ腹経営者」はこちら。

⇒2008年10月27日「やはり名古屋はトヨタ頼み」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

博多通りもん、福岡土産一番人気の秘密

通りもん1このブログで「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」と題して、「博多通りもん」と「博多じまん」という和洋折衷の銘菓を取りあげた。
いずれも福岡市の株式会社明月堂が製造している。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

私は先ごろ福岡で提案営業研修を行った。
通りもん2
地場企業の社長の熱意にほだされたのだ。
3泊4日の出張の帰路、新幹線博多駅構内の例の売店(「おみやげ街道博多」と判明)で「博多通りもん」と「博多じまん」を買い求めた。
妻と子どものリクエストに応えた。
実は、私もくたくたに疲れていて甘味が欲しかった。

それぞれ6個入りと決めていた。
通りもん3当日、「博多じまん」は10個入りしか置かれていなかった。
売り切れ?
私は原則としてこちらしか食べないので、むしろ好都合。
両方とも洗練されたおいしさが特徴だが、あえて言えば上品な「博多通りもん」に対して俗っぽい「博多じまん」。
通りもん4今回は写真に収めてみた。

「博多通りもん」は福岡土産のなかでも人気ナンバーワンの銘菓である。
その秘密に関しては先のブログで詳しく述べた。

                       ◇

博多じまん1私は職業講師として日本各地を訪れたが、東京を除いて圧倒的に多いのが福岡市である。
大阪や名古屋、広島と比較にならない回数、そして日数である。
私はヒコーキに乗らないので、東海道新幹線と山陽新幹線の「のぞみ」をかならず利用しており、どうも「福岡」という呼称がしっくりしない。
福岡空港を利用している人は、おそらく「博多」という呼称がしっくりしないのでないか。

博多じまん2三大祭(祭り)が「博多どんたく港まつり」「博多祇園山笠」「筥崎宮(箱崎宮)放生会」。
観光の面でも「博多」。
また、繁華街も福岡中洲というより博多中洲のほうがピンとくる。
一度クラブで遊んでみたいと思っているうちに還暦を迎える。
余談ながら博多に限らず、講演や公開セミナー、企業研修の前夜に飲んだことが一度もない。
博多じまん3ひたすら体調の維持と体力の温存に努めてきた。

福岡県福岡市は、生まれ故郷の新潟県直江津市(現上越市)を別にし、一番好きな地方都市である。
私は新幹線新横浜駅でのぞみに乗り込む際、ふるさとに戻る気分になる。
今年も合計1カ月間は滞在しそう。

やはり余談。
博多じまん4博多は、歌手のほか多くの芸能人やタレントを輩出している。
自由の風が吹き、遊びの土壌が培われている。
私が好きな「青春の影」の財津和夫。
彼は勝負をかけて博多から上京した。
そして、ついに「心の旅」のヒットを飛ばした。
この楽曲はそのときの心情と決意を歌った?

⇒2010年12月30日「チューリップ・青春の影…財津和夫の苦悩と葛藤」はこちら。

                      ◇◆◇

福岡・博多に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年2月18日「博多じまん、人気の福岡土産のうまさ…明月堂」はこちら。

⇒2010年8月19日「石原裕次郎が愛した隠れ家…タカクラホテル」はこちら。

⇒2010年5月26日「チャリンコホステス大増殖…博多中洲」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革講演、提案営業講習…受講者メール

先週火曜日に続き、営業変革セミナーや提案営業セミナーの受講者の声(メール)を紹介しよう。
私が表現を若干整えている。

                       ◇

先日はセミナーに参加させていただき、まことにありがとうございました。
私自身、共感できる言葉が多くありました。
また、論理的な思考、そして先生の経験に基づいた自信あふれるパワフルな講義、大変勉強になりました。
今後は研修で学んだこと、感じたことを職場はもちろんプライベートでもおおいに生かしていきたいと思います。
また、『月刊トップセミナー』のご案内、ありがとうございます。
早速、職場で勉強させていただきます。

⇒和田創:私が指導する提案営業は、営業はもとより仕事、そして経営、さらに人生全般に応用が可能です。
貪欲に生かしてください。

                       ◇

先日はまことにありがとうございました。
内容はもちろん「提案営業」でしたが、和田様の講演を通して自分自身のビジョンや将来像、ビジネスマンとしてのあり方などを再考するきっかけとなりました。
どんなに感謝しても、しきれないほどであります。

さて、一点お願いがございます。
弊社では、先生より送られた研修映像を営業時間中に拝見することが難しいため、『月刊トップセミナー』の配信先を変更していただきたく存じます。

⇒和田創:営業の仕事を楽しみ、そして職業人生で豊かさ、さらに幸せをつかんでください。

                       ◇

名古屋(三菱UFJ)にてセミナーを受講させていただきました。
熱く、深く、的確な講演をありがとうございました。
内容について納得できる点が多々ありました。
同時に、なぜ私には「スカウト」が入らないのかと考えもしました。
後半になるにしたがい、営業として経験も浅く、やるべきことがたくさんあると気づきました。
…スカウトは結果にすぎない。
営業としての姿勢を磨き、能力を高めていくしかない。
最後はものすごくスッキリした気分で帰ることができました。
ほんとうにありがとうございました。

先生に会えたことに感謝します。
また、先生が引退前に講演を聴けたことを幸せに感じます。

すぐに実行に移し、40歳までに30件のスカウトが入るように精進します。
そして、選択肢のある職業人生を楽しもうと思います。

⇒和田創:最強でなく最良の営業を目指してください。
顧客へ提案(ソリューション)を通じて価値(役立ち)を提供します。
が、それ以前に、自分の訪問に貴重な時間を割いてくれる顧客へ何らかの価値を提供しましょう。
トップダウンアプローチ、そして「与える」ことに徹してください。
おのずとスカウトは増えます。

                       ◇

以上。
ありがとうございます。

今年は昨年と打って変わり、夏らしい。
連日の猛暑である。
日本海に面する直江津で盛夏に生まれた私は海そして海水浴は大好きだが、夏が苦手だ。
子どもの頃からバテバテになる。

8月上旬、財団法人九州生産性本部が主催する提案営業セミナーで講師を務めたとき、気温はおそらく40度を超えていた。
気象庁の発表で37度以上だったので…。
会場が快適なタカクラホテル福岡だったので救われたが、それでも外の熱が感じられた。

私は途中で幾度か頭がくらくらした。
熱中症が心配で、水を浴びるほど飲んだ。
セミナーの終わり頃には疲労も溜まり、演台に両手をついて体を支えていた。

余談…。
タカクラホテル福岡は喫煙室と禁煙室が分かれている。
また、この夏から館内の喫煙コーナーが消えた。
エントランスの車寄せの近くへ。
私と参加者はタバコを吸うのも汗だくだった。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

アレルギー性鼻炎でせき込み、疲労困憊

私はひどいことになっている。
しばらくおとなしかった手湿疹が一気に悪化した。
アトピー性の皮膚炎だ。
右手の平がこわばり、表面が割れて血が流れる。
無意識に掻いているようだ。
これまでは効いたメンソレータムの「メディクイック」では症状が治まらない。
また、左手の甲にイボ(?)が出はじめた。

疲労の蓄積と気候の変動で、体の抵抗力が落ちたためでなかろうか。

同じ頃、アレルギー性の鼻炎を発症した。
うすい鼻汁が絶えず出てくる。
それ自体は騒ぐほどでないのだが、この鼻みずがなぜか気管支のほうに流れ込み、せきが止まらない。
ときにくしゃみも止まらない。
肺の負担が大きく、エネルギーの消耗が進む。

私がもっとも参ったのは、眠りにつけないことだ。
うとうとすると、せき込む。
翌日(当日)が丸1日のセミナーだと焦る。
が、すぐに午前3〜5時。

私は、睡眠時間が極端に減り、抵抗力が大幅に落ち、せきがさらに激しくなるという悪循環に1カ月以上苦しんでいる。

40代前半、猛烈なせきから大量の喀血が起こった。
新宿・河田町の東京女子医大(東京女子医科大学病院)に緊急入院。
このときは死を覚悟した。
前妻を亡くした後だったので、残される3人の子どものことで頭が一杯であり、不思議と恐怖心は湧かなかった。
血液が片側の肺に溢れ、それが片側の肺にかなり流れ込んだらしい。
両方の肺が血液に浸かっていたら助からなかったと言われた。
かろうじて命を取り留めた。

いまは一日中せき込む。
気をつけないと、二の舞になりそう…。

私は最近うつ伏せに寝るようにした。
アレルギー性鼻炎とのつきあい方がいくらか分かってきたところだ。
疲労困憊の状態から抜け出せるだろうか。

加齢などにより抵抗力が衰えると、さまざまな病気が現れる。
がんもその一つだ。
ヘビースモーカーの私は、かかるとしたら肺がんか…。

                       ◇

酷暑が続く。
今週はタカクラホテル福岡で泊まり込みの「提案営業研修」を行う。
合宿なので時間が長い。
本来なら昼と夜、それぞれ講師が必要だ。
主催は財団法人九州生産性本部(九州生産性大学)。
3泊4日、何とか無事に乗り切りたい。

◆書き加え1

サザンオールスターズの桑田佳祐(くわた・けいすけ)は私より5歳ほど若い。
それでも50代半ばに差しかかる。

その桑田佳祐に食道がんが見つかった。
幸い、初期。
入院・手術が必要になるが、医師によれば1年後にステージに立てそう。
ファンは胸をなで下ろしているはず。
「死んでも戻ってまいります」とは、いかにも桑田佳祐。

私は何年も人間ドックに入っていない。
やばい・・・。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業講師は疲労かボケか、忘れ物ばかり

私は長期出張が度重なり、この間に短時間の講演のほか、さまざまな打ち合わせや所用が挟まる。
腰痛と背筋痛が高じて背中が鉄板のように硬くなり、吐き気に苦しめられている。
胃が原因でないので、胃薬を飲んでもすっきりしない。
毎日がつらい。

私は12年以上前、自宅と会社を渋谷・松濤から横浜・港北ニュータウンに移した。
渋谷での1〜2年と横浜での6〜7年の8年間、なかでも5年間がピークだった。
提案営業の研修・セミナー講師としてブレークした時期である。
社員もいて、彼らの給料を払わなくてならない。
狂ったように働き、命を落とさなかったことが不思議…。
講師として猛烈な日数、さらに時間をこなした。

当時は年間の大半が出張であり、自宅ではだらしなくベッドに横たわっていた。
そうでなくては次の出張へ向け、体力と気力の回復が図れなかった。
“講師商売”は想像を絶する激務であり、しかもキャンセルが許されない。
ずっと緊張を保ちつづけなくてならず、地獄だった。
しかし、そうした状態でも何とか乗り切った。

私は当時と比べると、はるかに負担が軽くなった。
とくに今年に入ってからは新規顧客に関する企業研修と公開セミナーを断わっており、日数が減った。
それでも老いが進み、体調の維持がきわめて難しくなっている。

先週、くたくたの状態で「タカクラホテル福岡」での合宿セミナーに臨んだ。
客室も会場「カトレア」も落ち着き、三度の食事もおいしい。
素晴らしい環境だ。
主催は財団法人九州生産性本部。
コース名は九州生産性大学「提案営業マネージャー養成コース17日間」。

ところが、私はチョンボ!
しかも、過去に例のない3アイテムを忘れた。
のどスプレー、電動歯ブラシ、スマートフォンACアダプタケーブル。
いずれも講師の私にとり必須である。

私は長い講師経験で喉を潰してしまった。
また、歯と歯茎が弱り、ホテル備え付けの歯ブラシが使いにくい。
さらに、スマートフォンは体の一部であり、重要な仕事の連絡のほか、家族とのやり取りに欠かせない。
2日目に電池が切れ、3日目、4日目は使えなくなった。
イライラが募った。

私は還暦が迫る。
忘れ物は疲労のせいか、ボケのせいか、おそらく両方だろう。
慢性の疲労は取れないにしろ、一時的な疲労は仕事を休めば和らぐ。
深刻なのはボケだ。
両親がアルツハイマーであり、父は私の年齢で症状が出ていた。

私は楽天的な性格もあり、カネに無頓着である。
NPO法人ほか社会貢献活動に大きな時間と費用をつぎ込んできた。
ゆえに、老後の備えはこれから…。
アルツハイマーの進行との闘いになるはずだ。
妻はやきもきしていることだろう。
夫婦で悲惨な晩年を迎えそうで、私は早く大きく稼がなければと気持ちが焦っている。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2010年7月公開講座

のぞみグリーン車はわずか5名

博多駅に「のぞみ」が着いた。
このとき、喫煙グリーン車(10号車)に乗っていたのは、私を含めてわずか5名。
気持ちが悪いほどガラガラ…。
高速道路の料金引き下げはフェリー会社に重大なダメージを与えているが、JRなど鉄道会社にも少なからず影響を及ぼしているのだろうか。

また、タクシー溜まりに空車があふれ、運転手によれば1時間以上待つのは当たり前とのこと。

私は福岡の名門、「タカクラホテル福岡」にチェックイン。
とても心が落ち着く。
大手都市ホテルとは違った温かい雰囲気が気に入っている。
宿泊客満足度も高いようだ。

福岡は空模様がぐずついていた。
タクシーに乗っているとき、雨がパラパラと落ちてきた。
気温も低い。
夏とは思えない。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

タカクラホテル福岡でマッサージ

人気ブログランキング←応援、よろしく!

金曜日の夜、私は合宿研修の疲れが限界を超え、背中に異常な張りが出た。
吐き気が治まらない。
北京オリンピックの開会式を見ようという気さえ起こらない。
そこで、宿泊先のタカクラホテル福岡で1時間のマッサージを受けた。
部屋に来てくれた高齢の女性は腕がよく、力が強い。
「凄いコリですね」と呆れつつ、入念な仕事振り。
1度の指圧で張りが取れるはずもないが、ずいぶんと体がラクになった。

私の年齢だと、やはり朝から深夜まで講師を務めるのはムリがある。

Copyright ©2008 by Sou Wada

タカクラホテル福岡

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私は九州生産性本部が主催する「提案営業マネージャー養成コース」で講師を務めるため、タカクラホテル福岡に泊まっている。
創業40年の名門。

私がここを利用するのは5回目か?
客室が百程の、北イタリアをテーマとしたプチホテルである。
1階にフランス料理、中国料理、日本料理を楽しめるレストランがある。もちろん、それぞれに料理長がいる。
今晩いただいた和食は、自然でさり気なく、しかもおいしかった。
ごちそうさま。

私は福岡のホテルでここが一番好きだ。
なぜだろう、とても落ち着く。
心にしっくりくるとでもいうのだろうか。
JTB宿泊満足度アンケートで、福岡地区 106ホテル中第1位らしい。

あすは「提案書作成」の合宿なので体力的に厳しいが、空調を含めて快適なホテルの環境に救われる。

Copyright ©2008 by Sou Wada
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ