コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

トップの企画力

SMBC無料個別経営相談

私はきのう、麹町のSMBCコンサルティングで無料個別経営相談に応じた。
同社は三井住友銀行グループのシンクタンク。
テーマは営業の抜本見直しによる業績のテコ入れ。
それが終わり夕刻、NPO法人営業実践大学に駆けつけ、「社長スクール」を行った。
演題は「閉塞感を打ち破れ! トップの企画力」

正直なところ、とても疲れた。
とくに経営相談は重い内容なのでくたくた。
午後から頭がしびれ、口が回らなくなった。
どの企業も生き残りに必死である。
社員数百名の中堅・準大手クラスが中心。
私は1社ずつ、悩める経営層の声に耳を傾けた。
1時間の持ち時間で収まらない方も…。
微力を尽くしたつもり。

そしてきょう、SMBCコンサルティングで丸1日の「提案営業セミナー」
大不況を背景に、受講者は目の色が違う。
いま終わったところ。
体がふらつく。
2日連続で同社にお世話になった。
心より感謝したい。

私は都心でのホテル暮らしが続いている。
長らく新聞にも手がついていない。
目が回る忙しさ。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

創造性を語る…記念講演(再録)

NPO法人営業実践大学が月例会方式で催す公開講座がついに 第150回を迎えることになった。
1995年2月の発足以来、足かけ14年、よくぞここまで続けてこられた。
正直なところ、財政面を含め、並大抵の苦労でなかった。
まことに感慨深いものがある。

それもこれも大勢の方々の理解に支えられ、協力に助けられたからこそ。
熱心に公開講座に通ってくださった方、ボランティアで運営を手伝ってくださった会員、やはりボランティアで『月刊営業人』に執筆してくださった方…。
数えあげれば切りがない。
また、自社のセミナールームを長らく会場として無償で提供してくださった株式会社ジェイック
この場を借り、皆さまに心よりお礼申しあげる。

さて、11月11日(火)の午後6時50分より交通の要所、神保町・ジェイックで営業実践大学の公開講座を行う。
今回は「第150回 記念大会」として実施する。

演題は、「小川誠氏、創造性を語る。」
テーマは、「未曾有の環境変化とどう向き合うか?」
ゲストは、はにかみクリエイター・小川誠氏。

小川氏は、私の若き友人であり、きわめて有能なビジネスパートナーである。
実は、和田創研が進めているジョイントベンチャーの相手方、D−SIDEの社長。
氏はこのジョイントベンチャーの社長に就任する。
私より断然、経営能力に勝るので…。
来年4月1日に設立され、短期間でのIPOを目指す。
「はにかみクリエイター」は私のネーミング。
本人は迷惑そう。

小川誠氏は、1977年生まれ。東京大学、東京大学大学院卒業。半導体・情報処理の研究で博士学位を取得。
ITベンチャー企業でIPO関連業務、システム設計・導入、M&A関連業務に従事。
現在、東大在学中に設立したクアドラングル株式会社と、東大大学院生主体の株式会社D−SIDEの代表取締役を兼務。
私が見るところ、四六時中考えつづけている。クリエイティビティを何よりも大切にしている。

氏が行う大学セミナーのあらましを紹介しよう。
                       ◇
フラット化の進展により、地球上の情報が即座に平等に手に入るようになりました。その結果、世界規模で“知的生産”を通じた差別化にスポットライトが当たっています。
企業は他社との熾烈な競争のなかで「付加価値」に活路を見出そうと、創造に関わる取り組みに力を注いでいます。
かたや個人は食い扶持を得るだけの作業では飽き足らず、「働く意味」や「生きる意義」を探し求め、創造に関わる仕事に携わりたいと願っています。
今回は、起業家や経営者などとして活躍するゲストが自らの経験を踏まえ、創造性がもたらす価値とは何か、会社と社員を豊かにする創造性の条件とは何かレクチャーします。
                       ◇
以上。

なお、社長スクールで講演を行う。
演題は、「閉塞感を打ち破れ! トップの企画力」
世界的な金融危機の影響により、多くの企業が厳しい経営を強いられている。
今年に入り、倒産件数も急増している。
社長と幹部は会社と社員を守り抜かなければならない。

業績低迷、先行き不透明という重苦しい環境下において、トップが行うべき「企画」とは何か、私が縦横に語る。
経営再生のヒントが得られよう。
悩める社長にお奨め。

どうか皆さまお誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。
お待ちしています。
11月11日、1並びです。
会員資格をお持ちでない方も気軽に参加できる夜間セミナーです。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

創造性と企画力…第150回記念大会

NPO法人営業実践大学が月例会方式で催す公開講座がついに 第150回を迎えることになった。
1995年2月の発足以来、足かけ14年、よくぞここまで続けてこられた。
正直なところ、財政面を含め、並大抵の苦労でなかった。
まことに感慨深いものがある。

それもこれも大勢の方々の理解に支えられ、協力に助けられたからこそ。
熱心に公開講座に通ってくださった方、ボランティアで運営を手伝ってくださった会員、やはりボランティアで『月刊営業人』に執筆してくださった方…。
数えあげれば切りがない。
また、自社のセミナールームを長らく会場として無償で提供してくださった株式会社ジェイック
この場を借り、皆さまに心よりお礼申しあげる。

さて、11月11日(火)の午後6時50分より交通の要所、神保町・ジェイックで営業実践大学の公開講座を行う。
今回は「第150回 記念大会」として実施する。

演題は、「小川誠氏、創造性を語る。」
テーマは、「未曾有の環境変化とどう向き合うか?」
ゲストは、はにかみクリエイター・小川誠氏。

小川氏は、私の若き友人であり、きわめて有能なビジネスパートナーである。
実は、和田創研が進めているジョイントベンチャーの相手方、D−SIDEの社長。
氏はこのジョイントベンチャーの社長に就任する。
私より断然、経営能力に勝るので…。
来年4月1日に設立され、短期間でのIPOを目指す。
「はにかみクリエイター」は私のネーミング。
本人は迷惑そう。

小川誠氏は、1977年生まれ。東京大学、東京大学大学院卒業。半導体・情報処理の研究で博士学位を取得。
ITベンチャー企業でIPO関連業務、システム設計・導入、M&A関連業務に従事。
現在、東大在学中に設立したクアドラングル株式会社と、東大大学院生主体の株式会社D−SIDEの代表取締役を兼務。
私が見るところ、四六時中考えつづけている。クリエイティビティを何よりも大切にしている。

氏が行う大学セミナーのあらましを紹介しよう。
                       ◇
フラット化の進展により、地球上の情報が即座に平等に手に入るようになりました。その結果、世界規模で“知的生産”を通じた差別化にスポットライトが当たっています。
企業は他社との熾烈な競争のなかで「付加価値」に活路を見出そうと、創造に関わる取り組みに力を注いでいます。
かたや個人は食い扶持を得るだけの作業では飽き足らず、「働く意味」や「生きる意義」を探し求め、創造に関わる仕事に携わりたいと願っています。
今回は、起業家や経営者などとして活躍するゲストが自らの経験を踏まえ、創造性がもたらす価値とは何か、会社と社員を豊かにする創造性の条件とは何かレクチャーします。
                       ◇
以上。

なお、社長スクールで講演を行う。
演題は、「閉塞感を打ち破れ! トップの企画力」
世界的な金融危機の影響により、多くの企業が厳しい経営を強いられている。
今年に入り、倒産件数も急増している。
社長と幹部は会社と社員を守り抜かなければならない。

業績低迷、先行き不透明という重苦しい環境下において、トップが行うべき「企画」とは何か、私が縦横に語る。
経営再生のヒントが得られよう。
悩める社長にお奨め。

どうか皆さまお誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。
お待ちしています。
11月11日、1並びです。
会員資格をお持ちでない方も気軽に参加できる夜間セミナーです。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
image

フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ