コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

ネイサン・チェン平昌

宇野昌磨は四大陸選手権で五輪プログラムを滑る

ジャンプ構成の基礎点を下げ、完成度で勝負

四大陸フィギュアスケート選手権が台湾で行われています。
平昌五輪へ向けた最後の実戦となりますが、北米の有力選手は出場しません。
したがって、オリンピック金メダル最有力候補の一人と目される米国の4回転ジャンパー、ネイサン・チェンは参加していません。
羽生結弦も欠場しており、大会が盛りあがりに欠けるのは致し方ありません。

⇒2018年1月10日「ネイサン・チェン、平昌金メダル最有力候補へ急浮上」はこちら。

宇野昌磨は荒川静香のトリノ金にあやかる?

宇野昌磨は公式練習に臨み、平昌五輪本番でのプログラムを滑りました。
フリースケーティング(FS)は、あの「トゥーランドット」。
荒川静香がトリノ五輪で金メダルを獲得したゲンのいい曲です。
宇野昌磨がそれにあやかろうと思ったかどうかは分かりませんが、勝負をかけているのは間違いありません。

⇒2017年5月6日「宇野昌磨、トゥ−ランドットで二匹目の金メダル」はこちら。

FSは3種類の4回転ジャンプを4本に変更

公式練習ではおもに得点源となるフリップ、ループ、トウループの3種類の4回転ジャンプを曲に合わせて跳び、念入りに確かめています。
今シーズンに取り組んだサルコウを封印し、演技の完成度、さらにノーミスにこだわったジャンプ構成です。

「だいぶ慣れてきて、何も考えなくても体が勝手に動く」と手応えを口にしています。
全日本選手権での不本意な演技を受けてプログラムを見直し、練習を積み重ねてきました。
その結果、しっくりと馴染んだようです。

初戦の「ロンバルディア杯」ではサルコウを入れた4種類5本の4回転ジャンプを着氷させて自己ベストを更新していました。
しかし、その後の試合で基礎点のより高いジャンプ構成を模索しているうちに演技全体が崩壊しました。
そこで3種類4本に減らし、しかもフリップを後半から負担の少ない前半に移しています。
精神的にも身体的にも楽なようです。
本番でも落ち着いて滑れることでしょう。

平昌五輪仕様の宇野昌磨は 320点前後が目安

25日の当日練習では4回転トウループ−3回転トウループのコンビネーションジャンプを何度も成功させており、調子はいいようです。
ただし、中国の金博洋(きん・はくよう。ボーヤン・ジン)も4回転ルッツを成功させているようです。
実質、この二人が四大陸選手権の頂点を争います。

平昌五輪仕様の宇野昌磨は五輪王者の羽生結弦と今シーズン5戦負けなしのネイサン・チェンを念頭に置き、今大会ではおそらく 320点前後を目安にします。

◆書き加え(1月25日)

宇野昌磨も金博洋もSPはぎりぎり百点超え

ショートプログラム(SP)が終わりました。

宇野昌磨は最終滑走者で100.49点を出し、1位に立っています。
冒頭の4回転フリップを決めました。
中盤のコンビネーションジャンプの4回転トウループ−3回転トウループが4回転−2回転になっています。
自信を持ち切れず、難度を落としたのかもしれません。
ただし、余裕で跳びましたのでGOE(出来栄え点)は取りました。
最後のトリプルアクセルはきれいに決めています。

宇野昌磨は丁寧さを心がけたせいか、スケーティングが鈍り、中盤にかけてのステップでレベル2と取りこぼしています。
が、まずまずの得点といえます。
(FSで頑張っても 320点に届かないでしょう。)

中国の金博洋が自己ベストとなる100.17点を出し、僅差の2位につけました。
(宇野昌磨と得点差はないようなものです。)

平昌五輪代表の田中刑事は自己ベストとなる 90.68点を出し、3位に入りました。
無良崇人は 76.66点で10位と振るいませんでした。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年1月11日「四大陸フィギュア2018へ、宇野昌磨は立て直し」はこちら。

⇒2018年1月5日「宇野昌磨、平昌五輪へ調子が急降下」はこちら。

⇒2017年12月22日「宇野昌磨が全日本選手権でピリッとしないわけ」はこちら。

⇒2017年12月17日「宇野昌磨はそろそろ羽生結弦から独り立ちせよ」はこちら。

⇒2017年12月11日「宇野昌磨、ネイサン・チェンを勝たせたのは厄介」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

羽生結弦の時代は終わったのか

全米フィギュアスケート選手権男子シングル。
17歳のネイサン(ネーサン)・チェンが圧巻の演技を見せて初優勝を飾りました。
しかし、それより注目されるのがフリースケーティング(FS)で4種類の4回転ジャンプを5本成功させるという世界初の快挙を成し遂げたことです。

内訳は、。寛鹽哨襯奪帖檻害鹽哨肇ゥ襦璽廖↓■寛鹽哨侫螢奪廖↓4回転トゥループ−2回転トゥループ−2回転ループ、ぃ寛鹽哨肇ゥ襦璽廖↓ィ寛鹽哨汽襯灰Α扮薺燦緘勝法

ネイサン・チェンは転倒や回転不足がまったくなく、しかもすべての4回転ジャンプに1点以上の加点を得ています。

また、ネイサン・チェンはショートプログラム(SP)で首位に立っており、緊張や重圧を跳ねのける強さを備えているようです。
非公認記録ですが、合計318.47点でした。

「夢みたいな演技でした。自分の滑りにすごく満足しています」と語ったネイサン・チェンは一躍、世界選手権と2018年平昌冬季五輪の主役に躍り出ました。
昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルで羽生結弦に次ぐ2位に入っています。

オリンピックシーズンはまま伏兵が現れます。
私はこのまま無事に(?)五輪本番を迎え、羽生結弦と宇野昌磨の二人で金メダルを争ってほしいと願っていました。
つい先日まで「絶対王者」とだれもが認めた羽生結弦の時代は早くも終わってしまうのでしょうか。

しかし、ネイサン・チェンが大舞台でも高難度ジャンプを跳べるかどうかは分かりません。
それ以前に、おもに表現力を評価する演技構成点もかなりの比重を占めます。
本番ではジャンプの基礎点で優位に立つかもしれませんが、それだけで金メダルを獲れるわけでありません。

と思いながらも、強力なライバルになることは間違いないでしょう。
恐るべし、ネイサン・チェン・・・。

◇◆◇

羽生結弦に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年1月17日「羽生結弦は平昌五輪会場で燃える・・・四大陸選手権」はこちら。

⇒2016年12月11日「4連覇でもがっくり、羽生結弦GPファイナル」はこちら。

⇒2016年12月10日「羽生結弦、現役引退後はロック歌手へ転身か」はこちら。

⇒2016年12月9日「羽生結弦、GPファイナルの演技」はこちら。

⇒2016年12月5日「怒りながら滑る羽生結弦はすごすぎる」はこちら。

⇒2016年11月30日「羽生結弦、ソチ・平昌・北京五輪3連覇へ始動」はこちら。

⇒2016年11月29日「審判は羽生結弦の「汗」にGOE加点せよ」はこちら。

⇒2016年11月28日「羽生結弦はモンスター、頭が滅茶苦茶いい」はこちら。

⇒2016年11月27日「羽生結弦は余裕のよっちゃんなのか?」はこちら。

⇒2016年11月26日「羽生結弦は全身オーラ、敵は自分だけ」はこちら。

⇒2016年10月16日「羽生結弦、平昌の敵は車俊煥(チャ・ジュンファン)か」はこちら。

⇒2016年10月14日「羽生結弦の不機嫌・・・4回転ループ」はこちら。

⇒2016年9月29日「羽生結弦はライバル不在、平昌五輪で連続金メダルへ」はこちら。

⇒2015年12月11日「羽生結弦、敵なし冬季五輪3連覇へ」はこちら。

⇒2014年3月30日「羽生結弦の強運と精神力…世界フィギュア金メダル」はこちら。

⇒2014年2月18日「美男子&若武者・羽生結弦の評価と人気」はこちら。

⇒2014年2月17日「羽生結弦、転がり込んだソチ金メダル」はこちら。

⇒2014年2月14日「羽生結弦、ソチ金メダルへ…くまのプーさん」はこちら。

⇒2014年2月14日「羽生結弦、史上初SP百点超え…完璧ジャンプ」はこちら。

⇒2014年2月8日「羽生結弦金メダルの勢い…オーサー助言ずばり」はこちら。

⇒2014年2月5日「浅田真央か羽生結弦か…ソチ金メダル予想」はこちら。

⇒2013年11月17日「羽生結弦ソチ金、あまちゃんと楽天の勢い」はこちら。

⇒2013年11月16日「羽生結弦、経験の未熟さ…チャンに敗れる」はこちら。

⇒2013年11月15日「羽生結弦は容姿端麗の美男子…海外でも評判」はこちら。

⇒2013年10月27日「羽生結弦…名前とたたずまいの美しさ」はこちら。

⇒2013年3月16日「羽生結弦、調子最悪…ソチ五輪出場枠3瀬戸際」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ