コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

ノア

南海トラフ巨大地震発生⇒死者最大32万人の衝撃

政府は8月29日、「南海トラフ」を震源域とする巨大地震が発生した場合の被害想定を発表した。
それは衝撃的な内容(数字)だった。

「南海トラフ」とは、駿河湾から日向灘の海底に延びる溝状の地形であり、海側のプレートが陸側のプレートの下に沈み込んでいる。
100〜150年の周期でマグニチュード8クラスの東海地震や東南海地震、南海地震が起きている。
政府は「東日本大震災」の教訓を踏まえ、千年に一度起こりうるマグニチュード9クラスの地震を「南海トラフ巨大地震」と呼ぶこととし、その被害を推計した。
この際には3つの地震が連動するようだ(不確か)。

以下は、あくまでも最大級の地震が発生した場合の、しかも最悪の想定である。
それが起こる可能性は決して高くないが、あす起こる可能性を否定することもできない。

関東から九州までの太平洋側が震度7の揺れと34メートルの津波に見舞われる。
震度7になるのは10県151市町村。
津波が20メートルに達するのは8都県23市町村。
沖縄を含む30都府県で32万3千人が死亡。
内、23万人が津波、8万2千人が建物倒壊、1万人が火災。

都府県別の死者は静岡県が10万9千人と最多。
和歌山県が8万人、高知県、三重県、宮崎県が4万人超。
負傷者は62万3千人。
建物の下敷きになるなど、要救助者は33万人。
建物の全壊・焼失は238万6千棟。
浸水は1015平方キロ。
内、津波に巻き込まれるとほぼ全員が死亡するとされる水深1メートル以上は 602平方キロ。

また、もっとも被害が小さい場合でも、死者は「東日本大震災」を大きく上回る3万2千人。
建物の全壊・焼失は94万棟。

今回、地震のタイプや発生時期・時刻、風の強さ、早めに避難する人の割合など、条件の異なる96のケースについて推計した。
在宅率が高い冬の深夜に東海地方を中心に大津波が襲うケースで死者が最多になる。

政府は「南海トラフ巨大地震」を国難と位置付け、官民が一体となった特別法の制定を急ぐ。
大幅な「減災」は十分に可能としている。

政府は当面、津波からの避難の徹底や建物の耐震化を急ぐように呼びかける。
例のコスモパワーの「ノア」は注文に火がつくだろう。

◆書き加え1(8月3日)

私は夜、NHK総合テレビをつけっ放しにして仕事をしている。

海岸沿いで大地震に遭遇し、近くの10階建てのビルに避難した。
そのおかげで、家族が大津波に飲み込まれずに済んだ。
皆、胸をなで下ろした。
ところが、ほどなく津波火災が発生し、ビルに延焼した。

番組(クローズアップ現代)ではこうした事態が容易に想定されるという。
もう、どうしたらいいか分からない・・・。

以下に、「巨大津波シェルター・ノア…湘南などで注文殺到」と題する2012年8月30日のブログを収める。

                      ◇◆◇

「東日本大震災」の発生を契機に、巨大地震とそれにより引き起こされる巨大津波に対する危機感と警戒心が一気に高まった。
その後、震源が南下して関東地方が頻繁に揺れた。
また、日本全体で地震活動が活発化した。

それを受け、「首都直下地震(南関東直下地震)」と「東海・東南海・南海地震」の発生が迫っているとの報道が相次いだ。

なかでも東京大学地震研究所の試算は衝撃的だった。
「首都直下地震など、マグニチュード7クラスが懸念される南関東での地震について、4年以内に発生する確率が約70%に達する」。
私は地震の予知は不可能と思っており、東大が短期間に絞り込んだことに違和感を持った。
現時点でそこまで突き止められるのか?
もちろん、それが発生しないということでない。

平田直教授は「発生確率はそもそも非常に高かったが、東日本大震災でより高まった可能性がある」とした。

政府の見解では、過去の地震の発生間隔などから、30年以内の発生確率は70%程度としている。
これなら分からなくない。
逆に言えば、素人でもそれくらいの勘は働く。

はっきりしているのは、「首都直下地震(南関東直下地震)」だけでなく「東海・東南海・南海地震」もいま起こって不思議でないということだ。

                       ◇

海の光と風をいつも感じられる湘南は憧れの住宅地として高い人気を誇ってきた。
とくに海辺の近くに自宅を構えることはステータスだった。
その希少性から地価も突出していた。
ところが、大震災以降、売り物件が急増し、しかも買い手がつきにくい状態が続く。

湘南を含む太平洋沿岸の平野部には広大な市街地が形成されている。
逗子市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、小田原市などに百万人を優に超える方々が暮らす。
私は横浜市に住んでおり、おもに仕事で、まれにレジャーで幾度も訪れているが、東海地震による巨大津波が押し寄せたときに市街地全体が飲み込まれかねないと思った。
住民はそのリスクに怯えている。
が、行政による津波対策には膨大な時間と費用がかかる。

そこに飛び込んできた朗報・・・。
平塚市の10人の町工場「コスモパワー」が球形の防災シェルター「ノア」を開発した。
発想が斬新だ。
地震で家屋が倒壊してもつぶされず、津波に流されても水に浮く。
発売前から予約が殺到していた。

「ノア」は、軽量かつ頑丈な繊維強化プラスチック(FRP)製の直径1.2mのボール。
変形や浸水に強い。
内部は、中心のつかまり棒を囲んで大人4人が座れる。
重さは約70圓如屋内にも庭にも置ける。

塗装は黄色で救助の際に目立つ。
2カ所の空気孔、外の様子がのぞける小窓が設けられる。

田中昭次社長がアイデアをホームページに公開していた。
東日本大震災後に問い合わせが激増し、急きょ製品化に動いた。

「ノア」は、自宅の補強工事を行うよりも断然安い。
また、津波の到達が早くて避難が間に合わないエリアで心強い。

この商品は巨大地震や巨大津波に襲われたときに「ノアの方舟」となる。
家族の命を守ることができそうだ。
なお、直径1.5mの6人乗り、2.5mの12人乗りも発売される予定である。

                      ◇◆◇

⇒2011年4月14日「震源は南下、東京・神奈川の直下型地震が心配」はこちら。

⇒2011年4月16日「ぐらり…関東直下地震の足音」はこちら。

⇒2011年4月24日「首都直下地震(東京直下地震)誘発の可能性」はこちら。

⇒2012年1月2日「憧れの湘南は大丈夫か?…東海地震巨大津波が市街地を襲う」はこちら。

⇒2012年8月30日「巨大津波シェルター・ノア…湘南などで注文殺到」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

巨大津波シェルター「ノア」…湘南などで注文殺到

「東日本大震災」の発生を契機に、巨大地震とそれにより引き起こされる巨大津波に対する危機感と警戒心が一気に高まった。
その後、震源が南下して関東地方が頻繁に揺れた。
また、日本全体で地震活動が活発化した。

それを受け、「首都直下地震(南関東直下地震)」と「東海・東南海・南海地震」の発生が迫っているとの報道が相次いだ。

なかでも東京大学地震研究所の試算は衝撃的だった。
「首都直下地震など、マグニチュード7クラスが懸念される南関東での地震について、4年以内に発生する確率が約70%に達する」。
私は地震の予知は不可能と思っており、東大が短期間に絞り込んだことに違和感を持った。
現時点でそこまで突き止められるのか?
もちろん、それが発生しないということでない。

平田直教授は「発生確率はそもそも非常に高かったが、東日本大震災でより高まった可能性がある」とした。

政府の見解では、過去の地震の発生間隔などから、30年以内の発生確率は70%程度としている。
これなら分からなくない。
逆に言えば、素人でもそれくらいの勘は働く。

はっきりしているのは、「首都直下地震(南関東直下地震)」だけでなく「東海・東南海・南海地震」もいま起こって不思議でないということだ。

                       ◇

海の光と風をいつも感じられる湘南は憧れの住宅地として高い人気を誇ってきた。
とくに海辺の近くに自宅を構えることはステータスだった。
その希少性から地価も突出していた。
ところが、大震災以降、売り物件が急増し、しかも買い手がつきにくい状態が続く。

湘南を含む太平洋沿岸の平野部には広大な市街地が形成されている。
逗子市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、小田原市などに百万人を優に超える方々が暮らす。
私は横浜市に住んでおり、おもに仕事で、まれにレジャーで幾度も訪れているが、東海地震による巨大津波が押し寄せたときに市街地全体が飲み込まれかねないと思った。
住民はそのリスクに怯えている。
が、行政による津波対策には膨大な時間と費用がかかる。

そこに飛び込んできた朗報・・・。
平塚市の10人の町工場「コスモパワー」が球形の防災シェルター「ノア」を開発した。
発想が斬新だ。
地震で家屋が倒壊してもつぶされず、津波に流されても水に浮く。
発売前から予約が殺到していた。

「ノア」は、軽量かつ頑丈な繊維強化プラスチック(FRP)製の直径1.2mのボール。
変形や浸水に強い。
内部は、中心のつかまり棒を囲んで大人4人が座れる。
重さは約70圓如屋内にも庭にも置ける。

塗装は黄色で救助の際に目立つ。
2カ所の空気孔、外の様子がのぞける小窓が設けられる。

田中昭次社長がアイデアをホームページに公開していた。
東日本大震災後に問い合わせが激増し、急きょ製品化に動いた。

「ノア」は、自宅の補強工事を行うよりも断然安い。
また、津波の到達が早くて避難が間に合わないエリアで心強い。

この商品は巨大地震や巨大津波に襲われたときに「ノアの方舟」となる。
家族の命を守ることができそうだ。
なお、直径1.5mの6人乗り、2.5mの12人乗りも発売される予定である。

◆書き加え1(8月29日)

私はブログに時間を取れず、このところは1週間から1カ月くらい前の書き溜め記事をアップしてもらうことが多い。

政府は29日、「南海トラフ」を震源域とする最大級の地震が起きた場合、関東から九州・沖縄の30都府県で最大32万3千人が死亡、 238万6千棟が全壊・焼失するとの被害想定を公表した。
都府県別の最大死者数は静岡県が10万9千人と最多。

政府は津波からの避難の徹底や建物の耐震化を急ぐように呼びかけている。
コスモパワーの「ノア」は注文に火がつくだろう。

                      ◇◆◇

⇒2011年4月14日「震源は南下、東京・神奈川の直下型地震が心配」はこちら。

⇒2011年4月16日「ぐらり…関東直下地震の足音」はこちら。

⇒2011年4月24日「首都直下地震(東京直下地震)誘発の可能性」はこちら。

⇒2012年1月2日「憧れの湘南は大丈夫か?…東海地震巨大津波が市街地を襲う」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

人気はヴェルファイア、アルファード、エルグランド

…きのうのブログの続き。

⇒2010年9月5日「エルグランドとアルファードの選択と値引き額」はこちら。

私は2008年5月(デビュー時)、「横浜トヨペットあざみ野店」(横浜市青葉区荏田町131-1)で2代目アルファードに触れた。
また、「ネッツトヨタ神奈川センター北店(横浜市都筑区中川中央1-32-21)」で初代ヴェルファイアに触れた。
兄弟車であり、おもにフロントとリアにおいてデザインの差別化が図られている。
ミドルクラスミニバンのノアとヴォクシーもそうだ。

私が暮らす横浜・港北ニュータウンの大規模団地では数世帯がアルファードとヴェルファイアを用いており、外観はときどき目にする。
しかし、内部の印象が曖昧になっていた。

一連のブログをアップするに当たり、もう一度実車を確かめたくなった。
そこで、ネッツトヨタへ(我ながら好きだなぁ)。

クルマ全体から改めてラージクラスミニバンの“押し出し”の強さが伝わってきた。
アルファードはさらに“こってり”していよう。

私はトヨペット店とネッツトヨタ店の客層の違いから、アルファードがヴェルファイアを販売台数で引き離していると勘違いしていた。
逆に2倍近い差をつけられていた。
消費者が派手さを嫌う不況下で、アルファードの“どうだ”という雰囲気が敬遠されているのか?

さて、ヴェルファイアは内部が箱っぽい。
これはアルファードも同じ。
移動する「部屋(ルーム)」という感覚が強調されているように思った。

新型(3代目)エルグランドは見た瞬間、“走り”のよさが伝わってきた。
安定性、そして乗り心地が先代と別物。
そんな想像が広がった。
が、私は正直、拍子抜けした。
クルマ全体が放つ“迫力”を期待していたからだ。

私は本田技研工業(ホンダ)が初代オデッセイに追加で設定した最上級グレードのプレステージを購入した。
ミニバンと思えない走りに舌を巻いた。
エンジンが気持ちいい。

しかし、私自身はエルグランドにはそちらへ歩み寄ってほしくない。
あくまで“箱っぽく”あれ。

FMC直後の熱が冷めれば、市場での人気はヴェルファイア、アルファード、エルグランドの順か。

                       ◇

私は、神奈川日産ニュータウン都筑店で試乗はできなかったが、「新型エルグランド ご試乗ガイド」を受け取った。
そこに9つの体感ポイント(チェック項目)がコンパクトに記されていた。
参考までに、以下に示そう。
これまで述べてきたことと一部重複する。

第1は「ワンタッチで解錠とドアオープン」。
ワンタッチオートスライドドアは便利。手が荷物でふさがっていても、指先で操作が可能。

第2は「乗り降りのしやすさ」。
低重心プラットフォームにより低床化を実現。

第3は「やさしく包み込むようなシート」。
助手席と2列目にトリプルオットマンを採用、さらに2列目にシートバック中折れ機能を採用。ロングドライブでのくつろぎが可能。

第4は「ダイナミックかつ快適な走り」。
トルクフルで滑らかな走りを実現。

第5は「突き上げ感の少ない安定した走り」。
新設計のリヤマルチリンクサスペンションを採用。快適な乗り心地も実現。

第6は「意のままのコーナリング」。
低重心プラットフォームにより低く沈み込むような姿勢でカーブをクリア。

第7は「安心な右左折」。
三角窓や大型ミラーにより死角を減少。

第8は「大きさを感じさせない取り回しのよさ」。
最小回転半径5.4mを実現。路地などの通り抜けが容易。

第9は「スムーズな駐車」。
クルマを上空から見下ろしているかのようなアラウンドビューモニターを採用。駐車をサポート。

                      ◇◆◇

トヨタ・アルファード、ヴェルファイア、ニッサン・エルグランドに関するブログは以下のとおり。

⇒2008年5月11日「新型(2代目)アルファード、予約は上々」はこちら。

⇒2008年5月18日「新型(2代目)アルファード、実車さらによし」はこちら。

⇒2009年9月12日「アルファードハイブリッド仕様」はこちら。

⇒2009年9月13日「エルグランドとアルファードの至福」はこちら。

⇒2010年9月4日「3代目エルグランドと2代目アルファードの比較感想」はこちら。

⇒2010年9月5日「エルグランドとアルファードの選択と値引き額」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ