メドベージェワの3連覇は見られず

世界フィギュアスケート選手権が3月21日からイタリアで開催されます。
ところが、女子シングルで3連覇のかかるロシアのエフゲニア・メドベージェワが欠場します。
米国のペギー・フレミングが1966年〜1968年に成し遂げていました。
半世紀ぶりの快挙を待ち望んでいたファンは落胆していることでしょう。

昨年11月に右中足骨骨折が判明し、その後のグランプリ(GP)ファイナルとロシア選手権を欠場しました。
欧州フィギュアスケート選手権で復帰して平昌五輪に出場しましたが、どちらも同門のアリーナ・ザギトワに敗れて銀メダルに留まっています。
エフゲニア・メドベージェワはオリンピックで痛みと闘いながら滑ったようです。

羽生結弦は来シーズンに完全休養を

また、男子シングルで2連覇のかかる平昌五輪金メダルの羽生結弦も欠場します。
オリンピックで奇跡に近い演技を見せ、66年ぶりの2連覇を果たしています。
こちらも痛み止めを服用して滑ったようです。

北京五輪で3連覇を成し遂げる可能性があります。
右足関節外側靱帯損傷は重傷だったはずです。
完全に治せるものかどうか私には判断できませんが、治療を優先するのは当然といえます。
私自身は羽生結弦に来シーズンは完全休養を取ってほしい。

category:羽生結弦ブログはこちら。

結局、平昌五輪へは強行出場だった

エフゲニア・メドベージェワと羽生結弦は結局、平昌五輪に強行出場したのです。
二人とも本来ならリハビリ期間中でした。
男子シングルも女子シングルもディフェンディングチャンピオンを欠きます。
ちょっぴり寂しい。

世界フィギュアはネイサン・チェン

平昌五輪金メダルのロシアのアリーナ・ザギトワと銀メダルの宇野昌磨は出場します。
世界フィギュアスケート選手権ではアリーナ・ザギトワの金メダルは動きません。
私は宇野昌磨に金メダルを獲ってほしいと思っていますが、米国の4回転ジャンパーのネイサン・チェンが勝ちそうです。

ネイサン・チェンはオリンピックで雰囲気に飲まれ、ショートプログラム(SP)が散々の出来でした。
しかし、表彰台の可能性が消えたフリースケーティング(FS)は素晴らしい滑りでした。
このブログで幾度か記していますが、メンタル面がとても弱い。

世界フィギュアスケート選手権はオリンピックほどの緊張や重圧を感じることはないでしょう。
プログラムの基礎点が高いので、ノーミスで滑るならば金メダルを獲ります。
宇野昌磨が勝利を収めるには 320点台が必要です。

category:フィギュアスケートはこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!