コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

ボケ

父の訃報にほっとする・・・大往生

私は先々週から先週にかけ、息をつく暇もない状態でした。
おもに昼間は教育指導の仕事に当たり、夜間はホテルと書斎でクライアントからの受託業務の締め切りに追われました。
疲労が溜まり、背中の張りと腰の痛みに苦しみました。

途中、(2013年)9月11日、福岡でのセミナーの終了後、妻が「父が老衰で永眠した」と知らせてくれました。
昼頃に亡くなっていましたが、私に伏せていました。
10月に満94歳を迎えるところでしたので、大往生と呼べるでしょう。

私は40代後半に講師の道を本格的に歩みはじめた際、父母に「親の死に目に会えない仕事」と告げました。
両親はむしろそれを誇らしく思っているようでした。
なかでも父は、私の顔写真やセミナー(講演)内容などが記されたパンフレット、新聞・雑誌での案内(広告)を近所や職場の方々、親戚に見せて回ったようです。
つきあわされた人は興味を感じるはずもなく、さぞかし迷惑だったことでしょう。

父は、エリート意識が強く、プライドが高い人でした。
自分がボケることを何よりも恐れ、もっとも恥じていました。
昔、祖母が深夜に国道8号線を徘徊し、交通事故で痛ましい最期を遂げました。
父は痴呆の家系だということを自覚していました。

私は2000年夏(不確か)、老いた両親を富山・滑川から横浜・港北ニュータウンに呼び寄せました。
2年後(不確か)、私は父の様子に明らかな異変を感じました。
それでも父は母に対し、私に心配をかけるからそうした症状を話さないように命じていました。
周りはとうに気づいていましたが、父はボケをだれにも隠し通そうとしました。

しかし、痴呆が一気に深刻化しました。
体は元気で、力がみなぎっていましたので、家族の手に負えなくなりました。
父は施設に入所してほどなく、富山から見舞いに訪れる妹のことが分からなくなりました。
あんなに可愛がっていたのに…。
妹は落胆して帰っていきました。
まして、横浜で身の回りの世話をした妻のことは真っ先に分からなくなりました。
妻は私に代わり、骨を折ってくれました。
面倒なこと、大変なことは、一手に引き受けたのです。

私は妹と十歳、年齢が離れていましたので、施設で話しかけると、父はかすかに反応を示しました。
が、それも数年前まででした。
父は入所後に体力が衰え、動くこと、やがて立つことができなくなりました。
そして、食事の時間のほかは植物人間のように眠りこけていました。

私は父の訃報に接し、ほっとしました。
父は、本能に近い生命力だけで生きながらえている状態でした。
いつ亡くなっても不思議でないと、何年か前に医者から告げられていました。
私は、廃人となった父を見るたび、本人は非常に不本意だろうと、複雑な思いを抱いてきました。
頭が確かなときに「尊厳死」が選べるなら、父は迷わずにそうしたと断言できます。
ただし、私は、痴呆後の父を支えてくれた施設や病院の方々の尽力に感謝こそすれ、それを否定するわけでありません。
心よりお礼を申しあげます。

父は、痴呆を除き、悪いところがありませんでした。
人生で病気らしい病気を経験していません。
骨が丈夫で、自分の歯でした。虫歯も見つかりません。
私が仕事に相当な無理が利くのも、父親譲りの健康と体力のせいです。
父がボケなければ、優に百歳を超えて生きたと思います。

ところで、母は2005年9月7日に他界しました。
父を誇りにしていた母は、老いと痴呆がひどくなる父にいら立ち、声を荒げました。
ときに激しく罵りました。
人は長く生きるにつれ、不甲斐ない姿をさらすようになります。
自らのガンの進行に苦しんでいた母は、父の醜態に我慢がならなかったのでしょう。

母はもともと気性が激しく、冷静で淡々としたところのある父と一緒になったおかげで、自分をかろうじてコントロールできました。
対照的な性格は、夫婦の妙といえます。
その両親の最大の共通点は「子煩悩」でした。
家族の生活を守ろうと、必死に働きつづけました。
体が強くなかった母は病気や苦痛と闘いながらでした。
また、長男と長女の組み合わせであり、二人とも兄弟に負けたくないとの気持ちが大きかったのでないでしょうか。
私には過剰と思えるエリート意識やプライドは、育てられた環境が主因かもしれません。

この世ではいろいろありましたが、二人はとにかく仲がよかった・・・。
わがままな母は「来るのが遅い」と怒っていたはずです。
これでまた父と新しい暮らしを始められます。
そう思うと、私は喜ばずにいられません。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

陽気に「グッド・バイ」…尊厳死と安楽死

父は重度のアルツハイマーだ。
90歳を超えており、家族の記憶を完全に喪失した。
長年連れ添った母がだいぶ前に亡くなったことも知らない。

父は尊厳死が認められれば、それを選択したはずだ。
富山・入善の祖母が深夜に国道8号を徘徊し、悲惨な事故死を遂げた。
祖父は若い頃に亡くなったので、痴呆の家系かどうか分からない。
しかし、父はボケることを非常に強く恐れていた。
一つは、自分のプライド。
もう一つは、家族の負担。

いまは自らの意思で生きているわけでなく、生物としての肉体が生きているという状態である。
意味不明の話はもとより、片言さえ口にしなくなった。
それを見るのがつらくて、富山・滑川の妹は父が入居する施設を訪ねることをためらう。
遠方からやってきても、何の反応も示さないため、肩を落として帰っていく。

私は、父とそっくり。
そちらの血をおもに引いた。
来年は還暦であり、アルツハイマーの発症は時間の問題だろう。
父は50代半ばでボケが始まった。
私は、ときどき届く手紙でそれを感じた。
抑制の効いた文章、端正な文字が乱れ出したのだ。
「おやじ、年を取ったなぁ」と当時は思ったが、アルツハイマーの初期だった?
母はガンで亡くなったが、もっと生きていればやはりアルツハイマーの発症は避けられなかったろう。
祖母がひどく、母はそちらの血をおもに引いた。

難しい問題があるにしろ、私個人は日本で一日も早く「尊厳死」が認められることを願う。
死んでいくのに周囲や次世代に重石を残したくない。
そう考える高齢者が少なくないのでは…。
ならば、危機的な国家財政もいくらか救われる。

私は家族と普段どおり話し、普段どおり笑いながらこの世を去りたい。
最期を人生の締め括りと考えており、一番楽しくあってほしい。
陽気に「グッド・バイ」。

人生谷あり谷あり。
苦しみの連続だ。
せめて最後は安楽死。

⇒2009年11月8日「介護の現場は壮絶…特養職員に感謝!」はこちら。

好評を博したブログである。
「ありがとう」の気持ちを綴った。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

なんてこった!!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私は東海道新幹線での移動では、しばしば「ひかり」に乗る。
列車によるが、途中の停車駅が少ないと、「のぞみ」とそれほど時間が変わらない。
私は講師として大きなキャリーバッグを引きずっている。
隣に人が座ると、自分の前に荷物を置くしかなく、いくらグリーン席でも窮屈である。
とくに研修の終了後は汗まみれで疲れ切っている。
そのうえ、脚と足がだるい。
ということで、がらがらのひかりを選ぶ。

先日、品川のホテルにチェックイン。
入室と同時にベッドに倒れ込む。
しばし呆然…。
翌日のセミナーに備え、バッグから新しいスーツとワイシャツ、ネクタイなどを取り出し、着ていたものを収めていた。
講師商売ではシワは御法度である。

タバコが吸いたくなり、灰皿を探した。
そのとき、禁煙マークが目に飛び込んできた。
何と「禁煙室」だったのだ。
私はヘビースモーカーである。

ベッドに寝転び、衣料も広げてしまった。
いまさら客室を替えてくれと言いにくいが、定宿なので、フロントのミスならば応じてくれるだろう。

うーん、私の落ち度だった。
インターネットで予約した記録が残っていた。
ここは9月にも泊まる。同時に申し込んだかも…。
念のために問い合わせると、やはり禁煙室を選んでいた。
こちらは変更を受け付けてもらえた。
部屋のなかでタバコが吸えず、ほんとうにつらかった。

妻に電話をかけ、愚痴をこぼす。
「ボケてきたのかなぁ」。
自覚はないのだが…。
仕事だけでなく日常生活においても、これまで考えられないようなチョンボが増えてきた。
やばい。

Copyright ©2008 by Sou Wada

年齢を間違える

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ひどい。
私は自分の年齢を間違えていた。
いったいいつ頃からだろう。

私は先週、58歳の誕生日を迎えた。
60歳が2年後に迫る。
心身ともにすっかり衰えてしまった。

ところが、妻が57歳でないかと言ってきた。
うん?
指を折って数えてみると、その通り!

私は出張が多い。
当然、ホテルでは宿泊者カードに記入する。
ずっと「57歳」としていた。

もともと性格はガサツ。
自分の誕生日を覚えていることはまれだが、年齢を勘違いしていたのは初めてである。
ボケが始まっているのか、不安がよぎる。

もちろん、57歳と気づいたからといって若返るわけでない。
いまは何をするにも“老い”を感じ、それと向かい合う日々である。
だれしも辿る道なのだが…。

Copyright ©2008 by Sou Wada

ボケの恐怖と闘う

人気ブログランキング←応援、よろしく!

おやじは老いてから、迫りくるボケの恐怖と闘っていた。
陸軍中野学校の出身であり、プライドが高い。
姿勢は抜群、頭脳は明晰!
私が上京してから受け取った何通かの手紙は、それは立派な文章と内容だった。
ワープロのない時代で、手書きは修正や練磨ができない。

私が20代半ば、おやじが55歳を過ぎた頃から少しずつ頭が衰えてきた。
そして60歳に達した頃から明らかにボケが始まった。
自分でもそれをとても気にしていた。

私はその60歳が2年後に迫る。
現時点でボケの治療薬は開発されていないので、間に合わないだろう。

私は今秋、昭和大学横浜市北部病院で脳を診てもらう。
両親が痴呆なので、時間の問題なのだ。
それも恐らくアルツハイマー
私はおやじにそっくりであり、そのおやじは亡くなったおふくろのことも、私と妹のことも何一つ分からない。
悲しい。

私は子どもが小さいうえ、老後の蓄えがないため、まだまだ働きつづけなければならない。
本来なら、毎年検査を受けたほうがよいらしい。

私が暮らす団地でも、頭の真っ白なお父さんが小学生の子どもと歩いている。
授業参観でも、おじいさんのようなお父さんを見かける。
晩婚化が進み、いまや40代での第一子は珍しくない。
私と同様、迫りくるボケの恐怖と闘っている父親は大勢いるのでないか。

Copyright ©2008 by Sou Wada

包装の切り口を分かりやすく

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私がしばしばお世話になるレンジ食品に限らず、日用品の大半は包装されている。
以前、おやじがその切り口を見つけられず、おふくろが苛立っていたことを思い出す。
私は、頭がボケたせいだと思っていた。
むろんそれもあるだろうが、視力の低下、とくに老眼の進行が主因だったのではないか。

私はいま、かつてのおやじと同じように、包装の切り口をなかなか見つけられない。
まだ頭はボケていないはずだから、目が悪くなったのだ。

今後、高齢社会がますます進展する。
メーカーは包装の切り口をもっと分かりやすくしてほしい。
商品の天地や表裏をひっくり返し、懸命に切り口を探す自分が悲しくなる。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
image

フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ