コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

モチベーション

北島康介、ロンドンオリンピック金メダルへの不安材料

2012年ロンドン五輪(オリンピック)が迫ってきた。
会期は、7月27日から8月12日まで。

私の一番の注目は、日本男子競泳平泳ぎの第一人者・北島康介である。
2004年アテネ五輪(オリンピック)と2008年北京五輪(オリンピック)の百メートル、2百メートルで金メダルを獲得した。
合計4冠。

北島康介はオリンピックを節目に「進化」を遂げてきた。
4年後を見据えた、勝つための周到な準備において突出している。
それを強固な意志でやり遂げた。
年齢的に厳しいロンドンオリンピックだったが、表彰台の頂点を目指してきた。

                       ◇

北島康介の最大のライバルと目されたのが、ノルウェーのアレクサンドル・ダーレオーエンである。
友人でもある。
ところが、突然の訃報・・・。

ダーレオーエンは合宿中のアリゾナ州フラッグスタッフで急死した。
標高2100メートルの高所トレーニングの名所。
バスタブに寄りかかるように倒れているところを発見された。
死因は心臓発作と見られる。

ダーレオーエンは北京オリンピックの百メートルで銀メダルを獲得した。
2011年上海世界選手権では4位の北島康介に1秒32の大差を付けて圧勝した。
北島康介がダーレオーエンを追いかける立場になっていた。

もっとも気の毒なのは本人と家族、そして彼を支えてきた関係者である。
しかし、ダーレオーエンとの闘いを念頭に大舞台へ向けて調整を進めてきた北島康介にも気の毒な出来事だった。
互いに最高の勝負をしたいと考えていた。
高速水着を着用しないで59秒を切ったのは2人だけだ。

実は、私は北島康介がロンドンオリンピックでダーレオーエンを破り、金メダルに輝くと予想していた(科学的な根拠はない)。
本番にぴたりと照準を合わせ、自らの力を爆発させる術を身につけている。
無類の勝負強さが光る。

ダーレオーエンの不在は、北島康介にとり不利に働くように思う。
最大のモチベーションが直前に失われてしまった。
金メダルへの不安材料である。
はたして結果はいかに・・・。

以下に、「北島康介、無類の勝負強さ、怪物から化け物へ…ロンドン五輪」と題する2012年4月8日のブログを収める。
一部を抜粋し、いくらか手を加えた。

                      ◇◆◇

オリンピック4冠の北島康介。
男子百メートル平泳ぎの2連覇は世界初。
平泳ぎで2大会連続2種目制覇は世界初。

⇒2011年6月9日「北島康介、ロンドンオリンピックへの苦闘と挫折」はこちら。

北島康介は、2004年アテネ五輪、2008年北京五輪に続いて2012年ロンドン五輪の日本代表になった。
私は代表選考会を兼ねた日本選手権をスポーツニュースで見た。
百メートルは余裕のゴール。
得意の2百メートルは立石諒に追い上げられたものの逃げ切った。
これにより日本の競泳選手では史上初の4大会連続出場を決めた。
素晴らしい。

北島康介は依然として男子競泳平泳ぎの第一人者だった。
強じんな意志を持ち、壮絶な努力をいとわない。
また、自らを客観的に眺め、オリンピックで勝つための戦略を定めて計画を立てられる。
4年に一度の大舞台での無類の勝負強さはそこから生まれる。

⇒2010年12月14日「浅田真央は五輪4冠の北島康介の脱皮計画に学べ」はこちら。

北島康介はとうにピークを過ぎた29歳。
ロンドンオリンピックで金メダルが獲れればもちろんうれしいが、私は決勝に進出するだけでも快挙だと思う。
百メートルか2百メートルで3連覇を達成することがあれば「怪物」を通り越して「化け物」と表現するしかない。
これまで大きな勇気と感動を与えてくれた北島康介には、ロンドンオリンピックを存分に楽しんでもらいたい。

⇒2011年6月30日「北島康介の勝負脳、浅田真央の脱皮計画を応援しよう!」はこちら。

名選手が名コーチになると限らない。
しかし、北島康介は間違いない名コーチになると考える。
オリンピックで結果を残せる選手を育ててほしい。

私は、北島康介と高橋大輔が互いの活躍に刺激され、オリンピックへの情熱を再燃させたことを思い出した。
実績十分の二人は、台頭著しい若手のなかに身を投じて厳しい戦いに挑む。
いや、それどころか若手を引っ張っている。
「人間力」が突出する。

⇒2011年6月24日「北島康介と高橋大輔、五輪への思い再燃…現役続行」はこちら。

私にとり、浅田真央とイチローは「畏敬」の対象である。
見ているとつらくなるが見てしまう。

⇒2012年4月1日「浅田真央、ライバルと戦う前に自分に負ける…世界選手権」はこちら。

⇒2009年9月15日「イチロー、心が折れる」はこちら。

北島康介と王貞治は「尊敬」の対象である。
憧れの気持ちが混ざる。

高橋大輔は「親愛」の対象である。
要は、好きだ。
世界フィギュア選手権後、世界フィギュア国別対抗戦での主将に任命された。
日本チームをまとめ、優勝へ導いていくはずだ。

⇒2012年3月31日「高橋大輔は別格、芸術性の高い熟練の演技で魅了」はこちら。

ちなみに、長嶋茂雄は別格。
選手時代から監督時代まで、突き抜けた存在でありつづけた。
私が子どもの頃の世相を明るく照らした太陽(おひさま)であり、まぶしかった。
多分に神格化されているが、そうでなければ戦後最大のヒーローは生まれなかった。
スーパースターとは、そういうもの。

⇒2009年9月25日「ONの時代…両雄並び立つ奇跡!」はこちら。

                      ◇◆◇

北島康介に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年4月8日「北島康介、無類の勝負強さ、怪物から化け物へ…ロンドン五輪」はこちら。

⇒2011年6月30日「北島康介の勝負脳、浅田真央の脱皮計画を応援しよう!」はこちら。

⇒2011年6月24日「北島康介と高橋大輔、五輪への思い再燃…現役続行」はこちら。

⇒2011年6月9日「北島康介、ロンドンオリンピックへの苦闘と挫折」はこちら。

⇒2010年12月14日「浅田真央は五輪4冠の北島康介の脱皮計画に学べ」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

部下のモチベーションの高め方…若い世代の特性を知れ

私は先日、呉服橋交差点の新築ビルに移転したばかりの「SMBCコンサルティング」で経営者と営業管理者向けの講演会を行った。
演題は「新人・新任営業マンの育成策」。
終了時、参加者から激賞をいただいた。

以下に、当日の講演の一節(ごくごく一部)を収める。

                      ◇◆◇

2.モチベーションの高揚

部下のモチベーションを著しく左右するのは、営業管理者の「愛情」である。
とはいえ、部下を一人前の営業マンに育てようとの熱意のこと。
その大きさはもちろん、そのあり方が問われる。
つまり、営業管理者の真剣味。
ゆえに、愛情は厳格かつ公平でなければならない。
それに反するのは、馴れ合いと片寄り、仲良しと肩入れである。
営業管理者は“なあなあ”を断固排除せよ。

「上司は自分に無関心…」「上司は自分を疎外…」。
部下はとりわけ扱いが不公平という印象を持つと、ヤル気を簡単に失う。
一人ひとりは営業管理者が考えるよりもはるかにそうしたことにデリケートだ。
両親や祖父母などの愛情を“独り占め”してきた若者になかには嫉妬心が強く、独占欲が激しい人もいる。
少子化社会に育った世代の特性を無視しては、職場が崩壊しかねない。

営業管理者は生身なので、部下の好き嫌いはあるかもしれない。
が、職場(仕事)では個人的な感情を表情や態度、行動に表せない。
まして、扱いを変えることは・・・。
大山康晴に「将棋の駒に好き嫌いなどあってはならない」という言葉がある。
それに左右されるのは、未熟な証拠。
アマチュア(素人)の管理者は結局、部下を好き嫌いで評価している。
しかし、それではライバルとのギリギリの戦いに勝つことができない。
「経営は将棋に似たり」。大山康晴は組織の長たる者の心得を説いた。

営業管理者の接し方が部下のモチベーションに決定的な影響を及ぼす。
銘々を育て上げ、生かし切ることに心を砕け。
それはかならず部下の信頼につながる。
巧みなテクニックを用いてモチベーションを植え付けるなどと考えないことだ。
自らの姿勢と態度をもってモチベーションを引き出すように改めよ。

なお、管理者を経営者、部下を社員と置き換えられる。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創研のご案内…営業発の全社改革一筋

「和田創研」は、社会・経済、市場・顧客が劇的に変化するいま、「変わらないかぎり、生き残れない、勝ち残れない」との信念のもと、クライアントにおける経営・マーケティング・営業などの抜本見直しと再構築を支援してきました。

「チェンジ(適者生存)」「クリエイション(価値創造)」「ソリューション(課題解決)」をキーワードとした実践的かつ具体的なコンサルティングこそ最大の強みであり、業種や規模を問わず豊富な実績を有します。
なかでも“売れない時代”“顧客が主役の時代”の企業にとりもっとも重大な「営業発の全社改革」に注力しています。

和田創研は、気づきとモチベーションにフォーカスした教育・指導を通じて全役員と全社員の意識改革と行動改革を引き起こし、業績テコ入れと経営再生を成し遂げています。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

水木しげるスランプの原因…先生商売の落とし穴

NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」。
人気が急落した水木しげる(村井茂。向井理)は呆然自失…。
妻・村井布美枝(松下奈緒)も平静を装うことしかできない。

作家(漫画家)はアウトプットだけだと、やがて創造の源泉が枯渇する。
まして、それなりの成功を獲得すると、モチベーションを維持しにくい。
創造にはきわめて大きな情熱とエネルギーの両方が必要になるからだ。

水木しげるに限らず、偉くなった作家は孤独であろう。
売れない時代には周囲が面と向かってさまざまな助言を与えてくれた。
が、いまやだれも率直な評価を寄せてくれない。
水木しげるは妖怪漫画の“第一人者”だ。

作家がそれを補うのが、分野は異なったとしても同等の力を持つ人たちとの接触である。
しかし、水木しげるは交友範囲が狭く、交友関係が少なかった。
多忙ばかりでなく、本人の性格なども関係しよう。

もう一つ。
水木しげるは売れない時代、出版社をかけずり回って営業活動を行った。
だが、いったん有名になると、その頃のひたむきさを忘れる。
仮に覚えていたとしても、先生のプライドがそれを許さなくなる。
水木しげるは注文を待つ姿勢に転じていた。

これらの要因が複合し、水木しげるに大スランプをもたらしたのかもしれない。

                       ◇

先生は「先生商売」の落とし穴に嵌まりやすい。

本を何冊か出すと、営業活動をしなくなる。
講師を幾度か務めると、営業活動をしなくなる。

私は長らく営業コンサルタント、営業講師として働いてきた。
そして、大勢の同業者を眺めてきた。
引き合い頼みで、典型的な受け身だ。
営業をしないというより、営業ができない。

営業分野にして先生はこの様である。
ほかは推して知るべし。
ゆえに、サラリーマン時代の半分も稼げない。
先生はおおむね「かつかつの貧乏暮らし」だ。

人は「先生」と呼ばれると、仕事がなくても、自ら進んで動こうとしない。

先生も、会社組織にしていようと、基本は自営業である。
フリーランスと変わらない。
食べていけるかどうかは先生としての「商品力(能力・技術)」もさることながら「営業力」に左右される。

私のプランナーと講師の経験を踏まえれば、こちらがはるかに大事だ。
自助努力でよりよい仕事を得られるなら、注文をこなすなかで商品力はおのずと磨かれていく。

                      ◇◆◇

「株式会社水木プロダクション(調布市。武良茂社長)」に関するブログは以下のとおり。
絶頂からどん底へ急降下!

⇒2010年7月24日「水木プロダクション旗揚げ…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年8月5日「水木プロダクション異様な活気…ゲゲゲの女房」はこちら。

⇒2010年8月11日「水木プロダクション…アシスタント人件費」はこちら。

⇒2010年8月31日「水木しげるプロダクション倒産危機…仕事激減」はこちら。

⇒2010年9月1日「水木しげる大スランプ、自信喪失…仕事がない」はこちら。

⇒2010年9月2日「水木しげるの異変、村井布美枝(武良布枝)の苦悩」はこちら。

◆書き加え1(8月3日)

「ゲゲゲの女房」のきのうの放送分で、水木しげるはスランプ脱出の手がかりをつかみかけた。
二女(次女)・村井喜子の言葉と、戌井慎二(梶原善)の忠告だった。
そこには父への、そして水木しげるへの尊敬と激励が込められていた。

人は、長い職業人生で幾度か道を見失ったり、道に迷ったりする。
そうしたとき、助けてくれるのが周囲である。
私は胸が熱くなった…。

水木しげるの復活のノロシについては、あすのブログで取りあげる。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

フリーランスの営業!?

人気ブログランキング←応援、よろしく!

15日のブログ「名ばかり営業職では会社がつぶれる」に関し、マイミクのムッチー氏からコメントが寄せられた。
といっても、このブログがきっかけとなって浮かんだ思いである。
以下に紹介しよう。
                       ◇
ご無沙汰しています。
当社では、若手から社是・社訓なるものを20年目にして明確にしようとの意見が上がり、経営陣に提案を行いました(私:とても大事なことです)。
返ってきた答は「社内公募」。…初耳です(私:わりとあります)。
しかし、いまだに結果が発表されず、放置されたまま(私:これはいけません)。

また、ホームページも開設されず、頓挫したまま(私:う〜ん)。
当社の仕事柄、一般に公開できない内容が多いので、新規開拓の対象企業に限り閲覧してもらう目的です(私:例えば、過去の実績や作品の類ですね)。
こんな状態で営業成績が悪いと責められても、どうしてよいのか手立てに困ります(私:市場環境が厳しいので、会社が営業を支援してあげないと…)。

出向にしても、直属の部長から「正式な辞令は出ないので、自分で時期を決めろ」と言われています(私:滅茶苦茶です)。
こんな状態で売り上げを伸ばせと命じられても、さっぱりモチベーションが上がりません(私:確かに…)。

いっそ個人で仕事を行ったほうがよいのではないかと思う今日この頃です(私:慎重に…)。
                       ◇
以上。
ありがとうございます。

この文面から、彼が現在の会社で営業として働くことに苦悩している様子がうかがえる。
ただし、独立や転職がよい結果をもたらすかどうか、私には判断材料が足らない。

私自身のフリーランスの経験から述べれば、それはそれで食べていくのが大変である。
うまく言えないが、大きな自由はあるものの、ほとんど時間がない。場合により、カネもない。
私は営業力に秀でたプランナー(スタッフ)だったので何とかやっていけたが、はたして営業そのものではどうだろう。
確かにこの業界に限らず、フリーランスの営業は存在する。数千万円プレイヤーは珍しくない。

秋以降、不況がさらに深まる懸念がある。
思い切った決断には当然、大きなリスクがともなう。

ムッチーさん、営業実践大学に顔を出してください。
飲食(立食パーティ)をなくし、受講料を大幅に下げました。
少しお話をできませんか?

Copyright ©2008 by Sou Wada

働く意味

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私はコンサルタントや講師という職業柄、人と触れる機会が非常に多い。
若い世代ともよく接する。
大勢が己の働き方について悩んでいる。

昔は貧しかった。
地方出身の私はいつも生活がぎりぎりで、収入から家賃を差し引いた残りの大半は食費に消えた。
だから、「食うために働く」ことに疑問を感じなかった。
それについて考えるとか、ましてそれによって苦しめられることはない。
迷っていたら食いっぱぐれる。
悩みようがなかったから、幸せな時代といえなくもない。
やっていくのに必死で余裕を持てなかった(私より前の世代はもっと貧しい)。

いまは豊かだ。
食うことがかならずしも働くことの目的とならない。
とくに若い世代は、そこに意味を求めようとする。
自分にとっての価値である。
そして、それを見出せないとモチベーションを保てず、仕事を続けられない。

社員一人ひとりへの価値の提供は、今後の企業経営における重大な課題になりつつある。
ちなみに、グーグルの経営陣はこう述べている。
「社員に対し、私たちはできることはすべてやる」。

Copyright ©2008 by Sou Wada

今夕、営業実践大学を開催!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

仕事に忙殺され、モチベーションが低下する部下、歩むべき道を見出せない幹部社員…。
いたるところで成員の疲弊が急速に進んでいる。

今夕、多くの企業で“心・仕事・時間”のカイゼンに取り組んできた株式会社組織デザイン松崎俊道氏をゲストに迎え、営業実践大学公開講座を開催する。
小さな工夫を積み重ね、大きな変化をもたらすカイゼンは、日本人が生み出した最良のソフトウェアといえよう。

演題は、「KAIZENで人と組織の元気を創る」
テーマは、「イキイキとした行動で、いい仕事をしよう!」。
開始は午後6時50分、会場は神保町・ジェイック
職場を活性化する具体的なヒントが得られる。
とくに社長や役員、管理者、マネジャー、所長の方々にお奨め。

皆さま、ぜひお越しください。
お待ちしています。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)

松崎俊道…人と組織の元気を創る

人気ブログランキング←応援、よろしく!

あす午後6時50分から東京・神保町で、NPO法人営業実践大学公開講座を開催する。
先ごろ制度を変更したので、会員以外の方も気軽に参加できるようになった。
大学セミナーの演題は、「KAIZENで人と組織の元気を創る」
テーマは、「イキイキとした行動で、いい仕事をしよう!」。
ゲストは、株式会社組織デザインの代表取締役を務める松崎俊道氏。

仕事に忙殺され、モチベーションが低下する部下、歩むべき道を見出せない幹部社員…。
いたるところで成員の疲弊が急速に進んでいる。
氏は、多くの企業で“心・仕事・時間”のカイゼンに取り組んできた。
小さな工夫を積み重ね、大きな変化をもたらすカイゼンは、日本人が生み出した最良のソフトウェアといえよう。

今回は“人と組織の元気”という身近でありながらもっとも困難なテーマ「KAIZEN」について、そのポイントを具体的に学ぶ。
職場を活性化する絶好の機会となるだろう。
どうか皆さま、お誘い合わせのうえ、奮ってご参加を!

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ