私は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが大阪で開催する営業セミナーの講師を務める際、たいてい「ラマダホテル大阪」に宿泊してきた。
主催者がここを指定し、なおかつ当日朝9時にタクシーを手配してくれる。

ここは、前身が「東洋ホテル」である。
大阪万博前年の1969年、三和銀行(現東京三菱UFJ銀行)が中心になり開業した。
地元資本の「ホテルプラザ」「ロイヤルホテル(現リーガロイヤルホテル)」とともに、「大阪の御三家」と呼ばれたこともある。
客室数は5百5十室弱。
大きな会合の開催などにも用いられた。

私は三和総合研究所で営業セミナーの講師を務めていたので、主催者がここを宿泊先に指定した。
その後の都市銀行の合併にともない、三和総合研究所はやがて三菱UFJリサーチ&コンサルティングに変わった。
東洋ホテル、そしてラマダホテル大阪にずいぶんとお世話になった。

東洋ホテルは2006年、業績の悪化によりラマダホテル大阪として再スタートを切った。
大阪市内ではホテルの開業が相次いで競争が激化してきたが、ここは客室稼働率が順調らしい。

しかし、開業後40年以上を経過し、建物の老朽化がかなり進んでいる。
大規模改修に必要となる多額の投資を回収できる見通しがつかず、ラマダホテル大阪は2013年末で閉館することになった。
さみしい限り・・・。

話は変わる。
私が来週、三菱UFJリサーチ&コンサルティング大阪で行う「提案営業セミナー」は画期的な集客である。
主催者から参加者(申込者)の人数を聞き、何かの間違いでないかと思った。
東京でも名古屋でも大阪でも、また主催者を問わず、営業分野の公開セミナーは数年ほど集客が不振を極めており、とても驚いた。
私自身、ここまでの人気の理由が分からない。

実は、その翌日、三菱UFJリサーチ&コンサルティング東京で同じ「提案営業セミナー」を行う。
こちらも素晴らしい集客である。

手前味噌になるが、私が講師を務める営業セミナーはかなり健闘してきた。
だから、登壇の機会はむしろ増えている。
しかし、それでも、今回は突出して申込者が多い。
うれしい限り・・・。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!