コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

リストラ

リストラは企業再生の近道・・・瞬時に収支が改善

コストカットは再生の近道、速やかに収支が改善。
が、私は絶対に「リストラ」に手を染めない。



当社に寄せられる相談の大部分はその時点で「手遅れ」である。
(例えば、社長が限度を超えて頑張った中小企業である。)
再生ファンドや企業買収に熱心な事業会社が取り扱う案件といえる。
いまでは「M&A」の仲介を行うインフラも整いつつある。

当社は支出削減でなく「収入増加」により業績をテコ入れする。
「コストカット」なら、それと同時に収支が改善する。
おおむね最大の比重を占めるのが社員や従業員の「人件費」である。
だから、近道となる「人員削減」による企業再生を否定しない。

また、私が知る範囲で、社長がもっともやりたくないのは社員の「解雇」である。
社員の肩にさまざまな事情を抱えた家族の生活がかかっている。
社長にとりリストラほど辛く重い決断はない。
ただし、社長は究極の選択では「首」を切ってきたのも事実である。
ごくまれに雇用を守った社長もいたが、すぐに会社がつぶれた。
だから、リストラに踏み切った社長を責める気は毛頭ない。

人間の「血が」通っている社長ならば、その負い目を一生背負って生きていくことになる。
リストラされた社員がそうであったように、リストラした社長は夢にうなされた。

私は父が実質的な「リストラ(山際族)」により職業人生を転落し、それにともない家庭が崩壊の危機に瀕し、明治大学へ進学する際に「日経育英奨学制度」を利用するしかなかった。
学校納付金を全額負担してくれたうえに住まいと一日2食が保障された。
私はやがて社会人・職業人となり、業績回復に携わるようになった。
その際、絶対にリストラに手を染めないと誓った。



リストラと比べ、おもに「営業強化」による収入増加はそれなりの時間がかかる。
経営が逼迫していると思われる企業では、「キャッシュフロー」がいつまで回るかを尋ねている。
企業規模にもよるが「1年」くらいは欲しい。
さすがに「半年」と言われると、引き受けるのをためらう。
営業の特性、実態と水準などをつかんでから判断を下している。

解雇を前提としない「営業立て直し」では自主性を尊重していられない。
決め手は社員を「強制的」に動かすこと。
なおかつ社員が「死に物狂い」になって頑張るならば間に合う。

そのため、当社は社長か営業統轄役員と同等の「権限」を持つ。
営業に関する「命令権」と「人事権」である。
命令系統を一本化し、数字づくりに直結する行動を断固命じる。
(それは営業活動の「KPI=面談有効度」を数値化して追跡することだ。)
全社会議で様子を見るなどして部門長や拠点長の異動を行うこともある。
(むろん、「降格者」のプライドには配慮している。)

何の権限もなしに、果敢な開発営業・案件育成に挑ませるのは時間がかかる。
結果としてクライアントの「費用負担」が膨らむ。
崖っぷちに立つ企業の業績回復には、「収益伸長の黄金比」を適用するのが確実かつ迅速である。
ちょっとやって立て直せることなどなく、複合的な打ち手を集中的に講じる。

詳しくは『短期業績回復の打ち手』にて。

image

















Copyright (c)2020 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

就職人気1位JTBほか旅行会社は凋落が不可避

きのうのブログ「JTB・近ツリ・日本旅行はリストラ加速、年金減額へ」で、旅行会社は凋落が不可避だと述べた。
とりわけJTB(旧日本交通公社)を眺めていると、企業文化や組織風土の根幹の部分で、経営破綻を招いた日本航空(日航。JAL)に通じる“甘さ”を感じてしまう。
学生の就職志望企業ランキングでベストテンの常連、ときに1位のJTB。
田川博己社長ら経営陣は、その将来をどのように描いているのか、私には見えてこない。
窓口(カウンター)での対面販売も、それによる手数料収入も、すでに壊れかけている。
時間はない。

以下に、「会社がつぶれる…トップに必須の企画力とは?」と題する2010年8月6日のブログを収める。
手を加えていない。

◆◇◆

私は、JR東京駅に隣接した丸の内経営サロン(丸の内トラストタワー本館20階、サーブコープ内)で「個別経営相談」に応じている。
取締役も訪れるが、対象は原則「社長」である。
無料。
こうした相談会はたいてい何らかの業務の受託を目的としているが、私は純粋な恩返し(社会貢献活動)で行っている。
仕事は不要。

経営者の悩みは非常に深く、私が黙って聞いていると際限がない。
それなりに胸の内を吐き出させたうえで、私は諭している。
「この十年、二十年、社会は変わり、経済は変わり、そして市場は変わり、顧客は変わりました。
一昔前と同じような事業を営み、同じような商品をつくり、同じようなやり方で売っていたら、業績が悪くて当たり前でしょう。
どうかシンプルに考えてください」。

私がコンサルタントとして見聞きした範囲では、変わっていない会社は一部の例外を除き、業績低迷どころか規模縮小に陥っている。
じり貧を免れない。

今後はさらに内需縮小が進み、景気後退が繰り返されるだろう。
会社が生き残れるかどうかは、経営者の力量次第である。

私は、変えられない社長は無能だと思う。
そして、変えるために必須となるのが、マネジメントやマーケティングに関わる「企画力」である。

以下に、「社長が行うべき企画とは何か?」と題する2007年8月13日のブログを収める。
3年前の原稿だ。
思い切って手を加えた。



環境が激変する今日、社長の「企画力」が企業の命運を分ける。
とくに一代で会社を創りあげたオーナー社長が次世代へバトンを渡す前に行うべきは、これまでの事業とそのやり方を陳腐化することに尽きる。
そう、過去へ押し遣ってしまう。
「功成り名遂ぐ」創業者にとり、会社と自分は一体だ。
ゆえに、それは己に「NO」を突き付けることになる。
愉快なはずがない。

しかし、それをためらうなら、他社が陳腐化してかかる。
それも、これまでの競合に留まらない。
IT革新につれ、思いも寄らぬライバルが現れる。

自社でそれを断行すると、陳腐化した売り上げと陳腐化された売り上げの両方が得られる。
したがって、業績は何とか維持できる。
経営もしばらくは安泰である。
こうしたことは、創業者に限らず、すべての社長が知っておかなければならない。

例えば、クルマは長らく国内の新車販売が落ち込んでいる。
トヨタは大きなリスクを冒してまで「レクサス」ブランドの導入に踏み切った。
賭け!

トヨタが戦後打ち込んだのは「いつかはクラウン。」という名作コピーに象徴されるように、「カローラ⇒コロナ⇒マーク侠優ラウン」というヒエラルキーを構築することだった。
右肩上がりの経済のもと、生活者は商品の購入自体を目的とし、所有価値を第一にしていた。
その頂点に位置づけられたのが、クラウンである。

レクサスブランドの導入はヒエラルキーの崩壊、したがってトヨタブランドの弱体化を招きかねない。
トヨタは右肩下がりの経済のもと、命懸けの決断を下した。
私は、横綱の「自己否定」を知らない。
クレージーとさえいえよう。
それだけ危機感が強かった。

それによりクラウンはかつての輝きが色褪せ、トヨタブランドが陳腐化されたことは否めない。
しかし、トヨタはそれと引き換えに高級車市場というご褒美を手にしつつある。
他社に先行されると、陳腐化された売り上げしか残らなかった。

例えば、伝票や帳簿などの紙製品は、次々と登場した会計ソフトに陳腐化された。
「勘定奉行」や「大蔵大臣」など…。
これまでの業界はパイが縮小したと嘆いた。
そうでなく、パイは爆発的に拡大した。

顧客はもともと経理処理や会計処理の合理化を買っていた。
ところが、彼らは伝票や帳簿を買っていると勘違いしていた。
もはや商品の購入は目的でなく手段にすぎない。
いまどき商品を買う顧客はいない。
かならず業務上の効用や経営上の目的を買っている。
彼らは危機感が乏しく、伝票・帳簿販売の自己否定が遅れた。
顧客への貢献において、新たに出現した競合(ライバル)が上回ったのだ。
これは、他社が既存の事業や商品を陳腐化しただけでなく、巨大な新市場を創出したケースである。

例えば、旅行の窓口販売はネット販売に陳腐化された。
膨大な時間と費用をかけて整備してきた店舗網が、収益の足かせになる。
最大手のJTBを筆頭に、旅行代理店はほとんどが業績下落に苦しむ。
店舗の閉鎖と従業員の削減が避けられず、業績は極端な先細りになる。
経営が崖っぷちに追い込まれよう。
彼らは危機感が乏しく、窓口販売の自己否定が遅れた。

⇒2010年10月4日「JTB・近ツリ・日本旅行はリストラ加速、年金減額へ」はこちら。

結局、凋落傾向から抜け出せない名門企業は、この陳腐化を先延ばししてきた。
概して呑気…。
リストラで一時的に帳尻合わせを行ったとしても、すなわち「縮小均衡」では本質的な解決を図れない。
経営層が成功体験の呪縛から逃れられない企業はつぶれるか飲み込まれよう。

なお、絶大な権力を持つオーナー社長は、率先して自社の陳腐化を推し進めなければならない。
これまでの事業とそのやり方と決別すること!
社員は、それを進言すると、社長と衝突することが分かっている。
辞める覚悟を持たないと、絶対に切り出せない。

以上、こうしたビジネスモデルやマーケティングの改革・革新は、スピードが命となる。
他社にいったん陳腐化されると、それを追いかけるのは絶望的である。
先行利益は非常に大きい。

社長が行うべき企画とは、自社を陳腐化するそれなのだ。
壮絶なる自己否定にほかならない。

変われない会社は末路が見えている。
トップの企画力が鍵を握る。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

分が悪いサラリーマン…生涯賃金とリスク

サラリーマンは儲からない。
生涯賃金は大手企業でも高が知れている。
かたや、リスクは経営者よりいくらか低いだけである。

ただし、サラリーマンは会社が倒産するまで、おおよそ一定の給料が支払われる。
こうした当面の安定性は、とりわけ自営業者やオーナー社長にない魅力、いや特権だろう。
ならば、これを目一杯活用しようでないか。
独立や起業の選択肢をつくっておく。

昇進の確率を起業の成功率と比べると、そこに驚くほどの差があると思わない。
ここでいう昇進とは、わりとリストラされにくい取締役クラスへの就任である。
どちらも非常に難しい。

サラリーマンと、自営業者やオーナー社長の決定的な違いとは?
前者では平としての生活を保てる。
それに対し、後者ではすべてを失うどころかマイナスに転じる可能性がある。
結局、サラリーマンとは、保障のことだ。

しかし、この唯一のメリットも揺らいでいる。
終身雇用の崩壊である。
景気後退や業績悪化で簡単に放り出される。

日本は経済が沈み、市場が縮む。
学生の就職人気ランキング企業の大半はその時点がピークだろう。
とくに内需型に関しては顕著である。
わが身を会社に委ねるわけにいかない。

サラリーマンは分の悪い職業になった。
私たちは労働環境や就労形態の変化を意識しながら、自分にとってよりよい働き方を探りつづけるべきだ。
半世紀に及ぶ長い職業人生では「まさか」が幾度か訪れよう。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

リストラの判定法(講演TV)

自分はリストラされる可能性があるか?
判定は簡単だ。
自分がいなくなっても、これといった不都合が起こらず、いまの職場が回っていく、続いていくとしたら、リストラの対象になりうる。

私たちが自分と愛する家族の生活を守るには、そうした問いかけを決して忘れてならない。
そして、肝心なことは、その答が会社の側でなく、自分の側にあることだ。

リストラは、「会社の事情」によると考えたいのは分かる。
しかし、「自分の能力」によると考えたほうがよい。
放り出して助かるのが会社であり、放り出されて困るのが自分である以上…。

リストラを「他責」と見なすかぎり、能力の伸長も人間の成長も図られない。
それでは不況が訪れるたびに職場を失い、収入が途切れる。
自分も家族も社会の底辺をさまよう。
まして中高年に達すると、それにより職業人生が幕を閉じかねない。

「転ばぬ先の杖」。
人は平時にしか備えられない。
例えば、2003年〜2007年の5年間。
追い風に背中を押されていたので、だれしも仕事でそれなりの結果を残して当然である。
この間、気を引き締めて自分の能力の向上を強く意識した働き方を行ってきたか?

他力に甘んじる人は、かならず他責にする。
「不況で売れない」と言うなら、「好況で売れている。自分の能力は無関係」と言うべき。
売れているときは自分のお陰で、売れないときは景気のせいでは…。
冷静に振り返ると、いつだって仕事の成果は景気がもたらした。
自分がつくったわけでない。
営業職が上げてくる数字を眺めれば実感できるはず。
例外は、一握りのプロフェッショナル。

いまさら悔やんでも仕方がないが、不況期になってアタフタしても手遅れである。
せめて、職場でかけがいのない存在になるための第一歩を踏み出そう。
そうすれば、まさかのときに“拾う神”も現れる。

                       ◇

なお、本日のテーマについて、もう少し詳しく、あるいはもう少し掘り下げて語っている。



******************
講演TV(人生編)
リストラの判定法
******************

これは、2009年4月22日(水)の「和田創ブログ」に若干のアレンジを加えたものである。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

人手と人材の違い(講演TV)

人手と人材、この差は大きい。
作業をこなす「人手」は、好不況の波により需要が極端に左右される。
こう言うと、いわゆる肉体労働の従事者を思い浮かべるかもしれないが、ホワイトカラーも例外でない。
労働の大半が案外、習慣性の作業で占められている。

人手は、猫の手も借りたい好況期が去るとリストラの対象となり、真っ先に職場を追われる。
私たちは、代替が利く作業に甘んじるかぎり、自分と家族の生活を守ることができない。
いかに働くべきか、職能の養成とキャリアの形成という観点から、一人ひとりが真剣に考えなくてはならない。
世界は「ジェットコースター経済」の時代に突入し、景気は激しい変動を繰り返すのだから…。

かたや、仕事を行える「人材」は、好不況の波に関わらず需要が根強く存在する。
好況期は当然として、不況期はより切実に求められる。
難局を乗り切るには、やみくもな頑張りでなく、確かな知恵が欠かせない。
人材はいつの時代も不足している。
ならば、職業人生を悠々と楽しむことができる。

さて、作業と仕事の違いは、労働における「考える」要素の軽重に尽きる。
その量(時間)に加え、質(深さ)が大事。
年齢に応じ、経験に応じ、地位に応じ、仕事の比重が高まっていく働き方をしなければならない。
むろん「考える」とは、自分ができない業務や事柄に取り組むことである。
したがって、習慣性の作業にならない。

                       ◇

なお、本日のテーマについて、もう少し詳しく、あるいはもう少し掘り下げて語っている。



******************
講演TV(人生編)
人手と人材の違い
******************

これは、2009年3月9日(月)の「和田創ブログ」に若干のアレンジを加えたものである。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

無料個別相談会

リストラの可能性を判定する

自分はリストラされる可能性があるか?
判定は、簡単だ。
自分がいなくなっても、これといった不都合が起こらず、いまの職場が回っていく、続いていくとしたら、リストラの対象になる。

仕事教本0241私たちが自分と家族の生活を守るには、そうした問いかけを忘れてならない。
そして、肝心なことは、その答が会社の側でなく、自分の側にあることだ。

リストラは、「会社の事情」によると考えたいのは分かる。
しかし、「自分の能力」によると考えたほうがよい。
放り出して助かるのが会社であり、放り出されて困るのが自分である以上…。

リストラを「他責」と見なすかぎり、能力の伸長も人間の成長も図られない。
それでは不況が訪れるたびに職場を失い、収入が途切れる。
自分も家族も社会の底辺をさまよう。
まして中高年に達すると、それにより職業人生が幕を閉じかねない。

昔、リストラされた人がタクシーの運転手にかなり流れた。
クルマで顧客回りを行っていた営業職も少なくない。
私は長距離乗車などで、しばしば愚痴をこぼされた。
黙って聞いていると、会社への恨み辛みばかりで、際限がない。
気の毒とは思うが、これじゃ仕方ないかとも思った。
営業職について述べれば、十分な成績を残せる人が不況でお払箱になったという話は聞いたことがない。

仕事教本0242「転ばぬ先の杖」。
人は平時にしか備えられない。
例えば、2003年〜2007年の5年間。
追い風に背中を押されていたので、だれしも仕事でそれなりの結果を残して当然。
この間、気を引き締めて自分の能力の向上を強く意識した働き方を行ってきたか?

他力に甘んじる人は、かならず他責にする。
「不況で売れない」と言うなら、「好況で売れている。自分の力は無関係」と言うべき。
売れているときは自分のお陰で、売れないときは景気のせいでは…。
冷静に振り返ると、仕事の成果は景気がもたらしたのであり、人がつくったわけでない。
例外は、一握りのプロフェッショナル。

仕事教本0243いまさら悔やんでも仕方がないが、不況期になってアタフタしても手遅れ。
せめて、職場でかけがいのない存在になるための第一歩を踏み出そう。
そうすれば、まさかのときに“拾う神”も現れる。

世界はジェットコースター経済に突入。
しかも日本は衰退トレンドが加速。
十年に1度は不況の激震に見舞われそう。
ゆえに、私たちは景気に左右されない職業人生を真剣に追い求めなければならない。
それは豊かさと幸せを手に入れる前提条件。
むろん、企業経営でも同様。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

どうなる? リストラ

川柳20080416-01このところ製造業の経営層や管理職と接する機会が多い。
例えば、部品メーカーでは前年同月比5〜8割減といったところが珍しくない。
しかし、彼らの表情にいくらか明るさが戻ってきた。
生産調整が進んだ結果、第2四半期、早ければ5〜6月から工場の稼働率が上向きそうとの手応えを得ている。
今回の経済危機により製造業は金融業や不動産業と並んで大きな痛手を被ったが、底入れ感が広がりつつある。

とはいえ、大幅な前年割れが半年以上続いていることに変わりはない。
日本を代表する大手メーカーでさえ公的資金の活用を考えている。
体力の弱い企業はいよいよ限界に近づいてきた。
すでにパートや派遣の従業員の解雇を行っているが、売り上げの早期回復を図れず、それだけではやっていけないところが出てくるはず。
私は、正社員のリストラは今年度に増えると思う。

また、世界経済は多くの不安要因を抱えている。
この先、ちょっとしたきっかけで景気後退が起こるかもしれない。
そうなると、ぎりぎりの状態で踏み止まっていた企業が一斉にリストラへ動く。

雇用波乱はまだ収束に向かわない。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ジェットコースター経済へ

明日へのヒント 輪島功一人手と人材、この差は大きい。
作業をこなす「人手」は、好不況の波により需要が極端に変動する。
こう言うと単純な肉体労働の従事者を思い浮かべる人がいるかもしれないが、ホワイトカラーも例外でない。
仕事教本0231労働時間の大半が案外、習慣性の作業で占められている。

人手は、猫の手も借りたい好況期が去るとリストラの対象となり、真っ先に職場を追われる。
そう、代替が利く作業に甘んじるかぎり、自分と家族の生活を守ることはできない。
仕事教本0232いかに働くべきか、職能の養成とキャリアの形成という観点から、一人ひとりが真剣に考えなくてはならない。
「ジェットコースター経済」の時代に突入したのだから…。

かたや、仕事を行える「人材」は、好不況の波に関わらず需要が根強く存在する。
好況期は当然として、不況期はより切実に求められる。
仕事教本0233難局を乗り切るには、やみくもな頑張りでなく、確かな知恵が欠かせない。
人材はいつの時代も不足している。
ならば、職業人生を悠々と楽しむことができる。

作業と仕事の違いは、労働時間における「考える」要素の大小に尽きる。
量に加え、「質」が大事。
仕事教本0234年齢に応じ、経験に応じ、地位に応じ、仕事の比重が高まっていく働き方をしなければならない。
なお、「考える」とは、自分ができない仕事に取り組むことである。
したがって、習慣性の作業にならない。

                       ◇

格差問題の根っこに横たわるのは、人手と人材の違い。
仕事教本0235会社が悪い、政治が悪い、社会が悪いと嘆く前に、自らの働き方を顧みて改めなくては、貧困から永久に抜け出すことはできない。
もし、働き方を変えずに豊かさを得るなどという魔法があるなら、私が教えてもらいたい。

職業人生とは、己の市場価値向上への絶えざる挑戦である。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年3月公開講座

リストラに怯える毎日

営業に“勝ち癖”をつけるしばらく収まっていた企業倒産が増えている(統計上の数字でなく、マスコミ報道上の印象)。
何とか持ち堪えてきたところが、景気のさらなる悪化により白旗を揚げざるをえなくなった。
再建屋雑記帳0644資金繰りが逼迫する年度末へ向け、破綻が相次ぐのか。

正社員のリストラの嵐も吹き荒れはじめた。
すでに新聞やテレビで報道されており、数十名や数百名の単位でなく、数千名の規模。ときに1万名を超える。
経営◇勝ち残りの条件2名前が挙がった企業の社員はやり切れない思いだろう。
それが実行に移されるのはこれからであり、自分がいつ肩を叩かれるか、生きた心地がしない。
再建屋雑記帳0645とくにカネがかかる中高生などの子どもを抱える人は心配で、夜も眠られないはず。
家族もびくびくもの。
リストラに怯える毎日を過ごすことに…。

報道によれば、私立高校の授業料の滞納がひどい。
再建屋雑記帳0646ここ数年の好況を背景に子どもを入学させてみたものの、収入の基盤が揺らいだ結果である。
進学塾の生徒が半年で激減したという噂も耳にした。
教室の閉鎖が進むのか。

和田創 講演メニュー政治の無策が日本経済と日本国民をとことん追い詰めてしまった。
それでも自民党も民主党も政局にしか関心がない。
再建屋雑記帳0647あの人たちは何なのか?

                       ◇

再建屋雑記帳0647私は、風邪の一歩手前の状態がだらだらと続く。
講演などが続いており、寝込むわけにいかないので、クスリを多めに飲んでいる。
ただし、ワインは口に含んでいない。
再建屋雑記帳0648ロレツが回らなくなるのが怖い。
「だれだっ!」。

Copyright ©2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

流通の淘汰が一気に進む

人気ブログランキング←応援、よろしく!

三越が来年5月までに6店舗の閉鎖を決めた。
と思ったら、今度は西友が来夏までに20店舗の閉鎖を決めた。
むろん、理由は採算の悪化。すべて国内。
かなりの大型店が含まれる。
これだけの規模だと、リストラも行われよう。
主力店に経営資源を集中するとの決断だろうが、はたして加速する内需縮小下で傾きかけた社業を建て直せるか。
さらなる閉鎖に追い込まれる可能性を否定できない。

国民が先行きに言い知れぬ不安を感じている。
消費不振が深まり、流通の淘汰が一気に進む。
日本では長期的なトレンドとして、とことん買わないライフスタイルが定着するはず。
表層の購買行動というより深層の生活意識の変化が流通を追い詰める。
右肩上がりの時代の価値観が崩れた結果である。

Copyright ©2008 by Sou Wada

不況が足元を濡らす

人気ブログランキング←応援、よろしく!

不況が足元を濡らし、経営者の動きが慌ただしくなっている。
それは有力ベンチャーや大手企業にも及ぶ。

私が知る会社が相次いでオフィスを大幅に縮小したり、遠方へ移転したりしている。
だいたいが経営者の交代や社員のリストラを含む。
株主の変更も見られるが、それは会社を買い取られたということ。実質的なM&Aである。
さっさと会社を畳んだオーナー社長も…。廃業である。

しかし、借金まみれの中小企業や零細企業は清算することさえできない。
この先、景気が一段と悪化し、買い手を見つけられないとしたら、倒産に追い込まれるところが続出しよう。

Copyright ©2008 by Sou Wada
image

フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ