コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

リニア中央新幹線

空飛ぶ車のありがたみ…津波避難

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)。
大津波が三陸沿いの集落を襲った映像がテレビ各局で繰り返し放送された。
大量の家屋と自動車がゴミみたいに流されていた。
水の破壊力は凄まじかった。

私は脳裏に「空飛ぶ車(クルマ)」が浮かんだ。
それが普及していたら、多くの人命が失われることはなかった。
真上に逃げられる。
津波災害から逃れる決め手は高所避難だ。
空飛ぶ車は非常にありがたい。
また、地震の巨大なエネルギーで道路が陥没したり寸断されたり、土砂などの障害物に塞がれたりしても影響を受けない。

このブログで以前、「空飛ぶ車」について書いた。
日本で話題になっていないが、アメリカでまもなく発売されるようだ。
通常のガソリンを燃料とする「陸空(空陸)両用車」である。
それも、やや高級車といった値段。
機能を考えれば、コストパフォーマンスは驚くほど高い。
操作(操縦)も至って簡単、自動車感覚とか…。
韓国でも空飛ぶ車の開発が発表された。
ただし、導入はだいぶ先。

⇒2011年2月15日「空飛ぶ車…トヨタがスバルと本格参戦か」はこちら。

トヨタ自動車など大手メーカーはすでに開発に着手しているはずだ。
実用化の一歩手前にこぎ着けているかもしれない。
日本で認可されるには解決すべき問題、克服すべき課題があまりに多い。
が、私は一日も早い導入を望む。
その頃は自動運転に変わっている?
でなくては、危険。
また、化石燃料に限られない?

2010年代の半ば、アメリカの空飛ぶ車は劇的な進化を遂げているだろう。

                       ◇

アニメやコミックで描かれる未来都市では、マイカーのようなパーソナルな飛行物体が行き交っている。
国家的プロジェクト「リニア中央新幹線」が全線開業してほどなく、無用のインフラになってしまう可能性はないのか。
空飛ぶ車が普及しているのでは…。

⇒2009年10月16日「リニア中央新幹線は伊那谷ルート!」はこちら。

私は猛烈なヒコーキ嫌いだが、空飛ぶ車に抵抗はない。
それどころか登場が待ち遠しい。
地震で新幹線(車両)が脱線する心配とも無縁。
生きている間に夢を叶えてほしい・・・。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

リニアルート伊那谷は苦戦、南アルプスで決着へ

リニア中央新幹線は、所要時間が最短、建設費が最小の「南アルプスルート」で決着する公算が強くなった。

JR東海(東海旅客鉄道)が2027年の開業を目指すリニア中央新幹線のルート選定が大詰めを迎えている。
国交省の審議会は、東京〜名古屋間をほぼ直線で結ぶ南アルプスルートの優位性を示す試算を盛り込んだ報告書を近々公表する。
これにより最高時速5百キロメートルで走行可能な区間を長く取れ、所要時間は40分。
建設費は5兆4千3百億円。

JR東海は「伊那谷ルート」「木曽谷ルート」と合わせ、3候補に関する報告書を提出していた。
が、いずれも迂回ルートになるため、建設費が数千億円増え、時間が数分遅くなる。

・・・慌てたのは、地域経済と観光の興隆に期待を寄せ、リニア中央新幹線の誘致活動に熱が入っていた長野県。
地元自治体の山田勝文諏訪市長と白鳥孝伊那市長が阿部守一県知事に対し、伊那谷ルートでの建設を国に求める要望書を手渡した。
意見交換も行われた模様。

とはいえ、リニア中央新幹線は事業主体のJR東海が建設費を全額自己負担する。
これで伊那谷ルートの苦戦、劣勢がはっきりした。
巻き返しはかなり困難だろう。
また、県北と県南ではおそらく温度差が大きい。
すでに長野新幹線が開業しているからだ(将来的に北陸新幹線)。

国交省の審議会は経済効果や需要予測、利便性などに関するデータを掘り下げて検討したうえで、早ければ年内におおよその方向性を固める。
壮大な構想の実現へ向け、まもなく巨大プロジェクトが動き出す。

以下に、「リニア中央新幹線は伊那谷ルート!」と題する2009年10月16日のブログを収める。
原稿にいくらか手を加えた。

                      ◇◆◇

リニア中央新幹線は、2045年に開業!
私はもう生きていない。
と思ったら、東京〜名古屋間は2025年(2010年現在の見込みでは2027年)の開業。
間に合う?
ならば冥土の土産になる。

JR東海は、いよいよルート選定に入る。
10兆円弱のプロジェクト。
鳩山内閣発足後、久々に明るい話題だ。
候補は、直線の南アルプスルート、中間の伊那谷ルート、最北の木曽谷ルートの3つ。

私は「伊那谷ルート」を望む。
理由にならないが、長野・伊那中学校に在籍したので…。
クラスメートと国鉄伊那市駅から飯田線の線路上をどこまでも歩いていくのが好きだった。
決して道に迷うことのない青春の放浪…。
その伊那谷を、リニアが駆け抜けていくのだ。
シルバー(?)の車体に、真っ赤に色付いた山々が映える、なんちて。

最短の南アルプスルートでは、東京(品川駅)〜大阪(新大阪駅)間を1時間7分(67分)で結ぶ。
最高時速は5百キロメートル。
夢のスピードで地上を走る(6百キロはムリ?)。
私はヒコーキ嫌いの結果、鉄道ファン。
陸路で北海道、四国、九州へ。
とりわけ東海道・山陽新幹線の利用頻度はきわめて高い。
ぜひともリニアの乗り心地を味わってみたい。

なお、リニア中央新幹線が営業すれば、東京、名古屋、大阪は通勤圏。
一握りの富裕層は“通勤電車”として使うはず。
毎朝同じ顔触れが軽く目配せや会釈を交わす。
でも、しゃべらない。
これが経済的ステイタスになっていそう。
また、経費削減の一環で3都市相互の出張は日帰りになりつつあるが、これにより宿泊付きはまったく消える。

昔は年中出張というビジネスマンがいた。
とくに営業系では長期出張が珍しくなかった。
毎月、北海道や九州などのテリトリー(担当区域)を数日から十数日かけて回る。
彼らのなかには、しょっちゅう訪れる都市に愛人をつくる兵(つわもの)がいた。
飲み屋でのボトルキープは当たり前。
時間距離が劇的に縮まって日帰り出張が浸透した今日、男どもの「武勇伝」はあまり聞かれなくなった。

私はふと思った。
リニア中央新幹線が完成する21世紀半ば、例えばクルマが空を飛んでいる可能性はないのか。
陸上のインフラが無用の長物になったりしないのか。
もしそうなると、現時点での需要予測は意味をなさない。
技術革新の急速な時代では、こうした長期事業の策定はとても難しい。

もう一つ。
東海道新幹線の営業は、東京オリンピックが開催された1964年。
JR東海は当然、大規模な補修を施すだろう。
しかし、2045年のリニア中央新幹線の全線開通(東京〜大阪間)まで、現在のインフラは持ち堪えられるのか。
約1世紀だ。
関東地震〜東海地震〜東南海地震〜南海地震など、マグニチュード8クラスの大地震の周期的な発生が迫っている。
私はいつもびくびくしながら「のぞみ」に乗っている。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

校歌を歌ってみなさい…就活・面接

私はこのところ肉体は疲れているのに神経が高ぶっていて、睡眠がうまく取れない状態が続いている。
眠りに入るまでに時間がかかる。
ようやく眠れたと思ったら1〜2時間で目が覚める。
後頭部や側頭部に熱がこもっている。
日中がつらい・・・。

私は先日、変な夢を見た。
パジャマ(といってもTシャツ)のエリが汗でびっしょり濡れていた。

恐らく懸命に“就活”をやっていたのだろう、入社試験。
意地悪そうな面接官が校歌を歌ってみなさいと命じた。
予想外。
私は高校が3校にまたがっており、校歌を覚えていないことを伝えた。
すると、小中学校の校歌でよい。

私は6年間在籍した直江津小学校の校歌を歌い出した。
「ながめとうとき 妙高山の〜」。
ところが、この後の歌詞が出てこない。
ただし、メロディは覚えているので、鼻歌で続ける。
「〜この庭なつかし この庭たのし」。
初めと終わりしか歌えなかった。

私は焦る。
次いで、2年半在籍した伊那中学校の校歌を歌い出した。
「山脈は 青くめぐりて
川遠く 南に流る
見晴らしの木深き丘べ
古きより 学びの地たり」。
山脈は「やまなみ」と読む。
無事に歌い終えられた。

私は、日本海に面した直江津市から2〜3千メートル級の山々に挟まれた盆地の伊那市に引っ越してきた。
呉羽紡績(現東洋紡績)の出張所兼自宅は国鉄「伊那市駅」の真裏にあり、すぐそばに天竜川が流れていた。
それは遠く太平洋へ注ぐ。
そして、伊那中学校までは丘へ続く道を20〜30分登る(うろ覚え)。
それなりの距離。
伊那中学校の校歌は、私が抱いた実感そのもの。

私はほっとした。
ここで目が覚めた。
午前5時前。
2時間も眠っていない。
やれやれ・・・。

それだけの話だ。
夢はたいてい他愛ない。

専門家は、この夢をどう分析するのか?
私は人生で卒業式を経験しておらず、毎年この時期がやって来るたびに無念の思いが募る。
また、就職を経験しておらず、会社員(サラリーマン)にコンプレックスを感じている。
それと関係しているのだろうか…。

なお、歌詞については、それぞれの学校のホームページで漢字とひらがなの表記、改行などを確かめたうえで記した。

                       ◇

私は、直江津小学校の卒業式前日に伊那市に引っ越してきた。
当初は盆地特有の眺めが息苦しかった。
が、伊那中学校ですぐに親友ができた。
さらに2人の親友ができ、休日や休暇に伊那谷を長時間歩いた。
あてもなく…。
この土地が次第に好きになっていった。

2025年、私は約60年振りに伊那中学校を訪れた。
74歳。
思ったより長生きできた。
昔、この坂道を難なく登れたことが不思議。

私はすっかり不自由になった目で伊那谷を見下ろしていた。

そのときだ。
鋭い光を放つ鉛筆のような物体が走り抜けた気がした。

3人の旧友が「リニア中央新幹線」と教えてくれた。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2010年4月公開講座
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ