コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

ロシアドーピング

平昌五輪ロシア出場禁止も五輪旗での個人出場可能

国際オリンピック委員会(IOC)は国家ぐるみでのドーピングが指摘されているロシアについて平昌五輪への参加を禁止すると発表しました。
世界反ドーピング機関(WADA)が作成した報告書とIOCがその後に実施した2回の調査によりソチ五輪をピークとした巧妙な薬物違反が行われていたことが判明しています。

IOCのトーマス・バッハ会長は、国を挙げてのドーピングは五輪とスポーツの高潔性への前代未聞の攻撃と断じました。

今回の決定に対し、ロシア政府やスポーツ界は強い衝撃を受けています。
また、国が侮辱されたという怒りの声が広がるとともに、競技をボイコットすべきという強硬論も出はじめています。
ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社はロシア選手団が参加しない五輪は放送しないと発表しました。

ちなみに五輪出場が禁止されたのはアパルトヘイト時代の南アフリカなどの例があります。
しかし、ドーピング問題に関連して国全体に五輪出場が禁止されたのは初めてとなります。
IOCはオリンピック史上でもっとも厳しい制裁を科しました。

ただし、潔白を証明するなど厳格な条件をクリアした場合に限り、「五輪旗」のもとでの個人出場を認めるとしています。
平昌五輪の組織委員会もそうした選手をサポートすると約束しています。

私が一番関心を寄せるフィギュアスケート女子シングルは、エフゲニア・メドベージェワとアリーナ・ザギトワが金メダルの最有力候補に挙げられています。
個人戦は出られても、優勝が固いとされた団体戦は出られないでしょう。

⇒2017年11月20日「平昌五輪フィギュアはロシア不出場か」はこちら。

ロシアは冬季オリンピックの有力選手を多数擁する強国であり、興行的には大きなダメージとなります。
国旗の掲揚と国歌の斉唱が認められない表彰台そして会場はおそらく異様な光景です。

◆書き加え(12月7日)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「ロシアにも一部悪いところがあった」とし、選手が個人資格で参加するのを「政権が邪魔することはない」と容認する姿勢を示しています。

トリノ五輪・男子シングルの金メダリスト、ロシアのエフゲニー・プルシェンコもインスタグラムで選手に出場を訴えました。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

平昌五輪フィギュアはロシア不出場か

先ごろ世界反ドーピング機関が2015年11月から実施するロシア反ドーピング機関の資格停止処分を継続する方針を決めました。
資格回復を見送ったことによりロシア選手団が平昌五輪に出場できない事態が現実味を帯びてきました。

世界反ドーピング機関は資格回復の条件として、ロシア側に国家ぐるみのドーピングを認定した調査報告書の内容を公式に認めるよう要求してきました。
しかし、ロシア側は疑惑を頑なに否定しています。
モスクワの検査所で保管している選手の尿検体の提供も拒否しています。

国際オリンピック委員会(IOC)は、ソチ五輪で採取したロシア選手の検体の再検査を行っており、失格者が相次ぎました。
ノルディックスキー距離男子50キロフリー金メダル、アレクサンドル・レグコフなどを五輪から永久追放しています。

「ドーピング問題」をうやむやにしてはクリーンなアスリートが不利になります。
それ以前に、公正・公平な競技が成り立ちません。

IOCはリオ五輪以降、不正を許さない姿勢をたびたび強調しています。
9月の総会で五輪憲章を改定し、ドーピング違反を犯した選手やチームに罰金を科せる条文も追加しました。
また、日本はもちろん米国やドイツ、英国などの反ドーピング機関が平昌五輪からロシアを除外するように求める共同声明も発表しました。

世界反ドーピング機関の決定も踏まえ、IOCは12月の理事会でロシアの平昌五輪への出場の可否を最終的に判断することになります。



ロシアがソチ五輪で獲得したメダルは国別でトップとなります。
終了後に剥奪されたものを含め、金13個、銀11個、銅9個の計33個です。

そのなかでも日本に大きく関わるのがフィギュアスケートです。
ロシアはシングル、ペア、アイスダンスのどれもメダル候補が目白押しです。
団体でも連覇が見込まれていました。

IOCの決定次第で、とくに女子シングルは表彰台の光景が一変することは確実です。
エフゲニア・メドベージェワとアリーナ・ザギトワがワンツーフィニッシュを飾りそうでした。
私は日本勢が伸び悩むとロシア勢の表彰台独占もありうると考えていました。

絶対女王のエフゲニア・メドベージェワが勝利後のインタビューで平昌五輪について口を閉ざすのは、ロシア勢が出場できないという気持ちがあるからかもしれません・・・。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ