生まれ故郷の直江津・新潟が大好き

昨夜は小伝馬町のツインバード工業のアンテナショップ「Gate CAFE」で開催されたフェイスブックの「首都圏新潟県人会」に初参加しました。
私は、生まれ故郷の直江津市(現上越市)を含め、出身地の新潟県が大好きで、この集まりに以前から興味を持っていました。

今回は会場が会社(銀座)の近くということ、またフリーランスの私が37年ほど前に勝負をかけて仕事場を構えたのが小伝馬町(同社至近)だったこともあり、思い切って伺うことにしました。
私は文字どおり「年中無休」で働いており、ちょっと遅刻してしまいました。

66歳の私も元気とパワーをいただく

初参加の方も大勢おられたはずですが、交流がとても活発で、凄まじい盛りあがりでした。
互いに大声で話さないと内容が聞き取れないほどです。
66歳の私ですが、元気とパワーをいただきました。

ただし、私は講師という職業柄、インフルエンザで講演やセミナー、研修を休むということが絶対に許されませんので、皆さんと距離を置いて壁際の椅子にいじけたように座っていました。
(今年は珍しく二八の2月が立て込み、セミナーと研修がびっしりと入っています。)

私は首都圏新潟県人会に、々▲好廛譟次↓▲肇蹇璽繊↓首かけマスクの感染予防3点セットで臨みましたが、効き目はどうでしょう。
インフルエンザの潜伏期間は2〜3日のようです。
いまのところ変化はなく都心で仕事(納期)に追われています。

熱気とエネルギーを新潟の活性化へ

タイミングが合えば、また伺おうと思っています。
私は新潟のなかでも「直江津」の市街地の衰退がもっとも深刻だと感じます。
(55年以上前には商店街の雁木の下を行き交う人でおおいに賑わっていました。)
地元と首都圏の新潟県人会の方々と協力し、何らかの地域貢献を行えるようにしたい。
具体的に述べれば、おもにAIやロボットなどの最先端分野を中心にした「起業部会」を裏方としてサポートしたい。
(私自身も昨年、老骨に鞭打って日本ロボコム株式会社とロボットビジネス勉強会を立ちあげました。)

この集まりの熱気とエネルギーを新潟県の産業経済の活性化に寄与する新事業や新会社につなげられるなら、私にとって最高の喜びと誇りです。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!