コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

中小企業大学校

中小企業大学校セミナーの熱気…社長に握手攻め

私が南九州の山あいのリゾートのような自然に囲まれた研修施設で行った経営層向けの丸一日の講演会は感動的だった。
「社長の営業活動 〜トップセールスによる大きな数字のつくり方」。
主催は、中小企業大学校人吉校(中企大人吉校)である。



山陰ほどでないが、南九州は人口減少に拍車がかかっている。
地元密着の営業を行う地場企業、まして中小企業や零細企業の業績は厳しい。

私は「社長の営業活動」のセミナーを終え、参加者のほとんどから名刺を頂戴した。
ちなみに、参加者の8割は社長だった。
ほかは取締役などの経営幹部。
そして、私は握手攻めにあった。

驚いたのは、手に込められた力だった。
私は、社長がセミナーで得た気づきの大きさ、さらに生き残りにかける決意の大きさを感じた。
老いた私も負けじと、強く握り返した。
悩める経営者と有意義な時間を共有することができた。
ただし、ワークショップ(演習)とロールプレー(実演)を含めて5日間(3日+2日)が必要なカリキュラムをわずか1日で済ませたために消化しきれなかったという反省は残る。



私は、送迎車、九州新幹線、山陽・東海道新幹線、地下鉄、マイカーと乗り継ぎ、きのう自宅に戻ってきた。
優に8時間を要した。
そして、すぐに妻と参院選へ、さらに夕食へ。
きょうから再び、東京、名古屋、東京と出張へ出かける。

私は猛暑の九州での長期出張(6日間)でへろへろになったが、素晴らしい泉質の大浴場にゆっくりと浸かれたことが最大のご褒美になった。
中企大人吉校の温泉は肌がすべすべになり、体が芯まで温まった。
いくらか疲れも取れた・・・。



私はこれまでに5日間(3日+2日)の「提案営業セミナー」の講師として中小企業大学校関西校・東京校・広島校に伺った。
和田創研の社員も同様に、中小企業大学校旭川校・仙台校(青森校)・三条校・東京校・関西校・瀬戸校・広島校に伺った。
私は初のテーマで、久し振りの登壇だった。

毎回思うのだが、中小企業大学校は参加者の意識が高く、熱気が凄い。
会社から命じられ、仕方なく受講する社員がほとんどいない。
今回は社長セミナーなので、全員が自発的な意思である。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

コンサルティング営業セミナー…中企大広島校

先だって中小企業大学校広島校から「コンサルティング営業セミナー」の講師の依頼が寄せられた。
私にぜひというお誘い。
3日間+2日間=5日間コース。
内容は、コンサルティングセールスの思想とソリューションセールスの技術に基づく「提案営業」の講義である。
ところが、そのうちの1日は確定、1日は仮押さえが入っており、先方が希望する日程を取れない。

中小企業大学校の受講者は、派遣元の社長が勉強熱心であり、概して優秀。
文字どおり中小企業の社員が中心になるが、レベルは大手企業の社員とそれほど遜色がない。
大手企業は明らかに優秀な「人財」がいる反面、意識も意欲も低い「人罪」が大勢いる。
後者を指導していると、絶望的な気分になる。
中小企業大学校の受講者はおおよそ粒ぞろいであり、講師として遣り甲斐を強く感じる。
また、彼らとの交流は刺激的であり、学ぶところも多い。

仮押さえで一向に構わないので、早めに日程を知らせてほしかった。
そうすれば、空けておいた。

実は昨年、受講者から突出した評価を得たが、カリキュラム自体にかなりのムリがあった。
中小企業大学校のためにということでないが、5日間研修の内容(教材)に思い切った改訂を施し、完成度を高めた。
私はとても残念・・・。

                       ◇

先日、和田創研に社員百名弱の中小企業から電話で「中小企業大学校で提案営業を教えていませんか」という問い合わせが入った。
首都圏の会社だった。
私は、SMBCコンサルティングや三菱UFJリサーチ&コンサルティング、みずほ総合研究所、りそな総合研究所、浜銀総合研究所など都市銀行や地方銀行のシンクタンクで「提案営業セミナー」の講師を務めている。
そうした主催者との兼ね合いもあり、中小企業大学校東京校では教えていない。

                      ◇◆◇

中小企業大学校提案営業セミナーの受講者の感想・評価に関するブログは以下のとおり。

⇒2010年7月23日「中小企業大学校広島校営業セミナーアンケート」はこちら。

⇒2010年7月30日「中小企業大学校広島校提案営業セミナー感想」はこちら。

                      ◇◆◇

「和田創 プロ講師養成塾」シリーズは以下のとおり。

⇒2010年5月11日「次世代が育たない…プロ講師養成塾」はこちら。

⇒2010年5月12日「セミナーアンケート…プロ講師の常識」はこちら。

⇒2010年5月13日「プロ講師の心得…講義の内容と表現の評価」はこちら。

⇒2010年5月14日「教えたら育たない…教育を解釈する」はこちら。

⇒2010年5月27日「講師とは自己否定である…プロ養成塾」はこちら。

⇒2010年5月29日「『営業講師の大ベテラン』にショック!」はこちら。

⇒2010年6月16日「講師にとっての顧客とは?…プロ養成塾」はこちら。

⇒2010年6月18日「プロ講師のなり方…地獄をくぐり抜ける」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ