資本金2円で新会社設立へ!
2社のジョイントベンチャーなので、各1円の出資となる。
私は込み入った計算が苦手なので、分かりやすくしてもらった。
起業教本0084先方の社長は東大とその大学院を出たわりに、簡単な足し算くらいしかできない。
そのせいか、新卒でソニーに入社し、すぐに退社した(辞めたのか、首になったのか、真実は不明)。
とても理工系出身と思えない。
明治大学経営学部5年中退の私といい勝負!

さて、確かに1円の出資にすぎないが、このご時世では結構な金額。
私は、ジョイントベンチャー立ち上げのために、ずっと引き出しの奥に隠しておいた“1円玉”をギュッと握り締めた。
起業教本0085アイタ、タ、タ…。
自分の2円だった。
虎の子のへそくり!

2社で2年前から準備作業をたらたら進めてきたが、ようやく来年前半の創設がぼんやり見えたところ。
そろそろ新会社の「クレド」を考えなくては…。
起業教本0086それがいつも頭の片隅にある。
なぜなら、私は「勝ち残りを決定づける最大の要因は、企業文化と組織風土」と信ずる。
この経営のキモを押さえるなら、会社は簡単に潰れるものでない。
ジョイントベンチャーの社長は、還暦間近の私より二回り以上若い。
彼に余計な苦労をさせたくないのだ。
私は持続的成長を可能にするクレドをつくり、全員がそれを唱和する習慣を根付かせたい。

ついては、どのような会社を目指すのか明確にし、そのうえで「社是⇒社訓⇒行動指針」の順に制定する。
起業教本0087新会社のグランドデザイン、そして骨格となる事業コンセプトとビジネスモデルは、昨秋までにボランティアの創業メンバーの力を借りながらおおよそ描いた。

現実の創業はかならずしも手続きどおりに進まない。
関係者は自分なりにテーマや問題意識を温めている。
起業教本0088目の前の段階に知恵を絞りつつも、その先の段階に関しても断片的にアイデアが湧いてくる。
どちらかといえば理詰めの前者に対し、後者は直感。
それが後に貴重になったりするので、忘れないうちに書き留めておく。
理屈とひらめきのバランスが、こうしたプランニングでは大事でなかろうか。
前者は緻密さを、後者は輝きをもたらす。

私は入浴中に2円を眺めていて、ふとフレーズが浮かんだ。
クレドを考えていたわけでない。

行動、行動、また行動!
挑戦、挑戦、また挑戦!
創造、創造、また創造!

起業教本0089あれ、なかなかいい。
新会社の「行動指針」に使えるかもしれない。
少なくとも素材や1案くらいになりそう。
もちろん、クレドの制定に当たっては「社是⇒社訓⇒行動指針」という流れを踏みながら、全体の整合性を検証して決め込む。

私には、皆が朝礼で心を合わせて大声で唱える光景が見えてきた。
資本金2円のジョイントベンチャーは、短期間でのIPOを目論む。

なお、会社をつくりたいと思っている人に知っておいてほしいことを、以下のブログで述べている。
「案ずるより産むが易い」。
実は、それほど難しくない。
⇒2007年08月26日「会社はごく簡単につくれる」はこちら。
⇒2009年3月12日「会社をつくりMBAに行こう」はこちら。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!