井上靖

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。

井上靖(いのうえ・やすし)は現代小説、歴史小説、自伝小説の作家。
1907年(明治40年)5月6日〜1991年(平成3年)1月29日。
代表作に『闘牛』『氷壁』『天平の甍』『敦煌』『おろしや国酔夢譚』『孔子』など。
幾度かノーベル文学賞の候補になった。

人気ブログランキング←応援、よろしく!