コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

企業再生

リストラは企業再生の近道・・・瞬時に収支が改善

コストカットは再生の近道、速やかに収支が改善。
が、私は絶対に「リストラ」に手を染めない。



当社に寄せられる相談の大部分はその時点で「手遅れ」である。
(例えば、社長が限度を超えて頑張った中小企業である。)
再生ファンドや企業買収に熱心な事業会社が取り扱う案件といえる。
いまでは「M&A」の仲介を行うインフラも整いつつある。

当社は支出削減でなく「収入増加」により業績をテコ入れする。
「コストカット」なら、それと同時に収支が改善する。
おおむね最大の比重を占めるのが社員や従業員の「人件費」である。
だから、近道となる「人員削減」による企業再生を否定しない。

また、私が知る範囲で、社長がもっともやりたくないのは社員の「解雇」である。
社員の肩にさまざまな事情を抱えた家族の生活がかかっている。
社長にとりリストラほど辛く重い決断はない。
ただし、社長は究極の選択では「首」を切ってきたのも事実である。
ごくまれに雇用を守った社長もいたが、すぐに会社がつぶれた。
だから、リストラに踏み切った社長を責める気は毛頭ない。

人間の「血が」通っている社長ならば、その負い目を一生背負って生きていくことになる。
リストラされた社員がそうであったように、リストラした社長は夢にうなされた。

私は父が実質的な「リストラ(山際族)」により職業人生を転落し、それにともない家庭が崩壊の危機に瀕し、明治大学へ進学する際に「日経育英奨学制度」を利用するしかなかった。
学校納付金を全額負担してくれたうえに住まいと一日2食が保障された。
私はやがて社会人・職業人となり、業績回復に携わるようになった。
その際、絶対にリストラに手を染めないと誓った。



リストラと比べ、おもに「営業強化」による収入増加はそれなりの時間がかかる。
経営が逼迫していると思われる企業では、「キャッシュフロー」がいつまで回るかを尋ねている。
企業規模にもよるが「1年」くらいは欲しい。
さすがに「半年」と言われると、引き受けるのをためらう。
営業の特性、実態と水準などをつかんでから判断を下している。

解雇を前提としない「営業立て直し」では自主性を尊重していられない。
決め手は社員を「強制的」に動かすこと。
なおかつ社員が「死に物狂い」になって頑張るならば間に合う。

そのため、当社は社長か営業統轄役員と同等の「権限」を持つ。
営業に関する「命令権」と「人事権」である。
命令系統を一本化し、数字づくりに直結する行動を断固命じる。
(それは営業活動の「KPI=面談有効度」を数値化して追跡することだ。)
全社会議で様子を見るなどして部門長や拠点長の異動を行うこともある。
(むろん、「降格者」のプライドには配慮している。)

何の権限もなしに、果敢な開発営業・案件育成に挑ませるのは時間がかかる。
結果としてクライアントの「費用負担」が膨らむ。
崖っぷちに立つ企業の業績回復には、「収益伸長の黄金比」を適用するのが確実かつ迅速である。
ちょっとやって立て直せることなどなく、複合的な打ち手を集中的に講じる。

詳しくは『短期業績回復の打ち手』にて。

image

















Copyright (c)2020 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

つぶさないこと、生きながらえることが先決・・・緊急出版

◇本日発売◇

『短期業績回復の打ち手』

経営危機を乗り切る具体策が豊富

和田創研は経営再生・事業再生を手がけるターンアラウンドコンサルタントです。
本日、『短期業績回復の打ち手 事例公開◇取り組みの実際と急所』を緊急出版しました。
当社が受託して成果を上げた短期間での「業績回復事例」を業界・市場別、規模・形態別に整理しています。
見応え・読み応え十分、定価1000円(税別)です。

image

















事例公開◇取り組みの実際と急所
企業再生・事業継続・不況対策にも有効

いまは潰さないこと、生き永らえることが先決となります。
本資料は緊急事態・経営危機を乗り切る具体策が豊富であり、企業再生・事業継続・不況対策にも有効です。

雇用維持、現有戦力の底上げと再配置で実現
1年で黒字転換、2年で業績拡大、3年で勝ち残り

最大の特色は「雇用維持」、リストラによる支出削減でなく営業強化による収入増加に軸足を置き、おもに現有戦力の底上げと再配置で成し遂げることです。

その際に適用するのが、試行錯誤の末に確立した「収益伸長の黄金比」を拠りどころとする「営業立て直し標準モデル」です。
この黄金比は若干比重が違っても、高収益・高賃金で有名な企業が共通して大切にする4要素のベストバランスです。

1年で黒字転換、2年で業績拡大、3年で勝ち残りへ。
当社は業績回復を請け負う際に「初年度勝負」と誓い、「売上=商品力(売り物)×営業力(売り方)」の数式を意識しながら、「営業が強い会社」「商品が強い会社」によみがえらせてきました。

自社の存続を決定づける立場の社長、役員、経営企画室のほか、本社のスタッフ、部門・拠点の統括者の方々にお奨めします。
(当社の同業者と個人はお受けできません。)

『短期業績回復の打ち手 事例公開◇取り組みの実際と急所』

短期業績回復は偶然でなく「必然」
コンサルタント無料ウェブ相談実施中

本書にお目通しくだされば、いわゆる勝ち組企業、高収益・高賃金企業が偶然でなく「必然」であることを腑に落としていただけます。
(苦境打破や危機克服の事例の一部を無料で公開しています。)

当社はゴールデンウイーク期間中もテレワークのコンサルタントが「収益伸長の黄金比」を用いた短期業績拡大・業績回復などに関するウェブまたは電話での無料相談を承っています(システム不要)。
どうかお気軽にご利用ください。

「不況対策⇒短期業績回復ウェブ相談」

和田創研ウェブサイト

Copyright (c)2020 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

パンデミックによる経営危機を乗り切る具体策

潰さないこと、生き永らえることが先決
『短期業績回復の打ち手』緊急出版

和田創研は経営再生・事業再生を手がけるターンアラウンドコンサルタントです。
パンデミックによる企業活動の停止を受け、『短期業績回復の打ち手 事例公開◇取り組みの実際と急所』を4月27日に緊急出版します。
かつての「世界大恐慌」よりも深刻な不況が予想されています。
当社が受託して成果を上げた短期間での「業績回復事例」を業界・市場別、規模・形態別に整理しています。
読み応えずっしり、定価1000円(税別)です。

image


















短期業績回復事例公開◇取り組みの実際と急所
雇用維持の企業再生・事業継続・不況対策

いまは潰さないこと、生き永らえることが先決となります。
本資料は緊急事態・経営危機を乗り切る具体策が豊富であり、企業再生・事業継続・不況対策にも有効です。

最大の特色は「雇用維持」、リストラによる支出削減でなく営業強化による収入増加に軸足を置き、おもに現有戦力の底上げと再配置で成し遂げることです。

その際に適用するのが、試行錯誤の末に確立した「収益伸長の黄金比」を拠りどころとする「営業立て直し標準モデル」です。
この黄金比は若干比重が違っても、高収益・高賃金で有名な企業が共通して大切にする4要素のベストバランスです。

ターンアラウンドコンサルタントによる業績回復
営業立て直し標準モデル「収益伸長の黄金比」適用

1年で黒字転換、2年で業績拡大、3年で勝ち残りへ。
当社は業績回復を請け負う際に「初年度勝負」と誓い、「売上=商品力(売り物)×営業力(売り方)」の数式を意識しながら、「営業が強い会社」「商品が強い会社」によみがえらせてきました。

自社の存続を決定づける立場の社長、役員、経営企画室のほか、本社のスタッフ、部門・拠点の統括者の方々にお奨めします。
(当社の同業者と個人はお受けできません。)

『短期業績回復の打ち手 事例公開◇取り組みの実際と急所』

短期業績回復は偶然でなく「必然」
《無料公開》苦境打破・危機克服事例

なお、本書の一部(以下8件)を無料公開しています。
ぜひご覧ください。
短期業績回復が偶然でなく「必然」であることを腑に落としていただけます。

《事例満載》苦境打破・危機克服多し

☆社長がド素人「全員営業」の無茶、短期間で難局打開
☆反発ベテランに鬼の形相で立ち向かった課長が社長へ
☆倒産や廃業が止まらず危機感から新規事業を立ち上げ
☆勝ち残りへ、どぶ板営業からデジタル営業へ一大転換
★だれも潰れるとは思っていない会社の再生はお手上げ
☆決定権者とのリレーション強化で大型案件の勝率改善
☆社長が「聴くたびに新しい発見がある」と何度も受講
☆親から最終通告、子・孫が初の新規開拓・受注獲得へ

「《無料公開》苦境打破・危機克服事例」

当社はゴールデンウイーク期間中も「収益伸長の黄金比」を用いた短期業績拡大・業績回復などに関するウェブまたは電話での無料相談を承っています(システム不要)。
どうかお気軽にご利用ください。

「不況対策⇒短期業績回復ウェブ相談」

◆会社紹介

短期間での「数字づくり」に特化し、好調企業の「社業発展」はもとより、低迷・不振企業の「赤字解消・黒字転換」に携わってきました。
四半世紀を超え、業種や規模を問わず、収益伸長・業績拡大による勝ち残りに貢献しています。
いまはクライアントが戦後最大の経済危機を克服できるように知恵を絞り、おもに販売・受注増加を支援しています。

和田創研ウェブサイト

Copyright (c)2020 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

雇用維持、経営危機克服・短期業績回復ウェブ相談

「不況対策⇒業績テコ入れ」の即効資料進呈
経済恐慌での打ち手を簡潔・明快に図解

パンデミックにより景気後退どころか経済恐慌が迫りつつあります。
そこで、「営業強化⇒売上向上」を速やかに成し遂げる資料を差しあげています。
いま必要となる「トップの打ち手」をここまで簡潔かつ明快に図解した資料はおそらく存在しないでしょう。

非常事態ではどうしても支出削減に走りたくなります。
本資料では、雇用維持&営業強化優先で「収入増加」による危機の克服を目指しています。
下記の専用フォームにてお申し込みください(同業者・個人不可)。

「不況対策・短期業績回復」の即効資料進呈

業績回復事例を進呈、全社改革・経営再建も収録

資料の内容にご納得いただけましたら、秘匿性の高い「業績回復事例」をさらにお送りします。
業界・市場別、企業規模・形態別に業績テコ入れの実際と急所をリアルに整理しています。
読み応え十分、事業・商品・営業を含む全社改革、経営再建の事例も豊富に収録しました。

同時に、「無料オンライン相談」をお受けしています。
WEBでのやり取り(システム不要)で、短期業績回復の具体策を話し合います。
事前予約制、平日・休日、そして昼間・夜間を問いません。
下記の専用フォームにてお申し込みください。

「不況対策⇒短期業績回復」のウェブ相談申込み

とくに詳細・克明な事例集にお目通しくだされば、最速での企業再生・業績回復を成し遂げられることをご実感いただけます。
どうか貴社の経営と営業にいますぐお役立てください。

疑問点や不明点、ご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Copyright (c)2020 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

「不況対策⇒短期業績回復」の即効資料進呈・・・経営危機克服

企業再生パッケージ・営業立て直し標準モデル提示
勝ち組黄金比、トップの打ち手を簡潔・明快に図解

さて、パンデミックにより景気後退どころか経済恐慌が現実になりつつあります。

そこで、速やかに「営業強化⇒売上向上」を成し遂げる資料を差しあげています。
和田創研がクライアントで実施し、成果を上げてきた「企業再生パッケージ」「営業立て直し標準モデル」です。
本資料では、短期業績回復が可能な「黄金比」を明かしました。
高収益や高賃金で知られる「勝ち組企業」が重んじる4要素のベストバランスが一目瞭然です。
いま必要となる「トップの打ち手」をここまで簡潔かつ明快に図解した資料はおそらく存在しないでしょう。
(なぜ、社員の成果創出が振るわないかも腑に落ちます。)
下記の専用フォームにてお申し込みください(同業者・個人不可)。

「不況対策・短期業績回復」の即効資料進呈

雇用維持&営業強化優先で経営危機を克服

政府が緊急対策を行うとしても、会社の存続や社員の雇用がぎりぎりという企業が増えてくると思われます。
非常事態ではどうしても支出削減に走りたくなります。
本資料では、雇用維持&営業強化優先で「収入増加」による危機の克服を目指しています。

「企業再生・営業立て直し」の資料請求

業績回復事例を進呈、全社改革・経営再建も収録

資料の内容にご納得いただけましたら、秘匿性の高い「業績回復事例」をさらにお送りします。
業界・市場別、企業規模・形態別に業績テコ入れの実際と急所をリアルに整理しています。
読み応え十分、事業・商品・営業を含む全社改革、経営再建の事例も豊富に収録しました。

同時に、「無料オンライン相談」をお受けしています。
WEBでのやり取り(システム不要)で、短期業績回復の具体策を話し合います。
事前予約制、平日・休日、そして昼間・夜間を問いません。
下記の専用フォームにてお申し込みください。

「不況対策⇒短期業績回復」のウェブ相談申込み

とくに詳細・克明な事例集にお目通しくだされば、黄金比適用により最速での企業再生・業績回復を成し遂げられることをご実感いただけます。
どうか貴社の経営と営業にいますぐお役立てください。

疑問点や不明点、ご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Copyright (c)2020 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

経済は二流、政治は論外…目を覆う日本の凋落

年末にパソコンが破損し、データが消滅した。
私はそれによる仕事の遅れをなかなか取り戻せない。
書き溜め記事が中心のこのブログは実質休止。

以下に、「ダメな社長と愚かな政治家が日本を追い詰める」と題する2010年10月5日のブログを収める。

                      ◇◆◇

先だってテレビ東京で「田原総一朗どうなるニッポン!? 日本を元気にする方法SP」という特別番組(?)が放送された。
私は例により“ながら視聴”。
内容がほとんど分かっていない。

日本はかつて「経済は一流、政治は二流」。
ところが、いまや「経済は二流、政治は論外」。
21世紀に入り、わが国の凋落は目を覆うばかり。
さまざまな指標が先進国で最下位水準へ…。

番組のなかで気になった箇所があった。
田原総一朗が日本の社長の3条件について言及した。
私は2条件しか思い出せず、しかも記憶が非常に曖昧である。
以下は、おそらく。

決断せずに調整する。
根回しと会議(合議決済)を大切にする。
一人で責任を負わないために必須である。

挑戦せずに無難にする。
失敗しないことを何よりも大切にする。
周囲の追及を封じるために必須である。

まったく同感。
この2条件は、任期を大過なく過ごすという姿勢において共通している。
要は「リーダーシップ」を発揮しない。
こうした企業はじり貧を免れない。

ゲストの一人が、日本では社長のマーケットが形成されていないと指摘した。
経営のプロフェッショナルの市場のこと。
内部から昇格するのが慣行だから、社長業が成り立たないのだ。
それも、だれが会社の発展に寄与するかという判断に基づくのでなく、内輪の話し合いを経て社長に就任する。

上層部にとり、業績が不振だろうが、経営が危機だろうが、そんなことはどうでもよい。
相互の“和”を尊ぶ文化は強固に保持される。
和とは、むろん「利権」。
右肩上がりの時代ほどでないにしろ、“順番待ち”も依然として存在する。

こうして誕生した社長では、企業の再生は決して叶わない。
いきさつからして、彼らは大ナタを振るえないからだ。

ダメな社長と愚かな政治家が日本をどんどん追い詰める。

⇒2010年9月9日「つくる人しか輝けない…プロフェッショナルの条件」はこちら。

日本の社長にもっとも欠けている「決断と挑戦」について述べている。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ダメな社長と愚かな政治家が日本を追い詰める

先だってテレビ東京で「田原総一朗どうなるニッポン!? 日本を元気にする方法SP」という特別番組(?)が放送された。
私は例により“ながら視聴”。
内容がほとんど分かっていない。

日本はかつて「経済は一流、政治は二流」。
ところが、いまや「経済は二流、政治は論外」。
21世紀に入り、わが国の凋落は目を覆うばかり。
さまざまな指標が先進国で最下位水準へ…。

番組のなかで気になった箇所があった。
田原総一朗が日本の社長の3条件について言及した。
私は2条件しか思い出せず、しかも記憶が非常に曖昧である。
以下は、おそらく。

決断せずに調整する。
根回しと会議(合議決済)を大切にする。
一人で責任を負わないために必須である。

挑戦せずに無難にする。
失敗しないことを何よりも大切にする。
周囲の追及を封じるために必須である。

まったく同感。
この2条件は、任期を大過なく過ごすという姿勢において共通している。
要は「リーダーシップ」を発揮しない。
こうした企業はじり貧を免れない。

ゲストの一人が、日本では社長のマーケットが形成されていないと指摘した。
経営のプロフェッショナルの市場のこと。
内部から昇格するのが慣行だから、社長業が成り立たないのだ。
それも、だれが会社の発展に寄与するかという判断に基づくのでなく、内輪の話し合いを経て社長に就任する。

上層部にとり、業績が不振だろうが、経営が危機だろうが、そんなことはどうでもよい。
相互の“和”を尊ぶ文化は強固に保持される。
和とは、むろん「利権」。
右肩上がりの時代ほどでないにしろ、“順番待ち”も依然として存在する。

こうして誕生した社長では、企業の再生は決して叶わない。
いきさつからして、彼らは大ナタを振るえないからだ。

ダメな社長と愚かな政治家が日本をどんどん追い詰める。

⇒2010年9月9日「つくる人しか輝けない…プロフェッショナルの条件」はこちら。

日本の社長にもっとも欠けている「決断と挑戦」について述べている。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
image

フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ