コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

借金

社長の誤算…起業の現実

人気ブログランキング←応援、よろしく!

零細企業や中小企業が金融機関から事業資金を借り入れる際には、社長が個人保証を行う。
いわゆる連帯保証だが、これを拒むと融資が下りない。
もちろん、会社が儲かっていないと、個人保証を申し出ても難しいが…。

はっきり言おう。
零細企業や中小企業に、会社の借入金というものはない。すべて社長の借金である。

会社の実印はいろいろな書類に使う。
それに対し、社長の実印はほとんど借用書に用いる。
「ここにしっかりと押してください」と、金融機関が言う。
会社をつくり、まさかこんな大きな借金を背負おうとは…。
社長の誤算である。
しかも、先日のブログ「社長の給料…起業の現実」で述べたように、社長は給料をろくに取れない。
オーナー社長のリスクは突出して高い。

このリスクを減らしたいなら、数名で資本を出し合い、取締役に就くやり方がよい。
ただし、オーナー社長と異なり、全権を握るわけにいかない。
起業の動機で依然として多い、「自分の会社を持ちたい」という人に向かない。
とはいえ、資金繰りが苦しいときには数名でハンコをつくことにより借入額を増やせる。
また、それは取締役全員が経営責任を取るとの証にほかならない。
社長の負担もいくらか軽くなるだろう。

なお、個人資産のない社長の連帯保証では、まとまった事業資金は手当てできない。
せめて自宅は持っていたい。
ただし、真っ先に担保に取られるので、それを失う覚悟が必要だ。
銀行業界では不動産以外に担保を広げようとの動きがあるが、実際にはまず行われない。

起業の現実は恐ろしく厳しい。
いったん会社をつくると、社長は退路を断たれてしまう。
もう引き返せない。
リスクが大きく、しかも支援が小さく、そのわりにメリットがはっきりしない。
踏み切るサラリーマンが少ないのもうなずける。

Copyright ©2008 by Sou Wada

社長の給料…起業の現実

人気ブログランキング←応援、よろしく!

先のブログの続き―。
起業に挑む彼らは希望に燃えていた。
ほほえましい。
どうか成功してほしい。

だが、私は社長業の現実に思いが至った(年なのかなぁ)。
それは想像を絶するほど厳しい。
実際に会社を立ち上げた人でないと、決して分からない苦労がある。

きょうは、社長の給料について―。
給料をもらうのと、給料を払うのとでは、後者が何十倍も大変である。
この点をまず理解しておかなければならない。
会社がいったん動き出すと、月末が近づくたびにカネの心配をするハメになる。
綱渡り、冷や冷やもの。

設立時はオーナー社長が一般的である。
したがって、自分で自分の給料を決められる。
しかし、サラリーマンでないので、額面どおりに受け取れる保証はない。

驚くなかれ、社長の給料は社員の給料を払った残りになる。
零細企業の経営はとても分かりやすい。

ところが、新会社の10年後の生存率はわずか数パーセント。
この現実から容易に察せられるように、会社をつくった社長の大半は給料がほとんどない。
では、どうするか?
自分や家族の生活を支えなければならないので、何らかの借金により当座をしのぐことになる。
これがどんどん膨らむ。

社長が額面どおりに給料を受け取れるのは経営が軌道に乗ってからだが、その前に大多数の会社は消えてしまう。
また、会社がうまくいったとしても、そうした状態が続くとは限らない。
経営が苦しくなると、社長の給料はなくなる。
社員の給料との決定的な違いだ。

知人が2名の仲間とベンチャーを立ち上げた。
3名とも株主、そして取締役である。
数名の社員を雇用し、7カ月が経過しようとしている。
この間、彼らは一度として給料を受け取っていない。
社員に給料を払うと何も残らないからである。
悲壮な頑張りは実を結ぶだろうか。

                       ◇

華やかなクラブ…。
ママの収入は、女の子より少ない。不況下なら、ゼロも珍しくない。
自分が仕切っているというプライドで、何とか持ち堪えているのだろう。
これは、会社の経営でも店の経営でも同じ。

会社をつくると、すぐに給料の支払いに追われ、まもなく資金繰りに苦しめられる。
多くの社長は火の車なのだ。
相当な覚悟が必要である。

Copyright ©2008 by Sou Wada

住宅ローンの恐ろしさ!!

人気ブログランキング←応援、よろしく!

一戸建てにしろマンションにしろ、マイホームの購入をキャッシュで行える人はほとんどいないだろう。
通常は20〜30年のローンを組む。
人生最大の買い物だから舞いあがり、どうしても冷静さを欠いてしまう。
これが取り返しのつかない失敗を招こうとは…。

戦後の高度成長期のように資産価値が上昇の一途を辿ることはない。
むしろ下落の傾向を強める。

さて、念願のマイホームを購入―。
ある時点で、評価が5千万円で、借金が3千万円とする。
いつでも売却できる。
借金が消え、しかも手元に2千万円が残る。

ところが、評価が5千万円で、借金が7千万円とする。
こうした事態は決して珍しくない。
とくに新築の場合は一歩足を踏み入れた途端、資産価値が大幅に下がる。
不景気に見舞われればドカーンと落ちる。
多くの人が実質2千万円の借金と考えるのでないか。

ここに落とし穴がある。
何らかの事情により返済が苦しくなっても、不足分を手当てしない限り売却できない。
そう、あくまで7千万円の借金と考えるべきなのだ。

では、マイホームを人に貸せばどうなるか?
賃料収入がローン返済額を上回ることはまずない。
借金の亡霊がどこまでも追いかけてくる。

今日、2割の頭金でマイホームを購入するのは危険すぎる。
少なくとも3割、なるべくなら5割は用意したい。
今後、人口減少につれ、物件が余り出す可能性があるのだから…。

なお、マイホームの売買に関わる諸費用や手数料、税金は一切無視している。

Copyright ©2008 by Sou Wada
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ