コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

合宿研修

土日を含めてセミナー、研修、打ち合わせ

私は先週と今週、再来週の土日を含め、公開セミナーや企業研修、打ち合わせ(ミーティング)などが続きます。
すでにへとへとなうえ、九州の都市ホテルでの合宿研修(昼夜研修)も控えています。

私は苦手な夏場のダメージがいくらか回復しましたが、体力が持つかどうか心配です。
そこで、このところ朝晩に軽い体操を行っています。
ごく短時間なのに、疲労がやや軽くなるから不思議です。

毎日の暮らしに簡単な運動を取り入れないと仕事を続けるのが不可能な年齢に達しているのかもしれません。
老いは容赦なく迫ってきます・・・。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宿泊客満足度…タカクラホテル福岡

私は先だって、福岡でもっともお気に入りの「タカクラホテル福岡」に滞在しました。
かつて石原裕次郎が愛した隠れ家です。
立地は繁華街からちょっと外れており、建物はこじんまりしています。
館内はとても落ち着き、室内は至って快適です。
利用案内の冒頭に、「ご自宅のようにごゆっくりと」「私どもはプチホテルならではの家庭的なあたたかいおもてなしを心がけております。」と記されています。

しかし、福岡の発展と社会の変化につれ、有名ホテルが相次いで進出してきました。
老舗の「タカクラホテル福岡」とて、厳しさを増す生き残り競争のなかで安閑としていられません。
おもに客室稼働率と宿泊料の低下により、ほとんどのホテルはサービスや食事の質を落とさざるをえません。
JTBなどの調査によれば、「タカクラホテル福岡」は宿泊客満足度で高水準を維持しています。
どうか頑張ってください。

私は「提案営業研修」の合宿で同ホテルを利用しました。
時間が朝から深夜に及ぶので講師も受講者も地獄ですが、「タカクラホテル福岡」の心地よい環境ならそれほど苦になりません。
これが仕事でなければ申し分ないのですが・・・。

私は、京都より西に行ったことがないという会津若松生まれの妻を、一度は福岡に連れてきたいと考えています。
そのときには「タカクラホテル福岡」に泊まります。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新人教育・社員研修がスタートした

新年度(2011年度)スタート。
昨年から不安視されていた第4四半期(1〜3月)の景気の底割れは避けられた。
しかし、回復の手応えを感じるまでに至らない。
先行きは予断を許さない。

さて、多くの企業はこの時期をとらえ、新入社員教育など「社員研修」を予定している。
大手企業は立派な専用施設に缶詰め状態にし、数日どころか数週間の合宿研修を実施する。
コスト削減の一環で、外部の専門施設を利用するところも増加しているようだ。

やはり規模が大きい企業ほど、教育では恵まれている。
学生の大手志向を責められない。
新卒は、入社直後に大差がつく可能性がある。
また、それは中堅・中小企業にとり競争上のハンディとなる。

そこで、都市銀行系のシンクタンクはおもに取引先や会員企業を支援しようと、多様なビジネスセミナーを開催している。
公開スタイルなので、だれでも受講が可能だ。

私は長年、三菱東京UFJ銀行の東京・名古屋・大阪、みずほ銀行の東京・大阪、三井住友銀行(SMBC)の東京などで営業講師を務めている。
都市銀行だけでなく、地方銀行第2位の「北陸銀行」のほか、かつては常陽銀行、千葉銀行、武蔵野銀行、静岡銀行などでも…。

中堅・中小企業は外部講師を招へいすると、相当な費用を負担しなくてはならない。
大手企業と異なり、受講者が少ないため、一人当たりの教育費が跳ね上がってしまう。
企業研修では自社に合わせたカリキュラムにできるので効果が高くなるのは確かだが…。
実際には、大半の社長が二の足を踏む。

「企業は人なり」。
厳しい環境を乗り切るには、社員への教育投資が欠かせない。
後日このブログで述べるが、経済と景気は両方とも壊滅状態に陥るかもしれないと覚悟している。
そうした前提で、私は今後の人生と経営の再構築に取り組んでいる。

中堅・中小・零細・個人企業は、どうか公開セミナーを積極的に活用していただきたい。
社員の能力強化はもとより、ときに大きな刺激が得られ、経営や業務の見直しにつながる。

                       ◇

ところで、教育を熱心に施しながら、成果をさっぱり上げられない企業が珍しくない。
普通に考えれば社員の側でなくインストラクターの側に問題がある。
拠点や部門、企業が不振に陥るのは、普通に考えれば管理者や社長などの指導者の側に問題があるように…。

業績の低迷が数年に及べば、社員教育・社員指導の敗北が原因でないか?
間違っていると疑うのが自然である。
私は、成果から社員教育・社員指導の妥当性を検証すべきだと思う。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2010年4月公開講座

タカクラホテル福岡でマッサージ

人気ブログランキング←応援、よろしく!

金曜日の夜、私は合宿研修の疲れが限界を超え、背中に異常な張りが出た。
吐き気が治まらない。
北京オリンピックの開会式を見ようという気さえ起こらない。
そこで、宿泊先のタカクラホテル福岡で1時間のマッサージを受けた。
部屋に来てくれた高齢の女性は腕がよく、力が強い。
「凄いコリですね」と呆れつつ、入念な仕事振り。
1度の指圧で張りが取れるはずもないが、ずいぶんと体がラクになった。

私の年齢だと、やはり朝から深夜まで講師を務めるのはムリがある。

Copyright ©2008 by Sou Wada

福岡・真夏・合宿研修

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私は今週、九州生産性本部が運営する九州生産性大学の「提案営業マネージャー養成コース」の講師を務める。
これは5月から11月まで「2日×7回=14日間」という長丁場で、営業分野としてはもっとも本格的な公開セミナーなのでないか。
和田創研が協力者を交えて毎回、講師を送り込んでいる。
同本部とのコラボレーションにより誕生したコースといってよい。

さて、今回はクライマックスとなる「提案書作成」である。
実際の顧客に対し、渾身のソリューションを考え、それをプロポーザルに落とし込む。
時間を気にせず、腰を据えてワークショップに取り組めるよう、ホテル会場での合宿方式としている。
受講者はノートパソコンを持参し、事務局はプリンタを設置する。

終わりが何時になるか分からない。深夜を回るかも…。
講師は私一人では厳しいので、夜間に交代する。
ところが、今年は講師が出払っている。

福岡・真夏・合宿研修と、過酷な条件が揃う。
は主催者と受講者に感謝しつつ、自分の体が持ち堪えられるか非常に不安である。
途中で気分が悪くなったりしないだろうか。

新幹線で往復するが、よりによって腰痛がひどい。

Copyright ©2008 by Sou Wada
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ