コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

吉田沙保里東京五輪

吉田沙保里が現役引退、女性の幸せも

33年間の現役生活にピリオド
会見には約2百人の報道陣が詰めかけ

女性の幸せへ高速タックルが決まるか

レスリング女子で五輪3連覇を果たした吉田沙保里がきのう都内で引退会見を行いました。
長らく日本女子レスリング界をけん引してきましたが、33年間の現役生活にピリオドを打ちました。
吉田沙保里は世界選手権で2002年から13連覇を遂げ、五輪を含めて16大会連続で「世界一」を成し遂げています。
「人類最強」と称されたレスリング男子、ロシアのアレクサンドル・カレリンの12大会を上回りました。
国民栄誉賞も受賞しました。

会場には約2百人の報道陣が詰めかけました。
バラエティ番組への出演も多いことから注目度が高く、テレビカメラも28台を数えたそうです。
白いジャケット姿で現れ、重圧から開放された笑顔で質問に答えました。
「女性としての幸せは絶対につかみたい」と、次の夢へ力を込めました。
はたして代名詞の高速タックルを決められるかどうか。

東京五輪へ向け現役続行と引退で迷い

とはいえ、現役続行と引退の間で迷ったようです。
2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドン五輪で金メダルを獲りましたが、2016年リオデジャネイロ五輪で銀メダルに留まりました。
リオ五輪後に休養に入りつつ、女子日本代表のコーチを務めるなどしました。
自国開催の2020年東京五輪で女王に返り咲いてほしいという周囲の期待を感じていました。
体力はそれほど落ちたわけでありませんが、気持ちが追いつかない状態が続き、「やり尽くした」という思いが強まりました。
若手の成長、後輩の台頭もあり、昨年12月に最終決断を下しました。

中京女子大(現至学館大)時代から指導を受けてきた栄和人に引退を報告し、「ご苦労さん。泣きそうだよ」と言われたそうです。
また、中京女子大時代のチームメートの伊調馨に対するパワハラ騒動で強化本部長を辞任した状況について「東京五輪へ向け、一つになって頑張っていくしかない」と複雑な心境を語りました。
今後も代表コーチを続ける意向です。

五輪4連覇の伊調馨から東京五輪を目指すと聞いたときには「すごい」と思ったそうです。

会見後に報道陣にサイン入りハンカチ

これまでも感謝をたびたび口にしていた吉田沙保里は報道陣にプレゼントを用意していました。
「たくさん取材していただいて、レスリングを知ってもらうことができた」。
会見後に自身のサインと「感謝」という文字をプリントした黄色いハンカチを配りました。
そこには2002年の世界選手権から最後の試合となった2016年リオ五輪までの世界大会の足跡も記されていました。

母親が引退会見場に駆けつけ、やはり笑顔で花束を渡しました。
「五輪も世界選手権も連れていってくれ、親孝行な娘でした」と称えました。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

吉田沙保里、現役続行の無謀・・・東京五輪

レスリング女子53キロ級の吉田沙保里(よしだ・さおり)。
リオデジャネイロ五輪からの帰国後、それまでの一連の言動をひるがえして現役続行の意思を示しました。
私は強靭な精神力、そして旺盛な勝負魂に敬服します。

しかし、吉田沙保里が格闘技の種目において、37歳で東京五輪を目指すのはいささか無謀だと感じました。

専門家によれば、意外なことに年齢はあまり問題にならないとか。
実際のところ、リオ五輪では72キロ級で銀メダルを獲得した38歳の選手がいました。

そうなると吉田沙保里が国内の代表選考を勝ち抜けるかどうかが焦点になります。
栄和人強化本部長はリオ五輪後、2017年世界選手権は有望な若手にチャンスを与えると明言しました。
筆頭候補が4月に至学館大学に入学し、後輩となった向田真優(19歳)です。
彼女は吉田沙保里を恐れておらず、近い将来に勝てると信じて猛練習に明け暮れています。
ほかにも、2013、2014年で世界ジュニアを連覇した宮原優(22歳)、2015年で世界ジュニアを制した入江ななみ(21歳)が著しく台頭しています。
53キロ級で日本代表になるのは至難です。

残る問題は、吉田沙保里が4年後までアスリートとしてのモチベーションを保てるかどうかです。
五輪のメダリストはたいてい翌年を休養に充てますが、吉田沙保里はリオ五輪まで世界一を争う大会に参加しつづけました。
2012年に「国民栄誉賞」を受賞し、さらに記録を伸ばし、ついに昨年の世界選手権まで五輪と合わせて16連覇を成し遂げました。
ちなみに、伊調馨(いちょう・かおり)は2012年北京五輪の翌年は試合に参加していません。
常軌を逸した頑張りは吉田沙保里に重い負担となったはずです。

東京五輪の代表になることの大変さはだれより吉田沙保里が分かっています。
覚悟を決めることが先決といえます。

そこら辺を考慮し、吉田沙保里は「1〜2年試合に出なくても、代表になれればという考え方もある」と語っているようです。
やはり本気で目指しています。
ならば、痛んだ心と体をやさしくケアすることを第一に考えてください。

◇◆◇

吉田沙保里に関するブログは以下のとおり。

⇒2016年9月17日「吉田沙保里は乙女なのか」はこちら。

⇒2016年8月25日「吉田沙保里と伊調馨、現役か引退か」はこちら。

⇒2016年8月20日「吉田沙保里、取り返しのつかない五輪敗因」はこちら。

⇒2016年8月19日「吉田沙保里は怖くて見られない・・・五輪4連覇」はこちら。

⇒2012年8月11日「吉田沙保里は勝って当たり前…五輪レスリング女子55kg級」はこちら。

人気ブログランキング←応援、よろしく!

吉田沙保里は乙女なのか

レスリング女子53キロ級の吉田沙保里(よしだ・さおり)。
オリンピックの日本開催が決まった当時、「東京五輪を目指します」と誇らしげに告げました。
私は、これは本気だなと思いましたが、サービス精神が旺盛だなとも思いました。

吉田沙保里はリオデジャネイロ五輪の直前に「最後の試合になるかもしれない」と周囲にもらしました。
それくらい道のりが大変だったということ!
ところが、決勝で敗れて銀メダルに終わるという想定外の事態になりました。
対戦相手に研究し尽くされ、自分のレスリングをさせてもらえませんでした。
今後のシナリオがすっかり狂ってしまいました・・・。

吉田沙保里は命をかけたといっても過言でない4連覇を逃した悔しさがこみ上げたこともあり、頭が大混乱に陥ったようです。
私にはややパニックやヒステリーに近い精神状態に見受けられました。

栄和人強化本部長が意思を確かめたところ、「もう一度五輪に向けてやる勇気がない」と明かしました。
さらに、翌朝の会見で「次を目指したい気持ちはあるけれど…」、リオの空港で「引退も頭のなかに出てきた」、帰国の挨拶で「次の道へ向けて…」と語りました。
いずれも現役引退をにおわせています。

・・・吉田沙保里は時間が経ち、だいぶ落ち着きを取り戻しました。
後日の会見で「次の五輪が東京でなければ、たぶん引退でした」と現役続行の意欲をにじませました。
報道陣からダメを押され、「引退はないです」と即答しています。

吉田沙保里のもとには大勢のファンからすでに「東京で金」「笑顔で終わってほしい」などの応援の声が寄せられています。
彼女の人望の厚さも物語っています。
リオ五輪から乙女みたいに心が揺れましたが、傷をいやし、4年後を見据えはじめました。

レスリングは人生そのものであるのは当然として、愛する家族とも重なっているのかもしれません。
この競技への思いはいまだにうぶで真っ直ぐなのでしょう。

結論として、吉田沙保里は乙女(おとめ)です。

◇◆◇

吉田沙保里に関するブログは以下のとおり。

⇒2016年8月25日「吉田沙保里と伊調馨、現役か引退か」はこちら。

⇒2016年8月20日「吉田沙保里、取り返しのつかない五輪敗因」はこちら。

⇒2016年8月19日「吉田沙保里は怖くて見られない・・・五輪4連覇」はこちら。

⇒2012年8月11日「吉田沙保里は勝って当たり前…五輪レスリング女子55kg級」はこちら。

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ