コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

名古屋地場企業

自動車部品産業、下請け・孫請け製造業の受注強化

私は先週金曜日、2時間も眠らないうちに午前5時に目が覚めた。
悪い頭を限界まで動かしているせいか、神経が昂った状態がずっと続いている。
今月に入り、自分でも驚くほどの睡眠時間である。
人は案外、生きられるものだ。

私は朦朧とした意識で午前中に名古屋・錦へ移動。
「のぞみ」の車中で眠ると乗り越してしまうので、がまん・・・。

午後1時から5時まで、地場の中堅・中小・零細製造業の社長など取締役クラスを対象に「トップセールス」に関する講演(セミナー)を行った。
主催者は、旧東海銀行のシンクタンクが母体。
現在は三菱UFJリサーチ&コンサルティング名古屋。
クルマ業界のすそ野を形成する部品メーカーなどの経営層が参加した。
コンテンツの仕上がりは万全であり、私は講師としてベストを尽くした。

電気自動車(EV)へシフトすると、自動車メーカーは電気系部品も使いはじめる。
従来のクルマ部品メーカーのなかには仕事が大幅に減るところも出てくる。
そうでなくても、リーマンショック、トヨタ車の世界規模のリコール、東日本大震災と、自動車業界は立て続けに激震に見舞われている。
とくに下請けや孫請けは厳しい試練にさらされている。

昨今、新市場(新分野)への進出、脱下請けなど、生き残りをかけたさまざまな動きが出てきた。
しかし、そうした取り組みを成功へ導くには、新たな仕事を取ってこなくてならない。
営業部門が確立していないとか、営業人員が不足しているといった会社では、社長など取締役がいわゆる「トップセールス」を推し進めるほかにない。

当日、会場は決して明るい雰囲気でなかった。
程度の差こそあれ、受注減少の苦境に陥っている地場企業の集まりなので当然だろう。
仕事が上から降りてくる状態に慣れると、果敢な働きかけを行うことは容易でない。
中小・零細製造業のトップは概して営業活動に苦手意識を持っている。
だが、それを払拭しなければ業績のじり貧、規模の先細りは避けられない。
消滅は時間の問題である。

冒頭、「営業が好きな方?」と挙手で確認したところ、わずか1名。

私は講演が終わる頃には、ふらふら・・・。
その後、事務局と来年度の打ち合わせ。

週明け、当日の参加者からメールをいただいた。
大阪の方のようだ。
「先生のセミナーは 過去にいろいろと受講したセミナーのなかでも大変印象に残る、素敵なセミナーでした。
早速、名古屋拠点の営業マンに参加してみないかと投げかけをしました。」。
ありがたいこと。
実は、私は来週、名古屋で同じ主催者による「提案営業セミナー」の講師を務める。
その受講を皆に勧めてくれたのだ。

                       ◇

東京都大田区や神奈川県川崎市などの零細製造業や町工場は圧倒的大多数が下請けや孫請けであり、やはり経営危機に直面している。
すでに多くが廃業や倒産に追い込まれており、一帯はシャッター工場街と化す。
受注拡大と需要創造のための営業活動が不可欠である。

以前、公益財団法人大田区産業振興協会から4回シリーズの講演の問い合わせが寄せられたが結局、流れてしまった。
このテーマも「トップセールス」だった。
社員を食べさせる仕事は、社長など取締役が取ってくるしかない企業が少なくない。

                      ◇◆◇

営業講演、営業セミナーに関するブログ(ごく一部)は以下のとおり。

⇒2011年3月22日「コンサルティング営業セミナー…中企大広島校」はこちら。

⇒2011年3月7日「提案営業勉強会の衝撃…中小企業家同友会仲間」はこちら。

⇒2011年3月3日「提案営業研修に目から鱗…福岡県中小企業家同友会」はこちら。

⇒2011年2月7日「部品メーカー、下請け・孫請け社長の受注活動」はこちら。

⇒2011年1月26日「大田区町工場を救え…社長の受注強化セミナー」はこちら。

⇒2011年1月25日「名古屋地場製造業が苦しい…社長セミナー」はこちら。

⇒2010年10月28日「仕事がない…何と愚かな言葉だろう」はこちら。

⇒2009年11月4日「社長の悲鳴…中小製造業・零細町工場」はこちら。

⇒2008年12月4日「トヨタ系部品メーカーの悲鳴」はこちら。

⇒2008年11月27日「トヨタに命を預ける…太っ腹経営者」はこちら。

⇒2008年10月27日「やはり名古屋はトヨタ頼み」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

名古屋で社長・幹部向け講演会…受注拡大・業績向上

私は名古屋で社長・幹部を対象とした講演会を行う。
テーマは、地場製造業の受注拡大・業績向上。
その開催が来週に迫ってきた。
主催は三菱UFJ(旧東海)。

以下に、「トヨタ下請け・孫請けを救え…名古屋経営者セミナー」と題する2011年5月29日のブログを収める。

                      ◇◆◇

名古屋といえば、トヨタ自動車の御膝元。
同社がリーマンショック、リコールショックから立ち直りかけた矢先、「東日本大震災」が起こった。
東北や北関東のクルマ部品メーカーが工場の崩壊や損傷などの大打撃を受け、生産ラインが停止した。
たいていは下請けや孫請けの中堅・中小製造業である。
このなかには零細町工場も含まれよう。
1台のクルマは膨大な点数の部品から成り立ち、そのうちの1種類でも欠けると完成できない。
したがって、トヨタ自動車の組み立て工場も長期の休止(操業停止)に追い込まれた。
それにより被災地でない部品メーカーまで仕事が激減した。

日産自動車(ニッサン)や本田技研工業(ホンダ)など国内の自動車メーカーはほとんどが同様の被害を被った。
自動車産業は最大規模のすそ野を形成しており、日本経済全体に深刻な影響を及ぼしている。

私は今月、名古屋の三菱UFJリサーチ&コンサルティングで、危機的状況に陥っている地場の中堅・中小製造業などを対象に、受注回復・拡大のための4時間講演を行う。
主催は、名古屋を地盤とした旧東海銀行系のシンクタンク、ビジネスセミナー会社が母体。
本講演では、社長など取締役クラスがいわゆる「トップセールス」を推進して成功させる要諦を明確に指導する。
参加者は自動車関連業界が中心になるのでは・・・。

◇日程:2011年(平成23年)6月24日(金)
◇時間:午後1時〜午後5時(半日)
◇会場:三菱UFJセミナールーム(名古屋・錦)
◆演題:待っていても仕事は取れない! いまこそ立ち上がるとき!
社長と幹部の営業活動
〜「トップセールス」の常識・基本・実践を分かりやすく解説!
◇対象:経営者、経営幹部
◇講師:和田創研代表/営業再建屋 和田創(わだ・そう)
◇主催:三菱UFJリサーチ&コンサルティング名古屋

◆内容(パンフレットより)
中小企業、地場企業の多くが業績の低迷に苦しんでいます。例えばメーカー。技術力や製造力の部分で劣っているとは限りません。しかし、大手企業や中央企業と比べ、たいていは「営業力」の側面で後れを取っています。
仕事の受注や商品の販売が落ち込む現在、営業活動に注力しなくてなりません。とはいえ、営業部門が弱いとか営業担当者が少ないところもあります。となると、社長や役員がいわゆる「トップセールス」を積極的に推進せざるをえません。
本講座では、経験豊富なトレーナーが、果敢な働きかけをためらいがちな社長を念頭に置き、売れない時代における営業の常識⇒基本⇒実践について解説します。経営層や管理職が社員や部下を指導する際にも即使えるヒントになります。

◆カリキュラム(プログラム)
〔はじめに〕減る一方の引き合いを前提にしたら会社が回っていかない
第吃槇‐鐚永圈織肇奪廛察璽襯垢加速する第一歩
〜営業に対する固定観念をリセットせよ
1.トップセールスならではの4つの重要性と効用
2.会社が回る、社員を養える収益の形成が目的だ
3.営業が強い会社と弱い会社、スイッチはどこ?
4.業績は商品力×営業力。健全経営の両輪である
5.営業に自信を持てなくしている最大の勘違い
6.営業の能力がなくても十分な成果は生み出せる
第局槇ヾ靄槓圈燭海海傍い鼎韻弍超箸好きになる
〜決め手は自分のストレスを減らすこと
1.〔哲学〕営業とは何かという根源的な問いかけ
2.〔開眼1〕立ち位置を変えると見えてくるもの
3.〔開眼2〕しゃべりをやめると見えてくるもの
4.営業が苦手と感じるなら商談をやってならない
5.自分に魔法をかけてしまう松下幸之助の言葉
6.「ミラーの現象」を知るとレベルアップが叶う
第敬槇ー汰編/ここが分かれば営業がらくになる
〜顧客開発、受注・販売の進め方とポイント
1.何がトップセールスの収益を大きく左右するか
2.例の「エンヤコラ」は成約の重大なカギである
3.営業活動を台無しにする禁止事項・禁止トーク
4.「もう来なくて結構です」という言葉の背景
5.成果を上げられる人と上げられない人の違い
6..▲廛蹇璽舛鬚匹行うか(つかみ理論)
7.∨問・面会をどう行うか(呼び水理論)
8.商機発見をどう行うか(泣く子理論)
9.つ鶲討鬚匹行うか(押し返し理論)
10.ゥロージングをどう行うか(バランス理論)
〔おわりに〕社長はソリューションにより大型案件の刈り取りを目指せ

以上。

営業活動が活発にならないと、閉そく感・先細り感を打破できない。
新しい顧客、新しい売り上げが社内を元気にする一番の良薬である。
奮ってご参加いただきたい。

                      ◇◆◇

地場製造業、中堅・中小製造業などの受注・販売強化に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年2月7日「部品メーカー、下請け・孫請け社長の受注活動」はこちら。

⇒2011年1月26日「大田区町工場を救え…社長の受注強化セミナー」はこちら。

⇒2011年1月25日「名古屋地場製造業が苦しい…社長セミナー」はこちら。

⇒2010年10月28日「仕事がない…何と愚かな言葉だろう」はこちら。

⇒2009年11月4日「社長の悲鳴…中小製造業・零細町工場」はこちら。

⇒2008年12月4日「トヨタ系部品メーカーの悲鳴」はこちら。

⇒2008年11月27日「トヨタに命を預ける…太っ腹経営者」はこちら。

⇒2008年10月27日「やはり名古屋はトヨタ頼み」はこちら。

                      ◇◆◇

営業強化・再建、営業教育・指導に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年3月2日「提案営業セミナーの気づき、人気と評価」はこちら。

⇒2011年2月15日「社内に波風を立てる…外部講師の意義と役割」はこちら。

⇒2011年2月14日「社員教育の機会均等は負け組企業への道」はこちら。

⇒2011年2月10日「営業講師・経営講師の使命と価値、実力と評価」はこちら。

⇒2011年2月9日「全員最高評価の営業セミナーアンケート」はこちら。

⇒2011年2月8日「SMBC提案営業セミナー、毎回感動、30回開催」はこちら。

⇒2011年1月24日「新規開拓を活発にする…SMBC実践営業塾」はこちら。

⇒2011年1月22日「ぎっくり腰講師…営業再建・社長向け講演」はこちら。

⇒2010年11月16日「どうしてもお礼を伝えたい…地獄の提案営業研修」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

トヨタ下請け・孫請けを救え…名古屋経営者セミナー

名古屋といえば、トヨタ自動車の御膝元。
同社がリーマンショック、リコールショックから立ち直りかけた矢先、「東日本大震災」が起こった。
東北や北関東のクルマ部品メーカーが工場の崩壊や損傷などの大打撃を受け、生産ラインが停止した。
たいていは下請けや孫請けの中堅・中小製造業である。
このなかには零細町工場も含まれよう。
1台のクルマは膨大な点数の部品から成り立ち、そのうちの1種類でも欠けると完成できない。
したがって、トヨタ自動車の組み立て工場も長期の休止(操業停止)に追い込まれた。
それにより被災地でない部品メーカーまで仕事が激減した。

日産自動車(ニッサン)や本田技研工業(ホンダ)など国内の自動車メーカーはほとんどが同様の被害を被った。
自動車産業は最大規模のすそ野を形成しており、日本経済全体に深刻な影響を及ぼしている。

私は今月、名古屋の三菱UFJリサーチ&コンサルティングで、危機的状況に陥っている地場の中堅・中小製造業などを対象に、受注回復・拡大のための4時間講演を行う。
主催は、名古屋を地盤とした旧東海銀行系のシンクタンク、ビジネスセミナー会社が母体。
本講演では、社長など取締役クラスがいわゆる「トップセールス」を推進して成功させる要諦を明確に指導する。
参加者は自動車関連業界が中心になるのでは・・・。

◇日程:2011年(平成23年)6月24日(金)
◇時間:午後1時〜午後5時(半日)
◇会場:三菱UFJセミナールーム(名古屋・錦)
◆演題:待っていても仕事は取れない! いまこそ立ち上がるとき!
社長と幹部の営業活動
〜「トップセールス」の常識・基本・実践を分かりやすく解説!
◇対象:経営者、経営幹部
◇講師:和田創研代表/営業再建屋 和田創(わだ・そう)
◇主催:三菱UFJリサーチ&コンサルティング名古屋

◆内容(パンフレットより)
中小企業、地場企業の多くが業績の低迷に苦しんでいます。例えばメーカー。技術力や製造力の部分で劣っているとは限りません。しかし、大手企業や中央企業と比べ、たいていは「営業力」の側面で後れを取っています。
仕事の受注や商品の販売が落ち込む現在、営業活動に注力しなくてなりません。とはいえ、営業部門が弱いとか営業担当者が少ないところもあります。となると、社長や役員がいわゆる「トップセールス」を積極的に推進せざるをえません。
本講座では、経験豊富なトレーナーが、果敢な働きかけをためらいがちな社長を念頭に置き、売れない時代における営業の常識⇒基本⇒実践について解説します。経営層や管理職が社員や部下を指導する際にも即使えるヒントになります。

◆カリキュラム(プログラム)
〔はじめに〕減る一方の引き合いを前提にしたら会社が回っていかない
第吃槇‐鐚永圈織肇奪廛察璽襯垢加速する第一歩
〜営業に対する固定観念をリセットせよ
1.トップセールスならではの4つの重要性と効用
2.会社が回る、社員を養える収益の形成が目的だ
3.営業が強い会社と弱い会社、スイッチはどこ?
4.業績は商品力×営業力。健全経営の両輪である
5.営業に自信を持てなくしている最大の勘違い
6.営業の能力がなくても十分な成果は生み出せる
第局槇ヾ靄槓圈燭海海傍い鼎韻弍超箸好きになる
〜決め手は自分のストレスを減らすこと
1.〔哲学〕営業とは何かという根源的な問いかけ
2.〔開眼1〕立ち位置を変えると見えてくるもの
3.〔開眼2〕しゃべりをやめると見えてくるもの
4.営業が苦手と感じるなら商談をやってならない
5.自分に魔法をかけてしまう松下幸之助の言葉
6.「ミラーの現象」を知るとレベルアップが叶う
第敬槇ー汰編/ここが分かれば営業がらくになる
〜顧客開発、受注・販売の進め方とポイント
1.何がトップセールスの収益を大きく左右するか
2.例の「エンヤコラ」は成約の重大なカギである
3.営業活動を台無しにする禁止事項・禁止トーク
4.「もう来なくて結構です」という言葉の背景
5.成果を上げられる人と上げられない人の違い
6..▲廛蹇璽舛鬚匹行うか(つかみ理論)
7.∨問・面会をどう行うか(呼び水理論)
8.商機発見をどう行うか(泣く子理論)
9.つ鶲討鬚匹行うか(押し返し理論)
10.ゥロージングをどう行うか(バランス理論)
〔おわりに〕社長はソリューションにより大型案件の刈り取りを目指せ

以上。

営業活動が活発にならないと、閉そく感・先細り感を打破できない。
新しい顧客、新しい売り上げが社内を元気にする一番の良薬である。
奮ってご参加いただきたい。

                      ◇◆◇

地場製造業、中堅・中小製造業などの受注・販売強化に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年2月7日「部品メーカー、下請け・孫請け社長の受注活動」はこちら。

⇒2011年1月26日「大田区町工場を救え…社長の受注強化セミナー」はこちら。

⇒2011年1月25日「名古屋地場製造業が苦しい…社長セミナー」はこちら。

⇒2010年10月28日「仕事がない…何と愚かな言葉だろう」はこちら。

⇒2009年11月4日「社長の悲鳴…中小製造業・零細町工場」はこちら。

⇒2008年12月4日「トヨタ系部品メーカーの悲鳴」はこちら。

⇒2008年11月27日「トヨタに命を預ける…太っ腹経営者」はこちら。

⇒2008年10月27日「やはり名古屋はトヨタ頼み」はこちら。

                      ◇◆◇

営業強化・再建、営業教育・指導に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年3月2日「提案営業セミナーの気づき、人気と評価」はこちら。

⇒2011年2月15日「社内に波風を立てる…外部講師の意義と役割」はこちら。

⇒2011年2月14日「社員教育の機会均等は負け組企業への道」はこちら。

⇒2011年2月10日「営業講師・経営講師の使命と価値、実力と評価」はこちら。

⇒2011年2月9日「全員最高評価の営業セミナーアンケート」はこちら。

⇒2011年2月8日「SMBC提案営業セミナー、毎回感動、30回開催」はこちら。

⇒2011年1月24日「新規開拓を活発にする…SMBC実践営業塾」はこちら。

⇒2011年1月22日「ぎっくり腰講師…営業再建・社長向け講演」はこちら。

⇒2010年11月16日「どうしてもお礼を伝えたい…地獄の提案営業研修」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

名古屋地場製造業が苦しい…社長セミナー

三菱東京UFJ銀行系列のシンクタンク「三菱UFJリサーチ&コンサルティング名古屋」から新テーマの講演の依頼があった。
とてもうれしい。

演題は「中小企業・地場企業 社長の営業活動(仮)」。
おそらく地場の中小企業の社長など取締役が参加するのでなかろうか。
名古屋・東海地区は日本の「モノづくり」を支える製造業の一大集積地である。
自動車産業のすそ野を形成している。
下請けや孫請けは、受注の減少により厳しい経営を強いられている。
例えば、自動車部品メーカー・工場…。

こうしたところでは営業部門どころか、営業人員も満足にない。
生き残るには、いわゆる「トップセールス」を積極的に展開するほかにない。
ところが、製造業の社長は営業に対して苦手意識を持っており、なかなか踏み切れない。

こうした背景が講演依頼につながったのだろう。
私は微力ながら、そうした社長たちに勇気と元気を与えたい。
既存顧客が減少し、しかもその発注が減少しているので、「新顧客」の開拓についても触れようと意気込んでいる。
はっきり言って、新規開拓で成果を出せなくては生き残れない。
また、「脱下請け」「自社製品開発・投入」にも営業強化は絶対条件だろう。

                       ◇

和田創研では再来月、同一セミナーを初開催する。
新テーマのお披露目。

演 題◇中小企業・地場企業 社長の営業活動
〜待っていても仕事は取れない、商品は売れない
特 徴◇苦手意識を吹き飛ばす具体的セミナー
日 時◇2011年3月9日(水) 10時20分〜16時40分
会 場◇丸の内トラストタワー本館(東京駅日本橋口0分)
20階サーブコープ内 和田創研
対 象◇社長・役員など経営幹部の方々
定 員◇10名(増員なし)

会場が役員会議室につき座席を増やせない。
どうか早めにお申し込みいただきたい。
最高の環境でのコンサルティングタイプのセミナーだ。

なお、三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは3時間の講演である。
和田創研のセミナーのエッセンスになる。

                      ◇◆◇

社長や取締役など経営トップを対象とした営業再建・業績回復講演・セミナーに関するブログは以下のとおり。

⇒2011年1月22日「ぎっくり腰講師…営業再建・社長向け講演」はこちら。

⇒2011年1月24日「新規開拓を活発にする…SMBC実践営業塾」はこちら。

⇒2008年10月27日「やはり名古屋はトヨタ頼み」はこちら。

⇒2008年11月27日「トヨタに命を預ける…太っ腹経営者」はこちら。

⇒2008年12月4日「トヨタ系部品メーカーの悲鳴」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

社長の営業活動20110309
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ