コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

周防龍一

尾野真千子、朝ドラ再登板…カーネーション最高視聴率記録

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
ヒロイン・小原糸子(小篠綾子)を演じる尾野真千子がまもなく降板する。
撮影はすでに終了し、晩年のヒロインを演じる夏木マリにバトンタッチした。

⇒2011年1月24日「どうした尾野真千子?…カーネーション視聴率と主演降板」はこちら。

ところで、「カーネーション」は1月28日に本作品の最高視聴率25.0%を記録した(関東地区。ビデオリサーチ調べ)。
朝ドラとしては珍しく関西地区がよかったのに、関東地区でお化けのような数字。

実は、同日午前7時45分頃、富士山のふもとで震度5弱の地震が発生した。
都内でも震度3。
首都圏で大勢がNHKにチャンネルを合わせ、臨時ニュースは26.1%を記録した。
そのまま朝ドラを視聴した影響が大きい・・・。

「カーネーション」は年明けから終戦後に入った。
昨年末に向かっての展開は朝ドラファンといえども、目をそむけたくなるシーンが多かった。
世相と暮らしぶりが明るさを増すにつれ、視聴率が伸びていった。
おしゃれに目覚めた女性がオハラ洋装店に押しかけ、店頭は活気があふれた。

「カーネーション」は1月23日に放送された第17週「隠しきれない恋」で後半最初の山場を迎えた。
戦争で夫を亡くし、女手一つで3人の娘を育てる糸子に恋の予感・・・。
一緒に仕事を進める相手に特別な感情が芽生えた。
綾野剛が演じる周防龍一だ。
ついに糸子は相手に妻子がいることを承知で、「好きでした」と告白した。
不倫である。

1月23日に関西地区で本作品の最高視聴率22.7%を記録した。
1月25日に関東地区で21.5%を記録した。
そして、冒頭の視聴率。
驚異的な数字といえる。

Wikipedia(ウィキペディア)の「カーネーション(朝ドラ)」の項(頁)に視聴率が載っている。

◆週間最高視聴率(週間平均視聴率にあらず)

第1週=2011年10月3日〜10月8日:あこがれ 17.4%
第2週=2011年10月10日〜10月15日:運命を開く 18.5%
第3週=2011年10月17日〜10月22日:熱い思い 17.9%
第4週=2011年10月24日〜10月29日:誇り 19.2%
第5週=2011年10月31日〜11月5日:私を見て 18.6%
第6週=2011年11月7日〜11月12日:乙女の真心 19.7%
第7週=2011年11月14日〜11月19日:移りゆく日々 19.6%
第8週=2011年11月21日〜11月26日:果報者 19.7%
第9週=2011年11月28日〜12月3日:いつも想う 20.4%
第10週=2011年12月5日〜12月10日:秘密 20.5%
第11週=2011年12月12日〜12月17日:切なる願い 20.8%
第12週=2011年12月19日〜12月24日:薄れゆく希望 19.7%
第13週=2011年12月26日〜12月28日:生きる 18.9%
第14週=2012年1月4日〜1月7日:明るい未来 18.4%
第15週=2012年1月9日〜1月14日:愛する力 19.7%
第16週=2012年1月16日〜1月21日:揺れる心 20.1%
第17週=2012年1月23日〜1月28日:隠しきれない恋 25.0%
第18週=2012年1月30日〜2月4日:ライバル −
(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

⇒2011年11月29日「尾野真千子はつくりものでない カーネーション視聴率と評判」はこちら。

別のデータによる。

◆週間テレビ視聴率ランキング

10月24日〜10月30日:8位(10月27日放送分) 関西17.7% 関東17.0%
10月31日〜11月6日:1位(11月4日放送分) 関西20.4% 関東17.7%
11月7日〜11月13日:1位(11月11日放送分) 関西20.0% 関東19.5%
11月14日〜11月20日:2位(11月16日放送分) 関西21.1% 関東18.9%
11月21日〜11月27日:5位(11月26日放送分) 関西20.5% 関東18.9%
11月28日〜12月4日:2位(12月2日放送分) 関西20.4% 関東20.1%
12月5日〜12月11日:5位(12月9日放送分) 関西19.7% 関東20.5%
12月12日〜12月18日:3位(12月15日放送分) 関西20.7% 関東19.4%
12月19日〜1月1日:8位(12月19日放送分) 関西20.8% 関東19.2%
1月2日〜1月8日:10位(1月5日放送分) 関西18.1% 関東16.4%
1月9日〜1月15日:4位(1月11日放送分) 関西20.6% 関東18.8%
1月16日〜1月22日:2位(1月20日放送分) 関西21.4% 関東19.9%
1月23日〜1月29日:1位(1月23日放送分) 関西22.7% 関東19.5%

⇒2012年1月15日「尾野真千子の暴走と渡辺あやの復讐…カーネーションの異次元」はこちら。

「カーネーション」の視聴率がここまで伸びると、NHK(制作陣)としても尾野真千子をこのまま降板させるわけにいかない。
台本は未完成というから、再登板のシーンが設けられそう。
朝ドラ主演女優にとり、これほどの名誉はないはずだ。
尾野真千子は素晴らしい。

なお、このブログの検索キーワードに「コシノ3姉妹」「小篠三姉妹」「小篠3姉妹」はともかくとして、「越野三姉妹」「越野3姉妹」「コシノ三兄弟」が多く含まれており、驚く。
朝ドラ「カーネーション」は実在の人物への関心も呼び覚ました。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年2月5日「長女・コシノヒロコと次女・コシノジュンコのライバル心」はこちら。

⇒2012年2月4日「小原ハル⇒小原善作⇒小原糸子⇒コシノ三姉妹の乗り移り」はこちら。

⇒2012年2月1日「尾野真千子・小原糸子の不倫・無断外泊・朝帰り」はこちら。

⇒2011年1月24日「どうした尾野真千子?…カーネーション視聴率と主演降板」はこちら。

⇒2011年1月19日「尾野真千子、修羅場の連続に目をそむける…カーネーション」はこちら。

⇒2011年1月18日「朝ドラ・カーネーション、小篠綾子と夫、コシノ三姉妹」はこちら。

⇒2012年1月15日「尾野真千子の暴走と渡辺あやの復讐…カーネーションの異次元」はこちら。

⇒2011年12月19日「尾野真千子カーネーション1位の見ごたえ…朝ドラ歴代作品」はこちら。

⇒2011年12月17日「尾野真千子、イライラが爆発!…カーネーション主演の剣幕」はこちら。

⇒2011年12月16日「正司照枝…朝ドラ・カーネーションの感動、かしまし娘の芸達者」はこちら。

⇒2011年11月29日「尾野真千子はつくりものでない カーネーション視聴率と評判」はこちら。

⇒2011年11月27日「正司照枝の温かみ、栗山千明のつっけんどん…カーネーション」はこちら。

⇒2011年11月22日「尾野真千子の演技…小原洋裁店開店から結婚へ急展開」はこちら。

⇒2011年11月19日「カーネーション・オープニング映像の出来…辻川幸一郎」はこちら。

⇒2011年11月6日「尾野真千子カーネーション…朝ドラ最高傑作」はこちら。

⇒2011年11月4日「カーネーション視聴率のネックは何か…面白いのになぜ?」はこちら。

⇒2011年10月31日「威張る小林薫、とぼける麻生祐未…朝ドラ・カーネーション」はこちら。

⇒2011年10月28日「尾野真千子がコシノ三姉妹に対面、夢中のオーラを感じる」はこちら。

⇒2011年10月24日「カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子」はこちら。

⇒2011年10月21日「尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判」はこちら。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

尾野真千子・小原糸子の不倫・無断外泊・朝帰り

私は仕事に追われ、楽しみにしているブログの更新もFacebookでの交流もままならない。
とりわけ営業講師・営業コンサルタントの経験の集大成として取り組みはじめたノウハウの教材化に追われている。
今年中に12商品の投入を目指しており、連日のように体力の限界と戦っている・・・。

自分の気持ちのなかでは、昨年12月中旬からブログに時間を割けなくなった。
それなりに考えたうえで記事をまとめることを大切にしてきたが、不可能な状態である
それがさらにはっきりしたのが、ここ1〜2週間。
実質休止に追い込まれている。

ところが、1月中のPV(ページ・ビュー)が30万を大きく超えた。
少なくないのは承知しているが、この数字がどの程度のものなのか客観的に分からない。
昨日、ウェブビジネスを手がけている方と3月開催の社長向け講演会の打ち合わせを行った際に、「著名人や商用のブログを除けば、凄い数です」と言われた。
和田創ブログでもこのところ仕事関連の内容をアップした。
が、それは記事を書く暇がなく、和田創研などのホームページ用の原稿を転載した結果である。
和田創ブログを訪れてくれる読者におおいに感謝したい。

                       ◇

というわけで、ずっとご無沙汰のNHK朝ドラ「カーネーション」。
ときどき公式サイトであらすじを確かめたり、妻に当日の出来事を聞いたりするくらい。
どうしてもと思い、日曜日の午前中に23分のダイジェスト版を見た。
尾野真千子が演じるヒロイン・小原糸子(小篠綾子)が妻子持ちの周防龍一(綾野剛)と抜き差しならぬ関係に陥るという、とても切ない展開だった。

不倫の噂を聞きつけ、糸子に激しく詰め寄る親戚、隣近所、そして従業員・・・。
人同士のつながりがいかに深く濃い時代だったか気づかされる。
今日からは想像もつかない。
それを、学校でつらい思いを味わわされているはずの3人の幼い子どもが懸命にかばう。
印象的なシーンだった。

糸子は生まれて初めて無断外泊をした。
母・小原千代(麻生祐未)は一睡もせずに娘の戻りを待った。
人の道を外れる、朝帰りだった・・・。

私は和田創ブログが1日1万PVを10日以上連続で上回っている事情が飲み込めた。
朝ドラ「カーネーション」は年明けの山場を迎えていたのだ。
いったん下がった視聴率も上がったのでなかろうか。
私が生まれる3年前(昭和23年)の世相もいくらか感じられた。

朝ドラ「カーネーション」は今週から一気に時代が進むようだ。
となると、次女役の二宮星も御役御免。
後に「コシノ三姉妹」と呼ばれる3人の娘も思春期を迎えるのだろう。

今後の展開が楽しみだが、私は仕事がびっしりと詰まっており、ほとんど見られそうもない。
なお、「越野綾子」は誤り。

                      ◇◆◇

尾野真千子と朝ドラ「カーネーション」に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年1月24日「どうした尾野真千子?…カーネーション視聴率と主演降板」はこちら。

⇒2011年1月19日「尾野真千子、修羅場の連続に目をそむける…カーネーション」はこちら。

⇒2011年1月18日「朝ドラ・カーネーション、小篠綾子と夫、コシノ三姉妹」はこちら。

⇒2012年1月15日「尾野真千子の暴走と渡辺あやの復讐…カーネーションの異次元」はこちら。

⇒2011年12月19日「尾野真千子カーネーション1位の見ごたえ…朝ドラ歴代作品」はこちら。

⇒2011年12月17日「尾野真千子、イライラが爆発!…カーネーション主演の剣幕」はこちら。

⇒2011年12月16日「正司照枝…朝ドラ・カーネーションの感動、かしまし娘の芸達者」はこちら。

⇒2011年11月29日「尾野真千子はつくりものでない カーネーション視聴率と評判」はこちら。

⇒2011年11月27日「正司照枝の温かみ、栗山千明のつっけんどん…カーネーション」はこちら。

⇒2011年11月22日「尾野真千子の演技…小原洋裁店開店から結婚へ急展開」はこちら。

⇒2011年11月19日「カーネーション・オープニング映像の出来…辻川幸一郎」はこちら。

⇒2011年11月6日「尾野真千子カーネーション…朝ドラ最高傑作」はこちら。

⇒2011年11月4日「カーネーション視聴率のネックは何か…面白いのになぜ?」はこちら。

⇒2011年10月31日「威張る小林薫、とぼける麻生祐未…朝ドラ・カーネーション」はこちら。

⇒2011年10月28日「尾野真千子がコシノ三姉妹に対面、夢中のオーラを感じる」はこちら。

⇒2011年10月24日「カーネーション・ヒロイン小原糸子のモデル…小篠綾子」はこちら。

⇒2011年10月21日「尾野真千子・小原糸子の演技、朝ドラ・カーネーションの評判」はこちら。

⇒2011年10月18日「松下奈緒・瀧本美織・井上真央・尾野真千子…朝ドラヒロイン素顔」はこちら。

⇒2011年10月12日「松下奈緒、朝ドラ視聴率・朝ドラ人気回復に最大の貢献!」はこちら。

⇒2011年10月8日「二宮星お多福の演技力…カーネーション・朝ドラヒロイン」はこちら。

⇒2011年10月5日「尾野真千子カーネーション視聴率…井上真央おひさまに及ばず」はこちら。

⇒2011年10月3日「尾野真千子、朝ドラオーディション4度目の正直で号泣!」はこちら。

⇒2011年10月1日「おひさま井上真央からカーネーション尾野真千子へ…視聴率20%超連発」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ