コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

和田創営業本

顧客第一とは・・・和田創無料本

私は、顧客から感謝の言葉をかけてもらえない営業はダメだと思います。
それなしに、どうして営業の仕事に喜びや誇りを感じられるのでしょう。
9784907620011それなしに、どうして満足すべき成績を残せるのでしょう。
私はお客さまの一言が自分の成長をもたらすと信じ、営業の仕事を楽しんできました。
「結果がすべて」ですから、結果などどうでもいいのです。

皆さんは「そんなバカな」と笑うかもしれません。
例えば、月末に売り上げを数える会社があります。
その前に、なぜこの一月で営業がお客さまからいただいた感謝の言葉を数えないのでしょう。
前者は結果、後者は原因ですので、順序が引っくり返っています。
そうした会社に限って、臆面もなく「顧客第一」を掲げています。
組織ぐるみのウソは即刻引っ込めるべきです。

実態はもっと深刻であり、感謝の言葉を数えていない会社さえあります。
社長が「行動評価」に改めなくては、社員に「顧客第一」を根づかせられません。
社長が「結果評価(実績評価)」にこだわり、社員に「役立て」と命じたところで取り組みません。
「売り上げが悪い」と責められるのは自分ですから…。
もしも数字の低迷に苦しむなら、そうした観点から振り返ってください。
あす木曜日、午後4時までアマゾンで『御社の営業をよくするヒント( 256頁)』を無料でご購入いただけます。
どうかいますぐスマートフォンやタブレットにダウンロードしてお読みください。

『御社の営業をよくするヒント』

執筆は渾身の力を注ぎました。
手を抜いていません。
周囲の方々やお仲間にお知らせくだされば幸いです。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

御社の営業をよくするヒント

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
皆さまのご健康とご多幸をお祈りします。

9784907620011すでにご案内したとおり、和田創研は新春にオフィスを移転しました。
正確には「事務所」でなく「セミナールーム兼相談室」です。
皆さまの業績向上と成長持続のサポートに全力を注いでいく決意です。

さて、和田創研は設立から20年を超える今日まで、多くの顧客に支えらながら事業を続けてまいりました。
皆さまに感謝の気持ちをお伝えするとともにオフィスの移転を記念し、アマゾンで和田創講演集『御社の営業をよくするヒント』の無料キャンペーンを実施することとしました。
昨年刊行したばかりの同書に大幅な改訂を加え、一段と完成度を高めて2015年1月5日に新版として刊行しました。
紙の本で 256ページ相当です。

『御社の営業をよくするヒント』

私は皆さまに対し、執筆に全身全霊を傾けたことだけはお約束できます。
限界近くまでブラッシュアップを重ねました。

内容は大きな感動を呼び、高い評価をいただいた講演集です。
業績をよくしたい社長や営業管理者の方々はもとより、成績をよくしたい営業担当者の方々に役立ちます。
販売や受注の増加など、収益の伸長に関わるセオリーとノウハウ、事例を豊富に盛りつけています。

本書は「アマゾン Kindle ストア」にて無料でご購入いただけます。
2015年1月10日(土)午後4時までの期間限定になります。
どうかいますぐダウンロードしてください。

スマートフォン、タブレット用の Kindle 無料アプリをご利用いただくと、 Kindle 端末がなくてもお読みいただけます。

『御社の営業をよくするヒント』

皆さまが本書をお読みくださり、何かしら感じるところ、得るところがありましたら、フェイスブックの和田創研のファンページに「いいね!」をいただけると幸いです。
また、和田創研にメールで感想をお寄せいただけるととても嬉しいです。

和田創研フェイスブック

和田創研ホームページ

私自身、『御社の営業をよくするヒント』はこれまでに執筆したなかで一番好きな本です(二番は『企画の愉しみ』)。
なにとぞお楽しみください。

『御社の営業をよくするヒント』

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔はソチオリンピック金メダルを狙う

年明け早々、気合いが入りすぎ、のどをつぶしてしまいました。
声があまりにもがらがらで、妻に笑われました。

私は、年末年始に食事と飲酒を楽しみました。
例年どおり「久保田千寿」を冷やでいただきました。
体にしみるように入ってきて、つい飲みすぎてしまいます。
日本酒は米ですので、いくらか太るのかもしれません。
食べすぎで、腹回りがぱんぱんになりました。
ドローイングの状態でないと、スーツのスラックスが弾けそうです。
色男が台無しです。

今年1冊目の著作『結果を出せない営業はこう立て直す』は、本文も装丁も校了になりました。
紙の本です。
後は、17日の納品を待つだけです。

これまで出版社の編集者などのお世話になり、著作を刊行しました。
プロの仕事振りに納得しています。
が、すべてを自分一人でやり抜いた今回の著作はとくに満足しています。
編集も装丁も造本も素人ですので出来はいま一つかもしれませんが、それでも待ち遠しいです。
内容は、我ながら完成度が異常です。

長年のクライアント2社からそれぞれ数百冊のまとまった予約注文をいただきました。
ありがたいことです。
楽しみ、楽しみ・・・。

2冊目の著作『御社の営業をよくするヒント』は電子書籍での編集作業に入ります。
こちらも遠からず発売です。
面白くてためになる内容です。
自分が感動しなくては読者を感動させられません。
「激辛エンタテイメント」を目指しましたので、凍りつきながら楽しんでいただけると思います。
全編、異様な「お・も・て・な・し」に満ちています。

3冊目の著作『売上づくりは総力戦』も原稿がほとんど仕上がっています。
気持ちははやりますが、講演や公開セミナー、クライアント仕事などが押しており、深夜の時間を使いながらこつこつとブラッシュアップに努めています。
今月中に原稿を完成させたいのですが、本業との兼ね合いもあり、正直ちょっと厳しいかなと思っています。
それでもソチオリンピックの開幕前に決着をつけられるのでないでしょうか。
これも自分で読んでいて、思わず夢中になります。

日課のブログは、更新が滞ったままです。

話は変わります。
何かのテレビ番組で、高橋大輔が「ソチで金メダルを狙う」と言い切りました。
スポーツニュースかもしれません。
私は、その心意気を買いたい。
世界のトップアスリートとして、そうでなければウソだとも思います。
オリンピックの大舞台が迫り、眼光が鋭くなってきました。

が、その直後、「金メダルの可能性は低いと思っていますけれど…」と本音(?)をもらしました。
私は、がくっ。そんなことは言わなくていい。
いかにも高橋大輔です。

私は、自分を高橋大輔と同列に語ろうなどという気はさらさらありません。
が、私も自らを追い詰めています。
例えば、きょうのブログ。
著作についてここまで言ってしまうと引っ込みがつかず、猛烈に頑張るしかなくなります。
これがとても大事です。

高橋大輔は、自らを限界まで追い込むためにあえてそう語ったのでしょう。
金メダルを目指すと、それが叶わなかったとしても、銀メダルや銅メダルに手が届くかもしれません。
ぜひ、ソチの表彰台に、それもなるべく高いところにのぼってほしいと思います。
カナダのパトリック・チャンが最強の王者なのは確かですが、本番では何が起こるか分かりません。
彼の調子次第で、日本勢3選手が表彰台を独占しないとも限りません。

私は高橋大輔と異なり、本質的に怠け者なので、口に出すことで自分に活(カツ)とムチを入れています。
私はとにかくサボりたがる・・・。

Copyright (c)2014 by Sou Wada
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ