コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

営業の誇り

顧客第一とは・・・和田創無料本

私は、顧客から感謝の言葉をかけてもらえない営業はダメだと思います。
それなしに、どうして営業の仕事に喜びや誇りを感じられるのでしょう。
9784907620011それなしに、どうして満足すべき成績を残せるのでしょう。
私はお客さまの一言が自分の成長をもたらすと信じ、営業の仕事を楽しんできました。
「結果がすべて」ですから、結果などどうでもいいのです。

皆さんは「そんなバカな」と笑うかもしれません。
例えば、月末に売り上げを数える会社があります。
その前に、なぜこの一月で営業がお客さまからいただいた感謝の言葉を数えないのでしょう。
前者は結果、後者は原因ですので、順序が引っくり返っています。
そうした会社に限って、臆面もなく「顧客第一」を掲げています。
組織ぐるみのウソは即刻引っ込めるべきです。

実態はもっと深刻であり、感謝の言葉を数えていない会社さえあります。
社長が「行動評価」に改めなくては、社員に「顧客第一」を根づかせられません。
社長が「結果評価(実績評価)」にこだわり、社員に「役立て」と命じたところで取り組みません。
「売り上げが悪い」と責められるのは自分ですから…。
もしも数字の低迷に苦しむなら、そうした観点から振り返ってください。
あす木曜日、午後4時までアマゾンで『御社の営業をよくするヒント( 256頁)』を無料でご購入いただけます。
どうかいますぐスマートフォンやタブレットにダウンロードしてお読みください。

『御社の営業をよくするヒント』

執筆は渾身の力を注ぎました。
手を抜いていません。
周囲の方々やお仲間にお知らせくだされば幸いです。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業の仕事…顧客の啓蒙、顧客価値最大化への貢献

営業にとり大事な仕事の一つに「顧客の啓蒙」がある。
私自身は長年これを最重視してきた。
当該分野に関するプロフェッショナルとして顧客価値の最大化に貢献することがプライド(誇り)であり、喜びである。

したがって、営業活動を通じて助言を与えるのはもちろん、苦言を呈する。
軋轢や衝突を恐れず、ときに相手の誤りを正す。
私の力不足で分かっていただけなくて商談の破綻を招くことも少なくない。
しかし、信頼関係の構築につながることも珍しくない。
しかも、そうした過程を経て獲得した顧客は最上の得意先(クライアント)になることを、私は経験上知っている。
営業の仕事は奥深い。

なお、営業担当者がこの啓蒙の仕事をさぼると、顧客にいいように振り回される状態が日常化しやすい。
頭を使わないと、体がいくつあっても足りないという見方もできるだろう。
平たく言えば、「貧乏暇なし」。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ