コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

営業研修テキスト

営業ポスター 営業テキスト 和田創研

◇◇◇

社長が進める営業力アップ
講師・コンサル不要の指導ツール

■数字づくりに絞った教育指導効果
成績向上に役立つノウハウを提供

和田創研は四半世紀を超えて、収益獲得の入口となる営業を支援する「研修」と「コンサルティング」を行ってきました。
これまでに確立した行動改革と成績向上に役立つノウハウを「営業ポスター 営業テキスト」として提供します。

社長が社員にすり込みたい基本や急所、上司が部下に植えつけたい内容やポイントをきわめて簡潔な「1枚もの教材」に仕上げました。
代表・和田創がメッセージの一字一句にこだわりながら「完成度」を高めました。
さらに、購入者にとっての「使い勝手」を重視しています。

■カラーポスターとしての使用
営業のさまざまな問題を粘り強く解決

本商品はA2判拡大(新聞片面)かA3判原寸の「カラーポスター」として使用できます。
講師やコンサルタントの派遣との最大の違いは、壁面などへの掲出による効果の「持続性」の高さです。
ポスターを貼り出すことで、営業に染みついたさまざまな「問題」を粘り強く解決することができます。
とりわけ悪しき常識と習慣を正し、「営業が強い会社」によみがえらせます。

なお、掲出時に社長が数分程度を割き、社員に意図や要点を説明することをお奨めします。
単に貼り出すのと比べ、教育指導の効果がまるで違ってきます。
全員の「唱和」を絡めやすいポスターもご用意しています。

■モノクロテキストとしての利用
準備なしに高品質の教育指導が可能

本商品はA4判縮小の「モノクロテキスト」としても利用できます。
社員(部下)に教育指導を行うには「コンテンツ」が必要になり、その品質によって効果が著しく左右されます。

本商品は社長(上司)が面倒な準備なしに行えるよう、内容を分かりやすくブラッシュアップしました。
エッセンスが詰まっており、3分〜30分程度のコンパクトな「研修」に向きます。
また、朝礼や会議、勉強会や小集団活動などの集まりで手軽に使えます。

なお、年間のスケジュールを立てて週や月の単位で本商品を用いれば、社員の育成を計画的に進めることができます。

■相乗作用による社員への浸透と定着
社長に代わりずばっと伝える!

本商品は社長が言いたい事柄を代わりにずばっと伝えます。
しかも言葉はすぐに消えますが、文書は後々まで残ります。
同一のポスターとテキストを合わせて用いることで、社員への浸透と定着に「相乗作用」が得られます。
それにより、健全な企業文化、明朗で活発な組織風土の形成も促せます。

社長(上司)が多忙や不在などの理由で社員(部下)に目が行き届きにくい会社(職場)ではとりわけ有効です。
こまごまとした注意をうじうじと与える必要がなくなり、双方のいらいらとストレスが大幅に減ります。

■飛び切り効果的な使い分け
全社の課題、個々の課題に即して

会社全体に共通の課題に即し、カラーポスターを貼り出します。
それがどれくらい実行されているかを会議などの機会に追いかけてください。

社員個々に特有の課題に即し、モノクロテキストを手渡します。
その際、テキスト(配付資料)に、例えば「**さん、いつも頑張っているね。後日、この件で話をしよう。あなたなら成績をさらに伸ばせる」と手書きしておきます。
1〜3か月後にちょっと時間を割き、追いかけてください。
簡単なメッセージを添えることで当人の成長や変革を格段に促すことができます。

■営業ポスター 営業テキスト
何枚でも掲出、何人にも配付

本商品はPDF版ですので、出力してポスターとして何枚でも貼り出せます。
また、テキストとして何人にも配れます。
デジタルデータは保管しやすく、社員へ徹底を図るために期間を置いて繰り返し用いることもできます。

詳しくはこちらをご覧ください。

(著作権者は精鋭育成協会。イラストはすべて本郷理一)

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

問答無用の営業革命…衝撃研修ビデオ

職場や会議で盛んに用いられている無料教材がある。
平均15分前後のコンパクトなセミナー映像。
講師は私。
知る人ぞ知るという感じで、人気が出てきた。
社員の研修はもとより、社長や役員の組織、勉強会でも使われている。
先頃、MBAでの配信、財団法人などでの配付も始まった。

業績の回復と向上をいかに図るべきか?
おもに経営層や上級管理職を対象とした講演や研修で参加者が強い反応を示したコンテンツの一部を公開もしくは提供。
言い換えれば、大反響セミナーの要所を再現した。

固定観念や成功体験に凝り固まった人たちには衝撃的な内容だ。
社員や部下に内緒で、社長や上司が見ている。
社内講師やインストラクターも同じく。
プロの経営コンサルタントや営業講師も見ている。
可愛いでないか。
「思わず赤面しました」。
「とても考えさせられました」。
「耳が痛くて痛くて…」。
そんなメールが増えてきた。

さて、セミナー映像の全体テーマは、「営業発・全社改革の思想」だ。
日本経済は閉塞感に覆い尽くされている。
企業を取り巻く環境はますます厳しくなることが予想される。
経営がうまくいっていないとすれば、思い切って変化に挑んでみるべきだ。
いまや、“顧客目線”に則った社員の意識改革と行動改革、それによる企業文化と組織風土の刷新は、緊急課題といえよう。

セミナー映像「和田創・営業変革講演」は9タイトル。
どうか私の“熱”を受け取っていただきたい。

◆営業変革講演1
目をおおう営業活動の実態
〜「顧客第一」など大ウソである

◆営業変革講演2
営業に“勝ち癖”をつける
〜「変わったね」と、顧客から言われること!

◆営業変革講演3
間違いだらけの営業研修
〜提案営業をかじると、売り上げは落ちる

◆営業変革講演4
全社に顧客の横串を通せ
〜勝ち残りへのムーブメントを引き起こす

◆営業変革講演5
営業管理者の仕事とは何か?
〜「おれの部下でホント、幸せもんだ」

◆営業変革講演6
エラソォ〜な製造を変える
〜「つくったから売れ」「生産ラインを空けるな」

◆営業変革講演7
勝ち組は営業生産性にこだわる
〜価格提示型から「価値提供型」へ転換させよ

◆営業変革講演8
営業ノウハウは役立たずなのか?
〜「そうやってもダメだった」。ウソばっかり!

◆営業変革講演9
営業人材&手法マトリクス
〜合言葉は「ソリューションへ針路を取れ!」

以上。
なお、ところどころに言い間違いがある。
とくに営業変革講演2において、営業のことを「顧客説得の窓口」と述べているが、正しくは「顧客接触の窓口」。
お許しいただきたい。

会社を生かすか潰すかを決めるのは、「顧客」。
社長が急ぐべきは、顧客を唯一の拠りどころとした会社と社員の再生である。
それは営業変革に留まらず、商品や事業などのマーケティング改革、ひいては経営革新をもたらすはず。

私は9タイトルのセミナー映像を通じ、渾身のエールを送った。
日本のすべての会社と社員を元気にしたいのだ!

ところで、世の中に勉強熱心な会社がある。
尊敬に値しよう。
自前の研修施設を持つとか、別会社でHRD(研修会社)を持つ大手企業のなかには、社員を勉強漬けにしているところがある。
広い意味の家電・OAメーカーなどが代表例。

もし、それで業績が冴えないとしたら、社員教育の敗北を意味する。
実は、いまだに営業研修と称して“売り方”を叩き込んでいる企業が珍しくない。
営業観が古く腐っている。

私たちはなぜ困っているか?
売ろうとしても売れないからだ。

私が営業指導を行う際に前提とする基本認識は、「売ろうとして売れる時代はとうに終わった」である。
なかでも売り上げが沈んだままの企業で力説しているのは、社長や上司の指示を信じてはいけない。
結果を出せないわけだから、間違っているのだ。

この営業変革講演のなかでも、私は明確な方向と指針を打ち出したつもりだ。
「真逆(まぎゃく=造語)」。
従来と正反対の考え方とやり方を試みよ。
右肩上がりの経済から右肩下がりの経済へ、成長(拡大)市場から成熟(縮小)市場へ…。
矢印がひっくり返った。

どうか社長や上司が中心になって職場や会議で視聴し、全員で喧々諤々の議論を行ってほしい。
どうすればよりよい営業、よりよい会社に生まれ変われるか。
力強く勝ち残っていただきたい。

その捨て石となれるなら、講師としてこれに勝る喜びはない。

                       ◇

私は業種や規模を問わず、多くの企業で「提案営業(コンサルティングセールス、ソリューションセールス)」の研修を行ってきた。
振り返ると、さまざまなハプニングが起こった。

とくに面白いのは「アンケート」。
企業が用意するものは「受講レポート」に近く、社長や営業役員、人事・教育担当の事務局が読むこともあり、お行儀がよい。
私も講師としてざっと目を通すが、予想どおり。

しかし、私どもが提供するものは「フリーアンサー」に近く、しかも無記名にしているので率直な評価や感想が寄せられる。
まれに凄まじい反発や抵抗、拒絶の意志をぶつけてくる人も…。

「声が異常に大きい。うるさくて眠れなかった」。
「鬼講師!」。
「過去最悪の研修でした」。
「???」。
「非常に不愉快」。
「呼ぶ価値のない講師だと思う」。
「態度が悪い!」。
「まったくついていけない」。

これらは控え目なほう。
文字の雰囲気からベテランや古参か。
中堅や幹部も…。

私は革命系の講師であり、現状を真っ向から否定することになる。
世の中でもっとも嫌われた講師の一人だろう。
業績低迷企業ほどその傾向が強い。

クライアントの営業強化・収益伸長・企業成長のために自分なりに懸命に努力しているのに、因果な商売である。

◆和田創大噴火「営業変革講演」9タイトルはこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ