コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

営業社員研修

みずほ総研、人気の営業社員セミナー

私・和田創は11月4日(金)に東京・みずほ総合研究所で「営業社員セミナー」の講師を務めます。
若手や新任の営業スタッフはもとより、製造・技術・サービス・マーケティングなどの営業支援スタッフの強化にも有効です。
なお、会社や職場として収益を伸ばすため、営業担当者が営業管理者や経営幹部の方々と一緒に参加されようにお奨めします。

◆演題
そろそろ本気で上を目指そう・・・
数字を伸ばす!営業担当者の『ステップアップ』実践セミナー
〜結果を残せる営業へ進化するポイントを解説〜

◆日程
2016年11月4日(金)

◆時間
午前10時〜午後5時

◆会場
みずほ総合研究所セミナールーム(東京・内幸町)

◆対象
営業経験が比較的浅い営業担当者

◆内容紹介
営業の仕事に就き、それなりの教育指導を受けたり実務経験を積んだりしたものの、なかなか思うような成績を上げられない…。
市場環境が厳しくなる今日、そうした悩みを抱えて苦しむ営業担当者は少なくないでしょう。
本講座では、豊富な指導経験を持つ講師が、営業の基本を再確認しながら、真のプロフェッショナルにステップアップするポイントを分かりやすく解説します。
営業担当者が自らの実力を高めて「成績優良者」の仲間入りを果たすうえで、明確な指針と具体的なヒントが得られます。
さらに、年齢や経験を問わず、数字を伸ばすコツを習得したい方々にも非常に有益な内容です。

◆内容構成
〔はじめに〕営業の心構えを築き、基本をやり抜く

機 ̄超箸了纏の特性を踏まえよ
  思う存分楽しめるかどうかは自分次第
1.営業としてのステップアップの第一歩
2.営業が担う重大な機能とは?
3.「営業の出番到来」という現実に燃えよ
4.営業は「売ってナンボ」の世界で働く
5.プロフェッショナルしか生き残れない

供\績向上に絶対外せない急所
  優れた営業への扉はここから開かれる
1.やみくもな頑張りでは成果が乏しい
2.何が営業に収益伸長をもたらすのか
3.「顧客第一」を具体行動に落とし込む
4.重点顧客との関係性を掘り下げる
5.ただちに営業の根本思想を転換せよ
6.商談のゴールへの距離はこう縮める
7.振るわない数字は何を意味するのか
8.スランプに陥ったときの対処法を知れ

掘/字を押し下げる勘違いとは
  営業の根っこに気づけるなら力が湧く
1.営業活動の本質と根幹を見詰め直せ
2.市場の成熟化にともなう営業の性格の変化
3.失敗と成功は正比例の関係である
4.ブレーキを踏むのはいつだって自分
5.成績の最大のネックとなるのは何か
6.営業力はわずかという認識が大切!
7.愚直なまでに基本中の基本をやり抜く
8.営業として大きな成長を遂げられる

検 ̄超罰萋阿蚤砂鼎垢戮手続き
  売れない時代、急いては事を仕損じる
1.成績の原因となる過程に目を向ける
2.段階的に組み立てる営業活動もある
3.「プロセスマネジメント」の実践へ
4.今日の営業活動における最大の課題
5.自分に会う顧客のメリットをつくる
6.営業担当者が商談を決めるわけでない
7.こちらから断りの理由をばらまくな
8.営業のストレスから自分の心を守る

后…鶲討鯆未犬凸鯲ちに徹する
  課題解決に貢献できてようやく一人前
1.役立ちを前面に押し出して働きかけよ
2.注目の「提案営業」の基本を理解する
3.取り組みに必須の2つのキーワード
4.顧客の側へ立ち位置をシフトする
5.売るものは自分が決めず相手に見出す
6.どうすれば“案件”を育てられるか
7.これからは生産性の概念を重んじよ
8.安易な営業活動を行えないようにする

〔あすから〕営業担当者よ、心の太鼓を打ち鳴らせ

※ご参加者にもれなく和田創著作『結果を出せない営業はこう立て直す』を差しあげます。本書は、トップと営業管理者向けの内容です。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
みずほ総合研究所ビジネスセミナー
⇒「営業担当者の『ステップアップ』実践セミナー

以上。
なにとぞ奮ってご参加ください。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

上司が部下に営業を教えられない

先週と今週、2社の中堅企業の研修で不思議な現象が起こりました。
どちらも経験の浅い営業担当者向けの「営業社員研修」が採用になりました。
ところが、研修会場には営業役員を含む営業課長と営業所長の姿しかありません。
ほとんどの企業は、私ども和田創研の「営業社員研修」に営業管理者も参加します。
が、受講者が営業管理者に限定されるのは異例です。

いまや営業部門や営業拠点の業績は、それを率いる管理者次第という認識が定着したのでしょう。
2社は、営業系の上司が部下にどのような教育や指導を行うか、その基本を学ばせようと判断した結果でした。

実は、業績が低迷する企業では、営業管理者が営業担当者に的確な助言を与えられません。
なかでも営業に関する原理原則をすり込めず、顧客接点での行動が曖昧になっています。
この行動が数字をもたらしますので、成果が振るわなくて当然です。
それ以前に、主役である顧客の共感や信頼を得られません。
私は、数字が大きく伸びる「営業のいろは」を分かりやすく解説しました。
なお、この2社は業績が好調でした。

私ども和田創研では、この「営業社員研修」を東京駅の周辺会場で公開セミナーとして実施しています。
わずか1日ですが、学びと気づきに満ちており、評価は突出しています。
大勢の方々にご参加いただきたいと思います。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業社員ベーシックセミナー開催

営業社員向けのベーシックセミナーを開催します。
とはいえ、数字を伸ばせる営業の基本です。
eigyoshain02真の「プロフェッショナル」にステップアップするポイントを分かりやすく解説します。
今年度も数社の企業研修に採用が決まっています。
新人・新任のフォローアップ、若手・中堅のブラッシュアップ、製造・技術・サービススタッフの営業戦力化に有効です。
また、社員や部下の指導に当たる立場の方々にも有益です。
なお、内容にご納得いただくため、社長など申込責任者1名をご招待しています(和田創最新刊も進呈)。

◆演題
売り上げを大きく伸ばすベーシック講座
(成果向上にフォーカス)
営業社員研修
結果を残せる営業へ進化するポイントを解説

◆日時
2014年7月15日(火)〜16日(水)
両日とも午前10時20分〜午後4時40分
◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
◆対象
営業担当者、営業関係者、営業管理者の方々
※申込責任者1名ご招待。
◆参加費
88,000円
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(成績の向上に重き)

本セミナーのご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒ 「営業社員研修」カラーパンフレット

ご参加者は2日間、じっくりと腰を据えて学んでいただけます。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新人・新任フォローアップセミナー

私・和田創は東京駅会場で近々、「営業社員ステップアップ研修」を行います。
実務経験を積んだものの思うような営業成績を上げられないという方を対象に、営業の基本を再確認しながら、成績優良者の仲間入りを果たすポイントを分かりやすく解説します。
数字が伸び悩む理由がはっきりと分かり、できる営業に変わる気づきに満ちています。
新人・新任のフォローアップ、若手・中堅のブラッシュアップに最適です。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
その成績に甘んじるな。本気で上を目指そう。
営業社員ステップアップ研修
結果を残せる営業へ進化するポイントを解説

eigyoshain20131002-01◆日時
2013年10月2日(水) 10:20〜16:40
◆会場
日本橋プラザ3階(JR東京駅八重洲北口歩4分、地下鉄日本橋駅B3出口歩1分)
◆対象
営業経験が比較的浅い営業担当者、技術・サービススタッフ
◆参加費
33,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(営業水準の向上に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「営業社員ステップアップ研修」カラーパンフレット

以上。
北海道や九州など、遠方の方にもやさしいロケーションです。
なにとぞ奮ってご参加ください。
(先着順につき、満席の節はなにとぞご容赦ください。)

◇◆◇「営業人」バックナンバー

和田創が不定期で発行する「営業人」が大勢の営業関係者に読まれています。
原稿の叩き台はほとんど新幹線の「のぞみ」の車内でつくり、後日この素材を幾度か練って完成度を高めています。
「営業人」は、売り上げを伸ばすヒントが簡潔に綴られており、社員に配布する社長や営業幹部の方もおられます。
以下に、バックナンバーの一部をご紹介します。

「営業人」第26号の「営業ノウハウは役立たない」はこちら。

「営業人」第25号の「TOKYO2020…景気沸騰、ミニバブルへ」はこちら。

「営業人」第24号の「青春の影…愛することへの純粋な情熱」はこちら。

「営業人」第23号の「営業を学ばせるのは間違い」はこちら。

「営業人」第22号の「経営も人生も目標設定から始まる(特別号)」はこちら。

「営業人」第21号の「道場六三郎のお品書きの感動」はこちら。

「営業人」第20号の「売上改善・業績回復へ2つのアプローチ」はこちら。

「営業人」第18号の「営業の数字立て直しの最大のキモ」はこちら。

「営業人」第16号の「売上を伸ばす“本物の提案営業”の条件(特別号)」はこちら。

「営業人」第10号の「生き残りをかけた提案事例のすごさ」はこちら。

「営業人」第9号の「社員に伝えたい感動の営業事例」はこちら。

「営業人」第7号の「営業管理が目標未達を引き起こす」はこちら。

なにとぞお目通しください。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業ノウハウは役立たない…営業人

本日は「営業人」最新号をお届けします。

「営業人」第26号の「営業ノウハウは役立たない」はこちら。

いい営業はいい表情と雰囲気を備えています。
私が、業績がどん底のクライアントで教育指導に当たったとき、いかにも冴えない風貌のベテランから「そうやってもうまくいかなかった」という指摘を受けました。
彼は、営業ノウハウをまったくはき違えています。
私が見聞きしてきた範囲で最大の成績格差は、正社員で 150倍でした。
どうかご参考になさってください。

ところで、前回お送りした「営業人」第25号の「TOKYO2020…景気沸騰、ミニバブルへ」の内容が誤解を招きましたので、説明を補います。
私は、景気沸騰によるミニバブルを好ましいと考えているわけでありません。
まして待ち望んでいるわけでありません。
そうなるだろうという推察です。

私自身は、業績や成績の長期低迷を経て、企業も個人も「変わらなくては生き残れない」という変革の機運が盛りあがっていたので、それが先送りされることが残念でなりません。
一握りの優良企業のほかは、目先の受注や販売が増えた途端、過去の苦悩をケロッと忘れてしまいます。
私が「丸の内経営サロン」で行っている個別相談に本気で訪れる社長は滅多にいません。
だれかに愚痴を聞いてほしいといったところでしょうか。
赤字や不振に浸かる会社のトップはたいてい“健忘症”です。

こうした社長は危機感が強いのでなく、慌てふためくだけです。
業績の起伏にストレートに反応し、自信喪失と自信満々の状態を繰り返しています。

「営業人」第25号の「TOKYO2020…景気沸騰、ミニバブルへ」はこちら。

◇◆◇ご案内1

実務経験を積んだものの思うような営業成績を上げられないという方を対象に、「営業社員ステップアップ研修」を行います。
営業の基本を再確認しながら、成績優良者の仲間入りを果たすポイントを分かりやすく解説します。
数字が伸び悩む理由がはっきりと分かり、できる営業に変わる気づきに満ちています。
新人・新任のフォローアップ、若手・中堅のブラッシュアップに最適です。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
その成績に甘んじるな。本気で上を目指そう。
営業社員ステップアップ研修
結果を残せる営業へ進化するポイントを解説

◆日時
2013年10月2日(水) 10:20〜16:40
◆会場
日本橋プラザ3階(JR東京駅八重洲北口歩4分、地下鉄日本橋駅B3出口歩1分)
◆対象
営業経験が比較的浅い営業担当者、技術・サービススタッフ
◆参加費
33,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(営業水準の向上に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「営業社員ステップアップ研修」カラーパンフレット

◇◆◇ご案内2

即効性を重視した「和田創 提案営業実践セミナー」を行います。
本物の提案営業と提案書を「事例」と「実際」、「プレゼンテーション」と「ロールプレー」で腑に落とします。
営業力の向上を主眼としており、底上げを目的としておりませんので、ご注意ください。
また、技術・サービススタッフなどの営業戦力化にも最適です。
当日のテキストはバインダー入り、提案書はフルカラーです。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
本物のケーススタディとローププレーをプラス!
和田創 提案営業実践セミナー
提案営業の進め方、営業提案書のまとめ方を明快解説

◆日時
ご都合のいい日程をお選びください。
2013年10月4日(金) 10:20〜16:40
2013年11月13日(水) 10:20〜16:40
2013年12月4日(水) 10:20〜16:40
◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
※東京駅歩1〜3分の別会場になる場合あり。
◆対象
社長、営業部・課長、営業所長、営業マネジャー、営業担当者、製造・技術・サービススタッフ
◆参加費
33,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(収益強化・伸長に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「和田創 提案営業実践セミナー」カラーパンフレット

◇◆◇ご案内3

いまや定番となった「営業管理者セミナー」を行います。
営業部門・営業拠点における予算目標達成の急所を解説します。
部下(社員)をつかみ、動かし、育てて、業績をよくするコツがつかめます。
都銀や地銀などの公開セミナーで続々と採用になっており、主催者が驚く高評価を獲得しています。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
部門・拠点の業績は管理者次第
営業管理者セミナー
動機づけと行動改革、目標管理の手法をずばり解説

◆日時
ご都合のいい日程をお選びください。
2013年10月3日(木) 10:20〜16:40
2013年11月12日(火) 10:20〜16:40
2013年12月3日(火) 10:20〜16:40
◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
※東京駅歩1〜3分の別会場になる場合あり。
◆対象
社長、支社・支店長、営業部・課長、営業所長、営業マネジャー
◆参加費
33,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(業績回復・向上に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「営業管理者セミナー」カラーパンフレット

◇◆◇ご案内4

毎回大好評を博している「社長の営業活動」セミナーを行います。
優良顧客・大口商談を取り込むコツを明快に指導します。
営業特性から、顧客先の上層部に働きかけなければならない営業担当者にも有益です。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
社長の営業活動
トップセールスによる大きな数字のつくり方

◆日時
ご都合のいい日程をお選びください。
2013年10月23日(水) 10:20〜16:40
2013年11月20日(水) 10:20〜16:40
2013年12月12日(木) 10:20〜16:40
◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
※東京駅歩1〜3分の別会場になる場合あり。
◆対象
社長など取締役、営業部門長・拠点長・管理者の方々
◆参加費
44,000円(謝恩価格) 55,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(有力企業の上層部への働きかけに絞り込み。劇的な収益伸長に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「社長の営業活動」カラーパンフレット

◇◆◇ご案内5

恒例の「社長の打ち手」講演(午後半日)を行います。
最大のテーマは「目標必達のマネジメント」であり、毎回突出した評価をいただいています。
会社の数字をよくするだけでなく、“常勝の営業”をつくる具体策を指導します。
成長持続に強い意欲を持つ取締役にお奨めします。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
予算達成⇒業績回復へ
社長の打ち手

◆日時
2013年9月18日(水) 13:20〜16:40
◆会場
トラストシティカンファレンス3階(地下鉄大手町駅B7出口歩2分、日本橋駅A3出口歩4分)
◆対象
社長、営業統括役員、営業本部長、経営企画室長、業務改革推進室長など
◆参加費
22,000円(謝恩価格) 33,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(経営層と営業幹部に限定)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「社長の打ち手」カラーパンフレット

以上。
北海道や九州など、遠方の方にもやさしいロケーションです。
なにとぞ奮ってご参加ください。
(先着順につき、満席の節はなにとぞご容赦ください。)

◇◆◇「営業人」バックナンバー

和田創が不定期で発行する「営業人」が大勢の営業関係者に読まれています。
原稿の叩き台はほとんど新幹線の「のぞみ」の車内でつくり、後日この素材を幾度か練って完成度を高めています。
「営業人」は、売り上げを伸ばすヒントが簡潔に綴られており、社員に配布する社長や営業幹部の方もおられます。
以下に、バックナンバーの一部をご紹介します。

「営業人」第25号の「TOKYO2020…景気沸騰、ミニバブルへ」はこちら。

「営業人」第24号の「青春の影…愛することへの純粋な情熱」はこちら。

「営業人」第23号の「営業を学ばせるのは間違い」はこちら。

「営業人」第22号の「経営も人生も目標設定から始まる(特別号)」はこちら。

「営業人」第21号の「道場六三郎のお品書きの感動」はこちら。

「営業人」第20号の「売上改善・業績回復へ2つのアプローチ」はこちら。

「営業人」第18号の「営業の数字立て直しの最大のキモ」はこちら。

「営業人」第16号の「売上を伸ばす“本物の提案営業”の条件(特別号)」はこちら。

「営業人」第10号の「生き残りをかけた提案事例のすごさ」はこちら。

「営業人」第9号の「社員に伝えたい感動の営業事例」はこちら。

「営業人」第7号の「営業管理が目標未達を引き起こす」はこちら。

なにとぞお目通しください。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

東京五輪2020…景気沸騰、ミニバブルへ

東京オリンピック2020が決定しました。
私は日曜日も仕事でしたので、幾度も眠ろうとしました。
しかし、東京オリンピック招致の成否が気になり、どうしても寝つけません。
そして、IOCロゲ会長から午前5時過ぎ、開催都市の決選投票で東京がイスタンブールを破ったことが告げられました。
「TOKYO2020」。
もう、感無量でした。
私は結局、心配と興奮と感動で一睡もできませんでした。
当日はユンケル2本で何とか乗り切りました。

というわけで、本日は「営業人」東京五輪号をお届けします。

「営業人」第25号の「TOKYO2020…景気沸騰、ミニバブルへ」はこちら。

日本は五輪特需が盛り上がり、ほとんどの業種が恩恵を受けます。
何よりも開催決定をきっかけに、国民のマインドが明るく前向きになります。
近々2度の消費増税も難なく乗り越えるでしょう。
世界情勢・経済に極端な変動がないかぎり、数年間は好景気に沸き立ちます。
なかでも東京は不動産価格が跳ねあがり、インフラ改修と都市再開発が一気に活発化します。
私は「ミニバブル」になると思います。
どうかご参考になさってください。

◇◆◇ご案内1

恒例の「社長の打ち手」講演(午後半日)を行います。
最大のテーマは「目標必達のマネジメント」であり、毎回突出した評価をいただいています。
会社の数字をよくするだけでなく、“常勝の営業”をつくる具体策を指導します。
成長持続に強い意欲を持つ取締役にお奨めします。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
予算達成⇒業績回復へ
社長の打ち手

◆日時
2013年9月18日(水) 13:20〜16:40
◆会場
トラストシティカンファレンス3階(地下鉄大手町駅B7出口歩2分、日本橋駅A3出口歩4分)
◆対象
社長、営業統括役員、営業本部長、経営企画室長、業務改革推進室長など
◆参加費
22,000円(謝恩価格) 33,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(経営層と営業幹部に限定)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「社長の打ち手」カラーパンフレット

◇◆◇ご案内2

実務経験を積んだものの思うような営業成績を上げられないという方を対象に、「営業社員ステップアップ研修」を行います。
営業の基本を再確認しながら、成績優良者の仲間入りを果たすポイントを分かりやすく解説します。
数字が伸び悩む理由がはっきりと分かり、できる営業に変わる気づきに満ちています。
新人・新任のフォローアップ、若手・中堅のブラッシュアップに最適です。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
その成績に甘んじるな。本気で上を目指そう。
営業社員ステップアップ研修
結果を残せる営業へ進化するポイントを解説

◆日時
2013年10月2日(水) 10:20〜16:40
◆会場
日本橋プラザ3階(JR東京駅八重洲北口歩4分、地下鉄日本橋駅B3出口歩1分)
◆対象
営業経験が比較的浅い営業担当者、技術・サービススタッフ
◆参加費
33,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(営業水準の向上に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「営業社員ステップアップ研修」カラーパンフレット

◇◆◇ご案内3

即効性を重視した「和田創 提案営業実践セミナー」を行います。
本物の提案営業と提案書を「事例」と「実際」、「プレゼンテーション」と「ロールプレー」で腑に落とします。
営業力の向上を主眼としており、底上げを目的としておりませんので、ご注意ください。
また、技術・サービススタッフなどの営業戦力化にも最適です。
当日のテキストはバインダー入り、提案書はフルカラーです。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
本物のケーススタディとローププレーをプラス!
和田創 提案営業実践セミナー
提案営業の進め方、営業提案書のまとめ方を明快解説

◆日時
ご都合のいい日程をお選びください。
2013年10月4日(金) 10:20〜16:40
2013年11月13日(水) 10:20〜16:40
2013年12月4日(水) 10:20〜16:40
◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
※東京駅歩1〜3分の別会場になる場合あり。
◆対象
社長、営業部・課長、営業所長、営業マネジャー、営業担当者、製造・技術・サービススタッフ
◆参加費
33,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(収益強化・伸長に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「和田創 提案営業実践セミナー」カラーパンフレット

◇◆◇ご案内4

いまや定番となった「営業管理者セミナー」を行います。
営業部門・営業拠点における予算目標達成の急所を解説します。
部下(社員)をつかみ、動かし、育てて、業績をよくするコツがつかめます。
都銀や地銀などの公開セミナーで続々と採用になっており、主催者が驚く高評価を獲得しています。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
部門・拠点の業績は管理者次第
営業管理者セミナー
動機づけと行動改革、目標管理の手法をずばり解説

◆日時
ご都合のいい日程をお選びください。
2013年10月3日(木) 10:20〜16:40
2013年11月12日(火) 10:20〜16:40
2013年12月3日(火) 10:20〜16:40
◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
※東京駅歩1〜3分の別会場になる場合あり。
◆対象
社長、支社・支店長、営業部・課長、営業所長、営業マネジャー
◆参加費
33,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(業績回復・向上に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「営業管理者セミナー」カラーパンフレット

◇◆◇ご案内5

毎回大好評を博している「社長の営業活動」セミナーを行います。
優良顧客・大口商談を取り込むコツを明快に指導します。
営業特性から、顧客先の上層部に働きかけなければならない営業担当者にも有益です。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
社長の営業活動
トップセールスによる大きな数字のつくり方

◆日時
ご都合のいい日程をお選びください。
2013年10月23日(水) 10:20〜16:40
2013年11月20日(水) 10:20〜16:40
2013年12月12日(木) 10:20〜16:40
◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
※東京駅歩1〜3分の別会場になる場合あり。
◆対象
社長など取締役、営業部門長・拠点長・管理者の方々
◆参加費
44,000円(謝恩価格) 55,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(有力企業の上層部への働きかけに絞り込み。劇的な収益伸長に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「社長の営業活動」カラーパンフレット

以上。
北海道や九州など、遠方の方にもやさしいロケーションです。
なにとぞ奮ってご参加ください。
(先着順につき、満席の節はなにとぞご容赦ください。)

◇◆◇「営業人」バックナンバー

和田創が不定期で発行する「営業人」が大勢の営業関係者に読まれています。
原稿の叩き台はほとんど新幹線の「のぞみ」の車内でつくり、後日この素材を幾度か練って完成度を高めています。
「営業人」は、売り上げを伸ばすヒントが簡潔に綴られており、社員に配布する社長や営業幹部の方もおられます。
以下にご紹介するのは、いずれも大反響をいただいた記事です。

「営業人」第24号の「青春の影…愛することへの純粋な情熱」はこちら。

「営業人」第23号の「営業を学ばせるのは間違い」はこちら。

「営業人」第22号の「経営も人生も目標設定から始まる(特別号)」はこちら。

「営業人」第21号の「道場六三郎のお品書きの感動」はこちら。

「営業人」第20号の「売上改善・業績回復へ2つのアプローチ」はこちら。

「営業人」第18号の「営業の数字立て直しの最大のキモ」はこちら。

「営業人」第16号の「売上を伸ばす“本物の提案営業”の条件(特別号)」はこちら。

「営業人」第10号の「生き残りをかけた提案事例のすごさ」はこちら。

「営業人」第9号の「社員に伝えたい感動の営業事例」はこちら。

「営業人」第7号の「営業管理が目標未達を引き起こす」はこちら。

なにとぞお目通しください。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業社員研修 〜和田創のステップアップ指導

私・和田創はこのたび「営業社員研修」のカリキュラムを完成させた。
eigyoshain01-245新人・新任・若手・中堅社員を対象に、営業の疑問を解消し、成績を向上するセミナーである。
単に手法を教えるのでなく、甘えを排し、自覚を促し、仕事の姿勢と日常の行動を大きく変える。
なお、製造・技術・サービス・マーケティングなど、営業支援スタッフの戦力強化にも有効である。

◆演題

新人・新任のフォローアップに…
若手・中堅のブラッシュアップに…
営業社員研修
結果を残せる営業へ進化するポイントをかみくだいて指導


◆内容紹介

営業の仕事に就いてそれなりの研修を受けたり実務経験を積んだりしたものの、なかなか思うような成績を上げられない…。
市場環境が厳しくなる今日、そう感じている営業担当者は少なくないでしょう。
とはいえ、営業の仕事は小難しくありません。
むしろ、シンプルゆえに奥深いのです。
結果を残すにはいくつかのツボを押さえなくてなりません。
本講座では、豊富な指導経験を持つ講師が、営業の基本を再確認しながら、真のプロフェッショナルにステップアップするポイントを解説します。
営業担当者が自らの実力を高めて「成績優良者」の仲間入りを果たすうえで、具体的なヒントが得られます。
さらに、年齢や経験を問わず、数字を伸ばすコツを習得したい方々にも非常に有益な内容です。
「鉄は熱いうちに打て」。
新任や若手を早期に一人前の営業担当者に育成したいとお考えでしたら、ぜひ社員や部下の方々に受講させてください。

◆カリキュラム(内容構成)

〔はじめに〕いい営業になる心構えと基本を知ろう

1.営業の仕事の特性を踏まえよ
〜顧客から深々と感謝されることがある

1)顧客の観点で営業担当者を眺めれば…
2)営業にとっての“やりがい”の源泉
3)営業が果たすべき重大な機能とは?
4)営業の出番到来という現実に燃えよ
5)営業は売ってナンボの世界で働く
6)営業を狭くとらえると成長が遅れる
7)プロフェッショナルしか生き残れない
8)自分の営業力を評価する客観的な尺度

2.成績向上に絶対外せない急所
〜優れた営業への扉はここから開かれる

1)やみくもな頑張りでは成果が乏しい
2)何が営業に収益伸長をもたらすのか
3)「顧客第一」を具体行動に落とし込め
4)「面談有効度」を妥協せずに追求せよ
5)ただちに営業の根本思想を転換せよ
6)商談のゴールへの距離はこう縮める
7)振るわない数字は何を意味するのか
8)スランプに陥ったときの対処法を知れ

3.数字を押し下げる勘違いとは
〜営業の根っこに気づけるなら力が湧く

1)営業活動の本質と根幹を見詰め直せ
2)市場の成熟化に伴う営業の性格の変化
3)失敗と成功は正比例の関係である
4)ブレーキを踏むのはいつも自分自身だ
5)成績の最大のネックとなるのは何か
6)営業力はわずかという認識が大切!
7)愚直なまでに基本中の基本をやり抜く

4.営業活動で尊重すべき手続き
〜売れない時代、急いては事を仕損じる

1)成績の原因となる過程に目を向ける
2)自らの営業活動を段階的に組み立てよ
3)「プロセスマネジメント」の実践へ
4)今日の営業活動における最大の課題
5)自分に会う顧客のメリットをつくる
6)営業担当者が商談を決めるわけでない
7)こちらから断りの理由をばらまくな
8)営業のストレスから自分の心を守る

5.提案を通じて役立ちに徹する
〜課題解決に貢献できてようやく一人前

1)役立ちを前面に押し出して働きかけよ
2)注目の「提案営業」の基本を理解する
3)取り組みに必須の2つのキーワード
4)主役に歩み寄り、顧客の立場で考える
5)売るものは自分が決めず相手に見出す
6)どうすれば“案件”を育てられるか
7)御用聞き営業、推奨営業からの脱却
8)生産性の概念が乏しいと消耗が激しい

6.どこまでも営業力は伸ばせ
〜継続は力なり、一流営業への勘どころ

1)営業はうまくいかないから楽しい
2)ステップアップを叶えつづける呪文
3)営業を究めるにはセオリーがある
4)これで独自の営業ノウハウが溜まる
5)すぐに取りかかれる営業力の高め方
6)私が初めて営業の仕事に携わった頃
7)人生が別次元に変わる手帳の使い方

〔あすから〕営業担当者よ、心の太鼓を打ち鳴らせ

◆講師紹介

和田創研代表/営業再建屋
和田 創(わだ・そう)

SMBC、みずほ、三菱UFJ、りそな、九州生産性本部ほか、人気セミナー講師。

営業立て直し一筋の経営コンサルタント。
おもに「教育」を通じた成員の意識・行動改革により、組織風土の刷新、業績の拡大、成長の持続を支援する。
支出削減でなく収入増加による企業再生にこだわる。
業種や規模を問わず、多くの顧問先を営業が強い会社に甦らせてきた。
不毛の“ガンバリズム”と決別、「環境適応と経済合理性」を2本柱とした明確な営業指導に対し、経営トップが絶大な信頼を寄せる。
とりわけコンサルティングの思想とソリューションの技術に根差した“本物の提案営業”の定着に心血を注ぐ。
「営業虎の穴」「営業トライアスロン(営業リーダー養成コース)」主宰。
また、「丸の内経営サロン」にて社長を対象とした個別相談に応じる。
さらに、MBA(社会人大学院)講師として営業教育に当たる。
企業での指導を含めた年間の講演実績は2百回近く。
最新刊『社長と幹部の営業活動』のほか、各種営業研修教材など著作は多数。

本研修の詳しいご案内と実施のお申し込みはこちら。
「営業社員研修」カラーパンフレット
数字が伸び悩む原因を明らかにし、ステップアップを助ける。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業研修アンケート…受講者の感想

私は長年、都市銀行系シンクタンクが主催する公開セミナーで講師を務めてきた。
三菱東京UFJ、三井住友(SMBC)、みずほの3行。
テーマは、営業の強化・再建。
演題は、「提案営業」「営業変革」など。
対象は、前者がおもに営業管理者と営業担当者、営業支援スタッフ、後者がおもに経営トップや営業幹部、経営企画室長、業務改革推進室長など。
受講者は、中堅・中小・零細など自前で外部講師を呼べない企業の方々が大半である。
「社員研修」代わり。

さて、受講者は終了後に、主催者が用意したアンケート用紙に率直な感想や評価を記す。
ほぼ全員が提出してくれ、私はざっと目を通している。
これが基本。

実は、私も和田創研の簡単なアンケート用紙をテキストに折り込んでおり、ときどきコメントが寄せられる。
ちなみに、受講者にとって二度手間になるので、協力要請は積極的に行っていない。
「気が向いたら…」。

和田創研が頂戴したアンケートのうち、ごく一部を以下に紹介しよう。

◆30代・男性、情報システム・SE、営業。
「値引きの世界でなく誇りの世界で生きる、のようにいろいろな言葉に勇気づけられました。ありがとうございます。
営業パーソンが顧客先で見据えている面積の大きさが、そのまま売り上げの大きさになる、などいろいろ気づかされました」。
一番印象に残った言葉は「営業とは得ることでない。与えることである」。
⇒顧客に対する目線を引き上げると、見える面積がおのずと広がります。
例えば、作業(Do)⇒業務(How)⇒経営(What)。
インプット(顧客理解)の大きさがアウトプット(提案)の大きさを決定づけます。
提案営業は、提案を重視しません。
顧客理解(情報収集)を大切にします。
今日の営業常識です。

◆40代・男性、製造業(メーカー)、営業。
「いままでのセミナーは正直、実行に移すという気になれなかった。
しかし、このセミナーは、トップセールスになれないとしても、ノウハウやエッセンスを吸収して日々の営業活動につなげていこうという気になりました」。
一番印象に残った言葉は「定時で帰る」。
⇒「ワーク・ライフ・バランス」、仕事と家庭(生活)の両立、それも高次元両立を貪欲に追求しましょう。
提案営業では、会社の繁栄のために社員の幸福を犠牲にすることはしません。どちらも大切にします。
とても欲張りであり、いわゆる勝ち組企業・勝ち組営業パーソンにふさわしい営業方法です。
ちなみに、営業が定時で帰れないのは、売り上げ(利益)が不十分だからです。

◆30代・男性、IT、福利厚生部門。
「生涯現役で!!」。
一番印象に残った言葉は「商談から相談へ、業者からパートナーへ!!」。
⇒もっとも基本的な考え方は、「営業との決別」です。
きっぱりと営業マンをやめます。
すると、商談を行わず、相談に乗るようになります。
すると、大勢のなかの一業者でなく、信頼の置けるパートナーとして扱われます。
顧客は単なる業者に厳しい値引き要求を突き付けてきますからね。
なお、セミナーで述べたとおり、値引きに泣かされる最大の理由は見積書を出すからです。
しかし、営業マンをやめますと、見積書を出さなくなります。
見積書とは、顧客にパートナーとして選んでもらってから出すものです。
つまり、決めてから出します。
今日の営業常識です。

◆30代・女性、食品加工業(製粉業)、営業。
「和田先生、長時間お疲れさまでした。
私はこのたび2月1日付で派遣社員から正社員の営業職になりました。
何も分からない真っ白な状態ですので、素直に聞くことができ面白かったです。
声の大きさも力強く引き込まれていきました。
最初は冷たい先生と感じましたが、午後からは人間味・温かみも感じられました。
今後、業務上で泣くこともたくさんあると思いますが、楽しくなっていきそうです。
本日、素晴らしい時間をありがとうございました!!」。
一番印象に残った言葉は「営業は成果を求める以上、金持ちを大切にする」。
⇒私は嫌われ者と自覚していますが、それほど冷たくないと思います。
なお、“金持ち”とは、ポテンシャルの大きい顧客における決定権の大きい人物のたとえ。
誤解を招くといけないので…。
金持ちに会うのは、作業(Do)でなく業務(How)、業務でなく経営(What)の話をするためです。
話の大きさが売り上げを決定づけます。
今日の営業常識です。

◆30代・男性、部品製造、営業・主任。
「初めは恐る恐るでしたが、そのうちおかしさが込みあげてきました。
和田講師のお話は一々もっとも、基礎的なことばかりです。
なぜ、自分はこんな当たり前のことに気づかなかったのか、恥ずかしくなりました。
同時に上層部の顔が浮かんできて、笑ってしまいました。
弊社がいまの市場に通用しない非常に古い営業をやっていることが分かりました。
会社を変える自信はありませんが、自分は変わるつもりです。
このセミナーと巡り合え感謝いたします」。
一番印象に残った言葉は「堂々たる化石営業」。
⇒私はしばしば述べています。「基本ほど理解できない。基本ほど実践できない。基本をやり抜けるなら、だれだってイチローになれる」と。
どんなに営業の知識や技術、手法を身につけたところで、根幹となる営業の思想と姿勢を間違えていたら、成果など上げられません。
会社は変えられないなどと投げ出さず、セミナーのエッセンスについて社内で議論してください。
営業会議でも結構ですから…。

◆30代・女性、商社、営業。
「自分にとってまったく新しい考え方だったので、新鮮でした。
同時に、いままでの自分がダメだった原因がよーく分かり、ありがたかったです。
ぜひ、またセミナーを受けたいです」。
一番印象に残った言葉は「価格提示型から価値提供型へ。目指すは「真逆(まぎゃく)営業」」。
⇒継続は力なり。職業人生は長いです。どうか粘り強く学びつづけ、最良の営業になってください。
またお会いしましょう。

◆40代・男性、精密機械(製造)、営業・課長。
「自社製品をいかに顧客に買ってもらうかばかり考えていました。
ライバル製品との違いを強調するあまり、顧客の要求(気持ち)を考えることがおろそかでした。
新しい製品・サービスは、市場の声から生まれる。
プロダクトアウトの社風を変える必要があると感じました」。
一番印象に残った言葉は「営業との決別」。
⇒提案営業の基本思想の一つに「我以外皆顧客」があります。
製造にとり第一の顧客は、自社の営業です。
営業の声は顧客の声と考えます。
つまり、営業を市場の代弁者と見なすわけです。
これが提案営業。
ゆえに、提案のなかから今後の有望な製品・サービスの芽が生まれます。
今日の営業常識です。

以上。
熱心に受講してくださった皆さま、まことにありがとうございました。
一層のご活躍をお祈りします。

私が主宰している異業種交流勉強会「NPO法人営業実践大学」にぜひご参加ください。
1回1名4千円ぽっきりの夜間セミナーです。
収益事業ではありません。
8月を除いて毎月開催の人気講座で、すでに165回。

新年度特別企画・4月講座の概要は以下のとおり。

日 程◆2010年4月13日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆営業発・全社改革の思想と感動実例
副 題◆伝説のリーダーがどん底で放った起死回生策!
ゲスト◆横山博(株式会社ビルネット代表取締役社長)

詳しいパンフレット(案内状)はこちら。
ゲストは、強いアンコールにより3度目の登場です。
衝撃的な内容!

私・和田創は前座で講演を行う。
演題は、「モノ売り営業脱却はこうしなさい!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

社長から社員まで、大勢お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。
名刺交換タイムあり。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2010年4月公開講座

社長よ、下期の売り上げを伸ばせ!

日本は景気にようやく明るさが戻ってきた段階で、戦後初の野党による政権交代が起こった。
民主党を中心とした3党連立政権、そして鳩山由紀夫内閣の誕生である。
経営教本0445どうにもならないほど社会が行き詰まり、生活が痛んでいたから、有権者がそうした判断を下したのも当然といえよう。
だが、政治の大転換に際して予算白紙と執行停止が相次ぎ、経済の動きやカネの流れが止まりつつある。
下期は景気が逆戻りしかねない情勢…。
評論家のなかには2番底を懸念する向きもある。

さて、戦後最大の危機を乗り切るため、多くの企業は在庫圧縮や人員整理ほか、確実性と即効性の高い「経費削減」になりふり構わず突き進んだ。
経営教本0446「出」を減らし、帳尻を合わせる。
しかしながら、半世紀は続く内需縮小、幾度も押し寄せる景気後退…。
日本の今後を展望すると、そうした守り一辺倒では会社も社員も守り切れないのは明らか。
やはり顧客へ働きかけ、「入り」を増やす。

経営教本0447そして、その大きなカギは「営業」が握っている。
自社が“御用聞き”のレベルではとても不可能。
多くの企業では景気が売り、営業が売った例がない。
不況に売ってこそ、営業の価値がある。
経営トップはいまこそ本腰を入れ、景気に左右されない営業に変えなくてなるまい。

そこで、近々、和田創公開講座「提案営業研修1日体験版」を開催する。
私が、営業関係者の意識改革の重要性、提案営業の必要性を懇切丁寧に解説する。
経営教本0448経営トップ主導のもと、「営業発の全社改革」を断行する際に、社内コンセンサスが円滑に形成されよう。
ちなみに、提案営業は「コンサルティングセールス」「ソリューションセールス」とも呼ばれ、生き残りでなく勝ち残りを目指す営業手法。
いわゆる「案件営業」の推進による優良顧客の獲得・育成を通じ、将来にわたり持続的成長を成し遂げる。

当日は、提案営業研修の定番、和田創研の「8日間コース」のエッセンスを丸1日、心ゆくまで堪能できる。
私ども主催ならではの至れり尽くせり。中身の濃さ、気づきの深さは随一。
研修+懇親会で、膝を叩いて納得できる。
経営教本04498名限定で、衝撃・感動の貴賓席をご用意している。

以下に、私どもの「提案営業研修8日間コース」の際立った特色を紹介しよう。

                       ◇

私が試行錯誤の末につかんだ営業の真髄を、企業向けのカリキュラムに仕上げたのが「和田創方式提案営業研修8日間コース」である。

経営教本0450本研修を世に送り出し、十余年―。
この間、私は研修の反応や成果を検証しながらコンテンツを見直し、カリキュラムを練りあげてきた。
こうした不断の改善の執念が実り、日本を代表する営業研修として、不動の地位を確立している。

これまでに業種・規模・部門・階層を超え、多くの企業で採用され、圧倒的な評価を獲得してきた。
うなりを立てて押し寄せる「受講者の声、声、声…」がそれを物語っている。
机上の空論を排し、己の営業体験と優績者の営業思想・営業技術で裏打ちした、実践的かつ具体的なカリキュラムである。

経営教本0451私がとくに心血を注いだのは、トップセールスパーソンの秀でたセオリーとノウハウを咀嚼し翻訳して、普通の営業担当者にフィードバックすることだった。
そうした意味で、本コンテンツの有効性は、その成り立ちからも担保されている。
実践的かつ具体的なばかりでなく、実証的かつ合理的なカリキュラムである。

本研修は、成長を願うすべての営業関係者に、「血となり肉となる」ものであることをお約束する。

提案営業研修1日体験版20091106




                       ◇

以上。
私の通常の公開セミナーと比較し、時間をたっぷりと確保している。
この1〜2時間のプラスが“本物の提案営業”を把握するうえで非常に重大である。
経営教本0452また、参加者を経営層と上級管理職に限定しているので、落ち着いた雰囲気のなかで受講できる。
さらに、夕食を交えた「懇親会」で質疑応答や意見交換が行える。
毎回、変革志向の強い社長や役員が「目からウロコ」と感激し、営業強化・再建の大きなヒントを持ち返っている。
「提案営業研修1日体験版」のパンフレットはこちら。

事前に私どものホームページにお目通しくださると、研修内容をスムーズに理解できる。
研修および懇親会の会場は決定次第、詳しい地図を添えてご連絡する。
また、和田創のプロフィールはこちら。
どうか奮ってご参加ください。

なお、こうした長年の努力と多大な実績が認められ、MBA(大学院大学)で「実践営業論」を指導している。
学生のなかには中小・中堅企業の社長や役員も少なくなく、お褒めの言葉をしばしばいただいている。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

提案営業研修1日体験版20091203





営業テコ入れ・業績建て直し研修

景気にようやく明るさが戻ってきた。
経営教本0445崖っぷちまで追い詰められた中小・中堅企業の社長に、ときどき笑顔が見られるように…。
だが、政府の経済対策が需要を先食いさせ、バブル気味の中国経済が世界を引っ張る構図。
はたして、それがいつまで持続するのか?
早々の息切れも予想され、先行きは予断を許さない。

戦後最大の危機を乗り切るため、多くの企業は在庫圧縮や人員整理ほか、確実性と即効性の高い「経費削減」になりふり構わず突き進んだ。
経営教本0446「出」を減らし、帳尻を合わせる。
しかしながら、半世紀は続く内需縮小、幾度も押し寄せる景気後退…。
日本の今後を展望すると、そうした守り一辺倒では会社も社員も守り切れないのは明らか。
やはり顧客へ働きかけ、「入り」を増やす。

そして、その大きなカギは「営業」が握っている。
経営教本0447自社が“御用聞き”のレベルではとても不可能。
多くの企業では景気が売り、営業が売った例がない。
不況に売ってこそ、営業の価値がある。
経営トップはいまこそ本腰を入れ、景気に左右されない営業に変えなくてなるまい。

そこで、近々、和田創公開講座「提案営業研修1日体験版」を開催する。
私が、営業関係者の意識改革の重要性、提案営業の必要性を懇切丁寧に解説する。
経営教本0448経営トップ主導のもと、「営業発の全社改革」を断行する際に、社内コンセンサスが円滑に形成されよう。
ちなみに、提案営業は「コンサルティングセールス」「ソリューションセールス」とも呼ばれ、生き残りでなく勝ち残りを目指す営業手法。
いわゆる「案件営業」の推進による優良顧客の獲得・育成を通じ、将来にわたる持続的成長を成し遂げる。

当日は、提案営業研修の定番、和田創研の「8日間コース」のエッセンスを丸1日、心ゆくまで堪能できる。
私ども主催ならではの至れり尽くせり。中身の濃さ、気づきの深さは随一。
研修+懇親会で、膝を叩いて納得できる。
経営教本04498名限定で、衝撃・感動の貴賓席をご用意している。

以下に、私どもの「提案営業研修8日間コース」の際立った特色を紹介しよう。

                       ◇

私が試行錯誤の末につかんだ営業の真髄を、企業向けのカリキュラムに仕上げたのが「和田創方式提案営業研修8日間コース」である。

経営教本0450本研修を世に送り出し、十余年―。
この間、私は研修の反応や成果を検証しながらコンテンツを見直し、カリキュラムを練りあげてきた。
こうした不断の改善の執念が実り、日本を代表する営業研修として、不動の地位を確立している。

これまでに業種・規模・部門・階層を超え、多くの企業で採用され、圧倒的な評価を獲得してきた。
うなりを立てて押し寄せる「受講者の声、声、声…」がそれを物語っている。
机上の空論を排し、己の営業体験と優績者の営業思想・営業技術で裏打ちした、実践的かつ具体的なカリキュラムである。

経営教本0451私がとくに心血を注いだのは、トップセールスパーソンの秀でたセオリーとノウハウを咀嚼し翻訳して、普通の営業担当者にフィードバックすることだった。
そうした意味で、本コンテンツの有効性は、その成り立ちからも担保されている。
実践的かつ具体的なばかりでなく、実証的かつ合理的なカリキュラムである。

本研修は、成長を願うすべての営業関係者に、「血となり肉となる」ものであることをお約束する。

提案営業研修1日体験版20090917




                       ◇

以上。
私の通常の公開セミナーと比較し、時間をたっぷりと確保している。
この1〜2時間のプラスが“本物の提案営業”を把握するうえで非常に重大である。
経営教本0452また、参加者を経営層と上級管理職に限定しているので、落ち着いた雰囲気のなかで受講できる。
さらに、夕食を交えた「懇親会」で質疑応答や意見交換が行える。
毎回、変革志向の強い社長や役員が「目からウロコ」と感激し、営業強化・再建の大きなヒントを持ち返っている。
「提案営業研修1日体験版」のパンフレットはこちら。

事前に私どものホームページにお目通しくださると、研修内容をスムーズに理解できる。
研修および懇親会の会場は決定次第、詳しい地図を添えてご連絡する。
また、和田創のプロフィールはこちら。
どうか奮ってご参加ください。

なお、こうした長年の努力と多大な実績が認められ、MBA(大学院大学)で「実践営業論」を指導している。
学生のなかには中小・中堅企業の社長や役員も少なくなく、お褒めの言葉をしばしばいただいている。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

提案営業研修1日体験版20091002
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ