コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

宇野昌磨四大陸

四大陸選手権男子シングル結果 宇野昌磨と金博洋

四大陸の内容は悪いとは思えない

宇野昌磨の苛立ちがピークに達しているように見えた四大陸フィギュアスケート選手権でした。
何に腹を立てているのかというと、自分の「不甲斐なさ」に対してです。

宇野昌磨は自分に勝つことが先決

宇野昌磨はGPシリーズ「フランス杯」、GPファイナル、全日本選手権と不安定な演技が続いていました。
全日本選手権で連覇を果たして初の五輪代表を決めたものの悔しさから眠れず、「自分に勝てていない。人に勝つ前に自分に勝ちたい」ともやもやをぶちまけました。

SPで今シーズン4度目の百点台

ところが、ショートプログラム(SP)を目前に不思議な心境になりました。
「ずっと失敗してきたので、いい演技をさせてあげたいという他人事のような・・・」と語っています。
苦悩で気持ちが弱くなったときにこうした精神状態に陥ります。
自分と闘うことに疲れ、耐えられなくなってしまうのでしょう。

SPが終わり、予想どおり宇野昌磨が今シーズン4度目の百点台で1位に立ちました。
意外だったのは中国の金博洋(きん・はくよう。ボーヤン・ジン)が自己ベストを更新し、自身初の百点超えを果たしたことです。
宇野昌磨は100.49点、金博洋は100.17点、両者の得点差はわずか0.32点。
宇野昌磨はまずまずでしたので、金博洋が大健闘です。

宇野昌磨は縮こまった自分に失望

ヴィヴァルディの「四季」の「冬」に乗せて冒頭の4回転フリップを決めました。
しかし、演技後半の4回転トウループ−3回転トウループのコンビネーションジャンプの3回転を2回転に切り替えています。

五輪王者の羽生結弦や前回覇者の米国のネイサン・チェンが出場せず、ライバルとなるのは金博洋くらいでした。
「自分の気持ちを小さくしすぎた」「攻めるという気持ちもなくて、体が動いていない」。
反省の言葉が次々と口を衝きました。
縮こまって堅実策に逃げた自分に失望したのでしょう。
滑りにスピードとキレを欠き、ステップでもレベル2と取りこぼしています。

フリースケーティング(FS)では、サルコウを抜いた3種類4本の4回転ジャンプという平昌五輪を戦うプログラムで臨みます。
「ジャンプは攻めているといえる構成ではないので、ジャンプ以外を攻めたい」と誓いました。

FSで転倒、金博洋に逆転される

そのFSではSP1位の宇野昌磨がFS197.45点、297.94点で初優勝を逃すという、まさかの展開になりました。
中国の金博洋がFS200.78点、300.95点で逆転優勝を飾っています。
(SP4位の米国のジェイソン・ブラウンが3位に入っています。)

宇野昌磨は冒頭の4回転ループをきれいに決めたように見えましたが、回転不足を取られています。
そして、続く4回転フリップで転倒しました。

ミスを引きずらず演技を立て直す

しかし、その後はミスを引きずらずにまとめています。
トリプルアクセルで2.29点のGOE(出来栄え点)を得ました。
4回転トウループ−2回転トウループのコンビネーションジャンプ、単独の4回転トウループ、トリプルアクセル−1回転ループ−3回転フリップの3連続ジャンプでもやはりGOEを得ています。

ステップシークエンスがレベル3に留まりましたが、スピンはレベル4を得ています。
鬼門になっていた4回転トウループを2本そろえられたことは収穫になりました。
また、「フリップに失敗しても立て直す練習をしてきた」と語ったとおり、後半に挽回できたことも自信になります。

金博洋はGPファイナルを足首の故障で欠場しましたが、今大会ではその影響を感じさせない滑りを見せました。
冒頭の4回転ルッツは素晴らしい出来で、2.71点のGOEを得ています。
完全復活といえますが、私は本番で日本勢のライバルにならないと思います。

ネイサン・チェンとの三つどもえ

宇野昌磨はオリンピックの金メダルを意識したTシャツをつくったり、金色の新衣装に変えたり、それ以前にFSで「トゥーランドット」を選んだり・・・。
勝負のシーズンに得点を伸ばそうと焦り、ジャンプ構成が揺らぎました。
4年に一度の大舞台への欲と不安がせめぎ合った結果でしょう。
(本番のFSは荒川静香などの金メダリストに多い青色の衣装で滑るようです。)

宇野昌磨としては勝った勢いで平昌五輪へ乗り込みたかったはずですが、それが叶いませんでした。
とはいえ四大陸選手権の内容は決して悪くなく、むしろ希望が持てると思います。
復帰戦の羽生結弦、今シーズン5戦負けなしの米国のネイサン・チェンとの三つどもえになります。
(正直に述べれば、私は宇野昌磨と羽生結弦の2強対決になるといまだに考えています。)

⇒2018年1月26日「四大陸フィギュア選手権女子シングル結果」はこちら。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年1月26日「宇野昌磨は四大陸選手権で五輪プログラムを滑る」はこちら。

⇒2018年1月11日「四大陸フィギュア2018へ、宇野昌磨は立て直し」はこちら。

⇒2018年1月5日「宇野昌磨、平昌五輪へ調子が急降下」はこちら。

⇒2017年12月22日「宇野昌磨が全日本選手権でピリッとしないわけ」はこちら。

⇒2017年12月17日「宇野昌磨はそろそろ羽生結弦から独り立ちせよ」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宇野昌磨は四大陸選手権で五輪プログラムを滑る

ジャンプ構成の基礎点を下げ、完成度で勝負

四大陸フィギュアスケート選手権が台湾で行われています。
平昌五輪へ向けた最後の実戦となりますが、北米の有力選手は出場しません。
したがって、オリンピック金メダル最有力候補の一人と目される米国の4回転ジャンパー、ネイサン・チェンは参加していません。
羽生結弦も欠場しており、大会が盛りあがりに欠けるのは致し方ありません。

⇒2018年1月10日「ネイサン・チェン、平昌金メダル最有力候補へ急浮上」はこちら。

宇野昌磨は荒川静香のトリノ金にあやかる?

宇野昌磨は公式練習に臨み、平昌五輪本番でのプログラムを滑りました。
フリースケーティング(FS)は、あの「トゥーランドット」。
荒川静香がトリノ五輪で金メダルを獲得したゲンのいい曲です。
宇野昌磨がそれにあやかろうと思ったかどうかは分かりませんが、勝負をかけているのは間違いありません。

⇒2017年5月6日「宇野昌磨、トゥ−ランドットで二匹目の金メダル」はこちら。

FSは3種類の4回転ジャンプを4本に変更

公式練習ではおもに得点源となるフリップ、ループ、トウループの3種類の4回転ジャンプを曲に合わせて跳び、念入りに確かめています。
今シーズンに取り組んだサルコウを封印し、演技の完成度、さらにノーミスにこだわったジャンプ構成です。

「だいぶ慣れてきて、何も考えなくても体が勝手に動く」と手応えを口にしています。
全日本選手権での不本意な演技を受けてプログラムを見直し、練習を積み重ねてきました。
その結果、しっくりと馴染んだようです。

初戦の「ロンバルディア杯」ではサルコウを入れた4種類5本の4回転ジャンプを着氷させて自己ベストを更新していました。
しかし、その後の試合で基礎点のより高いジャンプ構成を模索しているうちに演技全体が崩壊しました。
そこで3種類4本に減らし、しかもフリップを後半から負担の少ない前半に移しています。
精神的にも身体的にも楽なようです。
本番でも落ち着いて滑れることでしょう。

平昌五輪仕様の宇野昌磨は 320点前後が目安

25日の当日練習では4回転トウループ−3回転トウループのコンビネーションジャンプを何度も成功させており、調子はいいようです。
ただし、中国の金博洋(きん・はくよう。ボーヤン・ジン)も4回転ルッツを成功させているようです。
実質、この二人が四大陸選手権の頂点を争います。

平昌五輪仕様の宇野昌磨は五輪王者の羽生結弦と今シーズン5戦負けなしのネイサン・チェンを念頭に置き、今大会ではおそらく 320点前後を目安にします。

◆書き加え(1月25日)

宇野昌磨も金博洋もSPはぎりぎり百点超え

ショートプログラム(SP)が終わりました。

宇野昌磨は最終滑走者で100.49点を出し、1位に立っています。
冒頭の4回転フリップを決めました。
中盤のコンビネーションジャンプの4回転トウループ−3回転トウループが4回転−2回転になっています。
自信を持ち切れず、難度を落としたのかもしれません。
ただし、余裕で跳びましたのでGOE(出来栄え点)は取りました。
最後のトリプルアクセルはきれいに決めています。

宇野昌磨は丁寧さを心がけたせいか、スケーティングが鈍り、中盤にかけてのステップでレベル2と取りこぼしています。
が、まずまずの得点といえます。
(FSで頑張っても 320点に届かないでしょう。)

中国の金博洋が自己ベストとなる100.17点を出し、僅差の2位につけました。
(宇野昌磨と得点差はないようなものです。)

平昌五輪代表の田中刑事は自己ベストとなる 90.68点を出し、3位に入りました。
無良崇人は 76.66点で10位と振るいませんでした。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年1月11日「四大陸フィギュア2018へ、宇野昌磨は立て直し」はこちら。

⇒2018年1月5日「宇野昌磨、平昌五輪へ調子が急降下」はこちら。

⇒2017年12月22日「宇野昌磨が全日本選手権でピリッとしないわけ」はこちら。

⇒2017年12月17日「宇野昌磨はそろそろ羽生結弦から独り立ちせよ」はこちら。

⇒2017年12月11日「宇野昌磨、ネイサン・チェンを勝たせたのは厄介」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

四大陸フィギュア女子は日本勢表彰台独占

宮原知子、坂本花織、三原舞依が出場

四大陸フィギュアスケート選手権が2018年1月24日から行われます。
開催場所は時差が1時間の台湾です(日本が1時間進む)。
この大会には、ヨーロッパを除くアフリカ、 アジア、アメリカ、オセアニアの4つの大陸の選手が出場します。
ロシアの選手は四大陸選手権と対(つい)をなすヨーロッパ選手権に出場します。

日本の選手は、男子シングルに宇野昌磨、田中刑事、無良崇人、女子シングルに宮原知子、坂本花織、三原舞依が出場します。

約2週間後に行われる平昌五輪の前哨戦と言いたいところですが、フィギュアスケートシングルの有力国で主力選手を送り込むのは日本くらいです。

カナダも米国もオリンピックに照準

女子シングルに関しては、カナダはオリンピックに照準を絞っています。
カナダ選手権1位のガブリエル・デールマンも2位のケイトリン・オズモンドも出場しません。
米国はやはり全米選手権1位のブラディー・テネルも2位の長洲未来も出場しません。

したがって、日本の3選手による表彰台の独占も十分にありえます。
これまでの実績(得点)と照らすと、そうなっても不思議でありません。

とはいえ、私は日本勢の順位が気になります。
五輪代表の宮原知子と坂本花織はおそらく全日本選手権を少なくとも5点上回る得点を出したいと考えています。
女子シングルで 225点を超えられるならば、平昌五輪の表彰台の一角が見えてきます。
(本番での優勝ラインはロシアのエフゲニア・メドベージェワの自己ベスト=歴代最高よりやや低い 235点前後でしょうか。)

現時点の実力がそのまま出れば、1位が宮原知子、2位が坂本花織、3位が三原舞依です。
個人的には五輪代表切符をつかめなかった三原舞依に勝ってほしい。
ならば、今シーズンの低迷を打破するきっかけとなるでしょう。
鬼門のショートプログラム(SP)をノーミスで滑ることが条件になります。
苦手意識が染みついているはずです。

宇野昌磨はノーミスで3百点超えを

男子シングルは、羽生結弦は当然として米国のネイサン・チェンが出場しません。
有力選手は中国の金博洋(きん・はくよう。ボーヤン・ジン)に留まります。

が、宇野昌磨が普通に滑れば勝利を収めます。
残念ながら勝負の興味はありません。

とはいえ、私は宇野昌磨の得点に関心があります。
4回転ジャンプ競争の疲弊から得点が伸び悩む今シーズンの男子シングルで3百点を大きく超えられるならば、平昌五輪の表彰台の一角が見えてきます。
それにはほぼノーミスの演技が求められます。
本人は完成度を重んじて臨むことになります。
(本番での優勝ラインは羽生結弦の自己ベスト=歴代最高よりかなり低い 320点前後でしょうか。)

宇野昌磨はオリンピックの金メダルに手が届きそうになってから欲が強くなり、とりわけジャンプ構成で迷いが膨らみました。
持ち味の安定感が崩壊しました。
四大陸選手権で滑りを立て直せないとすると、本番で相当な苦戦を強いられます。

以上。
男女ともに出場選手のレベルは平昌五輪本番会場で行われた昨年とは大違いです。

欧州選手権にメドベージェワが出場

女子シングルの本番での優勝ラインは欧州選手権に出場するロシアのエフゲニア・メドベージェワとアリーナ・ザギトワの出来(得点)でおおよそ占えます。
なかでもエフゲニア・メドベージェワのけがの回復具合に注目が集まります。

◆書き加え(1月21日)

五輪優勝ラインは異次元の 240点超えか

この記事はかなり前の書き溜めです。

欧州選手権が終わり、女子シングルはロシア勢同士の争いとなりました。
アリーナ・ザギトワが238.24点で自己ベストを15点近く更新し、初対決で絶対女王のエフゲニア・メドベージェワを破っています。
この得点は韓国のキム・ヨナ(金妍児)を抜いて世界歴代2位に当たります。

アリーナ・ザギトワはオリンピックシーズンにシニアデビューし、負け知らずという快進撃が続いています。
エフゲニア・メドベージェワもけがからの復帰戦でありながら232.86点を記録しています。
これも素晴らしい得点です。
おおよそ完治したようであり、ここから調子を上げていくことでしょう。

イタリアの30歳、カロリーナ・コストナーも204.25点でロシア勢の表彰台独占を阻んでいます。
立派です。

エフゲニア・メドベージェワとアリーナ・ザギトワは異次元の強さです。
本番での優勝ラインは 240点を超えるかもしれません。

◆書き加え(1月22日)

ロシアの平昌五輪代表3選手が決定

ロシアフィギュアスケート連盟が平昌五輪代表選手を発表しました。
エフゲニア・メドベージェワとアリーナ・ザギトワ、欧州選手権4位ながらGPファイナル2位のマリア・ソツコワが選ばれています。
ただし、個人資格での参加です。

表彰台を狙う宮原知子と坂本花織の前に立ちはだかります。
私は日本選手に頑張ってほしい。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

四大陸フィギュア2018へ、宇野昌磨は立て直し

田中刑事と無良崇人も出場

四大陸フィギュアスケート選手権が2018年1月24日から行われます。
開催場所は時差が1時間の台湾です(日本が1時間進む)。

日本勢は、男子シングルに宇野昌磨、田中刑事、無良崇人、女子シングルに宮原知子、坂本花織、三原舞依が出場します。

宇野昌磨の出来が気がかり

このうち、私がもっとも気がかりなのは宇野昌磨です。
最近は低得点にあえいでいます。
深刻なのはジャンプの出来であり、ミスが相次いでいます。

高難度ジャンプで得点を伸ばそうと試行錯誤し、プログラム構成が揺らいでしまいました。
自分を見失っている状態であり、安定感がすっかり消えました。
平昌五輪が目前に迫っており、どうか演技を立て直す機会としてほしい。

いまの調子では厳しいですが、私は宇野昌磨が金メダルを獲得することを諦めたわけでありません。

平昌五輪代表に全日本選手権1位の宇野昌磨と2位の田中刑事は選ばれましたが、3位の無良崇人は外れました。
本人は北京五輪を目指さないと語っています。
どのような気持ちで臨むかが難しい。

◆四大陸フィギュアスケート選手権2018予定

1月24日(水) 夕方 女子ショートプログラム
1月25日(木) 夕方 男子ショートプログラム
1月26日(金) 夕方 女子フリースケーティング
1月27日(土) 午後 男子フリースケーティング
       夜 エキシビション

不確かですが、フジテレビで放送されるようです。

四大陸選手権にヨーロッパ勢は除外されます。
国際的に眺めれば、四大陸選手権とヨーロッパ選手権がおおよそ同格のようです。
ロシア勢はこちらに参加します。

◆書き加え(1月11日)

高難度ジャンプに感覚の狂い

私は宇野昌磨が自信を失っていることが心配です。
羽生結弦が欠場したとはいえ、全日本選手権で2連覇を果たし、五輪代表切符をつかみました。
しかし、会見では表情が晴れず、演技への後悔とファンへの謝罪を口にしました。
まるで敗者のようです。

宇野昌磨は目の前にオリンピックの金メダルがぶら下がり、基礎点の高いジャンプ構成に心を奪われました。
勇ましくいえば「挑戦」ですが、客観的にいえば「焦り」です。
いろいろと試しているうちに未消化になり、通して滑りきれません。
昨シーズンにできたことまで危うくなっています。

ネイサン・チェンに勝っておきたかったGPファイナル、びしっと決めておきたかった全日本選手権で納得できる結果を出せませんでした。

得点源となる高難度ジャンプで感覚の狂いが生じ、回転が足りなかったり、着氷が乱れたりしています。
また、抜けたり、転んだりもしています。
波に乗れるはずがなく、演技全体に悪影響が及びます。
審査員の印象もよくありません。

夢の大舞台へ残された時間はわずかだからこそいま一度、心を落ち着けてほしい。

このところは大会に合わせ、心身を含めてコンディションを整えることができていません。
まずは四大陸選手権をノーミスで滑り、持ち味の安定感を取り戻してほしい。
普通に力を発揮するなら、余裕で 300点を超えられる選手です。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年1月5日「宇野昌磨、平昌五輪へ調子が急降下」はこちら。

⇒2017年12月22日「宇野昌磨が全日本選手権でピリッとしないわけ」はこちら。

⇒2017年12月17日「宇野昌磨はそろそろ羽生結弦から独り立ちせよ」はこちら。

⇒2017年12月11日「宇野昌磨、ネイサン・チェンを勝たせたのは厄介」はこちら。

⇒2017年12月7日「宇野昌磨GP王者と羽生善治永世七冠、勝負師の寝癖」はこちら。

⇒2017年12月7日「宇野昌磨にどえりゃあ期待の名古屋GPファイナル」はこちら。

⇒2017年11月26日「羽生結弦と宇野昌磨は平昌五輪代表内定へ」はこちら。

⇒2017年11月18日「宇野昌磨に吹く平昌五輪金メダルの風」はこちら。

⇒2017年10月29日「三宇野昌磨、スケートカナダは完成度優先」はこちら。

⇒2017年10月11日「三原舞依と宇野昌磨のでこぼこ・・・不安と恐怖」はこちら。

⇒2017年9月23日「宇野昌磨と羽生結弦、海外での評価と人気」はこちら。

⇒2017年9月21日「宇野昌磨のしたたかさ」はこちら。

⇒2017年9月18日「宇野昌磨「UNO1」で平昌五輪敵なし」はこちら。

⇒2017年5月6日「宇野昌磨、トゥ−ランドットで二匹目の金メダル」はこちら。

⇒2017年4月16日「宇野昌磨と羽生結弦、勝ち飯と勝負パンツ」はこちら。

⇒2017年4月9日「宇野昌磨と羽生結弦の得点差と実力差」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

羽生結弦は五輪連覇の予行演習・・・四大陸選手権

フィギュアスケートの男子シングル。
2018年平昌冬季五輪まで1年を切り、世界のトップクラスのアスリートは限界のプログラムに挑んでいます。

⇒2017年1月26日「金博洋とネイサン・チェンの4回転ジャンプ」はこちら。

羽生結弦は、米国のネイサン・チェン、中国の金博洋、日本の宇野昌磨らが高難度ジャンプを武器に猛追してくる現状をむしろ歓迎しています。
これが五輪王者の余裕というものなのでしょうか。
オリンピックでの金メダル獲得(連覇)が予断を許さない状況に変わったにもかかわらず、自分自身のさらなる成長への動機づけとしています。

⇒2016年11月27日「羽生結弦は余裕のよっちゃんなのか?」はこちら。

羽生結弦はすでに、ジャンプにいくらかミスが出ても3百点を超えられる水準に達しています。
四大陸選手権でも優勝候補の筆頭に挙げられています。
しかし、四大陸選手権は4年ぶりの出場であり、過去2回は2位という結果に甘んじています。
平昌五輪の「予行演習」となる今大会は初優勝を狙っています。
ここでライバルを叩いておけば、本番で圧倒的な優位に立つことができます。

⇒2017年2月12日「羽生結弦はネイサン・チェンをつぶしにいく」はこちら。

私は先だっての全米フィギュアスケート選手権のフリースケーティング(FS)で5度の4回転ジャンプを決めたネイサン・チェンと事実上の一騎打ちだと思っていました。
ところが、宇野昌磨がFSで「4回転ループ」に挑むと語り、にわかに面白くなってきました。
ショートプログラム(SP)をノーミスで演じ、しかもFS冒頭で4回転ループを決めると、若いだけに勢いに乗る可能性があります。
そうなると優勝争いの行方はまったく分からなくなります。

⇒2017年1月25日「宇野昌磨は滅茶苦茶やばい」はこちら。

羽生結弦は欠場した昨年末の全日本フィギュアスケート選手権の悔しさも晴らそうとしているでしょう。
一昨年のフィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルで記録した世界歴代最高得点の更新も狙ってくるでしょう。

五輪プレイベントの今大会は3百点を大きく超える激戦が予想されます。
選手は大変ですが、見る側は興奮します。

◆書き加え(2月15日)

羽生結弦が15日の公式練習でSPの「レッツ・ゴー・クレイジー」の曲をかけて、4回転ループなどの高難度ジャンプを完璧に決めました。
本番では今シーズン初となるノーミスの演技を見せてくれそうです。

◆書き加え(2月17日)

羽生結弦は余裕があるせいか、軽い最終調整で済ませています。
公式練習ではたいてい高難度ジャンプを繰り返し跳んでいます。
すでに仕上がっているのかもしれません。

SPの滑走順は、羽生結弦が22番、宇野昌磨が23番、金博洋が26番です。
ネイサン・チェンは最終組の前の19番でした。
凄い得点を叩き出し、羽生結弦らにプレッシャーをかけられるかどうかでしょう。

◆書き加え(2月17日)

先ほどSPが終わりました。

羽生結弦はコンビネーションジャンプに抜けるミスが出て百点に届かず、3位に留まりました。

宇野昌磨は4回転フリップを何とかこらえて自身初の百点超えで、2位につけました。

ネイサン・チェンはノーミスの演技を見せて百点超えで、首位に立ちました。

羽生結弦は久しぶりの試合のせいか、あまり調子がいいように見えませんでした。
FSで巻き返してほしいと思っていますが、どうでしょう。
例年の四大陸選手権でしたら優勝を逃してもそれほど気になりませんが、今大会は平昌五輪会場での開催ですので勝っておきたいでしょう。

◇◆◇

羽生結弦に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年2月15日「羽生結弦のもてっぷり・・・四大陸選手権」はこちら。

⇒2017年2月12日「羽生結弦はネイサン・チェンをつぶしにいく」はこちら。

⇒2017年2月3日「羽生結弦のジャンプ構成・・・平昌五輪」はこちら。

⇒2017年1月27日「羽生結弦と宇野昌磨が平昌五輪で勝つ条件」はこちら。

⇒2017年1月24日「羽生結弦の時代は終わったのか」はこちら。

⇒2017年1月17日「羽生結弦は平昌五輪会場で燃える・・・四大陸選手権」はこちら。

⇒2016年12月11日「4連覇でもがっくり、羽生結弦GPファイナル」はこちら。

⇒2016年12月10日「羽生結弦、現役引退後はロック歌手へ転身か」はこちら。

⇒2016年12月9日「羽生結弦、GPファイナルの演技」はこちら。

⇒2016年12月5日「怒りながら滑る羽生結弦はすごすぎる」はこちら。

⇒2016年11月30日「羽生結弦、ソチ・平昌・北京五輪3連覇へ始動」はこちら。

⇒2016年11月29日「審判は羽生結弦の「汗」にGOE加点せよ」はこちら。

⇒2016年11月28日「羽生結弦はモンスター、頭が滅茶苦茶いい」はこちら。

⇒2016年11月27日「羽生結弦は余裕のよっちゃんなのか?」はこちら。

⇒2016年11月26日「羽生結弦は全身オーラ、敵は自分だけ」はこちら。

⇒2016年10月16日「羽生結弦、平昌の敵は車俊煥(チャ・ジュンファン)か」はこちら。

⇒2016年10月14日「羽生結弦の不機嫌・・・4回転ループ」はこちら。

⇒2016年9月29日「羽生結弦はライバル不在、平昌五輪で連続金メダルへ」はこちら。

⇒2015年12月11日「羽生結弦、敵なし冬季五輪3連覇へ」はこちら。

⇒2014年3月30日「羽生結弦の強運と精神力…世界フィギュア金メダル」はこちら。

⇒2014年2月18日「美男子&若武者・羽生結弦の評価と人気」はこちら。

⇒2014年2月17日「羽生結弦、転がり込んだソチ金メダル」はこちら。

⇒2014年2月14日「羽生結弦、ソチ金メダルへ…くまのプーさん」はこちら。

⇒2014年2月14日「羽生結弦、史上初SP百点超え…完璧ジャンプ」はこちら。

⇒2014年2月8日「羽生結弦金メダルの勢い…オーサー助言ずばり」はこちら。

⇒2014年2月5日「浅田真央か羽生結弦か…ソチ金メダル予想」はこちら。

⇒2013年11月17日「羽生結弦ソチ金、あまちゃんと楽天の勢い」はこちら。

⇒2013年11月16日「羽生結弦、経験の未熟さ…チャンに敗れる」はこちら。

⇒2013年11月15日「羽生結弦は容姿端麗の美男子…海外でも評判」はこちら。

⇒2013年10月27日「羽生結弦…名前とたたずまいの美しさ」はこちら。

⇒2013年3月16日「羽生結弦、調子最悪…ソチ五輪出場枠3瀬戸際」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宇野昌磨は羽生結弦と互角・・・四大陸選手権

四大陸フィギュアスケート選手権がいよいよ開幕です。
五輪運営のテスト大会と位置づけられており、本番と同一会場「江陵アイスアリーナ」が使用されます。
また、選手にとっては4年に1回の五輪へ向けた前哨戦となります。
とくに表彰台を狙う選手は「予行演習」を兼ね、アイスリンクのコンディションはもちろん会場の雰囲気などをつかんでおきたいでしょう。

さて、宇野昌磨は今シーズン、「4回転トウループ」に加えて「4回転フリップ」をプログラムに取り入れています。
持ち味の「表現力」にも徐々に磨きがかかっています。
全日本王者にもなり、自信をつけてきました。

そして、いよいよ四大陸選手権のフリースケーティング(FS)で「4回転ループ」に挑戦します。
すでにエキシビションなどで跳んでいました。
3百点を大きく超えることになり、世界フィギュアスケート選手権に弾みをつけられます。

本人によれば、4回転ループの成功率は現時点で低いとのこと。
それでも国際大会での早めの投入を決意しました。
四大陸選手権は五輪出場枠がかかるわけでなく、初挑戦の機会としては最適です。

宇野昌磨は2018年平昌冬季五輪で4回転ループに加えて「4回転サルコウ」をプログラムに組み込み、4種類の4回転ジャンプを跳びます。
金メダルを狙っているのですから当然でしょう。

そのためにも今大会のFSの冒頭で4回転ループをきれいに決めてほしいと思います。
どうか五輪王者の羽生結弦と互角に戦えますように・・・。

宇野昌磨も対決に胸を躍らせているはずです。

◆書き加え(2月15日)

宇野昌磨は14日の公式練習で4回転ループを3度も決めました。
「どれだけ調子が悪くても入れる」とのこと。
今大会での投入を見送った4回転サルコウも決めています。
ひょっとすると世界選手権で4種類の4回転ジャンプを跳ぶかもしれません。
ますます期待が高まります。

◆書き加え(2月17日)

宇野昌磨が最終調整を済ませました。
軽く切りあげた羽生結弦とは対照的に、高難度ジャンプの練習を繰り返しました。
4回転ループを決めていますので、調子はいいのでしょう。

ただし、SPの滑走順は23番でした。
22番が羽生結弦ですので、会場にざわざわした余韻が残っています。
彼の韓国での人気は凄いですから・・・。

やりにくそうで気の毒です。
平常心をかき乱されることなく演技に集中できるかどうかです。

◆書き加え(2月17日)

先ほどSPが終わりました。

宇野昌磨は4回転フリップを何とかこらえて自身初の百点超えで、2位につけました。
コンビネーションジャンプに抜けるミスが出た羽生結弦を上回りました。
ノーミスの演技を見せたネイサン・チェンが首位に立ちました。

点差はわずかですので、FSで逆転優勝を飾ってほしいと思います。
ネイサン・チェンはプレッシャーがかかるはずなのですが、普通に滑るようだと、宇野昌磨が4回転ループを決めても届かないかもしれません。

◇◆◇

宇野昌磨に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年2月11日「宇野昌磨の4回転ループと3百点超え」はこちら。

⇒2017年2月6日「樋口美穂子コーチは宇野昌磨と戦う」はこちら。

⇒2017年2月4日「宇野昌磨から消えた伸びやかさ・・・敗因分析」はこちら。

⇒2017年1月27日「羽生結弦と宇野昌磨が平昌五輪で勝つ条件」はこちら。

⇒2017年1月25日「宇野昌磨は滅茶苦茶やばい」はこちら。

⇒2017年1月15日「宇野昌磨は世界選手権で4回転ループを跳ぶ」はこちら。

⇒2016年12月23日「宇野昌磨は全日本初優勝よりも3百点超えを!」はこちら。

⇒2016年12月22日「浅田真央と宇野昌磨、二人の全日本フィギュア」はこちら。

⇒2016年12月21日「宇野昌磨は宮原知子と似ている」はこちら。

⇒2016年12月19日「宇野昌磨が全日本で羽生結弦に勝つ可能性」はこちら。

⇒2016年12月12日「宇野昌磨は羽生結弦に迫れるか・・・全日本選手権」はこちら。

⇒2016年10月15日「宇野昌磨は4回転ループで羽生結弦を追い越す」はこちら。

⇒2016年10月1日「宇野昌磨、4回転フリップ失敗でも優勝」はこちら。

⇒2015年12月30日「宇野昌磨と樋口美穂子コーチの約束」はこちら。

⇒2015年12月29日「宇野昌磨、大トリのエキシビション」はこちら。

⇒2015年12月26日「宇野昌磨、安全運転で世界選手権へ」はこちら。

⇒2015年12月24日「宇野昌磨が羽生結弦に肩を並べる日」はこちら。

⇒2015年12月23日「宇野昌磨は高橋大輔に通じる」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

四大陸選手権のメダル争い・・・江陵アイスアリーナ

2月15日から韓国の江陵アイスアリーナで、2017年四大陸フィギュアスケート選手権が行われます。
例年ですと、あまり大きな注目を集める国際大会でありません。
しかし、今回は2018年平昌冬季五輪のテストイベントとなり、本番会場で行われます。
おもにアジアと北米のトップ選手が顔を揃えます。
オリンピックへの出場を目指す選手はぜひ滑っておきたい。

さて、男子シングルはアジア系の選手が表彰台を独占するでしょう。
日本勢の最大のライバルは米国のネイサン・チェン、そしてカナダのパトリック・チャンです。
この二人もアジア系といえます。

羽生結弦は4年ぶり、3度目の出場になりますが、これまでに優勝を収めていません。
2011年と2013年は銀メダルに終わっています。
全日本フィギュアスケート選手権をインフルエンザで欠場しており、昨年12月のグランプリ(GP)ファイナル以来の試合になります。
今シーズンは「4回転ループ」をプログラムに組み込みました。
シーズン後半に入りましたので高難度ジャンプの成功率が高まっていることでしょう。
ノーミスで滑りきれば、自身の持つ歴代最高得点を更新します。

⇒2017年2月3日「羽生結弦のジャンプ構成・・・平昌五輪」はこちら。

宇野昌磨は全日本選手権で初めての優勝を飾りました。
が、演技が硬く、出来が決してよくありませんでした。
得点も目標とした3百点には届いていません。
今シーズンは「4回転フリップ」をプログラムに組み込んでいます。
年末年始に北米に渡り、コーチとジャンプなどの強化に励みました。
その成果が出れば、羽生結弦とネイサン・チェンの金メダル争いに割って入ることができます。

⇒2017年2月4日「宇野昌磨から消えた伸びやかさ・・・敗因分析」はこちら。

女子シングルは日本女王の宮原知子が大会連覇を果たすはずでした。
が、けがのために出場を取りやめました。
全日本選手権で2位、16歳の樋口新葉、3位、17歳の三原舞依が出場します。
初めてなので強い緊張を感じるでしょうが、ジャンプを決められればメダルに届くかもしれません。
そして、宮原知子に代わり、20歳の本郷理華が出場します。
2015年と2016年は銅メダルを獲りました。

⇒2016年12月24日「樋口新葉は順調なら全日本フィギュア初優勝」はこちら。

⇒2017年1月5日「三原舞依のシンデレラストーリー」はこちら。

十代の2人は五輪出場枠がかかる世界フィギュアスケート選手権に挑みます。
宮原知子の回復が遅れると、代わりは本郷理華が選ばれるでしょう。

四大陸選手権は最強のロシア勢が参加しませんが、世界選手権での順位を意識しながら米国女王のカレン・チェンなどの強敵と戦ってほしいと思います。

⇒2017年2月8日「宮原知子がけがで欠場、五輪出場枠大ピンチ」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ